ITライフハック

ヘッドフォン

「視覚」×「聴覚」で楽しむ、音で読む新感覚マンガ「SHIORI SOUND EXPERIENCE -Noise-」を公開

「SHIORI_EXPERIENCE」コミック表紙

ソニーヘッドホンPR事務局は、迫力のある重低音をノイズキャンセリング機能で快適に楽 しめる “EXTRA BASS?シリーズのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「MDR-XB950N1」”とコラボレーションし、音で読む新感覚マンガ「SHIORI SOUND EXPERIENCE -Noise-」を公開した。

作品には往年の名曲や実話に基づいたエピソードなど細かな音楽ネタが盛り込まれており、漫画ファンのみならず熱烈なロックファンの胸を熱くし話題となっている。そんな人気音楽漫画とソニーのヘッドホンがこの度コラボレーションし、「視覚」×「聴覚」で楽しむ新感覚マンガとして公開された。

登場人物の声や掻き鳴らす楽器の音はもちろん、バスや電車などの環境音や家の細かな生活音まで、今まで聴こえることのなかった作品世界の?音”を感じることができるとともに、場面や心情に合わせてコマの動きも変化。作品が持つ熱量を一層リアルに伝える。物語には分岐点も用意され、選択した内容によってストーリーや音の聴こえ方が変わる仕掛けも。是非聴き比べてみよう。

描かれるのは、主人公の紫織がかつてのバンド仲間である八千代・百華と再会するストーリー。作品を語る上でも重要な場面だが、今回、本編では描かれていないシーンを新たに追加し「エピソード0」として特別に描き下ろされている。テーマは「ノイズに負けるな。」。バンドを続けられなかった後悔や諦められない思いを解き放つ紫織と仲間たちの心温まるストーリーは、新生活がはじまるこの時期、夢を追う全ての人の背中をそっと押してくれる。

作中、ヘッドホンを着用した瞬間自分だけの世界に入り込み、かつての音楽への熱狂を思い出す力強いシーンでは、周囲の騒音を低減し音に没入できる“ノイズキャンセリング機能”を体感できる演出も。

■作者コメント
・長田悠幸さん
「文字」に「声」が。「オノマトペ」に「音」が。「バンドマンガ」に「サウンド」が。原作のマンガを読んでもらえたらわかるのですが、「アニメ化、実写化、不可能」と思われていた本作がこういう形で発表できてとても嬉しいです!とてもいいエクスペリエンスをさせて頂きました。

・町田一八さん
「漫画なのに音が聴こえる」
読者の方々にそう表現されてきた長田先生の絵から、本当に音が聴こえる!いつも僕らが動かしているキャラクター達が喋る様子をみて、なんだか妙に照れました。アニメとはまた違う、魂の叫び(ブルース)溢れる漫画とサウンドのコラボレーションを是非エクスペリエンスして下さい!

MDR-XB950N1_B_cw0


EXTRA BASS?シリーズ「MDR-XB950N1」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
サンコー、「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」を発売
こぼした飲み物も窓ガラス掃除もホコリやチリも。水が吸える掃除機「スイトリーナー」
一足早く本物の桜をデジタル一眼カメラαで撮影できるイベント「桜 in Sony Store」を開催
inMusic Japan、ワイドFM対応のPLLシンセサイザー・チューナー搭載デジタルAM/FMラジオチューナーを発売
サンコー、スタンド式の家庭用ハンドドライヤー「置くだけ温風ハンドドライヤー」を発売





Lightning直結デジタル出力で劣化のない音質を聴けるLightning直結 ハイブリッドイヤホン

22952_mwVHCCcSOT

上海問屋は、イヤホンジャックのないiPhone7/7 Plusに直接繋げる、MFI認証 Lightning直結 ハイブリッドイヤホンの販売を開始した。価格は6,999円(税込)。

本製品は、MFI認証のLightning直結ハイブリッドイヤホンだ。Lightningコネクタに直接つなげるので、ノイズの影響がないクリアな高音質を聴くことができる。

Lightning直結では珍しい、デュアルドライバ。バランスドアーマチュア(BA)型とダイナミック(DD)型の2基を搭載しており、繊細な高域から力強い低域まで、幅広いジャンルを楽しめる。

加えて、ノイズの影響を受け、音が劣化しやすいアナログ出力の35mmステレオミニプラグと比較し、デジタル出力であるLightning直結の本製品は、ノイズの影響を受けないために音の劣化がない。また、ワイヤレスイヤホンと違い、音楽が途中で途切れたり、面倒な充電も必要ない。

コントローラー搭載で、iPhoneをポケット等に入れていても、手元で再生や停止、曲送りなどの操作が可能。また音楽を聴きながら、イヤホンをつけたままの着信応答もできる。何か作業をしながら、ハンズフリーで通話したいときにも役立つだろう。

安心のMFI認証品(Made for iPod/iPhone/iPadというアップルが認証した規格品)。SM、Lサイズの交換用イヤーチップを付属。

■製品仕様
ドライバユニット・・・直径11.5mmダイナミック型、バランスドアーマチュア型
再生周波数帯域・・・・20Hz~20kHz
最大入力・・・・・・・5mW
感度・・・・・・・・・108db/1mW
インピーダンス・・・・32Ω
入力信号・・・・・・・24bit/48kHzデジタル信号
接続プラグ(端子)・・・ライトニングプラグ
ケーブル長さ・・・・・約1.2m(Y型)
付属品・・・・・・・・イヤーキャップ(S/M/L)
製品保証・・・・・・・購入後 6か月間


DN- 914409 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
タブレットやスマホで簡単にSDカードを読み込めるmicroSD→SDカードスロット変換アダプタ
振動で射撃や爆発音がよりリアルに体感できるゲーミングヘッドセット
音楽を聴きながら周囲の音も聞こえるから安心の有線式骨伝導イヤホン
車のシートのスキマを有効活用する車載コンソールボックス用収納ケース
メカニカルキーボードをグッとオシャレにする交換用のタイプライター風キートップ






振動で射撃や爆発音がよりリアルに体感できるゲーミングヘッドセット

22952_tUhmDJYsEq

上海問屋は、30mmの振動ユニットを搭載し、ゲームの臨場感を向上させるゲーミングヘッドセットの販売を開始した。価格は2,999円(税込)。

本製品は、30mmの振動ユニットを搭載したゲーミングヘッドセット。ドライバユニットと一緒に30mmの振動ユニットが埋め込まれており、低域の周波数に反応して振動する。そのため、セリフには反応せず、効果音で振動が発生。シューティングゲーム(FPS)など、射撃や爆発音が激しいゲームで効果を発揮する。音の強弱に、振動の大きさも比例する。

ヘッドセット本体に、振動のON/OFF、ボリューム、マイク機能を搭載。また、グリーンに光るLEDもセットされている。イヤーパッドは、柔らかい素材で装着感も快適。

■製品仕様
ドライバユニット・・・ダイナミック 50mm
振動ユニット・・・・・30mm
周波数帯域・・・・・・20Hz-20KHz
感度・・・・・・・・・108dB±3dB
インピーダンス・・・・32Ω
インターフェース・・・イヤホン:3.5mmミニプラグ
           マイク:3.5mmミニプラグ
電源・・・・・・・・・USB/5V
サイズ・・・・・・・・高さ230mm×幅190mm×奥行105mm
ケーブル長さ・・・・・230cm
重量・・・・・・・・・約416g
製品保証・・・・・・・購入後6か月間


22952_wXKnROwAMN


DN-914657 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
音楽を聴きながら周囲の音も聞こえるから安心の有線式骨伝導イヤホン
車のシートのスキマを有効活用する車載コンソールボックス用収納ケース
メカニカルキーボードをグッとオシャレにする交換用のタイプライター風キートップ
台座部分が360度回転する小型のスマホ・タブレットスタンド
見た目はすっきりしてるけど、高機能な4 in1 マルチ変換USBケーブル






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ