ITライフハック

スピーカー

アウトドアでの利用がおススメ!水に浮かぶ防水ワイヤレスステレオスピーカー

d33080-34-979789-0

オウルテックは、6W+6Wで大迫力の防水ワイヤレスステレオスピーカー「OWL-BTSP06シリーズ」を2018年9月7日(金)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は7,980円(税別)。

■IP67の防水・防塵性能、落下にも強い
本製品は、IP67の防水・防塵性能により、万が一水に落としても沈まない設計で、さらに砂・埃の侵入を完全に防ぐため、川や海などの水辺で安心して利用できる。

また米国国防総省が制定したMIL規格「MIL-STD-810G」に準拠し、1.2mの高さより鉄板に向け26方向からの落下試験をクリアした、衝撃に強い防水スピーカー。安心してアウトドアへ持ち運んで使用できる。

■本格的な重低音の再生が可能
6W+6Wで合計12Wのスピーカー出力に加え、 2つのパッシブラジエーターと、専用DSP(デジタルシグナルプロセッサー)により、迫力ある重低音を実現している。

満充電にした状態で最大約20時間の連続再生を行えるため、屋内はもちろんアウトドア、旅行、ホームパーティーなど、幅広い環境でのオーディオ再生をすることができる。充電がなくなったらmicro USBケーブルで充電して、繰り返し使用できる。

Bluetooth通信可能範囲が最大10mのため、広範囲での音楽再生やハンズフリー通話が行える。また充電端子とAUX端子が兼用のため、付属の変換コネクタを使用すれば、ステレオケーブルでもオーディオ機器を接続することできる。

■商品仕様
対応機種       :Bluetooth 対応機器 (パソコン・携帯オーディオ、携帯電話、スマートフォン等)
Bluetoothバージョン :Ver.4.2
Bluetoothプロファイル:A2DP、 AVRCP、 HFP、 HSP
出力         :12W (6W+6W)
スピーカー径     :φ45mm
インピーダンス    :4Ω
再生周波数      :50Hz~20KHz
パッシブラジエーター :ラジエーター径:φ45mm × 2個 搭載
対応コーデック    :SBC
動作距離       :約10m (オープンスペースでの動作)
内蔵バッテリー    :2000mAh(リチウムイオン電池)
防塵・防水レベル   :IP67 ※完全防水ではありません。水没などはさせないでください。
充電電圧       :DC5V / 600mA
充電時間       :約4時間
連続再生時間     :約20時間 (50%音量 ※接続機器や再生音量などにより異なります)
サイズ(本体)     :約80(W) × 208(D) × 80(H) mm
重量(本体)      :約560g
サイズ(パッケージ)  :約110(W) × 100(D) × 255(H) mm
重量(パッケージ込み) :約708g
材料         :ABS / 鉄
付属品        :microUSB充電ケーブル (45cm)、 φ3.5mmオーディオケーブル、取扱説明書兼保証書
保証期間       :1年間


OWL-BTSP06シリーズ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
JAPANNEXT、65型4K対応のIPS液晶ディスプレイ「JN-VT650UHD」を特価で発売中
手じゃ届かないすみずみまで洗える「電動回転背中洗いブラシ『孫の手ウオッシュ』」
JAPANNEXT、50型4K液晶ディスプレイ「JN-VT500UHD」を発売
PS4/PS VITA用ソフト「Fate/EXTELLA LINK」とコラボしたワイヤレスヘッドホン
急速冷却でドライブ中の居眠り防止「運転中に氷点下で眠気覚まし『メガサメプレート』」






ソニー、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」対応機種を発売

STR-DH790_Main_OneColor_20180403_PIA0001017116

ソニーは、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」と「DTS:X」に加え、多様なHDRフォーマットなど最新の4Kコンテンツパススルーに対応した7.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ 「STR-DH790」を発売する。

また昨年発売した「STR-DN1080」に続く、全方位からの音に包まれる臨場感を実現する「ドルビーアトモス」、「DTS:X」の対応機種を拡充する。

このほか同様に、最新の4K HDRに対応した 5.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ「STR-DH590」、レコードプレーヤーと接続可能なフォノ入力やBluetooth接続に対応したステレオインテグレートアンプ「STR-DH190」、フロントスピーカーの上に置くだけで立体的な音響空間を実現するドルビーアトモスイネーブルドスピーカー「SS-CSE」も発売する。

■マルチチャンネルインテグレートアンプ
(型 名)「STR-DH790」
(発売日)6月16日
(価格:税別)4万4,500円

(型 名)「STR-DH590」
(発売日)4月21日
(価格:税別)3万3,500円

■ステレオインテグレートアンプ
(型 名)「STR-DH190」
(発売日)4月21日
(価格:税別)2万2,500円

■スピーカーシステム
(型 名)「SS-CSE」
(発売日)4月21日
(価格:税別)2万4,500円 /2台1組


STR-DH590_Main_OneColor_20180403_PIA0001017117

STR-DH190_Main_OneColor_20180403_PIA0001017119

SS-CSE_Main_OneColor_20180403_PIA0001017120


ソニー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
切りずらいダンボールや布地を楽々カットできる充電式電動はさみ「スピードチョッキン」
inMusic Japan、ION AudioのBluetooth対応ベルトドライブ・レコードプレーヤーを発売
「ももいろクローバーZ」結成10周年記念モデルウォークマンAシリーズが登場
パナソニックからハイレゾ対応ステレオインサイドホン「RP-HDE1/HDE1M 」登場
これはカワイイ!LEDライト付きのうさ耳イヤホン「Bunny」





イヤフォンジャックに差せる充電式の高性能ポータブルスピーカー「サウンドボール」

3_000000003031

サンコーは、「高性能ポータブル充電式スピーカー『サウンドボール』」を2018年3月20日より発売する。価格は1,980円(税込)。

本製品は、イヤフォンジャックに接続する、バッテリー駆動のプラグインスピーカー。横幅46×高さ58×奥行32(mm)と手の中にすっぽりと入るコンパクトサイズながら、迫力のサウンドを楽しめる。

使い方もイヤフォンジャックに差して、背面の電源ボタンを押すだけ。付属のUSBケーブルで充電できる。

スマホの音が小さくて聞こえづらい、ポータブルゲーム機を迫力の音で楽しみたい。ラジオの音を手軽に聞きたい。お花見やキャンプなどで手軽にみんなで音楽を楽しみたい。そういった人にオススメだ。

■製品仕様
・サイズ/横幅46×高さ58×奥行32(mm)
・重量/約42g
・内容品/本体、充電ケーブル(ケーブル長44cm)、ポーチ、日本語取扱説明書
・充電時間/約45分
・使用時間/満充電で約8時間
・電池容量/3.7V/250mAh
・再生周波数帯域/20Hz-20KHz
・SN比/>90db
・スピーカー出力/3W
・コネクタ/3.5mmイヤホンジャック
・保証期間/6か月


8_000000003031

9_000000003031


高性能ポータブル充電式スピーカー「サウンドボール」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
「これで誰でもセンターになれる!」推しメンの声が際立つ、新しい音楽視聴体験「音のVR」を初体験
屋根の状態をドローンで確認して様々な問題を解決!「日本屋根ドローン協会」が発足
スマホ画面で確認しながら耳掃除できる「カメラで見ながら耳掃除!爽快USBイヤースコープ」
妊婦さんの不安を解消!正しい情報がタイムリーに得られる医師監修アプリ「Baby+」
サーティワン アイスクリームがソフトバンクとのコラボフレーバーを期間限定で販売






ソニー、テレビ前にも手軽に置けるサウンドバー2機種を発売

HT-S200F_Front_B_20180115_PIA0001016696

ソニーは、テレビ前の限られたスペースにも手軽に置けるスリムなサウンドバー「HT-S200F」、「HT-S100F」の 2機種を発売する。価格はいずれもオープンプライスで、店頭予想価格は「HT-S200F」が2万8,000円前後、「HT-S100F」が2万3,000円前後(税別)。

本製品は、バースピーカーのみでテレビ台やラックにもすっきりと設置し、テレビの音や持っているスマートフォンなどの音楽をより豊かに楽しめるスピーカー。両機種ともに、テレビの前に置きやすいスリムなサイズ。高さは 6.4cm、奥行きは 10cm 未満を実現した。このため限られたスペースにも設置可能だ。

また、ARC 対応のHDMI端子を搭載し、テレビと HDMI ケーブル1本で接続することができる。HDMI機器制御(CEC)に準拠しており、使っているテレビリモコンから音量調整などの操作が可能だ。

HT-S200F_Situation_B_20180115_PIA0001016717


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
360度+105度撮影のドライブレコーダー「ミラー型360度全方位ドライブレコーダー リアカメラ付き」
ローランド、カリモク家具と共同開発した天然木の木目を活かした「シアーブラック」を限定販売
カシオ、NIGO×K.IBE G-SHOCK35周年記念スペシャルコラボレーションモデルを発売
最速1秒で解錠 カードキーをかざすだけで解錠する「RFID式解錠U字ロック『ピッとゴー』」
USBでウェットシートやおしり拭きを温める、冷やっとしない「USBウェットシートウォーマー」





スマホに乗せて回すだけで音量が変化するマジックスピーカー

czMjYXJ0aWNsZSMyMjk1MiMxOTMxMTUjMjI5NTJfb0dDZ3FRQ2JieS5qcGc

上海問屋は、スマホに置いて回すと音量が上がる、マジックスピーカーの販売を開始した。価格は2,499円(税込)。

本製品は、スマホの上に置いて回すと音量が上がる、マジックスピーカーです。大勢でスマホの音楽を聴いたりする際に大変便利だ。

ボリュームつまみのカタチをしたこのマジックスピーカーは、面倒なペアリングや配線接続は一切不要。使い方は簡単。本体底面にある電源を入れて、スマホの上に置き、つまみを回すだけで音量が上がる。電源は充電式で、約2~3時間の充電で、約6時間使用できる。

本体上部に出力3Wのスピーカーが内蔵されている。音の出る仕組みは、電磁誘導方式により、本体底辺にあるセンサーが、音楽を再生しているスピーカーの磁気を捉え、音を増幅する。スマホとスピーカーの位置関係により音量が変化。調整により適度な音量で音楽を楽しむことができる。

使用時の面倒なセッティングが不要なため、外出先でも手軽に使えて便利です。忘年会や新年会の景品や、クリスマスプレゼントにもおすすめだ。

■製品仕様
最大出力・・・・・・3W
インピーダンス・・・4Ω
電源・・・・・・・・リチウムイオンバッテリー(3.7V/300mAh)
充電ポート・・・・・microUSB
充電時間・・・・・・約2~3時間
使用時間・・・・・・約6時間
サイズ・・・・・・・直径80 × 高さ44(mm)
重量・・・・・・・・約104g
付属品・・・・・・・充電ケーブル(USB→microUSB)
製品保証・・・・・・お買い上げ後 初期不良2週間


czMjYXJ0aWNsZSMyMjk1MiMxOTMxMTUjMjI5NTJfeUJocFJhVEhCVi5qcGc


DN-915200 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
スマホ用 超軽量ヘッドホン一体型VRゴーグル
外出先の限られた時間にスマホとiPadなども同時に急速充電できるQC3.0対応2ポートUSB急速充電器
iPhone X の美しい見た目を損なわずにしっかり保護してくれる極薄クリアハードケース
片手で素早く楽に回せる32in1パームラチェット&精密ドライバーセット
機器の充電状況を手軽にチェックできるType-C端子搭載 USB電圧・電流チェッカー






ワイヤレスで最大2台まで接続できるプレミアムBluetoothスピーカーロジクール「MX SOUND」を発売

01

ロジクールは、パソコン、タブレット及びスマートフォンからワイヤレスでスピーカーに繋げることができるプレミアムBluetoothスピーカー「ロジクールMX SOUND」を、2017年11月2日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万2,880円(税抜)。

本製品は、最大2台のBluetoothデバイス、または3.5mmステレオミニジャック入力(1台)のデバイスを接続し、音源を切り替えることができる。ロジクールEasy-Switchテクノロシ゛ーにより、一方のデバイスて゛オーディオを一時停止し、もう一方のデバイスで再生を押すだけで、シームレスに切り替えることが可能だ。

24Wのピーク出力(12WのRMS 出力)、ハイエンドドライバーおよひ゛低域を広げる独自デザインのボートチューブを備え、アーティストが意図したサウンドを精確に再現するバランスのとれたオーディオを実現した。さらに「10度の後方傾斜」によって、理想的なリスニングポイントである「スイートスポット」を実現。クオリティの高いサウンドを体験できる。

またスピーカー前面に配置されたバックライト付きコントロールに軽くタッチするだけで、スピーカーが瞬時に動作を感知して、音量調節やデバイスのペアリングの操作をすることができる。また20分間使用しないと、電力を節約するためのスタンバイモードが自動的に作動する。

02


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
軽量&小型でも機能は十分。乾電池でも動き、返し縫いができる「返し縫いできるコンパクトミシン」
テレビから離れていても大迫力サウンドを楽しめる「音を楽しむUSBサウンドバースピーカー」
プラネックス、磁力でカメラをピタッと設置できるカメラ用マグネットスタンドを発売
GARMINのドラレコGDR シリーズから最新モデル「GDR W180」が登場
音が聴覚へダイレクトに届いてピュアな音質を楽しめる、ハイレゾ音源の再生にも対応したカナル型ヤマハイヤホン




テレビから離れていても大迫力サウンドを楽しめる「音を楽しむUSBサウンドバースピーカー」

4_000000002919

サンコーは、「音を楽しむUSBサウンドバースピーカー」を2017年10月20日より発売する。価格は4,980円(税込)。

本製品は、テレビから離れていても大迫力サウンドを楽しめるサウンドバータイプのスピーカー。低音用のウーファー4個、高温用ツイーター1個搭載し、音が前に広がる、音に包まれるサウンドを楽しむことができる。

音量の調節はダイヤルを回すだけの簡単操作。電源はUSBから給電。前面にマイク端子、ヘッドフォン端子を搭載。さらにステレオミニ延長ケーブル3m、USB延長ケーブルが付属し、テレビから最長4m離れた場所で見る場合でも手元に置いて、音を楽しむことができる。キッチンで家事をしながらテレビを見るとき、音が聞こえづらいを解消してくれるだろう。

■製品仕様
・サイズ/幅500×高さ70×奥行78 (mm)
・重量/677g
・付属品/スピーカー、USB延長ケーブル(250cm)、ステレオミニ延長ケーブル(300cm)、日本語説明書
・電源/USBより給電
・出力/10W
・再生周波数帯域/80hz~20khz
・SN比/≦95dB
・インピーダンス/4Ω
・保証期間/6か月


s5_000000002919

s3_000000002919


音を楽しむUSBサウンドバースピーカー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
プラネックス、磁力でカメラをピタッと設置できるカメラ用マグネットスタンドを発売
GARMINのドラレコGDR シリーズから最新モデル「GDR W180」が登場
音が聴覚へダイレクトに届いてピュアな音質を楽しめる、ハイレゾ音源の再生にも対応したカナル型ヤマハイヤホン
JAPANNEXT、QHD 2,560×1,440ドット 60HzIPS-AHVAパネル 24型液晶ディスプレイ「JN-IPS240QHD」発表
JAPANNEXT、32型WQHD60Hz IPSパネル液晶ディスプレイ「JN-IPS3200WQHD」の特価セールを実施



!-- ldnews_ignore=1 -->

iPhoneやAndroidスマホに最適!サンワサプライ、レザー&木製の高音質Bluetoothスピーカーを発売

サンワサプライBluetoothスピーカー「400-SP071BK」

サンワサプライ株式会社は、48Wの高出力で迫力のあるサウンドを演出、大型かつ木製キャビネットを採用で、豊かで響きのある重低音を再現出来る木製Bluetoothスピーカー「400-SP071BK」を発売した。
直販サイト「サンワダイレクト」での価格は、1万2,778円(税抜)。

■スマホの音楽を高音質で楽しめる
本製品は、スマートフォンやタブレットの音楽をワイヤレスで接続し高音質で楽しむことができるBluetooth対応木製2chスピーカーだ。迫力の重低音を再現できる大口径3.5インチのウーファーユニットを搭載。大型の木製キャビネットの性能を最大限に発揮し、豊かで響きのある重低音を再現できる。明瞭で透明感のある高音を再生できるツィーターを搭載しているので、繊細で解像度の高い超美麗サウンドを再現する。

Bluetooth4.0に対応し、Bluetooth(A2DP)を搭載したスマートフォン・タブレットやパソコン、ポータブルオーディオの音楽をワイヤレスで聴くことができる。高音質コーデックapt-X/AACに対応しており、対応機器との組み合わせで、高音質・低遅延の音声を楽しめる。ワンタッチでワイヤレス接続のON/OFFが可能なNFCを搭載し、NFC対応のスマートフォンやタブレットから簡単にワイヤレス音楽再生が可能だ。48Wと高出力なので、液晶テレビの外部スピーカーとして使用するにも適している。ドラマや映画など、セリフが聞き取りやすく映像とともに迫力の音声を楽しめる。

3.5mmステレオミニプラグ接続でパソコンやMP3プレーヤーなどと接続するだけで高音質な音楽を楽しむことができるほか、有線モード、Bluetoothモードの切り替えは上面コントロール部にあるMODE切り替えスイッチを1回押すだけ、ワンタッチで切り替えが可能だ。
本製品のサイズは、約W116×D188×H216mm(1台当り、突起部除く)で重量は約4.3kg(本体のみ)。

背面にはスマートフォンやタブレットの充電も可能なUSB給電ポートを搭載し、機器を充電しながら使用することができる。スピーカー外装にはブラックレザー合皮加工を施しており、落ち着いた高級家具のような質感を備えインテリアにも馴染むデザインとなっている。

木製Bluetoothスピーカー「400-SP071BK」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
「北神急行電鉄×駅メモ! 」コラボグッズだけじゃない!コラボ ヘッドマーク掲出車両を運行へ
スター・ウォーズファンイベント「Force Friday II」開催決定!最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」関連商品も発売へ
MMD研究所、MVNOのスマートフォンを利用している利用者の調査結果を発表
FOSSILやEMPORIO ARMANI、MICHAEL KORSなど、人気6ブランドのスマートウォッチ全40アイテムを販売
家創りと生活のカタチを革新的に変える住宅用ITサービス!「knot」と「v-ex」







重低音×卓球の新しい音楽エンターテインメント「低音卓球」が渋谷に出現

メイン2

ソニーPR事務局は、「EXTRA BASS」シリーズのワイヤレススピーカー「SRS-XB40/30/20/10」の発売を記念し、パーティークリエイター「アフロマンス」とコラボレーション。重低音×卓球という未体験ピンポンを楽しめる「低音卓球」を2017年5月16日(火)~21日(日)の期間限定で渋谷卓球倶楽部にて実施する。

ソニーの「EXTRA BASS シリーズ」と、泡にまみれて踊る音楽イベント「泡パ」や大量のスモーク演出の中で音楽を楽しむ「スモーキーディスコ」など、“非日常をつくる”をコンセプトに様々なイベントやプロジェクトを手がけてきたパーティークリエイター「アフロマンス」が初タッグ。 期間中は、「EXTRA BASS」シリーズワイヤレススピーカー「SRS-XB40」の迫力ある重低音を轟かせるスピーカーをイメージした2つの?筒状“卓球台が出現。360°にバウンドする予測不可能な三次元ピンポンを楽しめる。

その未体験な三次元ピンポンをさらに盛り上げるのが、会場を包み込むように鳴り響く重低音ミュージック。そのサウンドは筒状になった卓球台で増幅され、プレーヤーの更なる高揚感を生み出す。会場に設置された「SRS-XB40/30」が繰り出すサウンドと、煌びやかでカラフルなライティング演出もあいまって、これまでにない新しい音楽エンターテインメント体験を提供する。

■重低音に包まれる ”未体験ピンポン“「低音卓球」概要
日時:2017年5月16日(火)~21日(日)
営業時間:10:00~翌朝5:30
会場:渋谷卓球倶楽部(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-14-14)
料金:<月~金>10時~19時:600円 19時~LAST:900円
<土・日・祝日>終日:900円
※通常営業時の料金に準じています。※1台・30分の料金となります。
問い合わせ先:渋谷卓球倶楽部(TEL:03-3409-9810)


メイン3


EXTRA BASSプロモーションサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
女性の約半数が付き合う前にキスした経験アリ!?~コミックシーモア調査レポート~
NVIDIA、賞金総額60万円のeSportsトーナメント、「GeForce CUP: Overwatch powered by Level∞」を開催
ライフイズテック、「進撃の巨人」のキャラクターや世界観でデザインが学べる「創造兵団」を開催
羽田で偽家康騒動? はねだ江戸まつり2017~母上感謝祭~本日より開催中<PR>
「アイドルマスター シンデレラガールズ」とスニッカーズのコラボレーション企画の第3シーズンを開始






コンパクトながらダイナミックな低音を実現したデスクトップ・サイズのスピーカー「Elevate 3 MKII」

01

inMusic Japanは、Alesis「Elevate 3 MKII」を2017年3月29日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は9,980円(税込)。

Elevate 3 MKIIは、コンパクトなデザインでデスクトップでの使用に最適な、優れた明瞭性と温かみを備えたフルレンジのパワード・モニタースピーカー。高密度木製キャビネットを採用しており、一般的なプラスチック素材のスピーカーと異なり、クリアな音を妨げる共振を防ぎ、明瞭でタイトな低音を再現する。

Elevate 3 MKIIは、パワフルな3インチ・ウーファーと、音の輪郭をはっきりと再現する1インチ・シルクドームツイーターが、迫力の低音とクリアな高音を可能にし、あらゆる楽曲を正確な音像で再生する。

コンパクトなサイズでデスクトップでの使用に最適なElevate 3 MKIIは、音楽のミックスやマスタリングはもちろん、動画などのマルチメディアコンテンツの制作にもオススメだ。

■主な仕様
周波数特性:80Hz~20kHz
出力パワー:10W x 2(連続)
LFドライバー:3インチ(76mm)
HFドライバー:1インチ(25mm)・シルクドーム
フロント・バッフル:15mm(厚み)
オーディオ入力:RCAステレオ
ヘッドホン出力:ステレオミニ(φ3.5mm)
サブウーファー出力:ミニフォン(φ3.5mm)
スピーカーリンク:ミニフォン(φ3.5mm)
サイズ(W x D x H):約127 x 163 x 190mm
重量:約2.9kg


02


製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
「視覚」×「聴覚」で楽しむ、音で読む新感覚マンガ「SHIORI SOUND EXPERIENCE -Noise-」を公開
サンコー、「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」を発売
こぼした飲み物も窓ガラス掃除もホコリやチリも。水が吸える掃除機「スイトリーナー」
一足早く本物の桜をデジタル一眼カメラαで撮影できるイベント「桜 in Sony Store」を開催
inMusic Japan、ワイドFM対応のPLLシンセサイザー・チューナー搭載デジタルAM/FMラジオチューナーを発売





iPhoneと連携して電話やメールの着信がわかるBluetoothスピーカーが登場【今週のまとめ】

22952_VyhjmnMDNW


今週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を流した。面白い記事としては、iPhoneと連携して電話やメールの着信がわかるBluetoothスピーカーが登場した。まずは、22日(月)の記事を振り返ってみよう。

家庭、小規模オフィス、店舗などに自分で設置できる高画質防犯カメラ・レコーダー
レッツコーポレーションは、家庭や小規模オフィス、店舗などに低コストで導入ができる高画質防犯カメラ・レコーダー「見張隊(みはりたい)」シリーズを発売する。フルハイビジョンに対応しLANケーブルからカメラへの電源供給が可能な「FHD見張隊pro」、4台のカメラとレコーダー・モニターをワンセットにした「見張隊エーグル04」、2台のワイヤレスカメラとレコーダー・モニターをワンセットにした「ワイヤレス見張隊」の3機種をラインナップ。


iPhoneと連携して電話やメールの着信がわかる!100灯のLEDライトで色々遊べるBluetoothスピーカー
本製品は、前面に100個のカラフルLEDライト、背面にフルレンジスピーカーを搭載したBluetoothスピーカー。高音質・大音量で音楽を楽しめるのはもちろん、ドット絵風のアニメーションを作ってLEDライトに表示するなど、いろいろ遊べる。


映画「ゴーストバスターズ」に登場するゴーストたちが渋谷に出現!?
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの新作映画「ゴーストバスターズ」に登場するゴーストたちが、「ソニービジョン渋谷」(渋谷モディ壁面の大型街頭ビジョン)に9月中旬まで出現中だ。本コンテンツの上映には「ソニービジョン渋谷」に設置されたソニーの4K対応屋外型ネットワークカメラの映像を活用。信号の色や人の動きを検知し、青信号ではゴーストが歩行者と一緒に歩道を渡ったり、赤信号では信号待ちする人達を脅かしたり。巨大なゴーストが渋谷の街を闊歩する様子など、交差点のリアルタイム映像とゴーストたちを組み合わせた演出は必見となっている。


SKE48柴田阿弥卒業コンサートの模様をニコ生で独占生中継
ドワンゴが運営するの動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、2016年8月26日(金)に開催されるSKE48柴田阿弥卒業コンサートの模様が独占生中継される。6月24日(金)に放送された、SKE48生出演ニコニコ生放送特番内でSKE48を卒業することを発表した柴田阿弥が、8月26日(金)に自身の卒業コンサート「SKE48柴田阿弥卒業感謝祭~でも阿弥ちゃんからは卒業しません!~」を開催する。


「Doc Popcorn」が「初音ミク -Project DIVA-」と初コラボ。オリジナルブロマイドをプレゼント
FSプランニングが運営するポップコーンブランド「Doc Popcorn(ドックポップコーン)」は、セガゲームスが発売するPlayStation 4ソフト「初音ミク -Project DIVA- X HD」とコラボレーションした限定パッケージを、ヨドバシAkiba店にて新発売する。今回はヨドバシAkiba店の限定商品として、2016年8月25日(木)より、PlayStation 4ソフト「初音ミク -Project DIVA- X HD」とのコラボレーションパッケージを発売。1商品購入すると「初音ミク -Project DIVA- X HD」と限定コラボのブロマイドがプレゼントされる。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
iPhoneで購入したアプリを確認する方法は? 知らないと損する技の数々【便利技のまとめ】
ポケモンGOがたくさん遊べる「DTI SIM ノーカウントβ」で注意することは? 今週のまとめ
iPhoneで睡眠の質を管理! 睡眠習慣を整えるアプリ「Sleepdays」とは
必ず喜んでくれる人がいる! PFU宮本専務がiPhoneアルバムスキャナ「Omoidori」を語る
ぶれずにスマホの動画撮影が可能に!スマホ用スタビライザー販売開始








iPhoneと連携して電話やメールの着信がわかる!100灯のLEDライトで色々遊べるBluetoothスピーカー

22952_VyhjmnMDNW


上海問屋は、100灯のLEDライトでアニメやメッセージを表示したり、様々な機能をもつBluetoothスピーカーを販売開始した。価格は7,980円(税込)。



本製品は、前面に100個のカラフルLEDライト、背面にフルレンジスピーカーを搭載したBluetoothスピーカー。高音質・大音量で音楽を楽しめるのはもちろん、ドット絵風のアニメーションを作ってLEDライトに表示するなど、いろいろ遊べる。

アニメーションで文字を一つずつ表示してメッセージを伝えたり、ライトアップで雰囲気を出したりなど、アイデア次第で楽しい使い方ができる。アニメーションの作成・表示やアラーム時計などの機能は、iPhoneやスマホに専用アプリをインストールすることで使えるようになる。※音楽の再生は、専用アプリを使わなくても可能。

●目覚まし時計
LEDライトで、現在の時刻を確認できる。また、時刻やタイマーを設定して、音楽を鳴らすことができる。

●温度計
LEDライトで現在の温度を確認できる。

●デジタルパレット
スマホのディスプレイに、タッチ操作で10×10マスのドット絵を作成できる。描いたドット絵は、スピーカーのLEDライトに表示させることができる。アプリ内には、サンプルのドット絵も豊富に用意されている。

●アニメーション
デジタルパレットと同じ要領で、最大8枚のドット絵を作成し、アニメーションのように表示できる。アプリ内には、サンプルのドット絵も豊富に用意されている。

●イコライザーなど
メニューの「常用」を選ぶと、再生中のサウンドに合わせて動くイコライザーや、光の粒子をイメージしたライトアップなど、さまざまな視覚効果を楽しめる。

●着信・SNSなどのアナウンス
電話やメール、SNS(Twitter、Facebook、Lineなど)での着信があった場合、LEDディスプレイの表示で知らせてくれる。電話の着信があった場合、本体の再生ボタンを押すとハンズフリー通話が可能だ。

●高音質・大音量のフルレンジスピーカー
背面には、大音量のサウンドを広範囲に響かせるフルレンジスピーカーを搭載。迫力のサウンドを楽しめる。

約11cmの正方形で、重さ約373gと軽量・コンパクトなのもこのスピーカーのいいところ。どこでも手軽に持ち運べて、場所を選ばず使える。※防水ではないので、水がかかる場所や雨天の屋外では使用不可。

■製品仕様
通信方式・・・・・・・Bluetooth v4.0
対応OS・・・・・・・・iOS7.0以降のiPhone、iPad、
           Android4.3以降のスマートフォン/タブレット
通信距離・・・・・・・最大約10m(Class2) ※使用環境により異なります。
対応プロファイル・・・A2DP/HFP/HSP/AVRCP
再生周波数帯域・・・・60Hz~20KHz
最大出力・・・・・・・5W
感度・・・・・・・・・78db
外部音声入力・・・・・3.5mmステレオミニジャック
電源・・・・・・・・・内蔵バッテリー(USB充電5V-1A/容量2000mAh)
           充電時間:約4時間
           連続使用時間:約6時間
           ※連続使用時間は環境により変動します
サイズ・・・・・・・・本体:横 約110mm×縦 約110mm×奥行き 約50mm
           充電ケーブル:約720mm
           オーディオケーブル:約540mm
重量・・・・・・・・・約373g
付属品・・・・・・・・マニュアル(日本語、英語など)、
           充電用USB→microUSBケーブル、
           3.5mmオーディオケーブル
製品保証・・・・・・・購入後6か月間


22952_QvIRUcsAgf


22952_qNhMIKDKEK


DN-913992 上海問屋限定販売ページ
上海問屋

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
液晶ディスプレイの上に小物を乗せられる取付用メディアプレーヤー設置トレイ
ぶれずにスマホの動画撮影が可能に!スマホ用スタビライザー販売開始
省スペースでコンパクトな光るUSBキーボード
ポケモンGoにも役立つiPhoneを手首に装着できるリストバンド型ホルダー
オフィスチェアに装着して使えるノートPCテーブル






木工作家の早川直彦氏が手がけるiPad、iPhoneに最適な木製スピーカーボックス「Smart Horn .Tab」を発売

img6_20160803_114616_SMH6


ビートソニックは、岐阜県付知の木工作家である早川直彦氏が一つ一つ丁寧に造り上げる木製スピーカーボックス「Smart Horn .Tab」を 2016年8月19日から発売する。価格は26,000円(税別)。


本製品は、天然の国産の栗の木を使用し、曲線で仕上げたスマートホルン。電源なしの本体だけでおどろくほどの音量と楽器のような臨場感を楽しめる。自然が生み出すやわらかい音を聴きながら、天然木の魅力を味わってみてはいかがだろうか。iPad、iPhone にあわせたスリット設計により置くだけで簡単に使える。

スマートホルンの素材には山奥で育った樹齢 150 年以上の天然の栗の木のみを使用。樹齢150年以上の栗の木は、やわらかさが均一で歪みのない安定したやさしい音を奏でてくれる。音の広がりを考え、ホルンの形状をイメージし、全体に曲線をもたせたデザイン。タブレットを乗せても安定して設置できる。

スリット部分を広くし、iPad、iPhone を入れやすく設計。スマートホルンの内部にはタブレットを支えるブリッジがあり、音を真ん中へと伝導させ、木の生み出す自然な音が広がる。

■製品情報
・品名:Smart Horn.Tab (スマートホルン.タブ)
・寸法:幅 170mmx 奥行き 340mmx 高さ 135mm
・質量:約 365g
・材質:栗
※手作り品のため、寸法・質量はあくまで目安です。加工の精度、木の素材により多少変動があります。


製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ベルキンからUSB Type-C端末対応のモバイルバッテリー「MIXIT↑ USB-C Power Rockstar」が登場
ノートパソコンからタブレットまで充電可能なACコンセントを備えたモバイルバッテリーが登場
iPhoneで購入したアプリを確認する方法は? 知らないと損する技の数々
フォースメディアより、スマホの音楽をFM波で飛ばして聴けるトランスミッタが登場
ポケモンGOにも役立つiPhoneを手首に装着できるリストバンド型ホルダー









バスルームでも使えるBluetooth防水スピーカー

22952_uvDsSGKzuO


上海問屋は、防水仕様のBluetooth スピーカーを販売開始した。価格は4,999円(税込)。



本製品は、コンパクトで持ち運びやすく、防水等級IPX5※の防水性能も備えているため、場所を選ばず使えるBluetoothスピーカー。

大音量・高音質のサウンドを、リビング、バスルーム、キッチンなど、iPhoneやスマホの音楽を好きな場所で楽しめる。スピーカーを2つ搭載しており、広範囲にステレオサウンドを響かせてくれる。音量を上げても音割れはしにくく、大音量・高音質のサウンドを楽しめる。

3.5mmステレオミニジャックを搭載していて、Bluetooth機能がないMP3プレーヤーやPC、ラジオなどの機器に使えるのもいいところ。本製品には3.5mmオーディオケーブルが同梱されているので、Bluetooth機能がない機器にもすぐに使えるようになっている。

スマホやiPhoneに接続して音楽を聴いているとき、着信があった場合は、本体上部の電源ボタンを押せばすぐに応答できる。スピーカーにはマイクが搭載されているので、そのままハンズフリー通話が可能だ。再生/一時停止やボリューム調節などの操作はボタンを押すだけ、ペアリングも下記の簡単な手順で行える。

■製品仕様
通信方式・・・・・・・Bluetooth v4.0
対応プロファイル・・・A2DP/HFP/HSP/AVRCP
外部音声入力・・・・・3.5mmステレオミニジャック×1
電源・・・・・・・・・内蔵バッテリー
充電時間:約4.5時間(※初回 約6時間)
連続使用時間:約5時間
通話時間:約2時間
待機時間:約500時間
※連続使用時間と通話時間は環境により変動します
防水等級・・・・・・・IPX5
サイズ・・・・・・・・本体:直径 約74mm×高さ 約165mm
microUSBケーブル:約860mm3.5mm
オーディオケーブル:約840mm
重量・・・・・・・・・約479g
付属品・・・・・・・・イヤホンケース、コードクリップ、簡易マニュアル(日本語)、マニュアル(英語)
製品保証・・・・・・・購入後 1か月間


DN-914003 上海問屋限定販売ページ
上海問屋

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
液晶ディスプレイの上に小物を乗せられる取付用メディアプレーヤー設置トレイ
ぶれずにスマホの動画撮影が可能に!スマホ用スタビライザー販売開始
省スペースでコンパクトな光るUSBキーボード
ポケモンGoにも役立つiPhoneを手首に装着できるリストバンド型ホルダー
オフィスチェアに装着して使えるノートPCテーブル







オーディオテクニカ、赤外線コードレススピーカーシステム2機種を発売

AT-SP450TV


オーディオテクニカは、“しっかり聞けるを日常に。”をコンセプトとした「SOUND ASSIST」シリーズから、赤外線コードレススピーカーシステム「AT-SP450TV」「AT-SP350TV」を8月26日より発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格はAT-SP450TVが1万円前後、AT-SP350TVが9,000円前後。



AT-SP450TVは、テレビの基本的な操作が行える、かんたんリモコン付きの赤外線コードレススピーカーシステム。スピーカーとテレビリモコンがセットになることで、手元で1台2役を実現した。AT-SP350TVは、機能をシンプルにまとめた赤外線コードレススピーカーシステムで、誰でも簡単に使えるようになっている。

どちらも大口径φ52mmスピーカーを採用しており、小さな音から大きな音までクリアな音質で楽しめる。さらにスピーカーを上向きに配置することで、従来品(赤外線コードレス)と比べ、よりテレビの音声を聞き取りやすなった。また、ナレーションやセリフなどが明瞭になる、2段階調整可能な「はっきり音」機能により、テレビの音声に合わせて効き具合を切り替えて楽しめる。

なお付属のACアダプターまたは単3形電池(別売)で利用可能なため、コンセントが近くにない場所でも使えるのも特徴だ。

AT-SP350TV


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
5種類のDisneyキャラクターのデザインから選べるウォークマンSシリーズをソニーストアにて販売開始
エアコン使用時の風の向きを改善する後付け風向調整板「アシスト・ルーバー」を発売
アニメ「NARUTO-ナルト- 疾風伝」とコラボレーションしたハイレゾ対応ウォークマンとヘッドホンが登場
朝日新聞社、Android TVアプリ「オンデマンド高校野球」をリリース
海洋ミッションに役立つ4つのセンサーを搭載した“G-SHOCK”が登場







ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ