ITライフハック

ファイル

Dropbox、「タイムコード付きコメント機能」を追加。動画や音声等といったクリエイティブのレビューを効率化

01_TimeBasedComments_1300x760-ja

Dropbox Japanは、動画や音声のファイルレビュー作業を大幅に効率化する「タイムコード付きコメント機能」を強化したことを発表した。

■グループウェア的に使える「タイムコード付きコメント機能」
広告制作やブランディングの仕事にかかわるクリエイティブチームが 1 つの作品を完成させるまでには、確認作業のために何度もメディアファイルをやり取りし、フィードバックを収集するという作業が伴う。

この作業にはメールを使うのが一般的だが、その手間を考えると、決して理想的な手段とは言えないだろう。たとえば添付ファイルのサイズに上限がある、誤って古い版のファイルにコメントしてしまう、コメントと作業内容の紐付けが難しい、などの問題があり、プロセス全体が滞ってしまう可能性があるからだ。

特に、広告や映像、ポッドキャストなどの制作物で扱う動画や音声のファイルには時間情報が含まれているので、コメントの扱いがさらに難しくなる。そこで Dropboxが新たにに追加したのが、「タイムコード付きコメント機能」だ。

「タイムコード付きコメント機能」を使用すれば、膨大なメールに埋もれがちだったメンバーからのフィードバックを、 Dropbox 上の動画や音声ファイルに直接残すことができる。つまり、共有した動画/音声ファイルの特定箇所にコメントを付けることができるのだ。このため、「音声トラックの 1 分あたりにノイズがある」とコメントする代わりに、タイムコード 0:51 のところに直接「このノイズを削除」といったコメントを付けられるようになる。

具体的な機能は次のとおりです。

●フィードバックの対象を明確化:
コメントにタイムスタンプを追加することで、受け取ったユーザーは、指摘された正確な時間にジャンプできる。

●再生機能を強化:
再生速度の調整、 1080p 動画のスクラブ プレビュー(サムネイル付き)、波形付きの音声プレビューなどの機能を備えている。

●幅広いファイル形式をサポート:
QuickTime、 MPEG-4、 MXF、 MP3、 WAV など、 30 種類以上の動画/音声ファイル形式のプレビューとコメント付けに対応している。

●数ギガバイトの大容量ファイルを共有:
サイズの大小にかかわらずさまざまなファイルを共有して、メンバーやクライアントからのフィードバックを求めることができる。添付ファイルのサイズの制限に合わせてファイルを圧縮する必要はない。

●迅速な承認プロセス:
「@メンション機能」を使ってチーム メンバーやクライアント、ベンダーにコメントを通知できるので、対応待ちでプロジェクトが停滞することはない。

「タイムコード付きコメント機能」は、 dropbox.com および iOS 版 Dropbox アプリで利用可能だ。また、 Android 版は近日リリース予定とのことだ。

02_TimeBasedComments_1300x760-ja


「タイムコード付きコメント機能」について

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
和の食材と洋菓子のアイデアを融合した「ホワイトデー スイーツ コレクション 2019」
いよいよ今週末に開催!「闘会議2019」見どころ満載の各ブース情報
1月24日は牛肉の日!吉野家では牛丼並のアタマが120%増し!
ポケモンラインナップは151種類!Original Stitchからオリジナルプリント生地使用の「ポケモンシャツ」
スパイダーマンのリアルな振動、衝撃が体験できる新感覚ムービーアトラクションが渋谷に登場



Dropbox Perfect GuideBook
大重 美幸
ソーテック社
2017-07-01



みんなにあげたかった!「プリキュア」をアップロードした男を逮捕

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は2010年10月28日、千葉県警生活経済課サイバー犯罪対策室と千葉東署が、ファイル共有ソフト「Share」を通じてテレビ放送されたアニメーションを権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた愛知県愛西市の無職男性(37歳)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで10月27日に逮捕し、翌日(28日)に千葉地検に送致したことを、明らかにした。

続きを読む

Winnyサイトを覗けるブラウザ「Nyzilla」が登場

Winnyサイトブラウザ「Nyzilla」のページ


ファイル共有・交換ソフト「Winny」の利用者たちが、何を公開しているのかを覗けるブラウザ「Nyzilla」が公開された。

Nyzillaは、Winnyのサイトを閲覧するブラウザ。ファイル共有・交換ソフトではないので、ファイルのアップロード機能はなく、ダウンロード機能もない。

WebブラウザやFTPソフトと同じように、1つのサイトとだけ接続して、そのサイトがどんなファイルを公開しているかを閲覧することができる。

Winnyサイトブラウザ「Nyzilla」

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
タッチ液晶付で9万円台!Windows 7を楽しめるパパPC
編集長も感激! 写真・動画の整理が快適に
ドスパラ、ニコニコ動画とコラボしたノートPCを発売
フェラーリ公認ノートPCがタダでもらえるチャンス!

Winnyの技術
Winnyの技術
posted with amazlet at 09.12.28
金子 勇
アスキー
売り上げランキング: 39367
おすすめ度の平均: 5.0
4 優れた開発者の頭の中をのぞけた気がします
5 研究機関でWinnyを使わないという誓約書を出させた組織があるそうです。
5 P2Pソフトウェアの「技術解説書」としておすすめできる良書
4 P2Pソフトウェアの設計・開発ノウハウ
4 Winnyの正しい理解か

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ