ITライフハック

ドワンゴ

米林宏昌監督の最新作「メアリと魔女の花」の一部に「OpenToonz」を使用

メアリと魔女の花_完成画面

ドワンゴは、2016年3月にオープンソースソフトウェアとして公開した2Dアニメーション制作ソフトウェア「OpenToonz」が、2017年7月8日に劇場公開された米林宏昌監督の最新作「メアリと魔女の花」(スタジオポノック制作)の制作の一部に使用されたと発表した。

OpenToonzは、イタリアのDigitalVideo社が開発した「Toonz」をもとに、ドワンゴが誰もが無償で利用でき、改良できる形に開発・公開したオープンソースソフトウェア。OpenToonzには、長年Toonzを利用してきたスタジオジブリがカスタマイズした機能に加え、ドワンゴの人工知能技術を使ったエフェクトや、誰もがエフェクトを追加できるプラグイン機能が搭載されている。さらに、これまで制作現場からの要望を受け、改良が行われてきました。

「メアリと魔女の花」では、OpenToonzが以下の工程で使用されている。

■OpenToonzが使用された工程
・色彩設計工程において、キャラクターの色がカット毎の背景に合うように調整する作業の一部で使用された。「OpenToonz」の、キャラクターの色を柔軟に管理できる「パレット」機能と、背景・キャラクターを重ねた状態で即座にプレビューできる点が活用された。

・作品内に登場する「魔法のシャボン玉」の表現のため、シャボン玉の虹色パターンの特殊効果素材を生成するエフェクトが新たに開発され、撮影工程の中で使用された。

・紙に描かれた動画をスキャンする工程の一部で、「OpenToonz」と同時に公開されたスキャンツール「GTS」が使用された。


本作品は、OpenToonzがアニメーション映画に使用された初めての事例となるとのこと。

©2017「メアリと魔女の花」製作委員会

「OpenToonz」
「メアリと魔女の花」 公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
「リアルダービースタリオン」今秋デビュー予定2歳馬の名前を募集開始
ニコ生でBREAKERZデビュー10周年記念10時間特番の放送が決定
ドワンゴ × カラ― × 麻生専門学校グループがアニメ・CG制作会社を福岡に設立
「とある科学の超電磁砲」「とらドラ!」など、海の日にアニメ全19作品の“水着回”を一挙放送
「ニコニコ生放送」&「ニコニコチャンネル」2017年7月期TVアニメ新番組発表



新訳 メアリと魔女の花
メアリー・スチュアート
KADOKAWA
2017-07-14



ドワンゴ × カラ― × 麻生専門学校グループがアニメ・CG制作会社を福岡に設立

スタジオQ設立

ドワンゴ、カラー、麻生専門学校グループの3社は、2017年7月にアニメ・CG制作会社「株式会社プロジェクトスタジオQ」を共同設立した。

一般社団法人日本動画協会「アニメ産業レポート2016」によると、2009年から2015年までアニメ産業市場は右肩上がりの状況で、2015年のTVアニメ制作本数は過去最高の314本など第四次アニメブームの到来と言われている。またフルCGの映画作品、スマートフォン向けゲームの増加などCG活用の場も年々広がっている。

アニメ制作会社数も2011年の全国419社から2016年には全国622社と、約1.5倍増加。そのうちの87.1%が東京に集中しており東京では慢性的な人手不足という状況のため、まだ需要の少ない九州の地を今回のプロジェクトの場として選んだとのこと。

プロジェクトスタジオQでは、ネットとデジタルおよび若手育成も含めた人材を活かして、日本ならではのより良い作品を福岡から発信していきたいと考えている。

■会社概要
・社  名 :株式会社プロジェクトスタジオQ
・代 表 者 :代表取締役社長 太田 豊紀
・役  員 :取締役 小林 浩康
       取締役 麻生 健
・創作管理統括:庵野 秀明
・住  所 :福岡県福岡市博多区博多駅南1-8-12
・設  立 :2017年7月3日
・事業内容 :アニメ・CG作品の制作


■関係者のコメント
株式会社プロジェクトスタジオQ 創作管理統括 / 株式会社カラー 代表取締役社長 庵野 秀明
この度縁あって、麻生塾さん・ドワンゴさんと一緒にCGアニメーションを主とした人材育成計画を立ち上げる事になりました。 この3社プロジェクトにより、わずかでも現地産業に貢献し、人材を活かし、少しでもアニメCG業界を手助けし、ちょっとでも作品クオリティーを押し進める事が出来れば、幸いです。

株式会社プロジェクトスタジオQ 取締役/学校法人麻生塾 理事長 麻生 健
九州という地で、業界のトップクリエイターの方々と最前線の仕事に取り組む会社を設立いたしました。多くのクリエイター、またクリエイターを目指す方々にとって新たな選択肢となることを期待しています。 九州からアニメ・CG業界を担う有為な人材を育成し、業界のさらなる飛躍に貢献できるよう努めてまいります。

株式会社ドワンゴ 代表取締役会長 川上 量生
アニメーションは日本が世界に誇る文化です。しかし、世界的なデジタル化の流れの中、日本らしいCGアニメーションの手法の確立は、まだまだ、これからです。 ネットの時代、デジタルの時代、どこにいても作品が作れる時代。福岡の地に生まれたスタジオQの活躍に期待しています。

プロジェクトスタジオQ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
「とある科学の超電磁砲」「とらドラ!」など、海の日にアニメ全19作品の“水着回”を一挙放送
「ニコニコ生放送」&「ニコニコチャンネル」2017年7月期TVアニメ新番組発表
平均年齢27歳の大人アイドルユニットprediaのツアーファイナルの模様をニコ生で独占生中継
ニコニコアンケート「月例ネット世論調査」を実施。内閣支持率52.7%前月比1.7ポイント減
東京都議会議員選挙投開票日に向けたネット選挙企画をニコ生で実施






「とある科学の超電磁砲」「とらドラ!」など、海の日にアニメ全19作品の“水着回”を一挙放送

15_干物妹!うまるちゃん

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、海の日にあわせた2017年7月17日(月)12時から20時までの8時間にわたり、「ぜんぶ水着回/アニメ『水着回』19作品一挙放送」を放送する。

今回のラインナップは、「とある科学の超電磁砲」や「とらドラ!」など、アニメ全19作品から、登場キャラクターが水着ではしゃぐ回だけを一挙放送する。

■特集概要
 タイトル:ぜんぶ水着回/アニメ「水着回」19作品一挙放送
 放送日時:2017年7月17日(月・祝)12時00分 ~ 20時00分
 視聴URL :http://live.nicovideo.jp/gate/lv302100653

■作品ラインナップ
・「Another」
  第8話「Hairstand<紺碧>」

・「異能バトルは日常系のなかで」
  第10話「迷路<プールズラビリンス>」

・「機動戦艦ナデシコ」
  第10話「「女らしく」がアブナイ」

・「最弱無敗の神装機竜《バハムート》」
  第7話「少女の真実」

・「三者三葉」
  第6話「野菜肉肉肉肉肉肉魚」

・「じょしらく」
  第11話「「親子芝居」「五人さかい」「ツリー惨事」」

・「生徒会役員共*」
  第8話「波との戯れ びちょびちょだぜ/万能ウィング/夏の夜 夏の朝」

・「とある科学の超電磁砲」
  第13話「ビキニは目線が上下に分かれますけどワンピースは身体のラインが出ますから細い方しか似合わないんですよ」

・「刀剣乱舞-花丸-」
  第7話「【文月】誰かを想う幸せ」

・「とらドラ!」
  第7話「プールびらき」

・「のうりん」
  第9限「学校の海パン」

・「這いよれ! ニャル子さんW」
  第7話「プールサイド、血に染めて」

・「ハロー!!きんいろモザイク」
  第10話「海べのやくそく」

・「ハンドレッド」
  第7話「囚われの荊姫」

・「干物妹!うまるちゃん」
  第12話「うまるとみんな」

・「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!」
  第2話「トリコロール・バースデー」

・「モンスター娘のいる日常」
  第5話「マーメイドのいる日常」

・「落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)」
  第5話「皇女の体験」

・「ロウきゅーぶ!」
  第8話「転生への階段」


10_とらドラ!

09_刀剣乱舞-花丸-

08_とある科学の超電磁砲


ぜんぶ水着回/アニメ「水着回」19作品一挙放送

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
「ニコニコ生放送」&「ニコニコチャンネル」2017年7月期TVアニメ新番組発表
平均年齢27歳の大人アイドルユニットprediaのツアーファイナルの模様をニコ生で独占生中継
ニコニコアンケート「月例ネット世論調査」を実施。内閣支持率52.7%前月比1.7ポイント減
東京都議会議員選挙投開票日に向けたネット選挙企画をニコ生で実施
GACKTによる究極の学園祭エンターテインメントショーをニコ生で独占生中継



とらドラ! 文庫 全10巻 完結セット (電撃文庫)
アスキー・メディアワークス
2010-11-01



「叡王戦」がタイトル戦へ昇格。将棋棋戦が8大タイトルに

314770458f17327e2724f90d36ebe849_s

ドワンゴと日本将棋連盟は、両者が主催する「叡王戦」が第3期からタイトル戦へ昇格することを発表した。タイトル戦の発足は1983年度の王座戦(第31期からタイトル戦)以来34年ぶりで、将棋界初の8大タイトルとなる。

第3期叡王戦には、全現役プロ棋士に加え、主催者の推薦により決定する女流棋士1名およびアマチュア1名が出場。段位別予選と本戦を勝ち抜いた2名が決勝七番勝負を行い、先に4勝した棋士が「叡王」の称号を獲得する(第4期以降は本戦優勝者が叡王への挑戦権を獲得)。第2期叡王戦で優勝した佐藤天彦叡王は、シードとして本戦トーナメントから出場する。なお、段位別予選は今年の6月中旬~10月、本戦は11月~12月、決勝七番勝負は
来年3月~5月に開催予定だ。

■新タイトル戦「第3期叡王戦」概要
開催時期: 2017年6月中旬~2018年5月
出場者: 全現役プロ棋士、女流1名(主催者による推薦)、アマチュア1名(主催者による推薦)
対戦形式: 段位別予選と本戦からなるトーナメント戦、本戦決勝は七番勝負

<段位別予選>
開催時期: 6月中旬~10月
出場棋士: 全現役プロ棋士、女流1名、アマチュア1名
ルール : 持ち時間各1時間(チェスクロック方式)・秒読み60秒
本戦出場枠: 四段1名、五段2名、六段2名、七段2名、八段3名、九段5名の計15名

<本 戦>
開催時期: 2017年11月~2018年1月
出場棋士: 予選を勝ち抜いた15名、佐藤天彦叡王
ルール : 持ち時間各3時間(チェスクロック方式)・秒読み60秒

<決勝七番勝負>
開催時期: 2018年3月~5月
出場棋士: 本戦決勝進出者2名
ルール :
【第1局・第2局】 と 【第3局・第4局】 と 【第5局・第6局】で、それぞれ持ち時間(下記A~C)を変更して対局を行う。ただし【第7局】は持ち時間6時間で実施。どちらかが4勝した時点で対局は終了。振り駒により第1局で先手となった棋士が【第1局・第2局】の持ち時間を決定し、第1局で後手の棋士が【第3局・第4局】の持ち時間を決定する。
※振り駒は、上位者の振り歩先で行い、「歩」が多かった場合は、上位者が第1局・第3局・第5局で先手、「と」が多かった場合は、上位者が第2局・第4局・第6局で先手となる。第7局はあらためて振り駒をする。


第3期叡王戦

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
ニコ生「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」速報発表の模様を全国6都市より生中継
粘菌学者・南方熊楠の生誕150周年記念。粘菌で再現した”人類が全世界へ広がる様子”を48時間生中継
小林幸子、ゴールデンボンバー、高橋洋子、オーイシマサヨシが超音楽祭2017のDAY2に登場
ニコ動で「ミュシャ展」「海北友松展」を同日生中継
niconico公式マストドンインスタンス「friends.nico」iOS版アプリをリリース





「イリオンとカリシア」が「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017」で上映が決定

【YC】KeyVisual

ドワンゴは、同社が制作した短編アニメ「イリオンとカリシア」が、2017年6月1日より開催される、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017 (以下、SSFF & ASIA 2017)」での上映が決定したと発表した。

本作はアニメ「AKIRA」の作画監督として知られる、なかむらたかし監督が手掛けた初の3DCGアニメーション作品。アニメーション制作には、クリエイター集団「白組」らを迎え、子供から大人まで楽しめるファンタジー作品となっている。

今回、本作品を「SSFF & ASIA 2017」の開催期間中3回にわたり、東京・横浜の2会場にて無料で上映します。また、各回上映後にはなかむらたかし監督をはじめとした制作陣が登壇し、作品の解説をする他、来場客からの質問に答える予定だ。

■「SSFF & ASIA 2017」「イリオンとカリシア」上映概要
〇上映スケジュール
<第1回>
日時:2017年6月4日(日)11:20~
場所:表参道ヒルズ スペース オー
登壇:なかむらたかし監督、村田副監督、吉田CGディレクター

<第2回>
日時:2017年6月14日(水) 20:00~
場所:ブリリア ショートショート シアター
登壇:村田副監督、吉田CGディレクター

<第3回>
日時:2017年6月23日(金) 20:00~
場所:ブリリア ショートショート シアター
登壇:村田副監督、吉田CGディレクター、Chad Cannon(音楽)

〇料金
無料 ※事前予約はチケット販売サイトPeatixにて受付。


©DWANGO Co., Ltd.

チケット予約ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
NVIDIA、賞金総額60万円のeSportsトーナメント、「GeForce CUP: Overwatch powered by Level∞」を開催
ライフイズテック、「進撃の巨人」のキャラクターや世界観でデザインが学べる「創造兵団」を開催
羽田で偽家康騒動? はねだ江戸まつり2017~母上感謝祭~本日より開催中<PR>
「アイドルマスター シンデレラガールズ」とスニッカーズのコラボレーション企画の第3シーズンを開始
FINAL FANTASY XIIIの主人公「ライトニング」に菜々緒さんが挑戦


AKIRA 〈Blu-ray〉
岩田光央
ジェネオン・ユニバーサル
2011-06-22



ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ