ITライフハック

ファーウェイ・ジャパン

ファーウェイ初のAIモバイル・コンピューティング・プラットフォーム「Kirin 970」を発表

426d39012e1fc09847e67b1398dfae23_s

2017年9月2日、ファーウェイは、ドイツ・ベルリン国際コンシューマ・エレクトロニクスショー 2017(IFA BERLIN 2017)において、初の人工知能(AI)モバイル・コンピューティング・プラットフォームKirin 970 を発表した。同時に、ファーウェイコンシューマービジネスグループのCEO 余承東(リチャード・ユー)氏は、オフィシャルフォーラムにおいて人工知能戦略をテーマに講演を行った。

「未来のスマート端末が発展し続けるには、端末自身の性能と価値を十分に活かした上で、さらにビッグデータとクラウド技術によってもたらされる膨大な情報、サービス、抜群のコンピューティング能力を融合させたAI体系が欠けてはなりません。未来の端末で人工知能を実現するための鍵は、デバイスとクラウドの連携です。これは、当社の今後の戦略の核心でもあります。」と余氏は述べている。

■デバイス側知能の発展はユーザのAI 全体体験を向上

人工知能時代、スマート端末はユーザーのアシスタントとして、情報・ダイレクトなサービスとその高効率性・実用性により、ユーザにこれまでと全く違う体験をもたらし本当の意味で「ユーザーを知る」、「ユーザーを理解する」、「ユーザーをサポートする」ことを実現している。また、人工知能は、必ずスマートデバイスのさらなるスマート化を促進する。受動的にユーザーの要望に応えるだけではなく、自主的にユーザーを取り巻く状況と周辺環境を感知したうえで、精確なサービスを提供する斬新なインタラクションへと進化していく。

「Mobile AI=On-Device AI + Cloud AI。未来の端末で人工知能を実現するには、デバイスとクラウドの連携が必要不可欠です。クラウドの人工知能化は長年の発展を経て幅広く応用されていますが、その体験は完成したものとは言えません。それはユーザ体験においてリアルタイム性、即応性、安定性、プライバシーなどの課題が残っているためですが、デバイスの人工知能化によりクラウドとデバイスがそれぞれを補い合い、互いの強みを発揮できると考えています。デバイスの人工知能による優れた感知能力は、スマホがユーザーの分身、アシスタントになるための前提条件であり、リアルタイムで実際の状況に合った膨大な量のデータが、強力で持久力を誇るチップによって処理されることで、そのデバイスは高い認知能力を獲得し、本当の意味でユーザー最適で的確なサービスを届けることを実現しました。また同時に、プライバシーデータのローカル処理の安全性も大幅に向上しました。」と余氏は講演で語っている。

■人工知能モバイル・コンピューティング・プラットフォームKirin 970

AI技術のコアとなるものは、膨大な量のデータを処理すること。現在、CPU/GPU/DSP をコアとする従来のコンピューティング・フレームではもはやAI 時代のコンピューティング性能への膨大な需要に対応できなくなりつつある。この業界では、常に新しいコンピューティング・フレームを模索し続けている。

一方、スマホ端末領域では、即応性、リアルタイム性、プライバシーなどの重要な特徴があることから、AI ローカル処理能力の重要度も上がってきた。現在、スマホ端末領域の性能が、モバイルAI 技術発展の最大のボトルネックとなっている。サーバーのAI設計と異なり、Kirin 970 は最高のエネルギー効率を持つ従来とは異なるコンピューティング・フレームを通じ、AI のコンピューティング能力を大幅に向上させた。これにより、デ
ータセンターと全く異なるチャレンジに立ち向かう準備は、すでに整っている。

Kirin 970 の開発チームは数世代の研究成果を受け継ぎ、NPU(Neural Network Processing Unit)専用ハードウェア処理ユニットを初めて統合し、革新的なHiAI モバイル・コンピューティング・フレームを設計した。そのAI性能の密度は、CPUとGPUをはるかに超えている。

また、4つのCortex-A73 コアに比べ、同様のAI APPミッションを処理する際、新しいヘテロジニアスなコンピューティング・フレームはおよそ50 倍のエネルギー効率と、25倍の性能的優位性を実現している。つまり、Kirin 970 チップは、より高いエネルギー効率比でAIコンピューティングミッションを完了することが可能だ。画像認識スピードを例として取り上げると、約2000 枚/分の処理スピードは業界水準を遥かに上回っている。

また、新しいKirin 970 は最先端の10nm プロセスを採用しており、1cm2 近くのスペースに55 億のトランジスタを統合した。さらに、オクタコアCPUを内蔵し、業界に先駆けてMali-G72MP12 の斬新な次世代GPUや自社開発ISP の商用化を実現した。最後に、余承東(リチャード・ユー)氏は、10月16日にドイツ・ミュンヘンで、初めてKirin 970 チップを搭載したファーウェイの次世代Mate シリーズ製品を発表することを明らかにした。

ファーウェイ 日本・韓国リージョン デバイス プレジデント 呉波氏よりコメント:
「人工知能はコンシューマーデバイス業界のみならず、世界中が注目している領域です。今回発表したKirin 970 チップセットは飛躍的な革新を遂げた処理能力と最先端の工芸技術を採用しており、人工知能技術発展の大きな基礎となります。

ファーウェイはこの領域において今後も技術革新を継続し、日本の皆様へより豊かで、スマートな体験をお届けできるように努力してまいります。」

ファーウェイ・ジャパン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
「WiMAX 2+」のデータ通信速度がさらに高速化。256QAM対応で下り最大558Mbpsを実現
iPhoneやAndroidスマホに最適!サンワサプライ、レザー&木製の高音質Bluetoothスピーカーを発売
「北神急行電鉄×駅メモ! 」コラボグッズだけじゃない!コラボ ヘッドマーク掲出車両を運行へ
スター・ウォーズファンイベント「Force Friday II」開催決定!最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」関連商品も発売へ
MMD研究所、MVNOのスマートフォンを利用している利用者の調査結果を発表






ファーウェイ・ジャパン、13インチウルトラスリムノートブックPC「HUAWEI MateBook X」を発表

hw01

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、同社が培ってきたノウハウを活かした、ファーウェイ初となる13インチのクラムシェル型PC「HUAWEI MateBook X」を、2017年7月7日(金)より発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格は14万4,800円~(税抜)。

「HUAWEI MateBook X」は、モビリティを重要視するスマートフォンメーカーならではのノウハウを存分に活かし、13インチで画面占有率88%の大画面ながらもA4サイズよりコンパクトな筐体サイズを実現。厚さも12.5mmでカバンにすっきり収まるスタイリッシュなボディは金属筐体により贅沢な質感を演出しつつ、重量はたったの1.05kg、薄くて軽量で持ち運びにも最適だ。

また、表面処理には「HUAWEI P10 | P10 Plus」にも採用されているサンドブラスト処理を、エッジ部分にはダイヤモンド・カット処理を施し、薄くコンパクトなボディに高級感と持ちやすさが加わっている。カラーバリエーションには、プレステージゴールド、スペースグレー、ローズゴールドの3色。

「HUAWEI MateBook X」は両端のベゼル幅 4.4mm の狭額縁と、スマートフォンやタブレットと同じようにベゼルと画面の境目をなくしたフラットスクリーンを採用。鮮やかな 2K ディスプレイは黒が引き締まる 1000:1 ハイコントラストで色再現率(sRGB)100%、究極の視聴体験を遮るものを極限まで排除した。また、画面比率3:2と縦の比率が大きいため資料作成などに適し、生産性を向上。 さらにCorning Gorilla Glass を採用し傷もつきにくくなっている。

3:2の黄金比を採用したディスプレイはビジネスにも最適。プロセッサーは第7世代インテルRCore i7/ Core i5を搭載。気になるCPUの発熱対策にはファーウェイ独自のスペース・クーリング・テクノロジーと、航空宇宙グレードの放熱素材を活用して、パワフルなのに薄い、ファンレスノートブックを実現した。

これにより非常に効率的にCPUを冷却しながらシステムを安定して動作させることができるのと同時に、従来のファンの高速回転によるノイズやファンの隙間から入る埃といった問題も効果的に解決。

バッテリーは41.4Wh、連続約10時間のバッテリーライフを実現。付属のポケット・チャージャーはモビリティを重視し151gに、従来のノートブックPCのアダプタより軽くコンパクトになった。

従来の「PCにおける音質が悪い」というイメージを覆し、豊かで没入感のあるドルビーアトモスの音響をPCで実現するため、ドルビーとファーウェイの技術者は、ソフトウェアだけでなく装置設計から共同開発した。

HUAWEI MateBook Xのためだけに設計された2つのモーターを持つ専用スピーカー、大音量での音のひずみを抑えるための制振材を本体に追加、それら特注のハードウェアを最大限に活かす精密にチューニングされたソフトウェアが組み合わさって、より大音量で解像度の高い豊かな音を再現する。

没入感溢れるドルビーアトモスサウンドは、内蔵スピーカーはもちろん、ヘッドフォンでも楽しめる。映画、テレビ、ゲーム、音楽ライブなど、あらゆるエンターテインメントを、自分がまるでその場にいるかのような感覚で聴くことができる。

HUAWEI Matebook Xは世界で最も薄い13インチノートブックPCのひとつでありながら、驚くほどの大音量再生と、ドルビーアトモスサウンドシステムにより、全く新しい音の世界を体験できる。

従来のWindowsPCでは、セキュアなログインは常に、電源を入れ、次に指紋認証やパスワードでログインするという2段階認証だった。「HUAWEI MateBook X」では、スマートフォンで培った指紋認証技術を PC にも展開。スイッチオンからログインまで、ワンタッチで可能になった。もちろん指紋センサーは3D認証、さまざまな角度からタッチして認証できるようになっている。そしてその指紋認証からログインまでの時間は、スリープ状態からで約1.9秒、電源オフからでも約9秒で立ち上がる。高感度な指紋センサーにワンタッチするだけで、迅速かつ安全なロック解除ができ、ストレスを感じさせない仕様だ。

キーストローク1.2mm、キーピッチ19.2mmと、薄くコンパクトな筐体。周辺が暗くなれば自動的にバックライトが点灯、各キーが均一に光り、場所を選ばずに作業が可能。もちろん暗い環境ではキーボードが光るだけでなく、視力保護モードも搭載。ファーウェイのスマートフォンやタブレットにも搭載されている技術により、長時間の作業や軽い環境での作業でも目の疲れを低減。また、防滴仕様になっており、水滴が落ちても、濡れた手で触っても安心だ。

スマートフォンに限らず、タブレットやPC、全てのデバイスに求められる「モビリティ」。
持ち運びしやすいように、MateDockが進化して登場。モバイルシーンでさらに活躍できるように小さく軽くなったMateDock 2は複数のポート(VGA、HDMI、USB-A、USB-C)に対応、拡張性も充分だ。

HUAWEI MateBook X

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
歩けるVRお化け屋敷が登場「呪いのVR体験会」を開催
ドスパラ、自作パソコンセット「はじめてでも簡単に作れる!シリーズ」を発売
「Re:ゼロから始める異世界生活」コラボ第2弾!エミリアと2人きりのシーンをVRで体験

XYZプリンティングジャパン、3Dオブジェクトを手作りできる「ダヴィンチ 3Dペン」スターターキットを発売

マウスコンピュータ、GeForce GTX 1050搭載の17.3型大画面ノートパソコンを発売





ファーウェイ、心拍測定機能を搭載したスポーツリストバンド「HUAWEI FIT」を発売

fit-kv-watch

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、心拍測定機能を搭載したスポーツリストバンド「HUAWEI FIT」を2016年12月16日(金)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万5,800円(税抜)。

「HUAWEI FIT」は毎日のアクティビティ、エクササイズ、睡眠、心拍といった多様なデータを記録し、ユーザーの設定した目標にあわせて精確な記録と効果的なアドバイスを行う、スポーツリストバンド。Android OS、iOSに対応しているので、BluetoothR接続によるペアリングで使用者のデバイスを限定することなく使用できる。

1.04インチのメモリ液晶ディスプレイの表面は、強くて透明感のあるゴリラガラスを採用。フェイスのデザインは6種類の中から好みのものを選ぶことができる。また、ベルトは汗が溜まりにくいように表面を波型に加工している。一般的な時計と同じサイズの18mm幅を採用しており、市販のベルトとも簡単に交換できる。

また本製品は、横一列に配置したデザインにより、一般的な十字型のセンサー配置タイプの製品より測定精度を高く保つことができるとのこと。また、独自の肌色識別アルゴリズムを採用し、肌の色から光の吸収を感知、フォトセンサーで光の強さを調整することで測定の精度をさらに高めることができる。設定によって24時間定期的に心拍を測定することが可能だ。

また、専用のアプリを使えば一日の心拍の動きを確認することや、リアルタイムから過去の記録まで遡って確認することも可能だ。心拍だけでなく、ランニングをはじめ、ウォーキング、自転車など各種運動の活動量も精確に計測してくれる。5気圧防水なのでスイミング時のタイム計測も可能だ。

このほか、ダイエットを目的とした有酸素運動、筋力アップを目的とした無酸素運動など、利用者の目的や体力に合わせて、最適なトレーニングをアドバイス。歩数のカウントだけでなく、独自のアルゴリズムによって心拍数などの収集したデータをもとにアドバイスをしてくれる。専用アプリでトレーニングプランや運動量を管理することもできる。

Bluetoothでスマホと連携させることで、着信やメールの通知をリアルタイムに確認。その他にも長時間の座りっぱなしを防止するアラートや、バッテリーが少量になった場合のアラートなど、アラームを設定することで便利な機能も利用できる。

1回の充電で6日間の連続使用が可能。長時間装着してもストレスを感じにくいデザインですので、就寝時に装着することで睡眠状態のモニタリングも可能だ。健康管理や睡眠状態の改善にも役立つだろう。

HUAWEI FIT

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
小学生から70歳までの音声認識率、実に98.3%!リモコンに話しかけるだけで操作できるソニーのブラビア
「FINAL FANTASY XV」とコラボレーションしたハイレゾ対応ウォークマン、ヘッドホン、スピーカーが登場
京商、「DRONE RACER」を発売
ソニー、ウィンタースポーツ中に快適に会話できるヘルメットマウントワイヤレスヘッドセット「NYSNO-10」発売
ローランド、インターネット生放送向けオーディオ・インターフェイスを発売







ファーウェイ・ジャパン、最上位グレードに位置する「HUAWEI Mate 9」を発売

hw

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、ファーウェイのスマートフォンで最上位グレードに位置する「Mateシリーズ」の最新機種となる「HUAWEI Mate 9」を、2016年12月16日(金)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6万800円(税抜)。

「HUAWEI Mate 9」は、最上級モデルにふさわしいデザイン、大画面はもとより、「新世代のCPUと学習アルゴリズムによる快適な操作性、高速レスポンス」、「超急速充電と大容量バッテリー」そして好評の「Leicaのダブルレンズカメラを搭載」といった特徴を持つスマートフォン。日本での「Mateシリーズ」は、2014年発売の「Ascend Mate 7」、2015年発売の「Mate S」についで3機種目の発売となる。

新開発の「Kirin960」チップセットは、世界初となる、ARM社の最新設計を採用したオクタコアCPU。CPUのパフォーマンスは当社従来比で18%アップしており、電力効率も15%アップ。

ゲームなどのグラフィックス性能も、同じくARM社の最新設計を採用したオクタコアGPUにより、当社従来比で180%のパフォーマンスアップ、電力効率も40%アップと、大きく進化している。スマートフォンを使う上で欠かすことのできないマルチタスクも「Kirin960」により、パワフルさと持久力を実現している。

また、システムパフォーマンスを改善し続ける学習アルゴリズムと、ファイルの断片化を解消する新しいファイルシステムにより、スマートフォンの長期間使用によるアプリの起動や切り替え、画面スクロール等の速度、レスポンス低下を軽減し、使い始めの高速レスポンスを長期間保つことが可能になっている。

HUAWEI Mate 9

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ASUS JAPAN「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を発売
かわいい哺乳瓶デザインの5500mAh薄型モバイルバッテリー
全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップが「Pokemon GO」の公式パートナーショップに
ASUS JAPAN、Qualcomm Snapdragon 652を搭載する「ZenFone 3 Ultra」を発売
Anker、小さくて軽いQuick Charge 3.0対応 20000mAhモバイルバッテリーを発売






ファーウェイ・ジャパン、WiMAX 2+のキャリアアグリゲーションに対応した「HUAWEI P9 lite PREMIUM」を開発

1024UQ_2

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、UQコミュニケーションズ、UQモバイル沖縄向けに、WiMAX 2+のキャリアアグリゲーションに対応したプレミアムモデルのスマートフォン「HUAWEI P9 lite PREMIUM」を開発した。2016年11月下旬に発売。

このほか、ファーウェイグローバルブランドアンバサダーとして、活躍中のサッカー選手、リオネル・メッシを起用したPOPツールなども同時展開するとのこと。日本でメッシ選手を活用したスマートフォンの広告、販促展開は今回が初の試みとなる。

「HUAWEI P9 lite PREMIUM」の主な特長は次の通り。
・日本全国でエリア展開されたWiMAX 2+のキャリアアグリゲーション対応で、下り最大220Mbpsの快適な高速通信が利用可能。動画やWEBのブラウジングも高速通信ならではの快適さを実現。

・高精彩5.2インチのフルHDディスプレイを搭載し、きめ細やかで色鮮やか。
・360度どの向きでも使用可能な第2世代指紋センサーは、消灯画面からワンタッチ0.5秒で画面ロックを解除。指紋認証以外にもカメラのシャッター操作や着信応答、アラームの停止など、片手操作にも最適。

・3000mAh大容量バッテリーとスマートな省エネ設計で、ヘビーユーザー想定の当社試験基準による測定でも1.3日以上使い続けられる、安心の電池持ちを実現 。
・高性能の1,300万画素カメラに積層型CMOSセンサー搭載。あらゆるシーンでノイズを抑えた高画質撮影を実現。多彩なカメラモードにより、シーンや用途別に応じて、さまざまな撮影が楽しめる。

HUAWEI P9 lite PREMIUM

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
アルマニア、無駄のない取り回しが可能な水平型のLED搭載USBケーブルを発売
リンクス、ICカードの収納に対応したiPhone 7/6/6sケース「ICLEVER」制作サービスを開始
ファーウェイ製SIMロックフリー製品の修理受け付けを全国のワイモバイルショップで開始
Ankerから小型軽量でQuick Charge 3.0対応の大容量モバイルバッテリー
「マクドナルドFREE Wi-Fi」を使い、店舗で楽しめる映画やドラマなどの配信を開始





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ