ITライフハック

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

16の特典をセットにしたお得なプレミアムモデル「PlayStation Vita Minecraft Special Edition Bundle」を発売

Vita_limited_edition_minecraft_a

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は日本国内に向けて、PlayStation Vita(PS Vita)と、PS Vita用ソフトウェア「Minecraft(マインクラフト)」のパッケージ版をセットにした数量限定商品「PlayStation Vita Minecraft Special Edition Bundle」を、2017年7月27日(木)より発売する。価格は2万7,700円(税別)。

本商品は、オリジナルデザインを刻印したPS Vita本体とPS Vita用ソフトウェア「Minecraft PlayStation Vita Edition」に、オリジナルのポーチやテーマ、「Minecraft PlayStation Vita Edition」のダウンロードコンテンツなど、16もの特典をセットにしたお得かつプレミアムな数量限定モデル。全ての内容物を、草ブロック風のオリジナルボックスに入れてお届けする。

■「PlayStation Vita Minecraft Special Edition Bundle」 商品概要
型番:PCHJ-10031
発売日:2017年7月27日(木)
価格:2万7,700円(税別)
発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
同梱物
・ 「プレイステーションヴィータ」(PCH-2000シリーズ) Wi-Fiモデル×1
※「Minecraft」刻印本体 (本体色:グレイシャー・ホワイト)
・ PS Vita用ソフトウェア「Minecraft PlayStation Vita Edition」×1
・ 「Minecraft」PS Vita用オリジナルポーチ× 1
・ PS Vita用オリジナルテーマ&ダウンロードコンテンツがダウンロードできるプロダクトコード × 1
・ 電源コード × 1
・ ACアダプター × 1
・ USBケーブル × 1
・ 印刷物一式


PCHJ000010031a3

Gallery_minecraft_PSVita2_3_1


©2017 Mojang AB and Mojang Synergies AB. MINECRAFT is a trademark or registered trademark of Mojang Synergies AB.
©2017 Sony Interactive Entertainment Inc. All rights reserved.
Design and specifications are subject to change without notice.

プレイステーションカスタマーサポート

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
女性の約半数が付き合う前にキスした経験アリ!?~コミックシーモア調査レポート~
NVIDIA、賞金総額60万円のeSportsトーナメント、「GeForce CUP: Overwatch powered by Level∞」を開催
ライフイズテック、「進撃の巨人」のキャラクターや世界観でデザインが学べる「創造兵団」を開催
羽田で偽家康騒動? はねだ江戸まつり2017~母上感謝祭~本日より開催中<PR>
「アイドルマスター シンデレラガールズ」とスニッカーズのコラボレーション企画の第3シーズンを開始

Minecraft: PlayStation Vita Edition - PS Vita
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2015-03-19

PlayStation Vita Wi-Fiモデル メタリック・レッド (PCH-2000ZA26)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-12-01


音楽ゲームのルーツ「パラッパラッパー」が20年の時を経てPS4に復活!

PaRappaTheRapper_04_stage03_01

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、PlayStation4用ソフトウェア「パラッパラッパー」を、2017年4月20日に発売する。価格はBlu-ray Disc版、ダウンロード版がいずれも1,800円(税別)。

「パラッパラッパー」は、1996年に初代PlayStationで発売され、現在「音ゲー(音楽ゲーム)」と呼ばれる、ゲーム内の音楽に合わせてプレイヤーが指示されたボタンを押してプレイするタイプのゲームの草分けとして大ヒットを記録した。

本作は、3D空間内に2次元で表現されたペーパークラフトのようなデザインのキャラクターがダンスとラップで物語を進めていくことになる。「音ゲー」と呼ばれるゲーム性だけでなく、キャラクターの個性や音楽性についても好評となり、ゲーム以外にも、企業コラボレーショングッズやテレビアニメ化など多岐にわたり展開されるなど、日本のみならず世界中で愛されている作品だ。

■本作の特長
フクザツな操作は必要なし! 誰でも簡単にラップ&ダンス!
主人公のパラッパはヒロインのサニーちゃんのハートを射止めるために、数々の困難にラップで立ち向かっていく。パラッパとステージごとに現れる様々なラップの先生が、リズムに合わせて交互にラップをしていき、見事カッコよく決められたらステージクリア。フクザツな操作は一切不要で、先生のお手本のラップに続けて、リズムよくコントローラーのボタンを押すだけ。大人から子供まで誰でも楽しめるゲームだ。

慣れてきたら、お手本に捉われることなく、自分の好きなリズムやスタイルでアドリブにも挑戦。いいパフォーマンスができれば先生が逃げ出してパラッパのソロステージ状態に!
PS4版では初代PS版からプレイシーンのビジュアルがキレイに生まれ変わり、キャラクターたちがより活き活きと描かれている。パラッパをはじめとする個性豊かなキャラクターたちが贈るノリノリのパフォーマンスを、ぜひ楽しんでほしい。

なお、パッケージ版、ダウンロード版ともに1,800円(税別)で購入可能。昔プレイしていた人も、これからプレイする人も、気軽に手にとって、一人でももちろん、友人や家族と一緒に楽しんでほしい。

なお、PlayStation Storeにて無料体験版を配信中。体験版ではステージ1「フルーツ道場」でタマネギ先生とのラップバトルが楽しめるようになっている。


PaRappaTheRapper_01_stage01_01


©Sony Interactive Entertainment Inc. ©Rodney A.Greenblat/Interlink

パラッパラッパー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
PASMO10周年を記念したイベントを開催
東日本大震災の発生から6年。“防災動画の決定版”が完成
水族館の人気者がハンコに。海の生きものにいつでも会える「うみのいきものずかん」
ソフトバンク、小学生を対象にしたプログラミング体験イベント参加者を募集開始
日本向けに開発したプリングルズの新定番フレーバー「ハラペーニョ&オニオン」が登場

【PS4】パラッパラッパー
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2017-04-20

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-11-10

PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB(CUH-2000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-09-15



PlayStation VRの累計販売台数が91万5000台に

PlayStation VR_01

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、同社が販売する、「プレイステーション 4」(以下、PS4)のバーチャルリアリティ(VR)システム「プレイステーション ヴィーアール」(以下、PS VR)の全世界での実売台数が、2017年2月19日(日)時点で91万5千台に達したと発表した。

全世界のPS VR用ソフトウェアタイトルおよびコンテンツ数は、2017年2月19日(日)時点で100本を超え、参入の表明をしているPS VR向けコンテンツ開発会社は、大手ソフトウェアメーカー様からインディーズ(独立系)開発者、映画や音楽などのエンタテインメント会社まで、360社以上に増加している。

また、各社様およびSIEワールドワイド・スタジオ(SIE WWS)では、幅広いジャンルのゲームタイトルや、VRの特性を生かした新しい映像体験を楽しめるコンテンツまで、220本以上もの魅力的なコンテンツを開発しており、このうち2017年内に100本以上が発売予定となっている。

PS VRオフィシャルサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
inMusic Japan、ワイドFM対応のPLLシンセサイザー・チューナー搭載デジタルAM/FMラジオチューナーを発売
サンコー、スタンド式の家庭用ハンドドライヤー「置くだけ温風ハンドドライヤー」を発売
パナソニック、4K60p動画記録が可能なミラーレス一眼カメラ LUMIX DC-GH5を発売
ゲーム好きの著名人、文化人、クリエーターがPlayStation VRの最新ニュースを発信
富士フイルムがミラーレス新モデル「X-T20デビューキャンペーン」を開始!

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-10-13


PlayStation Move モーションコントローラー
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-10-13



ゲーム好きの著名人、文化人、クリエーターがPlayStation VRの最新ニュースを発信

【メインカット(ご掲載推奨)】PS VRフォト(集合)

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、PlayStation VR(PS VR)の楽しみ方を発信していくため、ゲーム好きの著名人、文化人、クリエーターの方々がPS VRの様々なニュースを紹介するスペシャルサイト“PlayStation VR presents 「VRラボ」”を2017年1月24日(火)に公開した。

「VRラボ」では、第1弾コンテンツとして、これまで世にも恐ろしい怪談の数々で人々を恐怖のどん底に陥れてきたストーリーテラー稲川淳二さんがPS VRを初体験した一部始終を収めた、「バイオハザード7 & KITCHEN vs 稲川淳二 VRモード プレイムービー」を公開した。

今回プレイしたのは、PlayStation4(PS4)用ソフトウェア「バイオハザード7 レジデント イービル」(PS VR対応、2017年1月26日(木)発売予定)と、その序章ともいえる「KITCHEN」(PS VR専用、好評配信中)。

体験する前は「私ね、今までに相当怖い場所も訪れていますし、大抵のことでは怖がらないですよ」と余裕を見せていた稲川さんだが、実際にVRヘッドセットを装着してプレイを始めると、「やだなぁ~、なんか怖いなぁ~」とポロリ。

ゲームが進むにつれ、VRモードならではの没入感に終始絶叫し、プレイ後には興奮した面持ちで「バーチャルとかそんな生易しいものじゃない!」と語った。興奮と恐怖に満ちた稲川さんのプレイの様子を、動画でぜひ見てみよう。

PS VRは、1月26日(木)より、国内の一部の販売店様の店舗やECサイトにて追加販売するとのこと。販売を行う店舗やECサイトについては、PS VR公式サイト(http://www.jp.playstation.com/psvr/)の「販売取扱店舗」を参照してほしい。

VRラボ

『バイオハザード7』キーアート


PlayStation VR presents 「VRラボ」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
富士フイルムがミラーレス新モデル「X-T20デビューキャンペーン」を開始!
無音部分を自動的にデータカット!ライン入力でカセットなどのアナログ音源をMP3に変換できるプレイヤー
サンコー、場所を取らないコンパクト「ミニ洗濯機」を発売
65年型マスタングのインパネとロゴをデザインしたメディアプレイヤー「Mustang LP BK」
新型PS4のカラーバリエーションとして「グレイシャー・ホワイト」が登場

PlayStation VR
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-10-13

PlayStation Camera(CUH-ZEY2J)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-09-15




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ