ITライフハック

パソコン

レノボ、ゲーミングPCラインナップを一新。新ブランド「Lenovo Legion Y520」など4モデルを新発売

ideacentre-y720-cube-1920x1080-1

レノボ・ジャパンは2017年2月21日、ゲーミングPCとしてノートブックタイプの「Lenovo Legion Y520」、「ideapad Y910」2モデル、デスクトップタイプの「ideacentre Y720 Cube」、「ideacentre Y700」(追加モデル)の2モデル、合計4モデルを発表した。発売は2月24日から。

近年、PCを使ったゲームをスポーツとして楽しむe-Sports盛り上がりを見せるなど、ゲーム専用に設計された高性能な「ゲーミングPC」の需要が高まっている。

グローバルに製品展開をするレノボでは、デスクトップ、ノートブックそれぞれに競技用にも使用できるパワフルな製品を提供している。本年2017年初めには「Lenovo Legion(レノボ・レギオン)」というゲーミングブランドを立ち上げ、ゲーミングPCへのコミットメントを示すとともに、特設サイトを立ち上げるなど、ゲームの世界でファンにさらにゲームを楽しんでもらえるための様々な活動を強化しているとのこと。日本においても、本日発表の「Lenovo Legion Y520」以降ゲーミングPCのラインナップは順次Lenovo Legionブランドへと切り替えをおこなっていくことになる。

■Lenovo Legion Y520
15.5インチ、フルHDIPS液晶画面のノートブックタイプのLenovo Legion Y520は、PCゲームをカジュアルに楽しみたいという方をターゲットとしたエントリークラスマシン。13万500円(税別)からと求めやすい価格ながら、CPUには第7世代のインテル Core i5-7300HQまたはCore i7-7700HQを搭載、ゲームをサクサクと楽しむキモとなるグラフィックカードにはNVIDIA GeForce GTX 1050またはNVIDIA GeForce GTX 1050 Tiを搭載。メモリーも16GB(8GBx2)と、十分なパフォーマンスを誇っている。バッテリー駆動は約6.6時間、本体質量は約2.4kgとなっている。発売日は2017年2月24日。

Lenovo-legion-y520-1920x1080-1


■ideapad Y910
17.3インチ・フルHDのIPS液晶画面のノートブックタイプのideapad Y910は、ノートブックタイプのフラッグシップとなるモデル。CPUはオーバークロックにも対応した クアッドコア搭載のインテル Core i7-6820HK プロセッサーを採用。グラフィックカードにはHTC ViveなどのVRコンテンツも楽しめる最新のNVIDIA Pascal アーキテクチャを採用した NVIDIA GeForce GTX 1070を搭載する。さらにネットワークにはプロゲーマーにも定評のあるKillerを有線、無線LAN両方に採用し、サウンドにはサブウーファー付きJBLステレスピーカー を搭載している。また、ゲームの勝敗を左右するとまで言われるキーボードには、マクロキーのみならず、全てのキーがプログラマブルな、こだわりのメカニカルキーボードを採用している。

ideapad-y910-1920x1080-2



■ideacentre Y720 Cube

分離型デスクトップのideacentre Y720 Cubeは、ユニークなキューブ型のゲーミングPC。最上位の構成では第7世代のインテル Core i7-7700 プロセッサー、グラフィックスカードはNVIDIA GeForce GTX 1080を搭載するなど、コンパクトな筐体ながらゲーミングPCとしてトップクラスの戦闘力を備えている。筐体上部には持ち運びのためのハンドルがあり、自分のPCを持ち込んで友人宅でゲーム大会を楽しむ「LANパーティー」にも最適な一台だ。

■ideacentre Y700
豊富な拡張性を誇る分離型デスクトップのideacentre Y700に追加モデルが登場。最上位の構成では第7世代のインテル Core i7-7700 プロセッサー、グラフィックスカードはNVIDIA GeForce GTX 1070をそれぞれ搭載するなど、さらに戦闘力の高いゲーミングPCとなっている。

Lenovo ゲーミングPC情報サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
充電式で電源不要&接続不要なサイコロ型の超コンパクトプロジェクター
最大解像度16,000dpiのMOBA/MMO特化型ゲーミングマウスが登場
Steamコントローラー、Steamリンクをドスパラ・パソコン工房・グッドウィルで販売
JAPANNEXT、4K対応の55型曲面液晶ディスプレイ「JN-VC550UHD」を発表
人気の14インチハイコスパノートがApollo Lakeにアップグレードして再登場







話題のウルトラモバイルPC「GPD Pocket」がクラウドファンディングサービスで募集開始

37776_ruWjWWPrTq

深センGPD technologyは、アメリカのクラウドファンディングサービス「INDIEGOGO」で、ウルトラモバイルPC「GPD Pocket」のバッカー募集を開始した。価格は5万6,800円(税送料込)で、2017年4月1日以降は7万4,800円(税送料込)。予約受付開始は2017年2月15日で、出荷開始予定は2017年6月となっている。

大人気のGPDシリーズの新ラインナップ「GPD Pocket」は、スタイリッシュでビジネステイストのUMPC。豊富な出力端子は用途を限らず、ミニミニノートPCとも言える小型軽量化により、気軽にどこへでも持ち運べるのが特徴だ。

■製品仕様
OS:Windows10 HOME 64bit/Ubuntu 16.04 LTS
本体カラー:シルバー(マグネシウム合金筐体)
本体サイズ:180×106×18.5mm
本体重量:480g
ディスプレイ:7インチフルHD(1920×1200)、IPS、323.45ppi、第三代ゴリラグラス、多層膜テクノロジー、マルチタッチパネル
SoC:インテル Atom X7-Z8700、クアッドコア1.6GHz
メインメモリ:4GB
ストレージ:128GB(eMMC5.1)
ネットワーク:無線LAN(802.11a/ac/b/g/n)、Wlan、2.4/5GHzデュアルバンド、Bluetooth4.1
拡張端子:USB-A(3.0)×1、USB-C(3.0)×1、microSDカードスロット、miniHDMI×1、3.5mmヘッドホン端子
内蔵バッテリー:リチウムポリマー充電池、7000mAh、12時間稼働
入力デバイス:QWERTYキーボード、トラックポイント
その他:ステレオスピーカー内蔵、マイク
保証:1年保証(初期不良交換、無料修理、無料交換対応。保証期間終了後は有償)


37776_JuvfllEJLs


GPD Pocket
INDIEGOGO

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
最大解像度16,000dpiのMOBA/MMO特化型ゲーミングマウスが登場
Steamコントローラー、Steamリンクをドスパラ・パソコン工房・グッドウィルで販売
JAPANNEXT、4K対応の55型曲面液晶ディスプレイ「JN-VC550UHD」を発表
人気の14インチハイコスパノートがApollo Lakeにアップグレードして再登場
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント





ドスパラ、「Sid Meier's Civilization 6」のフルゲームクーポンが付いた推奨PCを発売

42181_PzmltjkZrF

ドスパラは、「Sid Meier's Civilization 6」が快適に遊べるゲーミングPC「Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル」の販売を開始した。

発売されたのは、「GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル DFR」「GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル XFR」「GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル XFR-E」の3機種。
以上 3製品

なお購入者特典として、「Civilization 6 フルゲームクーポン」が付属する。

■GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル DFR
・CPU: インテル Core i5-6500 プロセッサー
(クアッドコア, 定格3.20GHz, TB時最大3.60GHz, L3キャッシュ6MB)
・マザーボード: インテル H110 チップセット搭載 マイクロATX マザーボード
・メインメモリ: 8GB PC4-17000(DDR4 SDRAM, 4GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: AMD Radeon RX480 8GB
・SSD: 250GB(SATA 3)
・ハードディスク: 1TB(SATA 3)
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・LAN: ギガビットLAN
・ケース: オリジナル ガレリア専用 KTMケース ブラック
・電源: 500W 静音電源(AcBel製 / 80 PLUS Bronze)
・OS: Windows 10 Home インストール済み

価格:10万7,980円(税別)

■GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル XFR
・CPU: インテル Core i7-6700 プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格3.40GHz, TB時最大4.00GHz, L3キャッシュ8MB)
・マザーボード: インテル H170 チップセット搭載 ATX マザーボード
・メインメモリ: 8GB PC4-17000(DDR4 SDRAM, 4GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: AMD Radeon RX480 8GB
・SSD: 500GB(SATA 3)
・ハードディスク: 2TB(SATA 3)
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・LAN: ギガビットLAN
・ケース: オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック(ATX)
・電源: 500W 静音電源(AcBel製 / 80 PLUS Bronze)
・OS: Windows 10 Home インストール済み

価格:13万4,980円(税別)

■GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル XFR-E
・CPU: インテル Core i7-6800K プロセッサー
(6コア, HT対応, 定格3.40GHz, TB時最大3.60GHz, L3キャッシュ15MB)
・マザーボード: インテル X99 チップセット搭載 ATX マザーボード
・メインメモリ: 16GB PC4-19200 (DDR4 SDRAM, 4GB×4, 4チャネル)
・グラフィックス: AMD Radeon RX480 8GB
・SSD: 500GB(SATA 3)
・ハードディスク: 2TB(SATA 3)
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・LAN: ギガビットLAN
・ケース: オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック(ATX)
・電源: 700W 静音電源(AcBel製 / 80 PLUS Bronze)
・OS: Windows 10 Home インストール済み

価格:17万9,980円(税別)


42181_DCrJVGjxAo


GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル DFR
GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル XFR
GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル XFR-E

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
JAPANNEXT、4K対応の55型曲面液晶ディスプレイ「JN-VC550UHD」を発表
人気の14インチハイコスパノートがApollo Lakeにアップグレードして再登場
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント
レバー操作でフルフラットに!極厚クッションで座り心地も寝心地も抜群なチェア
マイルストーン、COUGARブランドのゲーミングチェア「COUGAR Armor Gaming Chair」を発売






マウスコンピュータ、「一太郎」とコラボレーションした手のひらサイズの極小パソコンを発表

天面斜め上

マウスコンピューターは、ジャストシステムが運営するオンラインショッピングサイト「Just MyShop」と、「一太郎2017」発売記念のコラボレーション製品として、手のひらサイズの極小パソコン「LUV MACHINES nano Limited Edition」を発表した。「一太郎2017」の発売日である2017年2月3日(金)より、「Just MyShop」にて予約販売を開始する。

「LUV MACHINES nano Limited Edition」は、筐体カラーに「一太郎」ブランドカラーの赤を採用した、70×70×34.1mmの手のひらサイズの極小パソコン。小さい筐体に省電力に優れた最新インテル Celeronプロセッサーを搭載し、「一太郎」での文書作成やオフィスワーク等の作業を行えるほか、「インテルHDグラフィックス 500」により4K動画の視聴も可能だ。

VESAマウントを標準搭載するなど拡張性も充実しており、家庭や会社など場所を選ばずに様々な用途に適した1台となっている。

VESA液晶接続


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
レバー操作でフルフラットに!極厚クッションで座り心地も寝心地も抜群なチェア
マイルストーン、COUGARブランドのゲーミングチェア「COUGAR Armor Gaming Chair」を発売
5万円を切る4K対応32型ワイド液晶ディスプレイが登場
サードウェーブデジノス、10万円台のエントリーゲーミングノート「GALLERIA QSF960HE2」を発売
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント


一太郎2017 バージョンアップ版
ジャストシステム
2017-02-03




人気のスティックPCハイエンドモデル「STK4」が高速CPUにアップグレード

42181_kDRSAGIhvV

サードウェーブデジノスは、ポケットに入るコンパクトなスティック型パソコンの最新モデルとして、4GBメモリ搭載、64bit OSに対応し、より高速なCPU「Atom x5-Z8550プロセッサー」を搭載したスティックPC「Diginnos Stick DG-STK4D」を発売した。価格は19,980円(税別)。

「STK4D」は、すでに発売中のSTK4に、最新ステッピングのAtom x5-Z8550プロセッサーを
新たに採用したスペック強化版。最大クロックの向上とCPU内蔵グラフィックスの性能向上により、コンパクトながらWindows PCとして、必要な機能を十分に活用することができる。

小サイズのボディながら高速のUSB3.0フルサイズを2ポート搭載。USBポートの形状・個数が限られる多くの小型デバイスと異なり、複数のUSB周辺機器を接続する際にも変換ケーブルやUSBハブを使う必要がない。

また無線LANは「IEEE802.11ac」に対応。最大433Mbpsの高速転送が行える(理論値)。無線LANやBluetooth、電子レンジなど複数の規格が使用する2.4GHz帯とは違う、5GHz帯を使用することで、高速な通信環境はもちろん、Bluetoothマウスなどの周辺機器への干渉を低減している(ただし、外部の電波状況に左右される)。このほか、標準で外部アンテナを装備。既存モデルとくらべ、通信の安定性が強化されている。

■Diginnos Stick DG-STK4D 製品情報
・CPU: インテル Atom x5-Z8550 プロセッサー
(クアッドコア/定格1.44GHz/最大2.40GHz/キャッシュ2MB)
・メインメモリ: 4GB DDR3L
・グラフィックス: インテル HDグラフィックス 400 (CPU内蔵)
・ストレージ: 32GB eMMC
・無線LAN: IEEE802.11 a/b/g/n/ac
・Bluetooth: Bluetooth(R) 4.0
・I/O: USB3.0×2、Micro-USB×1(給電用)、MicroSDカードスロット
・映像出力: HDMI×1
・サイズ: 123(幅)×59(奥行き)×22(高さ) mm
・重量: 約 95g
・OS: Windows 10 Home インストール済み
※本体(および同梱品)以外にHDMI入力対応のTVやディスプレイ、キーボード、マウス、無線LAN環境が必要


Diginnos Stick DG-STK4D

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
レバー操作でフルフラットに!極厚クッションで座り心地も寝心地も抜群なチェア
マイルストーン、COUGARブランドのゲーミングチェア「COUGAR Armor Gaming Chair」を発売
5万円を切る4K対応32型ワイド液晶ディスプレイが登場
サードウェーブデジノス、10万円台のエントリーゲーミングノート「GALLERIA QSF960HE2」を発売
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント






マイルストーン、COUGARブランドのゲーミングチェア「COUGAR Armor Gaming Chair」を発売

08

マイルストーンは、ハイエンドPCパーツ&ゲーミングデバイスブランド「COUGAR」から新たに登場するゲーミングチェア「COUGAR Armor Gaming Chair」を2017年2月3日(金)より発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格は3万2,000円(税込)。

本製品は、長時間のゲーミングセッションを快適に楽しむことを目指して設計されている。縦横・前後・上下の3次元的な無段階の位置調整を可能としたアームレストが特徴。手元のスイッチですぐに位置を調整することが可能なため、通常の肘置きポジションから状況に応じて、パームレストのようにポジショニングしたり、邪魔にならない位置へ移動させたりすることができる。

座面にはPVCレザーを採用しており、頭部と腰部に備えたクッションにより快適な座り心地を実現。背もたれは180度の無段階リクライニングと、ロック式の座面ロッキング機構を備えており、安心して使用できるよう、フレームには100%スチール素材を使用しているため、どんな角度でも身体をしっかりと支えることができる。

なお発売に先駆けて、一部取り扱い店舗にて「COUGAR Armor Gaming Chair」を先行展示しているので、それぞれの店舗で実際に座り心地や各種機能を試すことが可能だ。

■先行展示店舗
・ソフマップ秋葉原本館 4階『COUGAR GAMING ZONE』
店舗所在地:東京都千代田区外神田4丁目1-1
店舗情報: http://www.sofmap.com/tenpo/topics/exec/_/id=shop/-/sid=akb-mainstore
・ツクモデジタル.ライフ館
店舗所在地:東京都港区新橋一丁目12番9号
店舗情報: http://www.tsukumo.co.jp/shop/shimbashi/
・PCワンズ
店舗所在地:大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目12番1号
店舗情報: http://www.1-s.jp/doc/shop/


06


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
5万円を切る4K対応32型ワイド液晶ディスプレイが登場
サードウェーブデジノス、10万円台のエントリーゲーミングノート「GALLERIA QSF960HE2」を発売
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 10シリーズを搭載する「フィギュアヘッズ」推奨PCを発売
デル、「ALIENWARE」のオウンドメディア「ALIENWARE ZONE」を開設





PC周辺と内部の掃除に大活躍する電池で動くバキューム&ブロアー

22952_KRoafzhAuH

上海問屋は、単三形電池4本で動くポケットバキューム&エアブロアーの販売を開始した。価格は1,199円(税込)。

本製品は、単三電池4本で動くバキューム&エアブロアー。小型サイズのバキュームなので、PC周りなど細かい箇所の掃除ができる。

小型バキュームとして、けし屑、ホコリなど、気になった時にスイッチオン。ブラシのアタッチメントを装着すればキーボードのスキマも吸引。ブラシで気になるところをさっとお掃除。細かいところまできれいになる。

バキュームと同時に動作するエアブロアーは、細かいホコリを吹き飛ばすことも可能。PC内部の手入れのほか、ブラインドなどの隙間掃除、カメラのお手入れも可能だ。付属のアタッチメントをつけて、360度どの方向にも風を送れる。吸い込んだゴミは、ワンプッシュで蓋をはずし捨てるだけと手軽だ。

■製品仕様
本体サイズ・・・高さ:約165mm 横幅:約57mm(最長部) 奥行:約45mm
使用電池・・・・単三乾電池4本
重量・・・・・・約75g ※電池含まず
付属品・・・・・アタッチメントパーツ3種 本体
製品保証・・・・初期不良2週間


DN-914555 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
モバイル用キーボード選びの外せないポイントを全て投入したというBluetooth接続二つ折キーボード
これ1つでお出かけOK。カード収納つきの女性に人気なiPhone7/iPhone7 Plus用スマホケース
あらゆる形になるスマホ・コンデジ・タブレットスタンド
スケルトンのビッグフェイスな腕時計を自作しよう
低中域~高音域まで忠実に再現するハイレゾ対応のカナル型イヤホン






サードウェーブデジノス、10万円台のエントリーゲーミングノート「GALLERIA QSF960HE2」を発売

qsf960he2_ll

サードウェーブデジノスは、インテル Core i7 プロセッサーとGeForce GTX 960M を搭載した、コストパフォーマンスに優れたエントリーゲーミングノート「GALLERIA QSF960HE2」を発売した。価格は10万4,980円(税別)。

CPUには、第6世代 インテル Core i7プロセッサー モバイル製品「Skylake-H」を搭載。定格2.6GHz、ターボブースト時最大3.5GHz動作が可能な4つの物理コアと、インテル ハイパースレッディング・テクノロジーがもたらす処理速度とマルチタスク性能により、高いCPU性能を要求する最新3Dゲームも、快適に楽しめる。

グラフィックスには、高い性能と省電力性を実現した「Maxwell」コアの GeForce GTX 960M を搭載。最新ゲームに求められる高画質・高解像度設定でも、高いパフォーマンスを発揮する。

排気ファンを従来モデルの1基から2基に強化。また、より高い冷却能力を実現すると同時に、ファンを最高速に手動設定可能な「クーラーブースト」機能も搭載した。

「クーラーブースト」機能は、キーボード上部のインジケーター兼スイッチにタッチする簡単な操作だけで、通常は温度に応じて最適な回転数に制御されている冷却ファンを、強制的に最高速に固定することで、冷却性能を最大限に発揮するというもの。これにより熱によるパフォーマンス低下を防ぎ、各パーツが備える性能のすべてを出し切ったゲームプレイを持続することができる。

また、高負荷が予想される場面以外でも、クーラーブースト機能の強力な冷却力を利用して、通常よりも内部パーツの温度を低く保つことができる。

■GALLERIA QSF960HE2 製品情報
・CPU: インテル Core i7-6700HQ プロセッサー(クアッドコア, HT対応, 定格 2.60GHz, TB時最大 3.50GHz, L3キャッシュ6MB)
・チップセット:モバイル インテル HM170 チップセット搭載
・メインメモリ:8GB PC4-17000(DDR4 SO-DIMM, 4GB×2, デュアルチャネル, 最大 32GB)
・ディスプレイ: 15.6インチ 非光沢液晶(1920×1080ドット表示)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 960M 2GB
・ハードディスク: 500GB HDD (SATA 3)
・LAN: IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 無線LAN, ギガビット有線LAN
・Bluetooth: Bluetooth 4.2
・サイズ: 386.25(幅)×264.9(奥行き)×37(高さ)ミリ
・重量: 約 2.75kg(バッテリー含む)
・OS: Windows 10 Home インストール済み


GALLERIA QSF960HE2

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 10シリーズを搭載する「フィギュアヘッズ」推奨PCを発売
デル、「ALIENWARE」のオウンドメディア「ALIENWARE ZONE」を開設
Steam公式ハードウェアの日本国内販売を開始
ドスパラ、Windows 10 の新しい機能が十分に生かせる2in1パソコン「Diginnos DGM-S12Y」を発売






Windows 10 の新しい機能が十分に生かせる2in1パソコンが登場【今週のまとめ】

42181_RTfqKGpjOJ

今週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を掲載した。興味深い記事としては、Windows 10 の新しい機能が十分に生かせる2in1パソコンを紹介した。2016年11月22日(火)の記事を振り返ってみよう。

新宿南口高架下に「サナギ 新宿」がオープン
ルミネは、新宿区の「一般国道20号高架下 文化観光情報発信拠点整備・活用事業」の事業者として、「まちのにぎわい創出」「地域の活性化」を目的に、国道20号高架下(新宿・甲州街道高架下)をエリア開発した。ポトマックによる飲食店「サナギ 新宿」とイベントスペースをオープンする他、国道を挟んで反対側のエリアには、新宿区が初めて開設する観光案内所の設計デザインを手がけ、エリア全体に統一感が出るようにしたとのこと。


「LINE Customer Connect」をアスクルの「LOHACO」で試験運用を開始
LINEは、同社が来週春の本格公開に向け試験運用を進めるコミュニケーションアプリ「LINE」を活用した法人向けカスタマーサポートサービス「LINE Customer Connect」において、外部企業による初の導入案件として、本日よりアスクルが運営する「LOHACO」が、LINE上でAIエンジンと有人チャットを組み合わせた顧客応対サービスの試験運用を開始したと発表した。


大阪府大阪市でニコニコ町会議を開催。西川きよし氏、村上ショージ氏が町会議に登場
ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」のユーザーイベント「ニコニコ町会議全国ツアー2016」が、2016年11月13日(日)に大阪府大阪市で開催された。11月13日(日)大阪府大阪市にて、今年9回目となる「ニコニコ町会議 全国ツアー2016」を開催し、その模様をニコニコ生放送で中継した。


ドスパラ、Windows 10 の新しい機能が十分に生かせる2in1パソコン「Diginnos DGM-S12Y」を発売
サードウェーブデジノスは、専用ペンで手書きできる「Windows Ink」や、生体認証機能「Windows Hello」など、Windows 10 の機能が活用できる 2 in 1 モデル「Diginnos DGM-S12Y」を2016年11月25日(金)より発売する。価格は4GB/ 64GBモデルが6万4,800円、4GB/128GBモデルが6万9,800円、8GB/256GBモデルが7万9,800円(いずれも税別)。


au STAR会員を新感覚リアル脱出ゲームへご招待
KDDIは、AndroidスマートフォンとGoogleサービスを使って謎を解く新感覚リアル脱出ゲーム「au STAR presents “SANTA & SIX GIFT BOXES”(サンタクロースと6つのプレゼント)(以下、SANTA & SIX GIFT BOXES)」を、2016年12月22日~12月25日の期間限定で六本木ヒルズにて開催し、「au STAR」会員1,600名を無料で招待する。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ネットラジオをエアチェック!Radikoなどのインターネットラジオを録音できるソフトドスパラ、「Battlefield 1」推奨パソコンを販売開始
リンクス、最大解像度16,000dpiの超高精度レーザーゲーミングマウスを発売へ
クリエイター向けPCブランド「raytrek」にGeForce GTX 1050搭載モデルを追加
マウスコンピューター、GeForce GTX 1050を搭載したゲーミングパソコンを販売開始




マウスコンピューター、GeForce GTX 1050を搭載したゲーミングパソコンを販売開始

NEXTGEAR-MICRO im570シリーズ

株式会社マウスコンピューターは、ゲーミングパソコンブランド「G-Tune」より、最新世代グラフィックスのGeForce GTX 1050を搭載したゲーミングデスクトップパソコンの販売を2016年11月7日より開始した。

受注はG-Tune ホームページ、マウスコンピューターダイレクトショップ、GTune:Garage 秋葉原店、電話通販窓口にて行う。

搭載製品は、メッシュパネルデザインで冷却性能を高めたコンパクトケース採用の「NEXTGEAR-MICRO」シリーズより、インテル H110 Expressプラットフォームに、インテル Core i5-6400プロセッサー、8GB メモリ、1TB HDDを搭載した「NEXTGEAR-MICRO im570BA7」を7万9,800円(税別)から、CPUをインテル Core i7-6700プロセッサーにアップし、8GBメモリ、さらに240GB SSDと2TB HDDを搭載した「NEXTGEAR-MICRO im570BA8」を10万4,800円(税別)から販売する。

GeForce GTX1050ベンチマークグラフ


「NEXTGEAR-MICRO im570シリーズ」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
Synologyが同社製品向けのユーザーイベント「Synology 2017」を開催
知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術第五回「HDDの増設」
ドスパラ、「War Thunder」のGALLERIA 推奨パソコンが登場
透明なカバーで中身が見えるブルーLED式USB光学マウス
アイ・オー・データ機器、USB Type-C対応のマルチアダプターを発売へ






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ