ITライフハック

ハイビジョン

パナソニック、4K60p動画記録が可能なミラーレス一眼カメラ LUMIX DC-GH5を発売

dx5

パナソニックは、4K60p動画記録が可能なミラーレス一眼カメラ「LUMIX DC-GH5」を2017年3月23日より発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格はボディのみのモデルが24万円前後、標準ズームレンズが付属したモデルが27万円前後。

本製品は、新開発のイメージセンサーと新開発の画像処理ヴィーナスエンジンにより、解像・高感度画質・色再現性を向上させ、「質感描写」にこだわったLUMIX史上最高の写真画質を実現した。新たにボディ内手ブレ補正も搭載し、ボディ/レンズ両方の手ブレ補正を最適に制御する「Dual I.S. 2」に対応した。

また、世界初の4K60p動画、4:2:2 10bit 4K30p動画のSDカード記録に対応、さらに時間無制限で記録ができ、プロの現場でも使用できる動画性能を搭載した。

好評の高速オートフォーカス「空間認識AF」は、より高速・高精度化したことに加え、被写体を追い続けるAFCフル画素連写も秒間9コマへ進化を遂げ、高い機動性を実現。さらに新開発の「6Kフォト」を使えば、約18メガの秒間30コマ高速連写で、決定的瞬間を高画質で撮影することができる。

メモリーカードスロットは、LUMIXで初めて2枚のSDメモリーカードを使用できるダブルスロットを採用、ボディは防塵防滴設計なので、快適な撮影を楽しむことができる。

デジタルカメラ ルミックス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ゲーム好きの著名人、文化人、クリエーターがPlayStation VRの最新ニュースを発信
富士フイルムがミラーレス新モデル「X-T20デビューキャンペーン」を開始!
無音部分を自動的にデータカット!ライン入力でカセットなどのアナログ音源をMP3に変換できるプレイヤー
サンコー、場所を取らないコンパクト「ミニ洗濯機」を発売
65年型マスタングのインパネとロゴをデザインしたメディアプレイヤー「Mustang LP BK」





フルHDの次はUltra HD フルHD解像度より高い解像度は4Kからどう変化した?【デジ通】

東芝もUltra HD


ラスベガスの世界最大規模の家電ショーCES 2013のテレビ関連で話題になったのが、フルHDを超える解像度の4Kだ。この4Kは日本では「ヨンケー」と読む。フルHDの1920×1080の解像度と比較してちょうど2倍、1920×2=3840、1080×2=2160で、16:9のアスペクト比で3840×2160の解像度になる。3840を四捨五入すると4000、4に千を意味するKを加えて「4K」が誕生した。

しかし、一般の利用者にとってフルHDや4Kと言われて、ピンとくる人は、ほとんどいないだろうし、フルHDより高画質な解像度の呼び名が「4K」では、さらにわかりにくいだろう。そんな事もあってかどうかはわからないが、4Kのことを「Ultra HD」と呼ぶようになっていた。続きを読む

感動に浸り切れ!この秋は離れた自室でフルHD映像の秘蔵映像を見放題



地上デジタル放送への移行も完了し、これまで以上に高画質でテレビ番組を録画できる時代になった。さらにひかりTVやケーブルTVの普及で、テレビ放送以外でも高画質な映像を楽しめるようになった。

高画質な番組の増加に合わせて録画する番組も増えて、なかなか録画した番組を見る時間がないという人も多いだろう。

しかし大抵のレコーダーはリビングにしかなく、感動にドップリとつかりたいと思っても家族の目を気にして感動に浸りきれないとお嘆きの方も多いのではないだろうか。

かく言う筆者も、大好きな海外ドラマの世界に思う存分どっぷりつかって視聴したい口だ。
レコーダーを視聴の度に自室に移動させるなんて面倒だし、そもそも家人の手前そんな怪しいこともできず長年困っていた。

そんな長年なやんでいた問題を、スッキリと解決する方法を見つけたので紹介しよう。

アイ・オー・データ機器のテレビ用HDMI無線化ユニット「WTR-HDAV/A」。これがあれば、リビングに置いてあるレコーダーを動かさなくても、録画した映像をワイヤレスで別室のHDMI端子を備えたテレビや液晶モニターで見ることができるのだ。さらに自室からリモコンで操作できるので、家人にしられず、自室でシークレットに感動に浸れるのだ。

続きを読む

ここまでできるか!ワイヤレスで地デジ視聴からリモコン操作まで ネットブックが家電になる



地デジ録画番組を魔法のように家のどこでも見られる!神レコーダー「RECBOX」』では、アイ・オー・データ機器の「RECBOX」でテレビ番組をダビングして、パソコンにワイヤレスで配信する方法を紹介した。

「RECBOX」は神レコーダーとも言える便利なアイテムだが、放送中のテレビ番組をパソコンでリアルタイムに見たい人もいるだろう。

パソコンで地デジを見るには、地デジチューナーを繋げばよいわけだが、デスクトップパソコンのように拡張スロットのないネットブックやノートパソコンでは、別途USB機器などのチューナーを用意しないと視聴はできない。どこにでも持ち歩ける便利なネットブックであっても、こと家電のように地デジ視聴となると、ベッドの中でインターネットを楽しむようなわけにはいかないのだ。

そこで今回は、ネットブックでも無線LAN経由で地デジをリアルタイムに見られる「究極の地デジ配信システム」の作り方を紹介しよう。

続きを読む

圧倒的な臨場感と迫力ある映像!NHKとSHARPが世界初のSHV液晶

日本放送協会(NHK)とシャープは共同で、次世代のテレビジョン放送サービスであるスーパーハイビジョン(SHV)に対応する85V型液晶ディスプレイを開発したことを明らかにした。直視型ディスプレイでは世界初の成果となる。

続きを読む

テレビ録画後の悩み解消!録画番組を何倍にも活用できる魔法のAV機器「RECBOX」



今年、テレビの世界が大きく変わろうとしている。2011年7月24日にアナログ放送が終了し、デジタル放送のみとなるのだ。このアナログ放送の停波を前にして、地デジ対応の薄型テレビを購入した人、これから購入する人もまだ多いだろう。

デジタル放送の魅力は、何と言っても高解像度で細部まで鮮明にハイビジョン映像が見られる点にある。最近のテレビの中には、このハイビジョン映像を録画できる機種まで登場してきているが、録画機能を搭載していないテレビでも、HDDレコーダーを用意すれば、高画質なHD録画が可能だ。

ところが、今やテレビは一人一台時代。せっかく録画した番組もHDDレコーダーのある部屋でしか見られないのは不便だと感じている人はいないだろうか。


アイ・オー・データ機器のテレビ録画ができるHDDという魔法のような製品「RECBOX」があれば、リビング以外の部屋でも録画した番組が見られるのだ。すでにHDDレコーダーを所有している人でも「RECBOX」を追加することで便利な機能を使うことができる。

さて、魔法のような「RECBOX」は、どんな製品なのか、どのようなことができるのかを見てみよう。
続きを読む

驚愕の3D映像!ビクター、3Dムービーがずば抜けて凄い理由



ソニーの3Dハンディカム「HDR-TD10」に引き続き、ビクターもフルハイビジョンで3D映像を記録できる3Dハイビジョンムービー Everio「GS-TD1」を投入してきた。2月上旬発売で、価格は20万前後の見込み。

3Dテレビや3Dプレイヤーが続々と登場した2010年を受け、臨場感ある3D映像を家庭で鑑賞できる環境が環境が整いつつある。自分で3D映像を撮影したいというニーズへのひとつの答えが、この「GS-TD1」だ。

続きを読む

実質5万円台!アクトビラ対応の40V型フルハイビジョン液晶テレビ「LVW-F404」

地上デジタル放送への移行にともない、テレビの買い換えニーズが期待されている。そうたい市場にむけて、DXアンテナが魅力的な商品を投入する。

DXアンテナは2010年9月15日、40V型の地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ「LVW-F404」を本日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。市場想定価格は8万円前後。家電エコポイントが23,000ポイントつく。


続きを読む

LEDの力で高画質と低省電力化を実現!デジタルハイビジョン液晶テレビ「WOOO」に新モデルが登場

家電エコポイント制度の継続により、地上デジタル放送への完全移行に向けて、テレビに大きな需要が見込まれている。そうした市場に対して、日立が新製品を投入する。

日立は2010年9月9日、新たに開発した独自の「スリムブロック型」LEDバックライトを搭載し、エリアコントロール技術による高コントラスト・高階調と省電力を実現するHDD内蔵 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「ウー」ZP05シリーズを、10月中旬より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

続きを読む

3Dもブルーレイもコレ1台!ソニー、全部入りの3Dテレビが誕生



国内テレビ市場は、地上デジタル放送への対応と3D化に加え、録画対応モデルの需要が急速に高まりつつある。そうした市場に対して、ソニーが新製品を投入する。

ソニーは、ブルーレイディスク(BD)ドライブ・ハードディスクドライブ(HDD)内蔵、3D対応、LEDバックライト搭載の液晶テレビ「ブラビア」HX80Rシリーズ 3機種を12月5日より、BDドライブ・HDD内蔵の液晶テレビ「ブラビア」EX30Rシリーズ2機種を11月30日より発売すると発表した。
価格は、いずれもオープンプライス。

続きを読む

3万円台か!薄さ18mmフルハイビジョンテレビが登場



BLUEDOT株式会社は2010年03月25日、LEDバックライトを採用することで薄型化と省エネを両立した、22V型液晶搭載の地上デジタルフルハイビジョンテレビ「BTV-2200」を4月16日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。市場想定価格は、4万円前後。

■地デジやブルーレイに最適な「軽テレビ」
「BTV-2200」は、LEDバックライトを採用した「軽テレビ」。22V型で1920×1080画素のフルHD液晶を搭載しているので、地上デジタル放送やブルーレイディスクの映像を余すことなく表現することが可能だ。ベッドサイドや机・テーブルの上などお気に入りの場所で、臨場感のある高精細映像を気軽に楽しむことができる。

1月に発売した「BTV-1800」シリーズに続き、バックライトに従来のCCFL(冷陰極管)ではなくエッジライト方式のLEDを採用。最薄部の厚さも同じく約18mmを実現。重さも約4.5kg(スタンドを含まない場合は約4.0kg)と軽量なので、部屋のレイアウトにあわせてお気に入りの場所へ設置することができる。

また、LEDバックライトの採用によって消費電力を従来よりも低減。1日4.5時間使用したときの年間消費電力量は約38kWh/年と業界トップクラスの省エネ性能を実現し、1年間の電気代もわずか840円に節約することができいる。このほか省エネモード設定やスリープ機能(オフタイマー)なども備え、無駄を減らしたエコな設計になっている。

なお、「BTV-2200」は、2010年4月1日に施行される新しい省エネ基準で5つ星を達成した、エコポイントの対象商品となっている。

「BTV-2200」製品情報
BLUEDOT株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
動画も音楽も電子書籍もOK!ポータブルAVプレーヤー
カメラにつけて楽しもう!これが限定「カメラーマン」だ
1万円をついに切った!8倍ズームで511万画素のデジタルビデオカメラ
12人がGXRでの表現に挑んだ!リコーの写真展「Sense」

BLUEDOT DVDプレーヤーCPRMコンパクトモデル BDP-105W
BLUEDOT (2009-02-20)
売り上げランキング: 6330

誰でも簡単にビデオ編集!コーレル「VideoStudio」に新製品



最近のデジタルビデオカメラやデジタルカメラには、ハイビジョンの動画撮影に対応した製品が増えてきた。ハイビジョンの映像を高画質のまま残すものといえば、ブルーレイレコーダーだが、ブルーレイレコーダーに保存する前に撮影した映像を自分で編集したい人もいるだろう。

コーレル株式会社が2010年4月16日より発売を開始する「Corel VideoStudio Ultimate X3」「Corel VideoStudio Pro X3」(以下、Corel VideoStudio X3)は、すべてのユーザーにこだわりの作品づくりの環境を提供する、ブルーレイ対応ビデオ編集編集ソフトだ。

ビデオ編集はむずかしいと思っている人はいないだろうか。
Corel VideoStudio X3では、作業ステップを3ステップに簡略化しており、トランジションやタイトル、オーディオなどは中央のアイコンから編集作業時に自由に切り替えが可能になっている。

テンプレートを選んで、使いたい動画や写真に置き換えるだけで簡単に作品が作成できるほか、ファイルの置き換え時に各種設定やオーバーレイ、トランジション情報はそのまま保持できるので、過去に作った作品も新しい素材で簡単にリニューアルできる。選べるテンプレートは全26種類だが、ダウンロードでさらに追加することが可能だ。

Corel VideoStudio X3があれば、誰でも簡単にビデオ編集ができるというわけだ。

「Corel VideoStudio X3」製品情報
コーレル株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
カリム・ラシッド氏デザインのお洒落なネットブック
ThinkPadの最新モデルが無料でもらえるチャンス!
EeePCのASUS、世界初の3D対応ノートパソコンを発表
3D映画も家庭で見られる時代へ!ゲーミング液晶ディスプレイ
ネットブックに革命!これがASUSの新世代Eee PCだ

Corel Digital Studio 2010 通常版
COREL (2009-10-09)
売り上げランキング: 3956

安すぎる!4万円台でも高性能な32型液晶テレビが登場

アキアの32型液晶テレビ「32HG08H-B」


株式会社アキアは、高性能ハイビジョン液晶パネル採用した自社ブランドの液晶テレビの販売を本日(2010年1月19日)より開始した。
価格は、26型(26HG03H-B)が4万4,800円(税込み)。32型(32HG08H-B)が4万9,800円(税込み)。

同社は、
「ハイビジョン液晶パネルを搭載し、デジタル放送はもとよりゲーム、パソコンの高精細な映像を楽しめる製品としてパーソナルからリビングまで幅広い用途に対応する機種として開発いたしました。」と、コメントしている。

■地上・BS・110度CSデジタルチューナを内蔵
新製品は、いずれも高精細1366×768ドットの高性能ハイビジョン液晶パネルを採用した。地上・BS・110度CSデジタルチューナを備え、デジタル放送のハイビジョン映像をノイズやゴーストなく綺麗な映像で楽しむことができる。

視聴予約や番組の確認に便利なEPG(電子番組表)、いつでもニュースや天気予報などを役立つ放送がみられるデータ放送、クイズやアンケートなど視聴者参加型番組を楽しめる双方向サービスにも対応しているほか、アナログチューナーも備える。

さらに、次世代ゲーム、DVDなどデジタルソースを再生できる映像・音声インターフェースHDMI入力(HDCP対応)を標準で備え、ケーブル1本で高品位な映像と音声をデジタル伝送することができる。

■製品の特徴
・32型は視野角が広いIPSパネルを採用
・HDMI入力端子を3系統装備
・エコポイント対象モデル(1万2,000ポイント)

アキア直販サイト
株式会社アキア

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
写真だけじゃない!ソニーの新デジカメは動画に強い
薄すぎない?世界最小・最軽量の新スタイルムービーが登場
東芝が国内ブルーレイ市場へ!BD内蔵「VARDIA」を発表
目の付けどころがBIGLOBE!フォトポケがchumbyに対応

個性で勝負!シャープ、液晶テレビ「AQUOS」に新製品

シャープの液晶テレビ「AQUOS」NEシリーズ


シャープは2010年1月19日、カジュアルなデザインを採用した液晶テレビ「AQUOS」NEシリーズ(20V型)を発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。カラーバリエーションは、シェルホワイト、ショコラブラウン、ピーチピンク、ライムグリーンの4色。

同社は、
「当社は、機能性とデザイン性を兼ね備えたAQUOSのパーソナルモデルとして、本機を提案してまいります。」とコメントしている。

■部屋に合わせてカラー選べる
部屋に合わせたカラーコーディネートができるシェルホワイト(ホワイト系)/ショコラブラウン(ブラウン系)/ピーチピンク(ピンク系)/ライムグリーン(グリーン系)の4色をラインアップ。電子番組表やメニュー操作画面の配色も、8色から好みの色が選択できる。

キャリングハンドルや回転式スタンドなどの細部にもこだわった独自のカジュアルなデザインも魅力のひとつ。デザインは、世界的なインダストリアルデザイナーである、喜多俊之氏のデザインを採用した。

■パーソナルユースに最適な機能を搭載
新製品は、起床・就寝時に便利な「おはようタイマー」「おやすみタイマー」 を備える。
「おはようタイマー」は、画面の明るさと音量を徐々に上げて心地よい目覚めをサポートする「サンライズモード」や「スヌーズモード」が選べ、最大4件のタイマー設定が可能だ。

CMに切り替わった際の急激な音量変化を低減する「CMオートボリューム機能」を備えたことにより、番組途中でCMに切り替わった時などに起こる、急激な音量変化を低減する。深夜に視聴する際も、隣のお部屋への音漏れを気にせず利用することができる。

■ハイビジョンならではの高精細な映像を再現
高画質映像を忠実に再現するデジタル高画質LSIを搭載。地上デジタル放送やTVゲーム、BDソフトなどの高精細な映像コンテンツを、なめらかなグラデーションと緻密な映像で再現することができる。
映像ノイズを低減し鮮鋭感のある映像を実現、AQUOSならではのクリアで豊かな質感の映像が楽しめるわけだ。

「AQUOS」NEシリーズ製品情報
シャープ

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
写真だけじゃない!ソニーの新デジカメは動画に強い
薄すぎない?世界最小・最軽量の新スタイルムービーが登場
東芝が国内ブルーレイ市場へ!BD内蔵「VARDIA」を発表
目の付けどころがBIGLOBE!フォトポケがchumbyに対応

3D映像で未体験の世界へ!旭山の動物たちが銀座にきた

左から順にAIR DO キャビンアテンダントの大内香苗さん、旭山動物園の坂東園長、ソニー企業株式会社 代表取締役社長 齋藤恵治氏、ホッキョクグマさん(着ぐるみ)

- この冬、銀座 ソニービルには北海道の魅力が満載 -

ソニービルは、旭山動物園監修のもと、ソニービル全館で「旭川市×ソニービル ハイビジョン旭山動物園」を開催中だ。期間は2009年12月22日より2010年1月17日まで。入場は、無料。

■やさしい気持ちが芽生えて欲しい - 旭山動物園の坂東園長
旭山動物園は、北海道旭川市にある日本最北の動物園。あざらし館のマリンウェイ、ぺんぎん館の水中トンネル,オランウータンの空中散歩など、動物本来の動きや生態を見せる工夫から生まれた行動展示で、動物たちの素晴らしさを間近で感じることができる。

ソニービルの8F コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)では、「3Dハイビジョン旭山動物園」と題し、旭山動物園にいる動物たちを、ソニーの美しい3Dハイビジョンで再現している。
旭山動物園の坂東園長

イベントの初日には、旭山動物園の坂東園長が応援に駆けつけた。板東園長は、テレビや映画、小説の題材ともなった名異物園長だ。

板東園長は、
「これから僕らが動物たちと生きていく未来を見るために、彼ら(動物たち)は物を言いませんが、人間が変わってくれることを期待していると思います。みなさんの心の中にいろんな生き物と生きられる未来を見れるような、やさしい気持ちが芽生えるようなものに繋がってくれたら良いなと思います。ぜひ、みなさん、足を運んでいただければと思います。」と語った。

■迫力満点!動物たちが目の前に迫ってくる
「旭川市×ソニービル ハイビジョン旭山動物園」は、ソニービルがこの冬に実施中の新企画。

●本物みたい!3Dハイビジョン旭山動物園
行動展示をする旭山動物園だからこそ見られる動物たちの様々な表情を、ソニーのハイビジョン・3D映像で楽しむことができる。水の中に飛び込むホッキョクグマや可愛いペンギンなど、人気の動物たちが登場する迫力満点の映像を間近で見られるぞ!
3Dハイビジョン旭山動物園


場所:8F コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)
期間:12/22(火)~1/17(日)※1/1を除く
時間:11:00~19:00
上映時間:1回約9分間
※1/16、1/17は、13:15~19:00。15分ごとの入れ替え上映となる

●「もぐもぐタイム」を完全再現
「もぐもぐタイム」とは、旭山動物園の人気プログラムのひとつ。飼育係の解説を聞きながら、動物たちがエサを求めて移動したり、エサを食べたりといった、特徴的な行動を見ることができる大人気のプログラムだ。

ソニーショールームでは、この「もぐもぐタイム」を、ソニーのハイビジョンで完全再現。動物たちの生き生きとした様子を、高画質のハイビジョン映像と音声で紹介する。

場所:1・2F ソニーショールーム
期間:12/22(火)~1/17(日)※1/1を除く
時間:11:00~19:00

「旭川市×ソニービル ハイビジョン旭山動物園」実施概要
期間:2009年12月22日(火)~1月17日(日) 26日間
時間:11:00~19:00 
会場:東京・銀座 ソニービル ※入場・体験無料 
〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-1 03-3573-2371(代表)

主催:ソニー企業株式会社(ソニービル)
共催:ソニーマーケティング株式会社
特別協力:旭川市
協力:ソニー株式会社
後援:北海道、社団法人北海道観光振興機構
監修:旭山動物園

ソニービル「旭川市×ソニービル ハイビジョン旭山動物園」サイト
旭山動物園
ソニー

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■インターネット関連の記事をもっとみる
ネットで地域振興を!楽天と宮崎県が連携協定を締結
No.1コミュニティサービスを目指す!GREEが新戦略発表
Amebaブログ改ざん問題でノートン90日無償版を提供
ネットで稼ごう計画!野望その1 レンサバ移行術

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ