ITライフハック

ノートPC

標準電圧版Core プロセッサー、GeForce GTX 1050 Tiを搭載した15.6型ノートPC「ideapad 720S」

ideapad-720s-platinum-grey-gallery-01

レノボ・ジャパン(以下、レノボ)は2018年2月14日、、デジタル写真や動画の編集が快適に行え、Windows MRに対応したハイパフォーマンスノートブック「ideapad 720S」を発表した。価格は16万4,800円(税別)から。

デジタルカメラやスマートフォンの進化にともない、高精細な画像・映像の撮影が手軽に行えるようになり、自宅でRAWデータの画像処理や動画編集を楽しむ層が広がりつつあります。レノボではこうしたユーザー向けの製品として標準電圧版インテル Core プロセッサー・ファミリー、NVIDIA GeForce GTX 1050 Tiを搭載したハイパフォーマンスノートPCをリリースした。クリエイティブ利用の他、MRコンテンツ、オンラインゲームなども快
適に楽しめるモデルとなっている。

ideapad 720Sは、優れた処理能力を誇る標準電圧版のクアッドコアCPU、インテル Core i7/i5プロセッサー、高性能グラフィックカードNVIDIA GeForce GTX 1050 Tiを搭載。高速DDR4 デュアルチャネルメモリー、PCIe SSDを装備したハイパフォーマンスモデルだ。

映り込みが少なく見やすい非光沢IPS液晶は、実際の色を忠実に再現する。ディスプレイは狭額縁デザインを採用し、光学ドライブを廃した設計により、17.95mmの薄型ボディーを実現。一般的な15.6型ノートPCと比べて、コンパクトで持ち運びやすく、さらに約9.8~12.2時間の長時間バッテリー駆動により、モバイル利用にも便利だ。

microSDメディアカードリーダーを備え、スマートフォンで撮影した写真や動画データなど、microSDカードを介して手軽にデータ転送が行える。またJBLスピーカー、Dolby ATMOSに対応し、映像だけでなく、サウンド面でも高いレベルを実現した。RAWデータの画像処理や動画の編集をはじめ、MRコンテンツ、ゲームなどの利用に適したハイパフォーマンスノートPCだ。

■ideapad 720S:主な仕様
OS        :Windows 10 Home 64bit(日本語版)
プロセッサー   :インテル Core i7-7700HQ プロセッサーまたは
          インテル Core i5-7300HQ プロセッサー
グラフィクス   :NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 4GB GDDR5
メモリー     :16GB PC4-19200 DDR4 SDRAM(i7モデル)または
          8GB PC4-19200 DDR4 SDRAM(i5モデル)
ストレージ    :512GB(i7モデル)または
          256GB(i5モデル)(PCIe NVMe/M.2)
ディスプレイ   :LEDバックライト付 15.6型FHD(1920×1080ドット)IPS液晶
インターフェース :USB3.1 Type Cポート、USB3.0 Type Cポート、
          USB3.0ポート、microSDメディアカードリーダー、
          マイクロフォン/ヘッドフォン・ジャック、
          ACパワーアダプタージャック
ワイヤレス    :IEEE802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth v4.1
バッテリー駆動時間:約9.8時間(i7モデル)または約12.2時間(i5モデル)※
本体寸法     :約358.8×243.5×17.95mm
本体質量     :約1.9kg
カラー      :シルバー


製品詳細

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
マウスコンピューター、最新4コアi7、GeForce MX150搭載、10時間バッテリー動作の15.6型ノートPCを発売
デル、ALIENWAREアンバサダープログラムを開始。ALIENWAREを応援する人を募集
マウスコンピューター製造拠点の長野県飯山市が誇る美しい大自然のスクリーンセーバーをユーザー限定プレゼント
ドスパラ、OSセットアップ済みですぐに使えるシングルボードPC「DG-Tinker3288」を発売
日本エイサー、34型湾曲パネルを搭載したゲーミングディスプレイ「X34Pbmiphzx」を発売






マウスコンピューター、モバイル環境のために開発した新筐体採用し、第8世代4コアCPUを搭載した13.3型ノートパソコンを発売

m-Book Jシリーズ_正面右斜め

マウスコンピューターは、モバイル環境での実用性を考慮して新規開発した筐体に、最新の第8世代4コアCPUとなるCore i7-8550Uを搭載した13.3型ノートパソコン「m-Book Jシリーズ」を2018年1月18日(木)より発売する。価格は11万4,800円(税別)から。

本製品は、モバイル環境での「使いやすさ」をコンセプトに製品企画・開発を行い、モバイルに適した13.3型サイズに着脱可能なバッテリーやアナログVGA(D-Sub)を備え、あらゆる環境で安心・便利に使うことができるという。また、最新の第8世代4コアCPU「インテル Core i7-8550U プロセッサー」と、高速アクセスを実現する512GB SSDを搭載することで、画像・映像編集など負荷が高い作業も快適に処理できるパフォーマンスを備え、性能面でも使いやすさを実現した。

Core i7-8550U、8GBメモリ、512GB SSDを搭載する「m-Book J370SN-M2S5」は製品価格11万4,800円(税別)から、その他にもCPUやメモリ容量を変更した幅広いモデルラインアップを揃えている。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ドスパラ、「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」推奨パソコンを発売
ロジクール、3年間の電池寿命のワイヤレスマウス「ロジクール マラソンマウス M705m」を発売
HyperX、RGBライティング対応のゲーミングキーボード「HyperX Alloy Elite RGB」が登場
DMM.com、HTC NIPPONとタイアップしHTC Vive VRキットのレンタルを開始
「iiyama PC」と「仮面女子」のコラボ新アイドルユニット「無限女子 ~ powered by 仮面女子 ~」イメージムービー公開






ドン・キホーテ、1万円台のノートPC「MUGA ストイックPC」を発売

main

ドン・キホーテは、 2017年12月1日(金)からドン・キホーテプライベートブランド「情熱価格」の新商品、「MUGA(無我)ストイックPC」を全国のドン・キホーテ(一部店舗を除く)で発売する。価格は1万9,800円(税抜)。

今回発売する「MUGA ストイックPC」は、「ジブン専用PC&タブレット」に続くWindowsシリーズとして、情熱価格ブランド初となるノートパソコン。フルHDのディスプレイにこだわりつつ、市場最安値に挑戦する1万9,800円(税抜)で発売する。

本製品の特長は、ディスプレイの画素数が1,920×1,080ピクセルの高解像度のフルHD画面に加え、視野角が広い高精細IPSパネルを搭載しており、どの角度から見ても美しい映像を楽しめる液晶パネルだ。動画の再生に最適な仕様で、臨場感ある映像を楽しむことができる。

また、 Microsoft Officeと高い互換性を持つWPS Officeを搭載し、簡単な表計算などのオフィス作業にも活用できる。多様化する個人のライフスタイルに対応し、機能をストイックに絞り込むことで、市場最安値の1万9,800円(税抜)を実現したとのこと。

■商品概要
名称:MUGA ストイックPC
型番:KNW14FHD-SL
プロセッサ:Intel ATOM x5-Z8350(Cherry Trail)
プロセッサスピード:1.44GHz/最大1.92GHz
システムメモリ:LPDDR3 2GB(増設・変更不可)
インターフェイス:USB3.0×1 / USB2.0×1、Mini HDMI×1、Micro SDスロット×1(最大64GBまで)、3.5mmイヤフォンオジャック×1
重量:約1,200g
O S:Windows 10 HOME 64bit
無線LAN(Wi-Fi):IEEE802.11b/g/n
通信:Bluetooth(R)4.0
サイズ:幅約329mm × 奥行約219mm × 高さ約20mm
バッテリー:10,000mAh  駆動時間:約7時間 ※3
ストレージ:eMMC 32GB
ディスプレイ:14.1インチ IPS液晶1,920×1,080ドット
カメラ:30万画素(インカメラ)
スピーカー:1W×2
ビジネス統合ソフト:Kingsoft WPS Office


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
高速CPUと最新外部グラフィックスでビジネスでもプライベートでも快適に使える15.6型ノートパソコン
日本エイサー、第8世代Coreプロセッサー搭載で液晶が360°回転する13.3型コンバーチブルノート Spinシリーズを発売
「LEVEL∞」でAMD Ryzenを搭載したコンパクトゲームパソコンを発売

ユニットコム、「LEVEL∞」よりGeForce GTX 1070 TiとCore i7-8700Kを搭載したミドルタワーゲームパソコンを発売







高速CPUと最新外部グラフィックスでビジネスでもプライベートでも快適に使える15.6型ノートパソコン

製品画像

マウスコンピューターは、高性能CPU「Core i7 プロセッサー」と最新世代グラフィックス「GeForce MX150」を搭載した15.6型ノートパソコン「m-Book Kシリーズ」を2017年11月21日(火)午前11時より発売する。価格は9万9,800円から(税別)。

本製品は、4コア8スレッドに対応する高速CPU「インテル Core i7-7700HQ プロセッサー」と、モバイル環境に最適化された最新の「GeForce MX 150」を採用することで、消費電力を抑え、従来モデルを超えるグラフィックス性能を発揮する。一般的なオフィスソフトウェア処理や、画像加工など、ビジネスでもプライベートでも快適に使える機能性と、豊富なI/Oポートやオリジナルユーティリティなど使いやすさも実現した製品だ。

500GBハードディスク、8GBメモリを搭載する「m-Book K686BN」は99,800円(税別)から、さらに快適さをアップさせる大容量メモリや、高速アクセスに対応するSSDを採用する幅広いラインアップをそろえて、マウスコンピューターWebサイト、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップにて発売される。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
日本エイサー、第8世代Coreプロセッサー搭載で液晶が360°回転する13.3型コンバーチブルノート Spinシリーズを発売
「LEVEL∞」でAMD Ryzenを搭載したコンパクトゲームパソコンを発売

ユニットコム、「LEVEL∞」よりGeForce GTX 1070 TiとCore i7-8700Kを搭載したミドルタワーゲームパソコンを発売
日本マイクロソフト、Surface ProのLTE対応モデルを法人向けに12月8日(金)より発売






マウス、第8世代インテル Core i7と高速・大容量512GB SSDを搭載した15.6型ノートパソコンを発売

m-Book B504H_正面右斜め

マウスコンピューターは、新しいTV-CM公開を記念した特別モデルとして、最新の「第8世代 インテル Core i7 プロセッサー」と高速・大容量SSDを搭載した15.6 型ホワイトカラーノートパソコン「m-Book B504H」を9万9,800円(税別)より、限定台数4,000台で販売する。

本製品は、最新の第8世代4コア8スレッド対応CPU「インテル Core i7-8550U プロセッサー」と高速・大容量ストレージ「512GB SSD」を搭載しており、複数タスクの同時実行、アプリケーションやデータファイルの読み出しを高速に処理することができる。Webブラウジングや写真や画像の編集、Webブラウザ上で動作する3D映像を活用したゲームなど、複数のアプリケーションを同時に実行しても、快適に使用することができる。

また、同一仕様にて、「Microsoft Office Home and Business Premium」と、「1年間のOffice 365サービス」付属モデルを11万9,800円(税別)より販売する。

本製品は2017年12月1日(金)より、マウスコンピューターWebサイト、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップ、マウスコンピューター製品取り扱い家電量販店にて、順次販売を開始される。

ニュースリリース
特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
日本エイサー、第8世代Coreプロセッサー搭載で液晶が360°回転する13.3型コンバーチブルノート Spinシリーズを発売
「LEVEL∞」でAMD Ryzenを搭載したコンパクトゲームパソコンを発売

ユニットコム、「LEVEL∞」よりGeForce GTX 1070 TiとCore i7-8700Kを搭載したミドルタワーゲームパソコンを発売
日本マイクロソフト、Surface ProのLTE対応モデルを法人向けに12月8日(金)より発売






ユニットコム、主要メーカー1,000種以上のノートPCに対応した小型ACアダプターを発売

img_137114_4

ユニットコムは、パソコン工房 AKIBA STARTUP(アキバ スタートアップ) にて 、丸文の主要メーカー1,000種以上のノートPCに対応した世界最小・最軽量のノートPCアダプター「Dart(ダート)」の展示を開始する。展示は2017年9月30日までを予定。

Dart(ダート)はMIT(マサチューセッツ工科大学)発の高速スイッチング技術により、市場に出ている従来のACアダプターと比較し、4分の1の小ささ・軽さを実現。既存のレンガのようなACアダプターからポケットに入る大きさになったため、非常に持ち運びが楽になる。さらに小型化を実現できたことにより、DARTはコンセントに直接差し込むことができるモデルとなっている。 そのためかさばるケーブル類を減らすことができた。

Dartは、2.1Aの補助USB-Aポートを搭載しているため、PCと同時にスマートフォンやタブレット等の他の端末を充電することができる。そのためスマートフォンなどの充電器も削減でき、さらに持ち運びを楽にすることができる。

Dartは、適切なプラグの使用でAcer、Asus、 HP、Dell、Fujitsu、 Lenovo、NEC、Sony / VAIO、ToshibaなどのノートPCと接続が可能。また、18?21V、65W以下の電力レベルのノートPCであれば、DARTで正常に使用が可能だ。

同製品は現在、CCC(TSUTAYA)グループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE(グリーンファンディング)」にて先行販売を実施している。

■製品概要
定格出力: 65W (20V, 3.25A)
入力: 100-240V/AC50-60Hz/1.5A
出力: 18V-21V/DC
USB-A 出力: 5V/2.1A
最大効率: 95%
体積: 50cc
質量: 85g


img_137114_3


クラウドファンディングプロジェクト情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ロジクール、クリエイティブ&オフィス系ソフトやアプリを操作できるキーボードを発売
AMDのハイパフォーマンスGPUを搭載!アスク、「RADEON RX VEGA 56 8G HBM2」を発表
ワンコインのUSB3.0対応メモリカードリーダー
余った2.5インチHDDを手軽に外付けできるUSB Type-C接続 2.5インチSATAハードディスク×2ケース
Synology、NASの新製品「DiskStation DS418j」を発表




マウスコンピューター、4コアCPU、120GB SSD+1TB HDDのデュアルストレージ搭載15.6型フルHDノートを発売

右側面

マウスコンピューターは、2017年9月4日(月)午前0時より、4コアCPU、120GB SSD+1TB HDDのデュアルストレージ搭載15.6型フルHDノートパソコン「m-Book B503S」を、限定台数3,000台で5万9,800円(税別)にて発売する。

本製品は、高速なアクセス、データ転送を実現するSSD 120GB、大容量で多くのデータを保存できるHDD 1TBを搭載。どちらも信頼性を備えたWestern Digital製を採用した。

また鮮やかな発色と、黒で引き締まったコントラストが魅力のグレア液晶を採用。フルHDに対応した解像度で高精細の動画から静止画まで幅広く楽しめる。

シンプルでホワイトを基調とした本体イメージ。あらゆる利用シーンにフィットし、女性の方にもおすすめのモデルだ。

背面


製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ロジクール、クリエイティブ&オフィス系ソフトやアプリを操作できるキーボードを発売
AMDのハイパフォーマンスGPUを搭載!アスク、「RADEON RX VEGA 56 8G HBM2」を発表
ワンコインのUSB3.0対応メモリカードリーダー
余った2.5インチHDDを手軽に外付けできるUSB Type-C接続 2.5インチSATAハードディスク×2ケース
Synology、NASの新製品「DiskStation DS418j」を発表






「親子で体験!! デル パソコン組み立て教室2017」参加者募集

17ea532670b56083fa9394a8f7890411_s

デルは、デル宮崎カスタマーセンター(宮崎県宮崎市)にて、小中学生を対象とした「親子で体験!!デル パソコン組み立て教室」< http://www.dell.com/learn/jp/ja/jpdhs1/campaigns/pc_koubou?c=jp&l=ja&s=dhs >を2017年9月2日(土)に開催する。

毎年好評を博し今年で10回目を迎えるこの親子参加型イベントでは、参加者は日頃使用しているパソコン「内部」の仕組みやCPU、ビデオカードなどの役割を学習してから、実際に2-in-1モバイルパソコンの組み立てを体験する。組み立てたパソコンは、店頭やデルオンラインで購入した製品と同様の保証やサービスが受けられるため、その後も安心して使用することができる。

今回の組み立て対象製品は、11.6インチ・タッチパネル液晶を搭載し、ノートPCのパフォーマンスとタブレットの利便性・携帯性を両立した、デルがお勧めするコンパクトな2-in-1モバイルパソコン「Inspiron 11 3000シリーズ 2-in-1」< http://www.dell.com/jp/p/inspiron-11-3147-laptop/pd >。タブレットモードで子どもの学習、直立したスタンドモードでゲーム、テントモードで映像などの鑑賞、ノートパソコンモードで生産性の向上と、360度回転する液晶ディスプレイによる4つのモードで多彩な活用ができる。

■「親子で体験!! デル パソコン組み立て教室2017」開催概要
日時:2017年9月2日(土) 午後1時00分~午後4時30分(受付開始:午後12時30分)
会場:デル株式会社 宮崎カスタマーセンター
宮崎県宮崎市橘通東4-8-1 カリーノ宮崎4F
※日豊本線宮崎駅より徒歩10分
講師:デル株式会社 テクニカルサポート担当社員
使用パソコン教材:「Inspiron 11 3000シリーズ 2-in-1」
参加費用: 19,800円 (税抜き、PC教材代金含む)
※会場までの交通費は参加者にて負担
※使用パソコン教材の構成変更を希望する場合は、別途費用が必要
※組み立てたPCは、当日お持ち帰り可能
定員:12組
※応募者多数の場合は抽選により決定
応募資格 :全国の小学生~中学3年生とその保護者
※当日は保護者同伴で来場
※パソコンに対する知識や習熟度は問わない
お申込み方法:以下の「お客様ご登録ページ」より、必要事項を記入のうえ登録
お客様ご登録ページ:http://www.dell.com/learn/jp/ja/jpdhs1/campaigns/pc_koubou?c=jp&l=ja&s=dhs
注意事項等:お客様ご登録ページを参照
お問合せ:JPDELLMCC@Dell.com
主催:デル株式会社
協賛:インテル株式会社


お客様ご登録ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
「LEVEL∞」より第7世代 Core i7とGeForce GTX 10シリーズを搭載したコンパクトゲームパソコンが登場
アスク、CORSAIR製のゲーミングキーボード「K68 Red LED」を発表
Synology、Wi-Fiルータ「RT2600ac」および「VPN Plus」を発表
富士通、デスクトップパソコン「ESPRIMO FH90/B2」を新発売
歩けるVRお化け屋敷が登場「呪いのVR体験会」を開催






ファーウェイ・ジャパン、13インチウルトラスリムノートブックPC「HUAWEI MateBook X」を発表

hw01

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、同社が培ってきたノウハウを活かした、ファーウェイ初となる13インチのクラムシェル型PC「HUAWEI MateBook X」を、2017年7月7日(金)より発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格は14万4,800円~(税抜)。

「HUAWEI MateBook X」は、モビリティを重要視するスマートフォンメーカーならではのノウハウを存分に活かし、13インチで画面占有率88%の大画面ながらもA4サイズよりコンパクトな筐体サイズを実現。厚さも12.5mmでカバンにすっきり収まるスタイリッシュなボディは金属筐体により贅沢な質感を演出しつつ、重量はたったの1.05kg、薄くて軽量で持ち運びにも最適だ。

また、表面処理には「HUAWEI P10 | P10 Plus」にも採用されているサンドブラスト処理を、エッジ部分にはダイヤモンド・カット処理を施し、薄くコンパクトなボディに高級感と持ちやすさが加わっている。カラーバリエーションには、プレステージゴールド、スペースグレー、ローズゴールドの3色。

「HUAWEI MateBook X」は両端のベゼル幅 4.4mm の狭額縁と、スマートフォンやタブレットと同じようにベゼルと画面の境目をなくしたフラットスクリーンを採用。鮮やかな 2K ディスプレイは黒が引き締まる 1000:1 ハイコントラストで色再現率(sRGB)100%、究極の視聴体験を遮るものを極限まで排除した。また、画面比率3:2と縦の比率が大きいため資料作成などに適し、生産性を向上。 さらにCorning Gorilla Glass を採用し傷もつきにくくなっている。

3:2の黄金比を採用したディスプレイはビジネスにも最適。プロセッサーは第7世代インテルRCore i7/ Core i5を搭載。気になるCPUの発熱対策にはファーウェイ独自のスペース・クーリング・テクノロジーと、航空宇宙グレードの放熱素材を活用して、パワフルなのに薄い、ファンレスノートブックを実現した。

これにより非常に効率的にCPUを冷却しながらシステムを安定して動作させることができるのと同時に、従来のファンの高速回転によるノイズやファンの隙間から入る埃といった問題も効果的に解決。

バッテリーは41.4Wh、連続約10時間のバッテリーライフを実現。付属のポケット・チャージャーはモビリティを重視し151gに、従来のノートブックPCのアダプタより軽くコンパクトになった。

従来の「PCにおける音質が悪い」というイメージを覆し、豊かで没入感のあるドルビーアトモスの音響をPCで実現するため、ドルビーとファーウェイの技術者は、ソフトウェアだけでなく装置設計から共同開発した。

HUAWEI MateBook Xのためだけに設計された2つのモーターを持つ専用スピーカー、大音量での音のひずみを抑えるための制振材を本体に追加、それら特注のハードウェアを最大限に活かす精密にチューニングされたソフトウェアが組み合わさって、より大音量で解像度の高い豊かな音を再現する。

没入感溢れるドルビーアトモスサウンドは、内蔵スピーカーはもちろん、ヘッドフォンでも楽しめる。映画、テレビ、ゲーム、音楽ライブなど、あらゆるエンターテインメントを、自分がまるでその場にいるかのような感覚で聴くことができる。

HUAWEI Matebook Xは世界で最も薄い13インチノートブックPCのひとつでありながら、驚くほどの大音量再生と、ドルビーアトモスサウンドシステムにより、全く新しい音の世界を体験できる。

従来のWindowsPCでは、セキュアなログインは常に、電源を入れ、次に指紋認証やパスワードでログインするという2段階認証だった。「HUAWEI MateBook X」では、スマートフォンで培った指紋認証技術を PC にも展開。スイッチオンからログインまで、ワンタッチで可能になった。もちろん指紋センサーは3D認証、さまざまな角度からタッチして認証できるようになっている。そしてその指紋認証からログインまでの時間は、スリープ状態からで約1.9秒、電源オフからでも約9秒で立ち上がる。高感度な指紋センサーにワンタッチするだけで、迅速かつ安全なロック解除ができ、ストレスを感じさせない仕様だ。

キーストローク1.2mm、キーピッチ19.2mmと、薄くコンパクトな筐体。周辺が暗くなれば自動的にバックライトが点灯、各キーが均一に光り、場所を選ばずに作業が可能。もちろん暗い環境ではキーボードが光るだけでなく、視力保護モードも搭載。ファーウェイのスマートフォンやタブレットにも搭載されている技術により、長時間の作業や軽い環境での作業でも目の疲れを低減。また、防滴仕様になっており、水滴が落ちても、濡れた手で触っても安心だ。

スマートフォンに限らず、タブレットやPC、全てのデバイスに求められる「モビリティ」。
持ち運びしやすいように、MateDockが進化して登場。モバイルシーンでさらに活躍できるように小さく軽くなったMateDock 2は複数のポート(VGA、HDMI、USB-A、USB-C)に対応、拡張性も充分だ。

HUAWEI MateBook X

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
歩けるVRお化け屋敷が登場「呪いのVR体験会」を開催
ドスパラ、自作パソコンセット「はじめてでも簡単に作れる!シリーズ」を発売
「Re:ゼロから始める異世界生活」コラボ第2弾!エミリアと2人きりのシーンをVRで体験

XYZプリンティングジャパン、3Dオブジェクトを手作りできる「ダヴィンチ 3Dペン」スターターキットを発売

マウスコンピュータ、GeForce GTX 1050搭載の17.3型大画面ノートパソコンを発売





マウスコンピュータ、新TV-CM公開記念限定台数モデル15.6型ノートパソコンを3万円台より発売

m-Book B503E製品画像_1

マウスコンピューターは、4コアCPUとSSDを搭載した15.6型ノートパソコン「m-Book B503E」を2017年6月19日より限定台数14,000台で発売する。価格は3万9,800円(税別)。

本製品は、乃木坂46のメンバーが出演する新しいTV-CMで紹介しているモデル。4コアCPUのインテル Celeron プロセッサー N3450と120GB SSDを搭載しており、同社の同等セグメントにおける従来の製品と比較し、CPUのグラフィックス処理性能が向上している。

これにより、Webブラウンジングや、写真や画像を活用した文章作成、ビデオチャットなどの普段使いの快適性はもちろん、3D映像を活用するWebブラウザ上で動作するゲームなども快適にプレイすることができる。

また、同一仕様にて、「Microsoft Office Home and Business Premium」と、「1年間のOffice 365サービス」が付属したモデルを5万9,800円(税別)より販売する。

m-Book B503E画像_1

m-Book B503E画像_2


製品ページ
乃木坂CMスペシャルサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
「Re:ゼロから始める異世界生活」コラボ第2弾!エミリアと2人きりのシーンをVRで体験

XYZプリンティングジャパン、3Dオブジェクトを手作りできる「ダヴィンチ 3Dペン」スターターキットを発売

マウスコンピュータ、GeForce GTX 1050搭載の17.3型大画面ノートパソコンを発売
インバースネット、Ryzenシリーズ搭載デスクトップパソコンを発売
障害が発生しても迅速に対応できるネットワーク管理ソフト「IO Navi」






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ