ITライフハック

マロニー

ベルキン創業者と本社副社長に直撃!「会社誕生から成長、日本市場への期待まで」

ベルキン創業者と本社副社長に直撃

品質と安全性に自信あり!ワイヤレス充電のリーディングカンパニーを目指す「ベルキン」』という記事でも紹介したように、ベルキンのトップとナンバーツーが来日した。
ハードスケジュールの合間にベルキンインターナショナルCEOチェット・ピプキン氏と、ベルキンインターナショナル副社長兼ゼネラルマネジャー スティーブン・マロニー氏に直接インタビューする機会を得たので紹介しよう。

■ベルキン誕生は社長の想いから
ベルキンと言えば、スマホやPCの周辺機器のメーカーとして有名だ。それに加え今日では、Wi‐Fiネットワーク関連機器やスマートホーム関連機器、水の使用量をモニタリングするシステムなど、IoT機器でも知られる企業へと成長したのはご存知の通りだ。

――同社が創業するきっかけは何だったのですか

チェット・ピプキンCEO(以下、ピプキンCEO):私がベルキンを創業したのは、常に誰かを助けたいというのが第一の理由。これからは新しい技術が身近になり、その技術を正しく利用できれば、様々な面でメリットが生まれて、より良い経験ができると考えました。

同社創業は1983年。同社初の製品はアップルII用プリンターケーブルであり、アップルが認証した最初の製品であったという。当時は8ビットパソコンが全盛の時代であり、家庭用ゲーム機「ファミリーコンピューター」が発売された時期でもある。

ピプキンCEO:創業から今日まで一貫してやってきたことは、弊社の製品でユーザーに素晴らしい体験をしてもらうことです。
ベルキンインターナショナル CEO チェット・ピプキン氏


■技術と人の交差点になりたい

――同社が目指しているものは?

副社長兼GMスティーブン・マロニー氏(以下、マロニー氏):私どもが目指しているのは、“技術と人の交差点になる”ということです。実際に今存在している技術と、皆さんが使いたいと思っている技術には差があります。そのギャップをどのように埋めていくのかというのを常に考えています。

ベルキンの目標は、“技術と人の交差点になる”ということ


発表会で紹介された「Boost↑Up Wireless Charging Pad 」と「Boost↑Up Qi Wireless Charging Pad (5W) 」は、いずれも「Qi(チー)」というワイヤレス給電の充電器であり、新型iPhoneが搭載した新技術である。同社は他社に先駆け、新技術を搭載した製品を投入してきたわけだ。

――安全性重視とのことですが、どのように安全性を担保しているのですか?

ピプキンCEO:安全性に重きを置いていることは、プレゼンでも申し上げました。安全性を高めることは、理想が高いゴールを掲げることでもあり、チームのやる気もアップさせます。その高まったやる気のエネルギーを保持した状態で、可能な限り成功する方向に持って行きます。これが私どもベルキンのDNAでもありますし、会社のスピリットです。

チームで知恵を出し合い、市場が求めている標準的な安全基準よりも、さらに基準をあげたものこそ、ベルキンの製品というわけだ。製品企画からデザイン、エンジニアリング、製造など、一貫して自社で行っている点も、高い安全性を確保するうえで大きな強みとなっているのだ。

ベルキンインターナショナル 副社長兼 ゼネラルマネジャー スティーブン・マロニー氏


■必要は発明の母、TCP開発秘話
ベルキンの数ある製品の中でも、とくに異彩を放つのが「TrueClear Pro Advanced Screen Care」(通称TCP)だ。

――TCPはどのような経緯で開発されたのですか?

マロニー氏:いわゆる“消費者洞察”が私どものキーワードです。消費者が「家庭でどのような行動をしているか」、「何が欲しいか」、「会社や公共の交通機関において、どういう経験をされて、どういう風に技術と相互に関わっているのか」を、つぶさに調査しています。そこから新しい技術が生まれています。

同社は消費者調査の団体と手を組んで、消費者が何を望んでいるのかを把握して、新製品を生み出す。今回で言えば、それがTCPだったということになる。

ピプキンCEO:スマートフォンに保護フィルムを貼ると、埃や気泡が入ってしまうことが多く、ユーザーが望んでいた状態とは、ほど遠い結果になることが調査からわかったのです。そこからTCPの開発が始まりました。大抵の店舗には、保護フィルムを貼る達人がひとりか二人はいるのですが、保護フィルムを貼るときには店の中に緊張感が漂うのです。保護フィルムを貼るのがあまり上手でないスタッフは、その影響が接客にも出てしまいます。そこでTCPは、誰がやってもキレイに保護フィルムを貼れるというものを目指しました。

その結果、TCPは店舗スタッフのストレスを軽減しただけでなく、その結果は消費者にも満足してもらえるものとなった。同社の製品は日々進化を遂げており、発表会で展示されていたTCPはすでに第二世代だという。

保護フィルムを貼るシステム「TrueClear Pro Advanced Screen Care」(通称TCP)


■日本にはビジネスチャンスがある

――最後に、日本市場についての期待を聞かせてください

マロニー氏:日本では様々なビジネスチャンスがあると期待してますし、私どもの戦略を展開するためにパートナーの皆様と手を組んで、より成功裏に市場にうって出たいと考えています。

ピプキンCEO:日本市場を考えるときに、デザインや価格が適性であるかを考えます。その結果、私どもの製品が生み出されています。ぜひ、日本の皆さんに受け入れて頂ければと思います。

日本人は多少価格が高くても、高品質な製品を求める人がかつては多かった。かといってあまり高価な製品は売れない時代になってきている。そういった意味でベルキンの製品は、品質と価格が現在の日本人好みの製品としてマッチしていると言える。ベルキンの今後リリースしてくる製品にぜひ注目してもらいたい。
<PR>

ベルキン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
品質と安全性に自信あり!ワイヤレス充電のリーディングカンパニーを目指す「ベルキン」
AUKEY、最大2A充電5000mAhモバイルバッテリー「PB-N59」を発売
ケーブル一本で充電も給電も解決できる超大容量20000mAhモバイルバッテリー。Lightningとmicro USBに充電可能
iOS、Android、PC版、欅坂46初となる公式ゲームアプリ「欅のキセキ」
「ジョジョの奇妙な冒険」とのコラボモデル等ドコモから2017年冬春モデル15機種






品質と安全性に自信あり!ワイヤレス充電のリーディングカンパニーを目指す「ベルキン」

ワイヤレス充電のリーディングカンパニーを目指す「ベルキン」

ベルキンは2017年10月12日、都内でプレス関係者向けに新商品発表および事業戦略説明会を開催した。当日はベルキンインターナショナルのCEOを務めるチェット・ピプキン氏と、同社副社長兼ゼネラルマネージャーのスティーブン・マロニー氏が登壇し、ブランドヒストリーや日本におけるビジネス戦略について語った。

また、ベルキンジャパンナショナルセールスマネージャーの石井靖人氏より、新型iPhoneに対応した同社のワイヤレス充電器「Boost↑Up Wireless Charging Pad」を含めた製品紹介があった。

■高品質と高い安全性を備えた製品
ベルキンインターナショナルのCEOであるチェット・ピプキン氏が同社を立ち上げたのは1983年のことだそうだ。最初の製品はアップルIIとプリンターを接続するケーブルで、世界初のアップル認証を受けたという。その後、高性能ながらもオシャレなデザインをしている数々の製品販売によって、今ではPC業界だけでなく、IoT業界でも名が知られた有名企業へと成長した。

同社は現在、「Belkin」を含めて、以下の4つブランドを展開中だ。
・Belkin:スマホやPCの周辺機器
・LINKSYS:Wi-Fiネットワーク関連機器
・WeMo:スマートホーム関連機器
・Phyn:水の使用量をモニタリングするシステム


「Belkin」では、ワイヤレス充電パッドや、充電ケーブル、ドッグなどを取り扱っているが、開発から製造まで一貫して自社で行っていることが最大の強みであり、それが高品質と高い安全性を備えた製品を提供できる要因であるという。
ベルキンインターナショナルCEO:チェット・ピプキン氏

たとえば、iPhone 7以降はLightning端子のみとなったので、既存のヘッドフォンを利用するために「Lightning -3.5 mmヘッドフォンジャックアダプター」を使用した場合、本体を充電できなくなってしまう。そこで周辺機器メーカーはこぞってLightning端子の二股アダプタを販売したが、安価な製品の中には、マイクやコントローラーを使用すると、ノイズが入る製品があり、大きな問題となっているという。これに対しベルキンの製品では、ノイズが入らないので安心して使ってもらえるわけだ。

今度の新型iPhoneの魅力のひとつがワイヤレス充電「Qi(チー)」に対応した点だ。それに合わせて同社は、2種類のワイヤレス充電器を発売した。

1つ目は「Boost↑Up Wireless Charging Pad 」で、もちろんQiテクノロジーをサポートしており、対応デバイスでは最大7.5Wの充電ができる。アップルストアの価格は6,980 (税別) 。
最大7.5Wの充電ができるワイヤレス充電器「Boost↑Up Wireless Charging Pad 」

もう1台の「Boost↑Up Qi Wireless Charging Pad (5W) 」は、価格を抑えた廉価版で、最大5Wの充電ができ価格は3,480円(税別)。
最大5Wの充電ができるワイヤレス充電器「Boost↑Up Qi Wireless Charging Pad (5W) 」

ベルキンインターナショナル 副社長兼ゼネラルマネージャーのスティーブン・マロニー氏はワイヤレス充電について「ワイヤレス充電は今後大きな可能性を秘めた新しい技術だと考えている。私たちは本製品を皮切りに、ベルキンのワイヤレス充電ソリューションのポートフォリオを拡大し続け、ユーザーが新しい技術を簡単に使えるよう支援したい。」と語った。
ベルキンインターナショナル 副社長兼ゼネラルマネージャーのスティーブン・マロニー氏

■フィルム貼り専用マシンも登場
製品の展示会場には、世界初のアップル認証を受けたプリンターケーブルをはじめ、ベルキンがこれまでに販売してきた製品が陳列されていた。
ベルキンが販売してきた製品の数々

数ある製品のなかで特に注目を集めたものは、画面保護フィルム貼り専用マシンだ。「TrueClear Pro Advanced Screen Care」(通称TCP)という名称で、展示してあったのは第二世代とのこと。TCPはすでに一部のドコモショップでサービスを展開しているという。

画面保護フィルムを貼る作業は、意外に難しい。最近では、家電量販店でフィルムを貼るサービスをしているが、フィルム貼りに慣れているスタッフでも、大きなストレスとなっているのだ。筆者がTCPを実際に体験したところ、いとも簡単にフィルムが貼れた。これなら、フィルム貼りの経験がないスタッフでも容易に扱えるだろう。
画面保護フィルムを簡単に貼れる装置「TrueClear Pro Advanced Screen Care」

CEOであるチェット・ピプキン氏が初来日したことからも、同社の日本市場に対する強い意気込みをうかがい知ることができる発表会であった。高品質でお手頃価格のベルキン製品、まだ使ったことがないという人がいれば、試してみることをおススメしたい。
<PR>

ベルキン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ケーブル一本で充電も給電も解決できる超大容量20000mAhモバイルバッテリー。Lightningとmicro USBに充電可能
iOS、Android、PC版、欅坂46初となる公式ゲームアプリ「欅のキセキ」
「ジョジョの奇妙な冒険」とのコラボモデル等ドコモから2017年冬春モデル15機種
iPhoneやAndroidを色んな場所に固定できる「どこでもしっかりクランプスマホホルダー2」
シンプルなデザインで、最新スマートフォンにも対応する新「Galaxy Gear VR with Controller」発売







ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ