ITライフハック

スマホゲーム

見つける、集める、取り憑ける。妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」が登場

main

ガンホー・オンライン・エンターテイメントとレベルファイブが共同開発したスマートフォン向けゲームアプリケーション「妖怪ウォッチ ワールド」が、2018年6月27日(水)より「App Store」および「Google Play ストア」にて、サービス開始された。

■妖怪ウォッチの世界が3Dマップ上でリアル世界と融合
「妖怪ウォッチ ワールド」は、今年で5周年を迎える人気コンテンツ「妖怪ウォッチ」の世界が 3Dマップ上でリアル世界と融合する新感覚の妖怪探索位置ゲーム。ゲームを起動しスマートフォン画面を覗いてサーチすると、 ARにより妖怪たちが現実世界に出現。日本全国に放たれた妖怪を、 GPS機能を使って集めることができる。

本タイトルは「Google Maps Platform」の最新技術を採用しており、従来の位置情報ゲームよりもさらに立体的でリアルなマップの中でゲームを楽しめる。さらに、自分が持っている妖怪を他のプレイヤーに取り憑けて全国各地の妖怪を連れて帰ってきてもらう「取り憑け(ヒョーイ)」機能を搭載。なかなか遠方へ足を運べない人も、ヒョーイ機能で全国各地の妖怪に出会うことができる。また、強力な妖怪とのバトルも楽しめる降臨ボスイベントなど、様々なゲーム内イベントも用意されている。

今後は、ファミリーマートやNTTドコモとの異業種コラボレーション、ガンホーの人気コンテンツ「パズル&ドラゴンズ」とのコラボレーションも予定しているとのこと。詳細は順次公式サイト等にて発表される。

■「妖怪ウォッチワールド」基本情報
タイトル  :妖怪ウォッチ ワールド
ジャンル  :妖怪探索位置ゲーム
対応機種  :iOS 9.0以降/Android 4.4以降
価格    :無料(ゲーム内課金あり)
配信開始日 :2018年6月27日(水)
Google Play ストア: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gungho.yww
App Store : https://itunes.apple.com/jp/app/yo-kai-watch-world/id1356061228?l=ja&ls=1&mt=8
開発    :ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
原作・監修 :株式会社レベルファイブ
※カメラ、 GPS、ジャイロ、 RAM1GB容量必須。推奨データ容量は2GB。


sub1

sub2

sub3

sub4


©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. (C) LEVEL-5 Inc.

公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
今夏に体験したいアウトドアレジャーは? 流行の「グランピング」も調査!(マクロミル)
「キングダム ハーツIII」発売日決定記念で「IIIに繋がる物語たち」スペシャルボードが新宿に登場
必須アミノ酸をすべて含む栄養満点のモリンガ!日清食品「奇跡のモリンガ青汁」 試飲・発表会レポート
ZIGがVTuber事業を開始2019年9月までに100名のVTuberのデビュー・プロデュースを予定
エヌ・シー・ジャパン「リネージュ2」の14周年前夜祭をスタート

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活 [DVD]
田村睦心
KADOKAWA メディアファクトリー
2018-07-04





「PUBG MOBILE」ダウンロード数も400万を突破!大型アップデートを実施

【PUBGリリース画像①】FPPモード

PUBGは、2018年6月19日(火)13:00に、「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)」(以下、PUBG)のスマートフォン向けMOBILE版の大型アップデートを実施する。

■大人気バトルロワイヤルゲームが「PUBG」
PUBGは、最大100人のプレイヤーが、マップ内にある装備などを駆使して “最後の一人”になるまで生き抜くバトルロイヤルゲーム。MOBILE版は2018年3月以降、100ヶ国以上でダウンロード数ランキング1位を記録している。プレイヤーは段々狭くなる安全地帯内で、ランダムに配置されている武器や車両、装備アイテムを駆使して生存競争に臨む。戦いの末、最後の一人まで生き残ったプレイヤーの画面には「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」というメッセージが表示されるため、プレイヤーは「ドン勝」を目指して戦うことになる。日本では2018年5月16日(木)にリリースしており、現在400万ダウンロードを超えている。

今回の大型アップデートでは、新視点(FPP/一人称視点)の実装やARCADE(アーケード)に新モードを追加するなど、より遊びの幅を広げられる機能が追加された。さらに、武器スキンや飛行機スキンも実装し、見た目の変化による楽しさをより感じることが出来るようになったとのこと。アップデートを記念し、6月19日(火)13:00のアップデートから6月24日(日)9:00の期間中に、アプリを更新しゲームにログインすると、「名前変更カード×1」「PUBG体験ギフト(7日)×1」「1,888BP」がプレゼントされる。

■ゲーム概要
タイトル:PUBG MOBILE
ジャンル:バトルロイヤルシューター
対応機種:iOS(iPhone、iPad)/Android
価格:基本プレイ無料(アプリ内課金あり)
配信開始日:2018年5月16日(水)


【PUBGリリース画像②】ミニゾーン

【PUBGリリース画像③】Royale Pass

【PUBGリリース画像④】武器スキン

【PUBGリリース画像⑤】武器庫

【PUBGリリース画像⑥】エモート機能

【PUBGリリース画像⑦】被弾エフェクト変更機能

【PUBGリリース画像⑧】新フェイス


©2018 PUBG Corporation. All Rights Reserved.

公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「アトリエ オンライン ~ブレセイルの錬金術士~」7月2日からクローズドβテストを3,000名限定で実施
eスポーツイベント「RAGE 2018 Summer」にVTuber同士によるeスポーツ大会を開催
傑作タイトル40作品を収録!家庭用ゲーム機「NEOGEO mini」この夏発売へ!
美味しいPA巡りイベント「首都高PA2018夏 “冷たい・さっぱり”涼麺フェア」を開催
パンダくろしお「Smile アドベンチャートレイン」のNゲージ模型を発売






人工知能(AI) vs. 人類の新作スマホRPG「ヴァイタルギア」事前登録者数が50万人を突破

main

アルサーガパートナーズは、スマートフォン向け新作ゲームアプリ「ヴァイタルギア」を、2018年6月8日(金)に提供開始する。また、本作の事前登録者数が50万人を突破したと発表した。これに伴い、本作の事前登録、および関連キャンペーン応募の終了日時は、2018年6月7日(火)12時00分までとなる。

■事前登録キャンペーンでは豪華プレゼントが当たる!
事前登録キャンペーンでは、事前登録をしてゲームプレイ後のキャンペーンに参加すると、アプリ内課金に使える各種プリペイドカードや人気ゲーム機などの豪華プレゼントが合計96名に当たる総額100万円相当のプレゼントキャンペーンを開催している。

「ヴァイタルギア」とは、迫りくるAIの侵略と戦いながらギア(戦車)を製造・強化し、最大20人対20人のリアルタイム対戦を楽しめるスマートフォンゲーム。国内初の3D車体仕様で迫力のバトルフィールドを再現。美少女クルーのデザインは、多数のソーシャルゲームやウェブノベルのイラストを手掛けたari氏を起用し、ボイスキャストには豪華声優陣が出演する。Web漫画「ヴァイタルギア」を原作とした3D車体×美少女が魅力のバトルゲームだ。

sub1

sub2

sub3

sub4


事前登録URL

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「VIRTUAL GATE」サービス開始1周年記念キャンペーンを実施
「OPENREC.tv」で人気声優、愛美さんと伊藤彩沙さんがゲーム実況や企画に挑戦!
ボイスアプリ「LisPon」でVTuber声優のオーディションを開催
プロ野球交流戦で最も注目される試合は「広島 vs. 西武」戦~NTTレゾナントが調査~
仮面女子が声優として登場!一騎当千!爽快バトル RPG「三国 BASSA!!」配信開始






あの人気のバトルロワイヤルゲームをもっと楽しむためのスマホ用ゲームコントローラー

01

上海問屋は、人気のバトルロワイヤルゲームをもっと楽しめるスマホ用コントローラーを発売した。価格は799円(税別)。

■勝つための必須アイテム!
本製品は、人気のバトルロワイヤルゲームで素早く攻撃ができる、スマホ用ゲームコントローラー。通常は親指だけで全てのボタンを操作するが、コントローラーを付ければ射撃や打撃を人差し指で操作するこができる。

操作する指が増えることで、照準を合わせてから素早く攻撃ができるようになり、まさに、勝つための必須アイテムだ。このコントローラーで対戦相手に差をつけよう。

■製品仕様
サイズ・・・・・縦28 × 横38 × 厚み17(mm)
重量・・・・・・約4g×2
材質・・・・・・プラスチック等
製品保証・・・・お買い上げ後 初期不良2週間


上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
九州新幹線 「新大牟田駅~熊本駅」間のトンネル内で携帯電話が利用可能に
最新VRも楽しめる!Galaxyの最新モデルを無料で体感できる「Galaxy Showcase」がリニューアルオープン!
手塚治虫生誕90周年を記念した“TEZUKA OSAMU HYBRID CASE for iPhone8/7,X”を発売
スマートフォン/タブレットをBluetoothキーボードにするアプリ「Rickey+」が登場
LINEモバイルで「母の日キャンペーン」開催






仮面女子が声優として登場!一騎当千!爽快バトル RPG「三国 BASSA!!」配信開始

最強の地下アイドル仮面女子

エイチームは、最強の地下アイドル「仮面女子」と初のタイアップを実施したゲーム“一騎当千!爽快バトル RPG「三国 BASSA!!」の配信を開始した。

■仮面女子から神谷えりな、月野もあ、立花あんなが声優として登場
「三国 BASSA!!」には、神谷えりな、月野もあ、立花あんなが声優として登場している。

■神谷えりな(かみやえりな)
誕生日:1991 年 10 月 15 日出身地:静岡県磐田市血液型:A 型
特技:サムウォーク、暗算、卵焼き早巻き、卓球、T シャツ早脱ぎ

神谷えりな


張紘は、張昭の双子の妹。わかりやすい張昭に対して、張紘はシニカルで無感情。基本的になにを考えているかわからない。

張紘_立ち絵


■月野もあ(つきのもあ)
誕生日:1994 年 3 月 7 日出身地:埼玉県血液型:AB 型
趣味・特技:アニメ声、ベース、空手

月野もあ


孫堅は、類まれな武の才能と天性の才覚に恵まれながら、気負いなく常に自然体。ただ、奔放で隙も多いため周囲からぞんざいに扱われている。

孫堅_立ち絵


■立花あんな
誕生日:1992 年 2 月 29 日出身地:東京都血液型:AB 型
趣味・特技:ダンス、ヘドバン

立花あんな


破天荒な仙女張昭。張紘の双子の姉。好奇心旺盛で、わかりやすく感情が表に出るタイプ。おだてると天狗になり、怒られると凹む。

張昭_立ち絵


また主題歌は仮面女子の新曲「爽快☆エクスタシー」。個性豊かなキャラクターが登場するオープニングアニメも公開された。

オープニングアニメは実力派アニメーション制作会社「グラフィニカ」が担当。「三国 BASSA!!」の世界観や個性豊かなキャラクターたちの臨場感溢れる映像を楽しめる。



■仮面女子新曲「爽快☆エクスタシー」について
「爽快☆エクスタシー」は『三国 BASSA!!』のために特別に書き下ろされた曲。「三国 BASSA!!」の疾走感あふれるバトルをイメージした、爽快なメロディとサウンドに、戦乱の世で未来を懸けた戦いに挑む姿を綴った歌詞が特徴となっている。さらに、サビのあとのラップ調が曲をよりいっそう盛り上げている。

このほか、「仮面女子」とのタイアップを記念して、プロモーションムービーを公開。ここでしか見られないライブ映像は必見だ。



■「三国 BASSA!!」とは
「三国 BASSA!!」は三国志の壮大な世界で武将達による迫力の戦いが楽しめる、一騎当千!爽快バトル RPG。

三国志の世界を背景とした圧巻のクエストバトル、拠点を奪い合う 2 対 2 のリアルタイム対戦ではたくさんの敵をなぎ倒す爽快感に加えシンプル操作で白熱のバトルを楽しめる。また、toi8 氏など豪華イラストレーターによる多彩なキャラクターや、劉備を演じる悠木碧さんをはじめとした人気声優陣のキャラクターボイス、そして人気サウンドクリエイター伊藤賢治氏の楽曲で「三国 BASSA!!」の世界を盛り上げる。

三国BASSAメイン画像


■クリエイター
メインキャラクターデザイン: toi8
代表作: 『チェインクロニクル』、『幻影異聞録♯FE』、『まおゆう魔王勇者』などアニメーション: グラフィニカ
代表作: 『チェインクロニクル~ヘクセイタスの閃~』、『十二大戦』など

メインテーマ曲: 伊藤賢治
代表作: 『サガシリーズ』、『聖剣伝説』シリーズなど

シナリオ: dotworks
代表作: 『クリミナルガールズ』、『セブンスドラゴン2020』シリーズ、『セブンスドラゴン III code:VFD』、『ダンジョントラベラーズ2』、『ステラ グロウ』など

■声優紹介(一部抜粋) ※敬称略
上坂すみれ 内田彩 内田真礼 大西沙織 小倉唯 小野大輔 茅野愛衣 佐倉綾音 豊永利行 中村悠一 早見沙織 潘めぐみ平野綾 堀江由衣 松岡禎丞 悠木碧

「三国 BASSA!!」公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「東京ゲームショウ2018」のメインビジュアルが決定
都営浅草線新型車両デビューを記念してWeb動画を公開
マイクロソフトのソーシャルAIチャットボット「りんな」に最新会話エンジン「共感モデル」を採用
3,980円で約1万個の満天の星空を出現させる家庭用プラネタリウム「HOMESTAR Relax」
もう見た? 博多華丸・大吉が応援!地方競馬を簡単に楽しめるサービス「SPAT4」新CM

仮面大陸~ペルソニア~/ISUMI~四季彩の街で~[Type-A]
仮面女子
デストロイレコード
2017-01-03


仮面女子 妄想劇場
仮面女子
宝島社
2016-06-17



200人の戦いを体験せよ――スマホ向けMMORPG「リネージュ2 レボリューション」始動

line01

ネットマーブルゲームズは2017年8月6日に都内の会場で発表会を開催し、PC向けMMORPG「リネージュ」シリーズのスマートフォン向けMMORPGとなる「リネージュ2 レボリューション」を発表した。韓国ではすでにサービスが開始されているが、日本でのサービス開始は2017年8月23日と公表された。

■スマートフォン向けのきれいなグラフィックのMMORPG
会場ではネットマーブルジャパンの代表取締役である金泰洙氏があいさつに立った。金氏は同社が2004年に創業したことを紹介しながら、これまで50タイトルをリリースしたことに言及。PC向けのゲームサービスが主だったが、現在ではモバイルゲームも展開。「今回、多くの努力の末に本作を発表することとなった。このタイトルは最高のクオリティと最高の規模、コンソールレベルのグラフィックで作られている革命的なモバイルMMORPGであると自負している」と語る。「ユーザーにはこれまで経験したことない新たな楽しさと感動を提供できると革新している」(金氏)。

ネットマーブルジャパン 代表取締役 金泰洙氏


続いて同社の運営プロデューサーである青木直也氏が登壇。本タイトルの概要について紹介した。

「リネージュ2 レボリューション」については3つのキーワードがあるとしながら、まず「革命的なグラフィック」について解説。家庭用ゲーム機やパソコンのゲーム機に使われているUnreal4 Engineを使用しており、革命的なグラフィックを実現したとのこと。「衣装の装飾や模様、質感に至るまで最高のグラフィックで表現されている」(青木氏)。

本タイトルの運営プロデューサー青木直也氏


青木氏が次に挙げたのが「革命的なマルチプレイシステム」。ゲーム画面はすべてのフィールドがつながっており、プレイヤーは自由に行き来できるとのこと。「様々なプレイヤーとの交流もできるため、新しい価値を提供できる」と青木氏。本作では1つの画面に300人が同時に集まってプレイできるという。また1つのサーバには最大8000人が同時に接続できるそうだ。「チャットや絵文字、エモーション、ボイスチャットなど、あらゆる手段でコミュニケーションが可能だ」(青木氏)。

line04

line05


最後に挙げたのが「大規模バトルシステム」。「リネージュ2 レボリューション」ではギルドシステムのことを「血盟」と呼んでいるが、1人のリーダーとなる血盟主と、それを支える49人の血盟員で構成される。最大50人の血盟で、様々な大規模バトル、「要塞戦」と「攻城戦」に挑むことができるようになっている。要塞戦はリアルタイムで実行されるので、血盟ごとの連携と戦略が重要となる。攻城戦はさらに規模が大きく、最大200人のプレイイヤーが対戦するコンテンツ。4つの血盟が同時に戦い合うため、要塞戦よりも戦略と策略が重要となる。

line06

line07


なお本作については、矢沢永吉さんが登場するCMが8月下旬より放送される予定。「ロック界の頂点に立つ矢沢永吉さんと、スマートフォンの頂点を目指すリネージュ2レボリューションの強力タッグでゲームを盛り上げていきたい」(青木氏)。

line08


■30人対30人のタッグバトルも開催
なお会場では、3人のYouTuberと27人のユーザー×2の60人による「“YouTuber対抗! 30vs30 超巨大マルチバトルリーグ”決勝戦」も開催された。決勝戦には「マックスなうしろ血盟」とデイビッド血盟」が戦い、デイビッド血盟が勝利を収めた。

マックスなうしろ血盟


デイビッド血盟


白熱の戦いを展開


モデルの佐藤かよさんも応援


リネージュ2 レボリューション

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「駅メモ!」がコミカライズ!「やわらかスピリッツ」にて連載決定
ソニー・エクスプローラサイエンスで「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン」を開催
Nintendo SwitchのJoy-Conを充電しながら使える! 握りやすいコントローラー「Nintendo Switch用Joy-Con充電握りやすいグリップ」を発売
RPGアツマール×電撃文庫、5作品をツクラーがゲーム化
感情や感覚を揺れ動かす作品に出合えるチャンス!飾りたいと思う写真展「アートの競演 2017葉月」を開催【Art Gallery M84】





位置ゲーム「駅メモ!」のカメラアプリが登場

main

モバイルファクトリーは、配信中の位置情報連動型ゲーム「ステーションメモリーズ!」(略称:駅メモ!)の関連アプリとなる「駅メモ!おでかけカメラ」のAndroid版を2017年3月23日(木)に、iOS版を2017年3月28日(火)より提供開始した。

「駅メモ!おでかけカメラ」は、駅メモ!に登場するパートナー「でんこ」といっしょに写真撮影ができるカメラアプリ。「駅メモ!」をプレイしながら訪れた場所で、お気に入りの「でんこ」とパシャリ! 日々のおでかけの記録や、旅行中の思い出作りに活用できる。

■サービスの特徴
・「みろく」「ルナ」「メロ」のうち、お好きなでんこと写真を撮ることができる。簡単な操作で、でんこの配置を調整したり、表情や大きさも変更可能だ。
・撮影した写真は、アプリ内の操作で簡単に一部SNSへとシェアできる。おでかけ中に撮影した自慢の1枚をみんなにシェアしよう。


■コンテンツ概要
タイトル:駅メモ!おでかけカメラ
ジャンル:カメラアプリ
対応OS:iOS/Android
配信元:フジゲームス
開発運営:モバイルファクトリー
価格:基本無料
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.mfapps.cam.odekakecamera
App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/id1216561298?l=ja&ls=1&mt=8


sub1


ステーションメモリーズ!

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」を実施
Yahoo! JAPAN、「Yahoo!検索」で“音”を検索できる新機能「♪(おんぷ)検索」を開始
“渋谷らしさ”とソニーのテクノロジー・製品・コンテンツが融合した“Sony Square Shibuya Project”
賞金総額700万円、シャドウバースの国内最強プレイヤーを決めるイベントを開催
音楽ゲームのルーツ「パラッパラッパー」が20年の時を経てPS4に復活!






世にいう“クラクラ”とはどんなゲーム? 編集部で試しにプレイしてみた

クラッシュ・オブ・クランというスマホ向けのゲーム、英語表記では「Clash of Clans」、日本では親しみを込めて“クラクラ”と略される。最近テレビのCMでも見かけたことがあるという人もいるだろう。CMは「バーバリアン」「アーチャー」「ジャイアント」の3パターン。ゲーム内に登場しているキャラクターが実寸大のCGで登場。バーバリアンがスタジオの壁をぶち抜き、アーチャーは矢で照明を破壊し、ジャイアントはスタッフを引きずり回す。現実に彼らが存在しているかのようなおもしろCMに仕上がっている。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ