ITライフハック

ボーカロイド

鏡音リン・レン10th Anniversary × nicocafe 開催決定

トップバナー

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」のアンテナショップ・ニコニコ本社(東京都豊島区)にて、2017年12月20日(水)から2018年1月5日(金)まで、「鏡音リン・レン10th Anniversary × nicocafe」と題した特別イベントを開催する。

期間中、ニコニコ本社B2Fのnicocafeでは、スペシャルコラボカフェを開催。10年間の歴史の中で様々なクリエイターが創作し、ニコニコ動画に投稿された数々の楽曲をイメージした全14種の限定フードやドリンクを楽しむことができる。

また、イメージの元となった楽曲の動画は店内に複数設置されているモニターで楽しむことができるほか、コラボメニュー1品の注文につき、楽曲のサムネイルをイメージした特製ペーパーコースターをプレゼントされる。

■コラボメニュー対象楽曲
Fire◎Flower / 炉心融解 / メランコリック / いーあるふぁんくらぶ / 聖槍爆裂ボーイ / 脱法ロック / ココロ / 右肩の蝶 / パラジクロロベンゼン / 天樂 / リモコン / ロストワンの号哭 / 誰でもいいから付き合いたい


また、同B2Fのイベントスペースでは、「踊ってみたワークショップ」を開催する。12月21日(木)には第1弾として「鏡音リン」の楽曲『メランコリック』を、翌週25日(月)には第2弾として「鏡音レン」の楽曲『lllトゥルティンアンテナlll』をそれぞれテーマ曲に、踊ってみたで活躍するユーザー出演者を招いてイベントを実施する。

さらに12月27日(水)には、10周年アニバーサリーイベントも開催。鏡音リン・レンの声優を務める下田麻美をゲストに迎え、リン・レンの開発秘話から楽曲の歴史、最新情報までお届けするトークショーや、リン・レンの楽曲を発表し活躍しているクリエイター陣の座談会、さらにはemon(Tes.)による10周年スペシャルDJステージをお届けする。入場には別途有料チケットが必要。

■鏡音リン・レン10th Anniversary × nicocafe
 【開催日時】2017年12月20日(水)~ 2018年1月5日(金)
 【開催場所】池袋P’PARCO B2F ニコニコ本社(営業時間:11:00~21:00 フードL.O 20:15 ドリンクL.O 20:30)

■鏡音リン・レン生誕10周年 記念ワークショップ
 第1弾:【鏡音リン】わた『メランコリック』踊ってみたワークショップ【生誕10周年記念】
 【開催日時】2017年12月21日(木)18:30~
 【開催場所】池袋P’PARCO B2F ニコニコ本社 イベントスペース
 【出演者】 わた

 第2弾:【鏡音レン】Ry☆×りりり『lllトゥルティンアンテナlll』踊ってみたワークショップ【生誕10周年記念】
 【開催日時】2017年12月25日(月)18:00~
 【開催場所】池袋P’PARCO B2F ニコニコ本社 イベントスペース
 【出演者】Ry☆ / りりり

■鏡音リン・レン10周年アニバーサリーイベント
 【開催日時】2017年12月27日(水)18:30~
 【開催場所】池袋P’PARCO B2F ニコニコ本社 イベントスペース
 【出演者】下田麻美 / emon(Tes.) / じーざす(Wonderful★opportunity!)/
      マイナス(Wonderful★opportunity!)/ クリプトン熊谷 ほか
 【チケット】2,000円(税込)/ オールスタンディング


鏡音リン・レン10周年記念サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
「闘会議2018」のパートナー企業による企画やゲーム大会タイトルを発表
「高知競馬」の全レース生中継を「ニコニコ競馬チャンネル」で開始
BiSH、STU48、GACKT、MAX、デーモン閣下など、ライブ生中継&映像をニコ生で一挙放送
ニコニコアンケート「月例ネット世論調査」を実施。内閣支持率60.0%で前月比1.0ポイント減
「リアルダービースタリオン」2歳馬「オーバーザリミッツ」能力調教試験に最速タイムで合格

鏡音リン・レン V4X
クリプトン・フューチャー・メディア
2015-12-24

初音ミク V4X バンドル
クリプトン・フューチャー・メディア
2016-08-31



ニコニコで活躍するボカロPが集結!VOCALOID楽曲オンリーのDJイベントを生中継

関連画像 (1)

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico 」の「ニコニコ生放送」にて、2017年7月4日(火)、東京スカイツリー(東京都墨田区)で行われる東武トップツアーズ主催のボカロDJイベント「Japanese Subculture Night in 東京スカイツリー」を生中継する。

先日、ニコニコ超会議で発売されたチケットは即日完売となった、VOCALOID曲の音楽イベント「Japanese Subculture Night in 東京スカイツリー」。kz(livetune)、ナユタン星人・いりぽん星人、DJ'TEKINA//SOMETHING、めろちん、DJシーザーといったニコニコで活躍するボカロPやDJらが出演する本イベントを全編生中継でお届けする。

■番組詳細
タイトル:【ボカニコ】 Japanese Subculture Night in 東京スカイツリー(R)
放送日時:7月4日(火)19時30分~
視聴URL :http://live.nicovideo.jp/watch/lv299983677
出演者 :kz(livetune)、ナユタン星人・いりぽん星人、DJ'TEKINA//SOMETHING、めろちん、DJシーザー ※順不同


Japanese Subculture Night in 東京スカイツリー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
平均年齢27歳の大人アイドルユニットprediaのツアーファイナルの模様をニコ生で独占生中継
ニコニコアンケート「月例ネット世論調査」を実施。内閣支持率52.7%前月比1.7ポイント減
東京都議会議員選挙投開票日に向けたネット選挙企画をニコ生で実施
GACKTによる究極の学園祭エンターテインメントショーをニコ生で独占生中継
「今月のいきもの」×「けものフレンズ」企画!2頭のコツメカワウソを56時間観察生中継


初音ミク「マジカルミライ 2017」OFFICIAL ALBUM (初回限定生産)(DVD付)
初音ミク
クリプトン・フューチャー・メディア
2017-08-02

初音ミク V4X
クリプトン・フューチャー・メディア
2016-08-31



「LINE レンジャー」×「SNOW MIKU 2017」コラボレーション開始

LINE Ranger_miku

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」で展開するゲームサービス「LINE GAME」の防衛バトルゲーム「LINE レンジャー」(iPhone・Android対応/無料)において、「雪ミク(初音ミク)」が冬の北海道を応援するフェスティバル「SNOW MIKU 2017」とのコラボレーションを2017年2月1日より開始する。

「雪ミク」は、2010年の「さっぽろ雪まつり」で“真っ白い「初音ミク」の雪像”を作ったことをきっかけに誕生したキャラクターで、それ以来、主役を務めるフェスティバル「SNOW MIKU」が毎年北海道で開催されている。今年は「SNOW MIKU 2017」(主催:クリプトン・フューチャー・メディア)として、2017年2月6日(月)~2月12日(日)に開催される。

本コラボレーションでは、「SNOW MIKU 2017」コラボレーション限定レンジャーとして「雪ミク」「初音ミク」「巡音ルカ」がガチャに登場するほか、「雪ミク」の世界観で構築されたスペシャルステージのクリア報酬として「鏡音リン」が登場。また、コラボレーション限定レンジャーが入手できる記念ボックスを配布するなど、様々なイベントを実施する。

さらに、ホーム画面が「SNOW MIKU 2017」仕様に変わり、「SNOW MIKU 2017」公式テーマソングがゲーム内のBGMとして流れるとのことだ。

LINE Ranger_miku_specialstage

LINE Ranger_rin

LINE Ranger_yukimiku


SNOW MIKU 2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
マピオン季節特集で「梅まつり 梅の名所特集2017」を公開
崩壊学園の最新作「崩壊3rd」広告イメージキャラクターオーディション開催
ソニー・エクスプローラサイエンスで光の原理を学びながら「虹色きらきらスコープ」を作ろう
「題名のない音楽会」で「ドラクエ」特集を放送
初音ミクの会社が北海道の市町村公認ページもある地域情報発信アプリ「Domingo」の提供を開始






ボカロを教育現場に!ヤマハが学校の音楽教育にボカロ付き教材を提供

名称未設定-2

ヤマハは、主に小中学校をはじめとする学校の音楽教育現場に向けたICTを活用した音楽教育ソリューション「Smart Education System」の提供を開始すると発表した。

その第一弾製品として、Windowsパソコン・タブレット端末用の授業モデルパック付きデジタル音楽教材「ボーカロイド教育版」の提供を2017年2月7日(火)より、「ギター授業」「箏(こと)授業」の提供を3月上旬より開始する。

昨今、学校教育現場のICT(Information and Communication Technology)化が急速に進んでいると同社。政府は、昨年6月に閣議決定した「日本再興戦略2016」で、「全ての教科の課題発見・解決等のプロセスにおいて、各教科の特性に応じ、ITを効果的に活用する」ことを謳っており、2020年までに、子ども一人につき一台の端末を整備することや、ICTを活用して指導できる教員の割合を100%にすることなどを目指すとしている。特に今後は、教育現場にて電子黒板やパソコン、タブレット端末といった教育向けハード機器やネットワーク環境が整備され、これに伴い「デジタル教材」などの教育向けソフトのニーズも高まることが予測される。

同社はこうした環境の中、ヤマハだからこそ提供できるICT音楽教育ソリューション「Smart Education System」の構築に2014年より取り組んできたとのこと。これまで、15校もの協力のもとで実証授業を続け、学校関係者の方々との度重なる意見交換を通じて、教育の現場において有効に活用できるICTソリューションのノウハウ・知見を蓄積してきました。そしてこのたび、その成果の第一弾として、主に小中学校の教育現場を対象とした、授業モデルパック付きの3つのデジタル音楽教材「ボーカロイド教育版」「ギター授業」「箏授業」の提供を開始する。

「ボーカロイド教育版」は、当社が開発した歌声合成技術「VOCALOID」を小中学校の音楽授業を想定し改良したもので、思い浮かんだ歌詞やメロディーをどんどん入力して、試行錯誤を重ねながら直感的な操作で曲をつくることができる音楽ソフト形式のデジタル教材。

教材には、独自の「授業モデルパック」が付属しており、これに沿って授業を行うことで、子どもたちはメロディーづくりを体系的に学びながら、楽しんで創作に励むことができるようになっている。

この教材を使ったこれまでの実証授業では「子どもたちの想いを歌という形にする中で対話的な学びができた」「今まで学んだ音楽的な要素をもとに歌をつくるのでより深い学びにつながった」など、子どもたち自らが考えて能動的に学んでいくスタイルに高い評価を受けていた。さらに「創造性」と「論理性」を同時に育むことができることから、2020年に小学校で必修化される予定の「プログラミング教育」の観点からも注目を集めていた。

「ギター授業」「箏授業」は、限りある音楽科の授業数の中で少しでも多くの楽器に触れ、様々な音楽に親しみを持ってもらうことを目的に開発した、動画をベースにしたデジタル教材だ。専門家による充実の解説・模範演奏動画を多数収録しており、単に再生するだけでなくアングルを切り替えたり、再生テンポを変えたりしながら演奏ポイントを視覚的にしっかりと確認しながら学習できるようになっている。

いずれの教材も、特に「器楽」の授業を想定した「授業モデルパック」が付属しており、楽器演奏が苦手な指導者でも無理なく効率的に教えられるようになっている。この教材を使った実証授業では、直感的に操作できるシンプルな機能性や、演奏に必要な要素を網羅した構成に対して高い評価を受けていた。また、「箏授業」については、現行の「学習指導要領」に「3学年間を通じて1種類以上の和楽器の表現活動の実施」が謳われているなかで、和楽器の中でも学校授業で一番使用されている「箏」に特化した初のデジタル教材として発売される。

名称未設定-1


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
Amazon「バレンタイン特集2017」オープン
ONE OK ROCKのニューアルバムを全身で感じることができるサウンドジャケット体験会が開催中
迷ったら死にますので絶対に列を離れないように――カミオカンデに行ってきました(後編)
「水曜どうでしょう」か「路線バス乗り継ぎの旅」のような旅程――カミオカンデに行ってきました(前編)
あのペンパイナッポーアッポーペンが、ついにゲーム化!「LINE:PPAP The Game」配信開始


初音ミク V4X
クリプトン・フューチャー・メディア
2016-08-31

初音ミク V4X バンドル
クリプトン・フューチャー・メディア
2016-08-31



DTMや歌ってみた、ボカロPに生主まで対応するミクちゃんミキサー「AG03」inニコニコ超会議2015

大好きなボカロPの動画を観て「ちょっとボカロやってみたいなァ~」とか「歌ってみた配信してみたくなったなァ~」と思い立った「おまえら」向けのキュートでポップなウェブキャスティングミキサーが超会議に登場!

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ