ITライフハック

スマート

ASUS JAPAN「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を発売へ【先週のまとめ】

ZenWatch-3-WI503Q

先週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を掲載した。面白い記事としては、ASUS JAPAN「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を紹介した。2016年12月9日(金)の記事を振り返ってみよう。

ホタルのように鼓動するLEDコネクタと断線に強い2.1A対応の充電ケーブル
ミスターカードは、ホタルのように鼓動するLEDコネクタと断線に強い高耐久TPU材質を採用した2.1A対応のスマートフォン充電データケーブルREMAX「BREATHE(ブリーズ)」を12月12日(月)から発売する。ラインナップはMicro USBとLightningケーブルの2種類。ケーブル先端には鼓動するLEDインジケータを搭載。やわらかい光なので寝室でも邪魔にならずにケーブルを見つけられる。充電時に鼓動するようなLED点滅、充電完了時に点灯でお知らせ。


タブレットが取り付けられるスマホ天体望遠鏡に地上・天体兼用モデルが新登場
TOCOLは、スマホ天体望遠鏡「PalPANDA」シリーズの新商品として、地上・天体兼用「スマホ地上・天体望遠鏡 PalPANDAx2」を2016年12月1日に発売した。新商品は、正立天頂プリズム(アミチプリズム)を搭載した「DIY組立式」と「完成ギフト版」の2種類。さらに、同望遠鏡への「メッセージ刻印」もできる。メッセージは、洒落の効いた日本語・英語対訳メッセージ文500例を掲載。


VRコンテンツを360度立体的に楽しめる超軽量な4.7/5.5インチ専用アコーディオン式VRゴーグル
上海問屋は、VRコンテンツを立体的に上下左右360度全方位に楽しむことができる、アコーディオン式のVRゴーグルの販売を開始した。価格は2,999円(税込)。本製品は、スマホのVRゲーム、VRアプリ、360度動画等VRコンテンツを立体的に上下左右360度全方位に楽しむことができる、アコーディオン式のVRゴーグル。縮めると超コンパクトになり、約210gの軽量サイズのため持ち運びにとても便利だ。対応サイズは、iPhone7/iPhone7 Plusと同じ、4.7インチと5.5インチ専用(4.7インチの方は、付属のアダプター使用)。


GACKT“クリスマスに彼女のいない漢”限定ライブ&トークXmasプレミアムイベント開催
ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、2016年12月20日(火)に開催されるGACKTのライブ&トークXmasプレミアムイベントの模様を独占中継する。今年7月にリニューアルした「niconico」内のGACKT公式チャンネル「OH!!MY!!GACKT!!」が、12月20日(火)に六本木・ニコファーレで、シングル男性だけが参加できるイベント「彼女のいない漢達限定ライブ&トークXmasプレミアムイベント <イェーイ、オトコだけで『クリ…スマッシュ!』>」を開催。本イベントは、“クリスマスに彼女のいない漢”のみが観覧参加できる限定イベントだが、女性や彼女のいる男性など観覧できないファンのために、ニコ生が独占でイベントの模様を中継する。


ASUS JAPAN「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を発売
ASUS JAPANは、地球、月、太陽がほぼ一直線に並ぶ、神秘的な「金環日食」からインスパイアされ、丸型デザインに生まれ変わった「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を、2016年12月10日(土)より発売する。グッドデザイン賞2016を受賞した「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」は、自然の神秘から生まれた丸型デザインに、ベゼルにはダイヤモンドカットを施し、毎日身に着ける腕時計としての装着感はそのままに、装飾品としての美しさを最大化させた。美しさと堅牢性を兼ね備えたディスプレイには、省電力ながら美しい、有機ELディスプレイ「AMOLED」を搭載。緩やかにカーブを描く表面には「Corning Gorilla ガラス3」を採用し、日常の傷や衝撃から美しい画面を守ってくれる。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
かわいい哺乳瓶デザインの5500mAh薄型モバイルバッテリー
全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップが「Pokemon GO」の公式パートナーショップに
ASUS JAPAN、Qualcomm Snapdragon 652を搭載する「ZenFone 3 Ultra」を発売
Anker、小さくて軽いQuick Charge 3.0対応 20000mAhモバイルバッテリーを発売
au STAR会員を新感覚リアル脱出ゲームへご招待



未来の家が実現! セキスイハイムのスマート・パワーステーション



地球環境にやさしいエコが叫ばれるようになってから、もう何年経っただろう。特に東日本大震災以降は、福島第一原発事故によって日本のエネルギー事情が大きく転換せざるを得ない状況になってしまった。今後は低炭素で循環型のエネルギー消費社会へと転換することが急務となっている。

このような状況下で、政府は2020 年を目標に、一次エネルギー(※1)の年間消費量を概ねゼロとする「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」(※2)を標準とした住宅基準にすることを表明している。PV・HEMS・リチウムイオン蓄電池に加え、ZEH普及への補助金制度も始まっており、社会的にもこれからの新築住宅には一次エネルギーの収支ゼロが求められているわけだ。

セキスイハイムグループは、これまで環境・エネルギー分野における社会的貢献への積極的な取り組みを進めてきており、7 月にはZEH補助金対応仕様(2013 年度)が標準化された「ミライ・クラス」シリーズを商品化した。

そして今回発売する「スマート・パワーステーション」シリーズでは、さらにその先を見据えている。具体的には家電(冷蔵庫・IHヒーター、テレビ等)も含めた一次エネルギー消費量でもゼロを達成できる住まいを実現することを目標にした。そこでその実現のためにPV+HEMS「スマートハイム・ナビ」+蓄電システム「e-Pocket(イーポケット)」の3 点セットをより進化させたという。同社は、本シリーズをエネルギーの自給自足を目指せる「エネルギー自立型快適住宅」への第一歩となる商品として位置付けている。

※1:一次エネルギー/二次エネルギー
石油・石炭等の化石燃料、原子力の燃料であるウランなど自然から直接得られるエネルギーが一次エネルギー。石油・石炭等の原料を加工して得られるエネルギー(電気など)を二次エネルギーという。
※2:ZEH
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。開口部や外壁の断熱化、設備機器の省エネ性能の向上や太陽光等の再生可能エネルギーの活用などを通じて、一次エネルギーの年間消費量を極力削減し、ゼロあるいはプラス供給を可能にする住宅のこと。

続きを読む

民放各社よりCM配信を拒否されたパナソニックのスマートテレビ【デジ通】

スマートビエラのマイホーム画面


先日、パナソニックの高性能テレビ、スマート「ビエラの」CM放送が、内容に問題ありとして民放各局から放送を拒否されるという、とんでもない状況になっていることが発覚した。

テレビの電源を入れるとテレビ番組と、同時にインターネットの情報が表示される機能があり、この機能が放送業界で定めた技術ルールに違反していることが原因だというのである。このあまりにも時代遅れかつ斜め上の対応がネット住民から袋叩きにされており、果てはこうした考え方がテレビの視聴率がガンガン落ちてきている理由だという人まで登場。どうにも収拾がつかないようだ。


そもそも、パナソニックのスマートテレビとは、どの機種で、民放各局がCM配信まで拒否するという便利機能はどんな機能なのだろうかチェックしてみた。


続きを読む

iPhoneが快適な睡眠をサポート!アップルストア銀座で「smart sleep」発表会

iPhoneアプリ「smart sleep」


キャスタリア株式会社とパラマウントベッド株式会社は、アップルストア銀座において、共同開発したiPhoneアプリ「スマート・スリープ(smart sleep)」の発表を記念したイベントを、2009年11月26日に開催した。

iPhoneアプリ「smart sleep」は、パラマウントベッドの新たな一般コンシューマー向けブランド「smart sleep」のひとつとして開発された。このアプリは設定した時間での就寝や就寝前の最適な食事時間を通知し、起床時にはお気に入りのiPodの曲をアラームとしてセットすることができる。それ以外にもアプリを閉じているときでも自動で起動するプッシュ機能や、毎日の就寝・起床時間や睡眠時間を記録するなど、便利な機能が満載だ。

発表会では、キャスタリア株式会社 チーフアカデミア 松村太郎氏、パラマウントベッド株式会社 コンシューマ事業部長 大石研治氏、有限会社Sleepiece代表 快眠セラピスト 三橋美穂氏がそれぞれ睡眠について語った。

キャスタリア 松村氏は、携帯電話を目覚ましに利用する人の割合が高まっている調査結果を紹介した。「身近な携帯電話を利用し、睡眠を管理・改善することを思いついて」と題し、iPhoneアプリ「smart sleep」が開発に至るまでの経緯を語った。さらに「ハッシュタグ#smartsleepを利用すれば、Twitterと連動して世界中の人と睡眠を通してコミュニケーションを行うことができる」と、楽しい使い方を教えてくれた。

パラマウントベッド 大石氏は、5人に1人が不眠といわれる睡眠難の時代に、これまで蓄積してきたノウハウを活かした商品を開発し、寝心地のマーケティングを行っている。
「smart sleepブランドの寝具関連商品を通して、業務用だけではなく一般のお客様へも認知を広めるきっかけとしたい。」と、同社の事業戦略を語った。

iPhoneアプリ「smart sleep」については、「睡眠生活自体を見直して頂く、気付きの一環としてiPhoneを利用してもらいたい。」とのこと。「睡眠実態の把握」「寝具や環境の整備」「睡眠法の確立」などを行い、今後の商品開発に活かしていくとしている。

睡眠セラピストの三橋氏は、快眠のポイントは「決して長さの問題ではなく、その人にあったリズムをとること」「睡眠は創造力をもたらす」と語り、アインシュタインの相対性理論やビートルズのイエスタデーが睡眠中に生まれたことなどを事例として紹介した。

疲れを取る睡眠のポイントは、目・首・腰に蒸しタオルを当てる、吐き出す息を長くおこなう深呼吸をすること。「無理に眠る必要はない。眠れなくても横たわるだけでも体は休まる」と、疲れをとるノウハウを語った。

iPhoneアプリ「smart sleep」の今後の展開としては、アプリ自体のバージョンアップによる改善を図りつつ、将来的には「記録したデータを元に睡眠コンサルタントがアドバイスを行う」など、ウェブサイトを通じてより付加価値の高いサービスを展開していく。ジョギングやほかの運動など、総合的な健康維持のためのプラットホームにしたいとしている。

iPhoneアプリ「smart sleep」
iPhoneアプリ「smart sleep」リリース - キャスタリア
smart sleepブランドページ - パラマウントベッド

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとモバイル関連の記事をみる
スマートフォンやPDA、充電池もコレひとつ!USBマルチ充電キット
タブレットが無料でもらえるチャンス!KDDI、オリジナル年賀状コンテストを開催
「Twitterケータイ」が登場、SNS端末はトレンドになるか
ソフトバンク、2Gは来年3月末で終了へ
モバイルの新たな歴史が始まる!DeNAとドコモが新会社を設立、携帯サイトを2010年に開設へ


サンコ- iPhone 3G 可変式USBクレ―ドル USBIPZ7
サンコー
売り上げランキング: 226
おすすめ度の平均: 3.5
3 良いところも悪いところもそれなりにあります。
4 いい買い物でした
5 便利
4 十分に満足できました。
5 iPodシリーズの充電について

iPhone情報整理術 ~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)
堀 正岳 佐々木 正悟
技術評論社
売り上げランキング: 69
おすすめ度の平均: 4.0
4 時間対効果を考えると・・・
3 参考にはなったが・・・。
4 一通り通るべき道
4 iphoneでどう情報を管理する?
5 iPhoneで全ての情報に一元的にアクセスする新しい知的生産術!

プロテック プッシャーリンク iPod専用USBケーブル PP-IWH ホワイト 【iPod nano 5G/iPhone 3G,3GS】
プロテック
売り上げランキング: 52
おすすめ度の平均: 4.0
4 できること、できないこと
5 携帯に便利です!
2 巻き戻しに若干難あり
4 コネクタの精度もよく、Dock側にロック解除ボタン付き
5 iPhone 3GSで使用しています。

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ