ITライフハック

マイク

いつでもどこでもレッツカラオケ!スマホ用のカラオケミニマイクが登場

22952_apmHMfUTrF

上海問屋は、スマホでいつでもどこでも手軽にカラオケが楽しめる、スマホ用カラオケミニマイクの販売を開始した。価格は999円(税込)。

本製品は、スマホでいつでもどこでも手軽にカラオケができる、スマホ用 カラオケミニマイク。新曲の練習やストレス発散のひとりカラオケはもちろん、スピーカーに接続すれば、友達や家族など皆で楽しめる。

使い方は、付属の3.5mmオーディオスプリッターを使用し、スマホとマイク、イヤホンを接続するだけ。カラオケ曲は好きな曲をダウンロードして楽しもう。iPhoneであれば、歌う時に音楽を聴きながら、同時に自分の声も聞くことができる。

なお、iPhone7/7PlusはLightningオーディオアダプターを利用のこと。Android系のスマホの場合、アプリで歌う時に自分の声が聞こえない。録音した場合は再生時に自分の声も聞こえるので注意しよう。

クリップ式スタンドを使えば胸ポケットなどに固定でき、ハンズフリーで使える。スタンドマイクにもなるので、Skypeなどのチャットにも便利。付属の風防を付けると、さらにクリアな音声で録音できる。

■製品仕様
マイクサイズ・・・長さ72 × 直径(マイク部分)19 × 直径(グリップ部分)10~13mm
ケーブル長さ・・・約85cm
重量・・・・・・・約24g(オーディオスプリッター除く)
付属品・・・・・・3.5mmオーディオスプリッター、風防、クリップ式スタンド、英語/中国語マニュアル
製品保証・・・・・購入後 初期不良2週間


22952_LFsYgXDIFu


DN-914807 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
ブロックで自由にカスタマイズできるUSBキーボード
最小限の視線の動きでスピードを確認できる車載 OBD2接続 ヘッドアップディスプレイ
立体3Dサウンドを体感できるHDSS技術搭載 3Dイヤホン
スマホをワンタッチ装着できる車載用強力吸盤 ワンタッチスマホホルダー
鍵と一緒に持ち歩くMFi認証ライトニングケーブル・マイクロUSBケーブル






スマホに繋ぐだけ スピーカー付きマイクでカラオケを楽しめる「スマホでどこでもカラオケマイク」

1_000000002786

サンコーは、「スマホでどこでもカラオケマイク」を発売した。価格は2,980円(税込)。

本製品はスマホに繋いでアプリで簡単にカラオケが楽しめるスピーカー付きマイク。スピーカー内蔵なので、まるでカラオケルームのような臨場感を味わえる。

バッテリー内蔵で連続稼働時間は4~5時間。また自分の歌声のボリュームやエコーの量などを調節可能だ。1人でも大人数でも楽しめるカラオケマイクとなっている。

■製品仕様
・サイズ:幅73×高さ250×奥行73(mm)
・重量:424g
・充電用ケーブル長:180(mm)※コネクタ含まず
・接続用ケーブル長:750(mm)※コネクタ含まず
・電源:USBより充電 (充電時間:約2時間)
・内蔵バッテリー:2600mAh
・連続稼働時間:約4~5時間 ※使用状況により、異なります。
・内蔵スピーカー:ステレオ
・対応機種:3.5mmイヤフォンジャック搭載スマートフォン
・内容品:本体、充電用ケーブル、接続用ケーブル、専用ケース、日本語取扱説明書
・パッケージサイズ:幅110×奥行28×高さ185(mm)
・パッケージ重量:597g(内容品含む)
・保証期間:6か月


9_000000002786


スマホでどこでもカラオケマイク

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
スマートフォンでの音楽聴取 10代の約6割が「毎日」聴取、定額制音楽配信サービスの利用は9.1%
ASUS JAPAN、TangoとDaydreamの両方に対応したスマートフォン「ZenFone AR(ZS571KL)」を発表
LINEモバイル、のんを起用した第2弾TVCM「愛と革新。LINE MOBILE(交差点篇)」を公開
ソフトバンク、「学割ってるダンスノート」をプレゼントするキャンペーンを開始
格安SIM利用率上位15サービスの満足度は76.9%、総合満足度1位はmineo。MMD研究所調べ





スマホでのカラオケや実況中継に使えるUSB充電式スマホ用マイク

22952_LJhfJTYCWK


上海問屋は、スマホでカラオケや実況中継録音をするのに便利なマイクを販売開始した。価格は1,299円(税込)。



本製品は、ボイスメモの録音、動画撮影での音声入力、実況レポート撮影、カラオケアプリなどに使えるスマホ用のマイク。手軽に持ち運べるコンパクトサイズで、場所を選ばず使える。

付属の接続ケーブル(ステレオミニ3.5mm(マイクに接続))をmicroUSBケーブル(スマホに接続)を使って、マイクとスマホをつなげることで機能する。なお、マイクを使用するには対応したアプリが必要。

音声出力用の3.5mmオーディオジャックを2つ搭載。片方をスマホに接続して、もう片方にイヤホンやヘッドホンをつなげば、自分の耳で確認しながら録音できる。充電にはmicroUSBケーブルを使用。充電中はLEDライトが赤く点灯、フル充電で緑に点灯する。フル充電で約4時間使用可能だ。

22952_svNeVTfhvO


■製品仕様
接続・・・・・・・・ステレオミニ3.5mm(マイク側)→microUSB(機器側)
出力端子・・・・・・3.5mmオーディオジャック×2
出力・・・・・・・・10mW
周波数・・・・・・・28Hz-20kHz
電源・・・・・・・・USB充電式内蔵バッテリー(3.7V/400mAh)
充電時間・・・・・・初回 約8時間(DC5V)、2回目以降 約4~5時間
サイズ・・・・・・・長さ 約118mm×直径 約38mm
重量・・・・・・・・約55g
付属品・・・・・・・ステレオミニ3.5mm→microUSBケーブル、microUSBケーブル(充電用)、マニュアル(中国語)
製品保証・・・・・・購入後 初期不良2週間


DN-913802 上海問屋限定販売ページ
上海問屋

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
ワンタッチで着脱可能なベルト用カメラホルダー
どこでも使えるUSB/microUSB モバイルファン。スマホもOK
夏になると欲しくなるノートPC用熱排出ファン
野球帽などキャップのツバ部分に装着するウェアラブルムービーカム
断線しにくいMfi認証Lightningケーブル







カプセルをイメージ!Pod nano/touch専用マイク



リンクスインターナショナルは、第4世代iPod nano、第2世代iPod touch専用のコンパクトな高感度マイク「OZAKI iPill IP017RED/WHITE」を4月17日より発売した。
価格は、オープンプライス。市場想定価格は、1,580円前後。ボディカラーは、ホワイト/レッド。

■少し離れた場所の音声もクリアにキャッチ
「OZAKI iPill IP017RED/WHITE」は、第4世代iPod nano、第2世代iPod touch専用のコンパクトな高感度マイクだ。イヤフォンジャックにiPill を挿し込むだけでマイクに早変わり。カプセル型の錠剤をイメージした斬新的なデザインフォルムを採用しているので、変わったデザインで人と差をつけたい人にお勧めだ。

高感度マイクを搭載しているので、少し離れた場所の音声もクリアにキャッチする。会議の際にボイスレコーダーとして、日常生活での備忘録として、様々な用途で使うことができる。iPod touchはサードパーティのアプリケーションと連動して使うことができるので、例えば、Skype のアプリケーションと合わせてスカイプフォンとして利用することも可能だ。

本体にストラップホールを備えているので、好みの携帯ストラップを取り付けることができ、持ち運びが便利になる。サイズは、長さ11mm×幅35mm×厚さ11mm。有害物質の使用を制限したRoHS指令に適合した環境に優しい製品となっている。

「OZAKI iPill IP017RED/WHITE」
株式会社リンクスインターナショナル

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
フラワーロック復活!iPhoneとコラボ?GWはロボット三昧
ケーブルなんて不要!iPhoneの音楽をFMラジオで聞く
ファッションブランドとコラボ!「ARTIST PROJECT写真展 ‐ GR DIGITAL?×STUSSY -」を開催
安いだけじゃない!高音質で多機能なメディアプレイヤー

iPodパーフェクトガイド2010
マックピープル編集部
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 50620

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ