ITライフハック

パナソニック

パパママ必見!11月11日は「電池の日」!クリスマスシーズン目前!おもちゃの「電池クライシス」に要注意

製品画像

パナソニックは、11月11日の「電池の日」(電池工業会制定)にあわせて、10歳未満の子どもがいる20~40 代の女性500名を対象に、おもちゃの電池が切れてしまう事象を「電池クライシス」と名付け、調査を行い、その結果を発表した。

■十一月十一はプラスマイナスの日
電池の日は、11月11日を漢数字で書くと、十(プラス)一(マイナス) 十(プラス)一(マイナス)とも読めることから、電池の正極と負極を意味することから制定されている。

クリスマスシーズンを前に、おもちゃの購入を検討するパパママが増えるこれからの時期。そんな中、「子どものおもちゃあるある」と言えるのが、長時間の使用などに伴う乾電池の消耗だ。子どもが気に入っているおもちゃは電池が切れることも早く、突然の電池切れのときに限ってストックがないなど、困った経験をした人も多くいるのではないだろうか。

そこで今回の調査では、10 歳未満の子どもがいて、おもちゃの電池切れ=「電池クライシス」を経験したことがある20~40 代の女性500名を対象に、その実態を探った。その結果、「電池クライシス」が子どものいる家庭で頻繁に起きており、約8割の人、換えの電池がなくすぐに対応できなかった経験があることなどがわかった。

■子どもがいる家庭では頻発!? 「電池クライシス」経験回数、6 回以上が約半数に!
はじめに、事前調査において、過去に子どものおもちゃが電池切れを起こした経験があるかを聞くと、10 歳未満の子どもを持つママ89%が「ある」と回答。実に9 割近くのママが「電池クライシス」の経験があることがわかった。

また、「電池クライシス」経験があるママを対象にした本調査では、「電池クライシス」を「6 回以上」経験している人が全体の約半数(47%)にのぼることが明らかに。また、「10 回以上」経験があるママも4 割近く(35%)という結果になり、「電池クライシス」が頻繁に発生している様子がうかがえる。

また、音が小さくなる、光が弱くなるなどの予兆が特になく、“いきなり”電池が切れてしまった経験の有無を聞くと、51%が「ある」と回答。全体の半数以上におよぶママたちが、突然の「電池クライシス」に陥ったことがあるようだ。

グラフ1

さらに、「電池クライシス」が起きたときの子どもの反応を聞くと、最も多いのは「不機嫌になる」で約3 人に1 人(33%)。[グラフ2] また、「新幹線のおもちゃの電池がなくなったとき、大泣きしておもちゃを投げた」(37 歳)と、子どもの「ギャン泣き」を引き起こしてしまったという体験や、「怒り出し、おもちゃを蹴ったり投げたりして、他のものを与えても機嫌が直らず大変だった」(40 歳)、「急に音が出なくなって不機嫌に。電池を交換すればまた使えると説得してもイヤイヤを繰り返す始末…」(41 歳)といった不機嫌が治らず苦労したというエピソードも集まった。

加えて、「出先で電池切れになり、動かないおもちゃに子どもはがっかり。新しいものをねだられ、仕方なく購入した」(38 歳)など、外出先でのハプニングも寄せられ、おもちゃの「電池クライシス」は単なる電池切れにとどまらない、ひと騒動に発展しかねない事象であることがうかがえる。

グラフ2

■子どもが生まれてから電池の必要増を9 割が実感、一方で「電池のストック」は盲点に
そこで、ママたちに「電池クライシス」の要因について聞いたところ、「子どもが気に入ったおもちゃで長時間遊ぶ」が83%と最も多く、以下、「子どもがおもちゃのスイッチを切り忘れる」が77%、「電池の寿命」が76%と続いた。なお、「おおよそ感じる電池の寿命」を聞くと、ママたちの体感としては「~3か月くらい」という回答が46%と半数近くにのぼっている。

さらに「子どものおもちゃの『電池クライシス』が起きたときに、自宅に電池のストックがなく、すぐに交換できなかった経験はありますか?」という質問では、78%と約8 割が「ある」と回答。「電池切れで泣き出し、ストックがなかったのであわてて別のおもちゃの電池と取り換えた」(37 歳)など、急な対策が必要になったという声もみられた。

また、子どもが生まれてから電池が必要になることが増えたと感じるかどうかを質問すると、90%のママが「増えた」と回答している。その一方で、約8 割が「家庭における電池のストックは盲点になりがち」(79%)とも感じていることも明らかになった。

そこで、ママたちに「乾電池を選ぶ際に、できるだけ“長もち”するタイプのものを選びたいと思いますか?」と聞いたところ、88%と約9 割が「そう思う」と答えた。

グラフ3

グラフ4


乾電池エボルタNEO(単1 形|単2 形|単3 形|単4 形)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
これからの季節「秋冬のお肌のアンチエイジング」は1日3杯のレギュラーコーヒーが重要
連続テレビ小説「スカーレット」の舞台である滋賀県信楽が「ほっと滋賀色」キャンペーンを開始
今回も完売必至? エンスカイから人気の「ドラえもん お正月」シリーズを郵便局のネットショップにて発売
IoTの仕組みからプログラミングまで総合的に学習できる教材「sLab-Car」発売
すこしはマシになったかな? 北海道長万部町の毒舌ゆるキャラ「まんべくん」が、AIに生まれ変わって登場




パナソニックから「テクニクス」ブランドのステレオヘッドホン「EAH-DJ1200」が登場

01

パナソニックはテクニクスブランドにおいて、ロングセラーモデルのDJヘッドホン RP-DJ1200をベースに、音質や操作性・耐久性を向上させたステレオヘッドホン EAH-DJ1200 を11月15日より発売する。

前モデルとなるRP-DJ1200は、発売以来ターンテーブルSL-1200MKシリーズとともに高い評価を受け、累計販売台数が50万台を超える、世界中のDJに使用される定番ヘッドホンとなった。

本製品は直径40mmの新開発ドライバーの採用により、DJプレイ時の大音量下でのモニタリングに適した、クリアで低域と高域のバランスがとれた音質と低歪みの高耐入力を実現した。また、片側出しのコードは新たに着脱可能とし、ロック機構を加えてDJプレイ中のコードの脱落を防ぐほか、ヘッドバンドやイヤーパッド、ハウジング部の回転機構の耐久性を向上させるなど、使いやすさと信頼性を高めている。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
集中力向上!!JVCケンウッドより高い遮音性能で不快音や騒音から耳を守るイヤーマフ「EP-EM70」富士フイルムから新開発センサー搭載のスタイリッシュなミラーレス一眼「FUJIFILM X-A7」<・煽り運転撲滅にも役立つコンパクトで視界を邪魔しない『スーパーミニ液晶付きドライブレコーダー2』
こいつは便利!飲み口を押すと自動で飲み物が出てくるボトル「電動ストローボトル」
電源を入れるだけで切りにくい食材を薄く美しくカットできる『充電式コードレス電動肉&パン切り包丁「エレクトリックナイフ」』






パナソニックが将来のオリ・パラ開催予定の4か国(日本・中国・仏国・米国)の学生を対象としたコンペを開催

SCMロゴ

パナソニックは、2020年に開催される東京2020オリンピック・パラリンピックの開催期間に合わせて、国際オリンピック委員会(IOC)・国際パラリンピック委員会(IPC)の協力のもと、パナソニックのオリンピックとパラリンピックのスポンサーカテゴリーである映像・音響機器を使って、競い合う楽しみ方や観戦の方法など、スポーツの価値や魅力を拡張するアイデアを募集するコンペティション「SPORTS CHANGE MAKERS」を開催する。

応募対象となるのは将来のオリンピック・パラリンピック開催予定の4か国(日本・中国・仏国・米国)の学生たちだ。実施概要は以下、

■「SPORTS CHANGE MAKERS」実施概要
・応募議題:
映像・音響等のパナソニックの技術を使い、既存のオリンピックとパラリンピックのスポーツを拡張させるアイデアを募集します。

・募集期間:
2019年9月26日(木)~2019年11月15日(金)23:59 ※日本時間

・応募対象者:
応募時点、また2020年8月24日(月)時点で日本国内の大学・大学院、高等専門学校、専門学校に在籍している方。(国籍・年齢は問いません、社会人は不可。グループの場合は、代表者を含め3名以内)

・審査基準:
1.課題/問題意識に対しての新規性・革新性
2.社会課題との結びつき
3.アイデアの創造性
4.ソリューションのユニークさ(独自性)
5.ソリューションのリアリティ(実現可能性)

・プライズ:
1. 東京2020パラリンピック開会式および、本大会一競技へのご招待(1グループ3名まで)
2. パリ2024大会でのアイデア採用に向け、オリンピック及びパラリンピックの関係団体にプレゼン

・選考スケジュール:
<一次選考結果発表> 2019年11月下旬
<二次選考> 2019年12月14日(土)(会場:パナソニックセンター東京)
<代表グループ決定> 2020年1月下旬
<代表グループデモ制作> 2020年2月~2020年7月 
※パナソニックのクリエイティブパートナーがデモ制作をサポートいたします。
<プレゼン大会> 2020年8月24日(月)(会場:パナソニックセンター東京)
※オリンピック・パラリンピック関連団体へのプレゼンは、詳細が確定次第、後日発表いたします。


キャプチャ画像(ヘラルボニー様)ver2

キャプチャ画像(重本様)ver2

キャプチャ画像(片岡様)ver2

キャプチャ画像(募集告知動画)


「SPORTS CHANGE MAKERS」特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ファイト!一発でエネルギー補給!!本格派スポーツブランドのメソッドを導入した大正製薬の「リポビタンゼリー for Sports」ソフトバンク、NVIDIAと協業してクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」を提供
東京ゲームショウ2019で出会ったキレイなおねえさんたち(その3)
東京ゲームショウ2019で出会ったキレイなおねえさんたち(その2)
東京ゲームショウ2019で出会ったキレイなおねえさんたち(その1)






宅配受け取りの際に起こるエピソードをまとめたWeb動画「再配達すら受け取れない!宅配でありがちな絶望パターン7選」

main

パナソニック ライフソリューションズ社は、宅配ボックス実証実験での調査を基に、宅配便を受け取る際に起こるエピソードをまとめたWeb動画を公開した。

今回、イラストを担当したのは人気イラストレーターのぎゅうにゅうさん。そのイラストを元に、「再配達すら受け取れない!宅配でありがちな絶望パターン7選」とした動画に仕上げた。

パナソニックが子育て世帯を対象に行った宅配に関する調査※1によると、子どもを持つ多くのママが荷物受け取り時において様々なストレスを抱えていることが分かった。この動画は、そんなママ達のリアルな声を元に作成いした。

■Web動画 概要
タイトル :『再配達すら受け取れない!宅配でありがちな絶望パターン7選』
公開日 :2019年6月25日(火)
公開先 :パナソニック公式ツイッター/Panasonicの「すむすむ」 ( https://twitter.com/sumai_panasonic )


Panasonicの「すむすむ」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
使いやすさを追求したキッチン用具メーカー「OXO(オクソー)」から、ゆで卵専用タイマーが登場
綾瀬はるかさんがオリンピック聖火ランナーをわずか6秒で募集する「チームニッセイ聖火ランナー勧誘6秒チャレンジ」動画を公開
遊びながらプログラミングの基礎が学べるソニーのロボットトイ「toio」(トイオ)第4弾が登場
裏が表で表が裏で!濡れる面が裏側になって手が濡れずにしまえる「裏が表になる折りたたみ傘」
首筋ひんやりが持続!熱中症対策に首に巻いて冷やす「ネッククーラーmini」






パナソニックから動画の視聴が可能なディスプレイ付きワイヤレススピーカー「SC-VA1」を発売

01

パナソニックは、Bluetoothでの音楽再生に加え、10V型ディスプレイ搭載でYouTubeなどの動画配信サービスを楽しめるディスプレイ付きワイヤレススピーカー「SC-VA1」を2019年7月19日より発売する。

■スマホはそのままで動画や音楽を楽しみたい
近年、スマートフォンを使いYouTubeの映像付き音楽コンテンツを楽しむ人が増えているが、動画を視聴中にSNSやゲームアプリなどを同時に使えないことや、画面サイズ、音に不満を感じる人も多い。本製品は10V型のモニターを搭載しており、手持ちのスマートフォンと連携してYouTubeの動画を簡単にキャストして再生できるので、自分のスマートフォンは自由に使えるほか、スマートフォンよりも大きな画面で映像と音楽を楽しめる。

スピーカー部は独自形状のディフューザーにより360゜部屋中に音を広げ、ロング・バスレフポートにより豊かな低音再生を実現。また本機はBluetoothスピーカーとして使える。再生時には関連したYouTube動画を自動的に検索しておすすめする機能を搭載したので、好きな音楽を思う存分楽しめる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
Sonos JapanからスマートホームエンターテイメントにつなぐSonos Ampが登場
ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」からヘッドセットの新製品「A40 TR」と「A50+BASE STATION」最新モデルが登場
月の裏側の景色を自宅で鑑賞できるセガトイズ「HOMESTAR Classic Satellite MOON」
77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中
車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」






パナソニック、「G9 PRO」の絵作り思想を継承したミラーレス一眼「LUMIX DC-G99」を発売

01

パナソニックは、LUMIX Gシリーズ「G9 PRO」の絵作りを継承したミラーレス一眼カメラLUMIX DC-G99を5月23日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はボディ単体が12万5,000円前後。

本製品は、ローパスフィルターレス20.3M Live MOSセンサー、ヴィーナスエンジンを搭載し高画質を実現するとともに、望遠域まで強力に手ブレを補正する5軸5段のDual I.S. 2の搭載により、撮影時の手ブレを抑えた高画質撮影を楽しめる。

本体天面にはホワイトバランス・露出補正・ISO感度それぞれのボタンを配置することで撮影時の操作性を向上させるとともに、約0.07秒(※3)の高速AF、秒間約9コマの高速連写に対応し、素早く直観的に被写体を捉えられる仕様に仕上げた。

カメラ本体は防塵・防滴に対応、また新たに防塵・防滴化した10倍ズームレンズ「H-FSA14140」を付属したレンズキットも発売することで、幅広いシーンでの撮影が可能となった。

さらに、新搭載の「ライブビューコンポジット」機能では、仕上がりをモニターで確認しながら、星や夜景撮影時の美しい光の跡が記録でき、表現力の幅を広げることができる。

動画機能では、4K/30p動画を時間無制限(温度制限あり)での内部記録や、4K/30p 4:2:2 8bit動画の外部出力に対応、V-Log Lもプリインストールし、映像編集の幅が広った。

パナソニック デジタルカメラ ルミックス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
JAPANNEXT、55型HDR対応 PBP/PIP機能 4K液晶ディスプレイを発売
温かい泡で全身をパックする泡シャワー「KINUAMI」がクラウドファンディングを開始
マウスコンピューターからWi-Fi接続で15か国語に対応し1万円を切る翻訳機登場
世界限定で1000個のスマートウォッチ!サファイアガラスの風防を備えたカシオのリストデバイス“PRO TREK Smart”特別仕様モデル
JAPANNEXT、65型 HDR対応 PBP/PIP機能 4K液晶ディスプレイ「JN-V6500UHDR」を発売






パナソニック、東京2020 オリンピック・パラリンピック 特別パック、ブルーレイディスク、乾電池、充電器セットを限定発売

l-jn190306-1-11

パナソニックは、東京2020 オリンピック・パラリンピック 特別パックのブルーレイディスク(TM)を3月20日より、同乾電池と同充電器セットを2019年6月28日より、限定発売する。

今回のブルーレイディスクは、パッケージ及びディスクのレーベル面に「東京2020マスコット」を採用している。

乾電池「エボルタNEO」は乾電池本体に、充電池「エネループ」の充電器セット(ファミリーセット)はパッケージに東京2020のエンブレムを施した期間限定モデルとして発売する。

また、対象となるパナソニック製品の購入で、東京2020 オリンピック・パラリンピック観戦チケットが抽選で合計2020名様に当たるキャンペーンを4月1日(月)から開始する。

キャンペーン詳細

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
災害発生時に非被災者らがインターネットへ“つながない6時間”が被災者を救う!?「ソニーのネット ソネット 防災マニュアル」
ひとつひとつが手作り!もちろん細かい要望にも対応!子供の身体にジャストフィットなフルオーダークラフト
28年ぶりのリニューアル!吉野家の新メニューに「超特盛」など全10種類が登場
VTuber竹花ノートさんによるVTuberキャラデザ講座が開講
君は答えられるか? 東大王が中高校生に贈る超難関クイズ「#平成最後の卒業試験」






え?食卓から手作りコロッケが絶滅の危機!?パナソニックが調査結果を発表

180312_panasonic3544_0329_rgb_fin

パナソニック エコソリューションズ社は、共働き世帯の増加に伴うキッチン利用の変化を明らかにするため、同居家族をもつ全国の既婚男女1,000名を対象に「食卓の変化実態調査」を実施した。

■よく食卓にあがる家庭料理には、「カレー」「から揚げ」「ハンバーグ」がランクイン。家庭における揚げ物メニューの手作り頻度は、概ね30%以上の大幅減へ

「現在よく食卓にあがる家庭料理といえば?」という問いかけで思い浮かべる料理には、1位:カレーライス、2位:から揚げ、3位:ハンバーグと、お馴染みのメニューが上位にランクイン。

4位以降は、4位:焼き魚、5位:餃子、6位:野菜炒めと続き、肉じゃがや筑前煮などの煮物を抑え、子供から大人まで幅広い年代層に人気の定番メニューがランキングの上位に目立った。

ranking_kateiryori


10代の頃の食卓と比較した家庭における揚げ物調理の頻度を年代別に調べた結果、20代では10年前と比較して、下記の揚げ物メニュー全てにおいて家庭での手作り頻度が減少傾向にありった。特にコロッケは、その手作り頻度が半減。手料理として絶滅の危機に瀕しているともいえることが明らかになった。

kv_rakuteku


手作りの揚げ物の年間平均食卓出現率を算出したところ、いずれも減少。20代同様に手作りコロッケについては、40代・60代への調査においても、手作り頻度が半減しており、過去には月1回以上は食卓に上がっていたが、今や2ヶ月に1回程しか手料理として食卓にあがることはないことがわかった。

chorihindo_agemono_hikaku


■揚げ物は、調理の手間よりも、調理後の掃除や後片付けが嫌!が本音。自宅で揚げ物をしたくない、1番の理由はレンジフードのギトギト汚れ……

自宅での揚げ物を避けたいと感じる要因としては、1位(68.1%)が「調理後の掃除や後片付けが大変になる」、2位(58.4%)が「キッチンの油ハネ汚れが落ちにくい」、3位(41.2%)が「レンジフードがすぐに汚くなってしまう」と、いずれも調理後の掃除に関連する項目が上位にあがった。

「作るのに時間や手間がかかる」は4位(38.8%)、「調理中の油がはねて危険」は6位(28.0%)、「揚げ物の調理そのものが難しい」は7位(15.5%)と調理にかかる手間暇に関連する項目は下位にとどまり、意外にも調理中の手間よりも調理後の掃除や後片付けの方が、煩わしさの要因となっていることが明らかとなった。

agemono_shitakunai


キッチン周りで掃除するのが嫌な場所ランキングには、1位:レンジフード(83.1%)、 2位:魚焼きグリル(60.1%)、3位:コンロ(55.4%)と、手が届きにくく、油汚れが蓄積されやすい箇所がランクイン。掃除のしにくさに対する不満や嫌悪感が大きいことがわかった。

キッチン周りの汚れとして目につきやすいのは、揚げ物のみに限らず、炒め物や煮物の調理においても気になる油のトビハネ汚れだが、掃除するのが嫌な場所としては、常に目に入るコンロ周りやキッチンの壁・床よりも、普段目にすることのないレンジフードの掃除が、1番嫌いという結果となった。

kichen_souji_iya


■本当はもっと自宅でも「手作りの揚げ物を食べたい!」が、みんなの本音。揚げ物調理をラクにするには、“キッチン掃除をラクにする”が鍵!

普段料理を作ってもらうことが多い側の人約7割は「理想をいえばもっと手づくりの揚げ物を自宅で食べたい」と回答。

揚げ物は、全体の89.4%の人が「好き」と回答しているほど、老若男女問わずみんなに好かれる大人気メニュー。そして、「理想を言えば自宅でも、もっと手作りの揚げ物を楽しみたいと思っている」と答える人が67.7%にものぼった。やはり、出来たて・揚げたての美味しさを自宅でも味わいたいと思う人が大半を占める結果となった。

motto_agemono


今回の調査では、料理を普段作ることが多い側の人においても全体の67.5%の人が「調理後の掃除が大変でなければ、もっと揚げ物を手作りしたい」と答えていることから、キッチンの油汚れ掃除がもっと手軽にラクに済ませる工夫をすることで、揚げたてのコロッケや天ぷらがもっと手作りで食卓にのぼる機会が増えることが示唆された。

食卓の変化実態調査 byラクテク

その家事に、ラクするテクノロジー特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
古都京都で青もみじ&御朱印めぐりをひと足先に体験!JR東海「そうだ 京都、行こう。」初夏ツアー
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」VR映像体験第2弾の予約を開始
ニコニコで美術館めぐり。池大雅展、横山大観展、名作誕生展など解説付き生中継
吉本興業が「EVO2018」の参戦をサポート。「スマブラ」の優勝者とベスト8入賞者から1名が対象
約150年前のポートレイトも展示!写真展「世界的アーティストたち、ダリ等」を開催中【Art Gallery M84】






パナソニックがコンパクトステレオシステム「SC-HC2000」を発売

l-jn180508-1-1

パナソニックは「 Chromecast built-in 」対応により多彩な音楽アプリが楽しめるコンパクトステレオシステム「SC-HC2000」を2018年6月22日より発売する。

本製品は「 Chromecast built-in 」対応によりGoogle Play Music、Spotify、TuneInインターネットラジオなど、豊富な音楽ストリーミングアプリから音質低下することなく高音質のまま直接キャストできる。また、スマートフォン、タブレット、PCからの簡単操作で、ペアリングや電源オンの操作不要で、すぐに音楽を聴くことができる。一度音楽再生が始まると、本体が直接音楽サービスとつながり音楽再生するので、電話に出たりSNSの動画再生が始まったりしても音楽は止まることなく、スマートフォンを使いながらでも楽しむことができる。

同社のワイヤレススピーカーシステムSC-GA10(5月下旬発売予定)やGoogle アシスタント built-in製品を使って音声だけで音楽のストリーミング再生も可能だ。音質面では低音を豊かに再生するツイステッドポートに加え、雑音や歪みを抑えてクリアな音を再生する「LincsD-Amp III」などの技術を採用し、薄型ですっきり置けるスリムボディながら高音質再生を実現した。

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
オプトスタイル、HDR10対応55インチ4K液晶テレビを5万円台で発売
タバコの煙をグングン吸い込み浄化・排出してくれる充電式スモークレス灰皿「ちょっと吸っトレイ2」
レノボ、スタンドアロン型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」を発売
かたまり肉を360度回転させながら焼くノンフライ調理もできるドーム型のオーブン
世界中どこにいても自宅に来た訪問者と話せるクラウド対応インターホン「SpotCam-Ring」






パナソニックからハイレゾ対応ステレオインサイドホン「RP-HDE1/HDE1M 」登場

l-jn180319-2-1

パナソニックは、安定した装着感で気軽に高解像サウンドを楽しめるハイレゾ対応インサイドホンを4月20日より発売する。

本製品は、耳への装着時に前方と後方を支えるダブルホールド形状を採用し、安定した装着感で長時間着けていても快適に音楽や動画を楽しめる。

また低域から高域までクリアなサウンドを可能にする新設計の直径11.0mmHDドライバーを搭載し、ハイレゾならではの解像感と明瞭感に優れた音質を実現した。

ヘッドホン/インサイドホン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
これはカワイイ!LEDライト付きのうさ耳イヤホン「Bunny」
シンプルで奥深いあのシューティングゲーム再来!カシオが80年代に一世を風靡したゲーム電卓を復活!
テスプロ、次世代AI音声翻訳機「Mayumi」を発売
24bit デュアルDAC搭載 aptX HD対応フルバランスワイヤレスアンプ「EarStudio」の展示を開始
ノジマ、ハイレゾ音源対応でメモリを内蔵するワイヤレスヘッドホンを発売






パナソニック、ノイズキャンセリング搭載でハイレゾ対応のワイヤレスステレオヘッドホンを発売

01

パナソニックは、広帯域・高解像度再生を実現し、ハイレゾ音源再生に対応したワイヤレスタイプのオーバーヘッドホン2機種「RP-HD600N」、「RP-HD500B」を2018年2月22日より発売する。

本製品は、ワイヤレスでありながらハイレゾ相当の精緻な音を忠実に再現するため、最新の2つのコーデックLDAC TMおよびQualcomm aptX HDに対応させ、レスポンスが早く高い解像感を実現した。

またHD600Nは独自のノイズキャンセル信号処理回路を採用し、外部の騒音状態に合わせてノイズキャンセル強度を選ぶことができる3つのノイズキャンセリングモードを搭載したほか、ヘッドホンを着けたままワンタッチで周囲の音が取り込める「ボイススルー機能」も搭載した。

さらに軽量設計と合わせ、人間工学に基づき頭や耳の位置にフィットさせる3Dボールジョイント機構と3Dイヤーパッドを採用し装着性を高めた。

ヘッドホン/インサイドホン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
ソフトバンク コマース&サービス、個性を学習するパートナーロボット「ユニボ(家庭向け)」取扱い開始
JAPANNEXT、4K、HDMI 2.0、60Hz FreeSync 24型ワイド液晶ディスプレイ「JN-IPS240UHD」発表
ハイレゾと3Dサウンドを楽しめる低音を生み出すデュアルチャンバー構造ハイレゾ対応HDSS搭載3Dイヤホン
大量のデータを高速で通信可能なUSB3.1(Gen1)対応USB TypeC - USB TypeAケーブル
スマホの充電ケーブルを楽々着脱。充電専用 マグネット変換アダプタ






パナソニック、テクニクスブランドのコンパクトステレオシステム「SC-C70」を発売

01

パナソニックは、テクニクスブランドにおいて、プレミアムクラスのコンパクトステレオシステム「SC-C70」を2017年10月20日より発売する。価格は10万円(税別)。

本製品は、テクニクスの高音質技術を継承し一体型のボディに凝縮したオールインワンタイプのプレミアムオーディオシステム。上位機種で採用したフルデジタルアンプ「JENO Engine」や「LAPC」を搭載したほか、設置場所に合わせて最適な音質に調整する新開発の「Space Tune」を搭載した。

スピーカー部は、2cmツィーター、8cmウーハー、12cmサブウーハーの3ウェイ構成に加え、デュアル・ロングポートも備えて40Hz~50kHzの超広帯域再生を実現。力強い低音域から超高音域まで表情豊かに再生する。

また、CD、FM/AMラジオ、アナログ/光デジタル入力、USBなど多彩な音楽ソースに対応したほか、Wi-Fi内蔵、Bluetooth/AirPlay対応により、スマートフォンなどに保存した音楽をワイヤレスで再生できるなど、1台でさまざまな音楽コンテンツを手軽に楽しめる。

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ラトックシステム、PM2.5/VOCなどの空気質をはかって知らせるBluetooth エアクオリティ モニターを発売
VICSセンター、VICS WIDE大雨エリア情報の対象地域を拡大
JAPANNEXT、27型ワイド 4K液晶ディスプレイ HDMI 2.0 HDCP2.2 60HzFreeSync「JN-IPS2700UHD」を発表
80年代を代表するローランド初のフルデジタル・シンセサイザー「D-50」を再現
欲しい時にすぐ氷が作れる 場所を取らない最小クラスの小型高速製氷機






パナソニック、ビエラ「E300シリーズ」3機種を発売

l-jn170510-4-1

パナソニックは、ダブルチューナー搭載で、USBハードディスクに裏番組録画ができる液晶テレビ「ビエラ」E300シリーズ3機種(49V型、43V型、32V型)を2017年6月16日より発売する。

現在テレビ市場では、住環境やライフスタイルの多様化に伴う視聴スタイルの変化により、「家族がそれぞれの部屋で好きな番組を見たい」「リビングのレコーダーなどに録画した番組を自分の部屋で見たい」といったニーズが高まっていると同社。

本シリーズは、別売のUSBハードディスクに録画した番組を簡単に楽しむことができる。加えて2チューナー内蔵なので、裏番組録画にも対応。さらに、「お部屋ジャンプリンク機能」にも対応し、別の部屋のディーガやビエラ(サーバ機能搭載)に接続したUSBハードディスクに録画した番組も簡単に楽しむことができる。

また、視野角が広く斜めから見てもキレイな「IPS液晶パネル」を搭載している。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
HDMI、コンポジット入力対応の「バッテリー内蔵10インチマルチメディアモニター」
Bluetooth接続でスポーツ仕様のヘッドホン一体型ウォークマン「WS620」シリーズを発売
Nintendo SwitchのJoy-Conだけを充電できるスタンド
ソニーがプロデュースする「Life Space Collection表参道」」が期間限定でオープン
テーブルモードで遊ぶ時や充電台としてもう1台自分の部屋に置けるNintendo Switch用充電スタンド






パナソニック、ハイレゾを簡単に楽しめるCDステレオシステムを発売

l-jn170324-2-1

パナソニックは、DSD再生に対応し、CDをはじめとする幅広い音源を高音質で楽しめるハイレゾ音源再生対応のCDステレオシステム「SC-PMX150/PMX80」を2017年5月19日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はPMX150が7万円前後、PMX80が3万8,000円前後。

本製品は、ハイレゾ音源を手軽に楽しめるように、新たにDSD再生に対応させ、PMX150はCDハイレゾ リ.マスター機能、内蔵パワーコンディショナーなどによりさらに高音質に進化。PMX80にも「USB-DAC機能」を搭載し高音質機能を進化させた。さらに音楽ストリーミングサービス「Spotify」にも対応、幅広い音源の再生が可能だ。

ニュースリリース
ミニコンポ/スピーカーシステム

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
コンパクトながらダイナミックな低音を実現したデスクトップ・サイズのスピーカー「Elevate 3 MKII」
「視覚」×「聴覚」で楽しむ、音で読む新感覚マンガ「SHIORI SOUND EXPERIENCE -Noise-」を公開
サンコー、「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」を発売
こぼした飲み物も窓ガラス掃除もホコリやチリも。水が吸える掃除機「スイトリーナー」
一足早く本物の桜をデジタル一眼カメラαで撮影できるイベント「桜 in Sony Store」を開催




パナソニック、4K60p動画記録が可能なミラーレス一眼カメラ LUMIX DC-GH5を発売

dx5

パナソニックは、4K60p動画記録が可能なミラーレス一眼カメラ「LUMIX DC-GH5」を2017年3月23日より発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格はボディのみのモデルが24万円前後、標準ズームレンズが付属したモデルが27万円前後。

本製品は、新開発のイメージセンサーと新開発の画像処理ヴィーナスエンジンにより、解像・高感度画質・色再現性を向上させ、「質感描写」にこだわったLUMIX史上最高の写真画質を実現した。新たにボディ内手ブレ補正も搭載し、ボディ/レンズ両方の手ブレ補正を最適に制御する「Dual I.S. 2」に対応した。

また、世界初の4K60p動画、4:2:2 10bit 4K30p動画のSDカード記録に対応、さらに時間無制限で記録ができ、プロの現場でも使用できる動画性能を搭載した。

好評の高速オートフォーカス「空間認識AF」は、より高速・高精度化したことに加え、被写体を追い続けるAFCフル画素連写も秒間9コマへ進化を遂げ、高い機動性を実現。さらに新開発の「6Kフォト」を使えば、約18メガの秒間30コマ高速連写で、決定的瞬間を高画質で撮影することができる。

メモリーカードスロットは、LUMIXで初めて2枚のSDメモリーカードを使用できるダブルスロットを採用、ボディは防塵防滴設計なので、快適な撮影を楽しむことができる。

デジタルカメラ ルミックス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ゲーム好きの著名人、文化人、クリエーターがPlayStation VRの最新ニュースを発信
富士フイルムがミラーレス新モデル「X-T20デビューキャンペーン」を開始!
無音部分を自動的にデータカット!ライン入力でカセットなどのアナログ音源をMP3に変換できるプレイヤー
サンコー、場所を取らないコンパクト「ミニ洗濯機」を発売
65年型マスタングのインパネとロゴをデザインしたメディアプレイヤー「Mustang LP BK」





パナソニック、ベルリン・フィルと技術開発協業契約を締結

09029eaeee3a2284adb00298ed0485f6_s

パナソニックは、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(以下、ベルリン・フィル)と「高品位なコンサート体験を目指した技術開発の協業に基本合意」と2016年8月31日付で発表しが、その後両者で協議を進め、2016年12月28日に正式契約を締結した。4K・HDR・ハイレゾ技術を用いて、コンサートホールでのプレミアムなライブ体験を家庭や車室内で実現することを目指し、2017年1月1日より協業を開始する。

協業の具体的内容として、同社は、ベルリン・フィルのホールおよび映像スタジオに、4K・HDRに対応した最先端の放送用カメラやミキサー、モニターなどの機材を2017年7月から納入を開始。ベルリン・フィルはこれらの機材を用いて撮影、編集した4K・HDRの高品位なコンサート映像を、2017/2018コンサートシーズンより、インターネット・コンサート映像配信サービス「デジタル・コンサートホール」を通じて全世界に配信し、家庭などでの臨場感あふれるライブ体験を提供する。

また、パナソニックおよびテクニクスの映像・音響関連機器を用いた、より高品位なコンサートホールの音再現に向けて協業を推進。同社は、音の録音、編集、再生、評価までの一連の工程で、ベルリン・フィルの子会社であるベルリン・フィル・メディアの知見を得ながら、演奏者の意図を忠実に再現する技術を一層進化させていくとのこと。さらに、プライベートな娯楽空間となり得る車室内においても、コンサートホールにいるような視聴体験を実現すべく、協業に取り組む。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
息を吹きかけると火がつく電子ライターKURUIの新商品が登場
リンクス、iPhone 7対応で正規MFi認証取得のLightning接続ヘッドホンを発売
Fossil Group、ハイブリッドスマートウォッチ「MISFIT PHASE」を発売
ファーウェイ、心拍測定機能を搭載したスポーツリストバンド「HUAWEI FIT」を発売
小学生から70歳までの音声認識率、実に98.3%!リモコンに話しかけるだけで操作できるソニーのブラビア






パナソニック、Ultra HD ブルーレイ再生対応 DIGAを発売

jn160929-2-1
パナソニックは、ブルーレイディスクレコーダーDIGA(ディーガ)の新モデル「DMR-UBZ2020」「DMR-UBZ1020」を、2016年11月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格はDMR-UBZ2020が10万円前後、DMR-UBZ1020が9万円前後。

本製品は、次世代ブルーレイディスク規格の「Ultra HD ブルーレイ」の再生に対応し、4K解像度で高精細なだけでなく、Ultra HD ブルーレイならではの「HDR(ハイダイナミックレンジ)」や「BT.2020」による鮮やかで立体感のある美しい映像を楽しめる。

また、15年秋モデルで好評だった「新番組おしらせ」機能が進化した「新番組/特番おしらせ」を搭載した。新番組だけでなく、不定期放送の特番や映画などの初放送番組もお知らせしてくれる。リモコンのボタン1つで新番組や特番を一覧表示でき、録画予約もワンボタンでできるので録り逃しを防げる。

さらに、本製品で視聴している放送番組、BD、DVDや保存したCDや録画した番組の音質をハイレゾ相当にアップコンバートする「ハイレゾリマスター」を搭載した。

CDの音楽をハードディスクに取り込める「CDリッピング」にも対応しているので、いつもの番組や映画だけでなく、お気に入りの音楽も高音質で楽しめる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
高解像度な「プレイステーション 4 Pro」と小型・軽量化を実現した新型「プレイステーション4」を発売
「初音ミク」とコラボレーションしたステレオヘッドホンをソニーストアにて販売開始
Garminゴルフウォッチシリーズの最新作「Approach S20J」が登場
デジタル一眼レフカメラのワイヤレス接続・ワイヤレス操作を可能にするコントローラー
ワコム、次世代型デジタル文具「Bamboo Slate」および「Bamboo Folio」を発表





災害時に活躍!パナソニックがスマホも充電できる手回し充電ラジオ「RF-TJ20」を発売

パナソニックは、手回しで充電ができる「ワイドFM」対応のコンパクトなデジタル選局ラジオ「RF-TJ20」を4月22日より発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格は6,450円(税込)。
続きを読む

パナソニック、ハイレゾ対応のコンパクトステレオシステム「SC-RS75/RS55」を発売

パナソニックは、ハイレゾ音源やCD、ラジオなどを楽しめるコンパクトステレオシステム「SC-RS75」「SC-RS55」を5月20日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はSC-RS75が5万円前後、SC-RS55が3万6,000円前後(税込)。
続きを読む

パナソニック、ネットワークプレーヤー内蔵のハイレゾアンプとミュージックサーバを発売

パナソニックはテクニクスブランドにおいて、ネットワークプレーヤー内蔵のアンプ「SU-G30」、CDリッピング機能を搭載したHi-Fiグレードのミュージックサーバー「ST-G30」を4月22日に発売する。価格はSU-G30が40万円、ST-G30が50万円(いずれも税抜)。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ