ITライフハック

マクロミル

通販の利用実態調査 -通販チャネル別に特徴を探る(マクロミル調べ)

d6bb258e8c396a6ca39c67cd984d2bfb_s

最近、 ECサイトを中心に開催される特売イベントが話題になっている。インターネットの普及でECサイトやネットスーパーが拡大しているが、そもそも昔からあるカタログ通販やテレビショッピングなども含めた通販全体の利用状況はどのようになっているのだろうか。さらに、通販を月に1回以上利用するユーザーの利用実態も探った。

【1】 通販の利用率は90%、利用チャネルは「ECサイト」が93%で断トツ
通販の利用実態を明らかにするため、まずは20~69歳の男女10,000名※1に買い物の状況をたずねると、通販の利用率は90%だった。通販の利用者に、買い物で使っている通販のチャネルをたずねると、1位は「ECサイト」93%で断トツだった。大きく引き離されて、 2位は「ネットスーパー」18%、 3位は「カタログ通販」10%と続いている。
※1平成27年国勢調査による、全国5エリア×性別×年代の人口動態割付

【図】 通販チャネルの利用状況
ベース:通販を利用している人 / n=8,982(複数回答可)
sub6


―ここからは、「月に1回以上」通販で買い物をする1,000名に聞いた調査結果。―

【2】 通販で月にいくら使う?「ネットスーパー」が月平均11,560円で、通販チャネルの中で最高
利用する通販のチャネルによって、利用金額や利用頻度にどのような特徴があるのだろうか。

利用金額が最も高かったのは「ネットスーパー」で月平均11,560円、次いで「ECサイト」が月平均10,589円だった。また利用頻度では、 “週1回以上”利用する人が多かったのが「ネットスーパー」、 “月に1回以上”利用する人が多かったのが「ECサイト」で、「ネットスーパー」「ECサイト」は利用金額、利用頻度ともに、他のチャネルよりも高いことが分かる。

ネットスーパーとECサイトの業務提携が話題になっているが、買い方の選択肢が増えていく中で、通販の利用実態に今後変化があるのかが注目される。

【図】 通販チャネルごとの利用金額(月平均)
ベース:月に1回以上通販を利用している人 / n=1,000(自由回答)
sub4


【図】 通販チャネルごとの利用頻度
ベース:月に1回以上通販を利用している人 / n=1,000
sub5


【3】 通販で買う理由、オフラインの通販チャネルの1位は共通して「通販でしか買えない商品がある」
「店舗・店頭ではなく、通販で買い物をした理由」をチャネルごとにたずね、それぞれの特徴を探った。

トップ5を見ると、全体的に「品揃えが豊富」「価格が安い」「いつでも買える」といった共通の理由がランクインした。“ECサイト”は「ポイントが貯まる」が49%で4位に、 “ネットスーパー”は「大きな荷物や重たい荷物を運んでくれる」が52%で2位にそれぞれランクインしている点が特徴的だ。

また、 “カタログ通販”、 “テレビ通販”、 “新聞広告・折込チラシの通販”といったオフラインのチャネルでは、共通して「通販でしか買えない商品がある」がトップでした。 “テレビ通販”と“新聞広告・折込チラシの通販”では「つい買いたくなってしまう」「商品が魅力的」も上位5位内にランクインした。

ECサイトは「ポイント目当て」、ネットスーパーは「利便性」、カタログ通販・TV通販・新聞広告・折り込みチラシの通販は、「商品そのものの魅力」で利用する人が多い、という傾向がみられる。

【図】 店舗・店頭ではなく、通販で買い物をした理由<チャネルごとに上位5位>
ベース:月に1回以上通販を利用している人 / n=1,000(複数回答可)
sub7


【4】 “特売イベント”がきっかけで、普段使わないECサイトを利用したいと思う人は73%
最近、 ECサイトを中心に、会員獲得や売り上げ拡大を目的として開催される特売イベントが話題になっている。

そこで、「通販で買い物をしようと思った際に、普段利用しないECサイトで、『○割引』や『ポイント○倍』などのタイムセールが開催中だと知った」として、そのECサイトで買い物をしてみたいかたずねたところ、「買い物をしてみようと思う」は73%で大部分の人はポジティブな回答だった。一方の「買い物をしてみようと思わない」と答えた27%の人に理由をたずねると、「使い慣れた通販で買いたい」が7割、「ポイントを貯めている通販で買い物をしたい」が5割弱だった。

【図】 ECサイトの特売イベントに対する利用意向
ベース:月に1回以上通販を利用している人 / n=1,000
main


【図】 特売イベントで買い物をしない理由
ベース:ECサイトの特売イベントで買い物をしてみようと思わない人 / n=267
sub3


調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ドラゴンクエストXI」、豪華タレント5組による“ドラクエ”で頭が一杯な人々を描いたCMを5本同時公開
シャノアール、今年の真夏日対策に「怖い話」を提供。過冷却を利用した氷点下アイスコーヒーの商品化も検討
仙台市に期間限定「ジョジョの奇妙な冒険」デザインの下水道マンホールを設置
あの幻のポケモン“ミュウ”がもらえる!セブン-イレブン「ポケモンラリー2017」を開催
“ガリガリ君”、“ガツン、と”、合計2,000本無料配布



改訂版ネットショップ検定公式テキスト ネットショップ実務士レベル1対応
一般財団法人ネットショップ能力認定機構
日本能率協会マネジメントセンター
2016-07-15



電車内での過ごし方は?痴漢冤罪保険に入りたい?1都3県の通勤・通学電車事情(マクロミル調べ)

579691

最近、「男性専用車両」の導入希望の声がニュースで取り上げられていたり、「痴漢冤罪保険」が誕生したりと、通勤・通学電車を取り巻く環境に、少しずつ変化が見られる。そこで今回は、通勤・通学電車内での過ごし方や、新しい変化に対する考え等を探るため、 1都3県に住み、電車を使って通勤・通学している男女500名にアンケートを実施した。

【1】 通勤・通学電車での過ごし方は、「スマホ・タブレット操作」が8割強で最多
通勤・通学電車での過ごし方を調査しました。最も多い過ごし方は、圧倒的に「スマホやタブレットを操作する」で84%、2位は「車内広告を見る」46%、3位は「ぼーっとする」46%だった。

8割以上の人が「スマホやタブレットを操作する」と回答したが、具体的に何をしているのだろうか。1位は「メールやメッセージのチェックや送信」85%、2位「ニュースをチェックする」65%、3位「SNSを閲覧、投稿する」55%と続き、通勤・通学電車でスマホやタブレットを操作する人の多くは、 “ぼーっとする以外はスマホでメールやニュース、 SNSをチェックするか、広告を眺める”、そんな人が多いようだ。

【図】通勤・通学電車において、スマホ・タブレットですること トップ5
ベース:通勤・通学電車内で「スマホ・タブレット」を操作する人 / n=471(最大10個まで選択可)
sub6


【図】 通勤・通学電車内での過ごし方 トップ5
ベース:全体 / n=500(最大10個まで選択可)
sub5


【2】 通勤・通学電車でプレーするゲームは、「パズルゲーム」が5割超で圧倒的な人気
新しいアプリやSNS上で、スマホユーザーをターゲットに次々とリリースされる「ゲーム」。通勤・通学電車内でスマホ・タブレットを操作する人の3割がプレーしていると回答した。どのようなジャンルのゲームをプレーしているか聞くと、多い順に「パズルゲーム」56%、「シミュレーションゲーム」と「ロールプレイングゲーム」が22%と続き、パズルゲームが圧倒的な人気を集めていることが分かった。

【図】通勤・通学電車において、スマホ・タブレットでプレーしているゲームのジャンル トップ5
ベース:通勤・通学電車内で、スマホ・タブレットで「ゲーム」をする人 / n=143(複数回答可)
sub7


【3】 女性のホンネ:「男性専用車両」の導入に“賛成”は74%、「女性専用車両」の利用実態は38%にとどまる
通勤・通学で電車を利用する女性に、「男性専用車両」の導入について意向を聞いたところ、導入賛成派※1は74%だった。賛成の理由を自由回答で尋ねたところ、最近相次ぐ痴漢トラブルのニュースに対し、望む人は「男性車両を選択することもありだと思う」「トラブルが原因で電車が止まるのは迷惑だから、防ぐことができるならやってもらいたい」「痴漢の冤罪防止につながる」などの回答が集まった。また、「女性専用車両があるのに、男性専用車両がないのは不平等」といった回答もあがった。なお、「女性専用車両」を利用しているか伺ったところ、実際に利用している人※2は36%だった。
※1 「絶対に導入すべき」「導入した方が良い」の合計
※2 「積極的に利用している」「たまに利用している」の合計

【図】 「男性専用車両」の導入について、女性の意向
ベース:女性 / n=242
sub4


【4】 男性のホンネ:「男性専用車両」の導入に“賛成”、導入したら“利用したい”ともに6割超
通勤・通学で電車を利用する男性にも「男性専用車両」の導入について聞いたところ、導入賛成派は65%※3だった。自由回答で集まった理由には、「痴漢と間違われたくない」「いつ冤罪のターゲットにされてもおかしくない」「両手でつり革を持ったり、荷物が触れないようにしたりと気を使う」などがあがった。また「女性ばかり優遇するのは不公平」といった回答も。では、実際に導入されたら利用したいか聞くと、 59%が「利用したい」※4と回答した。
※3 「絶対に導入すべき」「導入した方が良い」の合計
※4 「積極的に利用したい」「やや利用したい」の合計

【図】 「男性専用車両」の利用意向
ベース:男性 / n=258
main


【図】 「男性専用車両」の導入について、男性の意向
ベース:男性 / n=258
sub3


【5】 「痴漢冤罪保険」、男性の半数弱が“入会を検討したい”。女性も5人に1人が検討中
痴漢被害や、痴漢の冤罪、それらによる事件事故や電車の遅延などのニュースが度々報じられています。このような中で誕生した「痴漢冤罪保険」を知っているか聞くと、約半数の48%が知っていると回答した。さらに、入会を検討したいか聞くと、男性の46%、女性も5人に1人にあたる22%が、「入会を検討したい」と回答した。

【図】 痴漢冤罪保険の入会意向
ベース:全体 / n=500
sub8


調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ロジクール、新型iPad対応の2つ折り保護カバー&スタンド付キーボードを発売
「LINE LIVE」、配信者が獲得できるLINEポイントを通常の3倍以上に
コンパクトでも妥協ゼロ!ユーザーの声に応えた上質スマホ「Galaxy Feel」発売
LINEモバイル、女優・のんさんを起用した一夜1回限りの60秒スペシャルTVCMを放映
川口春奈さんがダチョウ倶楽部上島さんを召喚!本格幻想RPG「陰陽師」新CM発表会レポ





会社員1,000人に聞く 2017年夏のボーナス調査(マクロミル調べ)

kyuryou_bonus_man2

今夏のボーナスまで、あと1か月半余りという会社員も多いのではないだろうか。マクロミルは民間企業に焦点を当てて、15~64歳の正社員1,000名を対象に今年のボーナスに関する意識調査を実施した。

【1】2017年夏のボーナス、 ”受給予定”は83%、2割弱は“受給なし”

民間企業に勤める正社員に、この夏のボーナスの支給についてたずねると、「支給される予定」は83%、「支給されない予定」は17%という実態が明らかになった。さらに会社の従業員規模別に見てみると、規模が大きくなるにつれ、受給予想が高まる傾向があり、最も高いのは“500人~1,000人未満”規模の企業で95%だった。

【図】 2017年夏のボーナス 会社員の支給予想
ベース:全体 / n=1,000
main

【図】 2017年夏のボーナス 会社員の支給予想 <従業員規模別>
ベース:全体 / n=1,000
sub5

【2】ボーナス受給予定者の平均見込み額は「507,265円」、「金融・保険業」が最高の「693,939円」

ボーナスを受給予定の会社員に、いくら支給される見込みかをうかがったところ、平均額は488,910円だった。業種別にみると、平均額がもっとも高いのは金融・保険業で693,939円、一方もっとも低いのはサービス業で351,258円となっている。

【図】 ボーナスの見込み金額(平均)
ベース:2017年夏のボーナスを受給予定の会社員/ n=725(見込み額がわからない人を除く)
sub4

【図】 ボーナスの見込み金額 <業種別>
ベース:2017年夏のボーナスを受給予定の会社員 / n=834
sub6

※グラフのデータラベルは、 5%未満を非表示にしている。

【3】”受給なし”の理由は、「支給制度がない」54%が最多

ボーナスの受給がない人にその理由をきくと、「支給の制度がない」54%、「制度があるが支給が見込めない」と「制度はあるが、対象外である」が共に22%だった。

【図】 ボーナス受給がない理由
ベース:2017年夏のボーナスの受給予定が無い会社員 / n=166
sub3


調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
料理をするときに参考にしているものの上位は「レシピ検索アプリ、レシピアプリ、レシピ検索(ブラウザ)」
劇場版「ポケットモンスター」18作品をU-NEXTにて見放題一挙配信
語学ソフト「ロゼッタストーン」が30万本限定で4,980円に!AI翻訳機まで語られた、ソースネクスト発表会レポート
超会議2017来場記念!ニコニコ住民票、6枚目を作ってきました!
今年も「ニコニコ超会議」の「超鉄道」ブースに行ってみた




ダイエットシーズン到来!2017年ダイエットの実態を大調査(マクロミル調べ)

1d533a941c59d2370023ffd0da40dffa_s

夏に向けてダイエットを始める人も多いこの季節。今年のダイエットシーズンの実態やトレンドを探るべく、全国の15~59歳男女1,000人にアンケート調査を実施した。

【1】意外と多い!2人に1人が“ダイエッター&ダイエット予備軍”
現在ダイエットをしている人は27.4%、これから夏に向けてダイエットをする予定の人は20.4%で、合計約48%が“ダイエッター&ダイエット予備軍”であることが分かった。ダイエットをする理由は、「健康でいたいから」52%が最多で、次いで「体型維持のため」49%、「スタイルを良くしたいから」44%と続く。

【図】 ダイエット経験率
<ベース:全体 / n=1,000>

sub5


【図】 ダイエットをする理由
<ベース:ダイエットをしている人、この夏に向けてダイエットをする予定の人 / n=478 (複数回答可,トップ10を抜粋)>

sub6


【2】理想は今より何キロ減? 男性7.8kg、女性6.5kg
“ダイエッター&ダイエット予備軍”の理想体重は、現在の体重からマイナス何キロかをたずねた。平均すると、男性はマイナス7.8kg、また女性はマイナス6.5kgで、男女ともに現実体重と理想体重には大きな差があるようだ。

【図】 理想体重は、現在からマイナス何キロか
<ベース:ダイエットをしている人、この夏に向けてダイエットをする予定の人 / n=478>

sub3


【3】引き締めたい部位は、男女ともに「お腹・ウエスト」。男性では他部位を大きく引き離し、ダントツ!
“ダイエッター&ダイエット予備軍”に、体のどこを引き締めたいかたずねたところ、男女ともに1位は「お腹・ウエスト」で、特に男性は他の部位を大きく引き離し、 92%でダントツだった。また女性では、「太もも」「お尻」「二の腕」「ふくらはぎ」を引き締めたい人が、男性よりも3~7倍多いことが分かった。

【図】 ダイエットで引き締めたい部位
<ベース:ダイエットをしている人、この夏に向けてダイエットをする予定の人 / n=478>

sub7


【4】今年のダイエットシーズンは、 “節約ダイエット”が主流? 6割が「お金は掛けない」
今年の夏までに、ダイエットのためにいくらお金を使う予定かたずねたところ、 58%が「お金は掛けない」と回答した。お金を掛ける人でも、「5,000円未満」19%、「5,000~10,000円未満」11%と、安く済まそうと考える人が多いようだ。

【図】 2017年夏に向けたダイエット予算
<ベース:ダイエットをしている人、この夏に向けてダイエットをする予定の人 / n=478>

main


【5】理想体型の有名人ランキング
男性1位「福山雅治」、2位「GACKT」、3位「イチロー」、
女性1位「菜々緒」、2位と3位は“ダブル涼子?”がランクイン!

“ダイエッター&ダイエット予備軍”が理想とする体型の有名人は誰だろうか。男性の理想トップは「福山雅治」、2位「GACKT」、3位「イチロー」だった。女性の理想トップは「菜々緒」、また2位「米倉涼子」、3位「篠原涼子」で、 “ダブル涼子”がランクインした。

【図】 理想体型の有名人ランキング
<ベース:ダイエットをしている人、この夏に向けてダイエットをする予定の人 / n=478 (自由回答,トップ3を抜粋)>

sub4


調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
10周年限定キャラクター登場で「PASMOのミニロボット 探そう!キャンペーン」開催
「大人なガリガリ君マンゴー」を発売
LINE、熊本市と「情報活用に関する連携協定」を締結
「東京ゲームショウ2017」の「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付を開始
どLINE FRIENDS、心斎橋オーパB2Fにポップアップストアを展開






2017年「母の日」調査。母・子の想いのギャップが明らかに(マクロミル調べ)

sub9

5月14日(日)は「母の日」。毎年、花屋やプレゼント売り場が「母の日」用のギフトでにぎわうが、母親たちは実際のところ、子どもに何をされたいと思っているのだろうか。また、子どもたちの今年の「母の日」の計画は?全国20-60代1,000名に調査した。

【1】2017年「母の日」計画、ダントツ1位は、「プレゼントを贈りたい」
今年の「母の日」に自分の母親に対して何かしたいと思っているかを尋ねたところ、「プレゼントを贈りたい」がダントツで56%にのぼった。何をプレゼントしたいかを尋ねると、 1位「花束」40%、 2位「お菓子・スイーツ」35%、 3位「服」12%でした。また、今年の母の日に何かをしたいと考えている564名に、かけてもいい予算を尋ねると、 3,000円~5,000円未満と答える人が最も多く、平均予算は3,634円だった。

【図】 2017年「母の日」にプレゼントしたいもの
<ベース:「母の日」にプレゼントを贈りたいと考えている人/n=437>

main


【2】母・子の想いには開きが!?母が欲しいのは「プレゼント」よりも「感謝の言葉」
調査対象者1,000名のうち、子どもがいる女性295名に「母の日」について尋ねた。「母の日に、子どもから何かされたい」という気持ちを持つ母は、 39%だった。また、期待はせずとも、「今年の母の日に子どもが何かをしてくれたら嬉しい」と回答した母は、 81%にのぼった。「母の日」に子どもに何をしてほしいかを尋ねると、 1位「感謝の言葉を伝えてほしい」30%、 2位「一緒に過ごしたい」27%、 3位「家事を代わったり手伝ったりしてほしい」14%という結果だった。母は、会話や一緒に過ごすなど、 “モノ”より“コト”を望む傾向があるといえそうだ。

【図】 「母の日」に対する母の気持ち
<ベース:子どもがいる女性 / n=295>
sub4


【図】 「母の日」に子どもにしてほしいこと
<ベース:子どもがいる女性 / n=295>
sub5


一方、子ども側の回答を見ると、母の想いとは開きがある様子が見えてきた。母の日に何をしたいか尋ねると、ダントツの1位は「プレゼントを贈りたい」で半数以上が回答。また、 2位は「何もするつもりはない」26%だった。
sub7



【図】 今年の「母の日」に自分の母親にしたいこと
<ベース:母がいる(離別・死別などしていない)人 / n=757>
sub6


【3】何もしない理由は、「今まで何もしてこなかったから」49%。「結婚」は見直すきっかけ?
去年の母の日に「何もしていない」人に、その理由を尋ねたところ、「今まで何もしてこなかったから」が圧倒的に多く、 49%と約半分が該当した。どうやら、惰性で何もしていないという人が多そうだ。

【図】 去年の「母の日」に何もしなかった理由
<ベース:去年の母の日に、自分の母親に何もしなかった人 / n=238>


一方で、人生の節目毎に「母の日」の状況を尋ねたところ、「毎年母の日に何かをしてきた」割合は、学生時代は17~21%程度であるのに対し、「就職後」は35%に、「結婚後」は52%に跳ね上がった。特に「結婚」は、「母の日」の自分の行動を見直すきっかけになるのかもしれない。

【図】 人生の節目毎の「母の日」の状況
<ベース:全体 / n=1,000>
sub8


【4】「母の日」に母に伝えたいメッセージ
自分の母親に、「母の日」に送りたいメッセージを自由回答で尋ねたところ、様々なメッセージが集まった。一部抜粋して紹介する。
いつもありがとう。母ちゃんの子で本当に幸せ、それが自分の誇りです。(20歳、男性)
お母さん、こんな私を産んでくれてありがとうございます。時につらいこと大変なことがあったけど、いつも私をかばってくれ助けてくれて嬉しかったよ。大好きなお母さん、いつでも相談に乗ってください。(28歳、女性)
今年子供を産んで本当に思いました。私を産んでくれてありがとう。(33歳、女性)
シンプルに、いつもありがとう、ですかね。照れくさくて、そのくらいしか言えないと思います。(34歳、男性)
母の日はわたしがお母さんの子供だと再確認できる日でもあるので、本当にお母さんでいてくれてありがとう。(35歳、女性)
いつもありがとう。お母さんのような母親になることが理想です。いつまでも元気でいてね。(43歳、女性)
「いつもありがとう」当たり前の言葉だが、家族みんなお母さんに感謝していることを伝えたい。(48歳、男性)
おかあさん、元気な時に言えなかったけど、生んでくれてありがとう。育ててくれてありがとう。私もおばあさんになりましたよ。(57歳、女性)
若くして、他界するとは思っていなかった。普段の生活でもっともっと手伝いや労いの言葉をかけておけば良かった。最後まで家族の為にありがとうございます。(61歳、女性)

調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「東京ゲームショウ2017」の「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付を開始
どLINE FRIENDS、心斎橋オーパB2Fにポップアップストアを展開
稲川淳二のお葬式!? DMM VR THEATERにて「コワイコエ 稲川淳二のお葬式」を開催
「2日休めば9連休!」 2017年ゴールデンウィーク理想と現実(マクロミル調べ)
アナログとデジタルが融合した新感覚知育玩具「ブロクセル」を4月上旬より発売






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ