ITライフハック

プログラミング

ライフイズテック、中学生・高校生世代に向けたものづくりメディア「MAKEYS」をリリース

makeys_top

ライフイズテックは、中学生・高校生世代向けものづくりメディア「MAKEYS(メイキーズ)」を本日より開始する。

「MAKEYS」は、中高生の身近なものや、気になっていることを切り口に、つくる楽しさを伝え、デジタルを使うものづくりに対して“作ってみたい”“やってみたい”と好奇心を刺激するWebメディア。情報感度は高く、YouTubeなどの動画投稿サイトやTwitterなどのSNSサービスは使いこなす中高生世代だが、一方でプログラミングやITを使ってものづくりを実践している人はまだ一部となっている。これまで延べ2万人以上の中学生・高校生が参加したプログラムでの経験や、スクールやキャンプから生まれるアイディアを、新たな角度・分野から発信し、中高生世代にデジタルを中心としたMAKEYS流の「クール」なスタイルを提案していくとのことだ。

MAKEYS(メイキーズ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ソースネクストが老舗ソフトメーカーの筆まめを子会社化
東京メトロ×NTT、表参道駅構内でナビゲーションと広告サービスの実証実験を実施
世界最大級IT関連見本市「CeBIT2017」に「ジャパン・パビリオン」を出展
商売繁盛をみんなで祈願!「【KIGAN】スタートアップ 祈願会 at 増上寺 2017」体験レポ
「LINE Customer Connect」をアスクルの「LOHACO」で試験運用を開始







スマイルブーム、Wii U で BASIC 言語のプログラミングができる「プチコンBIG」の配信を開始

名称未設定-1

スマイルブームは、Wii U専用ソフト「プチコンBIG」を2016年12月14日(水)よりニンテンドーe ショップで配信する。価格は3,000 円(税込)。

本ソフトは、「プチコン3号 SmileBASIC」のWii Uバージョン。テレビ画面とUSB外付けキーボードを利用することで、より快適なプログラミングができるだけではなく、Wii Uリモコンやヌンチャクなど Wii Uの周辺機器を活用したプログラムも作成できる。

BASIC の言語構造は「プチコン3号」との上位互換のため、ニンテンドー3DS の「プチコン3号」で作られたプログラムを「プチコンBIG」にダウンロードし、テレビ画面とGamePadで楽しめる(テレビを使用せずにGamePadのみでの操作も可能)。

家ではテレビ 画面とキーボードを使用して「プチコンBIG」でプログラミングを行い、通勤や通学中にニンテンドー3DS版「プチコン3号」でプログラミングやデバッグの続きを行うことができる。

■主な特徴
・USB キーボード対応
・処理速度の向上、メモリー容量の増加
・Wii リモコンやヌンチャク等 Wii U の周辺機器に対応
・最大854×480 ドットの高解像度表示対応
・素材画像エリアが1024×1024 に拡張
■映像や音楽に特化した手軽に使える命令
・ボタンやタッチパネルでの情報取得
・ジャイロや加速度など各種センサーからの情報取得
・マイクからの録音と再生 (USB マイクにも対応)
・線や円や塗りつぶしなどグラフィック描画命令
・MML(Music Macro Language)による作曲
・音声合成を使って日本語を喋させることができるTALK 命令
・漢字を含む日本語表示にも対応
■コーディング支援(初心者から上級者まで)
・プログラム初心者向けの講座をご用意
・命令入力支援機能により少ない文字数で長い命令の入力が可能
・命令を選択して説明を見ることができるインラインヘルプを搭載
・公開キーを使って「プチコン3 号」のプログラムも流用可能
・おえかき・アニメ作成・マップ作成・サンプリングなどのツールも搭載
■豊富なサンプル
・さまざまなシーンで使えるキャラや背景の画像
・100 種類以上の効果音や40 種類以上のBGM
・BASIC を覚えるためのシンプルなプログラム
・命令ごとの実行結果を確かめられる技術サンプル
・高度な技術で作られたゲームサンプル


©2016 SmileBoom Co. Ltd. All Rights Reserved.

プチコンBIG

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「人喰いの大鷲トリコ」、世界的陶芸家リサ・ラーソンとのコラボレーションも実現
AR・GPS・QRコードを活用してアニメの聖地巡礼を楽しむ。ふるさと納税「ガールズ&パンツァーうぉーく!」
ミニミニ、お部屋探しのための内見がバーチャルでできる「miniminiVRスコープ」を店頭で配布
「LINE レンジャー」×「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のコラボを実施
元乃木坂46・永島聖羅の「ほろ酔い姿」をニコ生で初公開





小学生向けプログラミングワークショップ「Tech Kids CAMP」をシルバーウィークに北海道にて開催

名称未設定-1
小学生向けプログラミング教育事業を行う株式会社CA Tech Kidsは、小学生向けプログラミングワークショップ「Tech Kids CAMP」を2016年9月17日(土)から9月19日(月祝)の期間中、北海道札幌市にて初めて開催する。

「Tech Kids CAMP」は小学生のためのプログラミング入門ワークショップ。プログラミングやデジタルのものづくりに興味を持ってもらうきっかけとして、2時間の体験会から7日間にわたるワークショップまで幅広く開催しており、本ワークショップへの参加をきっかけとして継続的なプログラミング学習を始めている子ども達も数多くいるとのこと。

2013年8月の初開催以来、これまで東京・神奈川・大阪・京都・愛知・福岡・沖縄など全国16都府県にわたって開催し、延べ約15,000名が参加してきたが、この度、9月17日(土)~9月19日(月・祝)のシルバーウィーク三連休にあわせ、北海道札幌市で初めて開催する運びとなった。

「Tech Kids CAMP」では、CA Tech Kidsが独自に開発したテキストに沿って、楽しみながらアプリやゲームを開発し、プログラミングを体験・学習していきます。子ども用プログラミング学習ソフト「Scratch」を用いたゲーム開発コースから、iPhoneアプリを開発する難易度の高いコースまで、全部で8つのコースが用意されており、プログラミング初心者の子どもから、本格的なプログラミング開発が学びたい子どもまで、幅広く参加できる。ワークショップ最終日には、参加者が開発したアプリやゲームを発表する機会を設け、子ども自身がプレゼンテーションをする。

■「Tech Kids CAMP」 札幌中央区会場 開催概要
日時:2016年9月17日(土)~19日(月祝) 各日10時~16時 ※3日間のプログラム
会場:フィレンツェ札幌
〒064-0805 北海道札幌市中央区南5条西7丁目7-1 フィレンツェ札幌 2階
対象:小学校1年生~6年生まで
内容:プログラミング体験ワークショップ
運営:主催:CA Tech Kids 協力:ホルス・アドヴァイザーズ
コース:小学校1~2年生対象:・Scratchゲーム開発コース ・マイクラプログラミング Juniorコース
小学校3~6年生対象:・Scratchゲーム開発コース ・iPhoneアプリ開発コース ・Webアプリ開発コース ・2Dゲーム開発コース(GameSalad) ・3Dゲーム開発コース(Unity) ・マイクラプログラミング Beginnerコース ・マイクラプログラミング Advanceコース


Tech Kids CAMP

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「LINE FRIENDS STORE」が関西に初上陸。ポップアップストアが9/5より梅田ロフトにオープン
LINE、より安全にユーザーの通信を守る取り組みとして暗号化通信方式「Letter Sealing」の対応を拡大
CA Tech Kids、「敬老の日 LINEスタンプ制作体験ワークショップ」を開催
スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN」がサービスを開始
「Doc Popcorn」が「初音ミク -Project DIVA-」と初コラボ。オリジナルブロマイドをプレゼント








ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ