ITライフハック

ブルーレイ

パナソニック、Ultra HD ブルーレイ再生対応 DIGAを発売

jn160929-2-1
パナソニックは、ブルーレイディスクレコーダーDIGA(ディーガ)の新モデル「DMR-UBZ2020」「DMR-UBZ1020」を、2016年11月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格はDMR-UBZ2020が10万円前後、DMR-UBZ1020が9万円前後。

本製品は、次世代ブルーレイディスク規格の「Ultra HD ブルーレイ」の再生に対応し、4K解像度で高精細なだけでなく、Ultra HD ブルーレイならではの「HDR(ハイダイナミックレンジ)」や「BT.2020」による鮮やかで立体感のある美しい映像を楽しめる。

また、15年秋モデルで好評だった「新番組おしらせ」機能が進化した「新番組/特番おしらせ」を搭載した。新番組だけでなく、不定期放送の特番や映画などの初放送番組もお知らせしてくれる。リモコンのボタン1つで新番組や特番を一覧表示でき、録画予約もワンボタンでできるので録り逃しを防げる。

さらに、本製品で視聴している放送番組、BD、DVDや保存したCDや録画した番組の音質をハイレゾ相当にアップコンバートする「ハイレゾリマスター」を搭載した。

CDの音楽をハードディスクに取り込める「CDリッピング」にも対応しているので、いつもの番組や映画だけでなく、お気に入りの音楽も高音質で楽しめる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
高解像度な「プレイステーション 4 Pro」と小型・軽量化を実現した新型「プレイステーション4」を発売
「初音ミク」とコラボレーションしたステレオヘッドホンをソニーストアにて販売開始
Garminゴルフウォッチシリーズの最新作「Approach S20J」が登場
デジタル一眼レフカメラのワイヤレス接続・ワイヤレス操作を可能にするコントローラー
ワコム、次世代型デジタル文具「Bamboo Slate」および「Bamboo Folio」を発表





世界最小・最薄!パイオニアからポータブルBDドライブ「BDR-XU03J」

WindowsタブレットやスリムノートPCを所有している人の中には、ブルーレイドライブ(以下、BDドライブ)を欲しい人がいないだろうか。BDドライブには、USB接続の製品も多々あるが、本体サイズや重さの関係で、軽量のタブレットやPCと一緒に持ち運びには、思わず中書してしまう製品も多い。そうしたモバイル環境を考えてのことだろう。

パイオニアは、世界最小・最薄でスタイリッシュなデザインのWindows用ポータブルBD/DVD/CDライター「BDR-XU03J」を9月下旬より発売する。

続きを読む

録画番組をブルーレイで永久保存!ブルーレイドライブがタダで貰えるチャンス



お気に入りのテレビ番組を録り溜めていつでも楽しめるようにしている人の中には、テレビに接続したHDDや外付けのHDDレコーダーに番組を録画している人が多い。ばんばん録り溜めて行けば、HDDはいつかは一杯になってしまう。いい加減整理して消去しようと思いつつも、思い入れがあったり、また見たいな~なんて思って消去できずに迷っている人もいるだろう。

そんなときに大活躍するのが、録画番組を記録できるブルーレイレコーダーだ。ブルーレイレコーダーがあれば、テレビに接続したHDDや外付けのHDDレコーダーに録画した番組をブルーレイディスクに記録できる。

とはいえ、ブルーレイを搭載するレコーダーを購入しようと思えば、それなりのお金がかかってしまう。政権交代で景気が変動しても、急には給料が上がらないこのご時世で、その資金を捻出するのは難しいだろう。

独り身ならまだしも、家族がいれば、なおさらだ。しかし、あきらめてはいけない。なんと!そんなブルーレイレコーダーと同等の機能を持たせることが可能なブルーレイドライブを無料でゲットできるチャンスがやってきた。

ソーシャルレビューコミュニティ「zigsow(ジグソー)」がアイ・オー・データ機器のネットワークダビング対応ポータブルブルーレイドライブ「BRP-U6DM2」のレビューアー募集を開始した。

続きを読む

DVDにデジタル版がついてくる!UltraVioletとは何か【デジ通】

UltraVioletのサイト


インターネットを通じて映像を配信するサービスが普及しつつある。DVDやBlu-rayなどのパッケージを購入すること無く、いつでもどこでも映画やドラマなどの映像コンテンツを楽しめるようになっている。

しかし、DVDなどのパッケージを所有している場合でも、デジタル版を別途購入しなければスマートフォンなどで楽しむことができない。

これを解決するのがUltraViolet(ウルトラバイオレット)という仕組みだ。

続きを読む

デジタル配信でも実店舗で販売か!UltraVioletの今後はどうなる【デジ通】

Roviによる所有DVDを認識しデジタル版を販売するデモ


UltraViolet(ウルトラバイオレット)とは何かに書いたように、様々な業界が推進しているコンテンツを試聴する権利を管理するシステムのUltraVioletは、まだ始まったばかりだ。

将来これが普及した場合、デジタルと実店舗の連携など、様々な映像コンテンツのサービス展開も見えてくる。

続きを読む

高価なダブル録画機を1台買うよりも、Blu-rayレコーダー2台を勧める理由【デジ通】

テレビ番組の録画機は、すでにBlu-rayレコーダーが当たり前。Blu-rayレコーダーは、安価な機種からトリプル録画機能をそなえた高機能機種まで、多くの製品が販売されている。

予算に余裕のあるユーザーならともかく、機種選びは実に悩ましいだろう。アーリーアダプターはすでに買い換えの時期に入ってるが、これから購入するという人も多いことだろう。

いくつか、注意点をまとめてみた。

続きを読む

日本中を熱狂させた感動をもう一度!「なでしこジャパン 栄光の軌跡 IN 3D」試写会



今年も残すところ、あと10日あまりとなった。2011年という年は、様々な意味で私たち日本人に忘れられない年となったが、そんな2011年に一番、勇気と感動を与え、日本人を元気にさせてくれたアスリートといえば、やはり「FIFA 女子ワールドカップ ドイツ大会」で、日本サッカー史上初の優勝という快挙を成し遂げたサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」だろう。そんな彼女たちの栄光の奇跡が3D映像で、今 よみがえった。

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の2011年FIFA 女子ワールドカップドイツ優勝を、オリジナルドキュメンタリー映像と日本戦ハイライトで綴った「なでしこジャパン 栄光の軌跡 IN 3D」を、ブルーレイ3D版で12月21日より発売する。

この発売を記念して12月19日、東京・銀座ソニービル8FのコミュニケーションゾーンOPUSにおいて、一般から募集した20組40名を対象に発売記念特別試写会を開催した。

続きを読む

画期的な動画再生ソフトが登場!DVDをブルーレイの画質で再生



ソースネクストは、DVDをブルーレイのような画質で再生できる「PowerDVD EXPERT 4」を発売すると発表した。ダウンロード版が9月22日より3,990円(税込み)で先行発売され、パッケージ版が10月21日より3,990円(税込み)で発売される。

続きを読む

3Dの感動を楽しめるプレイヤー!コーレル、「Corel WinDVD 11」が凄い



コーレルは2011年09月13日、Blu-ray/DVD プレイヤー ソフトウェア「Corel WinDVD Pro 11」「Corel WinDVD 11」を10月14日より発売すると発表した。

続きを読む

堂々と欲しかったBDドライブを買うチャンス!パソコンを薄型テレビのBDレコーダーにして、父の威厳を復活だ



家庭内での父の威厳を復活させる方法として、前回はiPadをテレビ化する技を紹介した。「iPadをテレビ化しただけでは、まだまだ父の威厳を復活できない」とお嘆きの人に向けて、さらなる裏技をお届けしよう。

地上アナログ放送の停波にともない、薄型テレビを購入したご家庭は多いだろう。最近の薄型テレビには、必ずと言ってよいほど、録画機能を備えた製品が多い。薄型テレビに内蔵していない製品であっても、外付けのハードディスク(HDD)を接続することで、録画機能を使える機種が増えてきた。

そうしたテレビでは、録画したテレビ番組が知らず知らずのうちに増えていき、ついにはHDDが一杯になって録画ができなくなってしまう。

こうした事態を防ぐためには、ブルーレイディスク(BD)・レコーダーを購入して、録画したテレビ番組をBDに焼けばよいわけだが、そのためには5万円くらいの出費は覚悟しなければならない。

この出費を抑え、あまったお金で奥さんや子供にプレゼント、あるいは家族で夏休みを過ごす費用に使えば、お父さんの株も一気に上がること間違いなしだろう。

そこで今回は、ブルーレイディスクドライブ「BRD-U8DM」を堂々と購入して、薄型テレビのBDレコーダーにする神業を紹介しよう。
ブルーレイドライブ「BRD-U8DM」

「BRD-U8DM」は、DTCP-IPによるネットワークダビングに対応した外付型ブルーレイドライブだ。

パソコンの周辺機器だが、薄型テレビに録画したテレビ番組を、ホームネットワーク経由でBD・DVDメディアに保存することができる。

「録りためた番組をブルーレイにダビングしたいけど、テレビにはブルーレイドライブが付いていない。」と悩んでいる人には、オススメの神アイテムなのだ。

続きを読む

ノートPCと持ち歩けるブルーレイドライブの動画性能と役立つ活用術



地上波デジタル放送への切り替えも間近に迫り、テレビのハイビジョン化も追い込みに入ってきている。地デジへの移行にともない家庭では綺麗な映像を楽しめるブルーレイへの対応も進んでいる。

ブルーレイの高画質な映像を楽しむためには、ハイビジョンテレビとブルーレイプレイヤーが必要となるが、一気にそろえるには出費も大きく悩ましいところだ。そこでアイ・オー・データ機器のブルーレイドライブ「BRP-U6」があれば、テレビやプレーヤーがなくてもパソコンでブルーレイ映画を視聴することができる。

「BRP-U6」は、レビューコミュニティ「zigsow(ジグソー)」での無償で手に入るレビューアー募集が行われていたが、ユーザーのレポートが公開されたとの情報をいただいたので、「BRP-U6」の使用感など、実際にユーザーが利用したレポートの一部をチェックしてみた。

続きを読む

大きなボタンで使いやすい!三菱電機の新REALで追求した“らく楽アシスト”とは

家電エコポイントで盛り上がった2010年の薄型テレビ市場だが、アナログ停波が控えているため、買い替え需要の盛り上がりは、まだありそうだ。
三菱電機はこの薄型テレビ市場向けに新製品を投入する。撮る、見る、残すが簡単にできる「らく楽録画テレビREAL BHR500」シリーズを5月16日に発売する発表したのだ。最近の三菱電機は“使いやすさで、暮らしは変わる。「らく楽アシスト」”をテーマに、簡単で使いやすいことにこだわった製品が多く、今回の新型REALも、これに漏れることなく使いやすい製品に仕上がっている。


続きを読む

家電製品の紹介と活用を提案!ブログメディア「家電チャンネル」がオープン



現在の家電製品は、時短やエコロジー対応などの高機能型が登場する一方で、インターネットや家庭内ネットワークと連動した次世代型が相次いで登場している。次世代型の家電製品は、消費者の生活や他の家電製品と密接に関わっているタイプの製品が多く、機能説明だけでは購入メリットをイメージしにくい製品もある。

続きを読む

ハイビジョン映画を持ち歩く!ポータブルブルーレイドライブを無料で入手



DVDに比べて細かい質感まで描写できる高画質なハイビジョン映像を楽しめることがブルーレイ映画の一番の醍醐味だ。ブルーレイ映画を楽しむには専用プレーヤーが必要だが、
ブルーレイディスクプレイヤーを所有していなくても、ブルーレイドライブさえあればパソコンでブルーレイ映画を楽しむことができる。

しかしブルーレイドライブは、DVDドライブに比べて価格が高い。ましてや、ノートパソコンと一緒に持ち運ぶことができるブルーレイドライブともなれば、それなりの出費を覚悟する必要がある。

まだ高価なブルーレイドライブ、それもポータブルタイプのアイ・オー・データ機器「BRP-U6」が無料で入手できるチャンスがあるので紹介しておこう。

まずは、「BRP-U6」がどんな製品であるのかを見てみてほしい。

続きを読む

acerブランド初のTVチューナー搭載一体型!最高のエンターテインメントが味わえる



3万円台の激安モバイルノートPCや、5万円前後の高性能PCなど、コストパフォーマンスの高いパソコンを投入し続けてきた日本エイサーが、TVチューナー、ブルーレイレコーダー、パソコンと1台3役の一体型デスクトップPC「AZ5750-F54/F」を2月10日に発売するのだ。
acerブランド初となるTVチューナー搭載モデルで、価格は11万9800円前後となっている。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ