ITライフハック

ダイエット

糖質は「適正量」よりも「減らすこと」を意識する人が多数!糖質に関する意識調査(マクロミル調べ)

c8e39682482d4d43394f6720c7177710_s

マクロミルは、「低糖質」をテーマとした生活者・消費者の、糖質に関する意識を調査した結果を発表した。

【1】 健康維持・増進のために意識することは「睡眠」76%、「食事」75%が圧倒的
糖質について触れる前に、まず生活者の健康意識について尋ねた結果を見てみると、「健康維持・増進のために、あなたは何を意識しますか」と尋ねたところ、最も意識されていることは「睡眠」で76%、 2番目は「食事」で75%だった。トップ2は僅差であり、 3番目以降とは18ポイントほどの差が開いた。なお、 3番目は「運動」で58%、 4番目は「規則正しい生活」で57%だった。

sub8


【2】 糖質量を意識した食生活、 42%が経験あり。経験者の3割が、糖質の「適正量」を意識、 7割が糖質を「減らす」ことを意識
健康の維持や増進のために、75%と多くの人が“食事”を意識していることが分かったが、今回注目する“糖質”についての意識や実態はどのような状態だったのだろうか。

今までに健康維持・増進のために“糖質量”を意識した食生活を送ったことがあるか、全体1,000名に対して過去の経験を尋ねたところ、経験率は4割だった。この経験者における糖質量の意識の仕方を確認すると、「適正な糖質量を意識した食生活を送ったことがある」は30%、「適正量は意識せず、糖質を減らした食生活を送ったことがある」は73%だった。

昨今、ダイエットなどの目的で必要以上に糖質を制限してしまった場合の健康被害の懸念も言われるようになっている。しかし“糖質量”を意識したことのある人の多くが、 “適正量”を意識するのではなく、糖質量を“減らす”ことにフォーカスしていることがわかった。

sub7

sub1


【3】 糖質量を意識する理由、 1位「ダイエット」、 2位「生活習慣病の予防」。 3位は男女で違い、男性は「血糖値の改善」、女性は「美容」のため
“糖質量”を意識した食生活を送ったことがある人に、その理由を尋ねた。その結果、男性と女性で回答傾向に差が確認できた。

男性は「ダイエット」と「生活習慣病の予防」が同率の52%でトップ、次いで「血糖値の改善」が28%でした。男性が糖質量を気にする理由は、「ダイエット」と「生活習慣病の予防」がメインで、中には「血糖値の改善」や5位の「病気の治療」のためなど、 “健康”面を理由に糖質量を意識した食生活を送っている方が多いようだ。

女性はトップが「ダイエット」で断トツの65%、男性よりも13ポイント高い結果となっている。 2位は「生活習慣病の予防」43%で1位の「ダイエット」とは22ポイント差だった。また、 3位は「美容」で32%だった。女性の場合は、「ダイエット」がメインで、男性と比較し“美容”面を理由に糖質量を意識した食生活を送っている方が多いと言えそうだ。

sub2

sub3


【4】 “低糖質”に対するイメージは、「ダイエット」52%、「病気の予防・健康維持」38%、「病気の治療」10%。世代差があり、 20~40代は「ダイエット」、 50~60は「病気の予防・健康維持」のイメージ強く
さて、最近メディアでもよく取り上げられる「低糖質」というテーマだが、「低糖質」という言葉にはどのようなイメージを持たれているのだろうか。また世代によってその差はあるのだろうか。「ダイエット」、「病気の予防・健康維持」、「病気の治療」の3つの中から、一番近いイメージを選んでもらった。

全体において最もイメージされているのは「ダイエット」53%で、過半数となっている。次に「病気の予防・健康維持」で38%、「病気の治療」で10%だった。

この結果を年代別に見ると、「ダイエット」をイメージする割合が、 20~40代では過半数だが、 50~60代では半数未満と、差が現れている。また60代では、「ダイエット」よりも「病気の予防・健康維持」をイメージする人が過半数となっている。中高年層では、「低糖質」は健康のためという認識が広がっているようだ。

main

sub4


【5】 同じ商品なら“低糖質品”と“通常品”、どちらを買う? 購入意向はほぼ同率。また、糖質量を意識した食生活をしたことがない人も、 3割が“低糖質品”を「買いたい」
最近、低糖質を訴求する食品や飲料が店頭で販売されているのを目にする人も多いのではないだろうか。そこで、「食品や飲料を買おうとして、その商品とまったく同じもの、同じ価格で、低糖質の商品があったとしたらどちらを買うか」と尋ねた。結果は、「低糖質の商品」と回答した人が51%、「通常の商品」と回答した人が49%で、ほぼ半数ずつとなっている。

なお、糖質を意識した食生活をしたことが“ある人”と“ない人”でこの傾向に違いがあるかも確認した。すると、経験がある人は74%が「低糖質品」を購入すると回答しているが、一方で、経験なしの人も35%が「低糖質品」を買うと回答していることが分かった。今まで、糖質を意識してこなかった人でも、質や価格が同じであれば低糖質の方が良いと考える人が3割強のいることがわかった。

sub5

sub6


市場調査メディアHoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
自力で生き抜くために。あなたができることは? 防災・減災啓発ショートムービーを公開
吉本興業のeスポーツ事業「よしもとゲーミング」始動
Amazon「ホワイトデー特集2018」で“これを買っておけば間違いない”ギフトランキングを発表
地図・ナビゲーションサービス「ゼンリンいつもNAVI[マルチ]」で「お花見特集2018」の提供を開始
牛久市と牛久青年所がLINEスタンプを発売





ダイエットシーズン到来!2017年ダイエットの実態を大調査(マクロミル調べ)

1d533a941c59d2370023ffd0da40dffa_s

夏に向けてダイエットを始める人も多いこの季節。今年のダイエットシーズンの実態やトレンドを探るべく、全国の15~59歳男女1,000人にアンケート調査を実施した。

【1】意外と多い!2人に1人が“ダイエッター&ダイエット予備軍”
現在ダイエットをしている人は27.4%、これから夏に向けてダイエットをする予定の人は20.4%で、合計約48%が“ダイエッター&ダイエット予備軍”であることが分かった。ダイエットをする理由は、「健康でいたいから」52%が最多で、次いで「体型維持のため」49%、「スタイルを良くしたいから」44%と続く。

【図】 ダイエット経験率
<ベース:全体 / n=1,000>

sub5


【図】 ダイエットをする理由
<ベース:ダイエットをしている人、この夏に向けてダイエットをする予定の人 / n=478 (複数回答可,トップ10を抜粋)>

sub6


【2】理想は今より何キロ減? 男性7.8kg、女性6.5kg
“ダイエッター&ダイエット予備軍”の理想体重は、現在の体重からマイナス何キロかをたずねた。平均すると、男性はマイナス7.8kg、また女性はマイナス6.5kgで、男女ともに現実体重と理想体重には大きな差があるようだ。

【図】 理想体重は、現在からマイナス何キロか
<ベース:ダイエットをしている人、この夏に向けてダイエットをする予定の人 / n=478>

sub3


【3】引き締めたい部位は、男女ともに「お腹・ウエスト」。男性では他部位を大きく引き離し、ダントツ!
“ダイエッター&ダイエット予備軍”に、体のどこを引き締めたいかたずねたところ、男女ともに1位は「お腹・ウエスト」で、特に男性は他の部位を大きく引き離し、 92%でダントツだった。また女性では、「太もも」「お尻」「二の腕」「ふくらはぎ」を引き締めたい人が、男性よりも3~7倍多いことが分かった。

【図】 ダイエットで引き締めたい部位
<ベース:ダイエットをしている人、この夏に向けてダイエットをする予定の人 / n=478>

sub7


【4】今年のダイエットシーズンは、 “節約ダイエット”が主流? 6割が「お金は掛けない」
今年の夏までに、ダイエットのためにいくらお金を使う予定かたずねたところ、 58%が「お金は掛けない」と回答した。お金を掛ける人でも、「5,000円未満」19%、「5,000~10,000円未満」11%と、安く済まそうと考える人が多いようだ。

【図】 2017年夏に向けたダイエット予算
<ベース:ダイエットをしている人、この夏に向けてダイエットをする予定の人 / n=478>

main


【5】理想体型の有名人ランキング
男性1位「福山雅治」、2位「GACKT」、3位「イチロー」、
女性1位「菜々緒」、2位と3位は“ダブル涼子?”がランクイン!

“ダイエッター&ダイエット予備軍”が理想とする体型の有名人は誰だろうか。男性の理想トップは「福山雅治」、2位「GACKT」、3位「イチロー」だった。女性の理想トップは「菜々緒」、また2位「米倉涼子」、3位「篠原涼子」で、 “ダブル涼子”がランクインした。

【図】 理想体型の有名人ランキング
<ベース:ダイエットをしている人、この夏に向けてダイエットをする予定の人 / n=478 (自由回答,トップ3を抜粋)>

sub4


調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
10周年限定キャラクター登場で「PASMOのミニロボット 探そう!キャンペーン」開催
「大人なガリガリ君マンゴー」を発売
LINE、熊本市と「情報活用に関する連携協定」を締結
「東京ゲームショウ2017」の「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付を開始
どLINE FRIENDS、心斎橋オーパB2Fにポップアップストアを展開






「血管しなやかダイエット」とは?「日本杜仲研究会」の10周年記念メディアセミナー

人間年を重ねるほど、様々なところにガタが来たと感じることが多くなる。何歳になっても健康であり続けるには、やはり、それ相応の努力が必要だ。健康のためにダイエットして痩せたいのになかなか痩せられないという人もいるだろう。2015年7月24日に「日本杜仲研究会」が10周年記念メディアセミナー開催。そこで「血管しなやかダイエット」について説明があった。どういったダイエットなのかについて紹介したい。

続きを読む

健康データ管理を簡単便利に!  オムロンのウェルネスリンク【デジ通】



最新のヘルスケア機器は機器自体にデータの記録機能が搭載されていることが多い。そして、そうやって記録したデータ類はパソコンやスマートフォンにデータを転送し管理きるようになっている。

その中でも最も高度なのが「コンティニュア・ヘルス・アライアンス」という医療機器やサービスを連携ためのアライアンスに対応した機器だ。これはどちらかというと医療関係者向けの機器には対応製品も多いのだが、一般ユーザー用の機器ではほとんど対応製品がないのが実情だ。

そんな中で唯一といっていいのが、一般ユーザーが利用する各ヘルスケア機器を連携できるシステムを用意しているオムロンの製品である。

続きを読む

3か月で10キロ減量! デジタル時代のダイエット術 【デジ通】



筆者は身長170cmで以前は60kg中盤だったが、1年に1kgから2kg程度太り続け、気がつくと80kg程度になってしまった。

これではまずいと言うことで、本格的にダイエットを初めてみた。結果として3か月で10kg程度、その後2か月でさらに5kg程度のスリム化に成功、もう少し絞って60kg程度を目標にしているところだ。

このダイエットを行うのに実際に役に立った最新のデジタル機器や情報を紹介しよう。
続きを読む

万歩計? いえ活動量計です!活動量を“見える化”してダイエットに挑戦【デジ通】

オムロンの活動量計 HJA-307IT


最近の万歩計はかなり進歩している。単に歩数を計測するだけではなく、歩数を基本にして1日の活動量を計測する機器へと進化し、名称も万歩計ではなく“活動量計”となっている。

とはいっても基本は万歩計と同じで振動により歩数を計測する機器だ。こうした機器は各社から販売されており機能の差はある物の、利用者がどれだけ運動したかを計測し、年齢や性別に合わせた活動量をカロリーとして表示する。こうした機器を利用したほうが効率的にダイエットできるのだ。



続きを読む

iPhoneでダイエット!キョリ測(β)がTwitterと連携

iPhone版「キョリ測(β)」

株式会社マピオンは2010年2月4日、同社が運営するiPhone版「キョリ測(β)」において、ミニブログサービス「Twitter」への連携サービスを開始したと発表した。
利用料金は、無料。対応機種は、iPhone 3GS/3G(OS3.0以上の端末に対応)。iPod touchには未対応。

同社は、
「1月25日にiPhone版の『キョリ測(β)』をリリースしたところ、非常に数多くの「Twitter」ユーザの方からの反響やご要望をいただいたことから、iPhone版『キョリ測(β)』で計測した「総移動距離」「トータル時間」「消費カロリー」「コースデータ(キョリ測URL)」を送信(つぶやき)できる機能を急遽開発し公開することとなりました。」と、コメントしている。

■何ができるの?
「キョリ測(β)」は、地図上で作成したルートの距離と消費カロリーを簡単に測定できるサービスとして、健康促進に関心を持つユーザーを中心に、「ウォーキング」や「ジョギング」のコース確認などの用途で、幅広く利用されている。

今回の連携サービスでは、iPhone版「キョリ測(β)」で計測した移動間の軌跡や距離、消費カロリー、地図上のコースデータ(キョリ測URL)を、ミニブログサービス「Twitter」に送信することが可能になった。
ウォーキングやジョギングのほかに、ゴルフコースでのショットの軌跡などにも活用することが可能だ。
iPhone版「キョリ測(β)」

■Twitter連携の方法
キョリ測(β)は、iPhoneのブラウザから「http://www.mapion.co.jp/route/」にアクセスする。
計測中にURLボタンをタップすると、キョリ測URL画面が表示される。

同画面内の「記録・URLをつぶやく」ボタンから、「送信ボタン」をタップすることで「Twitter」へ測定記録やキョリ測URLを送信することができる。
つぶやき内容の編集および、キョリ測URLの公開有無は選択することが可能だ。

「キョリ測(β)」としては、パソコンとモバイルの双方の環境でウォーキング・ジョギング、ロードバイクなどのルートの検討や実際の足取りを共有したり、思い出として残せるように、引き続きサービスの拡充を検討していくとしている。
Twitterとの連携ができる


株式会社マピオン

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■モバイル関連の記事をもっとみる
本物の秘密道具だ!ドラえもんiPhone/iPodアプリ登場
電子ブックリーダーKindleの大きすぎる可能性
ドコモの秘策は成功するか!iPad用SIMカードを販売へ
auが熱すぎる!ガンガン学園でバビョーン!な校則募集

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ