ITライフハック

パソコン

マイルストーン、COUGARブランドのゲーミングチェア「COUGAR Armor Gaming Chair」を発売

08

マイルストーンは、ハイエンドPCパーツ&ゲーミングデバイスブランド「COUGAR」から新たに登場するゲーミングチェア「COUGAR Armor Gaming Chair」を2017年2月3日(金)より発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格は3万2,000円(税込)。

本製品は、長時間のゲーミングセッションを快適に楽しむことを目指して設計されている。縦横・前後・上下の3次元的な無段階の位置調整を可能としたアームレストが特徴。手元のスイッチですぐに位置を調整することが可能なため、通常の肘置きポジションから状況に応じて、パームレストのようにポジショニングしたり、邪魔にならない位置へ移動させたりすることができる。

座面にはPVCレザーを採用しており、頭部と腰部に備えたクッションにより快適な座り心地を実現。背もたれは180度の無段階リクライニングと、ロック式の座面ロッキング機構を備えており、安心して使用できるよう、フレームには100%スチール素材を使用しているため、どんな角度でも身体をしっかりと支えることができる。

なお発売に先駆けて、一部取り扱い店舗にて「COUGAR Armor Gaming Chair」を先行展示しているので、それぞれの店舗で実際に座り心地や各種機能を試すことが可能だ。

■先行展示店舗
・ソフマップ秋葉原本館 4階『COUGAR GAMING ZONE』
店舗所在地:東京都千代田区外神田4丁目1-1
店舗情報: http://www.sofmap.com/tenpo/topics/exec/_/id=shop/-/sid=akb-mainstore
・ツクモデジタル.ライフ館
店舗所在地:東京都港区新橋一丁目12番9号
店舗情報: http://www.tsukumo.co.jp/shop/shimbashi/
・PCワンズ
店舗所在地:大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目12番1号
店舗情報: http://www.1-s.jp/doc/shop/


06


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
5万円を切る4K対応32型ワイド液晶ディスプレイが登場
サードウェーブデジノス、10万円台のエントリーゲーミングノート「GALLERIA QSF960HE2」を発売
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 10シリーズを搭載する「フィギュアヘッズ」推奨PCを発売
デル、「ALIENWARE」のオウンドメディア「ALIENWARE ZONE」を開設





PC周辺と内部の掃除に大活躍する電池で動くバキューム&ブロアー

22952_KRoafzhAuH

上海問屋は、単三形電池4本で動くポケットバキューム&エアブロアーの販売を開始した。価格は1,199円(税込)。

本製品は、単三電池4本で動くバキューム&エアブロアー。小型サイズのバキュームなので、PC周りなど細かい箇所の掃除ができる。

小型バキュームとして、けし屑、ホコリなど、気になった時にスイッチオン。ブラシのアタッチメントを装着すればキーボードのスキマも吸引。ブラシで気になるところをさっとお掃除。細かいところまできれいになる。

バキュームと同時に動作するエアブロアーは、細かいホコリを吹き飛ばすことも可能。PC内部の手入れのほか、ブラインドなどの隙間掃除、カメラのお手入れも可能だ。付属のアタッチメントをつけて、360度どの方向にも風を送れる。吸い込んだゴミは、ワンプッシュで蓋をはずし捨てるだけと手軽だ。

■製品仕様
本体サイズ・・・高さ:約165mm 横幅:約57mm(最長部) 奥行:約45mm
使用電池・・・・単三乾電池4本
重量・・・・・・約75g ※電池含まず
付属品・・・・・アタッチメントパーツ3種 本体
製品保証・・・・初期不良2週間


DN-914555 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
モバイル用キーボード選びの外せないポイントを全て投入したというBluetooth接続二つ折キーボード
これ1つでお出かけOK。カード収納つきの女性に人気なiPhone7/iPhone7 Plus用スマホケース
あらゆる形になるスマホ・コンデジ・タブレットスタンド
スケルトンのビッグフェイスな腕時計を自作しよう
低中域~高音域まで忠実に再現するハイレゾ対応のカナル型イヤホン






サードウェーブデジノス、10万円台のエントリーゲーミングノート「GALLERIA QSF960HE2」を発売

qsf960he2_ll

サードウェーブデジノスは、インテル Core i7 プロセッサーとGeForce GTX 960M を搭載した、コストパフォーマンスに優れたエントリーゲーミングノート「GALLERIA QSF960HE2」を発売した。価格は10万4,980円(税別)。

CPUには、第6世代 インテル Core i7プロセッサー モバイル製品「Skylake-H」を搭載。定格2.6GHz、ターボブースト時最大3.5GHz動作が可能な4つの物理コアと、インテル ハイパースレッディング・テクノロジーがもたらす処理速度とマルチタスク性能により、高いCPU性能を要求する最新3Dゲームも、快適に楽しめる。

グラフィックスには、高い性能と省電力性を実現した「Maxwell」コアの GeForce GTX 960M を搭載。最新ゲームに求められる高画質・高解像度設定でも、高いパフォーマンスを発揮する。

排気ファンを従来モデルの1基から2基に強化。また、より高い冷却能力を実現すると同時に、ファンを最高速に手動設定可能な「クーラーブースト」機能も搭載した。

「クーラーブースト」機能は、キーボード上部のインジケーター兼スイッチにタッチする簡単な操作だけで、通常は温度に応じて最適な回転数に制御されている冷却ファンを、強制的に最高速に固定することで、冷却性能を最大限に発揮するというもの。これにより熱によるパフォーマンス低下を防ぎ、各パーツが備える性能のすべてを出し切ったゲームプレイを持続することができる。

また、高負荷が予想される場面以外でも、クーラーブースト機能の強力な冷却力を利用して、通常よりも内部パーツの温度を低く保つことができる。

■GALLERIA QSF960HE2 製品情報
・CPU: インテル Core i7-6700HQ プロセッサー(クアッドコア, HT対応, 定格 2.60GHz, TB時最大 3.50GHz, L3キャッシュ6MB)
・チップセット:モバイル インテル HM170 チップセット搭載
・メインメモリ:8GB PC4-17000(DDR4 SO-DIMM, 4GB×2, デュアルチャネル, 最大 32GB)
・ディスプレイ: 15.6インチ 非光沢液晶(1920×1080ドット表示)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 960M 2GB
・ハードディスク: 500GB HDD (SATA 3)
・LAN: IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 無線LAN, ギガビット有線LAN
・Bluetooth: Bluetooth 4.2
・サイズ: 386.25(幅)×264.9(奥行き)×37(高さ)ミリ
・重量: 約 2.75kg(バッテリー含む)
・OS: Windows 10 Home インストール済み


GALLERIA QSF960HE2

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 10シリーズを搭載する「フィギュアヘッズ」推奨PCを発売
デル、「ALIENWARE」のオウンドメディア「ALIENWARE ZONE」を開設
Steam公式ハードウェアの日本国内販売を開始
ドスパラ、Windows 10 の新しい機能が十分に生かせる2in1パソコン「Diginnos DGM-S12Y」を発売






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ