ITライフハック

ビジネス

ロジクールからWeb会議やテレワーク向けのビジネス用USBヘッドセット「ロジクール Zone Wired」が登場

01

ロジクールは、ビジネス用の有線ヘッドセット「ロジクール Zone Wired」を2020年5月21日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万4,000円(税込)。

テレワークの普及に伴い、Microsoft TeamsやZoomといったユニファイドコミュニケーション(UC)アプリケーションを利用したWeb会議が浸透している。本製品はビジネス向けの有線ヘッドセットで、ビジネスシーンで利用されるUCアプリケーションと連携して高品質なWeb会議や通話を実現した。

オープンな作業環境でも声をクリアに届けるノイズキャンセリングマイクと、上質なオーディオドライバーを搭載したほか、ケーブル上のリモコンで音量や通話の応答などを操作できる。ビジネスでの長時間の使用を想定しているため、一日を通して装着しても快適だ。

UCモデルはほとんど全てのプラットフォームおよびオペレーティングシステム上の、Zoomを始めとする一般的な通話アプリケーションで動作する。Microsoft Teams認定モデルはTeamsアプリを手元で瞬時に起動できる。

■製品仕様
製品名(日本語):ロジクール Zone Wired
製品名(英語):Logicool Zone Wired
型番: < Zone Wired Microsoft Teams認定 > ZONEWMS / < UC Zone Wired > ZONEWUC
参考価格(税込):14,000円
発売予定日:2020年5月21日(木)
本体サイズ(高さ×幅×奥行):
 ヘッドセット:165.93mm × 179.73mm × 66.77mm
 イヤーパッド:65.84mm × 65.84mm × 18.75mm
 USB-Aアダプター:21.5mm × 15.4mm × 7.9mm
重量:211g(ヘッドセットのみ)
ケーブル長:190cm
必要システム:USB-CまたはUSB-Aポートを搭載した、WindowsまたはMacベースのコンピューター
スペック:
 <マイク>
  メインマイク:単一指向性
  2本目のマイク:全方位
  周波数特性: 100~16kHz
 <感度>
  メインマイク:-48dBV/Pa
  2本目のマイク:-40dBV/Pa
 <スピーカー>
  周波数特性(音楽モード):20~16kHz
  感度:99dB±3dB @ 1000Hz @30mW、1cm
  ドライバー サイズ:40mm
  ドライバー インピーダンス:32Ω
パッケージ内容:インラインコントローラとUSB-Cコネクタ付きヘッドセット、USB-Aアダプター※同梱のヘッドセット専用でご利用ください、キャリングケース、取扱説明書、保証書、保証規定
保証情報:2年間無償保証


ロジクール 法人事業本部 お客様窓口

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
mouseから最新の第10世代インテル Coreプロセッサー&Z490 チップセットを搭載する製品を「G-Tune」および「DAIV」ブランドより発売
在宅ワークの強い味方!立ったままでも高さ・角度調節可能なノートPCスタンド「DN-915976」
オンラインゲームを考え抜いたらこうなった!ASUSからTUF Gamingシリーズ初となるWi-Fi 6対応の無線ルーター「TUF-AX3000」が登場
バッファローからメッシュネット対応で中継機も付属するWi-Fiルーター「WRM-D2133HS/W1S」が登場
最大384KHz/32bitのハイレゾ対応に加えUSB Type-C搭載で2000円を切るポータブルDAC






LINEを活用した法人向けカスタマーサポートサービス「LINE カスタマーコネクト」を正式販売開始

ロゴ

LINEは、同社が提供するコミュニケーションアプリ「LINE」において、LINEを活用した法人向けカスタマーサポートサービス「LINE カスタマーコネクト」を、2017年4月11日から正式販売を開始した。

「LINE カスタマーコネクト」は、コンタクトセンターがLINEを介して、AIや有人によるチャット対応や音声通話対応などをシームレスに行い、状況やニーズに応じた適切なカスタマーコミュニケーションを実現するサービス。

具体的には、①事前に登録したFAQをベースにした各種AIによる自動応答で対応する「Auto Reply」、②各種チャットサービスと連携し、有人による細かなサポートが可能な「Manual Reply」、③ウェブサイトに設置したボタンやリンクからIP電話に接続し、ユーザーの料金負担なしの通話対応ができる「LINE to Call」、④携帯電話番号情報を基に、IVRやオペレーターからユーザーのLINEアカウントにメッセージを送信し、LINE上のチャットサポートに誘導する「Call to LINE」の4つの機能を企業のニーズや既存のシステム環境などに合わせて、各種連携システムから自由に組み合わせて実装することができる。なお、「LINE to Call」は本日よりβ版の提供を開始、「Call to LINE」は2017年夏予定でβ版を提供していく。

フローイメージ


LINE カスタマーコネクト
プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
「COMPUTEX 2017」、ロボット&AIなど5つのメインテーマを発表
GlassViewのファウンダー兼CEOジェームズ・ブルックス・ジュニアが語るIoTやスマートウォッチへの広告戦略
国際産業技術、Synologyエンタープライズパートナー&カンファレンスを開催
グロービス、「グロービス学び放題」の個人向けサービスを開始。月額980円から
国内有数のデジタルマーケティングの広告賞「コードアワード 2017」を開催






「LINE」とつながる唯一のビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」を提供開始

Talk_image

LINEとワークスモバイルジャパンは、2017年2月2日(木)にコミュニケーションアプリ「LINE」とつながる唯一のビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」の提供を開始した。

2011年6月にサービスを開始したコミュニケーションアプリ「LINE」は、日本、台湾、タイ、インドネシアの主要4ヵ国において月間1億6,700万人、日本国内において月間6,600万人(2016年12月末時点)のユーザーが利用している。サービス開始から5年以上が経過し、個人間のコミュニケーションは電話/メールからLINEへと変化し、LINEは生活者のコミュニケーションインフラへと成長した。

また、豊富なユーザー基盤と高いアクティブ率を活かした法人向けビジネスとして、企業がユーザーに直接メッセージを配信できる「LINE公式アカウント」や企業のブランド・キャラクターを生かした「スポンサードスタンプ」、公開型アカウント「LINE@」、企業とユーザーの双方向コミュニケーションを可能にする「LINE Business Connect」、法人向けカスタマーサポートサービス「LINE Customer Connect」などを展開し、企業と顧客とのコミュニケーションを包括的に支援してきた。

一方、LINEの兄弟会社であるワークスモバイルは、ビジネスコミュニケーションツール「Works Mobile」を2016年1月より提供。「LINE」を踏襲した使いやすいチャット機能に加え、掲示板機能、組織階層型アドレス帳、メール、予定表、ファイル共有など、ビジネスコミュニケーションに必要な機能を提供している。スマートフォンに最適化され、圧倒的な使いやすさと、法人のユーザーが安心して利用できる管理機能・セキュリティにより、サービス開始以降、業種や企業規模を問わず、多くの企業が利用しているとのこと。

LINEが日常生活のコミュニケーションインフラとして定着し、親しい友だちや家族とのコミュニケーション手法が進化する一方で、業務上のコミュニケーションは社内外問わず旧来からのメールや電話、対面でのやり取りが中心のままだ。

今回、2016年10月に締結した両社の事業提携契約に基づき、これまでワークスモバイルが提供してきた「Works Mobile」を、最新版より「LINE WORKS」へとサービス名を変更し、「LINE」と「LINE WORKS」が相互接続できる機能を新たに提供する。企業内のコミュニケーションの円滑化に加え、「LINE WORKS」と「LINE」がシームレスにつながることで、企業担当者と顧客との間の円滑なコミュニケーションが可能となり、特に顧客との密接なコミュニケーションが欠かせない業種や業務においては、サービスレベル向上や業務効率化、マーケティングの一貫性実現が期待される。

LINE WORKS 公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
世界最大級IT関連見本市「CeBIT2017」に「ジャパン・パビリオン」を出展
商売繁盛をみんなで祈願!「【KIGAN】スタートアップ 祈願会 at 増上寺 2017」体験レポ
「LINE Customer Connect」をアスクルの「LOHACO」で試験運用を開始
駐車料金決済アプリ「SmooPA」のサービスが開始。「Yahoo!カーナビ」アプリでも駐車料金決済が可能に
AIRDO、LINEと搭乗システムを連携させた新搭乗サービス「AIRDO ONLINE Service」を提供開始






プログラマーは未来を予見?新技術の普及に”10年”は誤差【イソスケのここだけ読んどけIT本】

どうもイソスケです。【イソスケのここだけ読んどけIT本】は、IT関連で注目されている人、物事、テクノロジー、その他、IT関連であれば「現在、多数の注目を集めて」いたり、「これくらい最低限知っておくべきこと」だったりといった事柄に関する書籍を、イソスケが読み、その内容を紹介する企画です。



書籍を読み解くには、それなりの時間が必要になるので、忙しいビジネスパーソンは、注目の書籍だからと言って片っ端から読んでいくわけにはいきません。

そこで、本企画ではイソスケなりの視点で、自分が読んだ書籍についてポイントを押さえた紹介をしようと思っています。

本連載を読んで気になったら購入してみる。または、話題に上った書籍のおおよその内容を把握するといった感じで、皆さんのお役に立てればと思っています。

なお、本連載は、記事執筆前に「書籍を読む」という準備が必要なため、書籍の内容次第では読破に時間がかかることもあるため、毎回決まった日に更新されるとは限らないことをあらかじめお断りしておきます。また、こんな書籍を読んで感想を聞きたいということがあれば、以下のメールアドレスまで、メールを送ってください。

itlifehack【at】mediabank.jpn.com
【at】は@

前回は『 5年後、メディアは稼げるか――Monetize or Die? 』を紹介しました。

今回、第14回の書籍では「最速の仕事術はプログラマーが知っている」を紹介します。

ドワンゴで携帯電話事業を立ち上げ、2004年度には独立行政法人より天才プログラマー/スーパークリエイター認定を受け、現在は株式会社ユビキダスエンターテイメントのCEOを務める清水亮氏。

そんな清水氏がプログラマーの仕事術について語ったのが本書。清水氏は、現在、100ます計算で成人男性とコンピュータが速度を競うとすると、成人男性が平均2分であるのに対し、コンピュータは25ナノ秒で計算が終了。つまり48億倍の速度ということにも触れ、この膨大な計算速度を持つコンピュータを使いこなすプログラマーは、複雑な情報処理を最速に終わらせる方法を知っているといいます。

■プログラマーは未来を予見する?新技術の普及に”10年”は誤差範囲
また、プログラミングを日常的にできる人間は、新技術を見極めるのが極めてうまいとして、マイクロソフト創業者ビル・ゲイツの失敗を例に上げ、プログラマーの経営術についても独自の見解を披露。

ビル・ゲイツは90年代の終わりに「タブレットPC」というコンセプトを掲げ、ペンで操作するためのソフトウェアも自ら開発。しかし、当時のコンピュータには処理が重すぎ、ある製品はバッテリーが1時間しか持たないなど、実用に耐えうるものではありませんでした。

また、2000年代の前半にも日本で小型のロボットビームが到来していることに目をつけたゲイツは、ロボット向けOSとソフトウェア開発キットを発表。しかし、ここでもロボットブームは世界に広がらず失敗。

しかし、2015年にソフトバンクが売りだしたPepperは、合計100万円の高額商品ではあるが、品切れになるほどの人気。またタブレットPCは現在、SurfaceやiPadなどといった製品が普及し、時間軸はズレたものの、未来はビル・ゲイツが目を付けた方向に進み、技術進歩の歴史にとって10年というのは誤差範囲だといいます。

そのため、プログラマーが経営者になると、ひたすら時間稼ぎをするのが主な仕事になり、プログラマーが今日勝負するビジネスは、10年前から密かに準備してきたネタだといいます。

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

執筆:イソスケ


最速の仕事術はプログラマーが知っている


清水 亮

クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

2015-07-24


 

 

 

最速の仕事術はプログラマーが知っている


清水 亮

クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

2015-07-24




\

ワークライフバランスはたわごと?猛烈な仕事観を持つ『ジェフ・ベゾス』【イソスケのここだけ読んどけIT本】

どうもイソスケです。【イソスケのここだけ読んどけIT本】は、IT関連で注目されている人、物事、テクノロジー、その他、IT関連であれば「現在、多数の注目を集めて」いたり、「これくらい最低限知っておくべきこと」だったりといった事柄に関する書籍を、イソスケが読み、その内容を紹介する企画です。

続きを読む

1日10回"世界一"をつぶやく経営者「アルバイトはしすぎるな」『変な会社』【イソスケのここだけ読んどけIT本】

どうもイソスケです。【イソスケのここだけ読んどけIT本】は、IT関連で注目されている人、物事、テクノロジー、その他、IT関連であれば「現在、多数の注目を集めて」いたり、「これくらい最低限知っておくべきこと」だったりといった事柄に関する書籍を、イソスケが読み、その内容を紹介する企画です。

続きを読む

読書哲学は「人を本のように読む」『ジャック・マー アリババの経営哲学』【イソスケのここだけ読んどけIT本】

どうもイソスケです。【イソスケのここだけ読んどけIT本】は、IT関連で注目されている人、物事、テクノロジー、その他、IT関連であれば「現在、多数の注目を集めて」いたり、「これくらい最低限知っておくべきこと」だったりといった事柄に関する書籍を、イソスケが読み、その内容を紹介する企画です。

続きを読む

Facebook創業者の"新たな挑戦を自らに課す"貪欲さ『THINK LIKE ZUCK』【イソスケのここだけ読んどけIT本】

どうもイソスケです。【イソスケのここだけ読んどけIT本】は、IT関連で注目されている人、物事、テクノロジー、その他、IT関連であれば「現在、多数の注目を集めて」いたり、「これくらい最低限知っておくべきこと」だったりといった事柄に関する書籍を、イソスケが読み、その内容を紹介する企画です。

続きを読む

Googleが勝者になった理由は「純粋想起」『ITビジネスの原理』【イソスケのここだけ読んどけIT本】

どうもイソスケです。【イソスケのここだけ読んどけIT本】は、IT関連で注目されている人、物事、テクノロジー、その他、IT関連であれば「現在、多数の注目を集めて」いたり、「これくらい最低限知っておくべきこと」だったりといった事柄に関する書籍を、イソスケが読み、その内容を紹介する企画です。

続きを読む

ウルトラマンと三面怪獣ダダが共演! 「ウルトラビジネス英会話」を配信

つい先日、ドイツからITライフハックに連絡があり、何事かと思えば、記事を翻訳して掲載していいかといった問い合わせだった。ITライフハックはCCライセンスに基づき、「媒体名、記事URLか記事リンク、改変なし」で自由に転載できるのだが、ドイツ語に翻訳するのは改変に当たるのでは? ということ。

カッコよく返事を出したいと思っていたのだが、浮かんできたアイデアは「Google翻訳に日本語を入れて翻訳」といったありがちな内容だ。結局、内容が変わってないなら転載OKと言いたいところを「掲載ありがとうございます」としか返事ができなかった。

続きを読む

一度使うと他社の端末へはもう戻れない!サムスン製スマートフォン「GALAXY Note II SC-02E」のユーザーがオススメする機能と使い方


サムスン製のスマートフォン「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」を仕事で使う 快適かつ便利にしてくれるアプリを紹介』でも紹介したように、サムスン電子製の「GALAXY Note II SC-02E」は、約5.5インチの有機ELディスプレイと1.6GHzクアッドコアCPUを搭載したハイスペックなスマートフォンだ。

画面が大きいということもあり、タブレットともスマホとも言い難いその中間に位置する端末だが、Sペンをはじめこのサイズにジャストフィットした操作方法やUI(ユーザーインターフェース)に独自の工夫がふんだんに盛り込まれている。さらに、Xiやおサイフケータイ、ワンセグといった日本国内で需要の高い機能に加え、Wi-Fiテザリング、GPS、Bluetooth 4.0、HDMI端子の搭載、そして3100mAhもの大容量バッテリ搭載と、抜群の高機能な端末だ。

長年、某メーカーが好きだった筆者だが、この魅力的なGALAXY Note II SC-02Eは、乗り換えるに値したので購入するに至った。GALAXY Note II SC-02Eがあれば、プライベートだけでなくビジネスシーンでもその魅力を発揮し、大変重宝しているのが事実だ。

そこで今回は、“他社の端末はもう使えない”とまで筆者が思ってしまったGALAXY Note II SC-02Eの便利な使い方について紹介しよう。

続きを読む

サムスン製のスマートフォン「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」を仕事で使う 快適かつ便利にしてくれるアプリを紹介


Noteを体験せずしてGALAXYを語るべからず! 「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」を使ってさらに幸せになってみた』で紹介したように、タブレットでもないけどスマホでもないというちょうど、その中間に位置する「GALAXY Note II SC-02E」(以下、GALAXY Note II)を紹介した。

Sペンや5.5インチサイズの高解像度ディスプレイ(1280×720ドット)、おサイフケータイやワンセグ、そしてクアッドコアの高速CPU、と男女問わず文句なしにおススメできることを紹介した。文句なしのハードウェアと性能だが、これを使いこなせなければ、せっかくのハードがもったいない。

ということで、できるビジネスパーソンがGALAXY Note IIに入れておくべきアプリについて紹介しよう。この春から新社会人という方も是非チェックして欲しい。

続きを読む

赤貧行政書士から課税所得2億円超へ!お金の儲け方を赤裸々に教えてくれる本



「カバチタレ」というマンガの影響もあり、最近は「行政書士」という職業が、にわかに注目を浴びている。行政書士とは、官公署に提出する書類の作成や、権利義務、事実証明に関する書類の作成を行う職業のことだ。

“儲からない”行政書士からの脱出!体験してみてわかったビジネス成功の法則」で紹介したように、低所得な行政書士が多いのも事実だが、そうした行政書士の中でも、課税所得2億円超の行政書士がいるのも事実だ。

行政書士の仕事をしている人にも関わらず、読者の中にも、そうした行政書士がどうやってビジネスを成り立たせているのかが気になるところだろう。

そこで、成功するノウハウを聞いてみた。

続きを読む

“儲からない”行政書士からの脱出!体験してみてわかったビジネス成功の法則



行政書士という職業をご存じだろうか。

役所に申請する書類作成、相続・遺言書等の権利義務、契約書の作成を行う、法律事務を業とする国家資格である。これらは行政書士法に基づく業務であり、行政書士でない者が手続きを行うことはできない。

漫画『カバチタレ』の影響などもあり、法律の専門家であることは認知されてきた。つまり、弁護士や司法書士の仲間=結構お金持ちになれる、というイメージを持つ人が多い職業だ。

さて、その実態はどうだろう。

続きを読む

「こんな時、英語で何ていう?」日常生活とビジネスで使えるアプリ!【iPhoneでチャンスを掴め】



英会話を学んでから何年も経ってしまうと覚えていたハズのフレーズすら出てこなくなりますよね。かく言う筆者も日本語の中にどっぷりと浸かって生活していると、海外からのメールの返信やSkype通話での簡単なフレーズすら出てこなくなってしまいます。常に何かしら英語に触れていないとこうしたイザというときの反応が遅れてしまいます。そこでオススメしたいのがこのアプリ、日常会話用とビジネス用の英語を学べます。

続きを読む

会社用スマホの安全を管理! MobiConnect(モビ・コネクト)の試用企業を募集



ソーシャルレビューコミュニティ「zigsow(ジグソー)」が運営する企業向け&ビジネス向け商品・サービスの評価、ビジネスマッチングサイト「zigBiz(ジグビズ)」において、スマートフォンの安全管理を行うMDMサービス「MobiConnect(モビ・コネクト)」(インヴェンティット株式会社)を試用してインタビューに答えてくれる企業を募集している。

続きを読む

「アップルのソニー買収」は、なぜガセネタと断言できるのか【デジ通】



年末、韓国紙が「アップルによるソニー買収の可能性」を報じた。信ぴょう性が薄い記事ですぐに沈静化したが、これを材料に、企業買収というものについて考えてみたい。

続きを読む

電子書籍の最新動向をチェック!EPUBへの注目が高まっている理由【電子書籍研究会】



2010年はiPadの登場をキッカケに「電子書籍」が大きな期待と注目を集めました。ですが、期待されたAmazon、Apple、Googleといった海外のキープレーヤーの日本での電子書籍サービスは始まりませんでした。

年末にはようやくシャープ、ソニー、auがそれぞれの読書用端末とサービスをリリースしましたが、いずれも大きな話題にはなっていません。

電子書籍は一時のブームだったのでしょうか。

いえ。2010年は意識改革と下地作りの年で、今年はまた新たな展開が待っています。

今年注目のキーワードは何と言っても「EPUB」です。

続きを読む

ITを活用すれば業績アップ!でもどのように導入すればいいのか

テレビの販売が大きく落ち込んだり製品の出荷台数で競い合ったりと、どの分野に資産を投入するのか、どのような方向で事業を進めるのかといった経営判断が企業の業績に及ぼす影響は大きい。ただし、この経営について、ITが貢献していると感じている企業と、感じていない企業があるらしい。いったいその差はどこにあるのだろうか。

NTTデータ経営研究所とクニエは共同で、「IT組織の成功要因に関する調査」を実施した。その結果から、ITをどのように導入すればいいのかが見えてきた。

続きを読む

デジタルサイネージとは?急速拡大する市場がユーザーのすそ野を広げる

街頭のビルに設置された大型ディスプレイ、電車内で運行情報を知らせるディスプレイなど、デジタルサイネージ(電子看板)が、徐々に町中に広がりつつある。果たして、このまま広がっていくのだろうか?
2020年のスレートPC市場を予測するなど、IT分野の市場動向を予測してきた富士キメラ総研の調査から、デジタルサイネージの動向が明らかになった。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ