ITライフハック

テレビ

ノジマから滑らかな動きが自慢の4K対応テレビ第2弾が登場

ac80f1b763

ノジマは、自社で企画・販売するプライベートブランド「ELSONIC」より、HDR10に対応した、55インチ/49インチ4K対応テレビを2018年3月末より発売する。販売価格は「ECC-TU49R3」が5万9,800円(税別)、「ECC-TU55R3」が7万9,800円(税別)。なお新生活特価として、予約開始から1か月間、ECC-TU49R3は5万3,800円(税別)、ECC-TU55R3は6万9,800円(税別)で販売する。

昨年11月に発売した第1弾は、想定を超える予約となり完売したことから、今回継続するにあたり、さらにより自然な立体感のある画質を可能にするHDR10を採用した。また、動きを滑らかに写し、フレーム間補正・ぶれ補正技術を新たに搭載した。

大画面テレビでは特に液晶の特性上、動きの速い映像や残像感が目立つことがあるが、フレーム間に映像を作り出すことで、より自然に近い映像として映し出すことができる。また、ぶれ補正を搭載したことにより、よりくっきりとした映像で見ることが可能となった。

録画機能として、レコーダーを繋ぐために必要なHDMI端子を3つ搭載し、また外付けUSBハードディスクにも対応している。ハブを使用することで、複数台を同時につなげて使用することができる。

大画面でゲームを楽しむ人向けに、ゲームモード搭載に加え、ゲーム用以外の画質設定でも低遅延が必要な場合は設定で低遅延モードにすることができるようになった。

昨年末に発売したステンレス風のハンサム家電、洗濯機・冷蔵庫・オーブンレンジに合わせ、ECC-TU49R3は、フレームの下部をステンレス風のデザインにしている。

また、ECC-TU55R3は前回のモデルに比べ、13mmボディをスリムにしたことで、壁掛けで使用する人にもおすすめのモデルとなっている。

ECC-TU49R3
ECC-TU55R3

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
シンプルで奥深いあのシューティングゲーム再来!カシオが80年代に一世を風靡したゲーム電卓を復活!
テスプロ、次世代AI音声翻訳機「Mayumi」を発売
24bit デュアルDAC搭載 aptX HD対応フルバランスワイヤレスアンプ「EarStudio」の展示を開始
ノジマ、ハイレゾ音源対応でメモリを内蔵するワイヤレスヘッドホンを発売
伝説の名器「TR-808」の音色を精密に再現。ライブ・パフォーマンスでも活躍する最新型リズムマシンが登場






大型テレビを3D空間に設置でき、目線にあった高さでテレビを見られる「どこでも壁掛け風テレビスタンド『つっぱりTVポール』」

2_000000003008

サンコーは、「どこでも壁掛け風テレビスタンド『つっぱりTVポール』」を2018年2月13日より発売する。価格は19,800円(税込)。

本製品は、壁に穴を開けずに壁掛けテレビのように設置できるポール型テレビスタンド。設置は天井の高さにポールを伸ばして設置し、テレビを固定するだけ。設置可能高さは210~380cm。対荷重25kg。32~55インチ対応。ポールの上下にゴムキャップがあり、設置時に床や天井を傷から守ってくれる。

設置後もレバーを解除すれば、好みの高さに調整が可能。テレビ台が不要なので、スペースを有効活用でき、掃除もラクラク。テレビの高さが合わず、猫背になっていたり、上を向きすぎて首が疲れたりということもないだろう。ちょっとしたスペースにテレビを設置できるようになるので便利だ。

■製品仕様
・サイズ/幅520×奥行き120×高さ2100(mm)
・重量/5560g
・設置可能範囲/天井と床の間2100-3800mm
・対応テレビサイズ/32-55インチ
・耐荷重/25kg
・対応VESA/200×200、300×300、400×200、400×400
・保証期間/12か月


3_000000003008

8_000000003008


どこでも壁掛け風テレビスタンド「つっぱりTVポール」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
干した洗濯物が自動で360度回転!「360度ソーラー回転ハンガー『くるくるカラりん』」
「プレイステーション4 Pro」、「グレイシャー・ホワイト」を2018年3月8日(木)より数量限定発売
ボイスレコーダーにもなるポケットサイズのフルHD小型カメラ「レンズが回転するポケットカメラ『マワッ撮る』」
LIXILとローランドが「音」にこだわったトイレ用音響装置を共同開
パナソニック、ノイズキャンセリング搭載でハイレゾ対応のワイヤレスステレオヘッドホンを発売





パナソニック、ビエラ「E300シリーズ」3機種を発売

l-jn170510-4-1

パナソニックは、ダブルチューナー搭載で、USBハードディスクに裏番組録画ができる液晶テレビ「ビエラ」E300シリーズ3機種(49V型、43V型、32V型)を2017年6月16日より発売する。

現在テレビ市場では、住環境やライフスタイルの多様化に伴う視聴スタイルの変化により、「家族がそれぞれの部屋で好きな番組を見たい」「リビングのレコーダーなどに録画した番組を自分の部屋で見たい」といったニーズが高まっていると同社。

本シリーズは、別売のUSBハードディスクに録画した番組を簡単に楽しむことができる。加えて2チューナー内蔵なので、裏番組録画にも対応。さらに、「お部屋ジャンプリンク機能」にも対応し、別の部屋のディーガやビエラ(サーバ機能搭載)に接続したUSBハードディスクに録画した番組も簡単に楽しむことができる。

また、視野角が広く斜めから見てもキレイな「IPS液晶パネル」を搭載している。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
HDMI、コンポジット入力対応の「バッテリー内蔵10インチマルチメディアモニター」
Bluetooth接続でスポーツ仕様のヘッドホン一体型ウォークマン「WS620」シリーズを発売
Nintendo SwitchのJoy-Conだけを充電できるスタンド
ソニーがプロデュースする「Life Space Collection表参道」」が期間限定でオープン
テーブルモードで遊ぶ時や充電台としてもう1台自分の部屋に置けるNintendo Switch用充電スタンド






インターネットテレビ局「AbemaTV」が縦画面での視聴に対応

13556_ext_10_0_L

無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV」は、2017年4月3日(月)より、利便性を高める機能の拡充として、これまでの横画面での視聴に加えて、縦画面での視聴に対応いする。

「AbemaTV」では開局当初より、テレビのチャンネルをザッピングするような感覚で利用できるよう、横画面での視聴を前提に、横スワイプでシームレスに操作できるUI設計でサービスを提供してきた。縦画面での視聴にも対応することで、スマートフォンを縦に持ったまま、より気軽に視聴や操作をできるようになる。さらに、画面上で、同チャンネルの放送予定番組を確認できるようになるほか、番組へのコメント投稿やコメント閲覧、番組表の確認もしやすくなるなど、よりサービスを便利に使えるようになる。

また、「AbemaTV」では2016年12月より、バックグランド再生の機能を実装しており、本機能を利用することで、アプリを立ち上げながら別のアプリを利用したり、スマートフォンを閉じた状態でも、音声だけで番組を楽むことが可能なため、通勤、通学などの移動中やちょっとした隙間の時間での利用がしやすくなるなど、サービス利用シーンが広がることが期待される。なお、誤ってバックグラウンドで再生し続け、意図せず通信量を発生させることを避けるため、バックグラウンド再生を一度に利用できるのは3時間に設定されている。

なお、「AbemaTV」では、本開局から1周年を迎えることを記念して、2017年4月8日(土)から5月7日(日)までの約1か月間にわたり、毎日、オリジナル特番の放送やアニメ、スポーツ、音楽など豪華ラインナップでのスペシャルプログラムの放送を予定している。さらに、4月10日(月)からは7日間にわたって、「AbemaTV 1st ANNIVERSARY LIVE」と題しEX THEATER ROPPONGI(EXシアター六本木)にて、スペシャルライブも開催する。

©AbemaTV

AbemaTV

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
2017年度も石原さとみさんが出演! 東京メトロ「Find my Tokyo.」の新CMを発表
どこでも眠れるあなたにぴったりな快眠姿勢が見つかるトラベルピローを発売
位置ゲーム「駅メモ!」のカメラアプリが登場
定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」を実施
Yahoo! JAPAN、「Yahoo!検索」で“音”を検索できる新機能「♪(おんぷ)検索」を開始

AbemaTV
AbemaTV,Inc.
2017-03-30

DAZN
DAZN
2017-03-09

Netflix
Netflix, Inc
2017-03-15



小学生から70歳までの音声認識率、実に98.3%!リモコンに話しかけるだけで操作できるソニーのブラビア

sony

ソニーのブラビア プロモーションサイトは、Android TV機能を搭載しているブラビアの音声検索機能について、その音声認識精度調査を行った結果を公開した。

ブラビアには、多彩なコンテンツを快適に楽しむために、2015年から Android TV機能を搭載している。これにより、テレビ放送や録画番組だけでなく、YouTubeや Huluといったインターネット動画サービスも含め、膨大な量のコンテンツをテレビで視聴できる。こうしたコンテンツはなかなか検索が難しいため、見たいコンテンツをすぐに探し出せるよう、テレビのリモコンに話しかけるだけで検索できる音声検索機能を搭載している。

また、ブラビアを使っているユーザーにおける、テレビのネット接続率は 64.4%(2016 年11月現在。ソニー調べ。対象モデル:2016 年発売 Android TV 機能搭載ブラビア)と非常に高く、ネットに接続して、音声検索機能を含めた様々な機能が利用されていることが分かった。

今回の調査では、ブラビアでの音声検索がどれくらいの精度で認識されるのか、イントネーション・話し方に違いのある小学生から70歳代までの56人に、実際にブラビアの音声検索を使用してもらい、音声認識精度を調べた。

その結果、小学生から70歳代までの男女56人が同じ35ワードを発声した結果 認識率 98.3%と、誰でもスムーズに音声検索操作が可能であったことが判明。

発生音量に個人差はあったが、音量による誤認識はなかった(52db~79db)。発音が不明瞭になる傾向がある小学生でも、音声認識率は 95.7%だった。

■世代別での音声検索認識率
正しく認識しないケースとしては、読み方がゆっくりで単語と単語の間が空きすぎる場合に、全て話し終える前に検索が始まってしまうケース、また語尾の発声が不明瞭な場合に、誤認識してしまうケースがあった。

その他、わざと言い間違えた発声や、方言で話す人(関西4名、九州・博多4名、東北3名の計11名)に各地域の方言で発声してもらうテストも実施した。

・わざと言い間違えて発声した例
「きんぴらごぼう」を「ちんぴらごぼう」と発声しても、すべての人で「きんぴらごぼう」と検索された。

・方言で話し言葉が違うケースでも正常な結果に
博多出身の方が「今日雨降ると?」と発声しても検索結果に当日の天気が表示された。関西出身の方が「めっちゃ可愛い動画見して」と発声しても動物の動画が表示された。

放送や録画番組に加え、さまざまな動画配信サービスも増加する中で、ブラビアの音声検索機能は、高い精度で音声を認識するとともに、コンテンツを横断的に検索できるため、見たいものにいち早くたどり着くことを可能にしたことが分かった。

Android TV機能搭載ブラビア「音声検索精度調査」ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「FINAL FANTASY XV」とコラボレーションしたハイレゾ対応ウォークマン、ヘッドホン、スピーカーが登場
京商、「DRONE RACER」を発売
ソニー、ウィンタースポーツ中に快適に会話できるヘルメットマウントワイヤレスヘッドセット「NYSNO-10」発売
ローランド、インターネット生放送向けオーディオ・インターフェイスを発売
ソニーの「wena wrist」からコラボモデル「wena × beams」登場




パーソナライズされ、より便利に進化したRoviの番組表検索機能【デジ通】

日本でGガイドを提供している企業名をご存じだろうか。正解はRoviという会社名なのだが、同社はテレビ番組の番組情報のような、コンテンツに関するソリューションをBtoBベースで展開している。Gガイドは知っていても一般ユーザーにはなじみはあまりないだろう。

企業名は知らなくても、液晶テレビの番組表などで多くのユーザーが同社の技術を利用している。このRoviでは、日々増加するコンテンツのレコメンドシステムを年々強化しており、ラスベガスで行われた展示会のCES 2015でも最新のシステムを展示していたので紹介したい。

続きを読む

ネット動画をテレビで手軽に楽しめるGoogleのChromecast【デジ通】

GoogleのChromecastがようやく日本で発売された。アメリカに遅れること半年である。ChromecastはHDMI出力を持っておりHDMI入力が可能なテレビやディスプレイに接続して、ネット上の各種コンテンツを視聴するためのデバイスだ。単体だけでは機能せず、パソコンやスマートフォン、タブレットと連携させる必要がある。価格は4,200円(税別)で、Google Play経由やAmazon、一部家電量販店で販売される。

続きを読む

考えるだけで見たいテレビが表示される? 未来のテレビ番組表に迫る【デジ通】



先日紹介したように、Roviは映画などの各種コンテンツのメタデータを持つ会社で、関連した技術を開発している。同社のデータや技術は、テレビやその関連メーカーに提供され、この技術を採用した会社の製品であればRoviの各種サービスが利用できる。

ここ1~2年でタブレットやスマートフォンが急速に普及したことで、その流れに乗り同社もスマホ関連の技術を強化している。テレビ番組表の基本的な意味は、テレビ番組をどう選ぶかということだ。現在は番組を選ぶのは最終的にユーザーの手にゆだねられているが、そのようなことが必要なくなる将来の技術についてもデモしていた。


続きを読む

G-GUIDEのテレビ番組表がHTML 5ベースのものへ進化【デジ通】



Roviという企業の業務内容を知っている人はそう多くないだろう。同社はテレビ番組や動画など各種メディアのメタデータを持つ会社だ。日本でもG-GUIDE番組で多くのテレビなどに向けて、番組情報などを配信しているので同社のサービスは身近ながら認知度の遠い企業と言える。そのRoviがラスベガスで行われたCESにあわせて最新の技術を紹介した。

最新の番組表はHTML 5ベースで表示されており、新しい情報などに書き換える際にも簡単に対応できる。動画配信は4Kがどうなるかまだわからないなど、未知の部分も多いが、番組表に関してだけは今後の変化に柔軟に対応できるようになっているようだ。


続きを読む

4Kその先へ、湾曲TVや平面画面との切り替え式までCESで見かけた次世代テレビ【デジ通】



CES 2014では、各社が当然のように4Kテレビを展示しており、4Kテレビが当たり前になっていることが実感できた。そうした中で、画質などに特徴的な製品を各社が展示しているが、特に目立ったのが湾曲させたテレビだ。

ブラウン管時代は若干の丸みがあり、凹凸レンズ状に例えるとブラウン管では凸レンズのようになっていた画面の表面部分が液晶ではフラットな平面になったテレビだが、次世代ではフラットから視聴者側に湾曲させ凹レンズのようになるというのがトレンドになりそうだ。凹レンズ状に湾曲させることの利点は、両端がより視聴者に近くなるなど、大画面がより活かせるようになる。

続きを読む

スマホやタブレットで外出先でテレビ番組を視聴する方法まとめ【デジ通】

ソフトバンクのエリアフリー録画対応デジタルTVチューナー


これまでスマホやタブレットを使い外出先でテレビを視聴する環境について説明してきた。テレビ視聴のいちばん簡単な方法の基本はワンセグ機能を搭載したスマートフォンだ。それにインターネットによるストリーミング視聴、そのストリーミングも有料サービスを使うか、自前でストリーミング環境を構築するといった方法があった。再確認という意味も含め年末・年始に外出先でテレビ視聴するための方法をまとめておくので参考にしてほしい。

続きを読む

外国製品と日本製品で異なるテレビ番組のストリーミング配信機能【デジ通】

Slingbox 350


これまで外出先でスマートフォンやタブレットを使ってテレビ番組を視聴する方法などを紹介してきた。やはりスマホなどでテレビ番組視聴の基本はワンセグだ。ただし、ワンセグがなくても様々な方法でテレビ番組は視聴できるようになっていることを説明してきたかと思う。

国内家電メーカーなどは、先日紹介した「DTCP-IP」や「DTCP+」などの仕組みの中で対応製品を提供している。海外企業を中心に、国内メーカーとは違う方法で外出先でテレビ番組などを視聴できるような仕組みを提供している製品もある。こちらのほうは専用アプリなどが必要になるが機器を選ばず比較的自由度が高い。

続きを読む

DTCP+ってなんだ? 自宅で録画した番組をストリーミング視聴【デジ通】

DTCP+で録画番組をストリーミング配信できるバッファローのLS410DX


自宅で録画したテレビ番組をスマートフォンやタブレットで視聴するには、自宅のネットワーク内でストリーミング視聴するか、録画した番組をスマートフォンなどにコピーすることが必要だった。

外出先で視聴するためには、自宅で事前にPCや端末のローカルストレージにコピーしておく必要があった。2013年に「DTCP+」という新しい仕組みが導入され、自宅で録画したテレビ番組を外出先からネット経由で直接視聴できる機器が登場した。

続きを読む

DTCP-IP対応機器と対応アプリがあればテレビ番組をスマホやタブレットで視聴できる【デジ通】

iOSやAndroidに対応するDTCP-IPアプリのTwonky Beam


スマートフォンやタブレットでテレビ番組を視聴するためにはいくつかの方法がある。先日紹介したワンセグやフルセグは、テレビ機能そのものなので、電波さえ受信できればいつでもどこでも視聴できる。ただし、電波が来ていることという条件は必須だ。電波の到達・不達に関係なく視聴できるのが、録画した番組を動画に落としてスマートフォンやタブレットにコピーして視聴する方法だ。

そして最近販売されたブルーレイレコーダーなどの録画機器は、DLNAやDTCP-IPに対応している。テレビ番組は著作権保護がかかっているが、DTCP-IP対応アプリを利用すれば、こうした機器にアクセスして録画したテレビ番組を、スマホやタブレットを使って手軽に視聴できるようになっている。


続きを読む

外付けでも良いのでは? スマホ搭載のワンセグ視聴機能ってホントに必要か?【デジ通】

アイオーデータのiPhone、Android対応ワンセグチューナー「SEG CLIP mobile」


スマートフォンの普及が始まった頃、ガラケーには当たり前のように搭載されていたワンセグチューナーなどの日本向けの独自機能がないことが指摘されたりしていた。しかし、最近では国内メーカーのAndroidスマートフォンを中心として、ワンセグチューナーが搭載されることは珍しくなくなった。

また、外付けのチューナーなども登場し、多くの携帯端末で直接テレビを受信できるようになっている。タブレットの中には、フルセグを搭載するモデルまで登場してきた。iPhoneのようにグローバル仕様になっているスマートフォンはワンセグ自体が搭載されていない製品もあるにはある。視聴する機会があるのかどうかといった部分はあるが、せっかく搭載されているのだから使わない手はないとも思う。そこでスマートフォンにワンセグ機能は必要かについて考えてみたい。




続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ