ITライフハック

デジ一眼

キヤノンのフラッグシップ「EOS 7D Mark II」の注目のポイントはココだ!

新デジ一眼や高級デジカメ、光学65倍ズーム機を発表!キヤノン デジタルカメラ新製品発表会」で紹介したように、キヤノンは高速連写性能に優れた「EOS 7D」(2009 年10 月発売)の後継機として、連写・AF 性能をさらに向上させたAPS-C サイズCMOS センサー搭載機のフラッグシップ機「EOS 7D Mark II」を2014年11月上旬より発売する。

「EOS 7D Mark II」は、最高約10 コマ/秒の高速連写と、EOS シリーズの中で最多の測距点数となるオールクロス65 点AFを備え、高速で複雑な動きをする被写体の決定的な瞬間を捉える、卓越した動体撮影性能を備えたAPS-C フラッグシップ機だ。

今回は、実機の写真を交えながら、とくに注目の機能にフォーカスしてみた。

続きを読む

新デジ一眼や高級デジカメ、光学65倍ズーム機を発表!キヤノン デジタルカメラ新製品発表会

最近のスマートフォン(スマホ)は必ずと言ってよいほど、カメラ機能を内蔵している。スマホユーザーの中には、写真を撮るのにスマホを利用している人もいるのではないだろうか。そんなスマホのカメラ機能は日々進化しているが、高画質や高倍率を求めるユーザーの中には、スマホでは物足りない人も多いだろう。そうした人に向けて、キヤノンは、新製品を投入する。

キヤノンは2014年9月16日、プレス関係者向けに「キヤノン デジタルカメラ新製品発表会」を開催した。
同社は、高速連写性能に優れた「EOS 7D」(2009 年10 月発売)の後継機として、連写・AF 性能をさらに向上させたAPS-C サイズCMOS センサー搭載機のフラッグシップ機「EOS 7D Mark II」を2014 年11 月上旬より発売する。

またコンパクトデジタルカメラの新製品として、小型ボディーでありながら高画質を実現した「PowerShot G7 X」と、超広角から超望遠までさまざまな被写体の撮影を可能にする「PowerShot SX60 HS」を、2014 年10 月3 日より発売する。

続きを読む

デジ一眼に匹敵する最強コンデジ!情報満載の怒濤の1日を振り返る【ITフラッシュバック】



ファーストサーバの前代未聞の謝罪からデジ一眼に匹敵する最強コンデジ、孫正義氏のTwitterまで、様々な記事が掲載された。情報満載の怒濤の1日を振り返を振り返ってみよう。

続きを読む

スマホ用電子書籍ビューワが凄い!電子書籍の配信ソリューション「book-in-the-box」



スマートフォンなどの携帯端末は、従来の携帯電話に比べて画面が大きく高精細なので、電子書籍が読みやすいという利点がある。しかし、電子書籍の不正な複製などを防止する著作権管理(Digital Rights Management、以下「DRM」)技術の開発が負担となり、電子書籍配信サービスを提供する事業者が限られていた。

また、電子書店サイト(以下「書店サイト」)が独自に閲覧ソフトを提供しているため、異なる書店サイトから購入した書籍を共通のソフトで閲覧・管理することはできなかった。

そういう背景のもと、シャープは、電子書籍の配信ソリューション「book-in-the-box(ブック イン ザ ボックス)」を電子書店などの事業者に提供すると発表した。

続きを読む

デジ一眼に匹敵する最強コンデジ!有効4600万画素の「SIGMA DP2 Merrill」が凄い理由



デジタル一眼並みに高性能なコンパクトデジカメが欲しい人に朗報だ。
シグマは、デジタル一眼レフカメラ「SIGMA SD1 Merrill」に採用されている4,600万画素(4,800×3,200×3層)Foveon X3ダイレクトイメージセンサー(ジェネレーションネーム“Merrill”)を搭載した高画質コンパクトデジタルカメラ「SIGMA DP2 Merrill」を発表した。

続きを読む

圧倒的な高精細・高画質を実現!ニコン、デジ一眼「ニコン D800 / D800E」を発表



ニコンは、世界最高※有効画素数36.3メガピクセルで、新画像処理エンジン「EXPEED 3」や91Kピクセル(約91,000ピクセル)RGBセンサーを搭載し、圧倒的な高精細・高画質を実現した、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「D800」を2012年3月22日より発売すると発表した。

続きを読む

デジ一眼の次世代フラッグシップモデル!ニコンD4の完成度が凄い



ニコンは、ニコンデジタル一眼レフカメラの新たなフラッグシップモデルとなる、「ニコン D4」を2012年2月16日より発売すると発表した。なお、ニコンは、1月10日(火)~13日(金)、米国ネバダ州・ラスベガスで開催される「2012インターナショナルCES (The 2012 International CES)」に「D4」の実機を展示し、一般公開している。

続きを読む

高品位ボディに高画質・高性能を凝縮!パナソニック、デジ一眼「DMC-GX1」の魅力



デジタル一眼カメラ市場は、コンパクトなミラーレス一眼が高い支持を得ている。またその中でも、初めて一眼カメラを購入し、簡単操作で一眼写真を手軽に楽しむエントリー層、写真撮影を趣味として本格的に楽しむ写真趣味層のユーザーが拡大している。そうしたデジタル一眼カメラ市場に新たな展開があった。

同社は2011年11月8日、高品位ボディに高画質・高性能を凝縮したデジタル一眼カメラ「DMC-GX1」を11月25日より発売すると発表した。

続きを読む

ニコンが会心の一撃!小型でも本格的なデジ一眼"Nikon 1 V1"の魅力



ニコンは、光学機器メーカーとして、長年フィルムカメラで培ってきた技術を基に革新的な新機能を搭載した製品を開発し、撮影領域の拡大につながるカメラを数多く提案してきた。デジタルに移行した今日においても、手軽で簡単に使えるコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX」シリーズ、エントリーからプロフェッショナルユーザーまでの幅広いユーザーニーズをカバーするデジタル一眼レフカメラ「D」シリーズを積極的に投入し、それぞれのラインナップ拡充を進めてきた。

同社は2011年9月21日、新開発の「スーパーハイスピードAF CMOSセンサー」、新高速画像処理エンジン「EXPEED 3」および新レンズマウントシステム「Nikon 1(ワン)マウント」を搭載した、新しい映像表現を提案する新デジタルカメラシステム、レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1」を市場投入し、シリーズ第1弾として、「Nikon 1 J1」と「Nikon 1 V1」の2機種を、10月20にょり発売すると発表した。

続きを読む

世界最速のオートフォーカス!マイクロ一眼「OLYMPUS PEN E-P3」の魅力をさぐる



オリンパスイメージングは2009年7月にマイクロ一眼PENシリーズの初代機として発売した「OLYMPUS PEN E-P1」、同年12月に発売した「E-P2」は、従来の一眼レフカメラのもつ「大きい・重い・難しい」という点を克服するとともに、その上質なデザインや、優れた描写性能が高い評価を受け、新たな市場を切り拓いた小型・軽量のシステム一眼として、多くの人々から、熱い支持を得てきた。

その後、2010年3月には「Pen Lite E-PL1」、12月に「E-PL1s」、翌2011年1月には「E-PL2」が発表された。これらのカメラは、「もっといい写真を撮りたい」という一眼エントリーユーザー層のさらなる拡大を目指したもので、簡単操作のユーザーインターフェース「ライブガイド」を搭載したほか、初めて一眼を手にした方が手軽に楽しめるアクセサリーとして、コンバーターレンズやコミュニケーションユニットPENPAL等を導入してきた。そんなPENシリーズの最上位モデルが登場する。

オリンパスイメージングは2011年6月30日、「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した"新世代 マイクロ一眼" 「OLYMPUS PEN E-P3」を、PENシリーズの最上位モデルとして、2011年7月22日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。カラーバリエーションは、シルバーとブラック、ホワイトの3色。

続きを読む

早い話、どこがいい?パナソニック、新デジ一眼"DMC-GF3"3つの魅力



デジタル一眼カメラ市場は、コンパクトカメラからのステップアップで表現力豊かな一眼写真が楽しめるエントリータイプを中心に需要が拡大している。その中でも特に、若いユーザー層/カメラ女子を中心とした女性ユーザーが増えてきており、より「小型・軽量」「カンタン」「キレイ」のニーズが高まってきている。そうした市場に対して、新たな製品が投入される。

パナソニックは2011年6月13日、フラッシュ内蔵レンズ交換式デジタル一眼カメラで世界最小・最軽量のデジタル一眼カメラ「DMC-GF3」を7月8日より発売すると発表した。

続きを読む

映画のワンシーンを再現!ニコン新デジ一眼が一味違う理由



コンパクトなデジタルカメラでは味わえない写真を撮るために、デジタル一眼カメラの購入を検討している人はいないだろうか。「ちょっといいデジカメ」で紹介しているように、カメラメーカーは、様々な特長を持った新製品を発売している。そうしたデジタル一眼カメラ市場に対して、ニコンが新製品を投入する。

ニコンはバリアングル液晶モニター、高精細な描写力と豊かな階調表現が可能なCMOSセンサー、画像処理エンジン「EXPEED 2」を搭載した、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D5100」を2011年4月21日より発売することを明らかにした。

続きを読む

クマ専用デジカメじゃない!リラックマのデジ一眼にビックリ【ガジェット天国】



今晩も世の中にある面白グッズを紹介する「ガジェット天国」の時間がやってきた。さて、本日紹介するのは、可愛らしい製品だ。

低価格で高性能なデジタル一眼など、最近は各社が魅力的なデジタル一眼カメラを発表している。そうしたデジタル一眼カメラ市場に対してペンタックスは、クマ専用...じゃなかった。人気の癒し系キャラクター"リラックマ"のデジタル一眼の投入を明らかにした。

続きを読む

手のひらサイズを超えた!超ちっさい一眼カメラ「MAME-CAM」【ガジェット天国】



ミラーレスで小型の製品が現れるなど、最近のデジタル一眼の新製品には、目を見張るものが数多く登場している。そんなデジタル一眼に、またひとつ凄い製品が登場した。手のひらサイズを超えた、超ちっさい一眼カメラ「MAME-CAM」だ。

続きを読む

BONNIE PINKとコラボの「K-r」!100セット限定のデジ一眼



伝説のコラボデジ一眼「K-r コレジャナイロボモデル」を発売し、業界だけてなく消費者も驚かせたペンタックスが新たなデジ一眼を発表した。

続きを読む

ただキレイ撮れるから思い通りの写真作品が撮れるに進化したキヤノン「EOS 60D」【最新ハイテク講座】



ブログやSNSで日記を書く人の中には、デジタルカメラで写真を撮って日記に載せる人も多い。綺麗な写真を撮るには、テクニックも必要だが、カメラの性能にも大きく左右されるのも事実だ。

たとえば、被写体にピントを合わせて背景をぼかすといった撮影は、デジタル一眼でないと、なかなか綺麗に撮影できない。とはいえ、カメラに詳しくない人にとって、デジタル一眼での撮影はハードルが高い。そうした初心者からカメラ初心者でも本格的な写真撮影を楽しめるのが、キヤノンが新たに発表したデジタル一眼「EOS 60D」だ。
本格的な写真撮影が楽しめる!キヤノン、新デジタル一眼「EOS 60D」を発表

そこで今回は、キヤノンが独自技術と工夫を凝らした、デジタル一眼「EOS 60D」についてフォーカスしてみた。

続きを読む

【速報】本格的な写真撮影が楽しめる!キヤノン、新デジタル一眼「EOS 60D」を発表



キヤノンは2010年8月26日、キヤノンSタワー(本社)3階 キヤノンホールSにおいて、デジタル一眼レフカメラ「EOS 60D」および交換レンズ 新製品記者発表会を開催した。発表会には、コミュニケーションパートナーの俳優 渡辺謙氏が応援に駆け付けた。

続きを読む

ニコン初のフルHD対応!14.2メガピクセルのデジタル一眼レフ「ニコン D3100」を発表



ニコンは2010年8月19日、新開発のCMOSセンサーと新画像処理エンジンの搭載で高画質・高精細を実現するとともに、「ガイドモード」により思い通りの写真が撮影できる、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル「ニコン D3100」を、9月16日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

続きを読む

軽いだけじゃない!誰でも簡単に使えるデジ一眼「G1」を発売へ



デジタル一眼カメラ市場は、コンパクトデジタルカメラからのステップアップユーザーの増加により小型・軽量化や簡単撮影のニーズが高まっている。そうした市場へ向け、パナソニックは魅力溢れる新商品を投入する。

パナソニックは2010年6月4日、世界最軽量ボディのWライブビューレンズ交換式デジタル一眼カメラ「DMC-G10」を6月18日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

■約336gの小型・世界最軽量ボディを実現
パナソニックは2008年10月にマイクロフォーサーズシステム規格に準拠したミラーレスのデジタル一眼カメラ「G1」、以降世界初フルタイムオートフォーカスでハイビジョン動画撮影を実現した「GH1」(2009年3月25日発表)、またG1/GH1に比べ大幅な小型・軽量化を実現した「GF1」、本年4月には世界初となるタッチパネルを搭載した「G2」(2010年3月9日発表)を発売し、コンパクト一眼分野のラインナップを強化してきた。

今回発表された「DMC-G10」は、G2の姉妹機種にあたるミラーレスのデジタル一眼カメラだ。Gシリーズの特長である小型・軽量ボディに、カメラが自動で撮影シーンを判別する「おまかせiAモード」を搭載したコンパクトでカンタン操作を実現した製品となっている。

マイクロフォーサーズシステム規格の採用により、従来の一眼レフの小型化を妨げていたミラーを取り払ったミラーレス構造で、約336gの小型・世界最軽量ボディを実現した。さらに、ユーザーの手に自然になじむエルゴノミックグリップを採用し、ライブビューを用いた自由な撮影スタイルをサポートする。

パナソニックは、従来のデジタル一眼レフカメラでは実現できない小型・軽量ボディとライブビュー機能を活かしたデジタルならではの特長を有する本製品で、新たなデジタル一眼市場を創造していくとしている。

パナソニック

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっと見る
パソコンや家電を繋ぐ!家中で楽しめるアイ・オー・データの地デジ
長時間録画と高画質を両立!アイ・オー・データ機器の開発者が語る、最新の地デジカードの魅力
パナソニック 奥田氏が語る!コンバーチブルなノートPC「Let's note C1」のねらい
パナソニック、タブレット型の新Let's noteを発表

パナ、オリンパスを撃墜できるか?背景ぼけ・3D対応のソニー最薄デジ一眼【最新ハイテク講座】



コンパクトタイプでも1000万画素を超えたデジタルカメラの進歩は、目を見張るものがある。綺麗な写真に加えてHD動画まで撮れて、どこにでも手軽に持ち歩けるコンパクトデジタルカメラは性別や年齢を問わずに人気がある。しかし、最近はマイクロ一眼や小型のデジタル一眼が大ヒットし人気と注目を集めており、先行するオリンパス、パナソニックに続き、ソニーも参入するなど、各社とも力を入れてきている。

デジタル一眼は、コンパクトデジタルカメラに比べ、高画質でいろいろな撮影ができる反面、「大きい」「重い」「高い」「難しそう」という4つの壁があった。この壁を取り除いているのが、小型デジタル一眼なのだ。

製品の小型化に定評があるソニーは、同社としては初となる小型デジタル一眼「NEX-5」を2010年6月3日より発売すると発表した。ワンタッチでプロのような背景ぼけのきれいな写真がとれる。さらに、3D写真にも対応を予定しているというほどの意気込みだ。

そこで今回は、ソニーが持つ技術の推移を集めた小型デジタル一眼「NEX-5」についてフォーカスしてみた。
一眼レフを使いたいが買えない人へ ソニー執行役員 今村氏が語るデジカメの戦略

■ソニーが挑戦した4つのポイント
ソニーの小型デジタル一眼「NEX-5」の特長は、独自技術による次の4つのポイントだ。

●一眼レフと同等の高画質性能
「NEX-5」は、これまでデジタル一眼レフカメラに多く採用されてきたAPS-Cサイズの大型イメージセンサーを採用することにより、一眼レフカメラと同等の高画質性能を実現している。有効画素数は約1420万画素、交換レンズの性能を生かした美しいボケ味の表現が可能となっている。

●世界最小・最軽量のボディ
「NEX-5」の大きなポイントが、24.2mmというボディの薄さだ。光学ファインダー式一眼レフカメラに搭載されているミラー、焦点板、ペンタプリズム、位相差検出AF用のセンサーを使わない構造を採用することで、マウント面からイメージセンサーまでの距離(フランジバック長)を18mmまで短くし、驚くほどスタイリッシュな薄型ボディを実現した。

●誰でも簡単に背景をぼかす写真が撮れる
直感的な操作で手軽に背景のボケをコントロールすることができる「背景ぼかしコントロール」機能により、被写界深度や絞りの知識がなくてもボケの調整ができるようになった。

●3D写真を単眼レンズで撮影
「NEX-5」を左から右にスイングしながら撮影する「スイングパノラマ」により、パノラマ撮影を可能にしたが、それだけではない。左右の目の視差を計算して右目用と左目用の2枚の画像を同時に自動生成し、単眼レンズで3D写真を撮影することができる。本機能は、7月中旬頃のファームアップデートにて対応予定だ。

小型デジタル一眼では、オリンパスとパナソニックに先行を許したソニーだが、超薄型と簡単プロなみの撮影機能、3Dで猛追をかけることになる。小型デジタル一眼の市場は、今、激戦の時代に入ったといってもいいだろう。今しばらくは目が離せそうもない。

デジタル一眼カメラ「α」
ソニー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

最新ハイテク講座の記事をもっとみる
出遅れを挽回できるか?4つの液晶技術で挑むシャープの3Dテレビ
ただものじゃない!インテル、新プロセッサー「Core i7-980X 」が最強最速な理由
ソニーの3Dテレビはどこが違う?「3Dブラビア」で目差すもの
安いだけじゃない!EOS Kiss X4が綺麗な写真を撮れる理由

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ