ITライフハック

マクロミル

ダイエットシーズン到来!2017年ダイエットの実態を大調査(マクロミル調べ)

1d533a941c59d2370023ffd0da40dffa_s

夏に向けてダイエットを始める人も多いこの季節。今年のダイエットシーズンの実態やトレンドを探るべく、全国の15~59歳男女1,000人にアンケート調査を実施した。

【1】意外と多い!2人に1人が“ダイエッター&ダイエット予備軍”
現在ダイエットをしている人は27.4%、これから夏に向けてダイエットをする予定の人は20.4%で、合計約48%が“ダイエッター&ダイエット予備軍”であることが分かった。ダイエットをする理由は、「健康でいたいから」52%が最多で、次いで「体型維持のため」49%、「スタイルを良くしたいから」44%と続く。

【図】 ダイエット経験率
<ベース:全体 / n=1,000>

sub5


【図】 ダイエットをする理由
<ベース:ダイエットをしている人、この夏に向けてダイエットをする予定の人 / n=478 (複数回答可,トップ10を抜粋)>

sub6


【2】理想は今より何キロ減? 男性7.8kg、女性6.5kg
“ダイエッター&ダイエット予備軍”の理想体重は、現在の体重からマイナス何キロかをたずねた。平均すると、男性はマイナス7.8kg、また女性はマイナス6.5kgで、男女ともに現実体重と理想体重には大きな差があるようだ。

【図】 理想体重は、現在からマイナス何キロか
<ベース:ダイエットをしている人、この夏に向けてダイエットをする予定の人 / n=478>

sub3


【3】引き締めたい部位は、男女ともに「お腹・ウエスト」。男性では他部位を大きく引き離し、ダントツ!
“ダイエッター&ダイエット予備軍”に、体のどこを引き締めたいかたずねたところ、男女ともに1位は「お腹・ウエスト」で、特に男性は他の部位を大きく引き離し、 92%でダントツだった。また女性では、「太もも」「お尻」「二の腕」「ふくらはぎ」を引き締めたい人が、男性よりも3~7倍多いことが分かった。

【図】 ダイエットで引き締めたい部位
<ベース:ダイエットをしている人、この夏に向けてダイエットをする予定の人 / n=478>

sub7


【4】今年のダイエットシーズンは、 “節約ダイエット”が主流? 6割が「お金は掛けない」
今年の夏までに、ダイエットのためにいくらお金を使う予定かたずねたところ、 58%が「お金は掛けない」と回答した。お金を掛ける人でも、「5,000円未満」19%、「5,000~10,000円未満」11%と、安く済まそうと考える人が多いようだ。

【図】 2017年夏に向けたダイエット予算
<ベース:ダイエットをしている人、この夏に向けてダイエットをする予定の人 / n=478>

main


【5】理想体型の有名人ランキング
男性1位「福山雅治」、2位「GACKT」、3位「イチロー」、
女性1位「菜々緒」、2位と3位は“ダブル涼子?”がランクイン!

“ダイエッター&ダイエット予備軍”が理想とする体型の有名人は誰だろうか。男性の理想トップは「福山雅治」、2位「GACKT」、3位「イチロー」だった。女性の理想トップは「菜々緒」、また2位「米倉涼子」、3位「篠原涼子」で、 “ダブル涼子”がランクインした。

【図】 理想体型の有名人ランキング
<ベース:ダイエットをしている人、この夏に向けてダイエットをする予定の人 / n=478 (自由回答,トップ3を抜粋)>

sub4


調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
10周年限定キャラクター登場で「PASMOのミニロボット 探そう!キャンペーン」開催
「大人なガリガリ君マンゴー」を発売
LINE、熊本市と「情報活用に関する連携協定」を締結
「東京ゲームショウ2017」の「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付を開始
どLINE FRIENDS、心斎橋オーパB2Fにポップアップストアを展開






2017年「母の日」調査。母・子の想いのギャップが明らかに(マクロミル調べ)

sub9

5月14日(日)は「母の日」。毎年、花屋やプレゼント売り場が「母の日」用のギフトでにぎわうが、母親たちは実際のところ、子どもに何をされたいと思っているのだろうか。また、子どもたちの今年の「母の日」の計画は?全国20-60代1,000名に調査した。

【1】2017年「母の日」計画、ダントツ1位は、「プレゼントを贈りたい」
今年の「母の日」に自分の母親に対して何かしたいと思っているかを尋ねたところ、「プレゼントを贈りたい」がダントツで56%にのぼった。何をプレゼントしたいかを尋ねると、 1位「花束」40%、 2位「お菓子・スイーツ」35%、 3位「服」12%でした。また、今年の母の日に何かをしたいと考えている564名に、かけてもいい予算を尋ねると、 3,000円~5,000円未満と答える人が最も多く、平均予算は3,634円だった。

【図】 2017年「母の日」にプレゼントしたいもの
<ベース:「母の日」にプレゼントを贈りたいと考えている人/n=437>

main


【2】母・子の想いには開きが!?母が欲しいのは「プレゼント」よりも「感謝の言葉」
調査対象者1,000名のうち、子どもがいる女性295名に「母の日」について尋ねた。「母の日に、子どもから何かされたい」という気持ちを持つ母は、 39%だった。また、期待はせずとも、「今年の母の日に子どもが何かをしてくれたら嬉しい」と回答した母は、 81%にのぼった。「母の日」に子どもに何をしてほしいかを尋ねると、 1位「感謝の言葉を伝えてほしい」30%、 2位「一緒に過ごしたい」27%、 3位「家事を代わったり手伝ったりしてほしい」14%という結果だった。母は、会話や一緒に過ごすなど、 “モノ”より“コト”を望む傾向があるといえそうだ。

【図】 「母の日」に対する母の気持ち
<ベース:子どもがいる女性 / n=295>
sub4


【図】 「母の日」に子どもにしてほしいこと
<ベース:子どもがいる女性 / n=295>
sub5


一方、子ども側の回答を見ると、母の想いとは開きがある様子が見えてきた。母の日に何をしたいか尋ねると、ダントツの1位は「プレゼントを贈りたい」で半数以上が回答。また、 2位は「何もするつもりはない」26%だった。
sub7



【図】 今年の「母の日」に自分の母親にしたいこと
<ベース:母がいる(離別・死別などしていない)人 / n=757>
sub6


【3】何もしない理由は、「今まで何もしてこなかったから」49%。「結婚」は見直すきっかけ?
去年の母の日に「何もしていない」人に、その理由を尋ねたところ、「今まで何もしてこなかったから」が圧倒的に多く、 49%と約半分が該当した。どうやら、惰性で何もしていないという人が多そうだ。

【図】 去年の「母の日」に何もしなかった理由
<ベース:去年の母の日に、自分の母親に何もしなかった人 / n=238>


一方で、人生の節目毎に「母の日」の状況を尋ねたところ、「毎年母の日に何かをしてきた」割合は、学生時代は17~21%程度であるのに対し、「就職後」は35%に、「結婚後」は52%に跳ね上がった。特に「結婚」は、「母の日」の自分の行動を見直すきっかけになるのかもしれない。

【図】 人生の節目毎の「母の日」の状況
<ベース:全体 / n=1,000>
sub8


【4】「母の日」に母に伝えたいメッセージ
自分の母親に、「母の日」に送りたいメッセージを自由回答で尋ねたところ、様々なメッセージが集まった。一部抜粋して紹介する。
いつもありがとう。母ちゃんの子で本当に幸せ、それが自分の誇りです。(20歳、男性)
お母さん、こんな私を産んでくれてありがとうございます。時につらいこと大変なことがあったけど、いつも私をかばってくれ助けてくれて嬉しかったよ。大好きなお母さん、いつでも相談に乗ってください。(28歳、女性)
今年子供を産んで本当に思いました。私を産んでくれてありがとう。(33歳、女性)
シンプルに、いつもありがとう、ですかね。照れくさくて、そのくらいしか言えないと思います。(34歳、男性)
母の日はわたしがお母さんの子供だと再確認できる日でもあるので、本当にお母さんでいてくれてありがとう。(35歳、女性)
いつもありがとう。お母さんのような母親になることが理想です。いつまでも元気でいてね。(43歳、女性)
「いつもありがとう」当たり前の言葉だが、家族みんなお母さんに感謝していることを伝えたい。(48歳、男性)
おかあさん、元気な時に言えなかったけど、生んでくれてありがとう。育ててくれてありがとう。私もおばあさんになりましたよ。(57歳、女性)
若くして、他界するとは思っていなかった。普段の生活でもっともっと手伝いや労いの言葉をかけておけば良かった。最後まで家族の為にありがとうございます。(61歳、女性)

調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「東京ゲームショウ2017」の「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付を開始
どLINE FRIENDS、心斎橋オーパB2Fにポップアップストアを展開
稲川淳二のお葬式!? DMM VR THEATERにて「コワイコエ 稲川淳二のお葬式」を開催
「2日休めば9連休!」 2017年ゴールデンウィーク理想と現実(マクロミル調べ)
アナログとデジタルが融合した新感覚知育玩具「ブロクセル」を4月上旬より発売






「2日休めば9連休!」 2017年ゴールデンウィーク理想と現実(マクロミル調べ)

bc5947b79c4aabcce2cd3e1999703c59_s

ゴールデンウィークまで1か月を切ったところ。カレンダー通りの勤務の人は、なか2日間を休めば最大9連休となる。働く人の今年のお休み予定の実態は? また理想の連休日数や過ごし方など、本音とは?働く男女1,000人に調査した。

【1】最大で何連休? 「5連休」が最多で54%、「9連休以上」は15%。 平均は5日連休
今年のゴールデンウィークは5月1日(月)・5月2日(火)の2日間を休めば最大で9連休。今年は休みが取れないという人も含め、社会人の人に最大で何連休できそうか予定を聞いたところ、最多は「5連休」で54%だった。また、5月1日(月)・5月2日(火)やゴールデンウィークの前後など、カレンダー上で平日となる日に休みを取るなどして“9連休以上にする人”は15%だった。

【図】 2017年ゴールデンウィークの連休日数
<ベース:ゴールデンウィーク期間(4/29~5/7)もしくはその前後でお休みがある人 / n=854>
sub5


【2】理想では「9連休したい」が約6割でトップ。「5連休」できれば十分という控えめな人も2割
ゴールデンウィークに休みが取れないと回答した人も含めた社会人全体に、ゴールデンウィーク期間中(4月27日~5月7日)における理想の連休日数をたずねると、最多はやはり最大の“9連休”で58%、次いで“5連休”が20%だった。それぞれの回答理由は、“9連休”は「海外旅行に行きたい」「まとまった休みでリフレッシュしたい」、“5連休”は「カレンダー通りで十分」「休み過ぎるとリズムが狂う」、また“連休はいらない”という2%の人は「仕事で休めない」「配偶者と過ごしたくない」などを理由としてあげている。

【図】 2017年ゴールデンウィークの“理想の”連休日数
<ベース:全体 / n=1,000>
sub3


【3】平均予算はひとり当たり3万6,058円、男性は30代、女性は他世代を大きく引き離し20代がそれぞれトップに
今年のゴールデンウィーク(4月29日~5月7日)にいくらくらいお金を使う予定かを聞いたところ、平均予算はひとり当たり3万6,058円で、また3人に1人は1万円未満に抑えようと考えていることも分かった。

性別・年代ごとに見てみると、男性のトップは30代で「4万6,602円」、女性のトップは20代で「3万4,129円」だった。

【図】 2017年ゴールデンウィークの消費予想
<ベース:全体 / n=1,000>
main


【図】 2017年ゴールデンウィークの消費予想(性別、年代別)
<ベース:全体 / n=1,000>
sub4


【4】ゴールデンウィークの“お出かけ率”は83%、引きこもり派の3大理由は「混雑が苦手」「疲れた身体を休めたい」「金欠」
ゴールデンウィーク(4月29日~5月7日)に出かける人は、全体の83%だった。一方で、ゴールデンウィークに外出は一切しないという人も17%いて、その理由をたずねたところ、最多は「混雑が苦手だから」64%、次いで「疲れた身体を休めたいから」49%、「金欠で節約が必要だから」26%と続いた。

【図】2017年ゴールデンウィークの外出率(性年代別)
<ベース:ゴールデンウィーク期間(4/29~5/7)に休みがある人 / n=846>
sub6


【図】 ゴールデンウィークに外出をしない理由
<ベース:ゴールデンウィーク期間(4/29~5/7)に休みがあるが、外出はしない人 / n=144(複数回答)>
sub7


調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
アナログとデジタルが融合した新感覚知育玩具「ブロクセル」を4月上旬より発売
2017年度も石原さとみさんが出演! 東京メトロ「Find my Tokyo.」の新CMを発表
どこでも眠れるあなたにぴったりな快眠姿勢が見つかるトラベルピローを発売
位置ゲーム「駅メモ!」のカメラアプリが登場
定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」を実施



埼玉Walker2015春・GW
埼玉ウォーカー編集部
KADOKAWA / 角川マガジンズ
2015-04-16



ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ