img04

ソニー・グローバルエデュケーションは、ロボット・プログラミング学習キットKOOV(クーヴ)の法人向けサービスKOOV for Enterpriseの利用者向けに、プログラミング言語Python(パイソン)をベースにした独自開発のテキストプログラミングが学習できるサービスを開始する。併せて、KOOVでより多様な表現を可能にする4種類の新しい電子パーツの国内向けの提供を2020年4月より開始する。

■ブロックで形を作りプログラミングで動きを与える学習キット
KOOVは、ブロックで自由な「かたち」を作り、「プログラミング」によってさまざまな「動き」を与えて、学び、創造力を育成するロボット・プログラミング学習キット。ひとりひとりが違う「かたち」をつくれることをコンセプトにしており、日本のみならず中国、米国へも導入されているグローバルな教材だ。

2016年度グッドデザイン金賞を受賞し、KOOV for Enterpriseは、第15回(2018年度)日本e-Learning大賞(最優秀賞)を受賞するなど様々な教育関係者から評価されており、多くの学校や塾などに導入が進んでいる。

新たに提供を開始するPythonを使った学習が可能なサービスは、主に塾や学校などにおいてビジュアルプログラミングを学び、より高度なテキストプログラミングを学びたい子どもたちへの架け橋として開発された。

テキストプログラミングは一般に難解に捉えられるが、KOOVではビジュアルプログラミングとテキストプログラミングの相互変換が可能なため、これまで慣れ親しんできたビジュアルプログラミングを使いながら、テキストプログラミングを学ぶことが可能となっている。

またビジュアルプログラミングを扱う感覚で、プログラミングブロックをドラッグアンドドロップでテンプレートコードとして使用できるため、タブレット利用の際や、タイピングに慣れていない子どもにも扱いやすいインターフェースだ。

なお、このサービスは中国の小学校で昨年導入しており、日本でも2020年4月以降ワオ・コーポレーションが全国に展開する個別指導Axisや聖光学院高等学校などの教育機関での採用が予定されている。

img01

img02


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
爽やかな酸味と豊かな香りが楽しめる!バターの新しいおいしさ発見!発酵バターを配合した「明治スプレッタブル」
大日本印刷(DNP)が2Dアニメーション制作ツール「Spine」の初級者向けカリキュラムを開発!入門書の販売とオンライン講座の公開を開始
CVは人気声優!家電がしゃべるあの企画が今度はコメディサスペンスで新登場~ハイアールの“連続SNSドラマ”「#目撃家電」公開
シヤチハタから働く女性の声から生まれた文房具“opini”シリーズ「オピニ 手帳のはんこペン」が登場
横浜流星、吉岡里帆、クレヨンしんちゃんまでもがMatt化!?ワイモバイルの新テレビCM、桑田真澄&Matt親子の人類Matt化計画!