ITライフハック

ポケモン

闘会議2017にリアル「ポケストップ」が出現!ピカチュウも登場

poke01

2017年2月11日~2月12日の期間で千葉・幕張メッセにて開催されている「闘会議2017」。8ホールにはスマートフォンゲーム「Pokémon Go」のリアル「ポケストップ」が置かれ、来場者が自由に撮影できるようになっていた。


また決まった時間になるとピカチュウが登場。来場者との記念撮影に応じていた。

poke02
ピカチュウと記念撮影

poke03
全部で3体のピカチュウが登場

闘会議2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
今年も闘会議でレトロゲームエリアを設置。巨大ファミコンコントローラーもあるよ
発売まで待ちきれない!Nintendo Switchの「ARMS」を体験してきました
あのNintendo Switchも体験できるゲームの祭典「闘会議2017」開催中!





全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップが「Pokémon GO」の公式パートナーショップに

pokemon

ソフトバンクは、全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップが、2016年12月3日より「Pokémon GO」の公式パートナーショップとなると発表した。

また、同日よりY!mobileにおいて、「Pokémon GO」でも使える1人最大2,520円分のGoogle Playクーポンをプレゼントする「ワイモバイルで『Pokémon GO』を楽しもうキャンペーン」が実施される。

ソフトバンクショップとワイモバイルショップが、「Pokémon GO」のゲーム内の「ポケストップ」または「ジム」として登場。ゲーム初心者でも安心して楽しめるよう、基本操作や安全な遊び方などをまとめた「『Pokémon GO』はじめてガイド」を配布する。また、来店したプレーヤーに充電サービスを提供する。他社のスマートフォンを利用しているプレーヤーでも気兼ねなく充電できる。

「Pokémon GO」を快適に利用できるスマートフォンとして、ソフトバンクショップでは「Xperia XZ」などを、ワイモバイルショップではAndroid One スマートフォン「507SH」などを購入できる。

また、Y!mobileにおいて、「Pokémon GO」をより楽むための特典として、同ゲームでも使えるGoogle Play クーポンをプレゼントする。Android 搭載スマートフォン利用者向け来店特典としてGoogle Play クーポンを120円分(100ポケコイン相当)提供する。期間は2016年12月3日~なくなり次第終了。対象となるのは期間中にワイモバイルショップに来店した、Android 搭載スマートフォンで「Pokémon GO」を利用しているユーザー。人数は先着で6万人。

このほか、Android One スマートフォン「507SH」成約特典として、Google Play クーポンを1,200円分(1,200ポケコイン相当)プレゼント。期間は2016年12月3日~12月31日までで、対象となるのは、期間中にAndroid Oneのスマートフォン「507SH」をワイモバイルショップで購入した人で、本特典に応募したユーザー抽選で3,000人。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ASUS JAPAN、Qualcomm Snapdragon 652を搭載する「ZenFone 3 Ultra」を発売
au STAR会員を新感覚リアル脱出ゲームへご招待

フォーカルポイント、iPhone 7とiPhone 7 Plusにそれぞれ対応したメタルバンパーを発売

マウスコンピューター、GeForce GTX 1050を搭載したゲーミングパソコンを販売開始
Synologyが同社製品向けのユーザーイベント「Synology 2017」を開催






全国約3,700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップが「Pokémon GO」の「ポケストップ」「ジム」に

index_pic_01
ソフトバンクは、スマートフォン向けゲームアプリケーション「Pokémon GO」において、Nianticポケモンとパートナーシップ契約を締結。2016年9月8日から全国約3,700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップが、「Pokémon GO」のゲーム内で「ポケストップ」または「ジム」として登場することとなった。

「Pokémon GO」には、ポケモンを捕まえるのに必要なアイテムなどを入手できる「ポケストップ」や、ほかのプレーヤーのポケモンと戦う「ジム」という拠点が、現実世界の名所旧跡や有名なモニュメントなどに設定されている。この度のパートナーシップ契約締結により、ソフトバンクショップとワイモバイルショップが「ポケストップ」または「ジム」となります。また、今後、ソフトバンクならではの「Pokémon GO」とのコラボキャンペーンやサービスの提供を検討していくとのことだ。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「人工知能演奏システム」でリヒテルの演奏が蘇る。ベルリンフィルメンバーとの息のあった共演を披露
ポケモンGOのプレイ経験は37.7%、現在プレイしている人は24.2%。MMD研究所調べ
小学生向けプログラミングワークショップ「Tech Kids CAMP」をシルバーウィークに北海道にて開催
「LINE FRIENDS STORE」が関西に初上陸。ポップアップストアが9/5より梅田ロフトにオープン
LINE、より安全にユーザーの通信を守る取り組みとして暗号化通信方式「Letter Sealing」の対応を拡大







世界初の「Pokémon GO」公式生放送が決定【先週のまとめ】

画像


先週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を流した。26日(金)の記事では、世界初の「Pokémon GO」公式生放送が決定したことを取り上げた。

山陽電鉄 本線の神戸地下線区間トンネル内で携帯電話サービスを提供開始
株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンク株式会社は、2016年8月26日(金)より山陽電鉄本線「西代駅~東須磨駅」区間のトンネル内において、携帯電話サービスの提供を開始する。これにより、駅構内だけではなく、駅間のトンネル内においても携帯電話サービスを利用いただけるようになり、事故や災害発生時などの異常時に情報収集の手段として活用できるようになる。


秋葉原最大級のVR体験施設『ドスパラ VRパラダイス』にて『サークル オブ セイバーズ VR無料体験会』を開催
全国22店舗及びWeb通販のパソコン専門店「ドスパラ」は、2016年8月28日(日)の正午12:00より、秋葉原最大級のVR体験施設である「ドスパラ VRパラダイス」にて、「サークル オブ セイバーズ VR無料体験会」を開催する。当日は、VRヘッドマウントディスプレイ「Vive」を用いて、VRを体験することができる。その体験用コンテンツとして、去る2016年7月17日(日)に開催された「Unity VR EXPO AKIBA」にて、“グッドコンテンツアワード1位”を獲得し話題となった「サークル オブ セイバーズ」が登場。


世界初の「Pokémon GO」公式生放送が決定「スナホ・ゲーム解放区宣言」の鳥取砂丘から生中継
ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、2016年8月27日(土)に、位置情報を活用したスマートフォン向けゲームアプリ「Pokémon GO」の公式生放送を放送する。発売元のNiantic,Incとポケモンの両社公認の生放送は世界で初となりる。さらに、鳥取県の全面協力により、鳥取砂丘をはじめ鳥取市内の名所を舞台に実施する。


「LINEブラウンファーム」が初コラボ!農場仲間にサンリオの人気キャラ「ポムポムプリン」登場!
LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」で展開するゲームサービス「LINE GAME」の農場ゲーム「LINEブラウンファーム」(iPhone・Android対応/無料)において、株式会社サンリオとのライセンス契約により、サンリオの人気キャラクター「ポムポムプリン」とコラボレーションを開始した。


ドスパラ、「HTC Vive」が快適に動作するPC「GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル XFR」を発売
今回販売を開始するPCは、Viveを使用したVRコンテンツを快適に動作させる点において、必要充分なパフォーマンスを持つPCと推奨されたものになるとのこと。HTC Viveとのセット購入も可能となっている。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
キックスターターで3億円を集めた「Superbook」が国内販売へ
スマホビギナーでも簡単に操作できる「シンプルスマホ3」が登場
スマホで3D動画を簡単に撮影できるレンズが登場
iPhoneで睡眠の質を管理! 睡眠習慣を整えるアプリ「Sleepdays」とは
iPhoneで購入したアプリを確認する方法は? 知らないと損する技の数々




===

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ