ITライフハック

ファッション

ソニー、ロボット・プログラミング学習キット「KOOV」(クーブ)を活用したユニークな「“ファッション×プログラミング”」コンテストを開催

01

ソニーは、渋谷モディ1階にあるソニーの情報発信拠点、ソニースクエア渋谷プロジェクト(Sony Square Shibuya Project)にて、ファッション業界を志す未来のクリエイターが、ソニーのロボット・プログラミング学習キット「KOOV」(クーブ)を使って表現の場を広げ、テクノロジーを融合させたファッションアイテムを制作するコンテストを2019年7月6日(土)に開催した。

今回は、未来のファッションデザイナーがプログラミングという新たな表現方法を学習し、ファッションの新しい手法として取り入れ、世界で活躍するデザイナーに自身の作品を評価してもらうことで、若手デザイナーが自己成長するきっかけを創ることを目的としたコンテストだ。

■ファッション性と機能性を兼ね備えたオリジナリティあふれる作品が登場
コンテストに参加したバンタンデザイン研究所の学生たちは「KOOV」の使い方を学び、約2か月間の制作期間を経て、当日完成したアイテムを持ち込み披露した。そして、5チームがそれぞれのアイテムをゲスト審査員にむけて発表。ゲスト審査員には、ファッションブランド「ANREALAGE(アンリアレイジ)」のデザイナーである森永邦彦氏が参加した。

また、 KOOVの開発・発売元であるソニー・グローバルエデュケーションで開発に携わった礒津政明氏、KOOVのクリエイティブディレクターとしてプロダクトデザインに携わったソニー クリエイティブセンター シニアアートディレクター 奥村光男氏の3人でファッションとテクノロジー両観点から審査を行った。


森永邦彦氏

■斬新でユニークな様々な作品が登場
学生たちはチームごとにプレゼンテーションを実施。温暖化が進んだ近未来の子供のために、仮想汚染物を検知し、発光して警告するシューズや、子供の交通安全を守るために交通標識をイメージし、上に向けると青に光るステッキを搭載した衣装など、様々な作品を発表した。個性あふれる作品たちは、インタラクティブなデザインに加え、それぞれが掲げた課題を解決する機能を搭載していた。そして、各チームが定めた子供や若者といった、ターゲットが楽しめるファッション性に実用性をかけあわせ、新たなファッションの可能性を生み出した作品が揃った。

■優勝作品は雨に反応して光り音が鳴る「憂鬱な雨の気分を盛り上げる傘」
優勝作品は傘にKOOVを取り付けている作品で、コンセプトは雨の日の憂鬱な気分を晴らすことのできる空間づくり。搭載されたLEDパーツが一定のリズムで発光し、雨が傘に当たって振動を検知すると、ブザーパーツが音を奏でることもできる。これにより、傘の中を自分だけのための特別な空間にすることが可能だ。


憂鬱な雨の気分を盛り上げる傘


奥村氏は「傘の中というパーソナルな空間に、ライブハウスのような空間を設けられるというアイディアがすごい」と話し、森永氏は「傘本来の機能に加えて、新しい別の機能を付与できたことがすばらしい。傘の中で自分だけの空間を楽しめるというのが面白い」と評価した。

また学生たちは、「今後は、ファッションに自分自身の感情を遷移させて、外に表現できるようなこともできると面白い」と語り、未来を見据えたアイディアに審査員たちは魅せられていた。学生は「どうやって作るか悩んだが、とても嬉しいです。普段は一人で作ることが多いので、共同制作できたことも楽しかったです。」と喜びを表現した。

最後に礒津氏は「どのチームも甲乙つけがたかったですね。プログラミングとは世の中のものを創り出し、言語化できるものですが、今回はファッションと掛け合わせたことで言語化できない部分の表現をすることができました。今後の商品開発への学びがありました」、奥村氏は「どのチームもインパクトがあって、すばらしかったです。 KOOVは、主に子供向けのロボット・プログラミング学習キットですが、今回ファッションの専門学生がこんなにもKOOVを使って遊んでくれたことで、 KOOVのこれからの可能性をますます感じました」とファッションを掛け合わせたことで感じた可能性について話した。

森永氏は「ファッションとテクノロジーを掛け合わせることで、新しい機能が生まれ、デザインが生まれ、ライフスタイルが生まれます。そして、今の日本でしか創れないものがきっとあるはずです。未来のクリエイターたちには、ファッションだけではできない、何かを融合させることで可能にする新しいファッション領域を目指してほしいです」と締めくくった。

なお、優勝作品は7月中旬から8月末までソニースクエア渋谷プロジェクト内で展示される予定だ。

06


05


04



当日発表された作品群



ソニースクエア渋谷プロジェクト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ロバート秋山竜次さん扮する新キャラ“聖火リレーのおっちゃん”が聖火リレーの楽しみ方を熱く語る!
森永「ピノ」と様々な食材を組み合わせ未知のうま過ぎ「ピノ」を探す「CRAZYpino STUDIO」が期間限定でオープン
「プラレール」60周年×鉄道博物館で夏休み特別企画「プラレール博物館~昭和・平成そして令和へ プラレールの歴史~」を開催
待望の夏恒例企画が今年もやってきた!ニコ生で「アニメ水着回セレクション一挙放送
コメダ珈琲店が47都道府県出店記念で「宝くじ付き全国出店記念コーヒーチケット」を数量限定で販売




ルイ・ヴイトン「SERIES 1 - THAT WAS THEN, THIS IS NOW」~後編~

ルイ・ヴイトン「SERIES 1 - THAT WAS THEN, THIS IS NOW」~前編~』で紹介したように、2014年9月8日(月)~ 9月28日(日)まで、「SERIES 1 - THAT WAS THEN, THIS IS NOW」がルイ・ヴィトン 新宿店にて期間限定で開催される。「Series 1」は、ニコラ・ジェスキエール氏によるルイ・ヴィトン初のコレクションである2014-15年秋冬コレクションと、その背後にあるクリエイティブ・プロセスを振り返る。ルイ・ヴィトン新宿店の店舗全体が期間中、「Series 1」のプレゼンテーションのための空間となる。

前編では、紹介し切れなかった2階のフロアを紹介しよう。

続きを読む

ルイ・ヴイトン「SERIES 1 - THAT WAS THEN, THIS IS NOW」~前編~

2014年9月8日(月)~ 9月28日(日)まで、「SERIES 1 - THAT WAS THEN, THIS IS NOW」というイベントがルイ・ヴィトン 新宿店にて開催中だ。「Series 1」は、ニコラ・ジェスキエール氏によるルイ・ヴィトン初のコレクションである2014-15年秋冬コレクションと、その背後にあるクリエイティブ・プロセスを振り返るという内容。ルイ・ヴィトン新宿店の店舗全体が期間中、「Series 1」のプレゼンテーションのための空間となる。

イベントのオープニングに先駆けて、プレス限定で事前内覧会があったので、その模様をお届けしよう。

続きを読む

忙しいIT戦士にもってこい!オシャレを磨ける『メンズファッションプラス』の魅力

※写真の人物は、サイトを運営している会社の代表取締役ご本人です。


IT系企業に勤めているからといって、皆がビットバレー(渋谷)の住人というわけではない。小ざっぱりしたスーツを着こなしたり、カジュアルなスタイルで、渋谷や六本木のクラブでDJのパフォーマンスを楽しんだりといった“イカにも”な人たちに対して、見るからにPCヲタ、IT戦士といった人々のほうが実際は、大半を占めていたりするのが実情だ。

何を隠そう筆者の周囲の人間を見回すと、小洒落たカジュアルファッションに身を包む人よりは、某安価なファッション系チェーン店で、よく考えずに買ってきたようなシャツとジーンズを身にまとい、鳥の巣みたいな頭で仕事している連中のほうが圧倒的に多い。

続きを読む

SB ファッション業界へ進出か!孫正義氏"世界最大の市場で夢を"

中国は、近年目覚ましい経済成長を続けており、所得の向上などにより世界有数の消費市場として拡大をしている。このような背景の中、ソフトバンクが新たな展開を開始した。

ソフトバンクは、スタートトゥデイと中国香港に「スタートトゥデイホンコン(仮称)」を設立し、その100%子会社として中国にファッションECサイトを展開する「スタートトゥデイシャンハイ(仮称)」(中国子会社)を設立し、中国国内においてファッションEC事業を行うことが明らかとなった。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ