ITライフハック

ヘッドセット

Kingston Technologyのゲーミングブランド「HyperX」が東京ゲームショウで新しい周辺機器のフルラインナップを発表

7b722da125

Kingston Technologyのゲーミング部門であるHyperXは、2019年9月12日より開催されている東京ゲームショウ2019で、日本の新時代の幕開けに合わせて新しいPC周辺機器のシリーズを発表した。

今回導入されたのは、ゲーミングヘッドセットのラインナップに新しく加わったCloud Alpha Sのほか、HyperX Pulsefire DartワイヤレスゲーミングマウスやHyperX ChargePlay Base Qiワイヤレス充電器を含めたQi認証のワイヤレス充電製品シリーズなど。

「HyperX Cloud Alpha Sゲーミングヘッドセット」は新しいCloud Alpha Sは調整可能な低音域スライダーを備えているため、低音を3段階で微調整できる。また、カスタムチューニングされたオーディオコントロールボックスとHyperX 7.1サラウンドサウンド6を搭載している。ゲームとチャットの音声バランスを制御でき、それぞれの音量を個別に調整できる。

Cloud Alpha Sはデュアルチャンバーテクノロジーを搭載し、驚くほど広い音域と音質によりゲームサウンドを忠実に再現する。デュアルチャンバーは低音域を中音域と高音域から分け、ゲーム、音楽、映画に没入できる、より現実的でダイナミックなサウンドを生み出してくれる。Cloud Alpha Sは、東京ゲームショウのHyperXブースで展示されるほか、、Amazonで1万4,980円で限定プレオーダー受付中だ。

HyperXでは、ゲームに関して究極的な自由と利便性をゲーマーの皆さまにお届けしたいと考えているとのこと。その一例が成長を続けるワイヤレス充電器のエコシステムだ。HyperX初のワイヤレスゲーミングマウスであるPulsefire Dartは、2.4 GHzのワイヤレス周波数で動作し、Pixart 3389センサー、3種類のプリセットされたDPI設定とLEDインジケーター(800/1600/3200)、および最大16000 DPIまでのネイティブDPI設定を利用可能だ。

オムロン製スイッチを使用した左右のマウスクリックボタンは個別にデザインされており、高速応答時間とスイッチごとに5000万回のクリック耐性を誇る。RGBライト効果の高度なカスタマイズ機能、6つのプログラムを設定できるボタンとマクロが、HyperX NGENUITYソフトウェアを使用して自由に設定できる。Pulsefire DartはQi認証ワイヤレス充電器3 と互換性があり、1回の充電で最大50時間という駆動時間の長さが特徴だ。4 Pulsefire Dartは東京ゲームショウのHyperXブースで展示される。また、Amazonで1万2,980円で限定プレオーダー受付中だ。

6e7edaae4e

4d5ed99690


■Cloud Alpha S(HX-HSCAS-BL/WW)
https://hyperx.gg/2lPw4v1
■Pulsefire Dart(HX-MC006B)
https://hyperx.gg/2k10TfU

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
CFD販売、PowerColor製 Radeon RX 5700、RX 5700 XT搭載ビデオカードを発売
クラウドファンディングをスタート!折りたためる超薄型超軽量パソコンスタンド「VINCI」
デルが最新第10世代インテルCoreプロセッサー搭載の個人向けPC12機種を順次発売
デル、XPSシリーズなど最新製品を体験できる「DELL Design Labo」第二弾を表参道ヒルズにオープン
グリーンハウスから約700gと軽量で厚さ9mmの薄型でケーブル1本でつながる15.6型フルHDモバイルディスプレイ






ロジクール、同社初のマイク音調整機能「Blue VO!CEテクノロジー」を搭載したヘッドセットを発売

High_Resolution_PNG-Pro Headset Gallery 1

ロジクールは、ゲーミングブランド「ロジクールG」よりヘッドセット「ロジクールG PRO Xゲーミングヘッドセット」「PRO ゲーミングヘッドセット」を発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はPRO Xが1万7,500円(税抜)、PROが1万3,880円(税抜)。

「PRO(プロ)」は、eスポーツアスリートの協力のもと、プロのeスポーツシーンで求められる機能を搭載したシリーズで、クリアで正確な音が聞こえるよう開発されたPROゲーミングヘッドセットは、世界中のプロ選手や公式大会で使用されるなど、その性能と優れた装着感が高く評価されているが、ハイレベルなプレイのために音声伝達機能のさらなる充実が求められていることから、製品を刷新することとなったとのこと。

音もクリアに再生し、長時間着用しても快適にプレイできるベーシックモデルと、Logitech Internationalが昨年買収したマイクブランドBlue Microphonesの技術を活用した、ロジクール初のマイク音調整機能Blue VO!CEテクノロジーを搭載したDTX サラウンドサウンド対応プレミアムモデルの2製品を発売する。

ロジクール

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
LAVIE新モデル追加でPC-8001 を細部まで再現した記念品「PasocomMini PC-8001」登場
デル史上最小の13インチ2-in-1「New XPS 13 2-in-1」を発表
デル、XPSノートパソコン最新製品を体験できる期間限定ポップアップ ストア「DELL Design Labo」表参道ヒルズにオープン
ゲーミングPC「GALLERIA」がにじさんじとコラボレーションして動画配信
ユニットコム、iiyama PCより、最新のGeForce RTX SUPERシリーズを搭載したBTOパソコンを発売





脳に響く重低音&迫力サウンドのバーチャル7.1ch 対応6ユニットヘッドセット

czMjYXJ0aWNsZSMyMjk1MiMyMjMwOTgjMjI5NTJfdEloc1dmTUZIdi5qcGc

上海問屋は、バーチャル7.1chの迫力のサウンドを体感できるヘッドセットを発売した。価格は6,980円(税別)。

本製品は、カラフルに光るバーチャル7.1チャンネルのヘッドセット。内部に合計6個のユニットを内蔵している。ヘッドフォン内部に、4cm、3cmの各スピーカーと、振動ユニットが内蔵されている。

ケーブルについているコントローラーで、ボリューム設定、LEDの点灯や消灯、振動ユニット、並びにマイクのオンオフが可能だ。振動ユニットによる脳に響くサウンドを楽しんでみてはいかがだろうか。

■製品仕様
インターフェイス・・・・・・・・USB
スピーカーサイズ(2unit)・・・・40mm/30mm
振動ユニット・・・・・・・・・・30mm
再生周波数帯域・・・・・・・・・20-20KHz
インピーダンス・・・・・・・・・2.2±0.15M
動作電圧・・・・・・・・・・・・C5V±5%
動作電流・・・・・・・・・・・・100mA
マイクサイズ・・・・・・・・・・97 × 45mm
マイク感度・・・・・・・・・・・-38±3dB
マイクインピーダンス・・・・・・2.2KΩ
重量・・・・・・・・・・・・・・約420g
ケーブル長・・・・・・・・・・・2.2±0.15M
製品保証・・・・・・・・・・・・購入後 初期不良2週間


czMjYXJ0aWNsZSMyMjk1MiMyMjMwOTgjMjI5NTJfWEt3d1BIdGhlcy5qcGc

7.1ch 6ユニットヘッドセット

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
マウスコンピューター、最新の第9世代CPUとGeForce GTX 1650搭載17.3型大画面ノートPCを発売
ENERMAX製のドスパラ限定PCケース「CoreIcer」を発売
ドスパラ会員を対象にAMD最新X570チップセット搭載マザーボードが当たる来店チェックインキャンペーンを開始
ユニットコム、パソコン工房 Webサイトでお買い得アイテムがたっぷり詰まった「プレミアムフライデー特集」を開催
エプソンの新サービスはLINEからプリントできる! LINE公式アカウント「Epson Printer」提供開始






GDCでOculusが新しいPC向けVRヘッドセット「Oculus Rift S」を発表

39003238_553890038438069_5305249015401545728_n

OculusはGDCで新製品となる「Oculus Rift S」を発表した。

■より没入感に浸れる新モデル
トラッキング技術「Oculusインサイト」塔載の利便性と、PCのパワーをフル活用できる性能を備えた新しいVRヘッドセットだ。Riftプラットフォームをベースに開発されたRift Sなら、ゲームファンもテクノロジーファンも、最も没入感の高いVRコンテンツにアクセスできる。発売時期は2019年春、価格は4万9,800円を予定している。

Rift Sは従来のRiftの後継モデルで、ディスプレイの解像度と光学系が改良された。さらに、ヘッドセットを外さなくても周囲の実世界を見ることができる機能「Passthrough+」が追加された。

Rift SはRiftのプラットフォームで機能するので、箱を開けたその日から、没入感の高い人気のVRタイトルを遊ぶ事ができる。光学系やディスプレイ技術の向上により、ピクセル密度が高くなり、よりシャープになった映像で、さらに没入感の高いゲーム体験を実現した。Riftでプレイするゲームが今まで以上にきれいに見えるとのこと。

Rift Sの開発にあたり、OculusはLenovoと協力することで、同社のVRおよびAR空間の経験とLenovo LegionゲーミングコミュニティからのフィードバックをRift Sに生かすことができたそう。Lenovoとの共同開発により、Rift Sでは快適性、重量バランス、遮光性などが向上し、またケーブルが一本になった事により、より快適な体験を提供できるようになった。Rift Sには、Oculus QuestやOculus Goと同じ統合オーディオシステムが搭載されており、自分の好みのヘッドフォンを使用できるヘッドフォンジャックも用意されている。

Questと同様、Rift Sには最新鋭のインサイドアウトトラッキング技術であるOculusインサイトが搭載されている。外部センサーは不要で、Oculusインサイトで簡単にゲームの世界に飛び込める。コンピュータービジョンアルゴリズムを使用するOculusインサイトは、リアルタイムで周囲の実際の環境情報を読み込み、VR空間内に反映し、安全に遊べるように誘導する。

Rift Sヘッドセットには、既存のRiftライブラリに対応しトラッキング範囲が最大となるように、5つのセンサーが取り付けられている。インサイドアウトトラッキングに合わせて設計が見直されたOculus Touchコントローラーでは、これまでと同様のハンドプレゼンスとインプットで、VR内のオブジェクトをつかんだり、指定したり、ジェスチャーをすることができる。

Oculusはまた、真の立体補正パススルー機能「Passthrough+」を導入した。これは、ASWを含むコアOculusランタイムの技術進歩を活用したもので、奥行き差やパフォーマンスに与える影響を最小限に抑えて快適な利用体験を実現する。特に、プレイエリアの外を見たりエリア外に出る必要があるときに便利な機能だ。

RiftとRift Sはコアプラットフォームが共通のため、現在Riftを持っている人は、引き続きソフトウェアアップデートを利用できる。また、どちらの製品でも、現在リリースされているゲームはもちろん、今後リリースされるゲームも同様に使用できる。

Oculis Rift S

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
iiyama PC「LEVEL∞」より「PUBG JAPAN SERIES season2 推奨ゲーミングPC」新モデル発売
働くあなた必見!タイピングが楽しくなるマイ・キーボード!超薄型ワイヤレスメカニカルTaptek
企画・監督・主演・主題歌まで現役大学生たちが携わった富士通のWeb動画「Wednesday Girlfriend」が公開中
薄型軽量で持ち運べるハイエンドゲーミングノートにGeForce RTX 2070 Max-Q / 2060 搭載マシンが登場
ミドルレンジ最強クラスのGeForce GTX 1660 Tiが新登場!価格は279ドルから

Oculus Rift
Oculus
2018-12-20




「プレイステーション4 Pro」、「グレイシャー・ホワイト」を2018年3月8日(木)より数量限定発売

PS4_7000_GlacierWhite_01

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、日本国内に向けて、2017年9月に数量限定で販売した「プレイステーション4 Pro」(PS4Pro)「グレイシャー・ホワイト」を、好評なため2018年3月8日(木)より改めて数量限定で発売する。価格は4万4,980円(税別)。

通常ラインナップである「ジェット・ブラック」に加え、「グレイシャー・ホワイト」の2色から、好みに合わせたPS4Proを選び、4Kクオリティの画質や安定した高速なフレームレートなどによる高品質なPS4体験を楽しめる。

また同日より、「ワイヤレスサラウンドヘッドセット」の最新モデルも発売する。価格は1万2,000円(税別)。本製品はより快適に使用できるよう約22%の軽量化を実現、「プレイステーションVR」(PS VR)を使用しているときでもいままで以上に心地よく装着できるようデザインされている。

■商品概要
商品名称:「プレイステーション4 Pro」
色名称:グレイシャー・ホワイト
型番:CUH-7100シリーズ
メインプロセッサー:Single-chip custom processor
CPU: x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores
GPU: 4.20 TFLOPS, AMD Radeon? based graphics engine
メモリ:GDDR5 8GB
ハードディスク:1TB
外形寸法:約 295mm×55mm×327mm(幅×高さ×奥行き)(最大突起含まず)
質量:約 3.2kg
光学ドライブ(読み出し専用):Blu-ray Disc 6倍速CAV、DVD 8倍速CAV
入出力:Super-Speed USB (USB 3.1 Gen.1)ポート×3、AUXポート×1
通信:Ethernet (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)×1、IEEE 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetoothv4.0
電源:AC 100V、50/60 Hz
消費電力:最大310W
動作環境温度:5℃ - 35℃
AV出力:HDMI出力端子(4K / HDR出力対応)、光デジタル出力端子

商品名称:ワイヤレスサラウンドヘッドセット
型番:CUHJ-15007
対応ハードウェア:「プレイステーション4」、「プレイステーション4 Pro」、「プレイステーションヴィータ」(PS Vita)
バッテリー電池種類:内蔵型リチウムイオン充電池
電圧:DC 3.7 V
電池容量:570 mAh
外形寸法:
・ワイヤレスヘッドセット:
約 201 mm×172 mm×91 mm(幅×高さ×奥行き)
・ワイヤレスアダプター:
約 48 mm×18 mm×9 mm(幅×高さ×奥行き)
質量:
・ワイヤレスヘッドセット:約230 g
・ワイヤレスアダプター:約6 g
通信システム:2.4 GHz RF
内容物:
・ワイヤレスヘッドセット×1
・ワイヤレスアダプター×1
・音声ケーブル×1
・USBケーブル×1
・印刷物一式


HeadSet_CUHJ-15007_02


プレイステーションカスタマーサポート

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
ボイスレコーダーにもなるポケットサイズのフルHD小型カメラ「レンズが回転するポケットカメラ『マワッ撮る』」
LIXILとローランドが「音」にこだわったトイレ用音響装置を共同開
パナソニック、ノイズキャンセリング搭載でハイレゾ対応のワイヤレスステレオヘッドホンを発売
ソフトバンク コマース&サービス、個性を学習するパートナーロボット「ユニボ(家庭向け)」取扱い開始
JAPANNEXT、4K、HDMI 2.0、60Hz FreeSync 24型ワイド液晶ディスプレイ「JN-IPS240UHD」発表

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7100BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2017-09-11



HyperX、「Cloud Alpha」などのゲーミングデバイス3製品を発売

20171102_2

マイルストーンは、Kingstonのゲーミングブランドである「HyperX」のゲーミングヘッドセット「HyperX Cloud Alpha」および、ゲーミングキーボード「HyperX Alloy Elite」「HyperX Alloy FPS Pro」の計3製品を、2017年11月2日(木)より発売する。

HyperX Cloud Alphaは革新的なデュアルチャンバードライバーを備えたゲーミングヘッドセット。デュアルチャンバードライバーにより低音と中高音が分離し、音の歪みを抑え、クッキリ・ハッキリとしたオーディオを再生する。

装着感にもこだわっており、大型のイヤーカップにはソフトでしなやかなレザートレット製パッドを採用。高耐久のアルミニウムフレームのヘッドバンドは頭のサイズに合わせてサイズ調整が可能だ。また、断線しにくく柔らかい布巻きケーブルと、DiscordとTeamSpeakによって認定された優れたノイズキャンセリングマイクは、取り外しが可能で持ち運びにも最適だ。価格は1万3,220円(税別)。

インラインオーディオコントロールはマルチプラットフォームに対応し、PC、PS4、Xbox One、3.5mmポートを持つその他のプラットフォームで使用できる。

HyperX Alloy Eliteメカニカルゲーミングキーボードは、外見の美しさとゲーミング性能の両方を重視するプレイヤーに最適なキーボード。機能性の高いこのキーボードは、マルチメディアキー、USB 2.0パススルー、ゲームモード、アンチゴースト、Nキーロールオーバーを備え、どんなニーズにも応えてくれる。

フレームは耐久性を追求した強固なスチール製。長時間のハードなゲームプレイに耐え、猛烈なアクションでも利用可能。キースイッチはCHERRYR MXを採用。青軸・赤軸・茶軸の3種類からプレイスタイルに合わせたスイッチを選択できる。さらに、取り外しが可能なリストレストと、最も重要なゲーミングキーを強調するHyperXチタンカラーで表面が加工されたキートップも付属する。価格は1万5,480円(税別)。

HyperX Alloy FPS Proメカニカルゲーミングキーボードは、重要なキーのみを備えたコンパクトなテンキーレスモデル。高い耐久性、高い信頼性、高いレベルのプレイを追求して設計されている。

信頼性の高いCHERRYR MXキースイッチ、強固なスチールフレーム、取り外し可能なケーブル、ゲームモード、100%アンチゴースト、Nキーロールオーバーなど、本気のFPSプレイヤーがキーボードに求めるもののすべてを備えている。プロのFPSプレイヤーにも、カジュアルプレイヤーにも、HyperX Alloy FPS Proはぴったりのキーボードだ。価格は1万3,380円(税別)。

20171102_3

20171102_4


HyperX Cloud Alpha
HyperX Alloy Eliteメカニカルゲーミングキーボード
HyperX Alloy FPS Proメカニカルゲーミングキーボード

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
アスク、TPCast製のVive用ワイヤレスキット「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」を発売
アスク、Synology製NAS「DiskStation DS218j」をはじめとするホームユーザー向けNASキット3製品を発表
USBポートに差すだけで高音質化!USBサウンドクオリティアップグレーダー「APS-DR005」
握るように持つから使いやすいUSB接続垂直型RGBエルゴノミクスマウス
クリエイター向けPCブランド「raytrek」が同人誌即売会「COMIC1☆12」に出展






振動で射撃や爆発音がよりリアルに体感できるゲーミングヘッドセット

22952_tUhmDJYsEq

上海問屋は、30mmの振動ユニットを搭載し、ゲームの臨場感を向上させるゲーミングヘッドセットの販売を開始した。価格は2,999円(税込)。

本製品は、30mmの振動ユニットを搭載したゲーミングヘッドセット。ドライバユニットと一緒に30mmの振動ユニットが埋め込まれており、低域の周波数に反応して振動する。そのため、セリフには反応せず、効果音で振動が発生。シューティングゲーム(FPS)など、射撃や爆発音が激しいゲームで効果を発揮する。音の強弱に、振動の大きさも比例する。

ヘッドセット本体に、振動のON/OFF、ボリューム、マイク機能を搭載。また、グリーンに光るLEDもセットされている。イヤーパッドは、柔らかい素材で装着感も快適。

■製品仕様
ドライバユニット・・・ダイナミック 50mm
振動ユニット・・・・・30mm
周波数帯域・・・・・・20Hz-20KHz
感度・・・・・・・・・108dB±3dB
インピーダンス・・・・32Ω
インターフェース・・・イヤホン:3.5mmミニプラグ
           マイク:3.5mmミニプラグ
電源・・・・・・・・・USB/5V
サイズ・・・・・・・・高さ230mm×幅190mm×奥行105mm
ケーブル長さ・・・・・230cm
重量・・・・・・・・・約416g
製品保証・・・・・・・購入後6か月間


22952_wXKnROwAMN


DN-914657 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
音楽を聴きながら周囲の音も聞こえるから安心の有線式骨伝導イヤホン
車のシートのスキマを有効活用する車載コンソールボックス用収納ケース
メカニカルキーボードをグッとオシャレにする交換用のタイプライター風キートップ
台座部分が360度回転する小型のスマホ・タブレットスタンド
見た目はすっきりしてるけど、高機能な4 in1 マルチ変換USBケーブル






3000円台のハイレゾ対応ヘッドセットが登場【今週のまとめ】

22952_YZhAAroCsb


今週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を流した。興味深い記事としては、3000円台のハイレゾ対応ヘッドセットが登場した。まずは、12日(月)の記事を振り返ってみよう。

漢は黙って二枚差し! ドスパラからGeForce GTX 1080 SLI搭載PCが発売
サードウェーブデジノスは、圧倒的な性能を備えたハイエンドグラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1080 2枚をSLI接続で搭載した超高性能パソコン「GALLERIA ZG-SLI」を発売する。価格は29万9,980円(税別)。NVIDIA GeForce GTX 1080 は、新世代「16nmプロセス」と「Pascal」アーキテクチャを採用し、前世代の GeForce GTX 980 にくらべて演算用のCUDAコアを2048→2560ユニット、動作クロックは1126→1733MHzに大幅強化されている。


コスパ最高! 税込みで4000円を切るハイレゾ対応ヘッドセット
上海問屋は、コストパフォーマンスに優れた、14.3mm大口径ドライバ搭載で高音質を実現するイヤイン型ハイレゾ対応ヘッドセットの販売を開始した。価格は3,999円(税込)。本製品は、どんなジャンルの音楽にも適応できるハイレゾ音源対応ヘッドセット。ハイレゾ音源とは、一般的な音楽CDよりも、録音したマスターに近い情報量を持つ高解像度の音楽データで、情報量が多く、CDでは再生できない空気感や臨場感を表現することができる。


「INGRESS」の世界的イベント“Via Lux Setouchi - XM Satellite Anomaly”をニコ生で生中継
ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、2016年9月24日(土)に世界各地で開催される、スマートフォン向けゲームアプリ「INGRESS」の世界イベント“XM Anomaly - Via Luxシリーズ”の日本・瀬戸内会場の模様が現地より生中継される。


VRも快適に動作する自作PCセットに最新のMSI製パーツを使用した「パーツの犬モデルM-101」が登場
ドスパラは、2016年9月9日(金)より、最新のMSI製マザーボードおよびMSI製グラフィックスカードを採用した自作パソコンセット「パーツの犬モデルM-101」の販売を開始した。本製品は、マザーボードに「MSI H170 GAMING M3」、グラフィックカードに「MSI GeForce GTX 1070 GAMING X 8G」を搭載。3Dゲーム、動画編集、画像編集など、様々な用途で快適に使用できる。もちろん、今話題のVRコンテンツにもおすすめだ。


開学70周年「金沢美大同窓会 金の美大展覧会」参加展!田保橋淳展「曼陀羅妖華」を開催へ【Art Gallery M84】
歌舞伎座(東京・銀座)の真裏に佇むギャラリー「Art Gallery M84」は2016年9月19日(月)より田保橋淳展「曼陀羅妖華」を開催する。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
LEGOブロックでデコれるUSB接続のゲーミング向け英語キーボード
iPhoneと連携して電話やメールの着信がわかる!100灯のLEDライトで色々遊べるBluetoothスピーカー
液晶ディスプレイの上に小物を乗せられる取付用メディアプレーヤー設置トレイ
ぶれずにスマホの動画撮影が可能に!スマホ用スタビライザー販売開始
省スペースでコンパクトな光るUSBキーボード


コスパ最高! 税込みで4000円を切るハイレゾ対応ヘッドセット

22952_YZhAAroCsb
上海問屋は、コストパフォーマンスに優れた、14.3mm大口径ドライバ搭載で高音質を実現するイヤイン型ハイレゾ対応ヘッドセットの販売を開始した。価格は3,999円(税込)。

本製品は、どんなジャンルの音楽にも適応できるハイレゾ音源対応ヘッドセット。ハイレゾ音源とは、一般的な音楽CDよりも、録音したマスターに近い情報量を持つ高解像度の音楽データで、情報量が多く、CDでは再生できない空気感や臨場感を表現することができる。

14.3mmダイナミックドライバによる高音質サウンドは、高音を伸びやかに鳴らしつつ、中・低音域もバランスよく表現し、ナチュラルで開放感のあるサウンドを実現。かつ、コストパフォーマンスに優れたハイレゾヘッドセットだ。

本製品にはS/Lサイズの交換用イヤーキャップ(Mサイズはあらかじめイヤホンに装着)が付いていて、耳にピッタリのサイズを選べる。形状、サイズも着け心地に配慮されていて、快適に音楽を楽しむことができる。ケーブルは頑丈にコーティングされていて、断線のリスクも最小限のため、長く使うことができるだろう。

■製品仕様
ドライバユニット・・・・14.3mmダイナミック型
再生周波数帯域・・・・・5Hz~40kHz
最大入力・・・・・・・・20mW
感度・・・・・・・・・・98db/1mW
インピーダンス・・・・・32Ω
接続プラグ(接続端子)・・3.5mm 3極ミニプラグ
ケーブル長さ・・・・・・約1.2m(Y型)
付属品・・・・・・・・・イヤーキャップ(S/M/L)※Mはイヤホンに装着
製品保証・・・・・・・・お買い上げ後 初期不良2週間


22952_GwPpaiwTtn


DN-914019 上海問屋限定販売ページ
上海問屋

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
LEGOブロックでデコれるUSB接続のゲーミング向け英語キーボード
iPhoneと連携して電話やメールの着信がわかる!100灯のLEDライトで色々遊べるBluetoothスピーカー
液晶ディスプレイの上に小物を乗せられる取付用メディアプレーヤー設置トレイ
ぶれずにスマホの動画撮影が可能に!スマホ用スタビライザー販売開始
省スペースでコンパクトな光るUSBキーボード






40以上のゲームを動作確認!安心して購入できるパソコンが登場【PC関連記事】

GALLERIA_Gamemaster


先週も様々なニュースがあった。パソコンに関連したニュースでは、イヤホンのように手軽に使用できるゲーミングヘッドセットや、40以上のゲームを動作確認したパソコンなど、面白い商品が登場した。
そこで今回は、ITライフハックの記事の中からパソコンに関連した記事をお届けしよう。

COUGARからゲーミングマウス「Revenger」と超軽量ゲーミングヘッドセット「MEGARA」が登場
RevengerはPixArtの最上位光学センサー「PMW-3360」を搭載するモデルで、最高12,000DPIの読み取り解像度に対応。MEGARAはイヤホンのように手軽に使用できるゲーミングヘッドセット。独自のデュアルマイク機構によってクリアな音声通話を可能しており、ゲームのみならずカジュアルユースにおいても利用可能だ。


デル、24インチゲーミングモニタ「S2417DG」を販売開始
「S2417DG」は、2015年10月より販売開始した人気のゲーミングモニタ「S2716DG」の24インチモデルとして、省スペースでも高次元でゲームを楽しむことができる。


遊べるゲーム続々! サードウェーブデジノス、GALLERIA Gamemasterシリーズ製品発売開始
サードウェーブデジノスは、国内外人気ゲームを徹底的に動作確認し、誰でも安心して購入できる「GALLERIA Gamemaster」を、2016年 8月18日(木)より発売開始する。40以上のゲームの動作確認を行い、購入者には午前1時までトラブル時にサポートを受け付ける。


ドスパラよりPascalアーキテクチャーのGeForce GTX 10シリーズGPUを搭載したゲーミングノートPCが登場
本製品は、前世代のMaxwellアーキテクチャから約3倍という大幅な性能向上を実現した、 デスクトップクラスの描画性能を持ち、PCゲームを快適に楽しむことのできる最新世代のPascalアーキテクチャを採用した「NVIDIA GeForce GTX 1070」「NVIDIA GeForce GTX 1060」を搭載した。


滑らかなマウスの操作感を実現するアルミ製マウスパッド
本製品は、アルミニウム素材を使用したマウスパッド。従来の布製マウスパッドと比べ、マウスの滑りが良く、耐久性が高いので長く使えるのが特徴だ。滑らかなマウス移動により手首への負担が減るので、長時間の操作でも疲れにくくなる。素早いマウス移動が求められるゲーミング用途にもおすすめ。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
iPhoneで使えるデジタルガジェット!木工作家が手がけた木製スピーカーが登場【iPhone関連記事】
これだけは覚えておきたいExcelテクニック【人気記事のまとめ】
Amazon、「ゲーミング PC デバイスストア」をリニューアルオープン
パーツを組み合わせて自分好みの形にカスタマイズ可能なゲーミングマウス
手のひらサイズで気軽に置ける!直感的な操作できる、コンパクトデスクトップPC「ASUS Chromebox」







COUGARからゲーミングマウス「Revenger」と超軽量ゲーミングヘッドセット「MEGARA」が登場

revenger-megara


マイルストーンは、ハイエンドPCパーツ&ゲーミングデバイスブランド COUGAR のゲーミングマウス「Revenger」および、ゲーミングヘッドセット「MEGARA」を2016年9月2日(金)より販売開始する。



RevengerはPixArtの最上位光学センサー「PMW-3360」を搭載するモデルで、最高12,000DPIの読み取り解像度に対応。市場想定価格は9,280円(税込)。

MEGARAはイヤホンのように手軽に使用できるゲーミングヘッドセット。独自のデュアルマイク機構によってクリアな音声通話を可能しており、ゲームのみならずカジュアルユースにおいても利用可能だ。市場想定価格は4,280円(税込)。

■COUGAR Revenger製品仕様
センサー:PixArt PMW3360 光学式ゲーミングセンサー
解像度:100-12,000 DPI
オンボードメモリ:○
スイッチ:オムロンマイクロスイッチ
最大トラッキング速度:250 IPS
最大加速度:50 G
ポーリングレート:1000Hz / 1ms
ソフトウェア:COUGAR UIX? SYSTEM
ボタン数:6(プログラマブル)
インターフェイス:金メッキUSBプラグ
ケーブル長:1.8m
寸法:135(L) X 70(W) X 45(H) mm
重量:120g(ケーブルを除く)
対応OS:Windows XP 32bit/64bit, Windows Vista 32bit/64bit, Windows 7 32bit/64bit, Windows 8 32bit/64bit, Windows 8.1 32bit/64bit, Windows 10 32bit/64bit

■COUGAR MEGARA製品仕様
ヘッドホン
・ドライバーサイズ:13.5mm
・最大出力:10mW
・感度:92dB ± 3dB
・インピーダンス:16Ω +/- 15%
・周波数:20Hz - 20kHz
ブームマイク ・指向性:無指向性
・周波数:100Hz to 5kHz
・感度:-44dB ± 4dB
・インピーダンス:2.2kΩ
インラインマイク ・指向性:無指向性
・周波数:100Hz to 5kHz
・感度:-42dB ± 4dB
・インピーダンス:2.2kΩ
接続方式:3.5mm4極ミニプラグ ※分岐ケーブル付属
付属品
・3.5mm音声・マイク分岐ケーブル
・イヤーチップ
・ブームマイク
寸法:L118mm x W32mm x H30mm
重量:45g
保証:1年間


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
遊べるゲーム続々! サードウェーブデジノス、GALLERIA Gamemasterシリーズ製品発売開始
手のひらサイズで気軽に置ける!直感的な操作できる、コンパクトデスクトップPC「ASUS Chromebox」
ドスパラ、GeForce GTX 1080搭載の「Alliance of Valiant Arms」推奨パソコン ベテランモデルを発売
液晶ディスプレイの上に小物を乗せられる取付用メディアプレーヤー設置トレイ
夏はやっぱり水冷だ! Thermaltake 水冷PC組立実演イベントを実施






長時間のプレイもノンストレスなゲーミングヘッドセットが登場

ドスパラ上海問屋は、長時間のプレイ時にもノンストレスで使用可能なゲーミングヘッドセットを、2016年1月8日より販売開始した。価格は3,499円(税込)。
続きを読む

ツーリング中でも通話やBGMが聴ける! ヘルメット用Bluetoothヘッドセット

暑い夏もようやく過ぎ去り、涼しくなってきた。ライダーたちにとって、自慢の愛車で仲間たちとツーリングに出かける季節がやってきた。複数台でツーリングしているときにサインだけでも最低限の意思の疎通は可能だが、細かいニュアンスを伝えるとなると難しい。そこでおススメしたいのがツーリングの必需品とも言える、Bluetoothバイク用ヘッドセットだ。

続きを読む

首にかけたままでも使えるiPhone向けのオシャレなBluetoothヘッドセット

ヘッドセットは、耳に装着した状態で利用するのが基本だが首にかけたままでも通話や音楽再生ができるネックバンド式のユニークな商品が登場した。

続きを読む

SkypeやLINEの通話にも使えヘッドフォン機能だけで利用可能なマイク付きヘッドセット



PC用のマイクだが、安いものだと集音性が悪かったり、マイクを近づけないと相手に自分の声が届かないようなケースだとSkypeやLINEを使った通話がスムーズに行えないことがある。また、マウスやキーボドを使うオンラインゲームを皆でワイワイとボイスチャットしながらプレイするような場合、ヘッドセットがあると両手が使えて便利だ。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ