ITライフハック

ファミ通

すべてのゲームファンに向けた音楽企画“ファミ通コンサート”初回公演を8月12日に開催

main

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、ゲーム音楽のコンサート企画“ファミ通コンサート”を立ち上げ、 2018年8月12日(日)にドット絵RPGをテーマにした第1弾公演「ファミ通コンサート 音楽で巡る“ドット絵RPG”の遺伝子」を開催する。また、 6月30日(土)10時よりチケットの一般販売を開始する。

■ゲームを愛する演奏家達によるゲームファンに向けたコンサート
“ファミ通コンサート”は、ゲーム総合情報メディア「ファミ通」が企画する、ゲームを愛する演奏家達による、ゲームファンに向けたゲーム音楽コンサート。ゲーム業界に長年携わってきた「ファミ通」ならではの視点を盛り込み、毎回異なるテーマで、ゲームメーカーの垣根を超えた選りすぐりの楽曲を演奏する。また、クリエイターや豪華ゲストを招き、演奏タイトルの制作秘話や当時の思い出を語るトークコーナーなど、ファン向けの趣向を凝らした企画も予定している。

“ファミ通コンサート”に携わるメンバーは、全員ゲームファンで構成されている。音楽監督は、ゲーム楽曲の作曲・編曲家である深澤恵梨香氏。また、指揮者には、数々のゲーム音楽コンサートで指揮を務める竹本泰蔵氏が参加している。演奏を担当するのは、ゲーム好きなプロ演奏者で特別編成されるオーケストラ“ファミ通コンサート楽団”。ゲームファン目線で作り上げ、参加した方が心ゆくまで楽しめる演奏をお届けする。

初回公演として、 8月12日(日)にドット絵RPGをテーマした「ファミ通コンサート 音楽で巡る“ドット絵RPG”の遺伝子」を、東京オペラシティにて昼夜2部制で開催する。昔遊んだ名作RPGの記憶を蘇らせること、そして若い世代に伝えることをコンセプトとした公演だ。「ファンタシースターII 還らざる時の終わりに」、「シャイニング&ザ・ダクネス」、「幻想水滸伝」、「真・女神転生」など、ドット絵RPGの進化や系譜を感じられるような、様々なタイトルから名曲が集まった。さらに、「天外魔境」シリーズなど、これまでオーケストラでは演奏されたことのないような貴重な楽曲も多数登場予定。ゲーム音楽ファン必聴の、懐かしくも新しいプレミアムなコンサートが実現した。

チケットの一般販売は、6月30日(土)10時から各チケット販売サイトにて行う。

■開催概要
名称: ファミ通コンサート 音楽で巡る“ドット絵RPG”の遺伝子
開催日: 8月12日(日)
公演時間: 昼公演 14時開演/夜公演 18時開演
会場: 東京オペラシティ コンサートホール(東京都新宿区西新宿3-20-2)
料金: S席 9800円[税込]/A席 8500円[税込]/学生席 1000円[税込] 
    全席指定 ※未就学児童入場不可
主催: ファミ通コンサート実行委員会
企画: 週刊ファミ通編集部
音楽監督: 深澤恵梨香
指揮: 竹本泰蔵
演奏: ファミ通コンサート楽団
演奏タイトル
・「ファンタシースターII 還らざる時の終わりに」 セガゲームス
・「シャイニング&ザ・ダクネス」 セガゲームス
・「幻想水滸伝」 KONAMI
・「真・女神転生」 アトラス
・「天外魔境 風雲カブキ伝」 KONAMI/レッド・エンタテインメント
など多数。演奏楽曲は随時公開予定。


チケット販売サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
見つける、集める、取り憑ける。妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」が登場
今夏に体験したいアウトドアレジャーは? 流行の「グランピング」も調査!(マクロミル)
「キングダム ハーツIII」発売日決定記念で「IIIに繋がる物語たち」スペシャルボードが新宿に登場
必須アミノ酸をすべて含む栄養満点のモリンガ!日清食品「奇跡のモリンガ青汁」 試飲・発表会レポート
ZIGがVTuber事業を開始2019年9月までに100名のVTuberのデビュー・プロデュースを予定



「ファミ通アワード2017」受賞作品発表!ゲーム・オブ・ザ・イヤーは「ゼルダ」と「ドラクエXI」

01

ファミ通は、ゲームファンの投票により2017年のベストゲームを選ぶ「ファミ通アワード2017」を開催し、2018年4月27日に発表・授賞式を行った。

「ファミ通アワード」は、ユーザーから厚く支持され、かつゲーム業界の発展に多大な貢献をしたと認められる優れたゲーム・人物・ゲームメーカー等を、ファミ通グループ各媒体の読者投票によって選ぶ賞で、2006年より毎年開催し、今回で第13回となる。

投票の結果、「ファミ通アワード2017」の“ゲーム・オブ・ザ・イヤー”は、得票数が僅差であり、どちらも歴史に残る素晴らしい作品であったことから、2タイトルが選出された。

まずは、“当たり前を見直す”というキーワードのもと、これまでのシリーズからすべてが一新された、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(任天堂)。オープンワールドの常識を覆す探索の楽しさに満ち溢れ、世界中のゲームファンを魅了したことが受賞理由としてあげられた。

もう1タイトルは、作品ごとに社会現象を巻き起こしてきた国民的RPG「ドラゴンクエスト」の最新作、「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(スクウェア・エニックス)。プレイステーション4とニンテンドー3DSの2機種で同時発売された本作品は、それぞれのハードの特性を活かした表現やゲームシステムで多くのプレイヤーを驚かせた。

読者投票のほか、ファミ通では、全国の5歳~69歳の男女およそ1万人を対象とした大規模ユーザーリサーチシステム「eb-i」(運営:Gzブレイン)において、インターネット調査を実施。2017 年年間において延べプレイ時間が1位となったアプリを、ユーザーから最も愛されたゲームアプリとして表彰する“フェイバリットアプリ賞”には、根強い人気を集める「LINE:ディズニー ツムツム」(LINE)が、前年から2年連続で選出された。

そのほか各部門の受賞結果は、以下の通り。

■ゲーム・オブ・ザ・イヤー
2017年に日本国内で発売または配信されたゲームと、2017年の時点でサービス中のゲームの中から、もっとも優れていて印象に残った作品に贈られる賞で、“優秀賞”にノミネートされた作品より選出

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」/任天堂
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」/スクウェア・エニックス

■優秀賞
ゲームの世界観や斬新さ、奥深さ、ゲームファンを惹きつける魅力など、総合的に優れた作品に贈られる賞

「スーパーマリオ オデッセイ」/任天堂
「スプラトゥーン2」/任天堂
「Xenoblade2(ゼノブレイド2)」/任天堂
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」/任天堂
「大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-」/カプコン
「どうぶつの森 ポケットキャンプ」/任天堂
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」/スクウェア・エニックス
「NieR:Automata (ニーア オートマタ)」/スクウェア・エニックス
「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」/スパイク・チュンソフト
「バイオハザード7 レジデント イービル」/カプコン
「Fate/Grand Order」/FGO PROJECT
「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」/PUBG Corporation
「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」/ポケモン
「モンスターストライク」/ミクシィ

■ルーキー賞
新規タイトルの中で特に優れた作品に贈られる賞

「仁王」/コーエーテクモゲームス
「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」/PUBG Corporation
「Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロ・ドーン)」/ソニー・インタラクティブエンタテインメント

■フェイバリットアプリ賞
年間でもっともユーザーに愛されたゲームアプリに贈られる賞

「LINE:ディズニー ツムツム」/LINE

■特別賞
革新的なアプローチでゲーム業界に新たな潮流をもたらした作品、技術、商品に贈られる賞

「UNDERTALE(アンダーテイル)」/ハチノヨン
「Nintendo Switch」/任天堂

■最優秀キャラクター賞
もっとも印象に残った、お気に入りのゲームキャラクターに贈られる賞

リンク(「ゼルダの伝説」シリーズ)

■最優秀ゲームメーカー賞
もっとも活躍したゲームメーカーや開発会社に贈られる賞

スクウェア・エニックス

■MVP
ゲーム業界においてもっとも活躍し、影響を与え、輝いていた人物に贈られる賞

堀井雄二氏


Gzブレイン カスタマーサポート

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
VR ZONE SHINJUKUで「ドラゴンクエストVR」オープニングイベントを開催
ソニー・エクスプローラサイエンスで「第3回 わぉ!な生きものフォトコンテスト」写真展を開催
「LINE:ディズニー ツムツム」で緊急発表!?4月24日にLINE LIVEで生配信決定!
東京メトロ×「BOSS」“勤続25年”の元銀座線車両がつなぐ熊本電鉄&東京メトロ社員の同期会
サードウェーブ、2週間で3万円の「Unreal Engine 4」で覚える「モバイルVR/ARコース」を開講






「ファミ通アワード2017」でゲーム・オブ・ザ・イヤーのノミネート作品が決定

01

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、ゲームファンの投票により2017年のベストゲームを選ぶ「ファミ通アワード2017」における、2017年を代表する“優秀賞”14タイトルを決定した。

ゲームファンにもっとも支持された“ゲーム・オブ・ザ・イヤー”は、これら“優秀賞”の中から選出し、2018年4月27日(金)に東京都内で実施する発表・授賞式にて発表する。さらに、発表・授賞式当日の一般観覧者と、受賞者に花束を手渡す読者プレゼンターを募集する。

「ファミ通アワード」は、ユーザーから厚く支持され、かつゲーム業界の発展に多大な貢献をしたと認められる優れたゲーム・人物・ゲームメーカー等を、ファミ通グループ各媒体の読者投票によって選ぶ賞で、2006年より開催し、今年で第13回となる。

今回は先んじて、“ゲーム・オブ・ザ・イヤー”のノミネート作品ともなる“優秀賞”14タイトルを決定。発表・授賞式当日に、“ゲーム・オブ・ザ・イヤー”を発表します。そのほか、“ルーキー賞”、“キャラクター賞”、“メーカー賞”、“MVP”、“フェイバリットアプリ賞”、“特別賞”の発表も実施する。

また、「ファミ通アワード2017」では、ゲームファンが選んだ2017年を象徴するゲームを表彰する祭典に、ゲームファン自身が参加できるよう、「ファミ通アワード」初となる、発表・授賞式の一般観覧者を募集する。当日は、ゲーム業界を代表するトップクリエイターと同じ空間で受賞の瞬間を見届け、喜びを分かち合うことができる。さらに、一般観覧者の中から、各賞の受賞者へ壇上で花束を渡す読者プレゼンターを選任。憧れのゲームクリエイターへ、直接お祝いの言葉を伝えられる機会となっている。

■「ファミ通アワード2017」“優秀賞”作品一覧
◆スーパーマリオ オデッセイ/任天堂株式会社
◆スプラトゥーン2/任天堂株式会社
◆Xenoblade2(ゼノブレイド2)/任天堂株式会社
◆ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド/任天堂株式会社
◆大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-/株式会社カプコン
◆どうぶつの森 ポケットキャンプ/任天堂株式会社
◆ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて/株式会社スクウェア・エニックス
◆NieR:Automata(ニーア オートマタ)/株式会社スクウェア・エニックス
◆ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期/株式会社スパイク・チュンソフト
◆バイオハザード7 レジデント イービル/株式会社カプコン
◆Fate/Grand Order/FGO PROJECT
◆PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS/PUBG Corporation
◆ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン/株式会社ポケモン
◆モンスターストライク/株式会社ミクシィ
計14タイトル ※五十音順

■「ファミ通アワード2017」発表・授賞式
日時: 2018年4月27日(金) 17時開場 17時30分開始予定
場所: 都内会場にて
観覧・読者プレゼンター応募サイト: http://famitsu.jp/c/6/fa2017
応募締切: 2018年3月31日(土)23時59分まで
※開場・開始時間は変更となる場合があります。


Gzブレイン カスタマーサポート

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
Future Tech HubとWOWOWのタイアップによる初のハッカソンイベント開催
自力で生き抜くために。あなたができることは? 防災・減災啓発ショートムービーを公開
吉本興業のeスポーツ事業「よしもとゲーミング」始動
Amazon「ホワイトデー特集2018」で“これを買っておけば間違いない”ギフトランキングを発表
地図・ナビゲーションサービス「ゼンリンいつもNAVI[マルチ]」で「お花見特集2018」の提供を開始






「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」、発売から4日間で36.9万台を販売。ファミ通調べ

177662460a0e4a3dab2a13d17f5b60ed

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、任天堂が2017年10月5日に発売した、家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の国内推定販売台数を速報としてまとめた。

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の発売から4日間(初週)の販売台数は36.9万台となったとのこと。本ゲーム機は、1990年に発売した人気家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」を小型化し、未発売ソフトを含む21タイトルを収録して復刻したもので、2016年11月に発売された「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」に続き、大きな注目を集めた。今後も、クリスマスや年末商戦に向け、さらなる販売台数の伸びが期待される。

Gzブレイン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
PlayStation VRの最新ラインナップ紹介トレーラーを公開「アトリエ20周年フェスティバル」開催。花守ゆみりさん&日岡なつみさんのゲスト出演決定
手塚治虫の名作アニメと、夢のコラボレーションが実現。「LINE POPショコラ」に「鉄腕アトム」登場
週刊モーニングで連載中の「終電ちゃん」と「駅メモ!」がコラボ
「アトリエオンライン~ ブレセイルの錬金術士~」主要キャラクターの紹介とキャストを発表





世界ゲームコンテンツ市場規模発表。2016年は8兆9977億円に~「ファミ通ゲーム白書2017」発刊~

d7006-3343-479167-3

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、「ファミ通ゲーム白書2017」を2017年6月8日に発刊する。

本書は、国内をはじめ、北米・欧州・アジア・中東・南米を含む海外主要地域別のゲーム市場や、ユーザーマーケティング調査など、豊富な最新データや大規模アンケート結果をもとに、国内外ゲーム・エンターテイメント市場の最新動向をさまざまな角度から分析したデータ年鑑となっている。

「ファミ通ゲーム白書2017」では、 2016年の世界ゲームコンテンツ市場について、 8兆9977億円と推定。この市場規模は、家庭用及びPC向けパッケージゲーム市場の1兆1531億円と、デジタル配信ゲーム市場(モバイルゲーム、 PC配信ゲーム、家庭用ゲームデジタル配信)の7兆8445億円を合算したもの。

パッケージゲーム市場は微減したものの、モバイルゲームを中心にゲーム内課金の収益が増加したこと、また、家庭用ゲームデジタル配信が欧米を中心に増えたことから、デジタル配信ゲーム市場は前年より10%以上拡大し、市場全体が伸長する結果となった。

■成長が続く国内ゲーム市場。 2016年は過去最高の1兆3801億円に。

2016年の国内家庭用ゲーム市場規模は、ハード・ソフト(オンライン含む)合計で3440億円となりました。一方、オンラインプラットフォーム市場は1兆361億円に達し、国内ゲーム市場全体の約75%を占めている。国内のゲーム市場は伸長し続け、 2016年は過去最高の1兆3801億円となった。

d7006-3343-110942-0


■「ポケモンGO」が大きな話題。 2016年の国内ゲームアプリ市場規模は9690億円に。

「ポケモンGO」が大きな話題となった2016年の国内ゲームアプリ市場規模は、前年比4.4%増の9690億円となった。

d7006-3343-339607-1


■2016年の国内ゲームユーザーは4446万人。約半数が、アプリゲームのみをプレイ。

本書では、弊社が運営する国内26万人規模のエンターテイメント分野ユーザーリサーチシステム「eb-i」を用いて、ゲームユーザーの実態を調査している。その1つとして、国内のメインゲーム環境別ゲームユーザー数を算出し、その分布状況を推計した。

2016年のゲーム人口は4446万人。そのうち、アプリゲームのみをプレイするユーザーは、前年より190万人増え、国内ゲーム人口全体の半数に迫る、 2024万人となっている。今後も、同ユーザーの動向がゲーム人口全体に大きな影響を与えると考えられる。

d7006-3343-417663-2


「ファミ通ゲーム白書2017」では、 Nintendo Switchの登場によって新たな局面を迎えた家庭用ゲーム市場と、「ポケモンGO」の大ヒットで激変したゲームアプリ市場を中心に、さまざまな角度から国内外のゲーム市場を分析。多方面で普及が始まったVRや、世界的な盛り上がりをみせるeスポーツなど、未来のマーケットを見通す業界の最新事情を網羅している。

■「ファミ通ゲーム白書2017」概要◇
書名:ファミ通ゲーム白書2017
編集:カドカワ マーケティングセクション
編集長:藤池隆司
発売日:2017年6月8日
価格:PDF(CD-ROM)+書籍セット版: 6万1,000円(税別)
書籍版: 3万7,000円(税別)
PDF版(CD-ROM)版: 3万4,000円(税別)
総頁数:462頁


ファミ通ゲーム白書2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「オランジーナ フレンチスパークリング」新発売
夏期限定の黄色いモンスター日本上陸。「モンスター ロッシ」6月27日新発売
第10回「FANTASTIC BATTLE」は「PUBG」バトルロワイヤルで実施
ハイレゾ音源配信6サイト連合企画「ハイレゾ音源大賞」2017年5月度大賞候補6作品発表
きゃりーぱみゅぱみゅがJAXAとコラボ。最新テクノロジーを駆使したバーチャル宇宙空間ライブを披露




ファミ通が2015年年間の人気ゲームアプリランキングを発表。第1位は「パズル&ドラゴンズ」

「ファミ通」は、2015年年間の人気ゲームアプリランキングを発表した。
続きを読む

毎日何らかのゲームをする人4割!niconicoとファミ通が共同でネット世論調査



株式会社ドワンゴ及び株式会社ニワンゴは、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」とゲーム総合情報メディア『ファミ通』との共同アンケート企画「ゲームに関する意識調査」を3月28日(金)21時22分にniconico登録ユーザーを対象に実施し、開始から約300秒間に10万3,045件の回答を得た。




続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ