ITライフハック

プロジェクター

ソニーがプロデュースする「Life Space Collection表参道」」が期間限定でオープン

無題

ソニーは、ポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」始めとする「Life Space UX」(ライフスペースユーエックス)の商品をインテリアと合わせて展示・販売するライフスタイル提案型インテリアショップ「Life Space Collection 表参道」を開設する。期間は2017年4月15日(土)~6月30日(金)までの2か月半。

「Life Space Collection 表参道」では、リビングやキッチンといった家のさまざまな場所や、料理やアウトドアなどのユーザーの趣味に合わせて、ポータブル超短焦点プロジェクターを使用した16のシーンを提案。空間設計や商品の販売はライフスタイルショップ リビング・モティーフなどを運営するアクシスが行い、家具なども含む提案シーンの商品はご購入いただくことが可能だ。

このほか、本年1月に米国で開催された家電見本市CES 2017で参考展示したLife Space UXコンセプトモデル「新4Kプロジェクター -It's all here-」を、4月15日(土)~4月21日(金)の期間、国内で初めて参考展示を行う。本商品は、壁際に置くだけで大画面を居住空間に作り出し、従来のプロジェクターのようにコンテンツを視聴できるだけでなく、-It's all here(すべてがここにある)-のコンセプトのもと、壁に映し出された膨大な量の音楽のジャケット写真の中から、興味をひく楽曲を見つけ出して試聴するなど、コンテンツとの新しい出会いを体験できる。

ユーザーができる限りスムーズに、さまざまなコンテンツと出会えるようにしたいという想いから、書店やレコード店を“散策”するような感覚で手軽に、自然に操作できる仕組みを検討しているとのことだ。

Life Space UX

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
テーブルモードで遊ぶ時や充電台としてもう1台自分の部屋に置けるNintendo Switch用充電スタンド
パナソニック、ハイレゾを簡単に楽しめるCDステレオシステムを発売
コンパクトながらダイナミックな低音を実現したデスクトップ・サイズのスピーカー「Elevate 3 MKII」
「視覚」×「聴覚」で楽しむ、音で読む新感覚マンガ「SHIORI SOUND EXPERIENCE -Noise-」を公開
サンコー、「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」を発売




1万円以下で自宅にプライベートシアターを作れる最大120インチのプロジェクター

22952_WRUUzLsUwM

上海問屋は、自宅で大画面を映し出し、映画館気分で動画を楽しめる、メディアプレーヤー機能搭載プロジェクターの販売を開始した。価格は9,999円(税込)。

本製品は、自宅で大画面を映し出し、まるで映画館気分で動画を楽しめる、メディアプレーヤー機能搭載プロジェクター。最大120インチまで投影が可能で、迫力の映像を楽しめる。家庭で、手軽に映画館気分を味わうことができる。

HDMIに対応し、用途に応じて様々な機器の入力が可能。パソコンやDVD/ブルーレイプレーヤー、ゲーム機などにつなぎ、映画を楽しむ、会議でプレゼン資料を映す、ゲーム画面を映すなど、楽しみ方、活用方法は多岐にわたる。また、メディアプレーヤー機能搭載で、スマホやデジタルカメラ、ビデオカメラで撮影した写真や動画を、家族や友人と大画面で楽しむこともできる。

画面は25インチから120インチ(投影距離1mから3.8m)に対応。投影角度は、底面のネジで調整、もしくは別売りの三脚を使用することも可能だ。

■製品仕様
投影方式・・・・・・・LCD
スクリーンサイズ・・・25~120インチ ※1~3.8m
解像度・・・・・・・・出力:800×480
           入力:1920×1080
明るさ・・・・・・・・1500ANSIルーメン
コントラスト比・・・・2000:1
アスペクト比・・・・・16:9/4:3
フォーカス・・・・・・手動
LED寿命・・・・・・・ 30,000時間
対応メディア・・・・・SDカード(SDHC/SDXC) 最大256GB ※当店動作確認済
           USBポート数:×2
映像入力端子・・・・・HDMI、3.5mmミニプラグ
音声出力・・・・・・・3.5mmステレオミニ
スピーカー・・・・・・2W×2
対応ファイル形式・・・動画:AVI、FLV、MOV、MP4、VPB、RMVB
           画像:JPEG、BMP、PNG
           音楽:MP3、WMA、AAC、WAV
電源・・・・・・・・・100V 50/60Hz
消費電力・・・・・・・55W
サイズ・・・・・・・・高さ82mm × 幅220mm × 奥行き160mm
重量・・・・・・・・・約811g
付属品・・・・・・・・電源ケーブル、RCAケーブル、リモコン、英語マニュアル
製品保証・・・・・・・購入後 6か月間


22952_SfikduzJYv

22952_BAynetHqyj


DN-914728 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
デスクのコーナーを有効活用する強化ガラスを採用したトライアングルガラススタンド
思い出の写真や動画をTVで見られるAndroid6.0.1搭載HDMIコンパクトメディアプレーヤー
デスク上をオレ様仕様にするディスプレイアーム。ノートPCも同時に置ける
自転車のアクセサリー増設に便利なスマホやサイコンを見やすい位置にできる自転車用エクステンションバー
香りで目覚める優雅な朝を楽しめる目覚まし機能付き Bluetooth接続のアロマディフューザー






充電式で電源不要&接続不要なサイコロ型の超コンパクトプロジェクター

1_000000002743

サンコーは、「指でつまめるミニDLPプロジェクター」を2017年2月20日より発売する。価格は1万5,800円(税込)。

本製品は約47mmサイコロサイズの、指でつまめるほど小さなプロジェクタ-。充電式で電源不要。動画、静止画、音楽などの各種フォーマットに対応する。対応ファイルの入ったMicroSDカードを本体に差し込めば再生が可能だ。

投影方式はDLP方式でコントラストが高く滑らかな映像。投影サイズは最大51インチ相当、明るさ30ルーメン、表示解像度は640×360で文字もつぶれずに読むことができる。

約93gと超軽量なため、好きな所で映像を楽しむことが可能。旅先で写真や動画を映して楽しんだり、パーティでみんなで楽しめる。また、子どもの写真や映像などをMicroSDにデータを入れて、本体ごとプレゼントするのもよいかもしれない。

■製品仕様
・サイズ/幅45×高さ47×奥行47 (mm)
・重量/93g
・充電ケーブル長/740mm※コネクタ含まず
・電源/USBより給電(入力:5V/2A 充電時間: 約3時間)
・明るさ/30ルーメン
・表示解像度/640×360
・再生可能解像度/最大1080P
・アスペクト比/16:9/4:3
・コントラスト比/700:1
・投影サイズ/9~51インチ相当
・投射距離/0.5~3m
・入力/microSDカード(~64GB確認済み)
・対応ファイル
【動画】3GP(H263, MPEG4) /AVI(XVID,DIVX,H264)/MKV (XVID, H264, DIVX)/FLV(FLV1)/MP4 (MPEG4, AVC)/MPG (MPEG1) /VOB (MPEG2)/MPG(MPG-PS)/RMVB (RV40)/MOV (H264)
【静止画】JPEG/BMP/PNG
【音楽】MP3/WMA/OGG/AAC/FLAC/WAV/MP2/AMR
【テキスト】TXT
・出力/3.5mmオーディオミニジャック
・スピーカー/内蔵
・最大駆動時間/40~60分程度 ※使用環境・設定により異なります。
・LEDランプ寿命/約20,000時間
・内容品/本体、充電ケーブル、日本語取扱説明書
・保証期間/12か月


5_000000002743


指でつまめるミニDLPプロジェクター

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
最大解像度16,000dpiのMOBA/MMO特化型ゲーミングマウスが登場
Steamコントローラー、Steamリンクをドスパラ・パソコン工房・グッドウィルで販売
JAPANNEXT、4K対応の55型曲面液晶ディスプレイ「JN-VC550UHD」を発表
人気の14インチハイコスパノートがApollo Lakeにアップグレードして再登場
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント





アップルがiPhone 7 および 7 Plusを発表【先週のまとめ】

iphone7


先週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を流した。興味深い記事としては、アップルがiPhone 7 および 7 Plusを発表した。8日(木)の記事を振り返ってみよう。

おサイフケータイのiPhone登場! アップルがiPhone 7 および 7 Plusを発表!
アップルは米国で発表会を行い同社のスマートフォンの新モデルとなる「iPhone 7」および、大型サイズの「iPhone 5 plus」を発表した。画面サイズはiPhone 7が4.7インチ、iPhone 7 Plusが5.5インチと前モデルから変わっていない。カラバリとして新色として「ジェットブラック」と呼ばれるテカテカ系の黒(いわゆるピアノブラック)、これにテカテカしてないつや消しブラックの「ブラック」、黒だけで2色が追加され全部で5色のバリエーションとなっている。


「初音ミク」とコラボレーションしたステレオヘッドホンをソニーストアにて販売開始
ソニーストアは、「初音ミク」とコラボレーションしたハイレゾ対応ステレオヘッドホン「h.ear on (MDR-100A) 初音ミクモデル」を、2016年9月12日(月)11時より10月25日(火)11時までの期間限定および数量限定で販売する。価格は2万3,900円(税抜)。今回のコラボレーションモデルは、「MIKU MODEL」と「PRODUCER MODEL」の2種類。本製品は、ハウジング部分に、オリジナルデザインを刻印するというもの。刻印できるデザインは、3人の「初音ミク」楽曲プロデューサーにちなんだデザイン3種類の中から1つを選べる。オリジナルパッケージに入れてお届け。


「人工知能演奏システム」でリヒテルの演奏が蘇る。ベルリンフィルメンバーとの息のあった共演を披露
ヤマハは、2016年5月19日(木)に東京藝術大学奏楽堂で開催されたコンサート「音舞の調べ~超越する時間と空間~」に技術協力を行い、同社が開発した「人工知能演奏システム」を用いて、20世紀のピアノの巨匠、故スヴャトスラフ・リヒテル(以下、リヒテル)の往年の演奏を同社の自動演奏ピアノ「Disklavier」(ディスクラビア)で忠実に再現するだけでなく、世界的名演奏家集団であるベルリンフィル・シャルーンアンサンブルの演奏に合わせてその演奏を柔軟に変化させ、息のあったアンサンブルとして披露することに挑戦した。


日本エイサー、3D対応フルHDプロジェクター「H6502BD」を発売
日本エイサーは、3D対応フルHDプロジェクター「H6502BD」を2016年9月8日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は8万5,000円前後(税別)。本製品は、ビジネス・ホームユースに最適な3D対応フルHDプロジェクター。搭載されているColorBoost3D(カラー・ブースト3D)テクノロジーは、DLPチップとランプ出力を調節して、3D映像時の明るさと色再現性を高める機能。3Dメガネを装着した際の、明るさ・色味の低下を抑え、鮮明で色彩豊かな3D映像を体感できる。


ドスパラ、「Vive」が快適に動作する推奨ノートパソコン2機種の販売を開始
サードウェーブデジノスは、VRデバイス「HTC Vive」が快適に動作するPCとして、最新の「Pascal」アーキテクチャ GeForce GTX 10シリーズを搭載したノートパソコン「GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル QSF1070HGS」および「GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル QSF1060HGS」を発売した。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
MVNO事業「LINEモバイル」2万契約限定で先行販売を開始
ファーウェイ、プレミアムオーディオとマルチメディア技術を搭載した「HUAWEI MediaPad M3」を発表
ロジクール、9.7インチiPad Pro向けバックライト付きキーボードケースを発売
リンクス、ウレタン素材を採用した柔らかいスマホVRゴーグルを発売
ソフトバンク、「ギガカップヌードルプレゼントキャンペーン」を7月29日より開始





日本エイサー、3D対応フルHDプロジェクター「H6502BD」を発売

H6502BD_sku_preview
日本エイサーは、3D対応フルHDプロジェクター「H6502BD」を2016年9月8日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は8万5,000円前後(税別)。

本製品は、ビジネス・ホームユースに最適な3D対応フルHDプロジェクター。搭載されているColorBoost3D(カラー・ブースト3D)テクノロジーは、DLPチップとランプ出力を調節して、3D映像時の明るさと色再現性を高める機能。3Dメガネを装着した際の、明るさ・色味の低下を抑え、鮮明で色彩豊かな3D映像を体感できる。

「いつでも美しい映像」を追及した ColorSafe II テクノロジー搭載により、長時間の使用による色味の劣化を抑止してくれる。また3D対応再生機器、3Dコンテンツ、DLP3D対応メガネを使って迫力ある3D映像を簡単に楽しめる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
PC-9801などが「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」に登録
AntecとRazerコラボレーションPCケース「Cube-Designed by Razer」が登場
マウスのG-TuneからGeForce GTX 1070 / 1080 とCPU&GPUダブル水冷システム搭載の最新モデル
ロジクールよりコンパクトでカラフル、そして気軽に使えるワイヤレスキーボード&マウスのセットが登場
レノボ、最新GPU搭載ハイパフォーマンス・タワー型ゲーミングPCほか2機種を発売








ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ