ITライフハック

マクロミル

お花見新スタイルは“お気楽花見”!?若者世代1,000名に花見事情を調査(マクロミル調べ)

5d4ee66f1e35f83ce884039f35d6ef3b_s

そろそろ桜の開花の季節。気象庁の発表によると、 2016年は3月19日(名古屋、福岡)が日本における最早の桜(ソメイヨシノ)の開花日だった。「ひとり花見」「男(女)だけ花見」など、花見の新しい楽しみ方も出てきている昨今、 20-35歳の「お花見」の楽しみ方を調査した。

【1】お花見の目的は、もちろん「桜を見る」77%が圧倒的!でもホンネは?お花見の3大裏目的は、「飲食を楽しむ」・「話題作り」・「出かける口実」

全国の20-35歳に、お花見に行くメイン目的について聞いたところ、 1位は「桜を見ること」で77%だった。

【図】 お花見に行くメイン目的 上位5位
<ベース:今年お花見をしたい、もしくは、これまでにお花見をしたことのある人/n=913(複数回答で3問まで選択)>
main


次に、 “人には言わない・言えない本音も含めたお花見の目的”を改めて聞いたところ、メイン目的とのギャップが高い順に「飲食を楽しむこと」(14ポイント差)、「『お花見に行ったよ』という話題作りに」(14ポイント差)、「出かける口実やきっかけとして」(13ポイント差)だった。この3点が”お花見の三大裏目的“と言えそうだ。

【図】 お花見に行く裏目的 ※メイン目的とホンネも含めた目的のGAPが高い順に上位5位
<ベース:今年お花見をしたい、もしくは、これまでにお花見をしたことのある人/n=913(複数回答))>
sub3


【2】お花見の日に雨…どうする?1位「延期」、2位「予定決行」、3位「全く違うことをする」

お花見に行ったことがある人に、お花見予定日に雨が降ったことがあるかたずねると、 43%が「ある」と回答した。その時どのような対応をしたかを聞くと、最も多かったのは「お花見を延期した」で29%、次いで「雨が降っていても予定通りのお花見をした」24%、「お花見はあきらめ、お花見を予定していたメンバーで、全く別の予定を立てた」22%と続いた。花見予定日に雨が降った時の対応は、人・グループによりさまざまであることが分かった。

【図】 花見予定日に雨が降った時の対応
<ベース:過去に花見予定日に雨が降ったことのある人 / n=370(複数回答)>
sub4


【3】若者の新スタイル “お気楽花見”
・「同性だけ花見」の経験率は57%、メリットは、「余計な気を遣わなくてよい・気楽」
男だけ・女だけなど、「同性だけ花見」の経験について聞いたところ、 57%があると回答した。「同性だけ花見」の良い点を聞くと、最も多かったのは「余計な気を遣わなくてよい・気楽だ」が83%で、圧倒的だった。

【図】「同性だけ花見」の経験
<ベース:これまでにお花見をしたことのある人/n=869>
sub5


【図】「同性だけ花見」の良い点 上位5位
<ベース:「同性だけ花見」の経験者/n=498(複数回答)>
sub6


・「おひとりさま花見」の経験率は22%、理由は「気楽」「時間を気にしなくていい」「写真が撮れる」

1人だけで花見に行った経験があるかをたずねると、 22%があると回答した。1人で花見に行く理由や良い点を自由回答で聞いたところ、以下のような回答が挙げられた。

【図】「ひとり花見」の経験
<ベース:これまでにお花見をしたことのある人/n=869>
sub7


【図】一人で花見に行く理由・良い点
sub8


調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
PASMO10周年を記念したイベントを開催
東日本大震災の発生から6年。“防災動画の決定版”が完成
水族館の人気者がハンコに。海の生きものにいつでも会える「うみのいきものずかん」
ソフトバンク、小学生を対象にしたプログラミング体験イベント参加者を募集開始
日本向けに開発したプリングルズの新定番フレーバー「ハラペーニョ&オニオン」が登場





2月28日は「バカヤローの日」。怒りの実態を丸裸に!(マクロミル調べ)

227ffb16a3c84f3a291fe7d892a04b89_s

2月28日はバカヤローの日。 1953年のこの日、当時の吉田茂首相が、衆議院予算委員会で「バカヤロー」と発言(バカヤロー解散)したことに由来しているとか。この「バカヤローの日」にちなんで、マクロミルは現代人の怒りの実態を探るべく全国1,000名にアンケートを実施。最近何に怒った? 怒り度が高い世代や性別は? 実際に「バカヤロー」と声に出したことは?!

【1】 2017年冬、 “バカヤロー”と思った経験率は64%、1番怒っているのは40代男性
最近「バカヤロー!」と怒ったこと、怒りたくなったこと、怒っていることがあると回答した割合は64%、実に3人に2人が最近“バカヤロー級の怒り”を経験しているようだ。 性別差や世代差はあるのか探ったところ、それぞれ集計してみると、2017年冬、“バカヤロー”と思った経験率が1番高いのは、 40代の男性であることが分かった。

【図】 2017年冬、 “バカヤロー”と思った経験率
<ベース:全体 / n=1,000>
sub1


【図】 2017年冬、 “バカヤロー”と思った経験率(性年代別)
<ベース:全体 / n=1,000>
sub4


【2】 何に怒った?1位「職場や学校」48%、2位「プライベートでの人間関係」42%

では、どのようなことに「バカヤロー」と怒ったり、怒りたくなったりしたのだろうか。最多は「職場や学校での生活の中で」48%、次いで「恋愛や家族・友人・知人などの人間関係で」とプライベートでの人間関係が42%となり、普段から関わりの深い場所や関係の中で、という回答が上位2つを占めた。

【図】 何にバカヤローと怒ったか
<ベース:最近「バカヤロー」と怒った人 / n=635>
sub3


☆最近の“バカヤロー”エピソード(自由回答結果から抜粋)
「職場・学校」編
・ 仕事が忙しいのに、 1人ぶらぶらとトイレばかり行ってなかなか帰ってこない人に腹が立つ!(女性30代)
・ 自分の考えをパクられた!それ私のアイディアじゃんか、バカヤロー!(女性30代)
・ 愚痴しか言わず、お礼が言えない人がいる!(男性30代)

「世の中の出来事、時事」編
・ 幼児や乳児へ虐待する親に。(男性30代)
・ 運転中に携帯を触っている人が多い!(女性60代)

【3】 「バカヤロー」と実際に声に出してしまった……。50代男性が61%でトップ
「バカヤロー」と心の中で怒っても、言葉に出すか出さないかでは大違い。「バカヤロー」と実際に声に出してしまったことがある人は全体の42%だった。特に40代以上の男性に多く、中でも50代男性が最多の61%となった。

【図】 「バカヤロー」と声に出してしまった経験(性年代別)
<ベース:最近「バカヤロー」と怒った人 / n=635>
sub5


【4】 「バカヤローと叫びたい!!」65%、また、4人に1人は“バカヤローを溜め込み中”!?
「バカヤロー」と叫んでもいい場があったとしたら叫びたいかたずねると、 65%が「はい」と回答した。

総じて、最近怒り体験をしたが、「バカヤロー」と口にはせず、叫べる場所があるなら叫びたい!という人は全体の24%、つまり4人に1人は、 “バカヤローを溜め込み中”である、と言えるようだ。

【図】バカヤローと叫んでも良い場があったら叫びたいか
<ベース:全体 / n=1,000>
sub2


調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ストリートファイターII」とトヨタの「C-HR」がコラボ
NTTドコモ、人気のアプリ「SNOW」とタイアップして「NTTドコモ×SNOW presents 卒業“盛ルバム”」を実施
「テイルズ オブ アスタリア」をメインテーマにした生放送番組をニコ生とYou Tube Liveで放送
東日本大震災からまもなく6年。防災意識と備えの実態を調査。マクロミル調べ


怒り Blu-ray 豪華版
渡辺謙
東宝
2017-04-12



東日本大震災からまもなく6年。防災意識と備えの実態を調査。マクロミル調べ

1334ac39b3c4a1146655a2171bb2c4ee_s

近年、甚大な被害をもたらす自然災害が、相次いで起こった日本。間もなく、東日本大震災から6年、熊本地震から1年となる今、改めて、生活者の防災に対する意識や備えの実態について、全国の男女1,000名を対象にアンケート調査を行った。

■大災害に対して備えをしている人は、 83%
大災害(人間の社会生活や生命に大きな被害をもたらす規模の自然災害)に備えて、 83%が「何かしらの備え」をしていることが分かった。備えているものは多い順に、「日用品・水・食料品などの備蓄」52%、次いで「徒歩での帰宅経路の確認」48%、「保険加入」47%と続く。

また、この1年で備えを強化したものをたずねると、「日用品・水・食料品などの備蓄」が最多の24%で、次いで「災害速報のサービスやアプリの利用」18%、スマホ等の充電用に「モバイルバッテリーを携帯」17%と続き、デジタル関連の備えを強化していることが分かった。

【図】大災害に対する備え
<全体 / n=1,000>
sub4


【図】大災害に対する備え(備えているもの、この1年に備えを強化したもの)
<全体 / n=1,000>
sub5


■災害発生時に注目する情報、 1位は「テレビ」で8割
身の回りで大災害が発生した際、どのような情報源に注目するかを質問。1位は「テレビの情報」で実に8割の人が注目すると回答。2位は、総務省が災害発生時の安否確認手段として活用を呼びかける「災害伝言サービスの情報」と、「インターネット上のニュースサイトの情報」が、ほぼ同率の67%だった。

【図】身の回りで大災害が発生した際に、注目する情報源
<全体 / n=1,000>
sub7


■災害に関する“デマ情報”を、 SNS等のネット上で見かけたらどうする?
東日本大震災や熊本地震等の大災害が発生した際、 Twitter等を通じて“デマ情報”が拡散され、被災地を混乱させた……というニュースを耳にした方も多いのではないだろうか。

では実際に、そういった情報をSNS等のネット上で見かけた人は、それが“デマ情報”だと気づけたのか。またその後、どのような行動をとったのだろうか。

結果、71%と多くの人が「デマ情報だと気づいたので、 SNSや他人には広げなかった」と回答し、混乱を避けることができたと言える。一方で26%がデマの情報だったことに気がつかず、その後の行動の内訳は、「広げなかった」19%、「広げてしまった」7%となっている。

【図】デマ情報を得た後の行動
<ベース:デマだと思われる情報をSNS等のネット上で見かけたことがある人 / n=163>
sub6


調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「JAEPO×闘会議2017」の来場者数は6万8000人
闘会議2017にリアル「ポケストップ」が出現!ピカチュウも登場
今年も闘会議でレトロゲームエリアを設置。巨大ファミコンコントローラーもあるよ
発売まで待ちきれない!Nintendo Switchの「ARMS」を体験してきました





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ