ITライフハック

データ

ドコモ、時速150kmの高速移動時に2.5Gbpsの5G無線データ伝送実験に成功

みなとみらい21地区での実験模様

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は2016年11月16日、Samsung Electronics Co., Ltd.(以下Samsung)と28GHz帯の周波数帯において第5世代移動通信方式(以下5G)の無線データ伝送実験を実施し、時速150kmで高速移動する自動車に搭載した端末に対して2.5Gbpsを超える無線データ伝送に成功したと発表した。

両社は、2016年11月7日(月曜)に富士スピードウェイで本実験をおこなった。特急列車などで高速移動するユーザーが5G端末を利用する想定で実施したものだ。

富士スピードウェイにおける高速走行実験風景

これまで高周波数帯では電波強度の減衰が大きく、高速移動中の無線データ伝送は難しいと考えられていた。本実験では、Massive MIMOの特長である超多素子アンテナを用いて電波の放射エリアを特定方向へ集中させるビームフォーミング機能と、高速移動する端末の動きに合わせて電波の放射方向を制御するビーム追従機能を用いて、高速移動する端末への5Gの無線データ伝送が可能であることを検証した。

時速150km走行時の受信スループット

また、ファーウェイと2016年10月3日(月曜)~10月26日(水曜)に横浜市のみなとみらい21地区にて共同で実施した4.5GHz帯の周波数帯を用いた多数の端末接続、高速・大容量通信、低遅延伝送を実証する5Gの無線データ伝送実験では、屋外に配置した23台の端末との間で、合計で11.29Gbpsの高速・大容量通信を実現した。

本実験では、Massive MIMOの特長である多数の端末を同時接続するマルチユーザMIMO多重技術と、各端末の通信状況に応じて、最適化した信号を超多素子アンテナから送信することで通信品質を最大化しつつ、他の端末への干渉を防ぐ送信プリコーディング技術の活用により、23台へ高速・大容量のデータ伝送を実現した。

なお、これらの5G無線データ伝送実験の取り組みは、2016年11月17日(木曜)、18日(金曜)にドコモR&Dセンタ(YRP)にて開催する「ドコモR&Dオープンハウス」にて展示予定だ。

ドコモは2020年の5G商用サービスの開始をめざしており、今後も世界主要ベンダーと協力し、5Gネットワーク技術の研究開発に取り組んでいくとしている。

株式会社NTTドコモ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
日本エイサー、「Switch Alpha 12」シリーズよりWindows 10 Home 搭載モデルを発売
吸盤式であらゆる場所に設置可能なデジカメ/スマホ用一脚
テレビも見られて防水対応!KDDI、10インチタブレット「Qua tab PZ」を発売へ
マイクロソフト、自己完結型ホログラフィックコンピューター「Microsoft HoloLens」の日本での提供を発表
くみっきー、レベルが違いすぎてビックリ!新たな歴史的瞬間が生まれた「ディズニーツムツム」No.1プレイヤー決定戦






XPパソコンから買い替えたアナタ!パソコンの引っ越しは、各種アプリの設定も忘れずに!【デジ通】

Windows 8.1に対応する引越ソフト



先日紹介したように間もなくWindows XPの正式サポートが終了する。そこでWindows XP搭載パソコンから最新のパソコンへ買い換えた際に、いままで使用していたパソコンからデータを移行する引っ越し作業が必要になる。最近のOSは、OS自体に移行ツールが含まれているため、ウィザードに従って作業すれば、基本的な項目は簡単に移行できるようになっている。

しかし、Windows XPからWindows 8.1への移行はWindows Vista、Windows 7、Windows 8と3バージョンを飛び越してのアップデートとなることもあってOS標準の転送ツールがサポートしていない。こうした引っ越しを楽に行える引っ越しアプリもあるが、細かな部分はどうしても手動で設定する必要がある。アプリごとに異なる設定データなど、移行を忘れてしまうなどで、あとで面倒にならないようにしたい。

続きを読む

Pogoplugを利用するために必要なハードウェア クラウドで大容量ストレージを使う方法【デジ通】

Pogoplug Mobile


クラウドのストレージサービスは、ユーザー側が自前でHDDやサーバーを用意する必要がない。利用環境もソフトウェアで実現しているため、最低限の設定をすれば即座に利用できる。しかし、大容量のスペースを確保するにはコスト面で問題があるということを「テラバイトも可能なクラウドサービス 自宅のHDDをクラウド化できるPogoplug」で紹介した。

そこで紹介したように、コストをあまりかけずに大容量のスペースをクラウドで利用するには、Pogoplugがおススメであることを説明した。その理由は、自前でHDDを用意すれば、低コストで大容量スペースが利用できるからだ。ただPogoplug対応のハードウェアが必要となるので、それについて紹介しよう。

続きを読む

テラバイトも可能なクラウドサービス 自宅のHDDをクラウド化できるPogoplug【デジ通】



インターネット上にデータを保存できるクラウド型のストレージサービスは、それこそ様々なサービスが提供されている。中でもユニークな存在なのが、自宅にあるデータをクラウド型のストレージにしてしまう「Pogoplug」だ。

Pogoplugでは、自宅に設置したHDDをクラウドに対応させることができる。インターネット上のどこかに設置してあるサーバーにデータをアップロードするのではなく、インターネット経由でどこからでも自宅のHDDデータへアクセスできるようになる。容量は接続するHDD次第なのでTB単位での増設も低コストにできるのが特徴だ。

続きを読む

万が一を考えるなら! データのバックアップだけでなく古いデバイスの整備保存もしておきたい【デジ通】

最新のHDDでもバックアップは必須。それではデバイス自体のバックアップは?


パソコンやスマートフォンを所有している人で大事なデータを定期的にバックアップをしている人は多いと思う。例えめんどくさくても、定期的にはバックアップしてないという人でも、その重要性は認識していると思う。

データ自体はバックアップしてあるので万が一のデータ損失に備えることができたとしても、もし、そのデバイス自体が故障して使えなくなった場合、どうしたらいいだろう?

同じデバイスがもう1台あればいいが、万が一のためだけに普段使わないデバイスをわざわざもう1台所有するというのは、明らかに無駄だ。

そうは言っても、何らかの対策を考えなければいけない。ということでおススメしたいのが古いデバイスを処分せずに整備して保存しておく方法だ。


続きを読む

業界最速レベルのモバイル通信!DTI 42Mbps通信は高いか安いか



無線LANを内蔵したノートPCやタブレット端末を所有している人の中には、屋外でも快適にネットを使いたいと考えている人もいるだろう。そうした人に向けて、新しいサービスが開始された。ドリーム・トレイン・インターネットは、イー・アクセスが提唱する高速モバイル通信DC-HSDPA規格の「EMOBILE G4」を採用したモバイル通信サービス「DTI高速モバイル42Mプラン」の提供を2011年9月1日より開始した。3,630円の最安値クラスでの提供となる。

下り最大42Mbps、上り最大5.8Mbpsの「EMOBILE G4」で提供する業界最速レベルのモバイル通信サービスだが、高いか安いか。

続きを読む

ICT総研が東日本での結果を発表!通信速度が最速のキャリアはどこ



ICT総研は、東日本エリアにおけるスマートフォンおよびデータ通信カードの電波状況実測調査の結果を明らかにした。携帯電話各社のスマートフォンに加え、イー・モバイルとUQコミュニケーションズ(以下、UQ)のデータ通信カードを使い、東日本エリアの全30測定場所においてデータ通信速度を計測する手法で調査を実施した。

続きを読む

これは便利!今のPC環境を新PCへ引っ越せるソフト

「完全パソコン引越7」シリーズ


株式会社ジャングルは2009年12月18日、パソコンの環境設定やデータを引越しするソフト「完全パソコン引越7」シリーズを2010年1月21日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

■パソコンの引っ越しが簡単
「完全パソコン引越7」シリーズは、わずか3ステップで、パソコン環境やデータを引っ越すことができるソフト。最新OSのWindows 7にも対応しており、OS購入時やアップグレードの際に簡単に現在使用中の環境やデータを新しいパソコンに移すことができる。

ソフト自体、インストールや面倒な作業が必要なく(インストールでの引越しも可能)、CD-ROMを引越し元・引越し先のパソコンにセット後、画面の指示に沿って進むだけで移行が可能だ。

■2台のパソコンでデータを同期
引っ越し以外の使い方としては、2台のパソコン間で手軽に同一のデータが使用できるようになる便利な機能を備えている。ネットブックやノートパソコンなど、持ち歩き用パソコンとの同期に最適だ。

Windows 7対応!インストール不要!わずか3ステップでデータ引越し!「完全パソコン引越7」シリーズ 2010年1月21日(木)発売!
株式会社ジャングル

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
地上デジタル放送もOK!マウス、AVパソコンを発表
本日発売!パソコンいらずの「Skypeテレビ電話」
それってスゴくない?VHSビデオをDVDに変換する製品
中国のGoogle、バイドゥが日本語入力ソフトを公開
知らないと損!タスクバー使いこなし術

筆ぐるめVer.17
筆ぐるめVer.17
posted with amazlet at 09.12.19
ジャングル (2009-09-04)
売り上げランキング: 19

筆ぐるめVer.17 アップグレード・乗り換え版
ジャングル (2009-09-04)
売り上げランキング: 26
おすすめ度の平均: 3.0
4 Vistaが悪いのだと思いますよ~
2 今年で最期にします。

Gdataインターネットセキュリティ2010 1年版3台用
ジャングル (2009-09-17)
売り上げランキング: 339
おすすめ度の平均: 4.5
5 この安心感はいい!
4 大分軽くなったんじゃない?
4 いいですね。
5 加速する安心感
5 触れ込みどおり

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ