ITライフハック

ヘッドフォン

Anker、音質に加え、防水・防汗性能も進化した、カナル型Bluetoothイヤホンのプレミアムモデルを発売

A3401_1

アンカー・ジャパンは、モバイルライフ・パートナー ブランド「Anker」において、aptX採用のカナル型Bluetoothイヤホン「Anker SoundBuds Slim+」を、2017年11月9日(木)より、Amazonおよび一部の家電量販店にて発売する。価格は3,499円(税込)。

本製品は、高音質ながら手の届きやすい価格で人気の「Anker SoundBuds Slim」のアップグレードモデル。二重構造のドライバーとaptXを新たに採用し、音質を強化すると共に、IPX5防水規格対応の外装と内部のナノコーティングにより防水・防汗性能を高め、小雨や運動中でも迫力あるクリアなサウンドを聴くことができる。

1.5時間ほどの充電で最大約7時間の音楽再生ができ、また人間工学に基づいて快適な着け心地が追求されているため、一日中心地良く、お気に入りの音楽を楽しめる。付属の5種類のイヤーチップ(XS / S / M / L / XL)と3種類のイヤーフック(S / M / L)を使えば、さらに好みのフィット感に調整できる。

■製品仕様
Bluetooth規格:4.1
連続再生時間:約7時間
重さ:約16g
防水規格:IPX5
パッケージ内容:Anker SoundBuds Slim+、イヤーチップ(XS / S / M / L / XL *Mサイズは本体に取り付け済み)、イヤーフック(S / M / L *Mサイズは本体に取り付け済み)、フィットクリップ、シャツクリップ、USB2.0 充電用ケーブル、トラベルポーチ(カラビナ付)、取扱説明書


アンカー・ジャパン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
寒い冬に大活躍!フワッと軽いUSBで即暖ヒーターライトジャケット
サンコー、パーソナル加湿&空気清浄機「エアクリーンネックバンド」を発売
軽量&小型でも機能は十分。乾電池でも動き、返し縫いができる「返し縫いできるコンパクトミシン」
テレビから離れていても大迫力サウンドを楽しめる「音を楽しむUSBサウンドバースピーカー」
プラネックス、磁力でカメラをピタッと設置できるカメラ用マグネットスタンドを発売





立体音響を聴けて録音もできるiPhone専用バイノーラル録音用マイク搭載VRイヤホン

22952_RStnRKnfLF

上海問屋は、立体音響を聴けて録音もできる、バイノーラル録音用マイク搭載のiPhone専用のVRイヤホンの販売を開始した。価格は9,999円(税込)。

本製品は、立体音響を聴けて録音もできる、バイノーラル録音用マイク搭載のiPhone専用のVRイヤホン。左右のハウジングはマイクが内蔵されており、実際の耳に聴こえるように周囲の音を録音できる、バイノーラル録音を手軽に行える。

録音した音源は、まるでその場に居合わせているかのような臨場感を再現可能。また撮影した動画は、自宅で観ると再び撮影場所に戻ったようなリアルな立体音響を楽しめる。

ライトニング端子変換アダプタには、立体音響をより忠実に再生・録音できるデジタルBOXを搭載。ライトニング接続で、ノイズの影響を受けず劣化のないクリアな音質を楽しむことができる。

イヤホンとデジタルBOXは、microUSBで接続する。microUSB端子はデジタルBOX接続専用で、Android端末では利用できないので注意しよう。

■製品仕様
イヤホン
ドライバユニット・・・・12.5mm ダイナミックドライバ
再生周波数帯域・・・・・20Hz~18KHz
ドライバ感度・・・・・・110dB
マイク感度・・・・・・・-32dB
インピーダンス・・・・・16Ω

デジタルBOX
サンプリングレート・・・44.1kHz/16bit
消費電力・・・・・・・・200mW
SNR・・・・・・・・・・ 110dB
周波数応答・・・・・・・5Hz~40kHz

その他
接続端子・・・・・・・・MFiライトニング端子(デジタルBOXでmicroUSB→ライトニングへ変換)
ケーブル長さ・・・・・・約110cm(Y字分岐、デジタルBOX部分含む)
重量・・・・・・・・・・約19g
付属品・・・・・・・・・イヤーピース(XS/S/M/L ※Mサイズはイヤホンに装着)、ソフトケース、英語マニュアル
製品保証・・・・・・・・購入後 初期不良6か月


22952_OapCswbrAB


DN-915037 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
スマホ画面のようにマウス操作ができるUSB高精度ジェスチャータッチパッド
PCなしでiPhoneやiPadの画面を録画できるMFiライトニング接続対応HDMIビデオ・ゲームキャプチャー
5基のファンでノートPCの熱暴走対策。6段階の風量調節可能なUSBノートPCクーラー
ディスプレイの上に小物を置ける液晶ディスプレイ・テレビ固定用 小物収納トレイ
点描画を描くための電動ドットペン





バランスドアーマチュア6基搭載の超高音質イヤホン

22952_JzvEYCGUeW

上海問屋は、高中低音それぞれデュアルのバランスドアーマチュア(BA)を6基搭載する超高音質イヤホンの販売を開始した。価格は2万9,999円(税込)。

本製品は、高中低音それぞれにデュアルのバランスドアーマチュア(BA)ドライバを搭載した、3WAYの6ドライバイヤホン。

BA6基だからこそ体感できる圧倒的な音場の広さは、まるでヘッドホンで聴いているよう。ライブ会場の最前列で生音を聴いているかのような驚異の解像度で、デュアルの3WAYが活かされたバランスの良さを感じることができる。BA6基が実現する深み・厚み・臨場感のあるプレミアムサウンドを体感してみてはいかがだろうか。

耳の後ろ側にケーブルをまわして装着するSHURE掛けを採用。嫌なタッチノイズが軽減される。イヤーピースはシリコン製、低反発ウレタン製、両方を用意。ケーブルはMMCX着脱式ケーブルを採用しており、お好みでケーブルの付け替えが可能だ。

■製品仕様
ドライバユニット・・・バランスドアーマチュア×6基(低域×2、中域×2、高域×2の3WAY)
再生周波数帯域・・・・50Hz~18KHz
感度・・・・・・・・・110db
インピーダンス・・・・8Ω
接続プラグ・・・・・・3極L型 3.5mmステレオミニ
ケーブル長さ・・・・・約125cm(Y字分岐部分含む)
重量・・・・・・・・・約20g
付属品・・・・・・・・イヤーピース(シリコン製×3、低反発ウレタン製×3 ※Mサイズはイヤホンに装着済)、
イヤホンケース、ステレオミニ変換プラグ(3.5mm→6.3mm)、
飛行機内用変換アダプター、クリーナーツール
製品保証・・・・・・・購入後6か月間


22952_RBnPAcwalI


DN-914635 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
2つのディスプレイ角度や高さを固定できるガススプリング デュアルディスプレイアーム
ノートパソコンを浮かせてデスクを広々使える最大15.6インチ対応VESA規格ディスプレイアーム
5台同時に急速充電可能でQC3.0ポート搭載する5ポートUSB急速充電器
クセになると世界中で話題!アノ謎のおもちゃ、ハンドスピナー
いつでもどこでもレッツカラオケ!スマホ用のカラオケミニマイクが登場







フォーカルポイント、「iFrogz coda wireless Bluetooth オンイヤーヘッドホン」を発売

CODA-Black-main

フォーカルポイントは、ダイナミックなサウンドと本体一体型リモコン、Bluetoothによる快適なワイヤレス接続で音楽を楽しめる「iFrogz coda wireless Bluetooth オンイヤーヘッドホン」の取り扱いを開始した。価格は3,980円(税込)で、2017年5月31日まで同社のフォーカルストア限定で発売記念価格として3,480円(税込)で販売される。

本製品は、ワイヤレスで迫力あるサウンドが楽しめる、オンイヤータイプのBluetoothヘッドホン。各種操作が可能なオンイヤーコントロールとマイクを搭載。音楽も通話も楽しむことができる。

Bluetoothによるワイヤレス通信が可能。iPhoneやスマートフォン、携帯オーディオプレーヤーなどで音楽をストレスなく楽しむことができる。 障害物がなければ、約10メートルの範囲まで受信できる。

40mmドライバを搭載。心地良い低音と明瞭な高音でどんなボリュームでも音楽を楽しむことができる。

音楽再生、受話などの各種操作を行えるオンイヤーコントロールを搭載。マイク内蔵で通話も可能。日常使いに十分な機能を備えているs。ヘッドホン一体型なので、快適に操作を行える。

イヤホンジャックケーブルを同梱しており、有線での使用も可能。無線通信を使用できない場合や、万一のバッテリー切れの際にも、普段と同じように音楽を楽しめる。

人間工学に基づいたオンイヤーデザインと、耳に負担をかけないソフトなインナークッションで、音楽や通話を快適に楽しめる。手触りが良く高級感あふれるマットコーティングにより、快適な使用感を実現している。

1.5~2.5時間の充電で、最大8~10時間使用可能なバッテリー性能を搭載。スタンバイ状態であれば、40~50時間の維持が可能だ。

本製品は、5時間の連続再生が可能です。バッテリーの残量をiPhoneの画面上で確認することができるので、視覚的にバッテリー残量を簡単に把握することができる。

ブラックとレッド、選べる2色のカラーバリエーションを用意。ヘッドバンド、ハウジング部にはマットコティングが施されており、しっとりとした高級感のある手触りを楽しめる。

■製品仕様
バッテリー駆動時間:最大約10時間
待機時間:約40~50時間
充電時間:約1.5~2.5時間
ドライバ口径:40mm
Bluetooth通信距離:最大約10m程度
対応モデル
・iPhone
・iPad
・スマートフォン
・Bluetoothを搭載した携帯オーディオプレーヤー


CODA-Red-main


iFrogz coda wireless Bluetooth オンイヤーヘッドホン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
JAPANNEXT、65型曲面4K液晶ディスプレイ「JN-VC650UHD」を発表
HDMI、コンポジット入力対応の「バッテリー内蔵10インチマルチメディアモニター」
Bluetooth接続でスポーツ仕様のヘッドホン一体型ウォークマン「WS620」シリーズを発売
Nintendo SwitchのJoy-Conだけを充電できるスタンド
ソニーがプロデュースする「Life Space Collection表参道」」が期間限定でオープン

iFrogz



立体3Dサウンドを体感できるHDSS技術搭載 3Dイヤホン

22952_tcpwSZVqrI

上海問屋は、映画館のような立体3Dサウンドを体感できるイヤホンの販売を開始した。価格は2,499円(税込)。

本製品は、映画館のような立体3Dサウンドを体感できる、10mmダイナミックドライバ1機と6mmETLモジュール1機搭載の3Dイヤホン。

360度、音が出ている方から聴こえるので、映画やライブ、ゲームやVRが、よりリアルに、臨場感のある音声を楽しめる。例えば映画であれば、背後から拳銃で撃たれると銃声が後ろから聴こえたり、ヘリコプターの飛ぶ音は上から聴こえる。なお、視聴するコンテンツにより、聴こえ方には差があるので、3D立体音響で作られたコンテンツでの視聴をおすすめする。

また、10mmダイナミックドライバ1機と6mmETLモジュール1機搭載。米国で特許を取得したHDSS技術を採用することで、より繊細な3Dサラウンドを実現した。HDSSは低コストで飛躍的に音質を向上させることが可能な技術として、世界の様々な音響機器メーカーの製品に採用されている。

■製品仕様
ハウジング材質・・・・・・・プラスチック
ドライバユニット・・・・・・10mmダイナミック
ETLモジュール・・・・・・・ 直径6mm×厚さ3mm
再生周波数帯域・・・・・・・10Hz~22kHz
感度・・・・・・・・・・・・113dB
インピーダンス・・・・・・・64Ω
接続プラグ(接続端子)・・・3.5mm 3極ミニプラグ
ケーブル長さ・・・・・・・・約1.2m(Y型)
付属品・・・・・・・・・・・イヤーピース(S/M/L) ※Lはイヤホンに装着、イヤホンケース
製品保証・・・・・・・・・・お買い上げ後 初期不良2週間


DN-914800 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
スマホをワンタッチ装着できる車載用強力吸盤 ワンタッチスマホホルダー
鍵と一緒に持ち歩くMFi認証ライトニングケーブル・マイクロUSBケーブル
デスク周りを美しくするディスプレイスタンド。MacBookにも似合う2カラースマホで遠隔操作するアクションカメラ。Wi-Fi接続 超小型・軽量
空中に立体的な絵を描けるペン型 3Dプリンター







ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ