ITライフハック

ソニー・エクスプローラサイエンス

ソニー・エクスプローラサイエンスで「第3回 わぉ!な生きものフォトコンテスト」写真展を開催

無題

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」(東京都港区台場1-7-1アクアシティお台場5F)では、わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクトと共同で、2018年4月28日(土)より、『第3回わぉ!な生きものフォトコンテスト』の入選作品を集めた写真展を開催する。

わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクトとは、自然のおもしろさや大切さ、生物多様性の重要性を伝えることを目指し、ソニーと日本自然保護協会が協働で立ち上げたプロジェクト。

本写真展では、わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクトが2017年11月1日から2018年1月22日までに募集した、自然と触れ合う中で見つけた生きもの(植物・動物)の写真795の応募作品の中から入選した25作品を展示する。

また、会期初日の4月28日(土)には、絶滅危惧種イヌワシを守るチャリティーイベントを実施する。

わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「LINE:ディズニー ツムツム」で緊急発表!?4月24日にLINE LIVEで生配信決定!
東京メトロ×「BOSS」“勤続25年”の元銀座線車両がつなぐ熊本電鉄&東京メトロ社員の同期会
サードウェーブ、2週間で3万円の「Unreal Engine 4」で覚える「モバイルVR/ARコース」を開講
ハースストーン 新カードパック「妖の森ウィッチウッド」発表会を開催
バーチャルYouTuber富士葵の“New★葵ちゃん”が4月27日にデビュー







ソニー・エクスプローラサイエンスでPS2を分解するワークショップを開催

無題

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」は、2018年3月18日(日)、小学3年生~中学3年生を対象に「プレイステーション分解ワークショップ ~モノのしくみをしろう~」を開催する。

このワークショップでは、「分解博士」として参加するソニーグループのエンジニアの指導のもと、作動可能な「プレイステーション2」を参加者自身で分解し、そのしくみや工具の正しい使い方を学ぶ。

また、開発時のエピソードや歴代「プレイステーション」の進化の変遷も解説される。分解作業終了後には、「分解博士ジュニア認定証」を授与する。

■「プレイステーション分解ワークショップ ~モノのしくみをしろう~」実施概要
【日時】2018年3月18日(日)13時30分~16時00分予定(約2時間30分)
【会場】ソニー・エクスプローラサイエンス内 「サイエンスシアター」
【参加対象】小学3年生~中学3年生の生徒と保護者(2人1組で応募)
【定員】20組(40名)
【目的】身近なソニー製品を分解し、子どもたちの科学への好奇心を喚起すると同時に、機器のしくみや工具の正しい使い方を学ぶワークショップ。
【主催】ソニー
【協力】ソニー・インタラクティブエンタテインメント
【参加費用】無料 ※別途、入館料 大人(16歳~)500円・小人(3~15歳)300円が必要。
【募集要項】ソニー・エクスプローラサイエンス ホームページ(www.sonyexplorascience.jp)より申込
応募締切り:2018年3月7日(水)
※応募者多数の場合には抽選とし、3月9日(金)までに当・落選通知のメールが送られる。
【実施内容】①講師より「分解」についてお話。②親子で力を合わせて「プレイステーション2」を分解し、機器のしくみや工具の使い方を学ぶ。③「分解博士ジュニア認定証」の授与式を行う。


ソニー・エクスプローラサイエンス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
山手線が“走るアートミュージアム”に。“TOKYO”をテーマに東京造形大学が「山手線グラフィック展」を開催
日本ゲーム大賞2018 アマチュア部門作品募集のテーマは「うつす」
DMM.comから動きに合わせて音楽を奏でるモーション楽器ガジェット「SoundMoovz」登場
市販ソースの活用でごくうまレシピを時短調理!「カゴメ基本のトマトソース」編
LINE NEWSに「平昌五輪タブ」登場!話題の記事や注目競技、メダル獲得数など、五輪の見どころをまとめて発信

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2017-07-24

PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト 500GB (CUH-2100AB02)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2017-07-29




ソニー・エクスプローラサイエンスで「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン」を開催

01

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」では、2017年9月10日(日)、ソニー・太陽主催による「インクルージョン・ワークショップ」、音の伝わるしくみを楽しく学ぶ「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン」を開催する。

音について、基本的なことを学びながら、家庭から出るペットボトルや牛乳パックなどの材料を利用し、ヘッドホンを作成する。今回ワークショップを主催するソニー・太陽(http://www.sony-taiyo.co.jp)は、全社員の約70パーセントを障がいのある社員が占めるソニーの特例子会社。障がい者の自律を目指し積極的な雇用を進めるとともに、ソニーの製造事業所の一つとしてエレクトロニクス製品の生産や修理サービスなどを行っている。

今回のワークショップは、障がいのあるなしに関係なく、ものづくりの楽しさや興味を深め、ダイバーシティ&インクルージョンを体験することにより、相互理解を深めてもらうという、ソニー・太陽の特色を生かしたプログラムだ。自分で作ったヘッドホンは持ち帰り可能だ。

■「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン」ワークショップ 実施概要
日時:2017年9月10日(日) 13:30~15:30(2時間) (13時受付開始)
会場:ソニー・エクスプローラサイエンス(東京都港区台場 1-7-1 アクアシティお台場5F)内「サイエンスシアター/Science Theater」
対象:小学3年生~中学3年生の生徒24名(障がいのある方もご参加いただけます。障がいのある方の年齢はご相談ください。
応募フォームに記載箇所がございます。
詳細はホームページ<www.sonyexplorascience.jp>の応募フォームをご覧ください。)
※参加中のお子さまの様子は、会場内の見学席でご覧いただくことが出来ます。
目的:ものづくりの体験を通して子どもたちの理科・科学への好奇心を刺激し、楽しく科学する心を育てると同時に、「ダイバーシティ&インクルージョン」を子どもたちに体験していただくことを目的としています。
主催:ソニー・太陽株式会社(http://www.sony-taiyo.co.jp/
協力:ソニー、ソニー教育財団、ソニー・エクスプローラサイエンス
参加費用:無料 (別途入場料につきましては、下記の施設概要をご参照ください)
募集要項:ソニー・エクスプローラサイエンス ホームページ応募フォームより申込
応募締切り:2017年8月23日(水)
※応募者多数の場合には抽選とし、8月25日(金)までに当落選通知のメールをお送りいたします。
※当日は、材料となる牛乳パック(1000ml)1本をご持参ください。
実施内容:
■ヘッドホンの工作
ペットボトルに磁石とコイルをつけ、音の出る部分を作成します。牛乳パックを切り抜いたヘッドバンドを組み立てて、オリジナルの装飾をします。(当日の進行状況により省略する場合があります)
■音や電磁誘導のしくみを学ぼう
音(振動)を発生させる、電磁誘導(電気と磁石の不思議な関係)のしくみを、ソニーのエンジニアがわかりやすく解説します。


02


ソニー・エクスプローラサイエンス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
Nintendo SwitchのJoy-Conを充電しながら使える! 握りやすいコントローラー「Nintendo Switch用Joy-Con充電握りやすいグリップ」を発売
RPGアツマール×電撃文庫、5作品をツクラーがゲーム化
感情や感覚を揺れ動かす作品に出合えるチャンス!飾りたいと思う写真展「アートの競演 2017葉月」を開催【Art Gallery M84】
「AKB48グループ じゃんけん大会2017」予備戦の模様を独占生中継
「電ファミニコゲームマガジン」のiOS/Android対応アプリ「ゲーマガ」を提供開始






「ソニー・エクスプローラサイエンス」開館15周年記念イベントを開催

無題

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」は、2017年7月6日に開館15周年を迎えることを記念して、イベントを実施する。

開館記念日当日の7月6日(木)には、誰でも無料で入館可能に。また開館15周年を記念し、7月6日(木)は、通常、土日祝日のみ開催している2種類のライブショー「科学実験ショー サイエンスバトラー」、「サイエンス○×サバイバルクイズ」を開催する。

このほか、ソニー・エクスプローラサイエンスのメールマガジンに登録している人に、対象期間中利用できる入館料割引クーポンをプレゼント。メルマガ会員本人を含め最大5名まで割引となる。

また土日祝日に開催中の「サイエンス○×サバイバルクイズ」で、最後まで勝ち残った方に限定の記念品をプレゼントする。

ソニー・エクスプローラサイエンス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ロジクール、新型iPad対応の2つ折り保護カバー&スタンド付キーボードを発売
「LINE LIVE」、配信者が獲得できるLINEポイントを通常の3倍以上に
コンパクトでも妥協ゼロ!ユーザーの声に応えた上質スマホ「Galaxy Feel」発売
LINEモバイル、女優・のんさんを起用した一夜1回限りの60秒スペシャルTVCMを放映
川口春奈さんがダチョウ倶楽部上島さんを召喚!本格幻想RPG「陰陽師」新CM発表会レポ




「ソニー・エクスプローラサイエンス」でロボット・プログラミング学習キット「KOOV」の体験会を開催

01

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」では、玩具としても教材としても楽しめるロボット・プログラミング学習キット「KOOV」(クーブ)の体験会「KOOVタッチ&トライ」を2017年6月16日(金)より開催する。

KOOVは、ブロックで自由に「かたち」をつくり、プログラミングによってさまざまな「動き」を与えて遊ぶ、ロボット・プログラミング学習キット。ブロックを組み合わせて遊ぶ中で表現力を高め(Play)、プログラムで動かすことで探求心を培い(Code)、子どもたちの創造力を育成する(Create)など、デジタルを活用したものづくりを遊びながら学ぶことができ、玩具としても教材としても楽しめるもの。

KOOVを使った学習は、KOOVアプリで行われる。KOOVアプリは3つの学習メニューから構成されており、プログラミングが初めてのお子さまでも、自分のペースで学ぶことができる。

ソニー・エクスプローラサイエンスの「KOOVタッチ&トライ」では、KOOVの3つの学習メニューの中から、以下の内容を体験することができる。
■<ロボットレシピ>体験 お手本となる作例をまねしながら、ブロックを使ってロボットの組み立てを体験できる。3D組立ガイドの画面を操作することで、複雑な構造も簡単に理解できる。
■<自由制作>体験 自由な発想で自分だけのロボットをつくることもできる。
■<学習コース>体験 <学習コース>では、与えられたミッションをクリアしていくと、家庭でもロボット・プログラミングの知識を 基礎から学習できる。今回の「KOOVタッチ&トライ」では<学習コース>中の「はじめてのロボット・プログラミング」より、<はじめての電子パーツ制御>の一部を体験可能。 <ロボットレシピ>体験、<自由制作>体験は、ブロックの組み立て体験となる。会場で実際に組み立てたロボットのプログラミングは、今回のタッチ&トライでは体験いただくことはできないので注意しよう。

■ソニーのロボット・プログラミング学習キット体験会「KOOVタッチ&トライ」
開催期間:2017年6月16日(金)~7月17日(月・祝)
開催時間:11:00~19:00
会場:ソニー・エクスプローラサイエンス 内 「スタジオSES」
参加費用:無料(入館料も不要です。どなたでも体験いただけます。)
主催:ソニー
協力:ソニー・グローバルエデュケーション
実施概要:KOOVブロックをつかったロボットづくり、電子パーツ制御のプログラミング体験


02


KOOV

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ファイナルファンタジー30周年×横浜」夢のコラボレーション企画を開催
賞金総額1,000万円!マンガコンテスト「comicoチャレンジGP 2017」開催
「LINEギフト」で、“肩たたき券”を贈ろう
世界ゲームコンテンツ市場規模発表。2016年は8兆9977億円に~「ファミ通ゲーム白書2017」発刊~
「オランジーナ フレンチスパークリング」新発売






ソニー・エクスプローラサイエンスで「MESH」のワークショップを開催

無題

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」にて、2017年6月10日(土)、アプリとつなげるブロック形状の電子タグ「MESH」(メッシュ)のワークショップを開催する。

MESH はソニーの新規事業創出プログラムから生まれた、誰でもかんたんにデジタルなものづくりができるツール。無線でつながる小さなブロック形状の電子タグ(MESH タグ)を組み合わせることで、難しい電子工作の知識やプログラミングの知識がなくても、「あったらいいな」と思うIoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みをつくることができる。

MESH タグは、それぞれ動きセンサー/ライト/ボタン/明るさセンサーなどのさまざまな機能を持ち、無線でMESH アプリとつながることができる。MESH アプリ上でこれらのタグを連携させ、自分で考えたアイディアがかんたんに実現できる。

「MESHワークショップ」では、子どもたちに、身の回りのものを「どうしたらもっと便利にできるか」「もっと面白くなるか」を考え、それを実際にかたちにしてもらう。その過程で、プログラミング的思考につながる考え方を身に着けてもらうことを目的としている。

■開催概要
「MESH ワークショップ」~身の回りのものが大変身?! みんなで“あったらいいな”をつくってみよう~
開催日:2017年6月10日(土)
開催時間:12:00~14:00, 15:30~17:30(各回30 分前に受付開始)
会場:ソニー・エクスプローラサイエンス 内 「スタジオSES」
参加者:小学3年生から中学3 年生の生徒と保護者、各回10 組20 名、計40 名
募集要項:ソニー・エクスプローラサイエンス ホームページ、予約フォームより申込
(http://www.sonyexplorascience.jp/news/?sespl0511#news140)
応募締切り:2017 年5 月24 日(水)
※応募者多数の場合には抽選とし、5月26日(金)までに当・落選通知のメールを送付。
参加費用:無料 ※別途、入館料 大人(16 歳~)500 円・小人(3~15歳)300 円が必要。
主催:ソニー株式会社
実施概要:MESH タグ(電子タグ)と、会場に用意された身の回りのアイテムを使い、自由な発想で新しい「仕組み」を考えてみましょう。ワークショップ内で考えたアイディアはワークシートに記入して持ち帰ることができます。


ソニー・エクスプローラサイエンス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
FINAL FANTASY XIIIの主人公「ライトニング」に菜々緒さんが挑戦
会社員1,000人に聞く 2017年夏のボーナス調査(マクロミル調べ)
料理をするときに参考にしているものの上位は「レシピ検索アプリ、レシピアプリ、レシピ検索(ブラウザ)」
劇場版「ポケットモンスター」18作品をU-NEXTにて見放題一挙配信
語学ソフト「ロゼッタストーン」が30万本限定で4,980円に!AI翻訳機まで語られた、ソースネクスト発表会レポート






ソニー・エクスプローラサイエンスで4K映像コンテンツを公開。GW期間中は「科学実験ショー サイエンスバトラー」連日開催

図2

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」では、4K 映像コンテンツ「泣きべそジンと勇気の海」の上映を開始した。また、ゴールデンウィーク期間中(2017年4月29日~5月7日)は、通常、土日祝日のみ開催している2種類のライブショー「科学実験ショー サイエンスバトラー」、「サイエンス○×サバイバルクイズ」を連日開催する。

4K映像コンテンツ「泣きべそジンと勇気の海」は、沖縄美ら海を舞台に繰り広げられる、男の子の冒険と成長の物語。沖縄の海を鮮明に映す4K映像を楽しみながら、海の生き物の生態について学ぶことができる。

■上映概要
・場所:ソニー・エクスプローラサイエンス内「サイエンスシアター」
・上映時間
平日:11 時~19 時の間、毎時 25 分頃より約 10 分間 全 8 回/日
休日:11 時~14 時、16 時~19 時の間、毎時 25 分頃より約 10 分間 全 6 回/日
(土日祝日の 14 時~16 時は、ライブショー開催につき、サイエンスシアターでの映像上映を休止)

■ゴールデンウィークスペシャル ライブショー開催概要
・科学実験ショー サイエンスバトラー
「宇宙戦争が激化する未来において、個性的な10の惑星の代表が宇宙統一をかけて対決する」という設定のもと、毎回2 名の“バトラー”が登場し、己の科学知識と技を使った科学実験で競い合う。
・サイエンス○×サバイバルクイズ
実験をまじえながら、身近な不思議を楽しく解明する観客参加型のクイズショー。勝ち残った人にはソニー・エクスプローラサイエンスオリジナルの素敵な賞品をプレゼントする。
・開催日時:2017 年 4 月 29 日(土)~5 月 7 日(日)
「科学実験ショー サイエンスバトラー」:14:30~15:00
「サイエンス○×サバイバルクイズ」:15:30~16:00
・開催場所:ソニー・エクスプローラサイエンス内 「サイエンスシアター」
・参加方法:事前申込不要。直接会場へ来場のこと。
・参加費用:無料 ※別途入館料が必要。

図1


サイエンスシアター
ライブショー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ローランド、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭2017」に出展
「LINEアカウントメディア プラットフォーム」に読売新聞、ananなど新たに22メディアが参画
10周年限定キャラクター登場で「PASMOのミニロボット 探そう!キャンペーン」開催
「大人なガリガリ君マンゴー」を発売
LINE、熊本市と「情報活用に関する連携協定」を締結




「PSP」などソニーの人気製品を親子で分解!ソニー・エクスプローラサイエンスがワークショップを開催

名称未設定-1

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」は、2017年3月12日(日)に「第28回分解ワークショップ~モノのしくみをしろう~」を開催する。

このワークショップは、「分解博士」として参加するソニーの現役エンジニアの指導のもと、身近なソニー製品を親子で分解するというもの。毎回倍率が約10倍になるほど人気の企画だ。

今回は子どもにも大人気のゲーム機器「PSP」の分解が体験できる。「モノのしくみ」や工具の使い方を学びながら、楽しく分解作業を体験できるワークショップだ。

■実施概要
名称 : 第27回分解ワークショップ~モノのしくみをしろう~
日時 : 2017年3月12日(日) 13時30分~16時30分予定(13時受付開始、約3時間)
会場 : ソニー・エクスプローラサイエンス内「サイエンスシアター」
(東京都港区台場1-7-1 メディアージュ5F)
内容 :
身近な製品を分解し、子どもたちの科学への好奇心を喚起すると同時に、機器のしくみや工具の正しい使い方を学べるワークショップ。今回はPSP・カメラ・プロジェクター・ オーディオなどのソニー製品を分解する。

ソニー・エクスプローラサイエンス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ソニービル記念品ルーバー」チャリティ販売をスタート
赤城乳業、熊本県とコラボした「ガリガリ君 九州みかん」を発売。一部を震災復興に寄付
OPUS最後の来場者参加型音楽イベント-「エレクトリカル アンサンブル -ソニーを奏でる、みんなで奏でる-」を開催
2月28日は「バカヤローの日」。怒りの実態を丸裸に!(マクロミル調べ)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-09-15

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-11-10

PlayStation Vita Wi-Fiモデル グレイシャー・ホワイト(PCH-2000ZA22)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2015-09-17



ソニー・エクスプローラサイエンスで光の原理を学びながら「虹色きらきらスコープ」を作ろう

無題

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」(東京都港区台場1-7-1 メディアージュ5F)では、2017年2月1日(水)~27日(月) (※2月14日、24日、25日を除く)の期間、中学生以下の生徒を対象に「つくってまなぶ『わくわく科学工作教室』」を連日開催する。

このイベントでは、光の原理を学びながら「虹色きらきらスコープ」の工作に挑戦する。作り方が書かれたシートや作品のサンプルを手本に自分ののペースで工作。完成した作品や解説シートは持ち帰ることができる。

事前予約が必要ないイベントなので、期間中いつでも参加できるのもうれしい。

■つくってまなぶ「わくわく科学工作教室」 実施概要
開催日時:2017年2月1日(水)~27日(月) (※2月14日(火)、24日(金)、25日(土)を除く)
11:00~19:00(最終受付18:00)
※上記時間内のいつでも参加できるが、混雑時は待つこともあるので注意しよう。
工作名:虹色きらきらスコープ
学びのポイント:光の原理、光の回折
体験時間:約30分
参加対象:中学生以下の生徒(小学3年生以下は18歳以上の保護者の同伴が必要)
席数:15席
参加方法:参加受付は、当日会場にて行なう。イベント会場受付で当日の入場券を提示のこと。(受付は当日11時から行なう)
参加費用:無料 ※別途、入館料 小人(3~15歳)300円が必要。
会場:ソニー・エクスプローラサイエンス 内 「スタジオSES」
主催:ソニー
その他:作品お持ち帰り用のバッグは各自で準備のこと。


ソニー・エクスプローラサイエンス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「題名のない音楽会」で「ドラクエ」特集を放送
初音ミクの会社が北海道の市町村公認ページもある地域情報発信アプリ「Domingo」の提供を開始

LINE MUSIC、累計ダウンロード数が2,000万件を突破。iOS版「LINE着うた」も提供開始
東京都、オープンデータを使った防災アプリのコンテストを開催
「闘会議2017」追加情報“モンスト”新ステージの実施やペルソナ5エレクトーンやダンガンロンパV3ライブ等






ソニー・エクスプローラサイエンス、ブロック形状の電子タグ「MESHワークショップ」を開催

リリース画像1

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」では、11月19日(土)にアプリとつなげるブロック形状の電子タグ、「MESH」(メッシュ)のワークショップを開催する。

MESHはソニーの新規事業創出プログラムから生まれた、誰でも簡単にデジタルなものづくりができるツール。無線でつながる小さなブロック形状の電子タグ(MESHタグ)を組み合わせることで、難しい電子工作の知識やプログラミングの知識がなくても、「あったらいいな」と思うIoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みを作ることができる。

MESHタグは、それぞれ動きセンサー/ライト/ボタン/明るさセンサーなどのさまざまな機能を持ち、無線でMESHアプリとつながることができる。MESHアプリ上でこれらのタグを連携させ、自分で考えたアイディアがかんたんに実現できるツールだ。

「MESHワークショップ」では、「どうしたらもっと便利にできるか」「もっと面白くなるか」など、“課題を見つけ解決する力を身につける”ことを目的としている。

これまでのワークショップで、子どもたちがMESHを使って実現したユニークなアイディアは以下のようなものだ。

例えば、「世の中のゴミを減らすには?」という発想から生まれた、“ゴミを捨てにくいゴミ箱”(タグを使ってモーターを動かし、ゴミを捨てようとするとストローがじゃまをする)や、“ゴミを捨てた人の写真を撮るゴミ箱”(ゴミを捨てようと箱をあけると、大きな音がして写真を撮られ、LEDライトが光る)など、課題を設定して、その解決方法を提案するような作品が、このワークショップから誕生している。

■開催概要
【開催日】 2016年11月19日(土)
【開催時間】 12:00~14:00, 15:30~17:30(各回30分前に受付開始)
【会場】 ソニー・エクスプローラサイエンス 内 「スタジオSES」
【参加者】 小学3年生から中学3年生の生徒と保護者、各回10組20名、計40名
【募集要項】 ソニー・エクスプローラサイエンス ホームページ、予約フォームより申込
(http://www.sonyexplorascience.jp/news/#news130)
応募締切り:2016年11月2日(水)
※応募者多数の場合には抽選とし、11月4日(金)までに当・落選通知のメールをお送りします。
【参加費用】 無料 ※別途、入館料 大人(16歳~)500円・小人(3~15歳)300円が必要となります。
【主催】 ソニー
【実施概要】 MESHタグ(電子タグ)と、会場に用意された身の回りのアイテムを使い、自由な発想で新しい「仕組み」を考えてみましょう。ワークショップ内で考えたアイディアはワークシートに記入して持ち帰ることができます。


リリース画像2


MESH

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
JRAと「ダビスタ」の史上初のコラボが遂に実現
マピオン季節特集で全国4000箇所の「ご当地グルメ特集」を公開
「本屋B&B」が東京をテーマにした新店舗「本屋 EDIT TOKYO」をソニービルに開店
対戦型オンラインゲームによるイベント「FANTASTIC BATTLE」第2回東西対決を開催
「MyBook」で七五三にぴったりな新テンプレートをリリース
MESH Bundle 7
スイッチサイエンス

MESH Bundle 3
スイッチサイエンス



想像も付かない子どもの発想力が見えた! 電子タグ「MESH」ワークショップレポート<PR>

sony01
「『ソニー・エクスプローラサイエンス』で電子タグ『MESH』を使ったワークショップを開催」という記事で紹介したように東京・お台場にあるソニー・エクスプローラサイエンスで、ソニーが手がける電子タグ「MESH」のワークショップが開催された。当日は2回開催され、小学生親子各10組がMESHを使った物作りについて学んだ。


■電子タグ「MESH」ってなんだ?
ここでMESHについて説明しておくと、ソニーの新規事業創出プログラムから生まれた、誰でも簡単にデジタルな物作りができるツール。Bluetoothで接続された小さなブロックに、ボタンや動きセンサー、LED、明るさセンサーなどが取り付けられており、これを組み合わせることで例えば「ブロックを動かしたらLEDが点灯」とか、「ボタンを押したらサウンドが鳴る」などの動作を設定することができるというものだ。iOSなどで動く「MESHアプリ」でその動作を規定し、連携させることができる。

sony02
当日用意されていたMESHタグ(上のデバイス)とMESHアプリを動作させるためのiPad mini

今回使うMESHタグは「動きタグ」「明るさタグ」「ボタンタグ」「人感タグ」「温度&湿度タグ」「LEDタグ」の6つだ。それに加えて、MESHアプリに用意されている「ソフトウェアタグ」として「カメラタグ」「マイクタグ」「スピーカータグ」を使う。はてさて、これらを組み合わせることで、いったい何ができるのだろうか?

■“MESH博士”の実演でMESHタグの動作を学習
まずは“MESH博士”からMESHについてのレクチャーを受ける。コップに付けられた動きタグを口に持って行くと「飲まないで~」とサウンドがでる仕組みを披露。これだけで何ができるのか、直感的に分かるのがMESHのいいところだ。

sony04
コップを口に持って行くと、動きタグが反応してサウンドが出る

■動作を理解したら親子で実作に挑戦!
そして早速に作業に取りかかる子どもたち。それを見守る親御さんも一緒になって制作に取り組んでいく。まずは先ほど使った動きタグを利用してみることに。その基本が分かったあとは、ゴミ箱や傘、サンダルなどなど、会場に用意されているアイテムにさまざまなMESHタグを取り付けて作ってみる作業へ移る。


sony05
わくわくしているのか、笑顔で作業をしている子どもが多かった

sony06
MESHタグを取り付けるために用意されたアイテムたち。「こんなの何に使うんだ?」と思いながらも、子どもたちの柔軟な発想はその上をいく使い方をしていた

sony07
恐竜のおもちゃと人感タグ??

sony08
はたきに取り付けられた動きタグと人感タグ。何が起きるのだろうか

■子供たちの柔軟な発想で作品がどんどん進化
上の写真ではたきを使っていた彼が作ったレシピがこれ。人感タグで動きを感知したらギターの音が再生され、はたきの向きが変わったらコミカルなサウンドを再生するというもの。つまりはたきに何かが向かってきたときに検知してギターの音が出て、それを振り下ろすと音が出るという仕組みだ。

そしてその後彼は、紙に描いた宇宙人の絵に向かってはたきを振り下ろすと音が出るとともに目が光るというバージョンへ進化させていった。

sony09
2つのタグを組み合わせて結果を作り出す

sony10
これが進化バージョン。LEDタグも組み合わせて作る

sony11
この彼はサウンドを複数組み合わせて複雑な音を出すということにチャレンジしていた

sony12
ワークショップも終盤になるとこんなに複雑な動きを設定する、まるでプログラマーのような子も出現した

■モノづくりの仕組みをわかりやすく学べるMESHワークショップ
子どもの自由な発想力をまざまざと見せつけてくれたMESH。人気のワークショップなので、今後も開催されるだろう。ソニー・エクスプローラサイエンスのWebサイトをチェックして、開催が発表されたときには参加してみてはいかがだろうか。

ソニー・エクスプローラサイエンス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
楽天、海の家「Rakuten Beach CAFE」を湘南江の島に初出店
コミックシーモアで“背筋も凍る恐怖体験”を大募集。ホラー漫画がお得に読めるキャンペーンも
AbemaTV、最新テレビアニメの見逃し放送専門チャンネル「新作TVアニメチャンネル」を開設
行定勲監督作の映画「うつくしいひと」をニコニコチャンネルで配信開始。売上全額を「熊本地震義援金」に寄付
ソニー・エクスプローラサイエンス、自由研究に活かせる楽しい夏休みイベントを開催


MESH Bundle 4
スイッチサイエンス






ソニー・エクスプローラサイエンス、自由研究に活かせる楽しい夏休みイベントを開催

名称未設定-1
ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」では、この夏、科学について楽しく学べるさまざまなプログラムを実施する。すべて事前予約・参加費が必要ない(※別途、入館料が必要です)イベントとなっている。


■「ひらめき☆サイエンスクイズラリー」 ビギナーコース問題を7/1(金)よりリニューアル

平日限定で開催中のイベント、「ひらめき☆サイエンスクイズラリー」のビギナーコースの問題が7/1(金)より「クッキンさんを助けよう!」に入れ替わる。なお、現在実施中の問題、「光の心得を会得せよ!」は6月30日(木)17時をもって受付終了となる。

■つくってまなぶ音と光の「わくわく科学工作教室」 ―第1弾 光編―

科学の基本や性質を学びながら、「光」にまつわる工作を楽しめる。

【実施日】 2016年7月23日(土)~7月31日(日)
※詳細は近日公開予定

■ライブショー6日間連日開催

通常、土日・祝日のみ開催している2種類のライブショー「科学実験ショー サイエンスバトラー」「○×サバイバルクイズ」をお盆の期間のみ連日実施する。

【実施日】
2016年8月11日(木・祝)~16日(火) 6日間

【時間】
科学実験ショー サイエンスバトラー:14:30~15:00
○×サバイバルクイズ:15:30~16:00

・科学実験ショー サイエンスバトラー
「宇宙戦争が激化する未来において、個性的な
10の惑星の代表が宇宙統一をかけて対決する」という設定のもと、毎回2名の“バトラー”が登場し、己の科学知識と技を使った科学実験で競い合う内容。

・○×サバイバルクイズ*
ミニ実験を交えながら、身近な不思議を楽しく解明する観客参加型のクイズショー。勝ち残った人にはソニー・エクスプローラサイエンスオリジナルの賞品をプレゼント。

■つくってまなぶ音と光の「わくわく科学工作教室」 ―第2弾 音編―

科学の基本や性質を学びながら、「音」にまつわる工作を楽しめる。

【実施日】 2016年8月20日(土)~8月28日(日)
※詳細は近日公開予定

ソニー・エクスプローラサイエンス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


カルチャーに関連した記事を読む
Amazonオリジナル紀行ドキュメンタリー「RAKUEN 三好和義と巡る楽園の旅」を独占配信
「日本アニメ(ーター)見本市」資料集発売記念トークショーを開催
マピオン 季節特集「花火大会・夏祭り特集2016」をスタート
ローランド、ビンテージモデル2機種を再現したギター用エフェクターを発売
DMM.make AKIBA発のスタートアップ企業no new folkのスマートフットウェア「Orphe」が発売に


ナショジオ式自由研究 親子でできる たのしい科学実験 (NATIONAL GEOGRAPHIC KIDS)
カレン・ロマノ・ヤング
日経ナショナルジオグラフィック社
2016-06-17




「ソニー・エクスプローラサイエンス」で電子タグ「MESH」を使ったワークショップを開催

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」にて、6月25日(土)に、アプリとつなげるブロック形状の電子タグ、「MESH」(メッシュ)のワークショップを開催する。参加費用は無料(別途入館料が必要)。
続きを読む

ソニー・エクスプローラサイエンスでソニーの電子タグMESHの体験会を開催

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」では、5月14日(土)にアプリとつなげるブロック形状の電子タグ、「MESH」(メッシュ)の体験会「MESHタッチ&トライ」を開催する。参加費用は無料。
続きを読む

ヘッドフォンの鳴る仕組みは?親子で学ぶソニー・エクスプローラサイエンスのワークショップ<PR>

2016年3月13日、東京・お台場にあるソニーの科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」で、音の伝わる仕組みを親子で楽しく学ぶ「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドフォンワークショップ」が開催された。当日参加したのは小学3年生~6年生の児童とそのお父さんやお母さん、合わせて20組40名。午後1時半から午後4時半までという長丁場のワークショップだったが、非常に楽しかったためか、あっという間に過ぎた3時間であった。
続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ