main

アトムテックジャパンは、2,000円台で購入できる格安スマートホームカメラ「ATOMCam」を製作し、2020年1月15日より「Readyfor」からクラウドファンディングを開始した。クラウドファンディング中(2020年2月28日まで)は、特別価格1台1,980円で販売している(クラウドファンディング後の販売価格は2980円/台を予定)。

■低価格ながら日本メーカー製
同社は、日本ブランド製で安く、安全な製品を作ることで日本のスマートホームカメラ市場が変わるのではないかと考え「ATOMCam」の製作を行ったとのこと。価格のハードルをクリアするために、すでにアメリカで600万台、世界で1,000万台以上販売している製品をベースに、ファームウェア・アプリは日本用に作り直し、サーバーも日本のAWSを使うことにより、低価格にするだけでなく、セキュアな製品を実現した。

ATOMCamは、内蔵マグネットと両面テープアタッチメントでどこでも好きなところに設置できる。一般に販売されているスマートホームカメラとほとんど同等の機能を備えている。

本体とアプリを直接つなぐためプライベートをしっかり守る仕様、エンドツーエンドの暗号化を行っているため、セキュアな接続を実現している。

またナイトビジョンモードで、赤外線により暗いところでも鮮明な映像が撮ることが可能。任意の時間を設定することによって風景映像、創作映像などの長時間の映像を凝縮することができる。また映像内の不審な動作を検知(感度調整可能)すると、アプリに通知してくれる。



■主な機能
1080pFullHDの高画質/デジタル8倍ズーム/通話機能/動作・音声検知によるアラート機能/ナイトビジョン/タイムラプス/microSDカードを使用した24時間365日の連続録画/14日間無料のクラウドストレージ/動体検知枠/CO探知・煙探知/スマートスピーカー連携(予定)

■主な仕様
サイズ:5cmx5cmx5.6cm
重量:約100g
セキュリティ:エンドツーエンドの暗号化
       HTTPSセキュア転送プロトコル
       AES128ビット暗号化


「ATOMCam」サイト(クラウドファンディング「Readyfor」)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
富士フイルムから小型・軽量ボディに超高性能AFや4K動画撮影機能を搭載したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T200」を新発売
レンズキャップの紛失を防げるカメラストラップに取り付けるレンズキャップ用クリップ「CAPNiP」がmachi-yaでのクラウドファンディングを開始
1月末までの特別価格!JAPANNEXTから税込みで3万円を切る4K HDMI2.0 USB-C Freesync 28型ワイド液晶モニター 「JN-T284CUHDR」
周囲の影を消し瞳にキャッチライトの映り込ませができ、しかも折りたためる人物撮影用ディフューザー「影スッキリフラッシュ」
面倒なジャッキアップがボタン操作後約1分で完了する!電動モーター搭載の機械式パンダグラフジャッキ「シガーソケット電動ジャッキ」