ITライフハック

マピオン

位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」で期間限定スタンプラリー「姫の女子力UP大作戦!」がスタート

2017spring_top

マピオンが運営するモバイル位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」にて、春からゴールデンウィークにかけての行楽シーズンに合わせて、期間限定のスタンプラリー「姫の女子力UP大作戦!」が2017年4月18日(火)より開催された。

本キャンペーンは、関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)、東海(愛知・岐阜)、関西(大阪・兵庫・奈良・京都)にある全80カ所の対象スポットを攻略していくスタンプラリーゲーム。スポットを訪れ、「国盗り」ボタンを押して位置情報を登録することで攻略できる。対象スポットは、公園や駅などの身近なスポットや、少し足を延ばして行きたい観光スポットまで用意。普段の移動はもちろん、ゴールデンウィークのおでかけや旅行でも楽しむことができる。

今回は、より多くのスポットを攻略し、人気キャラクター「姫」の女子力アップをサポートすることが目的。攻略したスポット数に応じて、限定アバターやゲーム内通貨(コバン)などのアイテムを獲得できる。また、スポットを攻略するとミニゲームに参加することが可能。ミニゲームでは「姫」の女子力アップのため、お稽古や美容などのイベントに挑戦します。全10種類成功させると、さらにゲーム内アイテムが獲得できる。

ユーザ同士で情報交換ができる「みんなのスイーツ情報」では、攻略したスポット周辺のおすすめ「スイーツ」情報が写真とともに投稿できる。投稿された情報には「よきかな」をつけられ、他ユーザの「よきかな」を集めるごとにゲーム内通貨(コバン)を獲得できる。

■キャンペーン概要
・キャンペーン名:ケータイ国盗り合戦『姫の女子力UP大作戦!』
・開催期間:2017年4月18日(火) 15:00 ~ 6月20日(火) 15:00(予定)
・スタンプラリーエリア:
関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)、東海(愛知・岐阜)、関西(大阪・兵庫・奈良・京都)
・ストーリー
冬の間、姫をほっといたら、ぐ~たら姫になってしまった!!
かわいい姫を取り戻すべく、女子力を磨きに出陣だ!
姫の女子力UPに挑戦して、キラキラ姫を目指そう!
・ゲーム内容
関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)、東海(愛知・岐阜)、関西(大阪・兵庫・奈良・京都)の全80カ所の対象スポットで位置情報登録をして攻略していく。スポット攻略数や、都度発生するミニゲームクリアなど、条件を達成することで、ゲーム内アイテムがプレゼントされる。


マピオン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
10周年限定キャラクター登場で「PASMOのミニロボット 探そう!キャンペーン」開催
「大人なガリガリ君マンゴー」を発売
LINE、熊本市と「情報活用に関する連携協定」を締結
「東京ゲームショウ2017」の「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付を開始
どLINE FRIENDS、心斎橋オーパB2Fにポップアップストアを展開





マピオン季節特集「潮干狩り特集2017」スタート

170413_kisetsu_shiohigari_TOP

マピオンは、季節に合わせたおでかけ情報を発信するコンテンツ「マピオン 季節特集」http://special.mapion.co.jp/ にて、2017年4月13日(木)から「潮干狩り特集2017」http://special.mapion.co.jp/shiohigari/ を公開した。

本特集では、日本全国の潮干狩りスポットを、エリア別・都道府県別に検索が可能。また、スクロール地図からも潮干狩りスポットが探せる(PC版のみ)。

スポット詳細ページでは、開催期間、採れる貝の種類(アサリ・ハマグリなど)のほか、トイレや更衣室の有無、レンタル用品の情報などを掲載している。

また、スポットによっては、「プレゼントがもらえる黄金のハマグリ探し」など、開催期間中に行われるお得なイベントも紹介している。

なお、潮干狩りは干潮の時刻によって開催時間や開催日が変わるので、出かける前に、潮干狩りスポットへ事前に問い合わせよう。

■特集概要
特集名:潮干狩り特集2017
特集URL:(PC、スマートフォン共通) http://special.mapion.co.jp/shiohigari/
利用料:無料
主なスポット詳細情報表示項目】※一部スポットでは、表示されない項目がある
・スポット名 ・スポットの説明 ・所在地&地図 
・開催期間 ・採れる貝の種類(アサリ・ハマグリ・バカ貝・マテ貝・その他)
・昨年の人出 ・料金 ・トイレの有無 ・更衣室の有無 ・休憩所の有無 
・コインロッカーの有無 ・温水シャワーの有無 ・レンタル用品
・アクセス情報(公共交通機関・車) ・駐車場情報 ・問い合わせ先 
・ルートを見る(出発地点やゴール地点を自宅などに設定してルート検索)
・周辺の宿を探す(宿泊施設検索サービス「マピオントラベル」へリンク)
・日帰り温泉(周辺の日帰り温泉が検索可能) 
・天気

170413_kisetsu_shiohigari_MAP


潮干狩り特集2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
LINE、熊本市と「情報活用に関する連携協定」を締結
「東京ゲームショウ2017」の「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付を開始
どLINE FRIENDS、心斎橋オーパB2Fにポップアップストアを展開
稲川淳二のお葬式!? DMM VR THEATERにて「コワイコエ 稲川淳二のお葬式」を開催
「2日休めば9連休!」 2017年ゴールデンウィーク理想と現実(マクロミル調べ)





マピオン、位置情報分析ツールで人口・世帯数など可視化 誰でも簡単に使える無料データサイトを公開

main

マピオンは、誰でも簡単に国勢調査などのオープンデータを参照、活用できる無料サイト「マピオン データマップ」 https://www.mapion.co.jp/datamap/ を2017年3月27日(月)に公開する。同社独自の位置情報分析ツール「loghouse」により、人口数や世帯数などを地図上に可視化した。マーケティングや市場調査の情報収集などの参考にして利用可能だ。

近年、国勢調査などのオープンデータを活用する動きが加速している。また、地図や位置情報を組み合わせた「エリアマーケティング」への利活用も増えている。一方で、データの活用方法が分からなかったり、ツールを導入しても操作方法が複雑だったりと、様々な課題も見られる。

そこで同社では、誰でも簡単にオープンデータを活用できるよう「マピオン データマップ」を公開した。「人口数」、「世帯数」、「就業日数・時間」など、「loghouse」により地図上に可視化した10種類のデータマップを無料で利用できる。都道府県・市区町村別にデータ値を濃淡で表示するほか、詳細データを吹き出しで表示。また、性別や年齢別などでデータの絞り込みもでき、絞り込んだデータの多い順・少ない順に3つランキング形式で表示してくれる。

「マピオン データマップ」では、取り扱うデータの種類を増やしていくとのこと。さらに、マピオン独自調査によるオリジナルデータの提供まで広げることで、数年に一度の国勢調査データではなく、「loghouse」とあわせてリアルタイムな情報を使った分析が可能となる。

■サイト概要
サイト名称:マピオンデータマップ
URL: https://www.mapion.co.jp/datamap/
提供開始日:2017年3月27日(月)
利用料:無料
提供データ(3月27日現在)
・人口マップ:都道府県・区市町村別の人口データ。性別・年齢別に絞り込みが可能。
・世帯数マップ:都道府県・区市町村別の世帯数データ。ひとり暮らしや、大家族など世帯人員数別に絞り込みが可能。
・交通手段マップ:交通機関の利用率。車や鉄道、バス、徒歩などの手段別に絞り込みが可能。
・起業者マップ:都道府県ごとの起業者(経営者・社長・創業者含む)数データ。性別・年齢別に絞り込みが可能。
・就業時間マップ:都道府県ごとの年間就業日数および週間就業時間別の就業者数データ。

上記5つのマップのほか、「対象人口÷総人口」など、総数における割合が見られるそれぞれの「比率マップ」も用意。通常、結果が人口の多い大都市圏に集中する傾向があるが、「比率マップ」では人口数の絶対値では表示されないため、割合を見る場合に役立つ。


sub1

sub2


マピオンデータマップ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」を実施
Yahoo! JAPAN、「Yahoo!検索」で“音”を検索できる新機能「♪(おんぷ)検索」を開始
“渋谷らしさ”とソニーのテクノロジー・製品・コンテンツが融合した“Sony Square Shibuya Project”
賞金総額700万円、シャドウバースの国内最強プレイヤーを決めるイベントを開催
音楽ゲームのルーツ「パラッパラッパー」が20年の時を経てPS4に復活!





マピオン季節特集で「桜の名所・お花見特集2017」を公開

170228_kisetsu_sakura_TOP

マピオンは、季節に合わせたおでかけ情報を発信するコンテンツ「マピオン 季節特集」にて、お花見の季節に合わせ、2017年2月28日(火)より「桜の名所・お花見特集2017」を公開した。

なお、今回の特集から、スクロール地図からスポットを探せる新機能を追加し、おでかけスポットが、より探しやすくなったとのこと。

本特集では、日本全国の桜の名所や、お花見スポットをエリア別、都道府県別に検索可能。また、これまでのスポット一覧リストに加え、スクロール地図からスポットを探せるようになった(PC版のみ)。地図上から近くのお花見スポットを探したり、例年の見頃を比較したりと、スポット選びが簡単にできる。

なお、今後は地図で探せる機能を強化し、より便利なサービスを提供していく予定だ。

スポット詳細ページには、開園時間や料金などの基本情報の他、例年の見頃、桜の本数、桜まつりと夜桜・ライトアップなど、おでかけの参考になる情報も掲載。さらに、「乗り物からお花見」コーナーでは、遊覧船やオープントップバス、ロープウェイなどの乗り物から桜が楽しめるスポットを紹介。いつもと違ったお花見を楽しみたいという方にオススメだ。

170228_kisetsu_sakura_shosai_PC

170228_kisetsu_sakura_shosai_M

170228_kisetsu_sakura_MAP


桜の名所・お花見特集2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
2月28日は「バカヤローの日」。怒りの実態を丸裸に!(マクロミル調べ)
「ストリートファイターII」とトヨタの「C-HR」がコラボ
NTTドコモ、人気のアプリ「SNOW」とタイアップして「NTTドコモ×SNOW presents 卒業“盛ルバム”」を実施
「テイルズ オブ アスタリア」をメインテーマにした生放送番組をニコ生とYou Tube Liveで放送






マピオン季節特集で「梅まつり 梅の名所特集2017」を公開

20170131_kisetsu_ume

マピオンは、季節に合わせたおでかけ情報を発信するコンテンツ「マピオン 季節特集」 にて、まもなく見頃を迎える「梅」の季節に合わせて、2017年1月31日(火)より「梅まつり 梅の名所特集2017」を公開した。

本特集では、全国の梅の名所をエリア別・都道府県別に検索可能。スポット詳細ページでは、開園時間や料金などの基本情報のほか、「例年の見ごろ」や「梅の種類・本数」を紹介。おでかけの日程や、梅見スポットを選ぶ際の参考にできるようになっている。

また、開花時期に合わせて梅見をより楽しむイベントも多く開かれるが、本特集では「梅まつり」の開催有無や、甘酒や梅茶などのうれしい「無料サービス」の有無も、スポットごとに掲載している。

■特集概要
特集名:梅まつり 梅の名所特集2017
利用料:無料

【主なスポット詳細情報表示項目】
※一部スポットでは、表示されない項目がある
・スポット名 ・例年の見ごろ ・本数 ・種類 ・ペット入園可否 
・無料サービス ・そのほか春の花
・所在地&地図 ・開園時間 ・定休日 ・料金 ・アクセス情報(公共交通機関・車)
・駐車場情報 ・問い合わせ先 
・ルートを見る(出発地点やゴール地点を自宅などに設定してルート検索)
・日帰り温泉(周辺の日帰り温泉が検索できる)


20170131_kisetsu_ume_shosai_PC


梅まつり 梅の名所特集2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
崩壊学園の最新作「崩壊3rd」広告イメージキャラクターオーディション開催
ソニー・エクスプローラサイエンスで光の原理を学びながら「虹色きらきらスコープ」を作ろう
「題名のない音楽会」で「ドラクエ」特集を放送
初音ミクの会社が北海道の市町村公認ページもある地域情報発信アプリ「Domingo」の提供を開始

LINE MUSIC、累計ダウンロード数が2,000万件を突破。iOS版「LINE着うた」も提供開始






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ