ITライフハック

ドン・キホーテ

360度撮影、オービス対応に前後録画等あおり運転対策に!ドン・キのプライベートブランド「情熱価格プラス」からドラレコ2機種が登場

sub2

ドン・キホーテは、 2020年4月10日(金)より、ドン・キホーテプライベートブランド「情熱価格プラス」の新商品、『オービス位置データ&GPS機能対応 360°撮影カメラ搭載ドライブレコーダー』1万4,800円(税別)、及び『前後2カメラ一体型ドライブレコ―ダー ゼンゴカム』7,980円(税別)を、全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)において順次発売する。

『オービス位置データ&GPS機能対応 360°撮影カメラ搭載ドライブレコーダー』は、昨年発売した『360°撮影カメラ搭載ドライブレコーダー』に、「オービス位置データ」と「GPS機能」を追加したリニューアル商品。オービス位置に近づくと、制限速度を音声で知らせて安全運転を促すほか、GPSで日時・場所・走行ルート・速度などのデータを、映像と一緒に記録できるようになった。

『前後2カメラ一体型ドライブレコ―ダー ゼンゴカム』は、車の前方と後方の撮影に特化し、 360°撮影カメラ搭載機よりも、買いやすい価格を実現した新商品。前方カメラはフルHD画質で、ナンバープレートをしっかりと識別できる。また、後方カメラは車内が暗くなると自動で赤外線仕様に切り替わる「オートIR」を搭載した。

■ 商品概要
●商品名:オービス位置データ&GPS機能対応360°撮影カメラ搭載ドライブレコーダー
スピードカメラ警報:オービス対応サイト、オービスガイド.comの位置情報を毎月更新(2年間保証)
IC:A33 ARM Cortex-A7 Quad-Core / 1.2G
ディスプレイ:3インチ高彩度 MIPI 854×480
タッチパネル:静電式タッチパネル
メモリ:256M DDR3 16M(内蔵ソフト用)
CMOSセンサー:PS5270 1/3 360万画素 1440×1440 / H360°/ 27.5fps
ビデオ解像度:1440×1440 / H360°/ 27.5fps
フレームレート:27.5fps(LED信号対応)
駐車監視:対応
Gセンサー/GPS:搭載(SC7660) / 付属(外付け)
ファイル形式:ビデオ形式:TS / 静止画形式:JPG
スピーカー:内蔵 8Ω / 1W×1
microSDカード:4GB~64GB(Class6 以上)
再生PCソフト:Windows7 以降(Macは非対応)
動作電量:約 900mAh
消費電力:約 5W
バッテリー:リチウムポリマーバッテリー 300mAh
サイズ/重量:約 (W)95 × (D)43 × (H)68 mm / 約 100g
保管/動作環境:-20 ~ +75℃ / -10 ~ +65℃
付属品:ブラケット(粘着テープ式)、電源用シガーケーブル(約3.5m)、 GPSアンテナ、 GPSアンテナケーブル(約1.5m)、 USBケーブル(約0.8m)、取扱説明書/保証書、後方注意喚起ステッカー
保証期間:購入日より1年間

●商品名:前後2カメラ一体型ドライブレコ―ダー ゼンゴカム
前方カメラ:Full HD 1920 × 1080p 140°ワイド
後方カメラ:HD 1080 × 720p 100°ワイド
ディスプレイ:2.0インチ 16:9 TFT高彩度 液晶
イメージセンサー:前方2.0MP 高解像度CMOSセンサー(後方:1.0MP)
レンズ:6枚固定焦点レンズ 3.0口径 近接撮影:7.45mm(前方)
動画形式:MOV
フレームレート:前方 27.25fps(LED信号対策済)、後方 30fps
静止画解像度:4032 × 3024 1200万画素(前方)
サイクル録画時間:1分、 3分、 5分、オフ
モード:自動起動モード、自動録画モード
その他機能:動体検知(前方)、オートIR、駐車監視モード
内蔵バッテリー:300mAh
保管環境:-10 ~ +70℃
対応microSDカード:8GB ~ 64GB(64GBは本体でのフォーマットが必要)
サイズ/重量:約 (W)91 × (D)44 × (H)54 mm / 約66g
付属品:ブラケット(粘着テープ式)、電源用シガーケーブル(約3.5m)、取扱説明書/保証書、後方注意喚起ステッカー
保証期間:購入日より1年間


main

sub1


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
A4用紙をわずか3秒で完膚なきまで粉砕するサンワサプライの超高速シュレッダー「400-PSD055」
ニコンが新型コロナの影響で中止された展示会「CP+2020 SPECIAL LIVE by Nikon」のステージを3月28日・29日にライブ配信
タッチセンサーアンテナ採用でBT通信の品質を向上させたパナソニックの完全ワイヤレスイヤホン「RZ-S30W」
Switch用ゲームカードも収納でき快適な操作を実現するNintendo Switch専用グリップ「5in1グリッパー」
ソニーからストリーミングサービスの音楽や動画もハイレゾ相当の高音質で楽しめる完全ワイヤレス型ヘッドホン「WF-H800」





ドン・キホーテが「情熱価格プラス」から5,980円と手ごろな価格の骨伝導ワイヤレスイヤホン「JOGBONE(ジョグボーン)」を発売

骨伝導ワイヤレスイヤホン「JOGBONE(ジョグボーン)」

ドン・キホーテは、プライベートブランド「情熱価格プラス」の新商品として、骨伝導ワイヤレスイヤホン「JOGBONE(ジョグボーン)」を2020年2月21日より発売する。価格は、5,980円(税別)。

■骨伝導方式のワイヤレスイヤホン
「JOGBONE」は、骨を振動させて聴覚神経に音を伝えるワイヤレスイヤホン。鼓膜を介して音を伝える従来のイヤホンに比べて、長時間音楽を聴いていても耳が疲れにくいメリットがある。また耳を塞がないため、音楽を聴きながら話をしたり、周囲の音を聞くことができる。

ワイヤレス通信は、接続安定性の高いBluetooth 5.0に対応。1回の充電で、最大約6時間の連続再生ができる。防水防塵(IP55)仕様のため、汗をかくジョギングでも安心して使用することができる。
重さは約34gと軽量設計であるため、長時間装着してもストレスが少ない。

■「JOGBONE」の主な仕様
サイズ/重量:約150 × 100 × 45 mm/約34g
防水防塵:IP55
使用周波数帯域:2.402 - 2.480GHz
最大出力/定格出力:8mW/5mW
通信距離:8 – 10m
Bluetoothプロファイル:A2DPv1.3 AVRCPv1.6 HFPv1.7 HIDv1.1 AVCTPv1.4 AVDTPv1.3 SPPv1.2
Bluetoothバージョン:5.0
ファンクションボタン:左右各1個(オンオフ音量調節)
マイク感度:-38dB±3dB
スピーカー:骨伝導スピー
カー、0.5w
インピーダンス:8Ω
感度:86+/-3dB
バッテリー容量:180mAh
充電:DC-5V 500mA
充電方法:USB充電
充電時間:約2時間
待機時間/連続再生時間:最大約240時間/最大約6時間
付属品:USBケーブル(約51cm)、取扱説明書
保証期間:購入日より1年間


ドン・キホーテ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ソニーからストリーミングサービスの音楽や動画もハイレゾ相当の高音質で楽しめる完全ワイヤレス型ヘッドホン「WF-H800」
空気圧のチェックをしたらボタンひとつでタイヤに空気が入れられる充電式電動エアコンプレッサー「ハンディエアポンプmini2」
これさえあればウォーターボトルの階段運搬を楽ちんかつ効率的に行える!サンコーの「階段台車用ボトルサーバー4個載せアタッチメント」
アナログレコードの良さを再確認できる製品登場!ION Audioよりステレオスピーカー内蔵のオールインワン・ミュージックシステム「Premier LP」
大企業のモノづくりに新たな風を吹き込む挑戦が始まる!リコー初のクラウドファンディングをKibidangoで開始






ドンキホーテ×テスコム、最大風量クラスのヘアードライヤー「プロテクトイオンヘアードライヤー」

sub6

ドン・キホーテは、 2018年1月26日(金)からドン・キホーテプライベートブランド「情熱価格PREMIUM」の新商品、 “驚風量(きょうふうりょう)ドライ”『プロテクトイオンヘアードライヤー』を全国のドン・キホーテ(一部店舗を除く)で発売する。価格は7,980円(税抜)。

本商品は、美容室シェアNo.1ドライヤーメーカーのテスコムと共同企画した、髪の毛を早く乾かすことにこだわった業界最大級の大風量2.5㎥/分のヘアードライヤー。大風量を実現する“Prime System(プライムシステム=吸い込み口から吹き出し口まで、風が通る全てのステップを見直し、最も効果的で最良の結果を求めた設計。)”と、マイナスイオンとプラスイオンを同時に放出することで、静電気を抑制し、大風量でも髪の広がりと傷みを抑える“プロテクトイオン”を搭載したヘアードライヤーを7,980円(税抜)という価格で実現した。

さらに、無段階でお好みの風量を自由自在にコントロールできる“エアボリュームダイヤル”、レバーを押して簡単にプラグを引き抜ける“ラク抜きプラグ”、コードの根元に負荷がかかりにくく長持ちする“ロングライフコード”など使い勝手が良いよう設計した。

■製品概要
商品名:情熱価格PREMIUM プロテクトイオンヘアードライヤー
型番:DXT7000
消費電力:1300W
質量:本体のみ 650g/セット専用フード付き 670g
コードの長さ:1.7m
寸法:本体のみ 高さ233×幅207×奥行き94mm/セット専用フード付き 高さ233×幅257×奥行き94mm
最大風量:2.5?/分 (HOT-エアボリュームダイヤル最大使用時)
最小風量:1.0?/分 (HOT-エアボリュームダイヤル最小使用時)
温風 最高温度:107℃ (周囲温度30℃の場合。 HOT-風量最小~中使用時)
温風 最低温度:80℃ (周囲温度30℃の場合。 HOT-風量最大使用時)
カラー:S/ダークシルバー


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
ハイレゾと3Dサウンドを楽しめる低音を生み出すデュアルチャンバー構造ハイレゾ対応HDSS搭載3Dイヤホン
大量のデータを高速で通信可能なUSB3.1(Gen1)対応USB TypeC - USB TypeAケーブル
スマホの充電ケーブルを楽々着脱。充電専用 マグネット変換アダプタ
ルームミラー一体型のドライブレコーダー。後方録画対応で前後同時に録画
長時間の装着でも苦にならない超軽量スマホ用VRゴーグル






ドン・キホーテ、1万円台のノートPC「MUGA ストイックPC」を発売

main

ドン・キホーテは、 2017年12月1日(金)からドン・キホーテプライベートブランド「情熱価格」の新商品、「MUGA(無我)ストイックPC」を全国のドン・キホーテ(一部店舗を除く)で発売する。価格は1万9,800円(税抜)。

今回発売する「MUGA ストイックPC」は、「ジブン専用PC&タブレット」に続くWindowsシリーズとして、情熱価格ブランド初となるノートパソコン。フルHDのディスプレイにこだわりつつ、市場最安値に挑戦する1万9,800円(税抜)で発売する。

本製品の特長は、ディスプレイの画素数が1,920×1,080ピクセルの高解像度のフルHD画面に加え、視野角が広い高精細IPSパネルを搭載しており、どの角度から見ても美しい映像を楽しめる液晶パネルだ。動画の再生に最適な仕様で、臨場感ある映像を楽しむことができる。

また、 Microsoft Officeと高い互換性を持つWPS Officeを搭載し、簡単な表計算などのオフィス作業にも活用できる。多様化する個人のライフスタイルに対応し、機能をストイックに絞り込むことで、市場最安値の1万9,800円(税抜)を実現したとのこと。

■商品概要
名称:MUGA ストイックPC
型番:KNW14FHD-SL
プロセッサ:Intel ATOM x5-Z8350(Cherry Trail)
プロセッサスピード:1.44GHz/最大1.92GHz
システムメモリ:LPDDR3 2GB(増設・変更不可)
インターフェイス:USB3.0×1 / USB2.0×1、Mini HDMI×1、Micro SDスロット×1(最大64GBまで)、3.5mmイヤフォンオジャック×1
重量:約1,200g
O S:Windows 10 HOME 64bit
無線LAN(Wi-Fi):IEEE802.11b/g/n
通信:Bluetooth(R)4.0
サイズ:幅約329mm × 奥行約219mm × 高さ約20mm
バッテリー:10,000mAh  駆動時間:約7時間 ※3
ストレージ:eMMC 32GB
ディスプレイ:14.1インチ IPS液晶1,920×1,080ドット
カメラ:30万画素(インカメラ)
スピーカー:1W×2
ビジネス統合ソフト:Kingsoft WPS Office


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
高速CPUと最新外部グラフィックスでビジネスでもプライベートでも快適に使える15.6型ノートパソコン
日本エイサー、第8世代Coreプロセッサー搭載で液晶が360°回転する13.3型コンバーチブルノート Spinシリーズを発売
「LEVEL∞」でAMD Ryzenを搭載したコンパクトゲームパソコンを発売

ユニットコム、「LEVEL∞」よりGeForce GTX 1070 TiとCore i7-8700Kを搭載したミドルタワーゲームパソコンを発売







ドン・キホーテ、7千円を切る激安7インチAndroidタブレット「カンタンPad2」を3月9日から発売

ドン・キホーテで、7インチのAndroidタブレット「カンタンPad2」を2015年3月9日から全国のドン・キホーテグループ(一部店舗を除く)にて発売する。価格は6,980円(税抜き)。

続きを読む

ドン・キホーテが多機能TVを投入!2万円台の液晶テレビが凄い理由



液晶テレビは低価格化が進んでいるといわれているものの、19型クラスともなれば、それなりの出費は覚悟しなければならない。そうした状況の中でドン・キホーテは、プライベートブランド「情熱価格」より、新商品「外付けハードディスク録画対応19型LED液晶テレビ」の発売を開始した。
価格は、2万4,800円(税込み)。

続きを読む

実質1万円切り!16インチの地デジ対応液晶テレビが登場



アナログ放送終了まで1年を切り、地デジ対応テレビへの買い替えが本格化する中、いまだに買い替えをしない人たちのもっとも切実な理由は「お金がないから」ではないだろうか。家電量販店で売られる液晶テレビは、画質も機能も立派だが、日本の住宅事情に不釣合いなほど大きく、価格帯も10万円前後が中心だ。普段、あまりテレビを見ない人にはおいそれと出せる金額ではない。

そうした中で話題を呼びそうなのが、ドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格」からリリースされた「16インチ地上波デジタル液晶テレビ」だ。このテレビは、なんと、価格が16,800円(税込)なのだ。さらにエコポイント対象商品なので、7,000点のエコポイントが貰えてしまう。実質1万円切りというわけだ。
続きを読む

1万円台!DVD内蔵の地デジテレビをドン・キホーテが発売へ



「2010 FIFAワールドカップ」が始まる2010年6月11日まで、残り2週間を切った。この機会に地上デジタルテレビ放送に対応したテレビ(地デジ)の購入を検討している人もいるだろう。そうした人に向け、「激安の殿堂」をうたっている総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」を運営するドン・キホーテは、魅力的な商品を投入した。

ドン・キホーテは、プライベートブランド「情熱価格」より、「DVD内蔵 13.3型スケルトン地上波デジタルハイビジョンテレビ」を全国のドン・キホーテグループ店舗(一部店舗を除く)5月29日より発売した。
価格は、1万9,900円(税込み)。ボディカラーは、スケルトンブラックとスケルトンレッドの2色。

■7000ポイントのエコポイントもゲット
「DVD内蔵 13.3型スケルトン地上波デジタルハイビジョンテレビ」は、1280×800ピクセルのハイビジョンパネルを採用した、地デジテレビだ。地上デジタル放送や外部機器の映像を高画質で視聴することができる。

テレビ本体には、DVDスロットインドライブを内蔵し、DVD±R/DVD± RW/DVD±RDLなどの各種メディアに対応する。CPRM対応もサポートする。

インターフェースが充実しており、基本的な入力端子はもちろん、HDMI端子、D5入力端子を搭載。高精細な映像を楽しむことができる。またパソコンの入力端子に接続すれば、パソコン用モニターとして使うことも可能だ。

本製品は、優れた電力効率のLEDバックライトパネルを搭載し、年間消費電力量29kWh/年を実現した。環境を考えた低消費電力設計となっている。エコポイント対象機種であり、7000ポイントのエコポイントを獲得することができる。

ドン・キホーテ

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
何故だろう? 子供も大人も夢中になる知育なモノたち
パナ、オリンパスを撃墜できるか?背景ぼけ・3D対応のソニー最薄デジ一眼
アンテナケーブル不要!VIERAのポータブル版が発売へ
3タイプに変身ロボットvs太陽光で動く太陽系

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ