ITライフハック

ビデオカメラ

アスク、Androidスマートフォンに接続できる360度ビデオカメラ「Insta360 Air」を発表

air (3)

アスクは、Shenzhen Arashi Visionが展開するカメラブランドである、Insta360ブランド製の360度ビデオカメラ「Insta360 Air」の取り扱いを開始すると発表した。発売は3月上旬を予定。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万円台前半(税別)。

「Insta360 Air」は、Androidスマートフォンに接続できる360度ビデオカメラ。約26.5gかつ直径37.6mmの軽量コンパクトサイズで手軽に持ち運びでき、Androidスマートフォンのディスプレイを確認しながら、手軽に360度の全天球写真・動画の撮影が行える。

本体前後に備えた魚眼レンズは、F値2.4で、解像度は3040×1520ドットでの静止画撮影に加え、2560×1280ドットでの動画撮影が可能。撮影した静止画や動画は、専用アプリからFacebookやYouTubeなどのSNSに投稿でき、YouTubeと連携させることで、360度動画のライブストリーミング配信も可能だ。

製品ラインナップは、Micro USBまたはUSB Type-Cコネクタ搭載モデルに、ブラック、ホワイト、ピンク、ゴールドの各カラーバリエーションが用意されている。

scene-graph-003


Insta360 Air

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ロジクール、クレカロットとお札用ポケット付きiPhone 7・iPhone 7 Plus用ケースを発売
つながらないを解消!自宅のWiMAX 2+電波を改善する「UQ宅内アンテナ」の受付を開始
DMM mobileで2周年を記念した大感謝祭を開催。豪華賞品が総計2510名に当たる
異素材を組み合わせた、衝撃に強いiPhone用ケース
iPhone所有率が多いのはどんな職業? 女性のスマートフォン利用実態調査。MMD研究所調べ




スキー・スノボ動画を自分目線で撮影できるフルHDカメラ搭載スキーゴーグル

22952_BYMlmpTmuo

上海問屋は、フルHD(1920×1080ピクセル)カメラ搭載のスキーゴーグルの販売を開始した。価格は11,999円(税込)。

本製品は、スキーやスノボで雪山を滑り降りる時に、自分目線で撮影することのできる、フルHDカメラ搭載のスキーゴーグルだ。ゴーグルの上部に装着されたカメラは、ボタン一つで動画や画像の撮影が可能。ゲレンデを滑走する迫力のムービーを、ハンズフリーで撮ることができる。

本製品には動画撮影・画像撮影用のボタン以外に、LEDライト、microSD・microSDHC対応スロット、充電・ファイル転送用USBポート、内部バッテリーが搭載されている。約4時間の充電(充電環境によって変化)で、約60分の撮影が可能だ。

このほか曇りにくいダブルレンズ仕様や、滑り止めが付いたベルトなど、随所に使いやすい工夫が満載となっている。

■製品仕様
インターフェース・・・・・・miniUSB(8ピン平型)
対応SDカード・・・・・・・・最大32GB microSD(SDHC) ※別売
動画解像度・・・・・・・・・最大 1080P(1920×1080) 30fps
画像解像度・・・・・・・・・最大 14M(4352×3264)
ファイル形式・・・・・・・・動画:MOV
              画像:JPEG
レンズ視野角・・・・・・・・約120度 ※メーカー公表値
電源・・・・・・・・・・・・内蔵バッテリー 3.7V/1020mAh
カメライメージセンサー・・・CMOS
充電時間・・・・・・・・・・約4時間(充電環境によって変化します)
撮影可能時間・・・・・・・・約60分
動作温度範囲・・・・・・・・-30℃~40℃
本体サイズ・・・・・・・・・幅 約212mm×高さ 約115mm×奥行き 約90mm
重量・・・・・・・・・・・・約260g
付属品・・・・・・・・・・・マニュアル(英語)、USB(8ピン平型)-USBケーブル、持ち運び用ケース
製品保証・・・・・・・・・・お買い上げ後 6か月間


22952_pjmnfYbwjm


DN-914230 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
お子さんの知育に役立つ卓上用ジェットコースター「DIYスペースレール」
アロマ加湿機とLEDライトが合体!癒し効果抜群のUSB接続くつろぎアロマ加湿器
自宅をクラブに変えるミラーボール風USBサウンドユニット
屋外でも気持ち良よ~くくつろげる空気注入式のエアーソファーを発売
ハイレゾ再生にも対応するDAC機能付きコンパクトアンプ





油性マジックをはじく撥油性で汚れ防止してくれるビデオカメラ用ガラスフィルム

クロスフォレストは、ビデオカメラ用の液晶ディスプレイを保護するガラスフィルムを2016年4月25日に発売した。価格は1,480円(税込)。
続きを読む

縦長動画増加の理由 デジカメ以上にスマホに食われつつあるビデオカメラ【デジ通】



最近、海外の動画投稿サイトなどを見ていると縦長の動画を見かけるようになった。明らかにiPhoneやAndroid端末のスマートフォンで撮影した動画だ。なぜならビデオカメラで撮影した場合、上下左右は固定されるようになっているからだ。

しかし、スマホで撮影した動画は、スマホを縦にした状態で撮影し、それを再生すると縦長の動画として再生されるようになった。このようにデジカメ代わりというだけでなくスマホで動画を撮影するという人が増えてきている。

続きを読む

9月二度目の三連休直前! ビデオカメラを買うなら今月がお得?【デジ通】



家庭用ビデオカメラは、スマートフォンの普及や高機能化したデジカメの動画撮影機能の影響を受けて、市場的にはかなり厳しい商品になってしまった。動画専用に作られているビデオカメラだからこそ便利に撮影できる場面も多いが、機能や使い勝手を今まで以上に強化していかなければ、今後ビデオカメラ市場は縮小していくことは間違いないだろう。

そうした厳しい現状の中でも、ソニー、キヤノン、パナソニック、ビクターなど各社の家庭向けのビデオカメラの主要モデルは、1年に1度程度の周期で、新製品が投入されている。発売時期は日本の春商戦に合わせた2月から3月頃になることが多い。

さて問題です。ビデオカメラの買い時はいつ?

答えは、秋の行楽シーズンの直前の9月頃、まさに今頃なのである。

続きを読む

超小型のビデオカメラ! カメラ目線の迫力ある動画が撮れるアクションカム【デジ通】

ソニーのアクションカム HDR-AS15


通常はなかなか撮影できない環境で、動画を撮影する「POV」(Point of View)と呼ばれているビデオカメラ市場が成長している。こうした撮影ができるカメラをアクションカメラと呼び、通常のビデオカメラと区別している。

たとえば日本のテレビ番組で、高い場所からのバンジージャンプやジェットコースターといった怖いけど大人気の遊園地の乗り物に乗っている様子を撮影するためにヘルメットなど取り付けられているのを見かけることがあるだろう。まさにアレのことだ。

例えばサーフィンやスキーなどのスポーツ中のカメラ目線での風景を撮影するのにも使われる。F1中継などで車載されているカメラなども、同じ類のものだ。こうした多少のことでは壊れない小型ビデオカメラは従来、比較的小規模な会社が製品を販売していたが、最近は大手メーカーもこの市場に参入し始めている。

続きを読む

新たなチャレンジをしたい!2011年は3Dでソニーイズムを全開【ITフラッシュバック】



2010年は「3D元年」と言われ、「アバター」にはじまり、「アリス・イン・ワンダーランド」「THE LAST MESSAGE 海猿」と3D映画に人気が集中した。家電では3Dテレビへの期待が高かったが、必ずしも好調だったとは言えないようだ。このような状況を打破するべく、ソニーから3Dハンディカムが発表された。

ITニュースを振り返る「ITフラッシュバック」では、3Dハンディカムを中心とした、ソニーの2011年のカメラ戦略に迫ってみよう。

続きを読む

ついに出た!スカイダイビングの映像も撮れる超小型DVカメラ



テレビ番組でよく見かける、ジェットコースターに乗っているような迫力ある映像は、見る人を釘付けにする。スカイダイビングで大空を舞う映像は、気分を開放的にさせる。さまざまなビデオカメラが登場してきているが、なかなかそのような映像は撮できない。
しかし、ロジテックが12月下旬に発売する超小型DVカメラなら、付属のアタッチメントを利用して、頭や自転車のハンドルに取り付ければ、両手をふさぐことなく迫力ある映像を撮影できる。

続きを読む

実売9980円前後!最大8倍ズームのビデオカメラが登場



デジタルビデオカメラは、子どもの運動会や文化祭などのイベントを思い出として残すのに便利だが、価格もそれなりにするものだ。しかし、その常識は覆される。

低価格なデジタルビデオカメラがついに登場する。エグゼモード株式会社が2010年3月中旬から発売を開始するデジタルビデオカムコーダー「YASHICA DCC573」だ。
価格は、実売価格で9,980円(税込み)。

「YASHICA DCC573」は、551万画素CMOSイメージセンサー搭載のデジタルビデオカムコーダー。1秒間に30コマのVGA(640×480)の動画撮影が可能であり、写真も撮影できる。さわに最大8倍デジタルズーム(デジタル4倍×アドバンスズーム2倍)までサポートしている。

主な特長は、下記のとおり。
・1秒間に30コマ、VGA(640×480)の動画撮影
・総画素数511万画素CMOSイメージセンサーで静止画撮影も可能
・最大8倍デジタルズーム(デジタル4倍×アドバンスズーム2倍)
・回転式2.4型TFTカラー液晶モニタ
・暗所で大活躍するLED ライト搭載
・最大8GB までのSDHC メモリーカード対応スロット搭載

「YASHICA DCC573」製品情報
エグゼモード株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
宝石のように胸元を飾る!ファッショナブルな音楽プレーヤー
ワンセグを視聴・録画!東芝、高性能DVDプレイヤーを発売へ
パナソニック 北尾氏に独占取材!新デジ一眼「LUMIX DMC-G2」の戦略
よりリアルな幻想の風景へ!アレックス・プレガー写真展

薄すぎない?世界最小・最軽量の新スタイルムービーが登場

スリムなデュアルカメラ「Xacti」

- 撮影シーンを飛躍的に広げるフルハイビジョン対応のスリムなデュアルカメラ「Xacti」-

三洋電機は2010年01月15日、一台でムービーと写真撮影が可能なデュアルカメラコンセプトをベースに、より携帯性を追求したフルハイビジョン対応のスリムXacti「DMX-CS1」を2010年2月19日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。ボディカラーは、シルバー、ピンク、グリーンの3色。

同社は、
「このたび、フルハイビジョンカメラの利用拡大に向け、より小型、軽量でスリムなデザインを追及し携帯性を飛躍的に高めたXactiを導入いたします。イベント撮影をはじめ、日常での一コマや感動のシーンを、スナップ感覚で手軽にフルハイビジョン記録ができる新しいスタイルのデュアルカメラとして提案いたします。 」と、コメントしている。

■フルハイビジョンもOK!
一般的なビデオカメラの使用用途がイベント撮影中心であるのに対し、Xactiシリーズは、日常の出来事を手軽に記録するツールというコンセプトの元、いつでも持ち歩いて使用できるよう、コンパクト性を追求した商品開発を進めてきた。

「DMX-CS1」では、さらなる小型化を実現するため、新たにスリムレンズ、薄型センサーモジュールを開発。また、薄型化と使いやすさを両立する独自の新エルゴノミクスデザインを採用。より携帯性に優れた小型(体積:約126cc)、軽量(質量:約142g)、スリムボディー(厚さ:約27mm)により、ハイビジョンムービーの利用 シーンを飛躍的に拡大する新スタイルムービーに仕上がっている。

スーパースリム&コンパクトボディーでありながら、1920×1080画素のフルハイビジョンムービー撮影が可能だ。ムービーフォーマットには、静止画と同じ1ファイル形式でパソコンやネット環境で使いやすい「MPEG-4 AVC/H.264」を採用。本フォーマットは、昨年発売された最新WindowsR OS「Windows 7」において標準でサポートされ、さらに利用環境が広がった。

ムービーファイルを静止画ファイルと同じようにサムネイル表示したり、Windows Media Playerによるダイレクト再生や、Windows Live ムービーメーカーを使用しての編集、デバイスステージへの対応などにより、パソコン上での取り扱いがより快適で便利になった。
液晶パネルを開いた、デュアルカメラ「Xacti」

■0.5秒でわかる!主な特長
・世界最小・最軽量・最薄ボディーの新スタイルムービー
・フルハイビジョンムービーがキレイに撮れて、手軽に利用可能
・シーンに応じて音声がクリアに記録できる「サウンドズーム」機能

「Xacti」製品情報
三洋電機

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
東芝が国内ブルーレイ市場へ!BD内蔵「VARDIA」を発表
目の付けどころがBIGLOBE!フォトポケがchumbyに対応
電源のない場所でOK!東芝、DVD付地上デジ液晶テレビ
見ためだけじゃない!パナ、高画質な液晶テレビを発表

SANYO デジタルムービーカメラ Xacti ザクティ DMX-CG11 ホワイト DMX-CG11(W)
三洋電機 (2009-09-11)
売り上げランキング: 430
おすすめ度の平均: 4.0
4 思い出作り
5 小型軽量で使いやすい
4 便利です
4 あえて640×480にすると、『60fps』動画が撮れる。
3 値段と重さを考えると、全体バランスで、満足

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ