ITライフハック

ニュータイプ

僕が一番、ミクをうまく使えるんだ!クリプトン・フューチャー・メディアから最新版「初音ミク NT(ニュータイプ)」2020年夏発売!12月25日より予約受付を開始

cfm_hatsunemiku_nt

クリプトン・フューチャー・メディアは、歌声合成ソフトウェア「初音ミク」の新しいバージョン「初音ミク NT(ニュータイプ)」の特設Webサイトを2019年12月25日(水)より公開し、「初音ミク NT」ダウンロード製品の予約受付を開始致した。購入者は3月中旬にプロトタイプ版を先行して、8月下旬にメジャーリリース版をダウンロードして利用できる。価格は通常価格が1万9,800円、優待価格が1万5,400円(いずれも税込)。

「初音ミク NT(ニュータイプ)」は、特別にカスタマイズされた歌声表現技術/ボイスライブラリー/ソフトウェア・インターフェイス/ボイスエフェクターが組み合わさった、初音ミク・パッケージ。

アップデートされたボーカル・エディタ「Piapro Studio」は、新たに開発された様々な機能を統合。歌詞とメロディを打ち込んで表現スタイルを選択するだけで、歌の方向性がコントロール可能となっており、発声のキレやスタッカート/レガートの具合、ピッチの動き方など歌い方の基礎が設定できる。

さらに、進化したボイスライブラリーと新開発のボイスエフェクターを組み合わせれば、聞き取りやすさを保ったまま、初音ミクらしく可愛らしい歌声、切ない吐息声から、怒り声やガラガラ声、デスボイスまで表現可能だ。ワンタッチで装飾発音も導入できるので、幅広く歌声をプロデュースできる。

なお「Piapro Studio」には、スタンドアロン版(Windows/Macintosh対応)とプラグイン版(AU/VST)が付属。また、500種類以上の楽器を収録した音楽制作ソフト「Studio One」の特別エディションも付属するので、ボーカルトラックから伴奏制作まで「初音ミク NT」を購入するだけで、すぐに歌作りと音楽作りを楽しめる。

■「初音ミク NT」日本語ボイスライブラリー
新開発のリシンセシス技術で作られた、高品位なボイスライブラリー。全ての声の素片は、発音の乱れや破綻が無い様、子音と母音を解析しサウンドが調整されている。また声のレイヤーが可変式となっており、アクセントなどが生々しくコントロール可能だ。

■ ORIGINAL VOICE
2007年より親しまれている初音ミクらしい声の表情にアップデートを加えた、ボイスライブラリー
※その他複数のボイスライブラリーを提供予定

■新開発のボイスエフェクターにより、多彩なサウンドデザインが可能
・「Voice Drive」
声の震え成分をコントロールし、声の勢いや質感を調整するエフェクト。応用プリセットにより、ガラガラ声やデスボイスも表現可能。

・「Voice Voltage」
声のハリ具合や、強さ/弱さの成分をコントロールし、ダイナミックな声の抑揚を作り出すエフェクト。

・「Super Formant Shifter」
元の声の個性を保ったまま、インテリジェントに声質変化させるエフェクト。実用的な範囲で、声の女性らしさや、チビ声への変調が可能。
※上記以外にも多彩なエフェクトも搭載

■「初音ミク NT」に同梱されるソフトウェア
PreSonusのDAWソフト「Studio One Artist Piapro Edition」(以下「Studio One APE」)、そしてさらに豊富なソフトウェア音源と、サウンド素材、エフェクトを収録している。

・Piapro Studio(ピアプロスタジオ)
・Studio One APE
・PreSonusソフト音源
・MUTANT VSTi版(Windows版のみ)
・SONICWIREボーナスサンプル
※「初音ミクNT」の基礎技術の一部に、産業技術総合研究所が研究開発した歌声技術が利用されている。

※VSTはSteinberg Media Technologies GmbHの登録商標です。
※Studio OneはPreSonus Audio Electronics, Inc.の登録商標です。

■優待販売の対象ユーザー
対象製品「VOCALOID2 初音ミク」「初音ミク V3」「初音ミク V3 バンドル」「初音ミク V3 ENGLISH」「初音ミク V4X」「初音ミク V4X バンドル」「初音ミク V4 ENGLISH」 「初音ミク V4 CHINESE」 のいずれかをご購入の上、クリプトン・フューチャー・メディアのWebサイトにライセンス登録されているユーザー。

■「初音ミク NT」プロトタイプ版の仕様について
「初音ミク NT」プロトタイプ版は、この夏リリース予定の「初音ミク NT」メジャーリリース版より、現時点までに開発が完了した機能群をまとめた先行バージョン。付属するボーカル・エディタ「Piapro Studio for NT」はスタンドアロン版(Windows/Macintosh対応)のみとなる。

初音ミクNT:特設WEBページ/予約受付ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
アウトドアに加え災害時にも大活躍!2万円台で買え6口の同時充電、PD急速充電にも対応で容量60,900mAhのコンパクトな「ZEEPIN ポータブル電源」
年末年始はヒーロー&戦隊モノ三昧!ニコ生で「仮面ライダー電王」「侍戦隊シンケンジャー」「バトルフィーバーJ」など特撮ものを無料一挙放送
令和初開催!日本発のプログラミング言語「Ruby」を上手に活用し新たな価値を創造した人や団体を表彰する「Ruby biz Grand prix 2019」を開催
500タイトルを遊び放題!「GeForce NOW Powered by SoftBank」のベータ版サービスを開始!
三菱自動車×蔦屋家電!アウトドアに家電製品を導入し、贅沢なキャンプを楽しむライフスタイル「電気CAMP」を提案







令和時代のアイケアは“ニュータイプ”がポイント!「参天製薬」×「機動戦士ガンダム」とのタッグで限定パッケージの「サンテFX」を発売

main

参天製薬は、一般用点眼薬「サンテFXネオ」「サンテFX Vプラス」において、今年放映40周年を迎える国民的人気アニメ「機動戦士ガンダム」とのコラボレーション企画を実施する。

■令和のアイケアは“ニュータイプ”
今回のコラボレーション企画は、令和の新時代において、生産性や多様性、働き方改革といった急速に変化する価値観の中で働く現代人を応援することを目的に、気分が覚醒するような爽快感のあるさし心地で目の疲れを改善するサンテFXと、変わりゆく時代の流れの中で、己の正義・主義主張のために戦い、成長していく物語を描いた「機動戦士ガンダム」のキャラクター・ストーリーが合致したことから実現した。

「可能性≪ニュータイプ≫が、目を覚ます」 というコピーのもと日々新たな戦いに挑む人々に向け、サンテ FXネオ、サンテ FX Vプラスの両製品において、 「機動戦士ガンダム」仕様のパッケージとボトルを限定発売する。

日々、目を酷使している現代人に向けて、サンテFXならではの爽快感のあるさし心地により、仕事で疲れた目をリフレッシできることを訴求することで、アイケアの大切さを伝えていくとのこと。さらに、アムロとシャアが登場する、スペシャルコラボWEB動画や、豪華限定グッズが当たるTwitterキャンペーンなど、様々なプロモーションを展開する。

sub6

sub7


「サンテFX×機動戦士ガンダム」特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
エア・カナダ就航都市10都市をモチーフに10種類のカナダの伝統料理「プーティン」が楽しめる期間限定カフェが六本木に誕生
タッチパネルで注文から決済まで利用者が操作!モスバーガーでフルセルフレジをテスト導入
ドラえもん50年の歴史で初! 世界初のオフィシャルショップ「ドラえもん未来デパート」がお台場にオープン

令和元年のネットでどんな単語が一番流行した?ニコニコ大百科・ピクシブ百科事典の共同企画『ネット流行語100』で2019年にネットで流行った100単語を公開
山手線でアプリを使ってトレーニング!マッキャンヘルスとJR東日本が電車専用トレーニングアプリ「‘TRAIN’ing」を開発





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ