ITライフハック

デジカメ

10段階の明るさ調節や16色の色合い変更ができ広範囲を照らせる撮影用LEDリングライト

463370-a

上海問屋は、16色プラス明るさ調整が可能な撮影用LEDリングライトを発売した。価格は2,590円(税別)。

■120灯のLEDで広範囲を明るく
本製品は、120灯のLEDで被写体を広範囲に明るく照らしてくれる、リング型の撮影用補助ライト。電源を入れるとライトが常時点灯し、写真の仕上がりをイメージしながらの撮影が可能だ。

リモコンによる調光機能が充実しており、10段階で明るさ調節を行えるほか16色でLEDの色合い変更が可能。また4通りのパターンでLEDを点滅させることができ、一風変わった動画の撮影やイルミネーション用のライトとしても使える。

電源はUSB(5V/2A)。スマホ用のUSB充電器やモバイルバッテリーなどがあれば、場所を選ばずどこでも使用できる。

■製品仕様
電源・・・・・・・LEDライト USB(5V/2A)
リモコン(電池付属:CR2025ボタン電池×1個)
明るさ・・・・・・2400~3000LM※リモコンでカラー(16色)&明るさ調節可能
LED発光色・・・・16色
ネジ穴サイズ・・・1/4インチ
商品サイズ・・・・約26cm(直径) × 約1.6cm(厚み) ※突起部除く
重さ・・・・・・・約310g
材質・・・・・・・プラ、メタル
対応スマホ・・・・幅約6cm~約9cm程度のサイズ
内容物・・・・・・リングライト本体、雲台(リングライトに取り付け済み)、スマホホルダー、リモコン


463370-9


16色&明るさ調節対応 撮影用LEDリングライト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
使い方自由自在!単体で持ち歩くよりもモバイルバッテリーをより便利に活用できるケース「DN-915930」

その重量約1.36㎏!タッチ操作時もぐらつかない安定性抜群なアルミ合金製のタブレットスタンド
ヘッドフォンをカッコよくシャレオツに見せつつ収納できるアルミ合金製のクランプ固定式ヘッドフォンスタンド「DN-915947」
煙が目にしみないんだぜ!はんだ付けの煙で目がしみないようにしてくれる「コンパクト吸煙器」
先手必勝の自己防衛!読み取られてからじゃ遅い!キャッシュレス時代の必需品スキミング防止機能つきカードケース






レンズキャップの紛失を防げるカメラストラップに取り付けるレンズキャップ用クリップ「CAPNiP」がmachi-yaでのクラウドファンディングを開始

capnip_03

GLOBAL・DCは、2020年1月21日12:00より「BONZACCE CAPNiP(ボンザクセ キャップニップ)」のmachi-yaでのクラウドファンディングを開始した。

■カメラ好きにはちょっと便利なグッズ
CAPNiPはカメラストラップに取り付けるレンズキャップ用クリップ。カメラの一番近い場所にレンズキャップを挟んでおくことで、撮影後に「どこにレンズキャップをしまったのか」と慌てることがなくなるだろう。

シンプルながら確かな存在感と高級感を持ち合わせたクリップの上部パーツは装着時にレンズキャップの“円”と幾何学的な美しい重なりを見せてくれる。

手触りは樹脂成型ながらブラックのラバー塗装を施すことで落ち着きのある質感。ブラッシュ仕上げのアルミプレートはブラックとシルバーでラインナップ。ハイエンドカメラやヴィンテージカメラと合わせても違和感のない佇まいを演出する。

キャップを挟む突起部分は約30mm×10mmで大型のレンズキャップもしっかりホールド。ストラップ通し穴は44mm幅で幅広のカメラストラップにも対応するほか、カメラバッグ等にも取り付け可能だ。

CAPNiPはレンズキャップを「挟む」と同時に下部の突起がキャップの裏側に「ひっかかる」ことでより安定したホールド性を保持している。

■製品仕様
・サイズ      :上部パーツ:57×57 mm
           下部パーツ:55×55 mm
・重量       :24g
・対応ストラップ幅 :~43mm
・対応レンズキャップ:φ40mm以上推奨
・素材       :樹脂、アルミ
・生産国      :中国
・開発・販売    :日本


capnip_bk_front


製品ページ
クラウドファンディング machi-yaページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
1月末までの特別価格!JAPANNEXTから税込みで3万円を切る4K HDMI2.0 USB-C Freesync 28型ワイド液晶モニター 「JN-T284CUHDR」
周囲の影を消し瞳にキャッチライトの映り込ませができ、しかも折りたためる人物撮影用ディフューザー「影スッキリフラッシュ」
面倒なジャッキアップがボタン操作後約1分で完了する!電動モーター搭載の機械式パンダグラフジャッキ「シガーソケット電動ジャッキ」
ソニーαシリーズと組み合わせて最強の撮影環境を実現!ワイヤレスリモートコマンダー機能付きシューティンググリップ「GP-VPT2BT」
ソニーのスマートウォッチ「wena wrist」シリーズにSEIKO「BRIGHTZ」とコラボした特別モデルが登場






親指サイズのアクションカムで知られるInsta360から小型モジュール式のアクションカメラ「Insta360 ONE R」シリーズ3モデルが登場

One R 4K Wide Angle Build - frontview

アスクは、Shenzhen Arashi Visionが展開するカメラブランド「Insta360」製の小型アクションカメラ「Insta360 ONE R Twin Edition」、「Insta360 ONE R 1-Inch Edition」、「Insta360 ONE R 4K Edition」の3製品を2020年1月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はInsta360 ONE R Twin Editionが5万9,400円、Insta360 ONE R 1-Inch Editionが6万8,200円、Insta360 ONE R 4K Editionが3万9,600円(いずれも税込)。

■モジュールを組み合わせるユニークな形式を採用
「Insta360 ONE R」シリーズは、バッテリーベース、タッチスクリーンを備えたコアモジュール、レンズモジュールで構成されたモジュール式のアクションカメラ。さまざまな撮影シーンに対応する3つのレンズモジュールをラインナップしており、360度レンズモジュールと4K広角レンズモジュールを同封した「Insta360 ONE R Twin Edition」、4K広角レンズモジュールを同封した「Insta360 ONE R 4K Edition」のほか、Leica社共同開発のレンズを搭載する1インチ広角レンズモジュールを同封した「Insta360 ONE R 1-Inch Edition」の計3製品がラインアップされている。

また、滑らかなビデオキャプチャを実現する6軸ジャイロスコープとFlowState技術に加え、IPX8防水規格に準拠しており、水深5mまで対応。さらに、AIアルゴリズムによる被写体の自動追跡機能や自動編集機能、色彩鮮やかなHDR撮影モード、ナイトショットモードを備えるほか、タッチスクリーンで撮影した映像を直接編集し、編集後にWi-Fi経由でファイル転送することも可能だ。

Insta360 ONE R 1-Inch Edition- Frontview

One R Dual-Lens 360 Build - backview


Insta360 ONE R

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook
デジタル家電に関連した記事を読む
一度に歯の表と裏側の両側を磨けちゃうので2倍便利な倍磨きできる電動歯ブラシ!その名も「デュアルクリーン」
動画はフルHD、静止画16Mとオモチャの域を超えたのキッズデジカメ!Oaxis JapanからLEDフラッシュ付きのキッズ向けデジタルカメラ「myFirst Camera III」を発売
真冬の屋外作業や自転車&バイクツーリングなどにおススメで大柄な体型でも着られるフリーサイズ!ヒーター内蔵の「USBぽかぽか電熱インナーベスト」
令和二年をおめでたく迎えることができる腕時計!カシオから招き猫をモチーフにした幸福を呼ぶ”G-SHOCK”が登場
人感センサーが反応しセットしたフレーズや好きな音声を再生!繰り返し勉強にも使える「人感センサー付きおしゃべりスピーカー」





プラネックス、磁力でカメラをピタッと設置できるカメラ用マグネットスタンドを発売

cam-st02

プラネックスコミュニケーションズは、内蔵の磁石で固定するカメラ用マグネットスタンド「CAM-ST02」を2017年10月16日より発売する。

カメラ取り付け用のネジは一般的なカメラ用の三脚ネジと同じ径なので、同社ネットワークカメラ「スマカメ」に限らずデジタルカメラ、アクションカメラといった様々な機器の取り付けに利用可能だ。

cam-st02_02


製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
GARMINのドラレコGDR シリーズから最新モデル「GDR W180」が登場
音が聴覚へダイレクトに届いてピュアな音質を楽しめる、ハイレゾ音源の再生にも対応したカナル型ヤマハイヤホン
JAPANNEXT、QHD 2,560×1,440ドット 60HzIPS-AHVAパネル 24型液晶ディスプレイ「JN-IPS240QHD」発表
JAPANNEXT、32型WQHD60Hz IPSパネル液晶ディスプレイ「JN-IPS3200WQHD」の特価セールを実施
オーディオデータからピアノ用譜面を自動作成するヤマハクラビノーバ「CSPシリーズ」




全世界2000台限定!リコー、35mmフルサイズデジタル一眼レフ「PENTAX K-1 Limited Silver」発売へ

リコー「PENTAX K-1 Limited Silver」

株式会社リコーは、全世界2,000台限定で、最高級デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」に特別なシルバーカラーを塗装した「PENTAX K-1 Limited Silver」を2017年9月15日より発売すると発表した。価格は、オープンプライス。

■Kシリーズデジタル一眼レフカメラの最上位機
「PENTAX K-1」(2016年4月発売)は、35.9mm×24.0mmの大型・高性能CMOSイメージセンサーを採用し、超高精細な約3640万画素の有効画素数と優れた階調再現性や高感度性能を実現した、同社Kシリーズデジタル一眼レフカメラの最上位機だ。

今回発売する限定モデルは、多くのユーザーからの要望に応え、カメラ本体とバッテリーグリップに高級感あるシルバー塗装を施すことで、シルバーカラーのFAリミテッドレンズとのマッチングを高めている。加えて、ロゴ入りの限定メタルホットシューカバーを付属するなど、細部までこだわった特別仕様のモデルとなっている。

「PENTAX K-1 Limited Silver」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
サンコー、洗えないところを洗える水洗い掃除機「ウォッシャブルクリーナー」を発売
日本エイサー、自宅でシアター気分が味わえる48.5型4Kディスプレイを発売
ちょっと聞こえづらいがコレで解決 耳が疲れにくくクリアな音で聞こえる「ヘッドフォン型骨伝導集音器」
充電式で持ち運べる!ミニ扇風機付きLEDスタンドライト「LED FAN」
工事不要ですぐに使えるモーションセンサー搭載の超小型防犯カメラ






スマホを手に持たずに自分目線でそのまま撮影できる。首から下げる自分目線撮りスマホホルダー

1_000000002760

サンコーは、首から下げる自分目線撮りスマホホルダー「SMANECK」を2017年3月21日より発売する。価格は1,280円(税込)。

本製品は、スマホを手に持たずに自分目線でそのまま撮影できる、首かけタイプのスマホネックホルダー。
ネックアームが付いたホルダーにスマートフォンをセットして、角度調節。あとは、ネックアームを首にかけるだけの簡単セッティング。ハンズフリーで手軽に何かをしながら自分視点に近い映像が撮影できる。

料理やDIY、旅行、街歩き、子供など、普段の目線で気軽にスマートフォンで動画撮影が可能。また、反転して画面を相手に見せることもできるので様々な活用が可能だ。カラーは、ブラックとホワイトの2色。

■製品仕様
・サイズ/幅145×奥行き28×高さ190(mm)
・重量/44g
・対応首まわり/約430mm(広げると約580mm)
・対応スマートフォンサイズ/幅80mm、厚み12mm程度まで
・内容品/本体、日本語取扱い説明書
・保証期間/6か月


9_000000002760


首から下げる自分目線撮りスマホホルダー「SMANECK」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
麻布十番商店街でFree Wi-Fiサービスの提供を開始
LINEモバイル、女優・のんを起用したTVCM「愛と革新。LINE MOBILE」を公開
ソフトバンク、下り最大612Mbpsに対応するモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 601HW」を発売
国立市。NTT東およびNTTBPと国立市で「Kunitachi Free Wi-Fi」のサービスを開始
東芝、プロ仕様のUHS-II対応SDメモリカードの新シリーズを発売




「写真のプリント」や「アルバム制作」はなくなりつつあるのか!? アスカネット調べ

31e4d7f4a0885fb45cd570659e1f757b_s

フォトブックサービス「MyBook(マイブック)」を展開するアスカネットは、「子どものアルバム」について、小学生の子どもを持つ親361名を対象にアンケート調査を行い、調査結果を発表した。

スマートフォンやデジタルカメラなどを使い、“データ”で写真を残すことが増えてきた昨今。フィルムカメラで写真を撮っていた一昔前に比べ、「写真をプリントする」そして「プリントした写真をアルバム」にするという機会が減っていても不思議ではない。ということは、今の子どもたちはアルバムを作ってもらうことも少ないのでは……? 今回は、そんな疑問を検証することが目的となっている。

■撮った写真をプリントする人は約7割

フィルムカメラの使用率は、わずか3.9%と低い数字。やはりほとんどの人が、写真をデータで保存しているようだ。ただしそんな中でも写真をプリントすることが「よくある」と答えた方は23.5%、「たまにある」と答えた方は44.0%という結果に。現像が当たり前だったフィルム時代とは比べられないが、撮った写真を形に残したいという方は、今でも少なくないようだ。

01


■1年に1冊以上子どものアルバムをつくる方は3割弱

前の質問でアルバムを作ることが「ほとんどない」と答えた人が半数を超えたこともあり、こちらの質問でもやはり「5年以上作っていない」という人が53.7%になった。ちなみに、親御さんの自分の子どもの頃のアルバムの数は「1~3冊」が最も多いという結果に。今の子どもたちのアルバムの数は、やはりこれよりも少なくなっているのだろうか。

02


■意外や意外!子どものアルバムの数は減っていない!


意外だが、親の時代に比べても、今の子どもたちのアルバムの数が少ないということはないという結果に。「2~5冊」と複数作っていると答えた人が最も多く(56.3%)、「10冊以上」と答えた方も20%を超えた。そしてお子さんのアルバムは「1~3歳」に撮られたものが最も多く、6歳を超えると作られることが減ってくる傾向にあるようだ。

03


■子どもの頃はどんな顔? アルバムを見てみたい有名人1位は綾瀬はるか

子どもの頃のアルバムを見てみたい有名人1位に選ばれたのは綾瀬はるかさんに。男女共に高感度の高い綾瀬さん、小さい頃はどんな表情をしていたのだろうか。そして2位と3位にバラエティ番組でお馴染みのマツコ・デラックスさんとタモリさん、4位にはテレビドラマ「逃げ恥」が大きな話題となった新垣結衣さんがランクインした。

04


アスカネット

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
東日本大震災からまもなく6年。防災意識と備えの実態を調査。マクロミル調べ
「JAEPO×闘会議2017」の来場者数は6万8000人
闘会議2017にリアル「ポケストップ」が出現!ピカチュウも登場
今年も闘会議でレトロゲームエリアを設置。巨大ファミコンコントローラーもあるよ






運転手さん目線でオモチャの街を楽しめるおもちゃ用Wi-Fiカメラ

22952_TPFTyNGyGD

上海問屋は、電車や車のおもちゃに取付けて、スマホで録画や写真撮影操作ができる、おもちゃ用Wi-Fiカメラの販売を開始した。価格は6,480円(税込)。

本製品は、電車や車のおもちゃにカメラを取付けて、運転手さん気分を味わえる「コミカム おもちゃ用 Wi-Fiカメラ」。小型でかさばらない、リーズナブルなアクションカメラをコンセプトにした商品となっている。

「電車のおもちゃにカメラを付けたら面白いよね」。この一言から商品開発が始まったという。アイディアから完全自社開発の商品。商品名にも強い想いを込めたという。コミカムの「コミ」は「コミカル・コミュニケーション」。この商品を使って撮影した楽しさと歓びを、ご家庭やご友人と共有して頂きたいという想いを込めて命名した。

これまで走らせて遊ぶだけだったおもちゃが、コミカムを取付けることで、運転手さん目線の迫力ある映像を楽しむことができる。取り付け方は簡単。付属の固定用面ファスナーでつけたい玩具に取り付けるだけ。専用のアプリをスマホにインストールすれば、走行中の映像を見たり、録画や写真撮影の操作もできる。また録画した動画は、スマホにダウンロードして鑑賞可能だ。

特徴的なその形は、電車のおもちゃに取り付けた時に、より低い視点で撮影できたほうが臨場感があるのでは、そしてよりスリムに設計することでトンネルをくぐりたい。ただそれだけのために、このような形にしたそうだ。それでも一部トンネルや鉄橋は潜れない場合もありるので注意しよう。

また、マグネット固定式の三脚ネジを取付け可能。三脚に固定すれば「赤ちゃんモニター」や「ペットモニター」としても使用できる(WiFiに接続して、モニターのみの動作時間は約40分)。約2時間の充電で、約70分の録画が可能だ(WiFi使用時は約30分)。

■製品仕様
受像素子・・・・・・・・・・CMOSセンサー
画角・・・・・・・・・・・・120度 (対角)
動画撮影解像度・・・・・・・1280×720 (HD)
動画フレームレート・・・・・30fps (HD)
静止画解像度・・・・・・・・500万画素 (最大)
記録形式・・・・・・・・・・動画:MOV(H.264)、静止画:jpg
使用可能メモリーカード・・・マイクロSD/SDHC/SDXC/メモリーカード(Class10以上推奨)※最大64GBまで
WiFi・・・・・・・・・・・・IEEE802.11b/g/n
電源(カメラ本体)・・・・・・リチウムイオン充電式電池 (400mAh)
録画可能時間 (満充電)・・・ 約70分(WiFi使用時約30分) / 充電方式microUSB
充電時間・・・・・・・・・・約2時間
色・・・・・・・・・・・・・グレー
外形寸法・・・・・・・・・・78.62(縦)×23.5(横)×14.5(高さ)mm (突起物を除く)
質量・・・・・・・・・・・・約25g
動作時環境条件・・・・・・・0?40度
付属品・・・・・・・・・・・ゴムバンド、固定用面ファスナー、USBケーブル、三脚穴固定パーツ、ユーザーズマニュアル
製品保証・・・・・・・・・・購入後 6か月間


22952_JZKCZoZrtF

22952_idoOpIXMny


DN-914034 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
モバイル用キーボード選びの外せないポイントを全て投入したというBluetooth接続二つ折キーボード
これ1つでお出かけOK。カード収納つきの女性に人気なiPhone7/iPhone7 Plus用スマホケース
あらゆる形になるスマホ・コンデジ・タブレットスタンド
スケルトンのビッグフェイスな腕時計を自作しよう
低中域~高音域まで忠実に再現するハイレゾ対応のカナル型イヤホン






「1秒を切り取る」新しい画像アプリ「ポラロイド・スイング」

main

ポラロイド・スイングは2016年12月15日、Apple JapanのApp Storeでモバイルアプリ「ポラロイド・スイング」を公開すると発表した。

ポラロイド・スイングは、ポラロイドブランドとTwitterの共同創業者ビズ・ストーン氏が会長を務めるシリコンバレーの技術系新興企業との協力で誕生した。

このアプリでは、タップ1つでインタラクティブな画像をスマートフォンで作成・共有が可能。画像には1秒間の動きを撮影でき、この動きは、画像にタッチするかスマートフォンを傾けると再生される。

本日の公開に合わせて、日本のユーザ向けに特に設計された新機能も追加。最新のカメラ技術に改良型のフレームブレンディングアルゴリズムが搭載され、より高品質でスムーズな「インタラクティブフォト」を撮影することができる。テキストと絵文字でポラロイド・スイングに「レスする」ことも可能だ。

動く画像は、ポラロイド・スイングのプラットフォームをはじめ、 Twitter、 Facebook、 Lineおよびウェブ上で簡単に共有できる。アプリはApple App Storeで無料でダウンロードできます。 Android版もまもなく公開されるとのことだ。

■アプリ概要
販売元:(無料) Polaroid Swing
カテゴリ:写真
リリース日:2016年12月15日
アプリケーションのサイズ:76MB
互換性:iPhone 5s以降のすべてのiPhoneで利用可能
備考:日本でのリリースのために新しく追加された機能:
1. 今年7月に米国でリリースされたバージョンよりも高画質
2. 写真にコメントすることが可能に

sub1

sub2

sub3


「ポラロイド・スイング」ダウンロードサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ファーウェイ・ジャパン、最上位グレードに位置する「HUAWEI Mate 9」を発売
ASUS JAPAN「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を発売
かわいい哺乳瓶デザインの5500mAh薄型モバイルバッテリー
全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップが「Pokemon GO」の公式パートナーショップに
ASUS JAPAN、Qualcomm Snapdragon 652を搭載する「ZenFone 3 Ultra」を発売





吸盤式であらゆる場所に設置可能なデジカメ/スマホ用一脚が登場【先週のまとめ 】

22952_bLceKMvsbW

先週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を紹介した。面白い記事としては、吸盤式であらゆる場所に設置可能なデジカメ/スマホ用一脚を紹介した。2016年11月10日(木)の記事を振り返ってみよう。

クリエイター向けPCブランド「raytrek」にGeForce GTX 1050搭載モデルを追加
サードウェーブデジノスは、クリエイター向けPCブランド「raytrek」に最新アーキテクチャー「NVIDIA Pascal」を採用したNVIDIA GeForce GTX 1050 搭載モデルの販売を開始した。「Pascal」アーキテクチャの卓越した最新技術により前世代の上位グラフィックス GeForce GTX 960 に迫る性能を、補助電源を必要としないほどの低消費電力で実現したGeForce GTX 1050。イラスト作成、動画編集、3Dゲームまで、幅広い用途で活躍するグラフィックスカード搭載モデルを前世代のエントリークラスと同等の価格で実現した。


囲碁AIとプロ棋士の対局「第2回囲碁電王戦」開催決定!DeepZenGo vs 趙治勲名誉名人
ドワンゴは、日本棋院の協力のもと、今年3月に始動した世界トップレベルの囲碁AIの開発を目指す日本発のプロジェクト「DeepZenGoプロジェクト」の進捗状況および今後の展開について、以下の通り発表した。同プロジェクトが手掛けるコンピュータ囲碁ソフト「DeepZenGo」において、開発着手から約半年後の9月時点で、棋力の指標となるレーティングが2400~2500から3000へと大幅に向上し、プロ棋士と対局できるレベルに達したという。


もうすぐクリスマス!マピオン季節特集「イルミネーション特集2016-2017」を公開
マピオンは、季節に合わせたおでかけ情報を発信するコンテンツ「マピオン 季節特集」 にて、2016年11月9日(水)より、今冬に開催されるイルミネーション情報を紹介する「イルミネーション特集2016-2017」 を公開した。クリスマスや年末年始だけでなく、バレンタインシーズンのデートやおでかけにオススメのスポットを特集する。


吸盤式であらゆる場所に設置可能なデジカメ/スマホ用一脚
上海問屋は、スマホやコンパクトデジカメ用の吸盤式スタンドの販売を開始した。価格は499円(税込)。本製品は、スマホやコンパクトデジカメでの撮影の際に、三脚代わりに使えるスタンド。フレキシブルアームを採用しており、自在なポジションでの設置が可能。またスタンド自体もロック式吸盤のため、しっかりと固定できる。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
お子さんの知育に役立つ卓上用ジェットコースター「DIYスペースレール」
アロマ加湿機とLEDライトが合体!癒し効果抜群のUSB接続くつろぎアロマ加湿器
自宅をクラブに変えるミラーボール風USBサウンドユニット
屋外でも気持ち良よ~くくつろげる空気注入式のエアーソファーを発売
ハイレゾ再生にも対応するDAC機能付きコンパクトアンプ




水深15mの防水性能を実現! アクティブに使えるデジカメ「OLYMPUS STYLUS TG-870 Tough」発表

オリンパスは、5大タフ性能に21mmの超広角ズームレンズ、180度チルト液晶に加えて多彩な撮影機能を新たに装備した、オールラウンドに活躍するコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS TG-870 Tough」を2016年2月26日より発売する。
価格は、オープンプライス。

続きを読む

アウトドアに必携!衝撃や水、ホコリから中身を護るスマホケース

世界中から商品を輸入販売するドスパラ上海問屋から、大事なものを衝撃や水から護るケースが2015年11月9日より販売された。価格は各1,299円(税込)。
続きを読む

複数の動画を一画面で同時に再生が可能に。Eyefiクラウドが新しい動画シェア機能を提供

オリジナル解像度の写真を容量無制限で保存できる「Eyefiクラウド」を運営サポートするアイファイジャパンは、Eyefiアプリが写真に加えて、カメラやスマートフォンで撮影した動画のアップロードにも対応したと発表した。さらに、一画面で複数の動画を同時に再生表示する機能を追加。また、サービス全体の大幅なアップデートを実施し、Eyefiカードを利用しなくても、50種類以上の最新Wi-Fi内蔵カメラからの画像受信が可能になった。
続きを読む

どんなアングルも自由自在!デジカメ用軽量ポケットリグ

世界中から商品を輸入販売するドスパラ上海問屋は、デジカメを取り付けて自由自在なアングルで撮影を可能にするポケットリグを、2015年8月17日より販売を開始した。価格は5,999円(税込)。
続きを読む

東芝、データの無線式転送技術TransferJetに対応するSDHCメモリカードを発売

東芝は、近接無線転送技術である「TransferJet」を搭載したSDHCメモリカードを7月31日から発売する。

続きを読む

いつでも欲しいものの価格比較ができる「価格.com」のスマホアプリ登場

カカクコムが運営する購買支援サイト「価格.com」が、iPhoneおよびAndroid向けのスマートフォンアプリを公開した。

価格.comでは、商品検索・価格比較・クチコミ情報など、充実した機能を使えるスマートフォン向けサイトを提供しているが、よりスムーズに買い物ができるよう、アプリではさらに操作性を重視したインターフェイスを実装したという。また、アプリ独自の機能として、製品バーコードを使って商品を手早く検索できる機能を搭載。お気に入り管理やお知らせ機能は、会員登録不要で利用できる。

続きを読む

今度はRAW転送対応!デジカメの写真をWi-Fiでで送れる「Eyefi Mobi Pro 32GB」発表会レポ

アイファイジャパンは2015年3月25日に都内の会場で発表会を開催し、新しいEyefiカードとなる「Eyefi Mobi Pro 32GB」(以下、Mobi Pro)を3月27日より発売すると発表した。価格は9.800円(税込)。

Mobi Proの特徴は、RAW画像転送や選択画像転送、Wi-Fiルータ経由での高速転送に対応したこと。このほか、画像を自動的にカテゴリ分けして管理できるクラウドサービス「Eyefiクラウド」の1年間利用料も含まれている。Eyefiクラウドは容量無制限で利用可能だ。

続きを読む

「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展2015」の出展作品の募集開始

富士フイルムが行っている参加型写真展「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展2015」が、2015年7月17日の東京会場より全国29都市で順次開催することが決定した。その開催に先立ち、本日3月20日から5月31日まで出展作品を募集する。

続きを読む

大口径ズームレンズと1.0型センサーが魅力!高級デジカメ「PowerShot G7 X」

新デジ一眼や高級デジカメ、光学65倍ズーム機を発表!キヤノン デジタルカメラ新製品発表会」で紹介したように、キヤノンはコンパクトデジタルカメラの新製品として、小型ボディーでありながら高画質を実現した「PowerShot G7 X」を、2014年10月3日より発売する。

「PowerShot G7 X」は、プレミアムコンパクトカメラGシリーズに新たなラインアップとして加わる小型・軽量の高画質モデルだ。

今回は、実機の写真を交えながら、とくに注目の機能にフォーカスしてみた。

続きを読む

新デジ一眼や高級デジカメ、光学65倍ズーム機を発表!キヤノン デジタルカメラ新製品発表会

最近のスマートフォン(スマホ)は必ずと言ってよいほど、カメラ機能を内蔵している。スマホユーザーの中には、写真を撮るのにスマホを利用している人もいるのではないだろうか。そんなスマホのカメラ機能は日々進化しているが、高画質や高倍率を求めるユーザーの中には、スマホでは物足りない人も多いだろう。そうした人に向けて、キヤノンは、新製品を投入する。

キヤノンは2014年9月16日、プレス関係者向けに「キヤノン デジタルカメラ新製品発表会」を開催した。
同社は、高速連写性能に優れた「EOS 7D」(2009 年10 月発売)の後継機として、連写・AF 性能をさらに向上させたAPS-C サイズCMOS センサー搭載機のフラッグシップ機「EOS 7D Mark II」を2014 年11 月上旬より発売する。

またコンパクトデジタルカメラの新製品として、小型ボディーでありながら高画質を実現した「PowerShot G7 X」と、超広角から超望遠までさまざまな被写体の撮影を可能にする「PowerShot SX60 HS」を、2014 年10 月3 日より発売する。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ