ITライフハック

ソーラー

未来の家が実現! セキスイハイムのスマート・パワーステーション



地球環境にやさしいエコが叫ばれるようになってから、もう何年経っただろう。特に東日本大震災以降は、福島第一原発事故によって日本のエネルギー事情が大きく転換せざるを得ない状況になってしまった。今後は低炭素で循環型のエネルギー消費社会へと転換することが急務となっている。

このような状況下で、政府は2020 年を目標に、一次エネルギー(※1)の年間消費量を概ねゼロとする「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」(※2)を標準とした住宅基準にすることを表明している。PV・HEMS・リチウムイオン蓄電池に加え、ZEH普及への補助金制度も始まっており、社会的にもこれからの新築住宅には一次エネルギーの収支ゼロが求められているわけだ。

セキスイハイムグループは、これまで環境・エネルギー分野における社会的貢献への積極的な取り組みを進めてきており、7 月にはZEH補助金対応仕様(2013 年度)が標準化された「ミライ・クラス」シリーズを商品化した。

そして今回発売する「スマート・パワーステーション」シリーズでは、さらにその先を見据えている。具体的には家電(冷蔵庫・IHヒーター、テレビ等)も含めた一次エネルギー消費量でもゼロを達成できる住まいを実現することを目標にした。そこでその実現のためにPV+HEMS「スマートハイム・ナビ」+蓄電システム「e-Pocket(イーポケット)」の3 点セットをより進化させたという。同社は、本シリーズをエネルギーの自給自足を目指せる「エネルギー自立型快適住宅」への第一歩となる商品として位置付けている。

※1:一次エネルギー/二次エネルギー
石油・石炭等の化石燃料、原子力の燃料であるウランなど自然から直接得られるエネルギーが一次エネルギー。石油・石炭等の原料を加工して得られるエネルギー(電気など)を二次エネルギーという。
※2:ZEH
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。開口部や外壁の断熱化、設備機器の省エネ性能の向上や太陽光等の再生可能エネルギーの活用などを通じて、一次エネルギーの年間消費量を極力削減し、ゼロあるいはプラス供給を可能にする住宅のこと。

続きを読む

太陽戦隊の出撃だ!ソーラー+バッテリーの激凄モバイルスピーカー【イケショップのレア物】



これから夏に向けて、海水浴やバーベキュー、ツーリングなどのアウトドアでのイベントを計画している人もいるだろう。外出する機会もどんどん増えてくると思うが、みんなで集まったときに音楽があれば、さらに盛り上がること間違いなしだ。

日頃からiPhoneやAndroid端末などのスマートフォン、ポータブル音楽プレーヤーで音楽を聴いている人であれば、それを活用しない手はない。

そこで今回の「復活!イケショップのレアものがいっぱい」では、いつでもどこでも迫力のサウンドが楽しめるスマートフォン対応の実力派モバイルスピーカー「Solar Stereo Speaker with Charger」を紹介しよう。

続きを読む

実用になるソーラーチャージャー!屋外の給電はこれで万全か【イケショップのレア物】



スマートフォンやiPad、モバイルPCなど、ハイテクガジェットの「命」、それはバッテリだ。モバイルガジェットは、屋外でも利用可能なところが最大のメリットだ。しかし小型化したガジェットたちの内蔵バッテリには限りがあるのが最大の弱点となっている。

特に屋外ではバッテリを常時給電することができないため、電池切れを恐れて予備バッテリを持つ人も多い。

そんな悩みを解決するのは、ソーラー電池だ。今回紹介するのは、いままでのような半端なソーラーパネルのシステムではない。まさに実用となるソーラーシステム「USBソーラーパネル」だ。

続きを読む

猛暑に威力を発揮するエコアイテムで夏を6倍楽しもう【イケショップのレア物】



今年の夏は記録的な猛暑。連日の暑さに夏バテしている人も続出と大人にとっては苦しい夏も、子供たちにとっては、夏休みは楽しいものだ。そんな子供にとっても夏休みの自由研究やら夏の宿題は頭の痛いところだが、実は手伝いをせがまれる親にとっても、これが難題でもある。

そんな猛暑を逆手にとって、バッチリ宿題もクリアできるのが、太陽電池を学習できるキット「6in1ソーラー学習キット」だ。

続きを読む

太陽光発電をメジャーに!パナソニックグループの戦略が明らかに



パナソニックグループは2010年5月31日、東京ミッドタウン ホールAにおいて、報道関係者向けに「パナソニック 太陽光発電システム プレスレセプション」を開催した。
総力を結集!パナソニック、太陽電池事業に本格参入

どういう思いで一般家庭に太陽光発電システムを普及させたいのだろうか。

■パナソニックブランドの安心感を!- パナソニック電工 常務取締役 井戸氏
発表会場にて、マーケティング政策の責任者である、パナソニック電工株式会社 常務取締役 住建マーケティング本部長 井戸正弘氏にお話しをうかがうことができた。井戸氏は、「パナソニック電工といたしまして、今まで電気設備・住設建材におけるノウハウを太陽光に活かしたいというのがもくろみなんです。」とのこと。詳細は、こちら。


・パナソニック電工株式会社 常務取締役 住建マーケティング本部長 井戸正弘氏(動画)

パナソニック

ITライフハック
ITライフハック Twitter

【責任者が語る事業戦略と本音】をもっとみる
リーズナブルでハイスペックを楽しんでいただく!富士通 松村部長が語る新ケータイの戦略
けっこう面白いコンテンツも出ます!クロスメディア 市原社長が「東京メディア」の魅力を語る
3ユーザビリティを重視 担当者がauケータイの魅力を語る
一眼レフを使いたいが買えない人へ ソニー執行役員 今村氏が語るデジカメの戦略

【速報】総力を結集!パナソニック、太陽電池事業に本格参入



パナソニックグループは2010年5月31日、東京ミッドタウン ホールAにおいて、報道関係者向けに「パナソニック 太陽光発電システム プレスレセプション」を開催した。

省エネや温暖化問題が叫ばれている昨今、太陽電池は環境にやさしいエネルギーとして家庭でも注目され始めている。

そうした背景を踏まえ、同グループは三洋電機のグループ化後、初のコラボ商品となる「住宅用太陽光発電システムHIT215シリーズ」を7月1日より発売し、グループ総力を結集して太陽電池事業に本格参入すると発表した。

■国内トップシェアを目指す - 坂本副社長
パナソニック株式会社 代表取締役 副社長 坂本俊弘氏は、「屋根面積の小さい日本の住宅では、最適のものである」と、太陽光発電モジュール「HIT215」が如何に効率的なモジュールであるかを強調した。
パナソニック株式会社 代表取締役 副社長 坂本俊弘氏

パナソニックは2008年12月の三洋電気との資本・業務提携発表後、コラボレーション委員会を発足し、グループシナジーの最大化に向けた検討を、適用法令の範囲内で進めてきた。

さらに、2009年12月21日に正式に三洋電機がグループ化して以降は、27のサブワーキングにおいて本格的な検討を重ね、今回、コラボ成果の第1弾商品として、世界最高水準の変換効率を誇る太陽光発電モジュール「HIT215」を搭載した「住宅用太陽光発電システム HIT215シリーズ」を投入する。

坂本副社長の話によると、パナソニックは、三洋電機の太陽光発電モジュールと、パナソニックのエネルギーマネージメント技術、建材・電材技術を掛け合わせ、さらに家電・電材・住建の各販売ルートを徹底活用することで、パナソニックグループの総合力を最大限に発揮し、急拡大する太陽光発電市場での飛躍的な事業成長を図り、2010年に国内トップシェア35%以上を目標とし、市場におけるトップメーカーとしての地位を確立する。
太陽光発電モジュール「HIT215」

パナソニックグループは、「創エネ」「蓄エネ」「省エネ」各機器の商品力と、機器をつなぐことで生み出すシステムとしての価値提案力、そしてグローバルな販売力を徹底強化し、グループのフラグシップ事業としてのエナジーシステム事業を加速していくという。

創業100周年ビジョンである「エレクトロニクスNo.1の『環境革命新企業』の実現に向け、パナソニックグループ全体で、「環境貢献と事業成長の一体化」を図り、「成長へのパラダイム転換」と「環境革新企業としての基盤づくり」を通して、「成長力溢れるパナソニックグループ」を目指していくとしている。

パナソニック

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
1万円台!DVD内蔵の地デジテレビをドン・キホーテが発売へ
何故だろう? 子供も大人も夢中になる知育なモノたち
パナ、オリンパスを撃墜できるか?背景ぼけ・3D対応のソニー最薄デジ一眼
アンテナケーブル不要!VIERAのポータブル版が発売へ

SANYO デジタルムービーカメラ Xacti CA100 K ブラック DMX-CA100(K)
三洋電機 (2010-06-28)
売り上げランキング: 16680

3タイプに変身ロボットvs太陽光で動く太陽系【真ロボット伝説】



今回は、秋葉原のロボット専門店「ヴイストン ロボットセンター」から最新入荷商品をお伝えしたい。

最近ロボットセンターで話題なのが、福岡に本社を構えるEK JAPANの工作キットだ。
「エレキット」のブランド名でご存じの方も多いと思うが、様々な形態の電子工作キットを発売しているメーカーである。

工作キットというものは、夏休みの自由工作の例を持ち出すまでもなく、教育教材として使われることが非常に多い。そのため、近年の工作キットは、様々な技術をわかりやすく応用したタイプのものが多く見られる。

その最たるものが、太陽電池(ソーラーバッテリー)を動力源に採用したシリーズだ。
近年、環境配慮の高まりを受けて、太陽電池というデバイスが注目を集めている。工作キットを通じて、その太陽電池の特性を理解するだけではなく、エコに対する意識も身に付くことが期待できる、というわけだ。

エレキットは、以前より様々な形のソーラー工作キットが提供されてきたが、今年は、夏休み向けて新たに4つのソーラー工作キットが発売される。

■ソーラーペガサス

ソーラーペガサスは、1つの工作キットながら3タイプへの組み替えが可能な製品だ。
3タイプは、大空をはばたく「ペガサスのオブジェ」、優雅に歩く「太陽の馬車」、円を描くように歩く「馬のサーカス」となる。
単なる工作キットとして組み立てるだけでなく、オブジェとしても楽しめるような仕上がりになっている。今まであまり工作キットに興味がなかった方にも受け入れられやすいのではないだろうか。
ソーラーペガサス

■ソーラーロボT3

ソーラーロボT3もペガサスと同様、3つの異なる組み合わせが選べるソーラー工作キットだ。こちらはズシズシと歩く「ロボットモード」、力強く進む「タンクモード」、サソリタイプの「スコーピオンモード」の3るが選べる。
特に、太陽電池で動くロボットというものは比較的珍しいので、ロボット好きとしてはチェックしておきたいところだ。
ソーラーロボT3

■ソーラープラネット

ソーラープラネットは、中心の太陽に光を当てると、周りの惑星が公転をするというソーラー工作キットだ。星の大きさの比率などについては、実際の太陽系を反映したわけではないのだが、それぞれの惑星には自由に色を塗って仕上げることができるので、オリジナルの太陽系を作れるキットとなる。
太陽光線によって太陽系を駆動させるというモデルであり、なかなか洒落ていて好感が持てるキッとである。
ソーラープラネット

■ソーラートレイン

ソーラートレインはその名の通り、太陽電池で3両連結の列車を走らせるソーラー工作キットだ。こちらも車体にペイントすることにより、オリジナルの列車を作ることができる。
太陽電池は先頭車両にしか搭載されていないのが残念だが(全車両に太陽電池を搭載した方がパワフルに走ると思われる…!)、太陽電池駆動の列車キットというものも珍しいと思われるので、電車好きにはおすすめだ。
ソーラートレイン

そのほか、エレキットの工作キットでおすすめなものをいくつかピックアップしてみたい。

■Let's ピアノ

小型のグランドピアノの形をした工作キットだ。ICと電子回路で構成されており、スイッチを押して演奏するほか、メロディーを自動演奏させてオルゴールのようにも使える。白鍵と黒鍵とで白いスイッチと黒いスイッチが使い分けてあり、ちゃんと「ピアノっぽく」見えるように配慮されている。
ハンダ付けが必要なので、少し上級者向けの工作キットといえるかも知れないが、ハンダ付けのコツなどを詳しく記載した「ハンダ付けトラの巻」も付属してくるので、不慣れな方でも安心してチャレンジしてもらえると思う。
Let's ピアノ

■マイクアンプ [NT-5]

こちらは、工作キットとは少し趣が異なる「実用キット」に分類されている商品だ。
このマイクアンプは、一般にカラオケなどで使われているダイナミックタイプのマイクを、パソコンやオーディオ機器の「ライン入力」に入力ができる信号に増幅することができるアイテムだ。
工作などにおいて、マイクからの音声を利用したいという場合に、安価で入手性がよいダイナミックタイプのマイクとこのマイクアンプを利用すれば、簡単にシステムを組むことができる。小型サイズの基板になっているので、ロボットなど様々な機械の内部に搭載することも容易だろう。
アイディア次第でいろいろな応用方法が考えられる、玄人好みの一品といえるのではないだろうか。
マイクアンプ [NT-5]

秋葉原のロボット専門店「ヴイストン ロボットセンター」では、今回紹介した以外にも多種多様な工作キット・工作部品を扱っている。エレキットはもちろん、タミヤやイスペットなど、様々なメーカーの製品がたくさん揃えてあるので、工作好きの方は一度足を運んでみてほしい。

そのロボットセンターからの最新情報だが、7月末~9月までの夏休み期間中、ロボット教室を開催することが決定した。

昨年も開催され好評を博したが、今年も自由工作・教材ロボット・二足歩行ロボットなど、様々な種類の教室を展開する予定だ。詳細は決まり次第公開されるというから、ぜひともチェックを怠らないでほしい。

ロボットのことならなんでもヴイストン ロボットセンター
No1の品揃えロボットショップ

ヴイストン真ロボット伝説の記事をもっとみる
ロボットを賢く動かせ!あなたも上級者になれる方法
簡単だけれど奥が深いシンプル二足歩行ロボット「RB300」
世界最小クラスや組み立て済みスーパー二足歩行ロボまで全員集合
奇々怪々!頭上で重心バランスをとる不思議ちゃんロボット
フラワーロック復活!iPhoneとコラボ?GWはロボット三昧

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ