ITライフハック

トーク

「LINE」のビデオ通話・トークルームカメラ内で展開する新たな広告メニュー「スポンサードエフェクト」の提供を開始

FENDI_effectimage

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」上において、新たな広告メニュー「スポンサードエフェクト」の提供を開始した。

「スポンサードエフェクト」は、ユーザーの顔や表情を認識しコミュニケーションを行える「LINE」のビデオ通話、トークルームカメラにおけるエフェクト機能を活用した、新たな広告メニュー。ユーザーは「LINE」内の「ビデオ通話」「チャットライブ」「カスタムカメラ」の各機能*1で、エフェクトを横断的に利用することができる。

「LINE」の中で日常的に利用するユーザーが多い、ビデオ通話機能におけるエフェクトの適用回数は月間6000万回以上、トークルームカメラはデイリーで800万回以上起動されており、非常に高い頻度で日常的に利用されている。

広告主は、「スポンサードエフェクト」を通じ、7100万人超の「LINE」ユーザーに向け、より自然な形で自社ブランドの世界観や企業キャラクター、ロゴや商材を露出することが可能になり、ブランディングや認知度のさらなる向上を実現するとしている。

第一弾として、2017年12月4日より2018年1月1日まで、フェンディによるスポンサードエフェクトを配信する。エキサイテングな遊園地をイメージした「フェンディ ランド」をモチーフとした、ホリデーシーズンを彩る遊び心あふれるエフェクトにより、ユーザー間のコミュニケーションをより楽しめるようになっている。

フェンディ ランド

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
国立情報学研究所とLINEが共同研究へ。覚書を締結して共同研究部門設置など協議
毎日の通勤時間でビジネススキルがグングン向上! 進化した「グロービス学び放題」
渋谷区と日本マイクロソフトが共同開発したAIキャラクター「渋谷 みらい」を公開
LINE Pay、セブン銀行ATMとの連携を開始
東京メトロ、訪日外国人向け車両内無料Wi-Fiサービスを拡大






みずほ銀行のLINE公式アカウントで宝くじの当選番号照会が可能に

画像1

みずほ銀行は2017年3月21日(火)より、LINEのみずほ銀行公式アカウントトーク画面上で、「宝くじ当せん番号照会」の機能を追加する。

「宝くじ当せん番号照会」は、ジャンボ宝くじ・ロト(ロト7・ロト6・ミニロト)・ナンバーズ(ナンバーズ3・ナンバーズ4)が対象。みずほ銀行公式アカウントトーク画面上で「宝くじ」と入力すると対象の宝くじを選択する画面が表示され、タップすると当せん番号を確認することができる。また、「ジャンボ」「ロト7」など知りたい宝くじ商品を具体的に入力しても当せん番号を確認することが可能だ。なお今回の機能追加については、みずほ銀行口座を持っていない人でも、みずほ銀行LINE公式アカウントと友だちになることで、誰でも利用可能となっている。

画像2


※初出時のタイトルですが、照会が紹介となっていました。謹んでお詫びするとともに、ここに訂正させていただきます※
公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
賞金総額700万円、シャドウバースの国内最強プレイヤーを決めるイベントを開催
音楽ゲームのルーツ「パラッパラッパー」が20年の時を経てPS4に復活!
PASMO10周年を記念したイベントを開催
東日本大震災の発生から6年。“防災動画の決定版”が完成
水族館の人気者がハンコに。海の生きものにいつでも会える「うみのいきものずかん」





本日開催、ライブドア、出版社向け新マネタイズ戦略トークセッション ustream配信も

ライブドアは、都内 渋谷の「タイムアウトカフェ&ダイナー」において、「雑誌サバイバル時代の次世代ターゲットメディア戦略」を、本日(2010年4月13日)19時より開催する。

今回のイベントは、出版社の編集職、出版社のWEB部門の担当者、広告代理店雑誌担当者を対象に、「究極のターゲットメディア」と呼ばれる雑誌が、ウェブ進出においては必ずしもその強力なブランド力を発揮するまでには至っていない現状を打破すべく、誌面とのクロスオーバーを図りながら「次世代ターゲットメディア」として新たなビジネスモデルを確立するための戦略・戦術についてのトークセッションを行うというもの。

「ワイアード」「サイゾー」「ギズモード・ジャパン」創刊者、「新世紀メディア論 新聞・雑誌が死ぬ前に」著者の小林弘人氏、「CanCam」の編集者を務め現在は「CanCam.TV」「AneCan.TV」などのネット戦略を推進する小学館の藤井敬也ウェブプロデューサーを招いて、「TechWave」(編集長・湯川鶴章氏)、「アゴラ」(編集長・池田信夫氏)など情報特化型のブログメディア事業を推進する田端信太郎氏とともに、出版社発のウェブメディアの現状を考察しながら、その進むべき方向性やビジネスモデルについて、紙とウェブをクロスオーバーする3者の立場から語ってもらうイベントとなっている。

なお、当日参加できなかった方は、Ustreamにてイベントの模様を視聴することができる。

Ustream配信URL

●イベントの概要
日 時:2010年4月13日(火)
19:00~21:00(開場18:30)
19:00~20:00 トークセッション
20:00~21:00 懇親会
 *トークセッションにより時間が延長になる場合もある。

会 場:「タイムアウトカフェ&ダイナー」 
 東京都渋谷区東3-16-6リキッドルーム2F phone: 03-5774-0440
 JR恵比寿駅西口/東京メトロ日比谷線 恵比寿駅2番出口より徒歩3分
     
出演者:小林弘人氏(株式会社インフォバーン)/ 藤井敬也氏(株式会社小学館)/ 田端信太郎氏(株式会社ライブドア)

モデレーター:藤田誠氏(ターゲッティング株式会社)

参加費:無料 ※懇親会はワンドリンク無料、2杯目からは飲み物は費用がかかる。食事代は無料

定 員:50名  ※応募者多数の場合は抽選となる

対 象:出版社の編集職、出版社のWEB部門の担当者、広告代理店雑誌担当者

 「雑誌サバイバル時代の次世代ターゲットメディア戦略」詳細情報
株式会社ライブドア

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■インターネット関連の記事をもっとみる
新たな旅立ちへ!ライブドアをNHN Japanが子会社化
Google Map がどうして古典3D技術を使ったのか?
有料プランが無料に!ブログを立ち上げてみよう
クリエイター向けの新講座が誕生!その名も「千貫りこのXHTML/CSS中級講座」

今日からはじめるライブドアブログ (三才ムック VOL. 271)

三才ブックス
売り上げランキング: 13788

「第9地区」エイリアンと話せるiPhoneアプリが登場

映画「第9地区」 は全米公開時、オリジナル脚本、キャストはノーネーム、監督は新人、舞台は遠方南アフリカという、およそ「ハリウッド的」ではない正体不明の作品であったにも関わらず、興収3700万ドル(約35億円)で全米初登場No.1に輝き、本年度アカデミー賞の「作品賞」 ほか計4部門にノミネートされた話題作だ。

そんな「第9地区」がiPhoneアプリとして登場した。
ギャガ株式会社は、株式会社オブジェクトレイシャスの開発のもと、iPhoneの無料アプリケーション「宇宙人トーク」をリリースしたと発表した。

ギャガは、
「本アプリによって、昨今5,000万台を超えたiPhoneユーザーに向け映画の認知度を高めると共に、興行収入の拡大を目指します。」と、コメントしている。

■スペシャルコンテンツが閲覧できる
iPhoneアプリ「宇宙人トーク」 は、4月10日に公開する映画「第9地区」のプロモーションとして開発されたもの。
本編のストーリーになぞらえ、28年前に突如飛来し難民として受け入れられたエイリアンと、人間との共存をテーマに、チャット機能で会話を楽しむことができるほか、予告編映像や、iPhone特有の操作(コミュニケーション画面にてiPhoneを振る、またはコミュニケーション画面にて、宇宙人の顔を擦るなど)でスペシャルコンテンツを閲覧することができる。

「宇宙人トーク」
株式会社オブジェクトレイシャス
ギャガ株式会社

■モバイル関連の記事をもっとみる
待ち合わせ革命!あせる イライラする を解消
ジョブズ氏も絶賛!アップル、iPhone OS 4 ベータ版を正式発表
効果的なiPhoneアプリのプロモーション10ヶ条
カテゴリ別で第1位!どこでもニュースが読めるiPhoneアプリ「LDNReader」

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ