ITライフハック

ポケモン

鳥取砂丘を舞台に日本ではめずらしいポケモンが出現「Pokemon GO Safari Zone in 鳥取砂丘」開催

main

鳥取県は、2017年11月24日(金)から26日(日)まで、鳥取砂丘にて、位置情報ゲームアプリ「ポケモン GO」のイベント「Pokemon GO Safari Zone in 鳥取砂丘」を開催する。

イベントでは、日本ではなかなか出会えない「バリヤード」や「アンノーン」などのポケモンが砂丘に出現する。

また、イベントに合わせて 「鳥取砂丘『ポケモン GO』ARフォトコンテスト」 を開催する。同アプリのAR(拡張現実)カメラで、鳥取砂丘内の風景とポケモンの写真をSNSに投稿した人の中から、入賞者12名に和牛の全国大会・2017年全国和牛共進会で肉質1位に輝いた鳥取和牛(出品牛の肉3万円相当)をプレゼントする。

さらに、専用応募用紙で応募した人から抽選で10名に鳥取県産松葉がに(1万円相当)をプレゼント「砂丘へウェルカニキャンペーン」 も開催。ほかにも、地元産グルメの屋台が出店する“「食のみやこ鳥取県」グルメの丘” を開催するなど、イベントに参加する方を鳥取の「食」などの魅力でもてなすとしている。

(C)2017 Niantic, Inc. (C)2017 Pokemon. (C)1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

Pokemon GO Safari Zone in 鳥取砂丘

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「Shadowverse」の大会「RAGE Shadowverse World Grand Prix JCG予選大会」を開催
楽天トラベル、2017年でスキー・スノーボード旅行が人気の宿ランキングを発表
「委員長・椎名乙葉 時間ですよ」「委員長・椎名乙葉 タイマーですよ」がAmazon Alexaに対応
数々のプロ選手を輩出したeスポーツプレイヤーの登竜門「Logicool G CUP 2017」決勝戦の開催概要が決定
楽天トラベル、2017年 湯治体験が人気の温泉宿ランキングを発表






ポケモンとマイクロソフト、公式LINEアカウントに感情的なつながりを重視するAIを導入。「ロトム」とAIで会話が可能に

171026-02-270x480

ポケモンと日本マイクロソフトは協力して、ユーザーとの感情的なつながりを重視するAIをポケモンの公式LINEアカウントに導入した。ユーザーはポケモン「ロトム」とAIで会話をすることにより、ゲーム「ポケットモンスター」シリーズ最新作「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」(2017年11月17日発売予定)の世界を楽しむことができる。

AIの「ロトム」は、マイクロソフトのAI「りんな」で培われた技術および研究開発組織 Microsoft Researchで開発された最新技術を活用することで、会話への返答をリアルタイムで生成している。ポケモンに関する会話ではインターネット上のデータに加えて、800種類以上のポケモン公式図鑑データやユーザー間のオンラインバトルデータを利用している。これらはすべて、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム Microsoft Azureで稼働している。

また、会話を進めるとAIの「ロトム」がユーザーの会話力を診断したり、「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」の冒険の舞台となる、アローラ地方のポケモンを紹介することも。他にも、ユーザーはAIの「ロトム」とポケモンの名前限定のしりとりを楽しむことができる。AIの「ロトム」と仲良くなると、「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」で利用できるプレゼントを受け取ることができる。

171026-01-276x480

171026-03-270x480

171026-04-276x480



©2017 Pokémon. ©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
東京メトロ、地下鉄開通90周年記念イベント「TOKYO METRO 90 Days FES!」を90日間限定で開催
今回も期待を裏切らない、ガリガリ君リッチの新味が登場!「ガリガリ君リッチ 温泉まんじゅう味」
アニメ「おそ松さん」第2期オープニングテーマA応Pミュージックビデオ撮影現場をVRで体験
「PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDS」アジア大会への出場権を賭けた日本大会の本戦を全編生中継
niconico×照恩寺「テクノ法要」を福井県・照恩寺より完全生中継


-
%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%83%B3-%E3%80%90Amazon-co-jp%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%80%91%E6%97%A9%E6%9C%9F%E4%BA%88%E7%B4%84%E7%89%B9%E5%85%B8%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%ABPC%E5%A3%81%E7%B4%99-%E9%85%8D%E4%BF%A1-%E4%BB%98/dp/B075S869SW?psc=1&SubscriptionId=AKIAIM37F4M6SCT5W23Q&tag=medi01-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B075S869SW" target="_blank">ポケットモンスター ウルトラサン 【Amazon.co.jp限定】早期予約特典オリジナルPC壁紙 配信 付
任天堂
2017-11-17



劇場版「ポケットモンスター」18作品をU-NEXTにて見放題一挙配信

イメージ1441

U-NEXTが運営する映像配信サービスU-NEXTにて、2017年5月1日より、「ポケットモンスター」の劇場版18作品を見放題にて配信開始した。

1996年にゲームボーイ用ソフトが爆発的人気となり社会現象にもなった「ポケットモンスター」は、1997年にはTVアニメが放送スタートし、アニメ劇場版はその翌年より毎年新作を公開。ゲームでもなかなか出逢えない「幻のポケモン」が登場する劇場版は、キッズたちの心をつかんできた。

そして記念すべき20作目となる今夏、主人公サトシとピカチュウの出会いを描いたアニメ版「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」が2017年7月15日より公開され、アニメ版20年間の原点に立ち返ることになる。

U-NEXTでは2017年5月1日より、劇場版最新作の公開に先駆けて、今までの劇場版18作品を見放題で配信。ブーム当初からのファンや、現在はまっているファンもこの機会にポケモンアニメ20年の歴史を振り返ってみてはいかがだろうか。 

■劇場版「ポケットモンスター」タイトル一覧
・劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲
・劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕(ばくたん)
・劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイ
・劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇(であい)
・劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス
・劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ
・劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 デオキシス
・劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ
・劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子 マナフィ
・劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール ディアルガVSパルキアVSダークライ
・劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール ギラティナと氷空(そら)の花束 シェイミ
・劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ
・劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール 幻影の覇者 ゾロアーク
・劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム
・劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと白き英雄 レシラム
・劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ
・劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速(しんそく)のゲノセクト ミュウツー覚醒
・ポケモン・ザ・ムービーXY 破壊の繭とディアンシー
・ポケモン・ザ・ムービーXY 光輪(リング)の超魔神 フーパ

特集ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
語学ソフト「ロゼッタストーン」が30万本限定で4,980円に!AI翻訳機まで語られた、ソースネクスト発表会レポート
超会議2017来場記念!ニコニコ住民票、6枚目を作ってきました!
今年も「ニコニコ超会議」の「超鉄道」ブースに行ってみた
ラスボス小林幸子がピューロビレッジに初降臨して「小林幸子 in サンリオピューロランド」を開催
「けものフレンズ」全12話一挙放送実施。初のコメント入りライブ・ビューイングも全国劇場で同時開催





闘会議2017にリアル「ポケストップ」が出現!ピカチュウも登場

poke01

2017年2月11日~2月12日の期間で千葉・幕張メッセにて開催されている「闘会議2017」。8ホールにはスマートフォンゲーム「Pokémon Go」のリアル「ポケストップ」が置かれ、来場者が自由に撮影できるようになっていた。


また決まった時間になるとピカチュウが登場。来場者との記念撮影に応じていた。

poke02
ピカチュウと記念撮影

poke03
全部で3体のピカチュウが登場

闘会議2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
今年も闘会議でレトロゲームエリアを設置。巨大ファミコンコントローラーもあるよ
発売まで待ちきれない!Nintendo Switchの「ARMS」を体験してきました
あのNintendo Switchも体験できるゲームの祭典「闘会議2017」開催中!





全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップが「Pokémon GO」の公式パートナーショップに

pokemon

ソフトバンクは、全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップが、2016年12月3日より「Pokémon GO」の公式パートナーショップとなると発表した。

また、同日よりY!mobileにおいて、「Pokémon GO」でも使える1人最大2,520円分のGoogle Playクーポンをプレゼントする「ワイモバイルで『Pokémon GO』を楽しもうキャンペーン」が実施される。

ソフトバンクショップとワイモバイルショップが、「Pokémon GO」のゲーム内の「ポケストップ」または「ジム」として登場。ゲーム初心者でも安心して楽しめるよう、基本操作や安全な遊び方などをまとめた「『Pokémon GO』はじめてガイド」を配布する。また、来店したプレーヤーに充電サービスを提供する。他社のスマートフォンを利用しているプレーヤーでも気兼ねなく充電できる。

「Pokémon GO」を快適に利用できるスマートフォンとして、ソフトバンクショップでは「Xperia XZ」などを、ワイモバイルショップではAndroid One スマートフォン「507SH」などを購入できる。

また、Y!mobileにおいて、「Pokémon GO」をより楽むための特典として、同ゲームでも使えるGoogle Play クーポンをプレゼントする。Android 搭載スマートフォン利用者向け来店特典としてGoogle Play クーポンを120円分(100ポケコイン相当)提供する。期間は2016年12月3日~なくなり次第終了。対象となるのは期間中にワイモバイルショップに来店した、Android 搭載スマートフォンで「Pokémon GO」を利用しているユーザー。人数は先着で6万人。

このほか、Android One スマートフォン「507SH」成約特典として、Google Play クーポンを1,200円分(1,200ポケコイン相当)プレゼント。期間は2016年12月3日~12月31日までで、対象となるのは、期間中にAndroid Oneのスマートフォン「507SH」をワイモバイルショップで購入した人で、本特典に応募したユーザー抽選で3,000人。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ASUS JAPAN、Qualcomm Snapdragon 652を搭載する「ZenFone 3 Ultra」を発売
au STAR会員を新感覚リアル脱出ゲームへご招待

フォーカルポイント、iPhone 7とiPhone 7 Plusにそれぞれ対応したメタルバンパーを発売

マウスコンピューター、GeForce GTX 1050を搭載したゲーミングパソコンを販売開始
Synologyが同社製品向けのユーザーイベント「Synology 2017」を開催






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ