ITライフハック

バンダイ

昭和の時代に僕たちの心をアツくした懐かしい 「黄金戦士ゴールドライタン」などをロボットアニメ酒場「ROBOT KICHI」で展示

1

ロボットアニメーション酒場『ROBOT KICHI』(ロボキチ))において、玩具を主とした博物館 おもちゃのまちバンダイミュージアム(栃木県下都賀郡壬生町おもちゃのまち)所蔵のコレクション「黄金戦士ゴールドライタン」シリーズなどを期間限定展示することが決定した。期間は9月18日(水)~10月22日(火)までを予定。

本企画は、『ROBOT KICHI(ロボキチ)』で展示中の最新のロボットフィギュアやロボットプラモデルと合わせ、子供時代に熱狂した昭和当時のロボットを展示し今昔話で楽しむ企画。復刻版とはひと味違う、昭和の玩具の存在感を楽しみながらおいしい料理とお酒を味わってみてはいかがだろうか。展示品は全て撮影可能。

■展示品
1、「黄金戦士ゴールドライタン」シリーズ
1981年~82年に放映された「黄金戦士ゴールドライタン」は、当時のこどもの憧れの“大人の持ち物”であるライターとロボットを組み合わせるという斬新な発想から大ヒット。変形ギミックをそのままに玩具にした「超合金ゴールドライタンシリーズ」も爆発的なヒットとなった。シリーズはアニメ登場ライタンから、オリジナルに広がりを見せ、その黄金に輝くボディは当時の子供たちのステイタスでもあった。

2、ジャンボマシンダー・ポピニカシリーズ
ジャンボマシンダー展示は「超電磁ロボ コン・バトラーV」と「闘将ダイモス」。コン・バトラーVはポピニカとして発売された合体メカも当時話題となった。今回展示される約60cmのジャンボマシンダーは実際に見ると迫力満点!ロボットの魅力が精巧さだけでないことを再認識できる。往年のロボット玩具の「大きさ」の魅力を確認しよう。

その他にも「超電磁マシーン ボルテスV」「とんでも戦士ムテキング」「闘士ゴーディアン」など当時の人気アイテムを展示する。詳細、追加情報は公式Twitter(https://twitter.com/eizou_ROBOKICHI)で告知される。

■店舗概要
店舗名 :ROBOT KICHI(ロボキチ)- Robot Animation SAKABA-
営業時間 :平日 17:00 ~ 24:00 / 土・日・祝日 16:00 ~ 24:00
席数 :46席(約103㎡)
住所 :東京都豊島区西池袋1-10-15 3階
電話番号 :03-5955-4644


2

3

ロボキチ概要2

ロボキチ概要3

ロボキチ概要4


ROBOT KICHI(ロボキチ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
東京ゲームショウ2019ドコモブースオープニングイベントを開催
「バーチャルキャスト」が東京ゲームショウ2019 TSUKUMOブースに「バーチャル写真館 in TGS2019」を出展
ウルトラマンの原点『ウルトラQ』が史上最高画質の極みへ!『ULTRAMAN ARCHIVES ウルトラQ UHD & MovieNEX』
aiboと触れ合える体験型企画「Shibuya Town with aibo」をソニースクエア渋谷プロジェクトで実施
今度のきのこの山って一体、何味なんだ???「きのこの山謎のホワイト」が登場






60万個を突破した大ヒットカプセルトイに新種!!「だんごむし 03」が登場

sub2

バンダイ ベンダー事業部は、ダンゴムシの構造を徹底研究し丸まる体を再現した世界初のカプセルトイ「だんごむし」の第3弾「だんごむし 03」(各500円/税込)を全国の玩具売場・量販店などに設置されたカプセル自販機で2019年4月第4週より順次発売する。

本商品は、 1000%スケールモデルのだんごむしフィギュアで、カプセル自販機から排出時の丸まった状態(直径約74mm)を広げると全長約140mmの大きさになるというもの。 2018年8月の第1弾の発売から約7か月で60万個 を越える(2019年3月28日現在)ヒット商品になった。

「だんごむし 03」は01の時よりもさらに黒いだんごむし、パールがかった白いアルビノだんごむしに加え、西表島や石垣島の樹上に生息する在来種「フチゾリネッタイコシビロダンゴムシ」といった新種や、レアアイテムとしてモナコ原産の白と黒の模様が美しい「ゼブラだんごむし」を含む全4種になる。

また、好評のワンランク上の輝き「メタリックだんごむし 02」(3,402円/税8%込・送料別)を2019年3月28日(木)11時よりバンダイの通販サイト・プレミアムバンダイ( https://p-bandai.jp/item/item-1000134549/ )にて完全受注生産で予約開始する。

ゴールドメタリック、レッドメタリックとゼブラメタリックの3種類。顔が映りこむほどの鏡面仕上げをされた至極の「だんごむし」になる。

sub3

(C)BANDAI

プレミアムバンダイ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
福島県、2021年の全線再開通に向けたJR只見線沿線のプロモーション動画を制作
レジデンストーキョー、サブスクリプション型住宅事業に参入。第1弾を笹塚テラス内にオープン
日本オリジナルテイスト!日本の“コーラ好き”が「うまい!」と唸る味わいを追求した「ペプシ ジャパンコーラ」爆誕
京都・嵐山「法輪寺」でコロナ片手に古都の絶景と最高の音楽を。「CORONA SUNSETS SESSIONS KYOTO」開催
もしあの地震が6時間ずれていたら。自宅から参加できる、「夜の避難訓練」を福島で実施







その価格456万円也!自宅にいかが?「スター・ウォーズ」のゲーセン向け筐体、1,200万円の上位モデルも

バンダイナムコエンターテインメントは、アーケード用ドームスクリーン型シューティングゲーム「スター・ウォーズ:バトル ポッド」の個人向け販売を、日本、欧米などで開始することを決定した。

「スター・ウォーズ:バトルポッド」は2015年1月より欧米にて稼働中で、4月24日より日本国内でも順次稼働を開始している人気のゲーム。アーケード用ゲーム機の個人向け販売を行うのは同社としては初の試みとなる。

続きを読む

愛犬レベルを毎日上げるには… スマートペット育成記最終回 【デジ通】



とっくに終わってたんじゃないかというほど更新が遅れたペットロボット「スマートペット」の育成記。まさに何とな~く続いてきたが、今回で最終回だ。

最終回らしい「まとめ」も期待薄なのだが、いつものペースで、ゆる~く始めて、ゆる~く終わろうと思う。



続きを読む

新キャラ登場!スタンプラリーを導入 スマートペット育成記 (8)【デジ通】



この世知辛い世の中で、なぜかこのコーナーだけのんびりと続いているペットロボット「スマートペット」の育成記も第8段になった。誰です? つまらないなんて言っている人は? まあそう言わずにどうぞ読んで行ってください。

タレントさんの似顔絵は終了!iPhone 5への対応は? スマートペット育成記 (7)で書いたが、10月9日のアプリ「amartpet」バージョン1.8.3のリリースをもって「黒木メイサの似顔絵ver.」は利用できなくなった。

ペットを「メス犬」に設定している筆者には「大ショック」だったのが、さて、それからどうなったのか……。


続きを読む

タレントさんの似顔絵は終了!iPhone 5への対応は? スマートペット育成記 (7)【デジ通】


のんびりと続いている、ペットロボット「スマートペット」の育成記。怠け者の飼い主だが、ペットが毎日のようにアイテムを拾ってくるため、育成も何とか続いている。

そうしているうちに、ペットアプリのプラットフォームであるiPhone、iPod touchに新製品が発売された。ということで、まったりと第7弾。

続きを読む

ごきげんアップにスペシャルアイテム! スマートペット育成記 (6)【デジ通】



不定期連載の第6段。ペットロボット「スマートペット」が怠け者の筆者に飼われ始めてから、はや約2か月が経過した。

このあたりになると、飽きがきて「中だるみ」が気になるところ。なのだが「スマートペット」はそうならないよう、RPG的な工夫をこらしている。ということで、まったり紹介していこう。




続きを読む

ペットの「拾いもの」に福あり! スマートペット育成記 (5)【デジ通】



ペットロボット「スマートペット」の育成開始からおよそ1か月が経過した。昨日もまとめを紹介したが相変わらず怠け者の飼い主なため、「今ごろ分かった」こともある。

ということで、育成記第5弾である。


続きを読む

ペットが毎日のように病気になる! スマートペット育成記 (4)【デジ通】


お待たせしました! 不定期ながら連載で続いているペットロボット「スマートペット」の育成記第四段。筆者によるペット育成の開始から、半月あまりが経過した。これまで気づいたことを記しておこう。


続きを読む

「なつき度」アップで要求が次々! スマートペット育成記 (3)【デジ通】


ペットロボット「スマートペット」の育成記第三弾。

いよいよ、iPhoneをスマートペット本体に取り付けて遊ぶ。説明書によれば、いくつかのアクションが組み込まれているらしいので、ワクワクしながらさっそく検証してみる。


続きを読む

本体なしでも育成とゲームが可能! スマートペット育成記 (2)【デジ通】


先日紹介したペットロボット「スマートペット」の育成日記記第2段。スマートペットで遊ぶには、最初に名前の登録などを行う必要がある。実際にこの登録を行ってるだけで、スマートペット本体がなくても、アプリレベルでかなりのところまで楽しむことができたので、そこから紹介していこう。



続きを読む

いい大人が癒やされたくなった! スマートペット育成記 (1)【デジ通】


バンダイから、ペットロボット「スマートペット」が発売された。iPhone、iPod touchを装着して使用する愛玩用のペットロボットである。価格は5,000円弱と、ペットロボットとしては激安価格になる。

期待と同時に、育成型ということによるさまざまなトラブルも予想される。ということで、筆者による「育成記」を観察日記のように紹介していきたいと思う。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ