ITライフハック

ボーズ

600台限定で復活!ボーズ、小型スピーカー「M3」



ボーズは2010年6月14日、プレミアムコンパクトスピーカー「M3」を600台限定で6月17日より発売すると発表した。
価格は、4万9,980円(税込み)。ボディカラーは、シルバーグロスブラックの2色。

「M3」といえば、2006年、発表と同時にそのコンパクトなサイズと、そこから生まれる衝撃的なサウンドにより、絶大な支持を集めたプレミアムコンパクトスピーカーだ。

多くのユーザーに愛され、コンパクトスピーカーを代表するプレミアムモデルとしての地位を確立しながら、2008年に販売を完了そた。その後、再販を望む声が多く寄せられていたことから、今回、600台の数量限定で復活販売することになった。

ボーズ

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっと見る
表情がわかる!可愛すぎる人の心を科学する最先端のロボット
テレビ東京「おはスタ」に出演中の「RYOMA(リョウマ)」くんって?
新たな空間を創出!シャープ、マルチディスプレイシステムを発売
激安でも高性能!アクトビラにも対応した、お買い得な地デジ液晶テレビが登場

秋葉原駅に巨大体験ブース出現!ボーズ、試聴イベント

体験ブースのイメージ


ボーズ株式会社は、JR秋葉原駅1Fコンコース内において、ノイズキャンセリング・ ヘッドホン「QuietComfort 15」を試聴できる体験ブースを2009年12月7日より開催する。

「QuietComfort 15」は、ボーズ史上最高のパフォーマンスを実現したノイズキャンセリング・ ヘッドホン。一般の電器店では販売せず、ボーズ・オンラインストアおよびボーズ直営店からのダイレクト販売で取り扱う製品となっている。
価格は、3万9,900円(税込み)。
ボーズのノイズキャンセリング・ ヘッドホン「QuietComfort 15」

期間中、「QuietComfort 15」を試聴すると、全国30店舗のボーズ直営店でオリジナルグッズと交換できるミニカードがプレゼントされる。
※交換期限は、2010年1月17日(日)まで。引き換えは一人様、1枚、1回に限り有効。オリジナルグッズは数に限りがあるため、なくなり次第終了となる

■概要
日時:12/7(月)~12/13(日) 12:00~20:00
場所:JR秋葉原駅1Fコンコース内
対象製品:QuietComfort 15 3万9,900円(税込み)
問い合わせ先:ボーズ株式会社 インフォメーションセンター
   電話 0120-039-780(平日9:30~18:00 土・日・祝日を除く)

「QuietComfort 15」体験イベントの詳細
ボーズ株式会社

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとAV関連の記事を見る
実質2万円以下!地上デジタルハイビジョン液晶テレビ
目からウロコの面白グッズ!iPhoneやiPodに貼り付けて使うスタンド「iStand」
機能で選ぶか、安さで決めるか!クリスマスは二足歩行ロボットで決まり【ロボマニア】
お風呂タイムがより快適になるには?ソニーが入浴スタイルの調査結果を発表

BOSE Bose in-ear headphones オーディオヘッドホン
BOSE
売り上げランキング: 4020
おすすめ度の平均: 3.5
4 うーん・・・。
4 迫力十分!!
5 ランニング用として最適です。
5 iPodとのこのすばらしき相性
4 聞く音楽を選びますが、装着感はとても良いです

BOSE Wave Music System パーソナルオーディオシステム(プラチナムホワイト)
BOSE
売り上げランキング: 5779
おすすめ度の平均: 4.0
3 期待したほどでは
4 これ!イイですよ!
5 いい買い物でした
5 しばらく我慢したらバランスが良くなった気がします。
5 手軽に高級オーディオの音を楽しみたい方に

BOSE Companion2 II マルチメディアスピーカー(ブラック)
BOSE (2006-12-01)
売り上げランキング: 3350
おすすめ度の平均: 4.0
5 コストパフォーマンスが高い。
2 曲を選びます。
5 コストパフォーマンスが高い!!
4 クラシックに最高! でも合わないジャンルも結構ある…。
3 高音が強すぎます

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ