ITライフハック

ファンレス

ドスパラ、ファンレス仕様のGeForce GTX 1050Tiとオーバークロック版1080を発売

Palit_GTX1080_DUAL_OC_01

ドスパラは、最新のグラフィックチップ「NVIDIA GeForce GTX 1050Ti」及び「NVIDIA GeForce GTX 1080」を搭載したPalit製グラフィックカード「Palit GTX 1050 Ti KalmX」「Palit GTX 1080 DUAL OC」の販売を開始する。

Palit GTX 1050 Ti KalmXは、GeForce GTX 1050 Ti初のファンレスモデル。大型のヒートシンクを搭載することで排熱効率を高め、ファンレスでも十分な冷却性能を確保した。これにより、高負荷時に騒音の元となっていたファンの駆動音がなくなり、静音PCなどの用途でも安心して利用できる。

また本製品は、前世代の同価格帯製品に比べ、3Dの描画性能が大きく向上しているのが特徴。加えて、NVIDIA Ansel、NVIDIA G-SYNC、GPU Boost 3.0といった数々の最新機能にも対応。Pascalエントリーモデルでありながら、最新の3Dゲームを快適に楽しめる。

Palit GTX 1080 DUAL OCは、オーバークロックモデル。通常のNVIDIA GeForce GTX 1080チップセットよりも高い処理能力を持ち、これまで以上に快適な動作を実現している。今話題のVR(バーチャルリアリティ)にも対応。処理の重い3Dゲームだけでなく、3DCG作成やCAD、映像編集などの幅広い用途で快適に活用できる。

■製品詳細
〇Palit GTX 1050 Ti KalmX
チップ:NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti
接 続:PCI Express ×16 (3.0対応)
メモリ容量:4GB
メモリバス幅:128 bits
メモリ種類:GDDR5
ベースクロック:1,290 MHz
ブーストクロック:1,392 MHz
メモリクロック:7,000MHz
モニタ出力:DisplayPort / HDMI / Dual-link DVI
ボードサイズ:182mm × 142mm × 36.5mm 2スロット
補助電源:なし
価 格:1万9,990円(税込)

〇Palit GTX 1080 DUAL OC
チップ:NVIDIA GeForce GTX 1080
接 続:PCI Express ×16 (3.0対応)
メモリ容量:8GB
メモリバス幅:256 bits
メモリ種類:GDDR5X
ベースクロック:1,620 MHz
ブーストクロック:1,759 MHz
メモリクロック:10,000MHz
モニタ出力:DisplayPort×3 / HDMI / Dual-link DVI
ボードサイズ:252mm×112mm×38.7mm 2スロット
補助電源:8ピン×1
価 格:6万9,999円(税込)


Palit_GTX1080_DUAL_OC_B-PA210A_S-PA677_S-PA67[1]


Palit GTX 1050 Ti KalmX
Palit GTX 1080 DUAL OC

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
Steamコントローラー、Steamリンクをドスパラ・パソコン工房・グッドウィルで販売
JAPANNEXT、4K対応の55型曲面液晶ディスプレイ「JN-VC550UHD」を発表
人気の14インチハイコスパノートがApollo Lakeにアップグレードして再登場
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント
レバー操作でフルフラットに!極厚クッションで座り心地も寝心地も抜群なチェア





インバースネット、3万円台のWindows10オールインワンパソコンを発売

インバースネットは、2015年12月8日(火)より、Windows10を搭載するオールインワン デスクトップパソコンの販売を開始した。価格は3万9,800円(税別)。
続きを読む

無音PCを目指す人へ、玄人志向より、Radeon HD5450搭載で4千円を切るファンレスグラボ登場

玄人志向より「玄人志向 / STANDARDシリーズ / AMD PCI-Express」シリーズに属するファンレスでLowprofileに対応したグラフィックスボード「RH5450-LE1GB/D3/HS」が登場した。GPUはAMDのRadeon HD5450を搭載、ビデオメモリーは1GBを積む。何より市場予想価格が3,980円と安いのがポイントだ。

■内蔵グラフィックス利用をやめてさらに静音化
PCの静音化を実現するのに、例えば内蔵グラフィックスを利用するのをやめてファンレスのグラフィックスボードを搭載するという方法がある。どうしてこれで、静音化が向上できるのかというと、CPUの内蔵GPUを利用していてグラフィックスに負荷がかかると、内蔵グラフィックスの発熱量が増加、結果CPUファンが風切り音を出すまで回転が上がってしまうことがある。

これを外部GPUに変更すれば、内蔵GPUは使われなくなりその分の発熱量を抑えることができる。なるべくCPUにも負荷をかけないようにすれば、CPUファンはファンレスクーラーで間に合う。さらに外部GPUがファンレスボードであれば、グラボを装着したことによる騒音増もない。結果として、高負荷時に従来より静音化が可能になるというわけ。

そして実売で4千円前後の価格で財布に優しいのもポイントだと言えるだろう。ただし、GPUがRadeon HD5450ということでグラフィックス性能には、あまり期待してはいけないといった点を理解しておく必要がある。

■製品概要
製品名:玄人志向 / STANDARDシリーズ / AMD PCI-Express
型番:RH5450-LE1GB/D3/HS
出荷予定:2015年4月末予定
店頭想定価格:3,980前後(税別)

■主な仕様
GPU:AMD Radeon HD5450
コアロック:650MHz
メモリークロック:800MHz(64bit)
ビデオメモリー:1GB(DDR3)
インターフェイス:
・D-sub×1
・HDMI×1
・DVI-D×1
バス:PCI-Express2.1(×16)
冷却:ヒートシンク(ファンレス/1.5スロット占有)
サポート:DirectX 11
RoHS指令:対応


RH5450-LE1GB/D3/HS
CFD販売

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

PC・パーツの記事をもっと見る
リンクスからコンパクトながらも拡張性の高いmicroATXケースが登場
ギガバイトエンブレムの流しそうめん機が当たるキャンペーンを開催(4月1日特集)
絵師たちよ、いま外出のとき「VAIO Z Canvas」ではかどる資料収集と楽々お絵かき体験
PCビギナーでも問題なし! ZIGSOWユーザーが「Acronis True Image Unlimited for PC and Mac」を試す
オシャレ好きなアナタにおくる透明ガラス製タッチキーボード


見てわかる冷却性能!ZALMANよりファンレス構造の巨大なCPUクーラー登場



PCの静音化最大のポイントはCPUクーラーをファンレスにすることだ。それだけでかなりの部分で静音化できる。ファンレスにするということは、クーラーだけで放熱性が高い構造をしている必要がある。現状リリースされているほとんどのCPUをファンレス運用可能なZALMANのファンレスクーラー「FX70」が登場した。発売は2月7日より(取扱いはアスク)。


続きを読む

静音PCに最適なグラボ登場! アスクよりファンレスのKepler搭載グラボ登場



アスクより、NVIDIAのGeForce GT 640を搭載するZOTAC製グラフィックスボード「ZOTAC GT 640 ZONE Edition 2GB DDR3」を7月下旬に発売する。GeForce GT 640は、最新のKeplerコアを搭載しているためパフォーマンス的にも従来のFermi搭載のミドルレンジ以下モデルよりも高い性能を確保する。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ