ITライフハック

ディファレント

無料回収から100円買取りへ 今度はどんなPCも100円で買い取ってくれる新サービス



以前、「いらないPC無料で回収! 不要パソコン、全国どこからでも無料回収サービス」で紹介したように個人情報の保護や漏えいを防いだり、企業の重要データーの完全消去といったことを考えると、壊れたりスペックが古くなったり、償却期間が終わったといった理由で処分が必要になったPCを廃棄するのが、かなり面倒になりつつある。

燃えないゴミの日に外に出しておいたら、勝手に持って行ってくれるような市区町村に住んでいればいいがリサイクル法絡みで市区町村によっては、処分用のステッカー(3千円+消費税=3,150円)を購入して、それを貼り付け、指定した部署に電話で連絡して回収に来てもらう必要がある。


続きを読む

いらないPC無料で回収! 不要パソコン、全国どこからでも無料回収サービス



PC購入時にPCリサイクルのマークが貼ってあるのであれば購入したお店に持っていくことで無償で回収してもらえるが、それに気が付かないでシールをはがしてしまった人、元々中古でPCを購入したため、こういったパソコンリサイクル対象から外れてしまっているようなケース、さらに押し入れや物置にしまったままで何年も経ってしまったようなPCなどもあるだろう。PCリサイクルによる無償回収の対象ではない機器の処分には、3~4,000円程度のけっこうなお金がかかってしまう。個人なら1台くらいだろうが、企業で複数台あるとなると、3,000円だったとしても20台あれば60,000円だ。結構以上な金額になってしまう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ