ITライフハック

スマートウォッチ

サッカー特化型スマートウォッチ登場!HUBLOT(ウブロ)がFIFAオフィシャルウォッチを披露~ゲストに本田圭佑~

HUBLOT 本田選手_3

スイスの高級腕時計ブランド「ウブロ」(HUBLOT)は、2018年5月16日(水)に東京・表参道ヒルズにて「HUBLOT LOVES FOOTBALL Special Exhibition」開催記念イベントを2部形式で開催。第1部では、プロサッカー選手の本田圭佑氏をゲストに招き、FIFAオフィシャルウォッチ「ビッグ・バン レフェリー 2018 FIFAワールドカップ ロシア」をお披露目した。

■ウブロ初のスマートウォッチ
今回お披露目したFIFAオフィシャルウォッチ「ビッグ・バン レフェリー 2018 FIFAワールドカップ ロシア」は、6月に開催される2018FIFAワールドカップ ロシアの試合中に、レフェリーが実際に着用するウブロ初のスマートウォッチ。

このスマートウォッチは、サッカー用に特別に開発されたアプリを搭載し、試合中のあらゆる決定的瞬間を即時にコネクトする機能を兼ね備えている。ダイヤル上には、試合中の得点、カード数、得点した選手の名前、選手交代、試合時間などのデータがリアルタイム表示され、更にゴールが決まるたびに即座にバイブが振動し、GOALの文字がディスプレイされる。

■見た目とは違ってとても軽い~本田選手~
時計好きとして知られている本田選手は、FIFAオフィシャルウォッチを実際に着用し、「最初見たときに、レフェリーがこんなに重い時計を付けるのかと驚いたんですが、いざ付けてみると、とても軽く扱いやすいです。ウブロから初のスマートウォッチを発売するのは意外でしたが、凄くチャレンジングなことだと思っています。」と感想を語った。

MCのハリー杉山氏が本田選手に憧れのサッカー選手、レジェンドについて聞いたところ、本田氏は「レジェンドはペレです。物心つき始めた時、父親に白黒の映像のワールドカップの試合を見せられました。当時はプレーの凄さは分からなかったんですが、子供ながらにとにかくペレの動きだけは凄いとわかった。この経験がワールドカップを目指そうと感覚的に感じ始めたきっかけだった。」と思い出を語った。

■SNS経由での質問でメッシとの対決を語る
会の途中には、ウブロのSNS上で一般の方から事前に公募した質問の中から、「対戦した選手の中で一番すごかった選手は誰ですか?」と聞かれ、「いろんな選手と対決しましたが、誰か1人と言われると“メッシ”。メッシもボールロストはとても多いんです。ただ、失敗した後の振る舞い、この部分が他の選手と圧倒的に違いますね。その部分を学んでいます。」と答えた。

2つ目に、「制約がなければ、どこの国でプレーしたいですか?」と聞かれた際は、「ワールドカップが終わるまでは、何も意思決定しないと決めていた。ここで何かを発言することで自分の決意を揺るがしたくはない。ただせっかくなので一つだけ言いますと、日本ではないです。」と語り、自らの進退を初めて多くの取材陣の前で語った。

■サッカーは(陸上100m走と違い)9秒台で走れなくても勝てる!
最後に、「ワールドカップで日本は何位になると思いますか?」という質問に対して、「確率論で見ると、予選敗退と思うでしょう。サッカーは9秒台で走れなくても勝てるのが面白い。海外のチームを美化しすぎず、相手の嫌なところを狙って、勝つ可能性を高めるようにすること。僕は出る以上、優勝を目指しています。」と力強くコメントした。

イベントの最後に、「まだ最終メンバーは決まっていないですが、自分はもちろん勝つつもりで準備しています。引き続き、応援をよろしくお願いします。」と力強いコメントを集まった報道陣や一般の来場者に残し、イベントを締めくくった。

ウブロ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
いくら課金した? 恋活・婚活マッチングアプリ利用の目的は?マクロミルが調査結果を公表
AIによる画像解析技術で食べものの写真をLINEで送ると糖質量・塩分・カロリーを表示する「糖質AIちゃん」
元祖バトルロイヤルゲームのモバイル版「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」がいよいよサービス開始
古都京都で青もみじ&御朱印めぐりをひと足先に体験!JR東海「そうだ 京都、行こう。」初夏ツアー
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」VR映像体験第2弾の予約を開始





Fossil Group、心拍センサーつきスマートウォッチ「Vapor」を発売

商品画像_ブラック

スマートウェアラブルブランド MISFITを世界で展開するFossil Groupは、ミニマムな機能で毎日使える心拍センサー付きスマートウォッチ「Vapor(ヴェイパー)」を2017年12月1日(金)より販売店舗にて先行予約、12月8日(金)より発売を開始する。価格は2万5,800円(税抜)。

「Vapor」はシンプルなデザインに各種機能を兼ね備えたタッチスクリーン式スマートウォッチ。Android Wear 2.0を搭載し、iPhoneまたはAndroidとBluetoothR経由で接続する。活動量のトラッキングや、電話・メールなどの通知機能のほか、ワークアウトをより快適にサポートする「心拍センサー」を搭載。さらに、「Vapor」には4GBのメモリを内蔵。音楽アプリを使用すればスマートフォンなしで音楽を聴くことができる。Bluetooth対応のワイヤレスイヤフォン・ヘッドフォンとペア設定して、ランニングやワークアウト中もお気に入りのプレイリストを楽しむことができる。 AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)を使用したフルラウンド ディスプレイの「Vapor」は、タッチスクリーンやバーチャルベゼルでスムーズなメニュー操作が可能だ。

MISFIT Vapor

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
いつも足裏に床暖房のようなぬくもりを。底部分にヒーターを内蔵した「USBカーボンヒータースリッパ」
NTTレゾナント、高精細・広視野角パネル搭載のDOSHISHA「32型4K液晶ディスプレイ」を発売
パワフル洗浄&脱水の二槽式洗濯機。サブでもメインでも使えて便利な小型二槽式洗濯機「別洗いしま専科」2
手も足も暖かい ソファでも使える自分だけのこたつ「手まであったかいお一人様用こたつ」
Anker、音質に加え、防水・防汗性能も進化した、カナル型Bluetoothイヤホンのプレミアムモデルを発売





スマートウォッチ「Polar M600」と超小型ワイヤレスイヤホン「Jaybird FREEDOM 2」のバンドルモデルを150セット限定発売

01

ポラール・エレクトロ・ジャパンは、ロジクール協力の下、スポーツに最適化したスマートウォッチ「Polar M600」にBluetooth型超小型ワイヤレスイヤホン「Jaybird FREEDOM 2」をセットにしたバンドルモデルを発表した。スポーツ時の利用を想定している両製品をセットにすることで、音楽を楽しみながら、より効率的にランニングやジムでのトレーニングが行える。2017年11月22日よりヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、アマゾン(順不同)で、150セット限定で販売を開始する。価格は4万4,800円(税別)。

M600には、4GBのストレージがあり、Google Playを通してスマートフォンなしで、Bluetooth型イヤホンで音楽を聞くことができる。スポーツに最適化したスマートウォッチとして登場したM600は、GPS機能や手首で心拍を計測できる6LED光学式心拍計を搭載し、スピードや距離、心拍数などの各種データを簡単に確認・保存でき、効率的にトレーニングができる。スマートフォンを持たずにランニングなどの各種スポーツを楽しむことができるため、音楽を聴くシーンも、ランニングやジムトレーニングなどスポーツ中を想定しているとのこと。

Jaybird FREEDOM 2は耳の小さな方など、様々な形・サイズの耳に快適にフィットする超小型のBluetooth型ワイヤレスイヤホンで、スポーツ時の利用を想定した設計となっている。汗・水・泥などが飛び散るような過酷な環境下や、動きが伴うスポーツ中でも、快適に音楽を楽しめるようにフィット感や音質にこだわっており、SPEEDFITコード管理システムと、一体型チップ・フィンにより、完璧なカスタムフィットを瞬時に実現する。

ダイエットや健康維持などのためにスポーツをするユーザにとって、音楽を聞いてリラックスしながら運動ができる。また、最適な心拍数で運動をすることができ、消費カロリーや脂肪燃焼度なども分かるためモチベーションアップにつながるだろう。

■Polar M600 Jaybird FREEDOM 2 バンドルモデル概要
製品名:Polar M600バンドルモデル
色:M600:ブラック
OS:Android Wear
重量:M600:63g
バッテリー:M600:連続8時間(GPS、心拍計測時)
セット内容:・Polar M600本体 ・本体用ベルト ・専用マグネット式USBケーブル・スタートガイド


02


Polar M600 Jaybird FREEDOM 2 バンドルモデル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
品質と安全性に自信あり!ワイヤレス充電のリーディングカンパニーを目指す「ベルキン」
AUKEY、最大2A充電5000mAhモバイルバッテリー「PB-N59」を発売
ケーブル一本で充電も給電も解決できる超大容量20000mAhモバイルバッテリー。Lightningとmicro USBに充電可能
iOS、Android、PC版、欅坂46初となる公式ゲームアプリ「欅のキセキ」
「ジョジョの奇妙な冒険」とのコラボモデル等ドコモから2017年冬春モデル15機種




FOSSILやEMPORIO ARMANI、MICHAEL KORSなど、人気6ブランドのスマートウォッチ全40アイテムを販売

img_smartwatch_ea_release

ソフトバンク コマース&サービスは、ファッションスマートウォッチを取り扱う「フォッシル グループ」の、人気6ブランドが展開するスマートウォッチ全40アイテムを、一部のソフトバンクショップで2017年8月31日から、SoftBank SELECTION オンラインショップでは本日から順次販売を開始する。

なお、発売を記念して、ソフトバンク表参道では人気お笑い芸人の「ジャングルポケット」と写真撮影ができるイベントを9月3日に開催する。

今回発売する製品は、ソフトバンクショップでは初となるファッションブランドが展開するスマートウォッチ。

ミラノを代表するファッションブランドで都会的なファッションを提案するEMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)をはじめ、女性たちにクリエイティブでカラフルなライフスタイルを提案するkate spade new york(ケイト・スペード ニューヨーク)、世界中の人々にラグジュアリーでジェットセットなライフスタイルを提案するMICHAEL KORS(マイケル・コース)、独特なデザインとユニークな発信により常にスタイルを進化させるDIESEL(ディーゼル)といった人気のファッションブランド4ブランドと、フォッシルグループのハウスブランドであるFOSSIL(フォッシル)、SKAGEN(スカーゲン)の2ブランドの合計6ブランド全40アイテムを用意した。

ファッションブランドとしても人気の高いブランドがデザインを手掛けることで、従来のスマートウォッチとは異なった、腕時計としてのデザイン性の高さとスマートウォッチの機能性を両立させている。

文字盤部分は、タッチ操作が可能なデジタル液晶を搭載したタッチスクリーン式とアナログ時計のようなデザインのハイブリッド式がある。

両タイプとも防水仕様で、接続したスマートフォンに届いた電話やメールの着信通知、音楽の操作、歩いた歩数や距離などを計測するアクティビティトラッキング機能を備えるほか、タッチスクリーン式は地図アプリや天気の表示、文字盤のデザイン変更などが可能だ。

また、ハイブリッド式は睡眠のトラッキング機能やカメラシャッターのコントロール機能を搭載し、ボタン電池式で充電が不要という特長を備えている。

SoftBank SELECTION オンラインショップ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
差すだけでApple Pencilの充電が簡単にできる「ペン立てにもなるApple Pencil用充電スタンド」
脳の老化防止、集中力の向上に!「大人のリラックスぬりえ」iOS版が登場
スマホで手軽に全方位360度撮影できるUSB Type-C接続360度カメラ
サードウェーブデジノス、おえかきタブレット「raytrektab DG-08IWP」をAmazonで発売
中華電信が日本初進出。プリペイドSIMカードを成田空港・羽田空港の店舗で提供開始






ユピテル「霧島レイ」シリーズに腕時計型ウェアラブル「Lei Watch」が登場

465735e948

ユピテルは、オリジナルキャラクター「霧島レイ」が安全運転やスポーツをサポートするGPS搭載腕時計型ウェアラブルデバイス「Lei Watch(レイウォッチ)」の販売を、2017 年2月初旬より開始する。事前予約販売は1月13日より直販サイトにて開始する。価格は38,800円(税込)。

「Lei Watch」は、GPSを搭載した腕時計型ウェアラブルデバイスで、ユピテルのオリジナルキャラクター「霧島レイ」のデフォルメキャラクター「ちびレイ」が、自動車の運転中や普段の生活のさまざまなシーンであなたに注意を促したり、話しかけたりする。

安全運転をサポートする機能として、うっかり違反を防止する「オービス監視モード」、居眠り運転を抑制する「居眠り検知モード」を搭載。ユーザー自身が身に着けるデバイスのため、どんなクルマを運転するときでも安全運転に役立つだろう。

また、スポーツをサポートする「トレーニングモード」では、ウォーキングやランニングの際に脈拍や歩行・走行距離を表示したり、トレーニングの履歴を確認することができる。

「霧島レイ」の声は、人気実力派声優の「沢城みゆき」さんが演じている。こだわりぬいたフレーズの数々で、あなたを楽しませてくれるだろう。

Lei Watch

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
東京電力、停電・雨雲・地震情報などを配信するアプリ「TEPCO速報」のサービスを開始
頑丈に固定でき取り付けも簡単な360°回転式バイクマウントホルダー「A250」
ソフトバンク、防水・防じんに対応し、耐衝撃性能を備えたコンパクトサイズの衛星電話を発売
GPS搭載によりアウトドアでの活動シーンを広げるSmart Outdoor Watch「WSD-F20」を発売
絶対夢に出る! はいだしょうこが歌・作画・声優を担当した期待を裏切らない電報スペシャルムービー






LINEやSkype等の着信をブルっとふるえて教えてくれるk型デバイス

wcbtu150-002

サンコーは、「お気に入りの時計がスマートウォッチに!『ウォッチブル』」を2017年1月13日より発売する。価格は2,980円(税込)。

本製品は腕時計に取付し、iPhoneの通知を振動でお知らせする極小のデバイス。腕時計に付けることで、iPhoneを見なくても、LINEやメール、電話などの着信を振動で知ることができ、愛用している腕時計がスマートウォッチのように使える。

iPhoneとの接続はBluetoothでペアリングし、iPhoneを置き忘れてしまった時も、本製品がブルブルっと震えて教えてくれる。1回の充電で最長約2週間使用可能。スマートウォッチの機能はアプリ通知だけでいい。と思っている方にオススメの商品だ。

■製品仕様
・サイズ/幅25×奥行き15×高さ8.5(mm)
・重量/4g
・接続方式/Bluetooth 4.0
・対応機種/iOS10.1.1以降
・電波到達距離/約10m(環境によって異なります。)
・電池容量/55mAh
・充電時間/約2時間
・連続利用時間/約1500回振動可能
1日あたり:着信:20秒、LINE:30回、Skype:10回、SMS・その他:5回で約2週間利用可能
・内容品/本体、固定用シリコンバンド×3本、専用充電ケーブル、日本語取扱い説明書
・パッケージサイズ/幅95×奥行き127×高さ38(mm)
・パッケージ重量/40g(内容品含む)
・保証期間/6か月


お気に入りの時計がスマートウォッチに!「ウォッチブル」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
東京電力、停電・雨雲・地震情報などを配信するアプリ「TEPCO速報」のサービスを開始
頑丈に固定でき取り付けも簡単な360°回転式バイクマウントホルダー「A250」
ソフトバンク、防水・防じんに対応し、耐衝撃性能を備えたコンパクトサイズの衛星電話を発売
GPS搭載によりアウトドアでの活動シーンを広げるSmart Outdoor Watch「WSD-F20」を発売
絶対夢に出る! はいだしょうこが歌・作画・声優を担当した期待を裏切らない電報スペシャルムービー





GPS搭載によりアウトドアでの活動シーンを広げるSmart Outdoor Watch「WSD-F20」を発売

main_l

カシオ計算機は、アウトドアシーンで役立つ防水性と堅牢な耐環境性能を備えたリストデバイス「Smart Outdoor Watch」の新製品として、OSにAndroid Wear 2.0を採用、低消費電力GPSとオフラインで使えるカラー地図を備え、アウトドアでの活動シーンを広げる「WSD-F20」を2017年4月21日より発売する。価格は5万1,000円(税別)。

「WSD-F20」は、低消費電力GPSとオフラインで使えるカラー地図機能を搭載し、単独での使い勝手を格段に向上。スマートフォンの電波が届かないアウトドアフィールドや、スマートフォンを手に持てないウォータースポーツなどにおいても、単独で活用でき、アウトドアでのアクティビティを幅広く強力にサポートしてくれる。

今回、多彩な表現が見やすいと世界中で利用されているMapboxの地図データを新たに採用。行先の地図を事前に「WSD-F20」にダウンロードしておけば、GPS情報と組み合わせ、オフラインでも自身の位置を確認できる。新機能となる「ロケーションメモリー」アプリでは、地図上に文字やマーカーでメモを残すことができ、登山道の途中で見つけた美しい景観や、釣りのポイントなど、地図上に目印のない場所でも自分だけのメモをつけ、再訪するときに役立つだろう。

デザイン面では、ボタンガード、保護ベゼル、大小3つのサイドボタンなどの採用により、操作性・堅牢性をさらに向上。トレッキング、サイクリング、フィッシング、ウィンタースポーツ、ウォータースポーツなど、手が塞がりやすくスマートフォンを取り出しにくいシーン、またスマートフォンを携行できないシーンにおいて、素早く知りたい情報を確認でき、アウトドアアクティビティを思い切り楽しめるリストデバイスだ。
location_map_l

toolapp


WSD-F20

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
絶対夢に出る! はいだしょうこが歌・作画・声優を担当した期待を裏切らない電報スペシャルムービー
「ウルトラマンシリーズ×SHINZI KATOH」のiPhone7ケースが発売
「1秒を切り取る」新しい画像アプリ「ポラロイド・スイング」
ファーウェイ・ジャパン、最上位グレードに位置する「HUAWEI Mate 9」を発売
ASUS JAPAN「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を発売






Fossil Group、ハイブリッドスマートウォッチ「MISFIT PHASE」を発売

Phase Shot 5

Fossil Groupは、2016年12月15日、MISFITブランドから新ラインとなる「MISFIT PHASE」の予約を開始した。

フォーマルやビジネスの場でも違和感なく使えるスタイリッシュなデザインの新ラインのうち3型は、2016年12月15日(木)より先行予約を開始し、12月22日(木)より販売開始する。残り3型については、1月以降の販売を予定している。

「PHASE」は既存のMISFIT製品同様、充電不要で最大6か月間使用可能、50m防水、活動量や睡眠の時間と質を24時間自動で記録しアプリに同期、またスマートフォンの着信を振動で教えてくれる。活動量の達成率は時計の針の位置によって確認することができる。

サイズ41mmのアルミニウムケースの「PHASE」は、文字盤の右側の2つのボタンにより操作が可能。上部のボタンでは1日の活動量の達成率を確認できるほか、設定したアラーム時刻の表示ができる。例えば、その日の達成率を知りたい場合、ボタンを押すことによって二つの針が重なりあい、達成率が50%の場合は6時を指すことで表示。下部のボタンは、自撮りシャッターボタン、音楽再生・停止ボタン、プレゼンテーションのクリッカー等、動作を割り振ることが可能だ。

また、スマートフォンへの様々な通知を、文字盤下部のダイヤルウィンドウ(小窓)に色別で表示することができる。電話着信の際は緑色、SMSは青色、その他アプリの通知(LINE、Facebook messenger、Skype、Gmail、Viber、WhatsApp、WeChat)については、通知色を選ぶことができる。

MISFIT PHASE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ファーウェイ、心拍測定機能を搭載したスポーツリストバンド「HUAWEI FIT」を発売
小学生から70歳までの音声認識率、実に98.3%!リモコンに話しかけるだけで操作できるソニーのブラビア
「FINAL FANTASY XV」とコラボレーションしたハイレゾ対応ウォークマン、ヘッドホン、スピーカーが登場
京商、「DRONE RACER」を発売
ソニー、ウィンタースポーツ中に快適に会話できるヘルメットマウントワイヤレスヘッドセット「NYSNO-10」発売






日本の父親は時間もお金もない? 子どもとアウトドアに行く父親の意識調査

アウトドア

2016年3月にスマートアウトドアウォッチ「WSD-F10」を発売したカシオ計算機は、6月19日の「父の日」にあわせ「子どもとアウトドアに行く父親の意識調査」を日米独3カ国で実施した。
この調査は、アウトドアにおける父親の意識、及びアウトドアでいかにスマートデバイスを活用しているかを把握する目的で行ったものだ。

■日本の父親が一年にかけるアウトドアグッズの予算は?
「子どもとアウトドアで過ごす時間が1週間でどれくらいか」という問いに対し、日本は平均2.15時間、北米は7.42時間、ドイツは4.06時間と、日本が最低の結果となった。さらに、その時間が、自分の理想に対してどれくらいなのかを調査したところ、北米では81%、ドイツでは75%だったのに対し、日本では47%と低く、一番理想からもかけ離れているという結果になった。また、父親はアウトドアで子どもと過ごしたいのに対し、「反抗期で大変だった子どもを卒業旅行としてアウトドアに連れて行こうとしたら旅費支払い後にドタキャンされた」など、子どものほうが取り合ってくれない悲しい体験談も寄せられた。

アウトドアでは様々な便利グッズがある。日本の父親が一年にかけるアウトドアグッズの予算は1万円未満が34%、10万円以上が11%なのに対し、北米は100ドル未満が9%、1000ドル以上が23%と真逆の結果になった。
さらに北米の父親は、「状況が許せば1000ドル以上使いたい」が42%にのぼった。子どもとアウトドアで過ごす時間を一番確保している北米の父親は、アウトドアグッズでさらにその時間を有意義なものにしたいようだ。

「子どもとアウトドアで過ごす1時間は、友人とアウトドアで過ごす時間に置き換えた場合、何時間に相当するか?」という問いに対し、日本は平均3.83時間、北米は5.8時間、ドイツは2.92時間となった。北米の父親にとって子どもとの時間はとても価値の高いものであり、ドイツの父親にとっては友人との時間も子どもと同じくらいかけがえのない時間のようだ。
スマートアウトドアウォッチ「WSD-F10」

今回の調査では、各国の父親が「アウトドアで子どもとの絆を深めたい」「アウトドアで子どもを成長させたい」という思いを抱く一方、実際のアウトドアシーンでは様々なアクシデントに見舞われていたり、理想どおりの時間や予算をかけられていないことがわかった。

プレスリリース
カシオ計算機

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
毎月500MB未満まで無料! ソネット、「0 SIM」をスタート
ドラえもんの誕生日を記念した腕時計「Doratch Limited Edition’14-’15
前に購入したアプリを確認する技!購入済みアプリを一覧表示しよう【快適術】
iPhoneで使える7つの便利技!意外と知らないテクニックはコレだ【快適術】
PCを使わずにスマホ同士でデータ交換ができるKingstonのUSBメモリ「DataTraveler microDuo」







カシオ計算機、Smart Outdoor Watch「WSD-F10」を3月下旬より発売

カシオ計算機は、アウトドアシーンで役立つ5気圧防水性能を備え、MIL規格に準拠したリストデバイス Smart Outdoor Watch 「WSD-F10」を3月下旬より発売すると発表した。カラーはオレンジ/グリーン/ブラック/レッドの4種類で、価格は7万円(税抜)。
続きを読む

ファーウェイ・ジャパン、Google Android Wearを採用したスマートウォッチ「Huawei Watch」を発表

華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、ウェアラブルシリーズにおける初のスマートウォッチ「HuaweiWatch」を10月16日(金)より発売すると発表した。本日より一部店舗にて予約を開始する。

モデルとカラー、市場想定価格は、「W1 Classic leather」がシルバー(バンド:ブラックレザー):4万5,800円、W1 Classic Stainless Mがシルバー(バンド:メタル):5万1,800円、W1 Activeがブラック:57,800円、W1 Eliteがゴールド:8万1,800円(いずれも税別)。
続きを読む

エプソン初のトレッキングギア「WristableGPS for Trek」が登場

エプソンは、同社の複数のセンサー情報を融合して、より高度な計測精度を実現する技術である「センサー・フュージョン・テクノロジー」を搭載し、登山に必要な5つのセンサー情報を融合し、3D標高ナビゲーションが目的地までの距離、標高をガイドしてくれるGPS Sports Monitor「WristableGPS」(リスタブルGPS)シリーズ初のGPS機能付きトレッキングギア「WristableGPS for Trek」の『MZ-500B』と『MZ-500S』」を発表した。発売は8月7日より。今後1年間の販売台数は、1万台を予定。


続きを読む

MYKRONOZのスマートウォッチ「ZeCircie(ゼサークル)」新登場。着信、メール/SMS受信に機能特化

加賀ハイテック株式会社は2015年3月19日、“MYKRONOZ(マイクロノス)”「ZeCircle(ゼサークル)」を2015年3月27日(金)より全国の家電量販店、PCショップ、WEBショップなどで発売することを発表した。価格はオープンプライスで、市場想定売価は1万260円(税込)。

続きを読む

加賀ハイテックがスマートウォッチ“MYKRONOZ & COGITO”を国内に投入

加賀電子株式会社の100%子会社で、パソコン・モバイル製品・周辺機器、カメラ・カメラ用品などを販売している、加賀ハイテック株式会社は、“ウェアラブル元年”とも言われる2014年、日本市場でのウェアラブル製品が拡大することを見込み、スマートフォンとワイヤレス接続し“持つ”から“身につける”へ進化したウエアラブルウォッチ端末の2ブランド“MYKRONOZ(マイクロノス)”および“COGITO(コジト)”製品を9月26日(金)より全国の家電量販店、PCショップ、Webショップなどを通じて発売する。

続きを読む

従来の腕時計とは異なるスマートウォッチのバッテリー駆動時間【デジ通】

スマホやタブレットの普及に合わせ、ウェアラブルデバイスが続々登場してきているのはご存じの通りだ。たとえば昔から、身に付けることができるスマートデバイスとしてスマートウォッチがsある。PCと連携させてスケジュール確認したり、メール本文の内容を確認するといった機能が搭載されていた。iOS端末やAndroid端末の普及につれてスマートウォッチも旧世代から大幅に進化している。制御用のOSには、Googleの「Android Wear」を搭載し、見た目は腕時計なデバイスが7月から発売される。

このデバイス、Androidスマートフォンと連携することが可能で、ちょっとした操作ならスマートウォッチだけで完結する。機能は、最近のAndroid端末に合わせて高機能化しているのもポイントだ。ただ気になるのが、バッテリー駆動時間である。普通の腕時計と比べて1日程度使うとバッテリー切れを起こしてしまうのだ。対する一般的な腕時計は、新しい電池を使えば年単位での使用が当たり前だ。

わずか1日しか持たないスマートウォッチは、一般的な腕時計と比べるとバッテリー駆動時間の点で腕時計より大幅に見劣りする。

筆者は普段腕時計を使わない。しかし、海外に行った際だけは例外だ。日本との時差の関係で時間がわからなくなってしまうため腕時計を使いつつ時間換算を行い日本の人たちとやり取りをしている。

この時に使っているのはソーラー式の電波時計だ。太陽電池で勝手に充電されるので、バッテリーの充電を意識することはない。時刻合わせも定期的に電波を勝手に受信して調整してくれる。デジタル表示なので内部のメンテナンスも必要ない。おそらく、内蔵のバッテリーは、長期間使えば劣化しているのだろうが、5年以上使用してもメンテナンスすることなく問題なく使えている。

これは時刻表示のみという単純な機能の腕時計だからで、より高度な機能を持つスマートウォッチが同じようにメンテナンスフリーになるのは、現在の技術では当分不可能だろう。

■腕時計側からのスマートウォッチ化
元々スマートウォッチとして誕生した製品とは異なり、カシオの「G-SHOCK」シリーズなどは、そもそもが多機能な腕時計であったが、これにスマホとBluetoothで連携できる機能を搭載、音楽のコントロールが可能で、メールやSNSの通知機能がある。

Android Wearのスマートウォッチよりも機能は少ないものの、電池寿命はカタログ値で2年となっているので、電池残量を毎日気にする必要はない。以前から販売されているスマートウォッチでは1日でバッテリー切れを起こしてしまう。それでも頑張ってるスマートウォッチで数日間使用可能な製品もある。それでも数日おきの充電は必須で、日々電池残量を気にしていなければならない。

Android Wearはスマートフォンと連携し、ディスプレイに様々な情報が表示される。音声入力もできるので、機能を考えれば時刻表示しかない腕時計よりもバッテリー消費が激しくなるのは当然だ。

スマートウォッチを単純に腕時計の高機能版と考えると、従来型の腕時計より圧倒的に劣るバッテリー駆動時間は問題になる。しかし、今までの腕時計ではなく、スマートフォンをより便利に使うための新しいコンパニオンデバイスとして考えれば、スマートフォンと同程度、およそ1日程度の駆動時間でも問題なしと判断されるかもしれない。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジ通の記事をもっと見る
ワールドカップをより深く楽しむためのアプリ活用のススメ
年末までにインテルのモーションセンサー「RealSense」搭載製品が登場
Retina超の4K対応Windowsノートを比べてみた
定規風のデバイスも登場! 進化し続けるタッチパネル向け入力環境
4K動画時代に備えよう!知らないと損をするSDカードの選び方


ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ