ITライフハック

プラットフォーム

アララ、ARプラットフォーム「ARAPPLI」を展示【Japan IT Week 春 2015】

リード エグジビション ジャパン 株式会社は2015年5月13日~15日の3日間、東京ビッグサイトにおいて「Japan IT Week春」を開催中だ。Japan IT Week春はソフトウェア開発環境展、クラウド コンピューティングEXPO春、スマートフォン&モバイルEXPO春など全部で11のIT専門展から構成されている。毎年多くの企業の情報システム部門、経営企画部門、マーケティング部門などの方々が来場し、出展企業と熱心に商談をする場でもある。

今年はソフトウェア開発環境、データウェアハウス&CRM、データストレージ、組込みシステム、情報セキュリティ、Web&モバイル マーケティング、スマートフォン&モバイル、クラウド コンピューティング、データセンター構築運用、ワイヤレスM2M、通販ソリューションなどの各種関連製品、サービスが展示されていた。

続きを読む

クリエイターと読者が創るソーシャル時代の電子書籍サービス「Yomuca」



2012年に入り、5インチ液晶のスマートフォンや高解像度なiPadやHD画質のタブレットなど、電子書籍を利用しやすい環境は着実に整いつつある。また角川グループが電子書籍ビューワの開発発表や世界的に人気の電子書籍ビューワkindleの日本版登場も期待されている。

電子書籍の閲覧環境が整ってきたことで、今後重要となるのが読むべき電子書籍コンテンツの質と量だ。一般に電子書籍といっても、2種類ある。1つは既に紙媒体のデジタル化した電子書籍。もう一つは最初からデジタルで作成された電子書籍だ。

特にオリジナル電子書籍はこれからの電子書籍市場の成長にとって大きな役割をもつといってもよいだろう。



続きを読む

ついに実現!スマートフォンで滑らかに動く3Dアバター

株式会社スプリュームは、映画のように滑らかにアニメーションする、高精細な立体的に表現されたアバターを実現し、スマートフォンでのさまざまなアプリやサービス向けオープン・プラットフォームとして提供すると発表した。

スマートフォンの登場により、携帯電話のリッチ化が一層進んでおり、「ツイッター」や「USTREAM」などライブ性(同期性)の高いサービスが急速に普及している。また、映画「アバター」のヒット、3Dテレビの発売によって、一般ユーザーがデジタルキャラクターに慣れ、ビジネス向けも含めた広範なネットサ―ビスにおいて、ハイクオリティな3Dアバターが活用される素地もできた。

こうした状況の中、「アバター」は、ユーザーにとってネットのコミュニケーション活用のための、サービス提供事業者にとってはマネタイズのための、ひとつの核になっていくと考えられる。スプリュームでは、こうした背景にあわせ、スマートフォン向けに、「動き」で豊かな感情表現ができる、高精細な3Dアバター「ハイエンドアバター」を提唱する。さまざまなネットサービスの事業者/開発者にAPIを公開し、プラットフォームとして提供する。

スプリュームはこれまで、自社開発のPC向け3Dインターネット技術を核に、仮想空間共有サイトを展開してきたが、スマートフォンの登場により、こうしたノウハウがモバイルに活かせるようになった。スマートフォンの高解像度で大きな液晶画面では、従来のようなイラストを用いた簡易型のアバターではなく、高精細な画質とハイクオリティな質感をそなえ、映画のように滑らかに動く3Dアバターが実現できる。こうした次世代型アバターは、米国のソーシャルアプリに見られる新しい傾向のように、これまでアバターを利用してきた若年層だけでなく、広い年齢層に受け入れられていくと考えられる。

高精細な「ハイエンドアバター」プラットフォームは、Android携帯向けアプリケ―ションを販売する「Androidマーケット」や、iPhone向けの「App Store」などにおけるプリケーション流通、デジタルコンテンツ課金、広告の3つのマネタイズ軸を中心にしたサービスやアプリケーションでの活用を想定している。2010年夏から秋よりAPIの試験的な公開をはじめ、また、ツイッターでアバターを活用して、アバターのつぶやきがツイッターに流れるようなアプリも、活用事例として公開していく予定。

スプリュームでは今後、自社単独でクローズドにプラットフォームの開発、提供を進めるのではなく、さまざまな分野の企業、開発者、クリエーターと連携をとりながら、世界に発信できる新しいプラットフォーム環境の確立を目指す、「クラウド型」でプロジェクトを進めていくとしている。

株式会社スプリューム

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■モバイル関連の記事をもっとみる
天下分け目の合戦が激化か!ケータイ 夏の陣
最新の人気スマートフォンに対応!中身がそのまま見えるクリアケース
瑛太が「いいね~」 富士通ケータイ 2010年夏モデル CM発表会
電池切れ心配無用!XperiaもiPhoneも出先でチャージ

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ