ITライフハック

ファイナルファンタジー

「ファイナルファンタジー30周年×横浜」夢のコラボレーション企画を開催

無題

スクウェア・エニックスは、全世界累計1億3,000万本以上の出荷・ダウンロード販売を誇るRPGシリーズ「ファイナルファンタジー」(FF)誕生30周年を記念して、ファイナルファンタジー誕生の地※である横浜市とコラボレーションを実施中。

そのメインイベントとして、2017年6月10日(土)~11日(日)に、高さ140mにも及ぶヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの壁面を使用した、ファイナルファンタジーXIVプロジェクションマッピング映像作品「海洋都市ヨコハマ『龍神バハムート、襲来。』」の特別上映イベントを行った。

イベント当日は天候にも恵まれ、プロジェクションマッピングの上映を心待ちにする来場者がまだ日の高いうちから観覧エリアに集まり、上映前には満席に。

大きな歓声とともにプロジェクションマッピングがスタートすると、まるで建物が生きて動いているかのように見える大迫力の映像に、多くの来場者がカメラを向けたり、ただただ感動した様子で映像に見入ったりしていた。でぶチョコボが登場するコミカルな場面では笑い声が起こっていた。

龍神バハムートが登場し、炎で海洋都市ヨコハマを焼きつくそうとするシーンで盛り上がりは最高潮に。光の戦士たちが龍神バハムートを撃退し、ヨコハマを救って物語が完結すると、会場からは大きな拍手が沸き起こった。

2日間の開催で、小さなお子さんから年配の方までのべ10万人以上が観覧。来場者からは「すごい迫力だった!」「興奮した!」など、圧巻の映像美とストーリーに感激する声が聞かれた。

■実施概要
タイトル:海洋都市ヨコハマ「龍神バハムート、襲来。」
場所:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル (神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
日時:6月10日(土)?11日(日)
上映時刻:19:20?/19:50?/20:20?/20:50?/21:20?
上映時間:約12分間
WEBサイト:http://www.finalfantasy.jp/30th/yokohama
ストーリー:古の時代より交易で栄えた偉大なる海洋都市“ヨコハマ”を舞台に「ファイナルファンタジー」でお馴染みの召喚獣バハムートと光の戦士たちの激闘をかつてないスケールで描く。


スクウェア・エニックス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
賞金総額1,000万円!マンガコンテスト「comicoチャレンジGP 2017」開催
「LINEギフト」で、“肩たたき券”を贈ろう
世界ゲームコンテンツ市場規模発表。2016年は8兆9977億円に~「ファミ通ゲーム白書2017」発刊~
「オランジーナ フレンチスパークリング」新発売
夏期限定の黄色いモンスター日本上陸。「モンスター ロッシ」6月27日新発売






「ファイナルファンタジー」誕生30周年を記念して横浜市とコラボ

無題

スクウェア・エニックスは、全世界累計1億3,000万本以上の出荷・ダウンロード販売を誇るRPGシリーズ「ファイナルファンタジー」(FF)誕生30周年を記念して横浜市とコラボレーションすることを発表、そのメインイベントとして、ファイナルファンタジーXIVプロジェクションマッピング映像作品「海洋都市ヨコハマ『龍神バハムート、襲来』」を2017年6月10日(土)~11日(日)にヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルにて特別上映すると発表した。

「ファイナルファンタジー30周年×横浜」コラボレーション企画では、プロジェクションマッピング映像作品の特別上映をはじめ、横浜の名所や名産品が「ファイナルファンタジー」仕様になるなど様々な企画を展開する。

「ファイナルファンタジー」を生み出したスクウェアは、横浜市港北区日吉の地で発足した。また、スクウェアの初期作品を手がけたスタッフには神奈川県にある大学出身者も多く、「ファイナルファンタジー」と横浜はとても縁の深い関係にあるとのこと。また、海外との交流が盛んに行われてきた歴史を持つ海港都市横浜は、「ファイナルファンタジー」に多く登場する港町を強く想起させる。そんな横浜市と、記念すべき30周年を一緒に盛り上げたいという想いから、今回のコラボレーションをオファー。みなとみらい地区をはじめとする事業者と「ファイナルファンタジー30周年×横浜」実行委員会を立ち上げ、それを横浜市が支援する形で今回の企画が実現した。

■実施概要
タイトル:海洋都市ヨコハマ「龍神バハムート、襲来」
場所:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
日時:6月10日(土)?11日(日)
上映時刻:19:20~/19:50~/20:20~/20:50~/21:20~(天候等の都合により、変更になる可能性がある)
上映時間:約10分間
予告編:https://youtu.be/pMQ6G0KVsy4
Webサイト:http://www.finalfantasy.jp/30th/yokohama
観覧エリア:コスモワールド付近運河沿い、カップヌードルミュージアム付近運河・海沿い、汽車道等
※観覧エリアではサウンド付で楽しめる。


© 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ILLUSTRATION: c2017 YOSHITAKA AMANO

公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
女性の約半数が付き合う前にキスした経験アリ!?~コミックシーモア調査レポート~
NVIDIA、賞金総額60万円のeSportsトーナメント、「GeForce CUP: Overwatch powered by Level∞」を開催
ライフイズテック、「進撃の巨人」のキャラクターや世界観でデザインが学べる「創造兵団」を開催
羽田で偽家康騒動? はねだ江戸まつり2017~母上感謝祭~本日より開催中<PR>
「アイドルマスター シンデレラガールズ」とスニッカーズのコラボレーション企画の第3シーズンを開始





FINAL FANTASY XIIIの主人公「ライトニング」に菜々緒さんが挑戦

メイキング3

スクウェア・エニックスは、2017年2月より配信しているスマートフォン向けゲームアプリである「DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIA(ディシディア ファイナル ファンタジー オペラオムニア)」の新CM3篇を、2017年5月13日(土)より全国で順次放映開始する。

本CMでは女優の菜々緒さんがFINAL FANTASY XIIIの主人公「ライトニング」に扮して撮影を実施。オールスター参戦に中々選ばれないライトニングの葛藤や苦悩を、菜々緒さんが演じていて、それぞれで喜怒哀楽のライトニングが演出されているユニークなCMに仕上がっている。

■CMストーリー
今回のCMは、FINAL FANTASY XIIIの主人公「ライトニング」が、DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIAへ参戦するまでの苦節を表現した3篇の作品になっている。

主役のライトニングを演じたのは、多くのCMやドラマで活躍している女優の菜々緒さん。1篇目の「選ばれなかったライトニング 部屋篇」では、FINAL FANTASY歴代キャラクターのオールスターが参戦することを耳にした菜々緒さんが、自分が呼ばれていないことに気がついて苦情の電話をかけるところから始まる。

しかし、いくら電話口の担当者に理由を聞いても明確な答えは返ってこない。納得がいかず、とうとう堪忍袋の緒が切れた菜々緒さんが、間髪いれずにどんどん電話口の担当者を詰めるという緊迫感を演じる内容になっている。

2篇目の「選ばれなかったライトニング ジム篇」では、参戦を視野にスポーツジムでトレーニングしている菜々緒さんの横で、先に参戦が決定したことを菜々緒さんに伝えたのは、FINAL FANTASY VIIのヴィンセント。ニヤニヤと菜々緒さんを挑発した結果、納得のいかない菜々緒さんが、ヴィンセントに対してずっと文句を言い続ける。最後はヴィンセントに詰め寄るシーンも。結局、ここでもまだライトニングの参戦は決まらない。

3篇目の「選ばれなかったライトニング 会議篇」で、ようやく参戦が決まったことをゲームの担当者から伝えられる菜々緒さん。しかし、突き付けられた条件に対してまたも納得がいかず、怒った菜々緒さんは担当者へ詰め寄ることに。結局、何一つ納得できないまま参戦が進んでしまったことに対して、ライトニングの気持ちを存分に込めた菜々緒さんの熱い演技が、全面に表現された内容となっている。


main

main


スクウェア・エニックス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
会社員1,000人に聞く 2017年夏のボーナス調査(マクロミル調べ)
料理をするときに参考にしているものの上位は「レシピ検索アプリ、レシピアプリ、レシピ検索(ブラウザ)」
劇場版「ポケットモンスター」18作品をU-NEXTにて見放題一挙配信
語学ソフト「ロゼッタストーン」が30万本限定で4,980円に!AI翻訳機まで語られた、ソースネクスト発表会レポート
超会議2017来場記念!ニコニコ住民票、6枚目を作ってきました!






GALLERIA「ファイナルファンタジーXIV」推奨パソコンに「KabyLake」搭載モデルを追加

42181_jnSdVSCRXn

サードウェーブデジノスは、現在販売中のGALLERIA「ファイナルファンタジーXIV」推奨モデルに、最新のインテル 第7世代 Coreプロセッサー「KabyLake」を搭載したノートパソコン 3モデルと、デスクトップパソコン 1モデルを追加した。

発売された製品は以下の通り。

■GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GKF1060GF
・CPU: インテル Core i7-7700HQ プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格2.80GHz, TB時最大3.80GHz, L3キャッシュ6MB)
・チップセット: モバイル インテル HM175 チップセット搭載
・メインメモリ: 8GB DDR4 SO-DIMM(PC4-19200, 4GB×2, デュアルチャネル)
・ディスプレイ: 15.6インチ 非光沢液晶(1920×1080ドット表示)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
・ハードディスク: 1TB HDD
・SSD: 250GB SSD
・LAN: IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 無線LAN, ギガビット有線LAN
・Bluetooth: Bluetooth 4.2
・バッテリー: リチウムイオンバッテリー(約2.7時間)
・サイズ: 390(幅)×277(奥行き)×28.8(高さ) mm
・重量: 約 2.35kg (バッテリー含む)
・OS: Windows 10 Home インストール済み
価格:16万9,980円(税別)

■GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GKF1060NF
・CPU: インテル Core i7-7700HQ プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格2.80GHz, TB時最大3.80GHz, L3キャッシュ6MB)
・チップセット: モバイル インテル HM175 チップセット搭載
・メインメモリ: 8GB DDR4 SO-DIMM(PC4-19200, 4GB×2, デュアルチャネル)
・ディスプレイ: 17.3インチ 非光沢液晶(1920×1080ドット表示)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
・ハードディスク: 1TB HDD
・SSD: 250GB SSD
・LAN: IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 無線LAN, ギガビット有線LAN
・Bluetooth: Bluetooth 4.2
・バッテリー: リチウムイオンバッテリー
・サイズ: 400(幅)×280(奥行き)×30(高さ) mm
・重量: 約 3.00kg (バッテリー含む)
・OS: Windows 10 Home インストール済み
価格:16万9,980円(税別)

■GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GKF1070NF
・CPU: インテル Core i7-7700HQ プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格2.80GHz, TB時最大3.80GHz, L3キャッシュ6MB)
・チップセット: モバイル インテル HM175 チップセット搭載
・メインメモリ: 8GB DDR4 SO-DIMM(PC4-19200, 4GB×2, デュアルチャネル)
・ディスプレイ: 17.3インチ 非光沢液晶(1920×1080ドット表示)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB
・ハードディスク: 1TB HDD
・SSD: 250GB SSD
・LAN: IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 無線LAN, ギガビット有線LAN
・Bluetooth: Bluetooth 4.2
・バッテリー: リチウムイオンバッテリー(約3.9時間)
・サイズ: 428(幅)×294(奥行き)×48(高さ) mm
・重量: 約 3.70kg (バッテリー含む)
・OS: Windows 10 Home インストール済み
価格:23万9,980円(税別)

■GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン ZG
・CPU: インテル Core i7-7700K プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格 4.20GHz, TB時最大 4.50GHz, L3キャッシュ8MB)
・マザーボード: インテル Z270 チップセット搭載 ATXマザーボード
・メモリ: 16GB PC4-19200 (DDR4 SDRAM, 8GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1080 8GB
・ハードディスク: 3TB HDD
・SSD: 500GB SSD
・LAN: 1000BASE-T LAN
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・ケース: オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック(ATX)
・電源: Enhance 800W 電源(80 PLUS GOLD)
・OS: Windows 10 Home インストール済み
価格:21万9,980円(税別)


42181_ABfaqgHVEP


GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GKF1060GF
GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GKF1060NF
GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GKF1070NF
GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン ZG

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
日本エイサー、ゲーム初心者にも持ち運べるゲーミングPCとしても最適な15.6型ゲーミングノートPCを発売
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 1080Ti搭載ゲーミングPCを発売
ロジクール、レーザーが出なくワンタッチのズーム機能を持つ「ロジクール Spotlight」を発売
深夜じゃないぞ!ドスパラ、最新グラフィックカード「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」を早朝販売
LIVA(Windows10)にHDMIケーブルと無線マウス/キーボードを同梱したセットモデルを発売







生誕30周年を記念して「モンスターストライク」と「ファイナルファンタジー」がコラボ

ff_monst_KV

ミクシィのXFLAG スタジオは、スマホアプリの「モンスターストライク」において、スクウェア・エニックスが提供する人気ゲームシリーズ「ファイナルファンタジー」生誕30周年を記念したコラボレーションを、近日中に開催することを決定した。

今回モンストがコラボする「ファイナルファンタジー」シリーズは、1987年の第1作発売以来、最先端の映像技術と独特の世界観、豊かなストーリー性で、世界中から高い評価を得ている日本発のロールプレイングゲーム。

本コラボを記念して、「ファイナルファンタジー」シリーズのキャラクターデザインを手がける天野喜孝氏に、「円卓の騎士王アーサー」をはじめ、モンストの人気キャラクターを特別に描き下ろした。

天野氏による描き下ろしはコラボ特設サイトで見られるほか、コラボ期間中はモンストの起動画面が描き下ろしイラストに変わるなど、モンストに触れるたびに天野氏のイラストを楽しめるようになっている。

なお、本コラボの詳細は、「闘会議2017」内の「XFLAG BATTLE KINGDOM」ブースで実施する「モンストニュース」(2017年2月11日12時~予定)にて公開される。さらに、天野氏が「モンストニュース」にゲスト出演し、番組放送中にLIVEペイントを実施する。

コラボ特設サイト
ニコニコ生放送 チャンネル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「闘会議GP2017」会場にて「レインボーシックス シージ」「オーバーウォッチ」の国内最強決定戦を開催
旅人・石塚英彦が銘酒を巡る新シリーズAmazonオリジナル「石ちゃんのSAKE旅」がスタート
マピオン季節特集で「梅まつり 梅の名所特集2017」を公開
崩壊学園の最新作「崩壊3rd」広告イメージキャラクターオーディション開催
ソニー・エクスプローラサイエンスで光の原理を学びながら「虹色きらきらスコープ」を作ろう





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ