ITライフハック

トヨタ

「ストリートファイターII」とトヨタの「C-HR」がコラボ

名称未設定-1

トヨタ「C-HR」のプロモーション企画として「CROSSOVER THE WORLD」と題し、第1弾の「トミカ」とのコラボレーション動画を皮切りに、様々な世界観をC-HRが駆け抜けるWEB動画が順次公開されている。この第2弾として、1990年代に一世を風靡した対戦型格闘ゲーム「ストリートファイターII」とコラボレーションした動画が、2017年2月17日(金)13時30分よりTOYOTA「C-HR」特設ページにて公開される。

今回の動画では、主人公リュウが「C-HR」に乗り込み、「ストリートファイターII」の世界を走り抜けて行く、懐かしの場面が満載の動画となっている。

「CROSSOVER THE WORLD」 のコンセプトのもと、様々な世界を「C-HR」が走る本企画の第1弾は「おもちゃ」の世界を走る「トミカ編」だった。第2弾の今回は「ゲーム」。様々な世界を走らせることを考え、車と親和性の高い車のレースゲームではなく、ボーナスステージで車が登場するのが印象的な「ストII」 が今回の企画に選ばれたとのこと。

最強の敵である「ベガ」と対戦するシーンで「C-HR」が、必殺技としてハイビームで攻撃をしてベガを倒すところや、本来ボーナスステージのシーンでは、車を壊すことでポイントを得ることができるが、今回の動画では「リュウ」が必殺技である昇竜挙で、車を磨いているところが隠れた見どころとなっている。

名称未設定-2


C-HR特設ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
NTTドコモ、人気のアプリ「SNOW」とタイアップして「NTTドコモ×SNOW presents 卒業“盛ルバム”」を実施
「テイルズ オブ アスタリア」をメインテーマにした生放送番組をニコ生とYou Tube Liveで放送
東日本大震災からまもなく6年。防災意識と備えの実態を調査。マクロミル調べ
「JAEPO×闘会議2017」の来場者数は6万8000人






中嶋一貴ドライブのレースカー回生ブレーキで171人分の朝食が!?「TOYOTA BARISTA」の試みとは?

クルマの減速時に発生する熱エネルギーを回収し、再利用する「エネルギー回生システム」。トヨタは、F1でも2009年から取り入れられている、ハイブリッドカーの根幹となるこの技術を、スピードと耐久性を競うレースという過酷な環境で磨き上げ、その成果をプリウスを始めとする市販車にフィードバックしている。

これまでは一部のレースファン、モーターファンの方々にのみ知られていたこの技術だが、より広く一般の方々に伝えるべく「ブレーキ時に回収したエネルギーでモーニングセットをつくる」エンターテイメントムービーが製作された。
続きを読む

振り駒は野球殿堂入りの古田敦也氏『電王戦 × TOYOTA「リアル車将棋」』詳細発表

株式会社ドワンゴおよび株式会社トヨタマーケティングジャパンは、2015年2月8日(日)に西武ドーム(埼玉県所沢市)で開催する、本物の自動車を将棋の駒に見立てて戦う地上最大の対局『電王戦×TOYOTA 「リアル車将棋」』の先手番・後手番を決める振り駒の担当を、球場という舞台にふさわしい人物で、将棋アマチュア三段の腕前を持ち、さらに元トヨタ自動車社員でもある古田敦也氏に決定した。そのほかの追加情報も発表された。

■羽生名人が指す駒に見立てる“過去の名車”を公開
西武ドームの場内に再現された将棋盤の上で、羽生善治名人の陣営の駒となる“過去の名車“は、次の8車種に決定。なお、対戦相手の豊島将之七段の駒となる”現行車“8車種は、イベント当日に発表される。

<玉将>トヨペット クラウン
<飛車>カローラレビン(AE86)
<角行>ランドクルーザー(40系)
<金将>プリウス(初代)
<銀将>アルテッツァ
<桂馬>bB(初代)
<香車>MR-S
<歩兵>Vitz(初代)


■駒を自由自在に動かす7人体制の精鋭ドライバーチーム結成
それぞれの陣営で駒に見立てた車を移動させるドライバー5名のほか、速やかに移動できるように指揮を執る監督1名、そして確実な駒運びをサポートするプロ棋士1名の計7名からなるドライバーチームを結成。

持ち時間は車の移動時間も含むため、より効率的な移動が競われるのも見どころとなる。公式サイトでは、それぞれのチームの白熱したインタビュー動画も公開中だ。

<羽生陣営>
監督・ドライバー:早稲田大学自動車部チーム
サポート棋士:長岡裕也五段
<豊島陣営>
監督・ドライバー:トヨタ自動車精鋭テストドライバーチーム
サポート棋士:船江恒平五段


■将棋界、自動車業界、スポーツ界から集結した出演者陣(順不同)
<出演者>
糸谷哲郎竜王、森内俊之九段、中村太地六段、青野照市専務理事、脇阪寿一、中嶋一貴、ピストン西沢、小林和久(clicccar.com編集長)、古田敦也、テリー伊藤、小藪千豊、伊藤かりん(乃木坂46)、岡本信彦
<大盤解説>
木村一基八段、佐藤康光九段、豊川孝弘七段、
<大盤解説>
香川愛生女流王将、中村桃子女流初段、山口恵梨子女流初段、室谷由紀女流初段
<司会>
永田実、扇一平

■「リアル車将棋」概要(一部発表済み)
イベント名:電王戦×TOYOTA 「リアル車将棋」
開催日時:2015年2月8日(日)10:00~20:00予定
対局会場:西武ドーム(埼玉県所沢市上山口2135)※一般観覧なし
対局棋士:羽生善治名人 vs 豊島将之七段
出場車種:”現行車“8車種および“過去の名車“8車種
持ち時間:4時間切れ負け(チェスクロック方式)※車の移動時間も持ち時間に含む
手番:当日行われる振り駒により決定

※着手に関しては、指された局面を車で再現して1手
主催:ドワンゴ、トヨタ自動車
協力:日本将棋連盟


■「リアル車将棋」について
このイベントは、今春開催されるプロ棋士とコンピュータ将棋ソフトの対局「将棋電王戦FINAL」を記念した企画で、「将棋」と「クルマ」がコラボレーションし、いまだかつてないスケールの「将棋戦」というエンターテインメントを届けるという意味で将棋ファン、自動車ファンはもとより、より広く、より多くの方にそれぞれの楽しさを知ってもらえる機会を提供することを目的としたイベント。

西武ドームに再現された巨大な将棋盤の上で、“過去の名車“8車種と、事前投票により選出された”現行車“8車種からなる駒を進めるのは、プロ棋士の羽生善治名人と豊島将之七段。二人の指し手にあわせ、各ドライバーチームが速やかな車の移動を競い合うのも見どころ。同イベントの模様はドワンゴが運営する「ニコニコ生放送」で全国にインターネット中継される。

■番組視聴ページ: http://live.nicovideo.jp/watch/lv199844325
公式サイト
niconico

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
エレキマグマ覚醒!日本アニメ(ーター)見本市第11弾「POWER PLANT No.33」予告公開
おいっ! タイトルそういう意味かよ! 山ちゃん熱唱の「ヤマデロイド」公開
1月25日に茨城県守谷市「WonderGOO守谷店」で「ニコニコ書店会議」開催
仏週刊紙の風刺画掲載反対35.2%、内閣支持率40.4%ニコニコの「月例ネット世論調査」
・「心を込めて歌います。日本アニメ(ーター)見本市第10弾「ヤマデロイド」予告動画公開


超会議3会場で見かけたイケてるグッズPart2 トヨタ自動車の「Winglet」

超会議3会場で見かけたイケてるグッズ EPSONのスマートグラス「MOVERIO」』で企業ブースの出展内容を紹介したようにニコニコ超会議3は、様々なメーカーが出展している。

続きを読む

未来の車が体験できるスマホアプリ!トヨタFV2 -コンセプトカー・ドライブ&レーシング-が凄い



目的地までの地図を正確に表示する「カーナビゲーション・システム」。今となっては日常的なものだが、半世紀前までは未来のテクノロジーだった。自動車は日々驚くほどの進化を続けており、無人で目的地まで乗せて行ってくれるクルマまで試作されているほどだ。

2013 年11 月22 日(金)~12 月1 日(日)までに開催される第43 回東京モーターショー2013でTOYOTA は、次世代の燃料電池の自動車や次世代タクシーなど、未来のモビリティライフを提案するコンセプトカーを出展する。

そうしたコンセプトカーの中で一番の目玉と言えるのは、直感で通じ合える未来のクルマ「TOYOTA FV2」だ。そのコンセプトカー「TOYOTA FV2」の運転を自宅にいながら体感できるのをご存じだろうか。

スマートフォンアプリ「トヨタFV2 ‐コンセプトカー・ドライブ&レーシング‐」がモーターショーの開催に先駆け、2013年11月5日(火)より公開されているのだ。クルマ好きな人だけでなく、日頃からスマホを使っている人も興味があると思うので、ここで紹介しよう。

続きを読む

世界的な競争力が注目ポイント!注目銘柄を斬る【ビジネス塾】



先月末以来、株式市場は大きく下げる展開となっている。きっかけはバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長による議会証言と議事録公開により、量的緩和(QE3)が縮小されるという観測が広がったことだ。議長の発言は雇用情勢の回復など、緩和縮小には前提条件を付けたが、マーケットは過敏に反応した。議長としても「緩和慣れ」のマーケットに対し、どの程度動揺するのかを確かめたいという思惑があったのかしれない。世界マーケットは米金融緩和により上昇してきたという側面は否定しがたく、当面は避難訓練(緩和縮小の発言)を繰り返しながら、耐性をつけていくことになろう。

このような局面ではテーマ株やムードだけで買われた銘柄は、調整も厳しくなる。米国経済の回復が明らかとなり、世界経済の拡大傾向への確信が深まる中、世界的な競争力を有する銘柄の押し目を丹念に拾うことが安全策といえよう。今回はトヨタ<7203>とクボタ<6326>に注目してみたい。

続きを読む

さまざまなコラボを実現したい!TOYOTA×STUDIO4℃ meets ANAについて中の人に聞く (STUDIO4℃)



先日、「NEXT GENERATION クロスコラボレーション!TOYOTA×STUDIO4℃ meets ANA シンポジウム開催」で紹介したように2013年3月21日、世界最大級のアニメの祭典「東京国際アニメフェア2013」の初日となるビジネスステージにおいて、「TOYOTA×STUDIO4℃ meets ANA シンポジウム  NEXT GENERATION クロスコラボレーション ~ソフト・パワーで拓くグローバル戦略の新機軸と、ジャパン・スピリットの発信~」と題したシンポジウムが開催された。

続きを読む

マーケティングで感動を作り出す!TOYOTA×STUDIO4℃ meets ANAについて中の人に聞く(TOYOTA)



先日、「NEXT GENERATION クロスコラボレーション!TOYOTA×STUDIO4℃ meets ANA シンポジウム開催」で紹介したように2013年3月21日、世界最大級のアニメの祭典「東京国際アニメフェア2013」の初日となるビジネスステージにおいて、「TOYOTA×STUDIO4℃ meets ANA シンポジウム  NEXT GENERATION クロスコラボレーション ~ソフト・パワーで拓くグローバル戦略の新機軸と、ジャパン・スピリットの発信~」と題したシンポジウムが開催された。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ