ITライフハック

スマイルブーム

プログラムであそぼう!Nintendo Switch用「プチコン4 SmileBASIC」発売

switch-1024x432

スマイルブームは、Nintendo Switch用プログラミングソフト「プチコン4 SmileBASIC」(プチコンフォー スマイルベーシック。以下、「プチコン4」)を2019年5月23日からニンテンドーeショップで発売する。価格は3,000円(税込、サーバー利用券1個付き)。

「プチコン4 SmileBASIC」は、ゲーム機上で本格的なプログラミングを楽しめる「プチコン」シリーズの最新製品。2011年にニンテンドーDSi向けに初代「プチコン」を発売以来、ゲーム機上で手軽にプログラミングが楽しめるソフトウェアとして全世界のユーザーから熱い支持を得ている同シリーズだが、最新版となる「プチコン4」では現行世代ハードウェアの性能に合わせて再設計したSmileBASIC Ver.4を初めて搭載し、従来から定評のあった処理速度や表示性能をさらに向上、Joy-Con、HD振動、モーションIRカメラ、Toy-ConといったNintendo Switchならではの機能も活用できる。

加えてプログラミング入門者に向けた「初心者ガイド」を新たに追加、USBキーボード・マウス対応、グラフィック・サウンド素材のさらなる拡充、ユーザー間でのプログラム交換や評価をより簡単に行える機能の搭載等、前作「プチコン3号」「プチコンBIG」から全方位にわたって機能を強化した。

■関連商品について(SmileBASIC専用キーボード+マウスセット)
また関連商品として、TSUKUMO(ツクモ)ブランドでパソコンおよびパソコン用周辺機器を販売する、Project Whiteより、SmileBASIC専用キーボード+マウスセットが近日発売予定。プチコン4での動作確認済となっており、安心して購入できる。なおSmileBASIC専用キーボード+マウスセットの製品情報・購入情報についてはProject Whiteから正式発表される予定だ。

プチコン4SmileBASIC公式サイト

ITライフハック

ITライフハック Twitter

ITライフハック Facebook



カルチャーに関連した記事を読む

「必死こいて半世紀」週刊少年チャンピオン 創刊50周年記念企画「週刊少年チャンピオン 創刊50周年大感謝祭」でお披露目!
日本ダービー×「ゴルゴ13」の超A級コラボが実現!オリジナルゲームやスペシャルコミック、豪華声優を起用した動画も公開!
冷凍標本を世界初公開!日本科学未来館の企画展「マンモス展」展示内容発表!
ヴイストンが発売するWi-Fi対応の二足歩行ロボットが、Webブラウザからプログラミング可能に
人も一緒に乗れて素早く移動・運搬できる電動台車「電動ライドオン台車」(でも公道は走っちゃダメよ)




プチコン3号+BIG 公式リファレンスブック : SMILEBASIC MAGAZINE SPECIAL
徳間書店
2017-03-16

SMILEBASIC MAGAZINE Vol.1
アンビット
2016-06-27


clear="left" style="clear:left" />

ニンテンドー3DS「プチコン3 号 SmileBASIC」のユーザー作品商品化第1弾が登場

ゲーム画面(上)+アイテム選択(下)

スマイルブームは、ニンテンドー3DSシリーズ専用ソフト「プチコン3号 SmileBASIC」でユーザーが作成したゲーム作品を商品化リリースする取り組みとして、第1弾となる「ドウクツジマ」をニンテンドーe ショップより販売開始した。

今回発売される作品「ドウクツジマ」は、ユーザーを対象として 2015年10月17日~2016年1月4日に開催されたプログラムコンテスト「第四回 プチコン大喜利」の自由部門において、単純明快なゲームルールながら、丁寧かつバランスのとれたゲームデザインが評価され、自由部門大賞を受賞した探査型2Dアクションゲームだ。

■ゲームストーリー
プレイヤーは主人公マサポンとなって、伝説の島「ドウクツジマ」の洞窟奥深くに眠る若返りの秘宝“ダヒヤモンド”をゲットして、島のオーナーである“トレジャール”に持ち帰るのが目的。洞窟内のあちこちに隠された便利アイテムを入手しながら敵をたおしつつ探索範囲を広げていく。洞窟内は迷宮、いたるところでモンスターや罠がマサポンを待ち構えている。先に進むのが難しいな……と感じたら“トレジャール“からもらえる攻略ヒントを使ったり、“隊長さん”や”“オネェサン”からパワーアップをしてもらって、活路を切り開こう。


入り口

隊長さん

ボス戦


ドウクツジマ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
女性の約半数が付き合う前にキスした経験アリ!?~コミックシーモア調査レポート~
NVIDIA、賞金総額60万円のeSportsトーナメント、「GeForce CUP: Overwatch powered by Level∞」を開催
ライフイズテック、「進撃の巨人」のキャラクターや世界観でデザインが学べる「創造兵団」を開催
羽田で偽家康騒動? はねだ江戸まつり2017~母上感謝祭~本日より開催中<PR>
「アイドルマスター シンデレラガールズ」とスニッカーズのコラボレーション企画の第3シーズンを開始





スマイルブーム、Wii U で BASIC 言語のプログラミングができる「プチコンBIG」の配信を開始

名称未設定-1

スマイルブームは、Wii U専用ソフト「プチコンBIG」を2016年12月14日(水)よりニンテンドーe ショップで配信する。価格は3,000 円(税込)。

本ソフトは、「プチコン3号 SmileBASIC」のWii Uバージョン。テレビ画面とUSB外付けキーボードを利用することで、より快適なプログラミングができるだけではなく、Wii Uリモコンやヌンチャクなど Wii Uの周辺機器を活用したプログラムも作成できる。

BASIC の言語構造は「プチコン3号」との上位互換のため、ニンテンドー3DS の「プチコン3号」で作られたプログラムを「プチコンBIG」にダウンロードし、テレビ画面とGamePadで楽しめる(テレビを使用せずにGamePadのみでの操作も可能)。

家ではテレビ 画面とキーボードを使用して「プチコンBIG」でプログラミングを行い、通勤や通学中にニンテンドー3DS版「プチコン3号」でプログラミングやデバッグの続きを行うことができる。

■主な特徴
・USB キーボード対応
・処理速度の向上、メモリー容量の増加
・Wii リモコンやヌンチャク等 Wii U の周辺機器に対応
・最大854×480 ドットの高解像度表示対応
・素材画像エリアが1024×1024 に拡張
■映像や音楽に特化した手軽に使える命令
・ボタンやタッチパネルでの情報取得
・ジャイロや加速度など各種センサーからの情報取得
・マイクからの録音と再生 (USB マイクにも対応)
・線や円や塗りつぶしなどグラフィック描画命令
・MML(Music Macro Language)による作曲
・音声合成を使って日本語を喋させることができるTALK 命令
・漢字を含む日本語表示にも対応
■コーディング支援(初心者から上級者まで)
・プログラム初心者向けの講座をご用意
・命令入力支援機能により少ない文字数で長い命令の入力が可能
・命令を選択して説明を見ることができるインラインヘルプを搭載
・公開キーを使って「プチコン3 号」のプログラムも流用可能
・おえかき・アニメ作成・マップ作成・サンプリングなどのツールも搭載
■豊富なサンプル
・さまざまなシーンで使えるキャラや背景の画像
・100 種類以上の効果音や40 種類以上のBGM
・BASIC を覚えるためのシンプルなプログラム
・命令ごとの実行結果を確かめられる技術サンプル
・高度な技術で作られたゲームサンプル


©2016 SmileBoom Co. Ltd. All Rights Reserved.

プチコンBIG

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「人喰いの大鷲トリコ」、世界的陶芸家リサ・ラーソンとのコラボレーションも実現
AR・GPS・QRコードを活用してアニメの聖地巡礼を楽しむ。ふるさと納税「ガールズ&パンツァーうぉーく!」
ミニミニ、お部屋探しのための内見がバーチャルでできる「miniminiVRスコープ」を店頭で配布
「LINE レンジャー」×「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のコラボを実施
元乃木坂46・永島聖羅の「ほろ酔い姿」をニコ生で初公開





Windows用RPG制作ソフト「SMILE GAME BUILDER」の体験版がリリース

capsule


スマイルブームは、Windows用ロール プレイング ゲーム制作ソフト「SMILE GAME BUILDER(スマイル ゲーム ビルダー)」の体験版を、PCゲーム販売プラットフォーム「STEAM 」より、2016年8月26日(金)に日本語版と英語版を同時にリリースした。



本体験版を利用することで、自分のパソコンにインストールが可能か、十分なゲーム制作環境としてのパフォーマンスを製品版導入前の検証を行う事も可能だ。また、友人の持っているパソコンでもSMILE GAME BUILDERが動作するかなどの事前確認用として利用することも可能だ。

本体験版では、以下の機能を利用することができる。

・製品版と同じく3Dマップ制作が可能
・すべてのイベントテンプレートを使ってゲーム制作が可能
・すべてのパーティクルエフェクトが利用可能
・体験版で作成したゲームファイルは、製品版に引き継ぐことが可能
・SGBクエスト体験版をプレイ可能&編集&改造も可能!製品版でも引き継げる
・マルチビューカメラシステム搭載!グリグリカメラを動かして遊んでみよう

■動作環境
OS:Microsoft Windows7/8/10 日本語版(32/64bit版)
※仮想環境およびエミュレーション環境では動作保障はいたしません。
必須動作環境
・CPU:インテル Core 2 Duoプロセッサー、または AMD Athlon 64
・メモリー:2GB以上
・グラフィック:インテルR HD グラフィックス 4400以上、 Radeon HD グラフィックス 5430以上、OpenGL 3.0以上
推奨動作環境
・CPU: インテル Core or AMD AthlonⅡ(K10)
・メモリ:4GB以上
・グラフィック:NVIDIAR GeForce 400 シリーズ、AMD Radeon HD 5000 シリーズ
・ディスプレイ:1366x768
・ハードディスク空き容量:700MB以上


公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN」がサービスを開始
「Doc Popcorn」が「初音ミク -Project DIVA-」と初コラボ。オリジナルブロマイドをプレゼント
「THE KING OF FIGHTERS XIV」の発売を記念してNEO・GEOサウンドトラックをアマゾンで独占先行配信開始
リンクス、「MaBeeeで体験、作って動かすティラノサウルス工作教室」を開催
JCG、PC版Overwatch国内大会オフライン決勝戦「JCG Master 2016 Summer Finals オフラインファイナル」を開催



SMILEBASIC MAGAZINE Vol.1
アンビット
2016-06-27

蘇るBASICプログラミング プチコン公式活用テクニック
松原拓也
アスキー・メディアワークス
2011-07-28



プログラミングをせずにRPGの制作を楽しめるWindows用ソフト「SMILE GAME BUILDER」が登場

topimage


スマイルブームは、Windows用ロール プレイング ゲーム制作ソフト「SMILE GAME BUILDER」を、2016年9月8日(木)からPCゲーム販売プラットフォーム「STEAM」を通して発売する。日本での販売価格は9,800円(税込)、その他の国では米ドルで79.99ドルとなっている。



また、ゲーム業界で活躍するクリエイターがSMILE GAME BUILDER用に作成した3DモデルやBGMなど、ゲーム製作の幅を広げる追加素材もダウンロード コンテンツとして同時に4種類発売される。

「SMILE GAME BUILDER」は、プログラム言語やスクリプト言語を一切使用することなく、3Dマップを用いたRPGを作成できる Windows 用のソフト。通常、ゲームの制作にはプログラミング技術の習得は必須だが、昨今、“ゲーム エンジン”と呼ばれるゲーム開発環境の普及により、基礎部分のプログラミングをせずに、様々なゲームを制作できるようになってきた。

しかし、汎用的であるがゆえに、ゲームのルール作りはもちろん、グラフィックやサウンド データなどをすべて自前で用意せねばならず、ゲーム制作の初心者にとってプログラミング同様にゲーム制作参加への障壁になっていた。

SMILE GAME BUILDERは、制作するゲームをRPGに特化し、汎用性を省くことでゲームのストーリー制作に注力できるよう設計を最適化。また、別途3Dモデリングツールを用意することなく、起伏に富んだ立体的なマップをゲーム感覚で制作できる。RPGの製作に必要となる3Dモデル、2Dグラフィックス、BGMや効果音といった素材もあらかじめ1000種類以上同梱されおり、購入したその日からゲーム クリエイターとしてゲームの制作を始められる。

さらに、完成したゲームはWindows用のアプリケーションとして保存できるため、フリーソフトとして無償で配布することはもちろん、商品として有償で配布することも自由に行える。

ユーザーの創造力をさらに飛躍させる、3DモデルやBGMなどのダウンロードコンテンツ(DLC)も同時発売。各DLCの制作は、市販ゲームの制作および販売実績を持つプロのクリエイターが担当。今後もプロのクリエイターによる様々な素材を各社のブランドを冠して、続々発売予定とのことだ。

・3Dモダンデザインセット(仮題)      (制作:ジースタイル)
・コープスパーティー 如月学園セット(仮題) (制作:チームグリグリ)
・ジョーダウンサウンドライブラリ(仮題)   (制作:ジョーダウン)
・ファンタジーオーケストラセット(仮題)  (制作:ビタースウィート・エンタテイメント)

capture_2


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
楽天、定額制の音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」の提供を開始
マピオン「全国の温泉地」スタート。全国150カ所以上の温泉地を効能・泉質から検索可能
YKK、国内外で約400万回再生を記録したショートアニメの続編「FASTENING DAYS 2」を公開
森美術館、「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」を開催
新宿「NEWoMan」で人気の“手土産ランキング”


SMILEBASIC MAGAZINE Vol.1
アンビット
2016-06-27

蘇るBASICプログラミング プチコン公式活用テクニック
松原拓也
アスキー・メディアワークス
2011-07-28



ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ