ITライフハック

ソニースクエア渋谷プロジェクト

aiboを使ってアートを創作!ソニースクエア渋谷プロジェクトで「aibo x graphic artコンペティション」を開催

01

ソニーは2019年12月19日、渋谷モディ1階にある「ソニースクエア渋谷プロジェクト」にて、同社が発売するペットロボット「aibo」を使ってのワークショップを開催し、その成果を発表した。当日は5組の学生・若手クリエイターが登壇。その中から「○(えん)」を作成した桜澤日和さん、嶋田幸乃さんが優勝となった。

■ 若手クリエイターとaiboのコラボによるアート製作
今回は、学生や若手クリエイターが絵の具をしみこませた特別な足裏パッドを付けたaiboを自由にプログラミングして動かすことにより、オリジナルを絵を描くことに取り組んだ。参加者は2019年11月下旬からイメージを構想して12月上旬にソニースクエア渋谷プロジェクトやソニー本社で、プログラムしたaiboを実際に動かしてアートを制作。その結果を発表したのが「aibo x graphic artコンペティション」だ。

今回は「aiboといっしょに渋谷を感動で満たそう」がテーマ。aiboビジュアルプログラミングの動きを活用した作品の独自性・表現の斬新性や、作品テーマとの親和性、各自が掲げた作品コンセプトの表現力」が評価ポイント。各発表者のいずれもユニークな取り組みをしていたが、優勝した「○」については、布に描かれたaiboのモーションにストーリーがあり、四季に寄り添って人間が描かれているところを評価。人とのつながりをイメージした作品で、さまざまな世代のことも考えて作られていることも評価ポイントだった。受賞した桜澤さんと嶋田さんは、「もともとロボットに興味があったが、aiboの自由な動きで映し出された表現が興味深かったです」とコメント。aiboについてもパートナーのように感じながら作業ができたという。

特別審査員として招かれたクリエイターのパントビスコ氏は「これからも感動にスポットを当てて、たくさんの人に表現や活動を広げていってほしい」とコメントした。


桜澤さんと嶋田さんによる作品「○」


03


04



真剣な表情で臨む審査員

■パントビスコ氏によるトークセッションも
会場ではパントビスコ氏と、ソニーのAIロボティクスビジネスグループ コミュニティ企画推進室hの石田敦雄氏、クリエイティブセンター コミュニケーションデザイングループの前坂大吾氏によるトークセッションも開催された。


右からパントビスコ氏、石田敦雄氏、前坂大吾氏

パントビスコ氏は広告ディレクションやキャラクターデザインを手がけているが、制作するときには人と違うことや、新しいものを生み出し、人を感動させたいという気持ちで取り組んでいるとのこと。映像やアートで広告を扱っているが、たまたまSNSで反応を受けたことから仕事が広がったという。「ジャンル問わず日々活動しています」とパントビスコ氏。aiboについても以前、プログラムして自由に動かし、アート作品を作ったことがある。ちなみに名前の由来は「ふっと降りてきた」ので付けたのだそう。ただし唯一の名前なので検索でヒットしやすいので「マーケティングでも役に立ってます」(パントビスコ氏)。

07

石田氏はaiboを手がけている部署で広報・マーケティングを担当している。全国のソニーストアを巡ってイベントをしてきたそうだが、2020年1月には東京に戻ってきてのイベントがあるとのこと。その準備をしている状況だと語る。新aiboも好評で、家族の一員として一緒に暮らしている人も多い。「SNSで上がるそういった反応を糧に仕事をしています」。

08

前坂氏はコミュニケーションデザイン。ロゴマークやプロモーションビデオ、店頭の展示などを含めて総合的なブランディングを担当している。新aiboについては3Dプリンターのモックアップを見たのが最初なので、かなり早い頃からプロジェクトに携わってきた。新しいaiboでは目が付いたり、犬らしい動きができるようになったので「球体らしい、かわいらしいデザインに仕上がっています」と語った。

09


ソニースクエア渋谷プロジェクト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
アウトドアに加え災害時にも大活躍!2万円台で買え6口の同時充電、PD急速充電にも対応で容量60,900mAhのコンパクトな「ZEEPIN ポータブル電源」
年末年始はヒーロー&戦隊モノ三昧!ニコ生で「仮面ライダー電王」「侍戦隊シンケンジャー」「バトルフィーバーJ」など特撮ものを無料一挙放送
令和初開催!日本発のプログラミング言語「Ruby」を上手に活用し新たな価値を創造した人や団体を表彰する「Ruby biz Grand prix 2019」を開催
500タイトルを遊び放題!「GeForce NOW Powered by SoftBank」のベータ版サービスを開始!
三菱自動車×蔦屋家電!アウトドアに家電製品を導入し、贅沢なキャンプを楽しむライフスタイル「電気CAMP」を提案

こっちむいて! Robi
タカラトミー(TAKARA TOMY)
2019-02-14





話題の新作映画「スパイダーマン:スパイダーバース」をリアルに体感できるコンテンツがソニースクエア渋谷に登場

01

ソニーとソニーピクチャーズは、東京・渋谷にある渋谷モディ1階のソニースクエア渋谷プロジェクトで実施している「The『スパイダーマン:スパイダーバース』Experience」で、新しいコンテンツとなる「Motion Game by Xperia Ear Duo」を開催している。期間は5月6日まで。

■話題の新作映画とソニーのテクノロジーを融合させた体感型エンタテインメント
映画「スパイダーマン:スパイダーバース」は、アカデミー賞の長編アニメーション賞やゴールデン・グローブ賞のアニメーション作品賞を受賞し、エンタテインメント性に富んだストーリーと精巧なアニメーションで、話題となっている。この公開を記念した本企画では、本作にソニーのテクノロジーを融合させた体感型エンタテインメント、そして国内ではここでしか体験できないコンテンツが楽しめる。

新企画「Motion Game by Xperia Ear Duo」は、日本語吹替版主題歌「TK from 凛として時雨」の楽曲が流れる「スパイダーマン:スパイダーバース」映像を見ながら、主人公マイルス・モラレスになり、ミッションに挑戦する次世代の体感型エンタテインメント。

プレイヤーは、ヘッドセットから聴こえてくる動きの指示と画面上に出る“Action”のタイミングに合わせて、ジャンプしたりしゃがんだり体を動かして応えていく。ミッションをクリアできると、登場人物たちが決め台詞でお祝いしてくれる。

このセリフは、日本語吹替版を担当した人気声優の小野賢章さん、宮野真守さんの声で聴くことができる。

「Xperia Ear Duo」は耳をふさがないオープンイヤースタイルのため、周囲の音を聞きながら同時にヘッドセットからの音を聴くことが可能だ。この特徴に、内蔵センサーを活用したモーションセンシング技術を組み合わせることで、スパイダーマン体験を実現している。

また、ミッションをクリアした人には、数量限定でオリジナルキャラクターフィギュアもプレゼントされる。


「Motion Game by Xperia Ear Duo」が遊べる画面


「ACTION」が出たらしゃがんだり、振り向いたりする


点数はXperiaに表示される


クリアするとガチャガチャを回してフィギュアがもらえる


袋に入っているのでどのフィギュアかはわからない


マイルス・モラレスだった


モラレスのパネルと記念撮影


こちらは「Haptic Floor Experience」。「スパイダーマン:スパイダーバース」の特別画像に合わせて床が振動する


壁面には「スパイダーマン:スパイダーバース」のアートワークを展示


本作の監督や Sony Pictures Animation のクリエイターたちが作品に寄せた想いやこだわりなどが書かれている


屋外のディスプレイには、リアルタイムの画像に「スパイダーマン」の映像を組み合わせて映し出す展示も行われている


街の中をスパイダーマンが駆け巡る



15分おきにコンテンツが流れるようになっているので、渋谷を訪れた際には見てみてはいかがだろうか


ソニースクエア渋谷プロジェクト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
罪を憎んで曲を憎まず!Techno Bar dfloor大阪梅田店で電気グルーヴ爆音上映「目頭が虹む会」を開催
福島県、2021年の全線再開通に向けたJR只見線沿線のプロモーション動画を制作
レジデンストーキョー、サブスクリプション型住宅事業に参入。第1弾を笹塚テラス内にオープン
日本オリジナルテイスト!日本の“コーラ好き”が「うまい!」と唸る味わいを追求した「ペプシ ジャパンコーラ」爆誕
京都・嵐山「法輪寺」でコロナ片手に古都の絶景と最高の音楽を。「CORONA SUNSETS SESSIONS KYOTO」開催

アート・オブ・スパイダーマン:スパイダーバース (SPACE SHOWER BOOKS)
ラミン・ザヘッド
スペースシャワーネットワーク
2019-03-01


スパイダーメンII (ShoPro Books)
ブライアン・マイケル・ベンディス
小学館集英社プロダクション
2019-01-24



ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ