ITライフハック

ドワンゴ

「バーチャルさんはみている」新OPの配信が決定

あいがたりない (feat. 中田ヤスタカ)キービジュアル

ドワンゴが製作を手掛けるTVアニメ「バーチャルさんはみている」の7~12話のオープニング楽曲「あいがたりない(feat. 中田ヤスタカ)」を、2019年3月6日(水)0時から配信することが決定した。

TVアニメ「バーチャルさんはみている」の7~12話のオープニング曲「あいがたりない(feat. 中田ヤスタカ)」は、日本を代表する音楽プロデューサーの中田ヤスタカ氏が作詞・作曲・編曲を担当し、本作のメインキャストであるミライアカリ、電脳少女シロ、猫宮ひなた、月ノ美兎、田中ヒメ、鈴木ヒナの6名によるVtuberスペシャルユニット「バーチャルリアル」が歌を担当している。

中田ヤスタカ氏と同ユニットの初のコラボレーション楽曲となり、氏の個性的でキャッチーなサウンドと、バーチャルリアルの明るくポップな歌声が織りなす本作は、iTunes、Google Play Musicやドワンゴジェイピーなどをはじめとする国内外の音楽配信サイトから配信される。

■楽曲情報
楽曲名:あいがたりない (feat. 中田ヤスタカ)
作詞・作曲・編曲:中田ヤスタカ
歌:バーチャルリアル (ミライアカリ、電脳少女シロ、猫宮ひなた、月ノ美兎、田中ヒメ、鈴木ヒナによるスペシャルユニット)
配信開始日:2019年3月6日(水)0時

配信情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
yes! 高須!「テクテクテクテク」と高須院長(高須克弥氏)のコラボ開始
東京アニメアワードフェスティバル2019 アニメ オブ ザ イヤー部門アニメファン賞は「BANANA FISH」に決定
社長交代でどうなる? ニコニコチャンネルの月額有料会員数が90万人を突破。全チャンネルの累計収益は100億円以上に
ニコニコ生放送でひよこを誕生まで見守ろう!ひよこの卵が孵化する様子を48時間観察
「ニコニコ超会議2019」の概要を発表。「超歌舞伎」「超人間将棋」「超ヲタ芸」などに加え「アニサマワールド」やVTuberの祭典も開催決定



バーチャルさんはみている 第3巻 [Blu-ray]
ミライアカリ
KADOKAWA / 角川書店
2019-04-24



yes! 高須!「テクテクテクテク」と高須院長(高須克弥氏)のコラボ開始

高須院長_フィールド画面

ドワンゴは、スマートフォン向けゲームアプリ“一生歩けるRPG”「テクテクテクテク」で、2019年2月15日(金)より、高須院長(高須克弥氏)とのコラボを開始した。

スマートフォン向けゲームアプリ「テクテクテクテク」は、スマートフォンの位置情報を元に、プレイヤー周辺の地図の“街区”(がいく ※道に囲まれたエリア)を塗っていくゲーム。

今回、高須院長とのコラボをし、街中に巨大な「高須院長」が登場する。新技術「デプスAR」を使用したカメラモードで現実の風景と一緒に高須院長を撮影すると、風景をAIが判定し自動合成。風景に巨大高須院長が溶け込んだ迫力ある写真を撮影できる。

■コラボ限定アイテム続々登場
コラボ期間中にログインした全ユーザーに「院長スーツ」を配布する。所持していると、キャラクター選択画面でプレイヤーキャラクターを「高須院長」に変更できる。

敵キャラクターの高須院長を倒して得られる宝箱からは、アイテムドリップ用素材「YES!」が出てくる。アイテムドリップをすると、コラボ限定アイテムの「稲妻リーチ剣」「香箱蟹」が一定確率で入手できる。

また宝箱からは、低確率でアクセサリー「かっちゃんヘリ」が出てきます。所持しているとキャラクター選択画面でプレイヤーキャラクターを「かっちゃんヘリ」に変更できる。

 コラボ期間は2月15日(金)~3月12日(火)14:00(予定)。

■テクテクテクテク×高須院長、コラボTVCMを放映
高須院長が出演する「テクテクテクテク」のテレビCMを、2月16日(土)より東京、関西、中京、福岡、札幌の各地区にて放映する。

 ヘリコプターに乗った高須院長が街中に降り立ち、ゲームのユニークさを伝える。



高須院長_バトル画面

テクテクテクテク

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
東京アニメアワードフェスティバル2019 アニメ オブ ザ イヤー部門アニメファン賞は「BANANA FISH」に決定
社長交代でどうなる? ニコニコチャンネルの月額有料会員数が90万人を突破。全チャンネルの累計収益は100億円以上に
ニコニコ生放送でひよこを誕生まで見守ろう!ひよこの卵が孵化する様子を48時間観察
「ニコニコ超会議2019」の概要を発表。「超歌舞伎」「超人間将棋」「超ヲタ芸」などに加え「アニサマワールド」やVTuberの祭典も開催決定
あぁ・・・一緒に入りたい!アニメ「お風呂回」全11作品セレクションをニコ生で一挙放送


炎上上等 (扶桑社新書)
高須 克弥
扶桑社
2018-03-02




東京アニメアワードフェスティバル2019 アニメ オブ ザ イヤー部門アニメファン賞は「BANANA FISH」に決定

BNF_KV2

ドワンゴが運営するアニメポータルサイト「Nアニメ」が特別協力する国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2019(TAAF2019)」のアニメ オブ ザ イヤー部門アニメファン賞の受賞作品が「BANANA FISH」に決定したと発表した。

TAAF2019「アニメ オブ ザ イヤー部門」は、2018年度(2017年10月15日(日)~2018年10月13日(土))に国内で上映・放映された全524作品の中から、最も優れた作品・個人に、「作品賞」「個人賞」「アニメファン賞」を授与するものです。このたび2018年度のもっともアニメファンに愛された作品に贈られるアニメファン賞は、総投票数397,145票のうち68,507票を獲得した「BANANA FISH」に決定した。結果ランキングは以下の通りだ。

また、同作のTVオンエア版1話~4話の特別上映をTAAF2019にて行うことが決定。本日2月15日(金)よりチケットを販売する。

■TAAF2019「BANANA FISH」特別上映(TVオンエア版)概要
作品:「BANANA FISH」のTVオンエア版1~4話
日時:3月10日(日) 16時00分~18時00分
場所:シネ・リーブル池袋(豊島区西池袋1丁目11-1 ルミネ池袋8階)
料金:前売り 1,600円/当日 1,800円 ※大人・学生以下共通
   ※TAAF2019の前売券はPassMarketにて販売いたします。

【アニメ オブ ザ イヤー部門「アニメファン賞」結果ランキング】
1位:BANANA FISH        68,507票
2位:おそ松さん[第2期]    46,122票
3位:ドリフェス!R       22,334票
4位:風が強く吹いている     17,047票
5位:名探偵コナン ゼロの執行人 16,621票
6位:DYNAMIC CHORD       14,249票
7位:弱虫ペダル GLORY LINE   11,045票
8位:進撃の巨人 Season 3    10,804票
9位:Free!-Dive to the Future- 10,305票
10位:ゾンビランドサガ       9,683票
11位:やがて君になる        9,044票
12位:宇宙よりも遠い場所      7,633票
13位:アイドリッシュセブン     5,432票
14位:血界戦線 & BEYOND      4,455票
15位:リズと青い鳥         4,399票
16位:SSSS.GRIDMAN         3,775票
17位:ゆるキャン△         3,090票
18位:抱かれたい男1位に脅されています。  2,756票
19位:はたらく細胞         2,685票
20位:新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION  2,165票
※21位~50位はTAAF2019公式HPで確認できる。


アニメファン賞ランキング_TAFF2019_Nアニメ

東京アニメアワードフェスティバル2019(TAAF2019)Nアニメ特設ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
社長交代でどうなる? ニコニコチャンネルの月額有料会員数が90万人を突破。全チャンネルの累計収益は100億円以上に
ニコニコ生放送でひよこを誕生まで見守ろう!ひよこの卵が孵化する様子を48時間観察
「ニコニコ超会議2019」の概要を発表。「超歌舞伎」「超人間将棋」「超ヲタ芸」などに加え「アニサマワールド」やVTuberの祭典も開催決定
あぁ・・・一緒に入りたい!アニメ「お風呂回」全11作品セレクションをニコ生で一挙放送
オーケストラ「スタミュ」千穐楽をニコ生独占生中継






社長交代でどうなる? ニコニコチャンネルの月額有料会員数が90万人を突破。全チャンネルの累計収益は100億円以上に

「ニコニコチャンネル」月額会員数の推移

ドワンゴは、同社が運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコチャンネル」にて、月額有料会員数が90万人を突破したと発表した。

■サービス開始から10年が過ぎた「ニコニコチャンネル」
2008年3月にサービスを開始した「ニコニコチャンネル」は、企業・団体・一般ユーザーが動画や生放送、記事コンテンツを配信できるプラットフォーム。専門知識不要でチャンネルを立ち上げる事ができ、有料チャンネルでは収益を得る事が可能だ。

2018年も、音楽やエンタメなど幅広いジャンルの新チャンネル群の好調が寄与し、本サービスの月額有料会員数は1年間で約24万人増加、5年間で約6.5倍に増加し、90万人を突破した(2019年2月時点)。また、ニコニコチャンネル月額有料会員数1位である『メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」』は、月額有料会員数が8万人(2019年2月時点)を突破したほか、累計収益()は総額2億5千万円、単月収益でも3千万円以上になるなど、企業コンサルティングや講演と並び、「ニコニコチャンネル」が同氏の新たな活動の場となっている。

累計収益…各チャンネルの開設時を起点として、配信者がニコニコチャンネルの月額課金を通じ、収益として受け取った金額の累計

「ニコニコチャンネル」の月額有料会員数の増加に伴い、チャンネル運営者が受け取ることのできる収益も増加している。2018年12月時点で、5年前の約20倍となる212チャンネルが累計収益1千万円を達成したほか、「ニコニコチャンネル」の全チャンネル合計では5年前の約30倍となる累計収益100億円を突破した。

■決してオワコンではないが、解決しなければいけない課題も山積みか
有料会員の減少などで「ニコ動はオワコン」などと言われており、テコ入れのためか夏野剛氏が代表取締役に就任したドワンゴ。今回の発表からもわかるように、まだ伸びしろが残っているチャンネルをどのように広げていくのかのかじ取りに注目したい

ただ、他サービスに対してアングラっぽさがいまだに強い点も否めない。たとえばかつては、ユーザー数が増える原因ともなった荒らし行為に対しては、これまで通りゆる~く放置するという選択肢はないだろう。

さらに匿名ユーザーとしての184ユーザーを残すのはかまわないが、この184設定がコメント荒らしの元ともなっているため配信する側で閲覧可能なユーザー(184は絶対不可等)を細かく指定できる設定を設けるなどが必要だろう。コメント荒らしにに遭ってしまい「怖くて配信できない」と感じている元配信者も多いと聞く。配信する側も安心して配信できるようになれば、かつてのユーザーが戻ってくる可能性もある。夏野氏がどういった方向性を示してくれるのか、まずは今年のニコニコ超会議に注目だ。

全チャンネル累収益受取額の推移

チャンネル一覧

ニコニコチャンネル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
ニコニコ生放送でひよこを誕生まで見守ろう!ひよこの卵が孵化する様子を48時間観察
「ニコニコ超会議2019」の概要を発表。「超歌舞伎」「超人間将棋」「超ヲタ芸」などに加え「アニサマワールド」やVTuberの祭典も開催決定
あぁ・・・一緒に入りたい!アニメ「お風呂回」全11作品セレクションをニコ生で一挙放送
オーケストラ「スタミュ」千穐楽をニコ生独占生中継
「エンゲージプリンセス」のボカロP新作書き下ろし楽曲を発表。バトルシステムおよび、歌姫として登場する4人の新キャラクターを初公開

自分を操る超集中力
メンタリストDaiGo
かんき出版
2016-05-27

後悔しない超選択術
メンタリストDaiGo
西東社
2018-11-17

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則
メンタリストDaiGo
学研プラス
2017-11-22


「バーチャルキャスト」が「The Looking Glass」の表示に対応。裸眼での立体視表示で新たな視聴・放送体験を提供

画像1

バーチャルキャストは、同社が提供するVRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」を2019年2月7日(木)にアップデート(バージョン1.4.8a)し、Looking Glass Factoryの「The Looking Glass」の表示に対応した。

今回のアップデートだが、ヘッドマウントディスプレイを装着して楽しむVR体験に加え、放送を通じてVRの外の世界とのコミュニケーションを楽しむうえで、従来の2Dネット放送だけでなく、未来のVR放送のイメージを具現化するべく、このたびの開発に至ったとのこと。

「バーチャルキャスト」を「ダイレクトビューモード」に設定した上で、「The Looking Glass」対応機能をONにすると、裸眼立体視に対応した画面で起動することができる。

その状態で「ダイレクトビューモード」の「凸(とつ)」を許可している番組に「凸」すると、「The Looking Glass」に「バーチャルキャスト」の世界が立体的に出現し、ヘッドマウントディスプレイ不要で視聴することができる。

「The Looking Glass」対応は、単なる視聴対応のみにとどまらず、視野角の調整など以降のアップデートに向けて鋭意開発中とのことだ。

vlcsnap-2019-02-06-21h14m56s033

VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
あぁ・・・一緒に入りたい!アニメ「お風呂回」全11作品セレクションをニコ生で一挙放送
オーケストラ「スタミュ」千穐楽をニコ生独占生中継
「エンゲージプリンセス」のボカロP新作書き下ろし楽曲を発表。バトルシステムおよび、歌姫として登場する4人の新キャラクターを初公開
ニコ生で特別公開!N高等学校で「『はたらく魔王さま!』和ヶ原聡司先生の講義を開催。一般にも開放
「闘会議2019」を幕張メッセで開催。今年は会場来場者8万4,214人、ネット来場者459万4,715人を記録

PlayStation VR Special Offer
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018-12-06





「ニコニコ超会議2019」の概要を発表。「超歌舞伎」「超人間将棋」「超ヲタ芸」などに加え「アニサマワールド」やVTuberの祭典も開催決定

シンボルマーク

ドワンゴは、2019年4月27日(土)、28日(日)に千葉・幕張メッセで開催する「niconico」の超巨大イベント「ニコニコ超会議2019」のブース企画や協賛企業などの情報を発表したほか、キャッチコピー、シンボルマークを公開した。

2月5日(火)に「ニコニコ生放送」で放送された「ニコニコ超会議2019 第1回発表会」で、「ニコニコ超会議2019」のキャッチコピーおよび、シンボルマークを公開した。キャッチコピーは、「同じってうれしい。違うってたのしい。」に決定。シンボルマークは、ユーザーから事前に募集した150以上の作品の中からユーザーのアンケートにより、「マンゴー」さんの作品が選ばれた。

今年のニコニコ超会議も、「歌ってみた」、「踊ってみた」、「ボーカロイド」、「ゲーム」、「将棋」、「歌舞伎」など多彩なジャンルのブースを展開するほか、VTuberの祭典を開催するなど、全100以上にのぼるブース企画を実施し、ネットとリアルの垣根を「超」える体験をお届けする。

なお今回は「アニサマワールド in ニコニコ超会議2019」の開催が決定した。「アニサマワールド」は世界最大級のアニソンイベントに成長した“アニメロサマーライブ”を“もっと近い距離で、もっと気軽に地方や海外でアニサマを公演したい”という想いから企画されたライブイベントで、日本のみならず海外公演でも大成功を収めている。詳しい情報は3月末に発表される。

またニコニコ超会議2019にて、VTuberの祭典の開催が決定した。幕張メッセのホール1つをまるごと使用した本企画の詳細は、3月末に発表される。

また逢いたい、桜がある。 「ニコニコ超会議2019 超歌舞伎 supported by NTT」 「歌舞伎」×「niconico」×「最新技術」の融合として今年で4年目を迎える「超歌舞伎 supported by NTT」は、歌舞伎俳優とボーカロイドキャラクターの共演という全く新しい舞台を実現。今年も伝統ある歌舞伎と最新テクノロジーの融合を楽しんでほしい。

■ 光のアートとダンスのエンターテイメント 「超ヲタ芸エリア supported by LUMICA」
今年初登場となる「超ヲタ芸エリア supported by LUMICA」では、ヲタ芸/サイリウムダンスの世界大会『サイリウムダンスワールドバトル』の日本予選を開催。そのほか、これまでヲタ芸に触れたことのないユーザーでも気軽に楽しめるレッスン企画も用意している。

■ 将棋のまち、山形県天童市の春の風物詩が
ニコニコ超会議バージョンに 「超将棋 supported by タカラレーベン」 「人間将棋」が、ニコニコ超会議バージョン「超人間将棋」となって初登場する。

「人間将棋」は、人間を将棋の駒に見立て巨大な将棋盤でプロ棋士が対局するイベント。ニコニコ超会議では、将棋駒役になりたいユーザーを募集予定。「超人間将棋」に関する詳しい情報は今後、追加で告知される。

■ TVアニメ『バーチャルさんはみている』 トーク&LIVEイベント!「バーチャルさんがいっぱい supported by SANYO」トーク&LIVEイベント
「バーチャルさんがいっぱい」では、TVアニメ『バーチャルさんはみている』に出演中のミライアカリ、電脳少女シロ、猫宮ひなた、月ノ美兎、田中ヒメ、鈴木ヒナなど、多数のVTuberが出演予定。普段観ることのできないVTuberたちの魅力が詰まった企画が用意される。

また、TVアニメ『バーチャルさんはみている』Blu-ray第1・2巻には、初回生産特典として、本イベントのチケット優先販売申込券が封入されている。

■ 音楽と映像が織り成す新たな法要 「超テクノ法要」
「超テクノ法要」は、仏像に”極楽浄土”をイメージした様々なプロジェクションマッピングをあて、元DJである照恩寺住職による”テクノ音楽”と、”テクノ風にアレンジされたお経”とともに行われる最先端テクノロジーを駆使した法要。今年も会場で住職によるパフォーマンスを実施するほか、会場でユーザーがお坊さんと直接対話ができる「お坊さんと話そう」や宗派によって異なる形や色が楽しめる「袈裟コレクション」など、昨年好評だった企画もさらにパワーアップして開催する。

■ 誰もが主役になれる・誰もが表現できる 「超歌ってみた」
「超歌ってみた」ブースは、誰でもプロ仕様の音響・照明のステージで歌うことができる。今年はツイッターで事前に合唱曲のリクエストを4曲募集。曲が採用された方には、ステージセンターで歌える権利がプレゼントされる。

■ みんなで創り上げるステージ 「超演奏してみた」
「超演奏してみた」では、”ユーザーが創るステージ”をコンセプトに、今年も様々な楽器演奏ステージをお届け。1日の終わりには、「超歌ってみた」「超演奏してみた」「超踊ってみた」がコラボした「超合わせてみた」を開催。ニコニコ超会議でしか見ることのできない大共演が今年も実現する。

■ 踊れ!騒げ!集った全員が主役! 「超踊ってみた」
来場者が気軽に参加でき、数百人が同時に踊る様子が圧巻の「超踊ってみた」。今年も多くの踊り手が参加できる「超踊ってみたライブ」や「超振り付け選手権」など、1日中踊って楽しむことができる空間をお届けします。また今年の「超踊ってみたオフ」のテーマ曲は、「ヒャダイン」こと前山田健一が書き下ろし。楽曲は3月の生放送特番で公開される。
【MC】 あすぱら(COJIRASE THE TRIP)、ぜあらる。、やっこ(Q’ulle)
【出演者】 足太ぺんた、AMU、仮面ライアー217(COJIRASE THE TRIP)、芝健(アナタシア)、鷹文、ぴのぴ、ふうか(しゃばだばSTEP)、まなこ(Q’ulle)、まりやん、みうめ(COJIRASE THE TRIP)、めろちん、夕香里(ATY)、RYO(SHARE LOCK HOMES)、りりり

■ 料理の概念を覆す!? 「超料理」
「超料理」では、会場の特設キッチンから公開生調理をお届け。料理の動画投稿でお馴染みのパンツマンがレシピを見ずに料理に挑戦する「ちゃれんじCooking」や、サバイバリストのカメ五郎が自ら狩ってきた食材で料理する「超ワイルドクッキング」、またムキかわアイドル・才木玲佳が調理道具を使わずに料理に挑戦する「ムキかわ!マッスルクッキング!」など、盛りだくさんの内容でお送りする。
【MC】 ピクピクン☆、サトウキビ、玉メンマ
【出演者】 パンツマン、WAWAWA(道具のみ)、カメ五郎、才木玲佳、やみん、おもちまいん、桃井あち、かなた、もっちゃん

■ ネット発のクリエイターのゲームを連載するwebサイト「ゲームマガジン」の人気作品が登場
●超ホラーハウス 『殺戮の天使』

2017年、2018年と毎年好評の超ホラーハウス『殺戮の天使』。今年も”鎌ドン”と共にニコニコ超会議に帰ってくる。
●『被虐のノエル』 カジノ”ミスティ”超会議支部
ゲーム内に登場するカジノ“ミスティ”がニコニコ超会議に再現され、ブラックジャックやルーレットなどのカジノゲームが楽しめる。
●『アルネの事件簿』が初出展
“吸血鬼探偵”のアルネと少女・リンが、奇妙な殺人事件の謎を解く本格推理ゲーム『アルネの事件簿』がニコニコ超会議初出展。企画の詳細は後日発表される。

■ アドベンチャーあり、バトルありのラブコメRPG!『エンゲージプリンセス』
原作・メインストーリー/伏見つかさ、メインキャラクターデザイン・イラスト/かんざきひろでお送りする完全新作PCブラウザゲーム『エンゲージプリンセス』(2019年4月1日リリース)では、ゲームを更に盛り上げるさまざまな企画を用意している。

■ ノンストップのボーカロイド 「超ボーカロイドエリア」
「超ボーカロイドエリア」では人気のボーカロイド楽曲をノンストップでつなぐ音楽イベント「ボカニコ2019 supported by 東武トップツアーズ」が今年も開催決定。
【出演者】 ATOLS、DJ’TEKINA//SOMETHING、DJシーザー、GYARI、kz(livetune)、Misumi、Omoi、R Sound Design、sasakure.UK、きくお、ピノキオピー、みきとP、八王子P、和田たけあき ほか

■ 「THE VOC@LOiD 超 M@STER 42」
ボーカロイド・UTAUに焦点をあてた同人即売会、通称“ボーマス”を今年も開催する。ボカロPの新曲・新譜が直接手に入るのはこの即売会だけ。

■ 「東方Project」エリア
●今年のお味は? 「超ZUNビール」

「東方Project」の生みの親・ZUNと、「2ちゃんねる」の生みの親・ひろゆきの二人がプロデュースしたビールが飲める「超ZUNビール」。今年のひろゆきビールは「爽やかな花の風味で飲みやすいビール」、ZUNビールは「真っ赤なしっかりとしたインパクトの強いビール」を用意。※当日は年齢確認のため身分証明書が必要。
●「博麗神社例大祭 超濃縮版」
 「東方Project」オンリーの同人即売会が今年も熱い!
●「超東方ライブステージ2019」
 「東方Project」の楽曲アレンジでお馴染みのサークル&アーティストが多数出演のLIVEステージ。

■ニコニコ超会議2019  開催概要
【開催日時】 2019年4月27日(土)10:00~18:00、28日(日)10:00~17:00
【主催】 niconico
【会場】 幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール
【入場券】一般入場券…【前売券】 1,800円  【当日券】 2,300円  【2日通し券】 3,100円
     優先入場券…【1日券】 2,000円  【2日通し券】 3,500円
     団体入場券…【1日券】 2,000円 / 人 ※15名様~申込可
     超歌舞伎 指定席券…【13時の部】 3,000円 【16時の部】 3,000円
【企画一覧】
超歌ってみた / 超踊ってみた / 超演奏してみた Supported by 大和証券 / 超料理 / 超アニメエリア / 超ゲームエリア超!ギネス世界記録TM / 超ZUNビール / 超鉄道 / ニコニコ超神社 / 超FacePaint / 超リアル脱出ゲーム / オープニングセレモニー中曽根OFF / 超ヲタ芸エリア Supported by LUMICA / 超ボーカロイドエリア / 超まるなげひろば / 超ニコニコ結婚式 / 超痛車天国 / 超東方LIVEステージ2019 / 博麗神社例大祭 超濃縮版 / 超コスプレエリア / THE VOC@LOiD 超 M@STER 42 / ラブコメRPG『エンゲージプリンセス』 / 超将棋 supported by タカラレーベン / 超テクノ法要×向源 / ニコニコ超年表 Edited by ニコニコ大百科 / 超定点放送24時 / 超配信者エリア /超ホラーハウス 「殺戮の天使」 / 「被虐のノエル」カジノ”ミスティ”超会議支部 / アルネの事件簿 / 超物販 / 超歌舞伎 Supported by NTT / N高文化祭2019 / 超「#コンパス」ステージ / アニサマワールド in ニコニコ超会議2019 / バーチャルさんがいっぱい Supported by SANYO / ほか

■協賛・出展一覧
【超特別協賛】 NTT
【特別協賛】 #コンパス~戦闘摂理解析システム~ / スズキ株式会社
【協賛】 株式会社三洋物産
【カテゴリー協賛】 サッポロビール株式会社 / 大和証券株式会社 / 株式会社タカラレーベン / 東武トップツアーズ株式会社 /
ビタミン炭酸MATCH / 株式会社ルミカ
【出展】 伝説対決 -Arena of Valor- / IRIAM / 超台湾 / bilibili / 松竹株式会社 / LIVE DAM STADIUM / 8x4 MEN / 葛飾区 / クォーレ / トレゾー / KRAFTON, Inc. / 連合 / 一風堂 / 茨 ひより / 岩手県 / 崎陽軒 / 辛(シン)ラーメン / 凄麺 / スーパーミリオンヘアー / 一般財団法人長岡花火財団 / 肉の万世 / PikattoAnime/ピカットアニメ / キッチンDIVE / GAMEショコラ / ココロパーク株式会社 / コスパ / 佐賀県唐津市 / ジーストア / 株式会社ドミノ・ピザジャパン / 長崎県松浦市 / 株式会社三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ / 株式会社インパクトジャム / 株式会社カイゼル / カミカゼスタイル / きゃらON! / 牛たんのせんだい / 互助交通有限会社 / 株式会社シーズナルプランツ / 中外鉱業株式会社 / DEZAEGG.COM / 肉の匠 将泰庵 / 株式会社ニュー・スターケバブ / 原宿電気商会 / 兵庫県洲本市 / 山口県周南市 / ライフガード


超テクノ法要

超ボーカロイドエリア

超歌舞伎ティザー画像

超人間将棋

ニコニコ超会議2019公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
あぁ・・・一緒に入りたい!アニメ「お風呂回」全11作品セレクションをニコ生で一挙放送
オーケストラ「スタミュ」千穐楽をニコ生独占生中継
「エンゲージプリンセス」のボカロP新作書き下ろし楽曲を発表。バトルシステムおよび、歌姫として登場する4人の新キャラクターを初公開
ニコ生で特別公開!N高等学校で「『はたらく魔王さま!』和ヶ原聡司先生の講義を開催。一般にも開放
「闘会議2019」を幕張メッセで開催。今年は会場来場者8万4,214人、ネット来場者459万4,715人を記録


たのしいプロパガンダ (イースト新書Q)
辻田真佐憲
イースト・プレス
2015-12-31


「エンゲージプリンセス」のボカロP新作書き下ろし楽曲を発表。バトルシステムおよび、歌姫として登場する4人の新キャラクターを初公開

エンゲージプリンセスKV

ドワンゴは、KADOKAWAのエンターテインメントノベルレーベル「電撃文庫」25周年記念作品として、同社と共同開発している完全新作PCブラウザゲーム「エンゲージプリンセス」(2019年4月1日配信予定)の初公開となるゲームシステム概要を公開した。また、ボカロP新作書き下ろし楽曲と4人の新キャラクターも公開した。

■バトルシステム概要
【最大5人のヒロインとパーティを組みバトルに挑もう】

バトルシステム概要を初公開した。本ゲームはオートで進行し、最大5人のヒロインでパーティを組んでバトルに挑む。バトルでは、ゲストを1人設定することが可能だ。ヒロインたちの攻撃やヒロインそれぞれの固有スキル「スクリプト」を繋いで、連続で攻撃をする「コンボ」を繰り出し、バトルに挑もう。

【ボカロPの楽曲が戦闘の状況一変させる歌姫(DIVA)システム】
ヒロイン1人ずつに割り振られている「歌姫」を呼び出すことで、戦闘を有利に進めることができる歌姫(DIVA)システムを初公開した。歌姫を呼び出す「DIVA CALL」を発動することで、本リリースで公開された新作書き下ろし楽曲がかかり、バトルを盛り上げる。

バトルシステム詳細はこちら
https://ch.nicovideo.jp/engageprincess/blomaga/ar1724334

21_バトル画面09:歌姫(DIVA)発動中(レムレス)

15_バトル画面03:サポートスクリプト(マーリン「剣の夢」)


【ボカロP新作書き下ろし楽曲と新キャラクターを初公開】
「エンゲージプリンセス」にて使用されるボカロPの新作書き下ろし楽曲は約20曲。そのうち6曲の楽曲名、担当ボカロPを初公開した。当楽曲の一部は、【ラブコメRPG『エンゲージプリンセス』ニコニコチャンネル】で公開される。また、歌姫として登場する新キャラクターのキャラクター画像、イラストレーター、担当声優が発表された。

【ボカロP新作書き下ろし楽曲6曲を初公開】
曲名:21世紀の米騒動
作詞・作曲・編曲:cosMo@暴走P
キャラクター名:獄炎姫イフリート
イラストレーター:Garuku
声優:吉田仁美

曲名:僕はボクサー
作詞・作曲・編曲:buzzG
キャラクター名:風女王ニンリル
イラストレーター:apapico
声優:相良茉優

曲名:イン・ブルーム
作詞・作曲・編曲:ポリスピカデリー
キャラクター名:愛玩姫サキュバス
イラストレーター:wogura
声優:たかはし智秋

曲名:トビラシア
作詞・作曲・編曲:40mP
キャラクター名:レムレス
イラストレーター:かんざきひろ
声優:三澤紗千香

曲名:ハードロマンチッカー
作詞・作曲・編曲:れるりり
キャラクター名:マーリン
イラストレーター:かんざきひろ
声優:日高里菜

01_DIVA01_獄炎姫イフリート

03_DIVA02_風女王ニンリル

05_DIVA03_愛玩姫サキュバス

07_DIVA04_海竜王レヴィアタン

09_DIVA05_レムレス

11_DIVA06_マーリン

©2018 伏見つかさ/ストレートエッジ ©KADOKAWA CORPORATION 2018 ©2018 DWANGO Co., Ltd. 
イラスト/かんざきひろ ※画面は開発中のものです。

エンゲージプリンセス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
ニコ生で特別公開!N高等学校で「『はたらく魔王さま!』和ヶ原聡司先生の講義を開催。一般にも開放
「闘会議2019」を幕張メッセで開催。今年は会場来場者8万4,214人、ネット来場者459万4,715人を記録
ニコ生で私立恵比寿中学とNegiccoによるジョイントライブ2本を独占生中継
ドワンゴの競馬予測AIプロジェクト第2シーズンが第1シーズンを超える成績を達成!
「ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙2018年間大賞」は「ゾンビランドサガ」に決定





いよいよ今週末に開催!「闘会議2019」見どころ満載の各ブース情報

main

Gzブレインとniconicoは、2019年1月26日(土)・27日(日)に開催するゲームファンとゲーム大会の祭典「闘会議2019」のブース情報を公開した。

◆ 闘会議ステージ
『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』や『パズル&ドラゴンズ』、『レインボーシックス シージ』などの人気ゲームの大会や、プロゲーマーによるトークセッションなど、注目の企画を実施!

◆ 第4回スプラトゥーン甲子園ブース
全国各地で開催された予選を勝ち上がった地区代表と、オンライン大会を勝ち上がった代表の16チームが集結し、いよいよ「スプラトゥーン甲子園」の全国決勝大会!

◆ ゲーム実況ステージ
お馴染みのゲーム実況者や、人気声優、ゲーム好き有名人が多数出演!

◆ あそびホーダイエリア
さまざまなアナログゲームや、アーケードゲーム、「闘会議」恒例の巨大コントローラーなど、いろんなゲームで遊びまくろう!

◆ XFLAG BATTLE STADIUM
『モンスターストライク』初のジュニア向けeスポーツ大会「モンストジュニアグランプリ2019」を開催! 『モンスト』や『モンスターストライク カードゲーム』、『ファイトリーグ』ブースではノベルティのプレゼントも!

◆ PlayStationブース
『CoD ブラックオプス 4』世界大会への出場をかけた戦い。日本代表チーム決定の瞬間を見届けよ!

◆#コンパスステージ
昨年も大好評であった「#コンパス 野良バトグランプリ」のほか、「プチ炎上 #コンパス甲子園南関東大会」や「#コンパス 女子バトグランプリ」など、さまざまな大会を実施!

◆ 『Kick-Flight』フライングプレイパーク@闘会議2019
配信前の新作スマホゲーム『キックフライト』を先行体験できるブースを設置。ゲストによるバトル企画や、 ”フライング” お楽しみ企画も!?

◆ Fate/Grand Order
TYPE-MOONが贈るFateRPG『Fate/Grand Order』が初出展。チャレンジクエストや、スタンプラリーなど、企画が満載!

◆ ドラガリアロストブース
SCRAP監修の謎解きキット「碧竜からの挑戦」を配布!

◆ UNTIESブース
発売前の『BATTLLOON -バトルーン-』や「東方創作ゲーム」をいち早く体験!

◆ VTuber 大蔦エル&キミノミヤ eスポーツブース
中京テレビVTuberアナウンサー・大蔦エルが、 eスポーツ専門メディア「es‐GAME」を紹介!

◆ リアル謎解きゲーム
会場に散りばめられた謎を解き明かせ!今年は、『Identity V 第五人格』が舞台に。

◆ ゲームのセンター試験
あらゆるゲームハード・ジャンルについての設問へ、マークシート形式で解答するゲームの基礎能力「ゲーム学力」を判定する試験。あなたの「ゲーム学力」はいくつ?

◆ コスプレエリア
コスプレを思いっきり楽しもう!一般参加のコスプレエリアを両日開催。

◆ 踊ってみたエリア
人気踊り手による振り付けレッスン。『スプラトゥーン』、『#コンパス』の楽曲をみんなで踊ろう!

◆ 【ARTILIFE】耐久!人工生命観察
人工生命観察プロジェクト「ARTILIFE」。 2日間ぶっ通しで、人工生命を見守り続けよう!

◆ N高”闘”学校
「第18回アジア競技大会」で金メダリストとなった、 N高生の相原翼(レバ)選手と『ウイニングイレブン 2019』で対戦!果たして貴方はアジア壁を打ち破れるか!?

◆ 公式アイケアパートナー「アイケアクリニック G-SQUARE&わかさ生活」
ゲーマーは目が命!眼精疲労に特化したマッサージ体験や、動体視力を測定するオリジナルミニゲームなど、強力タッグのアイケアを体験しよう。

◆ デスク秘密基地化計画
最強のゲーミング環境を!自室を秘密基地化できるBauhutteのコンセプトデスクシリーズが、会場で体感できる!

◆ モンスターエナジーブース
遊者たちにエネルギーを補給!会場で、「モンスターキューバリブレ」のサンプリングを実施。

◆ JNCA自作ゲーム発表
「えんもち屋」「いい大人達」より出演者が多数参加。新作ゲームを遊び倒そう!

◆ まるなげひろば powered by ニコつく
ユーザーに企画から準備、運営まですべてを丸投げ。みんなで作り、みんなが楽しむ「まるなげひろば」には、たくさんの展示・体験・販売サークルが集合。

◆ 物販・フードコート
公式グッズに、「闘会議2019」限定商品!グッズやお土産を購入するなら物販ブースへ!
人気ゲームとのコラボフードや、ガチャうどん、かつサンドに、ハンバーグなど、フード・ドリンクもバラエティ豊かに販売。

■「闘会議2019」概要
開催日程:2019年1月26日(土) 10:00~18:00 / 1月27日(日) 10:00~17:00
※1月25日(金)は「JAEPO2019」業者商談日
会場:幕張メッセ・国際展示場1・5~8ホール(「JAEPO2019」は2・3ホール)
主催:Gzブレイン/niconico

■チケット情報
一般入場券:【1日券(前売り)】1,500円(税込) 【当日券】2,000円(税込) 【2日通し券(前売り)】2,500円(税込)
優先入場券:【1日券】2,000円(税込)※完売御礼 【2日通し券】3,500円(税込)(優先入場券は数量限定で前売りのみ)
チケット購入先:チケットぴあ( http://w.pia.jp/t/tokaigi2019/  Pコード:992-038) ほか
※小学生以下入場無料


闘会議2019

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
スパイダーマンのリアルな振動、衝撃が体験できる新感覚ムービーアトラクションが渋谷に登場
発売から60周年!レールの総延長は、実に地球約2周半を達成した「プラレール」
「ANIMAX MUSIX 2019 OSAKA」を開催!40周年を記念した「ガンダムSELECTION」も
あの日を覚えていますか? 1月17日は防災とボランティアの日~漏電と火災の危険性を再確認しよう|
フードシェアリングサービス 「TABETE(タベテ)」のAndroid版がリリース






ドワンゴの競馬予測AIプロジェクト第2シーズンが第1シーズンを超える成績を達成!

最終成績_グラフ

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」で、2018年10月6日~12月28日まで行われたプロジェクト「競馬予測AI Mamba 2nd Season」の結果を公開した。

■予測精度が向上し期待値を追える仕様に進化
競馬予測AI「Mamba」は、ドワンゴの機械学習技術の開発・研究部門「Dwango Media Village」が独自開発したプログラム。ドワンゴは、人工知能技術の発展および競馬業界の活性化への取り組みの一環として、2018年3月10日~6月24日の間、「Mamba」を用いてユーザー参加型の競馬予測AIプロジェクト「人工知能募金~あなたの募金を増やします~」を実施した。その後継プロジェクトが今回の「競馬予測AI Mamba 2nd Season」だ。

本プロジェクトの第2シーズンでは、さらに進化した競馬予測AI「Mamba」が昨年10月6日~12月28日の間に行われた競馬レースの結果を予測し、買い目を馬券の発売締切り直前に特設サイトおよびニコニコ生放送で公開した(今回は予測のみで、馬券は未購入)。

■当たる予想で100%以上の回収率を安定して発揮
第2シーズンの「Mamba」は、予測モデルに改良が施されており、確定オッズに近い、馬券の発売締切り直前のオッズで馬券の購入判断が行えるようになったことで、予測精度がさらに向上した。また、「Mamba」が購入できる馬券種に「3連単」、「3連複」および「馬単」が加わることで、期待値の高い買い目をより多く探し出すことができるようになった。

その結果、10月の回収率は131.6%、11月は128.8%、そして最終月の12月は134.2%と、高い回収率を安定的に出し続け、最終的に第1シーズンを上回る平均回収率131.7%、合計収支プラス約730万円を達成することができた。さらに、「Mamba」はWIN5を除いた全馬券種(単勝/複勝/馬連/ワイド/枠連/馬単/三連複/三連単)でプラス収支を出しており、どのレースにどの馬券種が得かを見極める判断力・対応力、そしてそれを的中させる予測精度の高さを実証した。

本プロジェクトで得られた有益なデータや知見はビッグデータを活用した未来予測に貢献することが期待されている。ドワンゴは、今後も関連技術を通して、人工知能技術の発展および競馬業界の活性化に向けて取り組んでいくとしている。

最終成績_月別

最終成績_馬券種別


競馬予測AI Mamba 2nd Season

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
「ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙2018年間大賞」は「ゾンビランドサガ」に決定
「テクテクテクテク」に巨大キズナアイ出現!撮影&投稿キャンペーンも実施
N予備校「Webデザインコース」を2019年1月から一般向けに提供開始
「闘会議2019」~Fate/Grand Order、Cygames、ゲーム実況ステージなど追加情報を発表
東京アニメアワードフェスティバル2019「アニメ オブ ザ イヤー部門」の「みんなが選ぶベスト100」が決定



競馬の天才!Vol.4
メディアボーイ
2019-01-12



VR業界の躍進を掲げる13社による共同事業体「VRMコンソーシアム」を2019年2月に設立

VRMコンソーシアムロゴ

IVR、エクシヴィ、S-court、DUO、ドワンゴ、バーチャルキャスト、ミラティブ、Wright Flyer Live Entertainment、クラスター、クリプトン・フューチャー・メディア、SHOWROOM、ピクシブ、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、VR業界のさらなる躍進を掲げる共同事業体として、2019年2月に「VRMコンソーシアム」を設立することを発表した。

「VRMコンソーシアム」は、VR向け・3Dアバターファイルフォーマット「VRM」を提唱し、国内外問わずVR業界がさらに躍進できる環境を構築することを目指した全13社の賛同企業が発起人となり設立される。

昨今、さまざま々な個人・企業・団体などから生まれている「VTuber」などの登場以来、3Dアバタ―モデルデータを取り巻く環境は劇的に変化している。従来の3Dモデル活用の歴史が長いアニメ・ゲーム分野をはじめ、市場成長が見込まれるAR/VR/MR分野においても、3Dアバターモデルの制作・利用の需要はますます高まっています。一方で、現行のサービス・プラットフォームなどでモデルデータを取り扱おうとした際には、アプリケーションごとに仕様が異なるほか、3Dアバターの視点・骨格がVR向けに適切に設定できておらず複雑な調整作業が必要になったり、クリエイターや開発者が容易に創作・活用できる環境が整っていなかった。

また、「VTuber」文化の興隆にともない、3Dモデルの知的財産権・VTuber自身の人格の取り扱いなど、新たな権利保護の概念も生まれてきている。そこで、これらのVR業界全体の課題を改善すべく、“「人型のキャラクターや3Dアバター」において、細かいモデルデータの差違を吸収・統一し、アプリケーション側の取り扱いを簡単にする” ファイルフォーマット「VRM」の策定と普及を目的としたコンソーシアムの設立にいたったとのこと。

今回発起人となる13社に加え、設立にむけて今後も加入企業を随時募集します。また、オブザーバーとして任天堂の参加が決定している。

VRMコンソーシアム

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
第1回 IIVクリエイターアワード「Chapter Zero」開催決定。12月19日よりエントリー受付開始
「Kizuna AI 1st Live “hello, world”」大阪公演の模様をニコ生で独占生中継
ニコニコ大百科×ピクシブ百科事典「ネット流行語100」年間大賞に「ポプテピピック」
大河ドラマ「西郷どん」最終回前夜祭!「5分でわかる『西郷どん』」1~46話をニコ生で一挙放送
平成最後の年末年始アニメスペシャル!「ポプテピピック」、「宇宙よりも遠い場所」など毎日アニメ一挙放送実施






第1回 IIVクリエイターアワード「Chapter Zero」開催決定。12月19日よりエントリー受付開始

hero-pc

ドワンゴは、同社のオリジナルIP(Intellectual Property:キャラクターなどの知的財産)ブランド「IIV」(読み方:トゥー・ファイブ)にて才能発掘プロジェクト 第1回 IIVクリエイターアワード「Chapter Zero」を開催する。

また、2018年12月19日(水)より作品応募のエントリー受付を開始した。

IP制作から作家のマッチングまでをワンストップでプロデュースするドワンゴ発のオリジナルIPブランド「IIV」は、次世代のエンタテインメント界を担う新進気鋭の新人クリエイターを募集します。受賞後は、「IIV」のクリエイターとしてデビューしてもらい、さらに、様々なメディア展開を「IIV」がサポートする。

アメノセイは、「IIV」オリジナルの記憶喪失系バーチャルYouTuberで、現在公式ニコニコチャンネルや公式YouTubeチャンネルを通して動画投稿を行っている。

本コンテストでは、このバーチャルYouTuber「アメノセイ」の失われた過去を想起させる作品を募集する。アメノセイの「もしも…(if)」という設定のため、ジャンルや世界観、ストーリー、エピソード・イメージは自由に創作可能だ。また、作品例として、本日12月19日(水)より「IIV」公式HP(http://twofive-iiv.jp)にて、時雨沢恵一をはじめ、人気クリエイターらが同テーマで書き(描き)下ろしたスペシャルコラボ小説・イラスト・楽曲を随時公開する。

■第1回 IIVクリエイターアワード「Chapter Zero」 開催概要
1.スケジュール
応募期間:2018年12月19日(水)~2019年3月25日(月)13:00まで(郵送の場合:当日消印有効)
結果発表:2019年初夏頃発表予定 ※受賞作品は、「IIV」公式サイト他にて発表予定です。

2.応募資格
・年齢・職業、プロ・アマチュア、全て不問。ただし、将来的にIIVのクリエイターとして
 活動できる方。
・事務所などに所属されて専属契約されている方は、事前に事務所にご相談のうえ、ご応募ください。
・未成年の方は保護者の承諾を得てご応募ください。

3.作品テーマ
「アメノセイの過去にまつわる×××」 
 ※「もしも…(if)」という設定なので、ジャンル・世界観・ストーリー・イメージは自由。

4.応募ジャンル
小説部門、イラスト部門、コミック部門、動画・音楽部門、その他
※小説、イラスト、コミック、動画、音楽、ドラマ、ショートムービー、オーディオドラマ、
クレイアニメ、ダンス、ポエム、模型、3Dモデル、短歌、俳句、川柳、書道、華道ほかエンタ
テインメント作品全般。

5.選考方法・審査基準
・2019年3月25日の締め切り後、選考委員によって選考いたします。
・最終選考通過者のみに、2019年6月末頃までにご登録頂いたメールにご連絡させて頂きます。

6.選考委員
「IIVクリエイターアワード」PJチーム

7.応募方法
WEB応募だけではなく、リアル作品(造形物など)も応募可能です。
応募サイト:https://twofive-iiv.jp/award/

8.受賞特典
・IIVのクリエイターとしてデビュー
・副賞 最優秀賞50万円 / 各部門賞 10万円
・商品化やメディア展開の可能性

・ドワンゴ発オリジナルIPブランド「IIV」
“オリジナルIP創出の為なら何でもやる”、“面白ければ何でも作る”を矜持とし、自社のオリジナルIP制作だけでなく、他社のIP制作から作家のマッチングまでをワンストップでプロデュースするなど、あらゆるジャンルのコンテンツを様々な形で展開していくブランド。「キノの旅」シリーズで知られる時雨沢恵一氏をはじめとして、「デュラララ!!」成田良悟氏、「天使の3P(スリーピース)!」蒼山サグ氏が所属。クリエイターの発掘・マネジメントなどを行う。他に、「IIV」オリジナルVTuber“アメノセイ”の制作・運用などもプロデュースしている。


「IIV」公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
「Kizuna AI 1st Live “hello, world”」大阪公演の模様をニコ生で独占生中継
ニコニコ大百科×ピクシブ百科事典「ネット流行語100」年間大賞に「ポプテピピック」
大河ドラマ「西郷どん」最終回前夜祭!「5分でわかる『西郷どん』」1~46話をニコ生で一挙放送
平成最後の年末年始アニメスペシャル!「ポプテピピック」、「宇宙よりも遠い場所」など毎日アニメ一挙放送実施






ドワンゴ、KADOKAWA、カラー、インクストゥエンター、アソビシステムの5社がVTuber事業会社「株式会社リド」を共同設立

01

ドワンゴは、KADOKAWA、カラー、インクストゥエンター、アソビシステムホールディングスと共同で、VTuberを起用したモーションキャプチャアニメの制作およびVTuberの開発・マネジメント・プロデュースなどの事業を展開する合弁会社 「株式会社リド」を2018年12月14日(金)に設立した。

昨今のVTuberの急速な盛り上がりを背景に、ドワンゴはいち早くVTuberを起用した番組やイベントを提供してきた。今後のVTuber市場の世界的な成長を見据え、さらなる事業の拡大を図る目的で、このたび同5社は各社の強みを結集させた新会社の設立に至ったとのこと。

新会社リドでは、ドワンゴが持つ「VR技術・モーションキャプチャ技術」と、KADOKAWAが持つ「IP」、カラーが持つ「アニメ制作技術」、インクストゥエンターおよびアソビシステムが持つ「音楽クリエイターやアーティストのマネジメント力・プロデュース力」、そしてドワンゴを傘下に収めるカドカワグループ全体が持つ「エンタテインメント事業の総合力・ネットとリアルのメディアプラットフォーム」といった、それぞれの強みとノウハウを組み合わせ、VTuberのプロデュースと、バーチャルアニメの企画・制作を行う2つのビジネスを柱としたVTuber事業に取り組んでいくとのことだ。

リドが手掛けるバーチャルアニメの第一弾として、2019年1月9日(水)より、東京MXテレビにてアニメ「バーチャルさんはみている」を放送することが決定した(同番組サイト:https://virtualsan-looking.jp/)。

リド ホームページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
「Kizuna AI 1st Live “hello, world”」大阪公演の模様をニコ生で独占生中継
ニコニコ大百科×ピクシブ百科事典「ネット流行語100」年間大賞に「ポプテピピック」
大河ドラマ「西郷どん」最終回前夜祭!「5分でわかる『西郷どん』」1~46話をニコ生で一挙放送
平成最後の年末年始アニメスペシャル!「ポプテピピック」、「宇宙よりも遠い場所」など毎日アニメ一挙放送実施






VTuber配信スマホアプリ「カスタムキャスト」にショップ機能追加でアイテム購入が可能に

01

ドワンゴおよびS-courtは、両社が共同開発した無料スマートフォンアプリ「カスタムキャスト」において、ショップ機能、ミッション機能およびボックス機能を追加した。

今回新たにショップ機能が実装された。アプリ内でアイテムを購入する際に必要な専用通貨「キャストコイン」で様々なコスチュームパーツや配信用ポーズ、背景などが入った「サンタメイド服+冬衣装 スペシャルセット」を購入することができる。

そして、運営からのプレゼントを受け取ることができる「ボックス機能」のほか、一定の条件を達成することで様々なアイテムがもらえる「ミッション機能」も追加した。

第1弾として開始されたログインミッションでは、12月中に10日間のログインを達成することで、1日目、5日目、10日目ごとにそれぞれ季節限定の衣装や背景が配布される。また、ショップオープン記念として、12月中にログインしたユーザー全員が300キャストコインを一度受け取ることができるイベントミッションを配布する。

さらに、ショップ以外にもエディット項目の身長の上限・下限を拡大し、より幅広いエディットが可能になった。

02

03


カスタムキャスト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
平成最後の年末年始アニメスペシャル!「ポプテピピック」、「宇宙よりも遠い場所」など毎日アニメ一挙放送実施
「渡辺美優紀 Christmas Premium Live 2018」新木場STUDIO COASTよりニコ生で独占生中継
ニコ生で「Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域キャメロット-」【男性マスター】の無料配信決定
まるで親子?ってくらい顔が似ているふくじゅんと矢尾一樹の二人でニコニコチャンネルを開設
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「東のエデン」「冴えない彼女の育てかた」を3日間連続で無料一挙放送






「NHKバーチャルのど自慢」新年に放送!VTuber13組17名が熱唱、ラスボス小林幸子とキズナアイもゲスト出演

Artist_pic_resize_1

ドワンゴは、同社とNHK、NHKエンタープライズが制作するアニメ「NHKバーチャルのど自慢」を、NHK総合で2019年1月2日に放送することが決定したと発表した。

■VRの世界でも「明るく!楽しく!元気よく!」
「明るく!楽しく!元気よく!」をテーマに毎週日曜のお昼に全国各地から生放送している「NHKのど自慢」。今回のスペシャルでは、バーチャルキャラクター化した小田切千アナウンサー司会のもと、バーチャルグランドマザー小林幸子、キズナアイをゲストに迎え、人気VTuberが次々に登場し熱唱する。

■アニメ『NHKバーチャルのど自慢』概要
放送予定:NHK総合テレビ 2019年1月2日(水)夜11:35 ~ 深夜0:20
出演:アメリカザリガニ / オシャレになりたい!ピーナッツくん / 剣持刀也 / 甲賀流忍者ぽんぽこ / 静凛 / 鈴木ヒナ / 田中ヒメ / 月ノ美兎 / 電脳少女シロ / ときのそら / 道明寺ここあ / ばあちゃる / バーチャルゴリラ / 樋口楓 / 富士葵 / ミライアカリ / YuNi(50音順)
ゲスト:バーチャルグランドマザー小林幸子 / キズナアイ
司会:バーチャル小田切千アナウンサー


シロ

日本放送協会

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
ニコ生でミュージカル「刀剣乱舞」~真剣乱舞祭2017~ 振り返り上映会開催決定
「エンゲージプリンセス」コミケ95に参加決定
ニコ生で「ゼルダの伝説 コンサート 2018」を生中継。オカリナ/ハープ/アコーディオンも登場
ゲームの祭典「闘会議2019」、協賛企業や企画内容を発表!前売り入場券の販売を開始
「リアルダービースタリオン」即戦力の2歳馬「ファニーフラッシュ」次戦に向けた訓練の様子を生放送






「エンゲージプリンセス」コミケ95に参加決定

01

ドワンゴは、KADOKAWAのエンターテインメントノベルレーベル「電撃文庫」25周年記念作品として、両社が共同開発している完全新作PCブラウザゲーム「エンゲージプリンセス」(2019年4月1日配信予定)のコミックマーケット95出展が決定した。また、公式サイトにてコミック連載が決定しキービジュアルを公開した。

2018年12月29日(土)~31日(月)に開催されるコミックマーケット95に出展が決定した「ストレートエッジ」ブースに、「エンゲージプリンセス」が参加する。

本ブースでは、初となるオリジナル限定グッズの販売や新情報を詰め込んだPVが公開される。また、ショッパーやフライヤーなどの無料配布も実施する。

詳細は12月10日(月)発売の電撃文庫MAGAZINE2019年1月号にて発表予定だ。

また、「エンゲージプリンセス」公式サイトにて公開される2つのコミック版「エンゲージプリンセス」のキービジュアルが公開された。コミックはめざしさんと、森キノコさんの2名が担当する。

このほか新キャラクター「ジュリアン」のキャラクター画像、アドベンチャーパートのゲーム画面が公開された。「ジュリアン」のキャラクターボイスは本多真梨子さんが務める。また、本キャラクターのシナリオは伏見つかささん、イラストレーターはまじろさんが担当する。

■作品概要
【ジャンル】 ラブコメRPG
【リリース】 2019年4月1日配信予定
【原作・メインストーリー】 伏見つかさ
【メインキャラクターデザイン・イラスト】 かんざきひろ
【主題歌】『continue』作詞・歌 - やなぎなぎ / 作曲 - 前山田健一
【シナリオ】電撃文庫作家
【イラスト】電撃文庫イラストレーター、ニコニコ絵師
【楽曲】 ボカロP(総勢20名以上)
【シナリオ/イラストプロデュース】 電撃文庫編集部
【プロデュース協力】ストレートエッジ
【総監督・開発責任者】 栗田穣崇
【プロデューサー】 永嶋克規(元株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
【ディレクター】保井俊之(元株式会社シフト開発統括)
        代表作 『ゴッドイーター』シリーズ、『フリーダムウォーズ』

(C)2018 伏見つかさ/ストレートエッジ (C)KADOKAWA CORPORATION 2018 (C)2018 DWANGO Co., Ltd. 

公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
ニコ生で「ゼルダの伝説 コンサート 2018」を生中継。オカリナ/ハープ/アコーディオンも登場
ゲームの祭典「闘会議2019」、協賛企業や企画内容を発表!前売り入場券の販売を開始
「リアルダービースタリオン」即戦力の2歳馬「ファニーフラッシュ」次戦に向けた訓練の様子を生放送
ニコニコ初「色づく世界の明日から」ほか「SSSS.GRIDMAN」など、秋アニメ振り返り上映会&特番を実施
コスプレプロダクション「12カンパニー」が「12CO2CO2COちゃんねる」を開設


俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)
伏見 つかさ
アスキー・メディアワークス
2013-06-07

十三番目のアリス (電撃文庫)
伏見 つかさ
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
2017-04-06



ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ