「ものづくりの日本」と言われているように、日本が世界に誇れるものとして、細かな部分まで手が行き届き、完成度の高いものを作る技術の高さがある。しかし、法人ではなく個人が何か新しいもの(製品)を作ろうとすると、この国ではなかなか難しいことが多い。どれだけ素晴らしいアイデアがあったとしても、時間や資金、協力者、活動の場などに対応できず、仕方なしに商品化を諦めた人もいるだろう。

こうしたハードルを越えて運良く商品ができたとしても、その商品を販売するには、通販サイトやリアル店舗といった販売チャネルを準備する必要があるうえに、商品のプロモーション活動といったマーケティングの仕事も行わなければならない。

こうなると主婦や学生、そして社会人が起業を目指して自分のアイデアを商品化しようとしても、よほど時間を掛けて用意周到に計画を立てなければ、実現は不可能だろう。でなければ学校や会社を辞めるか、場合によっては主婦業を辞める必要すら出てくるかもしれない。

個人が何かに挑戦しようとする際に、この国では引き換えにするものがあまりにも大きいことを踏まえ、そうしたアイデアを楽に実現するためのプラットフォームが作られた。それが「Dmet idea」である。

今回、「Dmet idea」仕掛け人であるDmet idea株式会社の代表取締役である河合敏彦氏(以下、河合社長)に直接お話しをうかがうことができたのでここで紹介しよう。

続きを読む